今週の軍事関連ニュース (2017/02/02)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米韓両国の国防長官・国防相による 30 分間の電話会談で、在韓米軍に THAAD (Terminal High-Altitude Area Defense) を配備する方針が再確認された。(The Korea Herald 2017/1/31)
  • ノルウェー国防省は、有事の際の備蓄に不安があるということで、装備近代化に加えて燃料・弾薬・スペアパーツの備蓄強化に乗り出す。(DefenseNews 2017/1/31)
  • 2017/2/1-10 にかけて、NATO の前方プレゼンス担当部隊を構成するドイツ軍・450 名あまりと車両 100 両あまり (Marder や Leopard 2A6 など) が、鉄道と航空機でリトアニア入りする。空路の第一陣・70 名は 2017/2/1 に C-160 輸送機×2 機で、Kaunas Airport (Karmelava) に到着した。第 12 機械化歩兵旅団・第 122 機械化歩兵大隊が主力。(Lithuanian MoD 2017/1/30, Lithuanian MoD 2017/2/1)

今日のニュースいろいろ
  • 2017/1/23 に Nellis AFB と NTTR (Nevada Test and Training Range) で、"Red Flag 17-1" 演習がスタートした。2017/2/10 までの予定。米空軍からは 388th FW (388th Fighter Wing, Hill AFB, UT) 所属の F-35A に加えて F-22A、米海軍からは EA-18G、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) からは No.6 Sqn. (RAF Lossiemouth, Scotland) の Typhoon FGR.4 と Voyager 給油機、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) からは E-7A Wedgetail と C-130J と No.41 Wing の管制員が参加している。(USAF 2017/1/23, MoD UK 2017/1/27, Australian DoD 2017/1/30)
  • 香港当局が差し押さえていたシンガポール軍 (SAF : Singapore Armed Forces) の Terrex ICV (Infantry Carrier Vehicle)×9 両が返還され、2017/1/30 にシンガポールに到着した。(Singapore MoD 2017/1/30)
  • ロシアの TsNIIMash (Russian Central Research Institute of Machine Building) が、ニカラグアに GLONASS (Global Orbiting Navigation Satellite System) 衛星の追跡局を建設することを明らかにした。(GPS Daily 2017/1/24)
  • ロシアと中国が、GLONASS と北斗衛星航法システムの調和・同調を図るとの合意をまとめた。(GPS Daily 2017/1/21)
  • ESA (European Space Agency) は、複数の Galileo 衛星で時計の不具合が生じていることを明らかにした。原因については調査中。(GPS Daily 2017/1/18)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 米空軍が議会に、FY2017 予算で削られた F-35A×5 機・C-130J×8 機、新型軽攻撃機 OA-X などで構成する「FY2017 予算割り当て希望リスト」を提出した。総額 106 億ドル。(DefenseNews 2017/1/31)
  • トルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) が、M60A3×40 両、Leopard 2A4×40 両、M60T×120 両を対象とするアップグレード改修計画を立ち上げた。5 億ドルの案件になる見込みで、Aselsan、Roketsan、BMC、Otokar、FNSS が 2017/1/23 に提案書を提出。(DefenseNews 2017/1/31)
  • C4Defence が報じたところによると、パキスタン空軍 (PAF : Pakistan Air Force) の F-16A/B-15 MLU (Mid-Life Update)×45 機を対象として、トルコの TAI (Turkish Aerospace Industries) が夜間戦闘能力向上のためのアップグレード改修を実施する由。(Quwa.com 2017/1/30)
  • Airbus Helicopters がインドの Goa に、EC725 の MRO (Maintenance, Repair and Overhaul) 拠点を開設することになった。印沿岸警備隊から 200 億ルピーの契約を得たのに伴うもの。(Press Trust of India 2017/1/30)
  • 露 Machine-Building R&D Consortium の CEO と技師長を兼任する Alexander Leonov 氏が、Sukhoi T-50 こと PAK-FA (Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks - Frontovoi Aviatsyi) に BrahMos 巡航ミサイルを搭載するための開発作業を進めていることを明らかにした。(SpaceWar 2017/1/30)
  • 独海軍参謀総長の Andreas Krause 大将が年初の会合で、K130 コルベットの追加発注の必要性に言及。バルト海・地中海・HoA (Horn of Africa) での運用を念頭に置いたもので、「緊急対応任務の増強だけでなく、これまで損われてきた北方方面での任務再開も図る」との説明。(SpaceWar 2017/1/30)
  • ベラルーシがセルビアに、MiG-29×8 機、Buk 地対空ミサイル×2 システムを無償供与することになった。セルビア側は、Buk-M2 に加えて 2K22 Tunguska (SA-19 Grison) の入手も希望した由。(DID 2017/1/30, Forecast International 2017/1/31)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/1/31)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • CFM International Inc. (Cincinnati, OH) : F108 エンジン用のスペアパーツを $1,969,320,231 (価格修正条項付き) で。空軍・海軍向け、2024/10/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Richmond, VA (SPE4AX-17-D-9403)
  • 以下の各社は、財務分野の業務改善・維持サポート サービス業務を総額 $93,272,882 で。
    • KPMG LLP (Washington DC) : $60,627,373 (SP4703-17-A-0001)
    • St. Michaels Inc. (Woodbridge, VA) : $32,645,509 (SP4703-17-A-0002)
    基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 4 年分、2022/1/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Contracting Services Office, Richmond, VA
  • SHI International Corp. (Somerset, NJ) : Microsoft Corp. 製ソフトウェアの SA (Software Assurance) ならびにライセンス サブスクリプションについて、オプション 1 契約分を $13,657,127 で。累計受注額は $1,138,316 から $14,795,443 に。2018/1/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Contracting Services Office, Philadelphia, PA (SP4701-17-F-0023/P00001)
  • Accent Controls Inc. (Riverside, MO) : ミズーリ州とノースカロライナ州で実施する倉庫・配送業務について、オプション 2 契約分を $8,140,315 で。DLA 向け、2018/1/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Distribution, New Cumberland, PA (SP3300-15-C-5004/P00026)
AIR FORCE
  • Boeing Aerospace - Operations, Defense, Space & Security (Oklahoma City, OK) : VC-25、E-4B、C-32A、C-40B/C、E-8C、NT-43 を対象とするエンジニアリング サービス業務とサポート サービス業務を $983,000,000 で。整備に関わる分析や指示、レトロフィット改修、不具合の修正、陳腐化対策などが対象。2027/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8106-17-D-0002)
  • Northrop Grumman Systems Corp., Aerospace Systems (Palmdale, CA) : Air Force Plant 42 (Palmdale, CA) に 45,900 平方フィートの面積を持つコーティング施設を新設する工事について、修正契約を $35,815,100 で。2019/12/25 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright Patterson AFB, OH (F33657-00-L-2054/P00395)
  • Harris Corp., Space and Intelligence Systems (Palm Bay, FL) : Space Control Depot 向けのサポート業務について、オプション契約分を $16,162,597 で。デポと維持管理に関わるエンジニアリング業務、補修可能品と廃棄品の管理、スペアパーツの保管・払い出し、ハード/ソフトの整備・補修を担当。2018/1/31 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8819-08-C-0001/P00244)
  • Alpha-Omega Change Engineering Inc. (Williamsburg, VA) : F-15E、F-16、F-22A の搭乗員訓練と教範作成を $8,290,188 で。作業場所は以下の通り。
    • Seymour Johnson AFB, NC
    • Shaw AFB, SC
    • Langley AFB, VA
    • Hill AFB, UT
    • Muntain Home AFB, ID
    • Nellis AFB, NV
    2022/3/31 まで。Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-17-C-0006)
  • Lockheed Martin Corp., Rotary and Mission Systems (Manassas, VA) : イラク軍の統合防空システムを対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) を $7,702,239 で。2018/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8730-17-C-0008)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Marietta, GA) : C-130J を対象とする整備、兵站支援、補修、スペアパーツ・消耗品供給業務を $7,568,460 (not-to-exceed) で。UCA (Undefinitized Contract Action)。サウジアラビア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8625-16-D-6458)
  • Lockheed Martin Corp. (Marietta, GA) : C-130J を対象とする長期維持管理業務のオプション契約分 (オプション III/IV) を $7,262,572 で。ノルウェー向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8553-14-D-0001/P00011)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Corp. (Sunnyvale, CA) : THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) のエレメント開発とサポート サービス業務について、オプション契約分を $345,580,000 で。累計受注額は $995,200,000 から $1,340,780,000 に。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-12-D-0001/P00031)
NAVY
  • 以下の各社は、米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command)・Logistics Integration Department (AIR 6.6) 向けの兵站支援・プログラム管理業務を総額 $249,875,555 で。
    • Andromeda Systems Inc. (Virginia Beach, VA) : N00421-17-D-0022
    • Ausley Associates (Lexington Park, MD) : N00421-17-D-0023
    • Avian LLC (Lexington Park, MD) : N00421-17-D-0024
    • Aviation Management Analytical Consultants LLC (Chesapeake, VA) : N00421-17-D-0025
    • Eagle Systems Inc. (California, MD) : N00421-17-D-0026
    • Naval Systems Inc. (Lexington Park, MD) : N00421-17-D-0027
    • Sierra Management and Technologies Inc. (California, MD) : N00421-17-D-0028
    • Synectic Solutions Inc. (Oxnard, CA) : N00421-17-D-0029
    • and VectorCSP LLC (Elizabeth City, NC) : N00421-17-D-0030
    各種ウェポン システム、SoS (System of Systems)、サブシステム、支援機材が対象。2022/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD
  • 以下の各社は、NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Mid-Atlantic Marine Corps IPT (Integrated Product Team) の AOR (Area of Responsibility) で実施する各種建設工事を、総額 $95,000,000 で。
    • Civil Works Contracting LLC (Wilmington, NC) : N40085-17-D-8307
    • CMC Building Inc. (Bolton, NC) : N40085-17-D-8308
    • Garry Jacques (Washington DC) : N40085-17-D-8309
    • Mitchell Brothers Inc. (Seabrook, SC) : N40085-17-D-8310
    • Rocky Hill Contracting Inc. (Kenbridge, VA) : N40085-17-D-8311
    基本契約 1 年間、オプション契約 4 年間。州別の配分は SC (92%)、GA (3%)、NC (3%)、その他 (2%)。2022/1 まで。まず Civil Works Contracting LLC が task order 0001 として、MCAS (Marine Corps Air Station) Beaufort (Beaufort, SC)・Aircraft Recovery Building 1039 の補修工事を $659,725 で。2018/1 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA
  • HDR Engineering Inc. (Honolulu, HI) : NAVFAC Pacific の AOR (Area of Responsibility) で実施するアーキテクト/エンジニアリング業務を $30,000,000 で。州別の配分は HI (80%)、Guam (10%)、極東各地 (10%)。2022/1 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-17-D-0004)
  • Central Texas College (Killeen, TX) : 米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) ならびに米アフリカ軍 (USAFRICOM : US Africa Command) の AOR (Area of Responsibility) で実施する、陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊向けの職種訓練・技術訓練・教育支援業務・通信教育を $26,837,630 で。懇請 N00189-17-R-Z009 による。アフガニスタン、バーレーン、ジブチ、エジプト (シナイ半島)、ヨルダン、クウェート、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) で実施、2021/7 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk Contracting Department, Philadelphia, PA (N00189-17-D-Z017)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Newport News, VA) : USS Enterprise (CVN-80) の建造に関する修正契約を $25,506,823 で。先行調達に関わる、既存業務の追加分と新規要求への対応を実施。2018/3 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-2116)
  • University of Maryland University College (Hyattsville, MD) : 米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) ならびに米アフリカ軍 (USAFRICOM : US Africa Command) の AOR (Area of Responsibility) で実施する、陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊向けの教育支援業務を $16,236,452 で。懇請 N00189-16-R-Z040 による。アフガニスタン、バーレーン、ジブチ、エジプト (シナイ半島)、ヨルダン、クウェート、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) で実施、2021/7 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk Contracting Department, Philadelphia, PA (N00189-17-D-Z015)
  • BAE Systems Hawaii (Honolulu, HI) : USS William P. Lawrence (DDG-110) を対象とする SRA (Selected Repair Availability) について、修正契約を $14,375,810 で。2017/9/22 まで。Pearl Harbor Naval Shipyard and Intermediate Maintenance Facility, Pearl Harbor, HI (N00024-14-C-4412)
  • TEC-AECOM Pacific JV (Charlottesville, VA) : NAVFAC Pacific の AOR (Area of Responsibility)、太平洋・インド洋地域で実施する環境対策関連のアーキテクト/エンジニアリング業務について、増額修正契約を $10,000,000 で。National Environmental Policy Act への対応。累計受注額は $73,000,000。Guam が 90%、その他が 10%。2017/2 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-11-D-1801)
ARMY
  • Syracuse Research Corp. (North Syracuse, NY) : 小型 UAS (Unmanned Aircraft System) 対策システム×15 セットの開発・製作・インテグレーション・納入・配備・維持管理を、$65,000,000 で。2018/1/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-C-0068)
  • L-3 Fuzing and Ordnance Systems Inc. (Cincinnati, OH) : M734A1 マルチオプション信管×21,589 セット (試験用供試体を含む) と M783 遅延信管×270,528 セットを $51,852,276 で。アフガニスタン向け・イラク向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/11/30 まで。Army Contracting Command, Picatinny Arsenal, NJ (W15QKN-17-C-0024)
  • Boeing Co. (Mesa, AZ) : AH-64 のメイン ローターで使用するストラップ アセンブリ×1,430 セットに関する修正契約を $22,439,560 で。2019/6/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-14-G-0005/P0059)
  • Kiewit Infrastructure West Co. (Fairfield, CA) : 堤防改良工事 Natomas Basin Reach I を $19,295,546 で。カリフォルニア州 Sacramento で実施、2018/8/1 まで。Army Corps of Engineers, Sacramento, CA (W91238-17-C-0002)
  • Raytheon Co. (Andover, MD) : MIM-104 Patriot の主要アイテムを対象とするデポレベルの診断・清掃・補修・改修・技術支援・整備業務を、$17,108,599 で。2020/1/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-C-0003)
  • Simcon Corp. (North Kansas City, MO) : Fort Leavenworth の Building 102 を対象とする補修工事を $7,995,741 で。2018/1/30 まで。Army Corps of Engineers, Kansas City, MO (W912DQ-17-C-4000)
  • ManTech Advanced Systems International Inc. (Fairfax, VA) : Fort Huachuca の電子機器試験施設で実施する、試験支援・エンジニアリング支援業務を $7,600,000 で。2017/7/31 まで。Army Contracting Command, Fort Huachuca, AZ (W91RUS-17-C-0006)

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. と米空軍は、F3R (Form Fit Function Refresh) 計画の下で AIM-120 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) 用に新型シグナルプロセッサを開発中。2020 年代まで量産を続けるために改良を図るもの。AIM-120 は累計納入 20,000 発、戦闘任務で 10 回の撃墜を記録したほか、試射成功事例は 4,200 回を超える。(Raytheon 2017/1/31)
  • General Atomics 傘下の GA-EMS (General Atomics Electromagnetic Systems) は米海軍から、Gerald R.Ford 級空母の 3 番艦・USS Enterprise (CVN-80) に装備する EMALS (Electromagnetic Aircraft Launch System) を受注した。すでに同型 2 番艦の USS John F. Kennedy (CVN-79) に装備する分は受注済み。(General Atomics 2017/1/30)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は、Zumwalt 級駆逐艦の 3 番艦・USS Lyndon B. Johnson (DDG-1002) の起工式が 2017/1/30 に GDBIW (General Dynamics-Bath Iron Works, Bath, ME) で行われた、と発表した。Lynda Johnson Robb 氏と Luci Baines Johnson 氏が共同スポンサーを務める。(US Navy 2017/1/30)
  • 米空軍 575th MXS (575th Aircraft Maintenance Squadron, Joint Base San Antonio-Randolph, TX) が 2016/12 に、T-38C を対象とする VDTS (Video Data Transfer System) と SBIS (Speed Break Indicator Switch) の導入改修を完了した。対象は空軍向け×446 機、海軍向け×10 機、5,000 万ドルの案件。(USAF 2017/1/30)

今日の報道発表 (その他編)
  • MEADS (Medium Extended Air Defense System) 担当の企業チーム・MEADS International がポーランドの Wisla 計画向けに、技術移転を含めた MEADS の提案を実施した。(Lockheed Martin 2017/1/31, DefenseNews 2017/1/31)
  • OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) は、ドイツ軍の EC665 Tiger UHT (Unterstutzungshubschrauber TIGER) に対応するコンピュータ支援型の訓練機材 (CAT : Computer Aided Training) について、2017/1/10 にアップグレード改修が完了して実働可能になった、と発表した。改修は Systemtechnik GmbH とドイツ軍の共同作業で、所定のスケジュールで実現。搭乗員の訓練は、Le Luc にある独仏合同訓練施設と第 36 戦闘ヘリコプター聯隊 (Fritzlar) で実施している。(OCCAR 2017/1/30)
  • GDELS (General Dynamics European Land Systems) 傘下の Steyr-Daimler-Puch Spezialfahrzeuge が、オーストリア陸軍向け 6x6 装輪装甲車・Pandur×34 両を 2016/12/22 に追加受注した。1994 年に受注した 71 両に続くもので、オーストリア国内で製作、2018 年にデリバリー開始の予定。参画するサプライヤーは 179 社、国産率は高いとしている。(GDELS 2017/1/30)
  • 2017/1/22 に、機体構造の延命改修 (SMU : Structural Midlife Upgrade) を実施する最初のチリ海軍所属 P-3C が Concon Naval Air Base からカナダに飛来した。計画名称は Albatros IV、IMP Aerospace (Halifax, Nova Scotia) が 2 機の改修を 3,700 万ドルで受注している。(Chilean Navy 2017/1/27, IHS Jane's 360 2017/1/27)
  • UAC (United Aircraft Corp.) は 2017/1/27 にロシア・Moscow の Lukhovitsy で、30 ヶ国あまりの関係者を迎えて MiG-35 のお披露目を実施した。前日に実施したフライトの模様は、ビデオ会議を通じて Vladimir Putin 露大統領に送られた由。なお、MiG-35 のお値段は競合する Rafale の半額、1,680 万ドルだとする報道がある。(UAC 2017/1/26-27, Russia Beyond The Headlines 2017/1/30)
  • 露海軍向け Steregushchy 級コルベットの 6 番艦・RFS Sovershenny が 2017/1/30 に公試を開始した。建造所は Komsomolsk-na-Amure の Amursky Shipyard。(Russian MoD 2017/1/30)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/1/30)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • St. Michael's Inc. (Woodbridge, VA : 米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) 向けのミッション サポート業務を $150,000,000 で。最低保証額 $2,500。工学/技術/管理支援業務、プログラム管理業務、管理/専門職サービス業務で構成。2022/1/30 まで。USSOCOM (US Special Operations Command), MacDill AFB, FL (H92222-17-D-0004)
NAVY
  • Lockheed Martin Mission Systems and Training (Owego, NY) : MH-60R 用の潜望鏡探知/識別レーダー P-Kit×29 セットを $45,845,897 で。前契約 N00019-16-D-0051。2020/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019017-F-0022)
  • Q.E.D. Systems Inc. (Virginia Beach, VA) : 水上戦闘艦の入渠整備・維持管理・近代化改修・再役工事に関わる先行計画業務について、オプション契約分を $33,469,116 で。オプション契約分まで含めた総額は $102,469,761。2018/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-4400)
  • Smartronix Inc. (Hollywood, MD) : NAWC-AD 麾下・Special Communications Mission Solutions Division 向けのサポート サービス業務を $26,701,654 で。通信ならびに通信用電子機器 (C-E : Communications-Electronics) システムを導入して、音声・動画・データ通信を実現するための案件。2018/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-C-0001)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Melbourne, FL) : E-2 Advanced Hawkeye 固有の支援機材×63 ユニットとシステム仕様文書×18 セットを $17,604,406 で。2019/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N00019-15-G-0026/4Y03)
  • 以下の各社は、迅速プロトタイプ製作に関わる各種カスタム電子機器を総額 $12,000,000 で。
    • Delta Group Electronics Inc. (San Diego, CA) : N66001-17-D-0097
    • NPI Services Inc. (Costa Mesa, CA) : N66001-17-D-0098
    • Quality Systems Integrated Corp. (San Diego, CA) : N66001-17-D-0099
    タスク オーダーごとにコンペティションを実施。基本契約 2 年間、1 年単位のオプション契約 3 年分、すべて実現した場合の総額は $30,000,000、2022/1 まで。RfP N66001-17-R-0010。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Pacific, San Diego, CA
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18A/B/C/D を対象とするプログラム管理、兵站支援、エンジニアリング サービス業務について、修正契約を $7,587,814 で。(N00019-14-D-0012/P00014) カスタマーは以下の通り。
    • スイス : $3,036,964 (40.02%)
    • フィンランド : $1,584,800 (20.89%
    • マレーシア : $912,153 (12.02%
    • クウェート : $727,337 (9.59%
    • オーストラリア : $540,111 (7.12%
    • カナダ : $441,259 (5.81%)
    • スペイン : $345,190 (4.55%
    FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/1 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD
AIR FORCE
  • Gulfstream Aerospace Corp. (Savannah, GA) : 陸海空軍・海兵隊の C-20 と C-37 を対象とするエンジニアリング サービス業務について、オプション契約分を $17,608,952 で。2018/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8106-16-D-0006)

今日の報道発表 (北米編)
  • Textron AirLand LLC が、Scorpion 軽攻撃機に装備する HUD (Head Up Display) として BAE Systems 製の LiteHUD を選定した。まず飛行試験用機に装備する分を受注することになった。通常の HUD と比べて 60% 小型で、画面の表示輝度は 50% 高いとしている。(BAE Systems 2017/1/30)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、これまで Type-Certifiable Predator B と呼称していた UAV System Airworthiness Requirements (STANAG 4571) 対応型について、SkyGuardian という新名称をつけると発表した。自己資金を投じて、5 年がかりで開発を進めてきていたモデル。速力 210kt、上昇限度 14,000m、航続時間 35 時間。STANAG 4671 に加えてイギリスの UK DEFSTAN 00-970 にも対応、ドイツの LufABw (Luftfahrtamt der Bundeswehr / German Military Aviation Authority) ともドイツの耐空承認を実現するために協力中。(GA-ASI 2017/1/27)

今日の報道発表 (その他編)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の 23 型フリゲート・HMS Westminster が、Portsmouth Naval Base で実施していた入渠整備と近代化改修を完了した。主な眼目は、996 型レーダーと Seawolf 艦対空ミサイルを、997 型こと ARTISAN (Advanced Radar Target Indication Situational Awareness and Navigation) 3D レーダーと Sea Ceptor り組み合わせに換装したこと。船体の清掃や再塗装、主機などのオーバーホール、居住施設の化粧直しなども実施。(Royal Navy 2017/1/27)
  • オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向け AWD (Air Warfare Destroyer) の 1 番艦・HMAS Hobart が 2017/1/30 に、South Australia 沖の洋上で官側の領収試験を開始した。建造所による公試は 2016 年に完了している。デリバリーは 2017 年末の予定。(AWD Alliance 2017/1/30, Australian DoD 2017/1/30)
  • Grad ロケットの後継となる Tornado S ロケットが、官側の試験を完了した。多連装ロケット発射機で使用するもので、開発元は Splav Research and Production Association。ここは 1963 年に Grad ロケットを開発したほか、2014 年に Grad 後継となる Tornado G を送り出している。2016 年には、220mm と 300mm の両対応システム・Uragan-1M が登場した。(Rostec 2017/1/25)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |