今週の軍事関連ニュース (2017/02/13)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米戦略軍 (USSTRATCOM : US Strategic Command) は、北朝鮮による弾道ミサイル発射を探知した、と発表した。NORAD (North American Aerospace Defense Command) では、このミサイル発射は北米への脅威にならないと判断。発射があったのは 2017/2/12 で、場所は西海岸の Banghyon、そこから朝鮮半島上空を飛び越えて日本海に着弾した。当の北朝鮮は、朝鮮中央通信などが「新たな戦略兵器体系である地対地の中長距離弾道弾『北極星 2 型』の試射に成功」と報じた。(DoD 2017/2/12, SpaceWar 2017/2/12, 聯合ニュース 2017/2/13)
  • 米太平洋軍 (USPACOM : US Pacific Command) が、南シナ海上空で発生した米中両国機の異常接近事案について明らかにした。2017/2/8 に Scarborough Shoal 付近で、「国際法に従いながらルーティンの任務飛行を実施していた」米海軍の P-3C に中国軍の KJ-200 早期警戒機が接近、1,000ft 以内まで近寄ってきたとの説明。(DefenseNews 2017/2/10)
  • 露空軍の Tu-160×2 機が大西洋の公海上を飛行中に、フランスの領空から数百 km のところまで接近したため、NATO Operations Center (Uedem, Germany) がスクランブル発進を下令。これを受けて、仏空軍が Mirage 2000-5 を発進させて警戒監視を実施した。また、E-3F や C-135FR も発進して支援を実施した。これに先立ち Tu-160 がアイルランド西方を飛行した際に、イギリスでは RAF Lossiemouth から Eurofighter Typhoon を発進して警戒監視を実施、こちらも Voyager 給油機が支援を実施した。フランスの後はスペイン空軍 (FAE : Fuerza Aerea Espanola) の F/A-18 が同様に警戒監視を実施した。いずれも 2017/2/9 の出来事で、領空侵犯には至っていない。(French Air Force 2017/2/9)
  • 演習 "Northern Sun" で使用するため、潜水艦救難機材 NSRS (NATO Submarine Rescue System) が HM Naval Base Clyde からノルウェーの Prestwick に空輸搬入された。演習の目的は、NSRS の展開能力検証と、ノルウェーの環境条件下における救難能力の検証。NSRS はイギリス、フランス、ノルウェーが共同保有しており、以下の三要素で構成する。
    • IROV (Intervention Remotely Operated Vehicle)
    • SRV (Submarine Rescue Vehicle)
    • TUP (Transfer Under Pressure System)
    演習期間は 4 週間、フランスの乗員が運用する。(Royal Navy 2017/2/9)
  • 米空軍 AFGSC (Air Force Global Strike Command) 麾下・91st MW (91st Missile Wing, Minot AFB, ND) 所属の隊員が、2017/2/8 に Vandenberg AFB で LGM-30 Minuteman III ICBM (Intercontinental Ballistic Missile) の試射を実施した。通例通り、試射用の再突入体は Kwajalein Atoll (Marshall Islands) に着弾した。これにより、命中精度と信頼性を検証できたとしている。(USAF 2017/2/9)

今日のニュースいろいろ
  • CSIS (Center for Strategic and International Studies) の AMTI (Asia Maritime Transparency Initiative) によると、中国は Paracel Islands で占拠している島嶼の軍施設拡張を続けており、港湾施設、縁パッド、ヘリコプター基地などの施設を建設しているとのこと。(DefenseNews 2017/2/9)
  • 2017/2/6-9 にかけて Air Force Personnel Center で、下士官兵の UAV オペレーター選抜審査が行われて 185 名が選ばれた。(USAF 2017/2/8)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • GDLS-C (General Dynamics Land Systems - Canada ) が、カナダ陸軍 (Canadian Army) の LAV (Light Armored Vehicle)×141 両を対象とするアップグレード改修契約を 3 億 800 万ドルで受注した。計画名称は Light Armored Vehicle III Upgrade Program、性能と生存性の改善を図るとの説明。2011 年に、550 両について 2035 年まで延命するためのアップグレード改修を発注しているが、その続き。(SpaceWar 2017/2/10)
  • ポーランドの Antoni Macierewicz 国防相が、2017 年に 16 機のヘリを調達すると言明。うち 2 機は Lockheed Martin/Sikorsky の H-60 だが、残り 14 機は Lockheed Martin/Sikorsky、Leonardo、Airbus Helicopters の各社から提案書を受け付けて機種選定中。Mi-8、Mi-14、Mi-17 の代替用。(DefenseNews 2017/2/10)
  • インドネシアと韓国の戦闘機共同開発計画・KF-X を担当する合同計画室が、韓国の Sacheon に開設された。PTDI (PT Dirgantara Indonesia) からは 74 名が参加、韓国側の国防事業庁 (DAPA : Defense Acquisition Program Administration) や KAI (Korea Aerospace Industries) のスタッフと作業にあたる。(DID 2017/2/10)
  • 米陸軍が、MQ-1C Gray Eagle に電子戦機能を追加するための RfI を発出した。統合電子戦システムを開発・搭載するための動き。(DefenseNews 2017/2/9)
  • Renault Trucks Defense の買収案件について、フランスから Safran、ベルギーから CMI、ドイツから Rheinmetall が名乗りを挙げた。(DefenseNews 2017/2/9)
  • 米海兵隊は、MV-22B 用の空中給油機材・VARS (V-22 Aerial Refuelling System ) の初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) 達成時期を 2019 年 3 月に設定した。(DID 2017/2/9)
  • ドイツがチェコやスイスなど複数の国に対して、A400M×13 機の共同運用を持ちかけている由。53 機の調達を計画していたが、そのうち 13 機を売りに出すことになり、そこで共同運用を持ちかけて戦力維持を図る考えが出てきた模様。ドイツ当局はコメントを拒否している。(Reuters 2017/2/6)
  • ギリシア国防省が、ギリシア空軍の F-16C/D×155 機を対象とする F-16V 仕様へのアップグレード改修と、その後の F-35 の調達に向けて動き始めることを明らかにした。軍幹部からの勧告を受けて意志決定した段階で、これから F-35 を調達する意向についてアメリカ政府に通知するとの説明。(Ekathimerini 2017/2/8, DID 2017/2/10)
  • UAC (United Aircraft Corp.) が Ilyushin と MiG Corp. に対して、Il-114-300 旅客機のアップグレードに関わる研究開発契約を発注した。(TASS 2017/2/7)
  • 露海軍航空隊の Igor Kozhin 司令官が、手持ちの Il-38 を Il-38N 仕様にアップグレード改修することを明らかにした。改修作業のタスクを割り当てたところ、とのこと。(TASS 2017/2/6)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/10)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Northrop Grumman Aerospace Systems (Redondo Beach, CA) : STSS (Space Tracking and Surveillance System) の運用・維持管理について、オプション契約分を $19,558,839 で。累計受注額は $1,859,119,188 から $1,878,678,027 に。2017/4/1-2018/3/31 まで。MDA (Missile Defense Agency), Colorado Springs, CO (F04701-02-C-0009/P00329)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Lockheed Martin Corp., Missiles and Fire Control (Grand Prairie, TX) : MAD-FIRES (Multi Azimuth Defense Fast Intercept Round Engagement System) 計画に関する修正契約を $8,153,741 で。既存のオプション 1・オプション 2 契約に、30 ヶ月間のフェーズ II 作業を追加するもの。累計受注額は $9,919,861 から $18,073,602 from に。2017/11/9 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), located in Arlington, VA (HR0011-15-9-0008/P00005)
AIR FORCE
  • STS Systems Integration LLC (San Antonio, TX) : Lackland AFB で実施する、サプライチェーン向けのサポート サービス業務を $8,070,000 で。受領・処理・保管・在庫管理・梱包・輸送・補修・貨物移動/計画立案・通信保全・財務管理といった内容。2022/8/12 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Cryptologic and Cyber Systems Division, JB (Joint Base) San Antonio - Lackland AFB, TX (FA8307-17-C-0006)
NAVY
  • TWD and Associates Inc. (McLean, VA) : 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) 本部向けの IT サポート サービス業務を $11,595,179 で。任務指揮に関わるシステムやネットワークを対象とする、拡張・運用・保守・ライフサイクル サポート業務を行う案件。オプション契約分まで含めた総額は $24,340,820。2017/8 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Indian Head Explosive Ordnance Disposal Technology Division, Indian Head, MD (N00174-17-C-0005)
  • APR Energy USA LLC (Jacksonville, FL) : 可搬式ガスタービン発電機のレンタルを $7,800,000 で。屋外向け・デュアル燃料対応・航空機派生型。期間は 6 ヶ月で据え付けやセットアップも担当、2017/9 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Philadelphia Division, Philadelphia, PA (N65540-17-C-0007)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米海兵隊は 2017 年 2 月下旬から、UTV (Utility Task Vehicle)×144 両の配備を開始する。配備先は聯隊レベルで、全長 12ft、MV-22B や CH-53 の機内に搭載できる全地形車両。兵員 4 名ないしは物資 1,500lb の搭載が可能。契約締結から 6 ヶ月足らずでの配備実現となった。(USMC 2017/2/9)
  • DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) は、RSGS (Robotic Servicing of Geosynchronous Satellites) 計画の担当メーカーとして SS/L (Space Systems Loral, Palo Alto, CA) を選定した。(DARPA 2017/2/9)
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) は、CNIC (Commander Navy Installations Command) N6 向けの IT サポート業務契約を受注した。SSC (SPAWAR Systems Center) Atlantic と CNIC 向けにエンタープライズ レベルの IT サービスを提供する案件の継続分で、3 年間・7,000 万ドル。(GDIT 2017/2/6)
  • Lockheed Martin Corp. が 2017/2/9 に Marietta の工場で、C-130J の民間型・LM-100J Hercules の初号機をロールアウトさせた。すでに、型式証明の取得に関わる一件書類を米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) に提出しており、これから型式証明取得に必要な飛行試験に取りかかる。(Lockheed Martin 2017/2/9, IHS Jane's 360 2017/2/10)
  • Orbital ATK Inc. は、アメリカなど 25 ヶ国のカスタマーならびにメーカー関係者 150 名の参加を得て、3 日間に渡る "Bushmaster User Conference" なるイベントを開催。今回は第 2 回目で、実射デモもイベントに含む。アリゾナ州北西部の Big Sandy Range で、Bushmaster Chain Gun や、7.62mm・25mm・30mm・40mm の各種自動火器を実際に撃って見せた。(Orbital ATK 2017/2/9)

今日の報道発表 (その他編)
  • OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) は、Boxer MRAV (Multi-Role Armoured Vehicle) が累計デリバリー 400 両を達成した、と発表した。2016/12/20 の出来事で、400 両目はオランダ陸軍 (RNLA : Royal Netherlands Army) 向けで GNGP (Geniegroeps voertuig) と呼ばれるモデル。現時点で蘭陸軍では 29 両の GNGP を運用中。また、2017/2/1 にドイツの Bonn で、Boxer Programme Review Meeting なるイベントが開かれた。(OCCAR 2017/2/9)
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) は 2017/1/30 に、特殊作戦部隊が敵地で隠密行動する際に使用する 4x4 装甲車・PLFS (Poids Lourds des Forces Speciales) の第一陣を領収、翌日に部隊に向けてデリバリーした。緊急需要に対応して、まず第一陣の 25 両を発注している。担当メーカーは RYD (Renault Trucks Defense) で、2015 年末に受注した後、開発・製作・試験・認証を 13 ヶ月で片付けた。まず、陸軍の特殊作戦部隊と第 1 海洋歩兵パラシュート聯隊に 4 両ずつ配備する。(DGA 2017/2/9, DefenseNews 2017/2/10)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/9)
ARMY
  • 以下の各社は、宇宙ならびに高々度におけるミサイル防衛で使用するハード/ソフトを対象とする設計・開発・実証・インテグレーションの作業を、総額 $3,038,000,000 で。
    • BAE Systems Technology Solutions and Services (Rockville, MD) : W9113M-17-D-0001
    • Dynetics Inc. (Huntsville, AL) : W9113M-17-D-0002
    • Kbrwyle Technology Solutions LLC (Columbia, MD) : W9113M-17-D-0003
    • Northrop Grumman Technical Services Inc. (Herndon, VA) : W9113M-17-D-0004
    • QWK Integrated Solutions LLC (Huntsville, AL) : W9113M-17-D-0005
    • Raytheon Co. (Tewksbury, MA) : W9113M-17-D-0006
    • Science Applications International Corp. (McLean, VA) : W9113M-17-D-0007
    • Teledyne Brown Engineering Inc. (Huntsville, AL) : W9113M-17-D-0008
    SMDC ならびに FORSCOM 向け、2026/2/8 まで。SMDC (Army Space and Missile Defense Command), Redstone Arsenal, AL
DLA (Defense Logistics Agency)
  • First Nation Group (Detroit, MI) : 医療機材と電子カタログを $47,500,000 (価格修正条項付き) で。2022/2/8 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-17-D-0011)
  • Endoscopy MD LLC (Oxford, PA) : 医療機材と電子カタログを $9,740,000 (価格修正条項付き) で。2022/2/8 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-17-D-0010)
  • Propper International Inc. (St. Mayaguez, Puerto Rico) : 高温地用コンバット ブーツを $16,253,872 で。陸軍ならびにアフガニスタン軍向け、2020/2/9 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1038)
NAVY
  • Enfield Enterprises Inc. (Springfield, MA) : Naval Station Newport で実施する屋根などの整備・補修・交換工事を $25,000,000 で。Public Works Department Newport の AOR (Area of Responsibility) で実施、2022/2 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-D-5021)
  • Pacific Ship Repair & Fabrication Inc. (San Diego, CA) : USS Momsen (DDG-92) を対象とする SRA (Selected Restricted Availability) のオプション契約分を、$17,486,040 で。2017/9 まで。Puget Sound Naval Shipyard and Intermediate Maintenance Facility, Bremerton, WA (N00024-12-C-4400)
  • EPS Corp. (Tinton Falls, NJ) : 水中向けの武器ならびにウェポン システムの開発・試験に関わる専門的知見の提供を、$10,957,883 で。ウェポン システムやそのコンポーネントの調達も契約に含む。オプション契約分まで含めた総額は $48,997,066。2018/2 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Indian Head Explosive Ordnance Disposal Technology Division Indian Head, MD (N00174-17-D-0026)

今日の報道発表 (北米編)
  • 2016/2/11 に Austal USA (Mobile, AL) で、米海軍向け沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship)・USS Tulsa (LCS-16) の進水式が行われる。スピーチは海軍作戦次長の William F. Moran 大将が、スポンサーはオクラホマ州 Tulsa の元市長・Kathy Taylor 氏が担当する。(US Navy 2017/2/9)
  • 米空軍 AFGSC (Air Force Global Strike Command) 麾下の 7th BW (7th Bomb Wing, Dyess AFB, TX) / 9th EBS (9th Expeditionary Bomb Squadron) が、Andersen AFB に B-1B ブロック 16 仕様機を初めて展開させた。2017/1/31 に、人員 300 名あまりとともに現地入り。(USAF 2017/2/8)
  • Orbital ATK Inc. によると、先に Alliant Tech Systems Operations LLC (Plymouth, MN) が米陸軍から $45,622,095 で受注した 120mm 戦車砲弾 AMP (Advanced Multi-Purpose) XM1147 HEMP-T (High Explosive Multi-Purpose with Tracer) の契約 (W15QKN-15-C-0066/P00015) には、さらに低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) と全規模量産 (FRP : Full Rate Production) のオプション契約が 3 件設定されており、すべて実現すると 1 億 1,900 万ドルの案件になるとのこと。(Orbital ATK 2017/2/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • Thales が英陸軍の Ajax 装甲車向けに開発を進めているシミュレーション訓練環境について、最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) が完了した。Thales 傘下の XPI Simulation が手掛けているもので、2014 年 12 月に受注した 2,000 万ポンドの契約に基づき、操縦訓練用シミュレータ×28 基 (静止型とモーション機能付きの混成) を製作する。(Thales 2017/2/9)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) 傘下の Elta Systems Ltd. が欧州某国から COMINT (Communication Intelligence) 機材を受注したほか、アジアの某国からは COMINT (Communication Intelligence) 機材の EL/K-7071 と、ELINT (Electronic Intelligence) 機材の EL/L-8385 を追加受注した。総額 3,000 万ドル。(IAI 2017/2/7, SpaceWar 2017/2/8)
  • Marise Payne 豪国防相は、オーストラリア軍中古の Bushmaster PMV (Protected Mobility Vehicle)×10 両を再生補修してフィジーに売却する、と発表した。フィジー軍が、ゴラン高原やシリアで行われている国連の平和維持活動に参加する際に使用するのが目的。7 両を派遣任務に使い、3 両は自国内で訓練に使う。(Australian DoD 2017/2/9)
  • Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) 傘下の防衛部門・Embraer Defesa (Embraer Defesa e Seguranca S.A.) が、ナイジェリアに EMB-314/A-29 Super Tucano×3 機を輸出する許可を得たことを明らかにした。ナイジェリア空軍では、同機の導入が対反乱戦の能力向上につながるとしている。(Nigerian Air Force 2017/2/8)
  • Leonardo Sp.A は AW609 ティルトローター機について、氷結試験を実施する準備を進めていることを明らかにした。アビオニクスや各種システムに関する飛行試験は完了、ホバリングや基本的な機動については試しており、STOL (Short Take-Off and Landing) などの試験も近いうちに実施する計画。(Leonardo 2017/2/9)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/8)
NAVY
  • Bell Helicopter Textron Inc. (Fort Worth, TX) : AH-1Z の新造機・ロット 14 分 25 機に関する修正契約を $423,413,136 で。2020/2 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-C-0003/P00002)
  • Charles Stark Draper Laboratory Inc. (Cambridge, MA) : UGM-133 Trident (D5) で使用する Mk.6 誘導システムの量産分と、不具合検証、試験、IMU (Inertial Measurement Unit) の補修・再認証、電子機器のアセンブリやモジュールを $58,584,993 で。オプション契約分まで含めた総額は $370,175,927。2021/1/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-17-C-0008/P00001)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : 米海空軍で運用する F-35 ブロック 3F 向けのミッション データ再プログラム施設 (Reprogramming Laboratory) に関わる、設計、文書作成、インテグレーション、試験を $10,300,000 で。2017/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-G-0020)
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Tewksbury, MA) : DDG-1000 Zumwalt 級で使用する機材・スペアパーツに関する修正契約を、$7,478,807 で。2018/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-10-C-5126)
  • Boyer Machine & Tool (Columbus, IN) : EA-6B、EA-18G、F/A-18 などの航空機で使用する各種機械加工製品を $7,178,100 で。NSWC Crane 向け。2020/7 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Crane, Crane, IN (N00164-17-D-WR95)
ARMY
  • 以下の各社は、アメリカ本土の医療施設を対象とする医療専門家の派遣業務を総額 $48,000,000 で。
    • Locums Inc. (Cary, NC) : W81K04-17-A-0001
    • Consillium Staffing LLC (Irving, TX) : W81K04-17-A-0002
    • Caduceus Healthcare Inc. (Atlanta, GA) : W81K04-17-A-0003
    • Matrix Providers Inc. (Denver, CO) : W81K04-17-A-0004
    • TistCorp II LLC (San Antonio, TX) : W81K04-17-A-0005
    • Ghost-Loyal Source JV LLC (Tampa, FL) : W81K04-17-A-0006
    2022/1/31 まで。Army Medical Command, Fort Sam Houston, TX
DLA (Defense Logistics Agency)
  • DRS Network & Imaging Systems LLC (Melbourne, FL) : M2 Bradley 用のハウジング アセンブリについて、オプション契約分を $11,371,058 で。陸軍向け、2017/12/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-16-C-0171/P00004)
  • Sierracin Corp. (Sylmar, CA) : 航空機用の風防パネルを $10,076,628 で。海軍向け、2018/1/29 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Richmond, VA (SPE4A7-17-C-0102)
USTRANSCOM (US Transportation Command)
  • 以下の各社は、アフガニスタンで回転翼機を使って実施する人員・機材・物資などの空輸と整備・幹特業務について、修正契約を受注。
    • Columbia Helicopters Inc. (Aurora, OR) : $11,080,848 (HTC711-11-D-R021/0002-36) 累計受注額は $352,305,108 から $363,385,956 に
    • AAR Airlift Group Inc. (Palm Bay, FL) : $10,370,572 (HTC711-10-D-R026/0001-44) 累計受注額は $532,399,943 から $542,770,515 に
    2017/3/31 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL

今日の報道発表 (北米編)
  • Leonardo Sp.A は、米空軍の APT (Advanced Pilot Training) こと T-X 計画について、単独で応札すると表明した。米国現地法人の DRS を窓口として、地上訓練機材 (GBTS : Ground-Based Training System) 担当の CAE USA、F124 エンジン担当の Honeywell Aerospace が参画、M-346 ベースの T-100 練習機を提案する。アメリカに対して大きな経済効果をもたらすとしている。(Leonardo 2017/2/8, DRS Technologies 2017/2/8)
  • Raytheon Co. は、サイバー攻撃の探知・防禦に使用するユーティリティを提供するため、Utilidata との協業を決めた。Utilidata は送電網をターゲットとするサイバー攻撃に対処する場面で、リアルタイム データの活用に関する知見を有しているとの説明。(Raytheon 2017/2/8)
  • RE2 Robotics は米海軍 ONR (Office of Naval Research) から、水中用の折り畳み式デュアル マニピュレータを開発する SBIR (Small Business Innovation Research) フェーズ II 契約を受注した。マニピュレータ自体はフェーズ I で開発しており、実際にプロトタイプを製作して試験に供するのがフェーズ II。(RE2 Robotics 2017/2/7)
  • 2017/2/3 から Little Rock AFB で、C-130J ブロック 8.1 アップグレード改修機による訓練飛行がスタートした。GPS (Global Positioning System)、IFF (Identification Friend or Foe)、通信機器の改良や、最新の航空管制規格への対応が主な改良点。これから 2 年がかりで、19th AW (19th Airlift Wing) と 314th AW による試験と不具合報告を実施する計画。(USAF 2017/2/7)
  • 2017/1/25 に、Nellis AFB でフライトを実施した F-15C (S/N 83-3014) が累計飛行時間 10,000 時間に到達した。Nellis AFB に配備した F-15C で 10,000 時間を突破したのは初めての事例。(USAF 2017/2/7)

今日の報道発表 (その他編)
  • 仏海軍の空母 FS Charles De Gaulle が、MLU (Mid-Life Update) 改修を実施するために Toulon でドック入りした。18 ヶ月間の作業になる予定。これにより、さらに 20 年間の運用継続を可能とする。(French Navy 2017/2/8)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) は、2013-2016 年にかけてスタディを実施した艦艇の船体腐食管理 (CCNS : Corrosion Control for Navy Ships) について、成果に関する試験が良好な結果を出して、高い可能性につながるソリューションを洗い出すことができた、と発表した。英仏独の調達部門、研究機関、メーカーが参画していた。(EDA 2017/2/7)
  • Elbit Systems Ltd. 傘下の Cyberbit Ltd. が日本のサイバー セキュリティ ファーム・Niサイバーセキュリティ (Ni Cybersecurity Inc.) から、サイバー セキュリティ分野の訓練・シミュレーション施設に関する契約を受注した。Cyberbit Range プラットフォームを使用するもので、東京の虎ノ門に設置する。(Elbit Systems 2017/2/6)
  • Elbit Systems Ltd. がアジア太平洋地域の某国から、Mi-17 のアップグレード改修契約を受注。機数は数ダース、5 年間・1 億 1,000 万ドルの案件。(Elbit Systems 2017/2/8, IHS Jane's 360 2017/2/8)
  • Damen Shipyards Group は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向け OPV (Offshore Patrol Vessel) の建造計画・Project Sea 1180 の受注を目指して、オーストラリア企業向けの説明会を 2 日間に渡って開催した。合計で 430 社から 583 名が出席した由。(Damen Shipyards Group 2017/2/7)
  • Rostec が、保有する Kalashnikov Group 株のうち 26% マイナス 1 株分を Andrey Bokarev と Alexey Krivoruchko の両名に売却する件が、Rotec 役員会の承認を得た。(Rostec 2017/2/7)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 空母 RFS Admiral Kuznetsov やロケット巡洋艦 RFS Pyotr Veliki などからなる露海軍の任務群が、シリア沖での任務航海を終えて Severomorsk に帰港した。(TASS 2017/2/9)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |