井上孝司の「不定期日記」 (2001/2)
 

2001/2/27
またもや「株価がバブル崩壊後の最安値か」というニュース。
だーかーらー、途中で銘柄の入れ替えをやってるのに、それを無視して「最安値」とかなんとかいってみても、比較の指標がずれてるんだから意味ないでしょうが。IT バブルのときに、調子に乗って IT 銘柄をいっぱい平均株価に組み入れたから、こういう結果になっただけじゃないの。まったくもう。

今週は、なんだかむやみに忙しい。月曜日は「XML+XSL 入門」講師の仕事を朝から夕方までやって、その後、大量のゲラを受け取って帰宅。さっそく校正に入り、火曜日は終日、校正紙と格闘。水曜日も同じか !?
その合間に、洗濯と買い物も。明日までに駐車場代を払わないといけないし、ガソリンも満タンにしておきたいし、請求書も書かないといけないし、確定申告書も作らないといけないし、ゴミは溜まってるし…。うー、なんちゅう忙しさだ。

2001/2/24
政府の行政改革推進事務局が、中央省庁の若手官僚にアンケートを取った際に「天下り禁止」について聞いたら、「人生設計がはっきり描けないことに職員は不安を感じている」とのこと。
何をまあ、甘ったれたことをいっておるのか。定年まで職場がつぶれないだけでも、当世では無上の贅沢だというのに。

こんなお役人がいたのでは日本のためにならないから、役人は「一期限りの任期制」にして、どんどん人材を入れ替える方がいいんじゃないかと思う。
利点は三つあって、まず、役所という組織に対する帰属意識を希薄にすることで、組織防衛に走りがちな体質を改める。次に、できるだけ多くの人が行政機構に携わることで、行政に対する理解と関心が深まる。最後に、同一人物が特定のポストに長居しないようにすることで、外務省であったような、組織の腐敗を防ぐ。

こういうことをいうと「政策の一貫性が云々」という反論が出るのは必至だけど、どうせ今だって、(東京国税局みたいに) その場の都合でコロリと変節する役所はあるのだから、同じことでしょ。
はっきりいうと、国民や国家のことより組織維持を優先する役人が、国を滅ぼすんだと思うよ。

2001/2/23
ジョブズの基調講演によると「チタニウムは未来材質」なのだそうだ。おいおい、そんなこといったら、40 年近く前にチタニウムで SR-71 を作った、スカンクワークスとケリー・ジョンソンが怒るよ。

例の「花柄 iMac」。ついにやぶれかぶれでここまできたか、という印象。もうちょっと「大人」のテイストを感じさせるデザインはできないのかなぁ。そのうち「森英恵デザインの蝶柄」「桂由美デザインのブライダル仕様」なんてのが出てきても知らんぞ。
(ケースの整形にかけるカネがあったら、最低画質のモニタをどうにかしなさい)

2001/2/22
シーガイアが倒産したけど、無理もないと思ってしまった。というのも、あそこは「泳ぐ場所」と「ゴルフする場所」はあるけど、「これはシーガイアにしかないぞ !!」というアピールが感じられなかったから。(設備は立派なんだけどね)
結局、政官財が一緒になって、安直に "リゾート" を作ったことのツケが回って来たんだろうなあ。これからも、似たような倒産が増えるのではなかろうか。

2001/2/21
「えひめ丸の引き揚げを行うかどうかは、技術的観点からのみ判断」と米海軍。そりゃそうでしょう。
でも、きっと「技術的理由により不可能」なんて発表した日には、日本の朝野を挙げての大ブーイング大会になるんだろうなあ。で、「日本の専門家はできるといっている」あるいは「もっと十分な話し合いを」という声が出てくるのは、火を見るよりも明らか。
(「十分な話し合いを」という主張は、往々にして「とにかく自分たちの言い分に従え」と同義だと思うんだけど)

2001/2/20
ASCII24 メールサービスにて。

>●メールメッセージ大募集! テーマ「今だから笑えるネットワークの勘違い」
> Ex.1 LANケーブルと間違えて電話線に挿した

甘い甘い。世の中には、PC-9801 のアナログ RGB を 10BASE-5 イーサネットに流した人だっているのだ。

2001/2/18
ここ数日、仕事がひっくり返っていたせいで、自宅から徒歩 5 分の圏内から離れていない。今日は落ち着いてるから、気分転換に、秋葉原にでも遊びに行こうかなあ。

話は変わって。MS-IME2000 で「支那」が変換できないことに気が付いた。多分 "政治的配慮" で辞書から抜いてあるんだろうな。うちはそれほど困らないけど、いちばん困るのは「支那事変」と書きたい森総理かもしれない (爆)

2001/2/15
突発事態が発生し、久しぶりに仕事で徹夜をした。朝方まで仕事をして、風呂に入って洗濯をして、「めざましテレビ」を見て、寝た (笑)

昼過ぎに起きて、また仕事。夕方になってようやく片付いたので、ふと気付いて郵便受けをチェックしたら、新しい JDW が届いていた。近年になって「購読期限切れ」の通知をくれなくなったから、いつになったら期限切れになるのか分からなくて困る。ったく、殿様商売なんだから… > Jane's

2001/2/14
マスコミ各社が「ブッシュが謝罪しない」ってなじってるけど、謝罪すればそれでいいわけ ? 事故原因の究明や再発防止策の方が大事なんじゃないの ?
どうもこの国では、何かあるとすぐに「責任者出て来い」といって、皆で責任者を吊るし上げて「謝罪」させればそれでよしとする風潮があるみたいだけど、事故の犠牲者に対する何よりの供養っていうのは、二度と同じ過ちを繰り返さないように努力することしかないんじゃないの ? いくらなじろうが頭を下げさせようが、それで犠牲者が帰って来るわけじゃないんだから。

一連の "報道" を見てて、なんか釈然としないんだなあ。マスコミまで一緒に扇情的になって、どうするんだろう。

2001/2/13
治療中の歯を少し削って低くしてもらったので、口の中をひっかけて痛い思いをすることは、もうなさそう。ところが、治療中の歯、それ自身が結構痛かったりする。痛み止めはもらってあるから、当分は世話にならないと駄目かも。とほほ。

2001/2/10
ここのところ、冬になると毎年そうなのだけど、腕や脚が乾燥肌でカサカサになってしまい、痒くて仕方がない。以前はこんなことはなかったから、やはり年齢のせいか。
どなたか、いい対策があったら教えてくださ〜い。

2001/2/9
以前に住んでいたところは、駅前に立派な文房具屋があったので、そこで名刺を印刷していた。ところが、現住所はそれができない。文房具屋が見つからないのだ。
というわけで、仕事でドタバタしていたせいもあり、引っ越してから 1 ヶ月ちょっとの間「名刺なし」という "自由業にあるまじき状態" だったのだが、よく考えたら、うちには Office 2000 Professional がある。つまり、Publisher 2000 もあるのだ。

というわけで、Publisher で名刺を印刷した。ヒサゴの専用用紙を使ったおかげで、たちまち立派な名刺が完成。どうして今まで、この方法に気付かなかったんだ ? (苦笑)

2001/2/8
半年以上かけて続けていた仕事がようやく決着し、本日入稿。テキストの合計が 1.8MB もあるというグレイトな一冊。順調に行けば、来月には出せるでしょう。
それはめでたいのだけど、昨日削られた歯が、物を食うときに痛む。まだ薬を入れただけでちゃんと埋めていないから現場は凸凹になってるらしく、間違って口の中を引っ掛けて傷になったりして、なかなか大変。イテテ…

2001/2/7
歯医者で右の奥歯の (かなり深い) 虫歯を削られた。普通でも、麻酔が抜けるまでには 3 時間かそこらかかるのだけど、今回は 5 時間近くかかった。
おかげで、帰りにヨドバシカメラと東急ハンズに寄って買い物をしたときに、ちゃんと喋れなくて苦労した。本人は「領収書を書いてください」といってるつもりが「りょうひゅうひょをあいてくらはい」(ちょっと大袈裟) となってしまう。

店員の皆さん、聞き取りにくくてすみません。あれは本当の私ではないのです。ただ麻酔が抜けてなかっただけなのです。

2001/2/6
森内閣の「不支持率」が 70% というニュース。それはさほど驚かないけど、「支持率 15%」は驚いた。つまり、日本国民の 15% - 1,800 万人は支持しているというわけだ。この数、地元の石川県だけではカバーできないし、いったいどこの誰が !?

話は変わって。
私は、手元に押しかけてきた SPAM メールをストックしておいて、原稿のネタにすることがある。とはいえ、同じところからワンパターンの SPAM が毎週のようにやってきても腹立たしいので、POP サーバからメールを (ダウンロードせずに) 削除できるツールを探してみた。いくつか使ってみたところ、「ホーク」氏作成の「MailDel」が使いやすそうだったので、ディスクに常駐。
気に入ったのは、POP サーバ上のメールを一覧表示できること。ただ、POP サーバ名とユーザー名を毎回入力しないといけないのは面倒だなぁ。

MailDel : http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se069975.html

SPAM 送信者に対する警告

私に SPAM メールを送ると、いつかどこかで自著のネタにされて天下に恥をさらす可能性があるので、それを覚悟の上で送るように (笑)。

2001/2/4
仕事をしていたら煮詰まってしまい、気分転換に、クルマでひとっ走りしてきた。そしたら、行きも帰りも首都高速でバイクに乗った暴走族に遭遇。この馬鹿どもときたら、料金所で料金を払っている私のクルマの左側の隙間をすり抜けて無賃で走り去った挙句、ノロノロ運転で交通妨害をやってくれおった。
こういう連中は、たとえバズーカ砲で吹っ飛ばしても、誰も文句いうまい。駆逐しろ。

2001/2/2
新宿で「総力戦研究所」という怪しい宴会があり、参加するために地下鉄で移動していたら、某駅で「ピピン アットマーク」の広告を発見 !
商品がとっくに死に絶えてるのに、広告だけがひっそりと生き残ってるのは、なんとも妙。(ちなみに、同じ路線の別の駅には、何年も前の井上昌己のアルバムの広告も出ている)

2001/2/1
歯医者に行き、右上の親知らずを抜かれた。左側は 2 本とも去年抜かれていて、今度は右下も抜かれるので、半年足らずで 4 本の歯を失うことになる。
もっとも、アメリカでは親知らずを強制的に取ってしまうという話もあるし、あってもあまりモノを噛む役に立っている歯とは思えないから、いいのかも。

ただ、私の歯は飼い主に似て頑固者だそうで、いつもなかなか取れずに歯医者さんが苦労しているのが、ちょっと気の毒。 いや、いちばん大変なのは、当の私だってば。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |