今週の軍事関連ニュース (2017/02/16)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • The New York Times 紙によると、ロシアは隠密裏に地上発射巡航ミサイルを配備、これに対してアメリカが「INF 条約違反」だと主張している由。(SpaceWar 2017/2/14)
  • 米議会予算局 (CBO : Congressional Budget Office) は、核戦力近代化のために 2017-2026 年にかけて総額 4,000 億ドルの経費を要する、との見積もりをまとめた。2015 年に、2015-2024 年にかけて要する金額として見積もった数字より 520 億ドル増えているが、主因は規模の拡大。(CBO 2017/2/15)
  • 2017/2/14 に、アメリカとタイの合同演習 "Cobra Gold" がスタートした。開会式典には米太平洋軍 (USPACOM : US Pacific Command) 司令官の Harry Harris 海軍大将も出席。その席で同大将はタイ側に対して、早期の民主化実現を求めた。米海軍からは USS Green Bay (LPD-20) が参加している。(SpaceWar 2017/2/14, US Navy 2017/2/15)
  • 2 週間に渡って行われた "Red Flag 17-1" 演習が、2017/2/10 に終了した。既報のように、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) からは E-7A や C-130J が参加したほか、米空軍からは F-35A が初参加、さらに 432nd WG (432nd Wing) / 432nd AEW (432nd Air Expeditionary Wing) の MQ-9 Reaper も参加、航空阻止やターゲティングを実施した由。(USAF 2017/2/13, RAAF 2017/2/14)

今日のニュースいろいろ
  • 2017/3/1 に ULA (United Launch Alliance) の Atlas V 401 を使って、米国家偵察局 (NRO : National Reconnaissance Office) 向けの打ち上げミッション・NROL-79 が行われる。Atlas V 全体では 70 回目、Atlas V 401 では 35 回目。(SpaceWar 2017/2/14)
  • "Operation Atlantic Resolve" の一環としてラトビア展開を進めていた米陸軍・第 4 歩兵師団・第 3 機甲旅団戦闘団・第 68 機甲聯隊・第 1 大隊が、2017/2/8 に Garkalne への装備展開を完了した。持ち込んだのは、M1A2 戦車、M2A3 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle)、ABV (Assault Breacher Vehicle)、M88 装甲回収車、HMMWV (High Mobility Multi-Purpose Wheeled Vehicle) など。また、ドイツの Bremerhaven には第 10 戦闘航空旅団 (CAB : Combat Aviation Brigade) の UH-60 や CH-47 など 49 機のヘリが到着、さらに翌週には 20 機が到着する予定。(US Army 2017/2/11, DoD 2017/2/14)

今日のニュースいろいろ
  • ドイツとオランダは、軍事分野における協力の一環として、ドイツ軍の短射程防空部隊をオランダ軍の指揮下に入れて任務に就けるとの合意をまとめた。2019 年に両国の合同戦車大隊を編成することになっているが、それに向けた動きの一環だとされる。(DID 2017/2/13)
  • 印国防省は、2017/2/11 にベンガル湾上空の大気圏外で弾道ミサイル模擬標的の要撃試験を成功裏に実施した、と発表した。標的は Orissa 州の Wheeler Island から発射、これを PDV (Prithvi Defence Vehicle) で要撃。(Indian MoD 2017/2/11, NDTV 2017/2/12)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Boeing Co. がまとめた F/A-18E/F ブロック III の提案は、2013 年に構想が出た Advanced Super Hornet コンセプトのようなステルス化ではなく、F-35C を初めとする他の艦上機とのネットワーク化に重点を置く内容に変化した。(DID 2017/2/16)
  • Manohar Parrikar 印国防相が、2 億 347 万ドルの費用を投じて LCA (Light Combat Aircraft) こと Tejas の生産ラインを増設すると表明。この第二生産ラインは 16 機 [年産 ?] の生産能力を持つとしている。(DID 2017/2/16)
  • ブラジル海軍が、空母 Sao Paulo (A12) の延命改修を取り止めて退役させることを明らかにした。実現可能性研究を実施したが、技術とコストの両面でリスクがあるとの判断。(IHS Jane's 360 2017/2/15)
  • オーストラリアの研究機関 Geoscience Australia が Lockheed Martin Corp. と組んで、第二世代版 SBAS (Satellite-Based Augmentation System) の研究に乗り出した。GPS (Global Positioning System) や Gelileo の測位シグナルを受信・増強して、整合性と精度を向上させようという趣旨。(GPS Daily 2017/2/14)
  • 米海兵隊が Camp Lejune で、PSI Tactical 製の小型クワッドコプター・Instant Eye の試験を実施した。込み入った場所での偵察用途を想定したもの。機動性や隠密性が評価対象になった。担当したのは Task Force Southwest、参加した海兵隊員は 300 名。(SpaceWar 2017/2/14)
  • Ursula von der Leyen 独国防相が、ドイツ海軍向けの新型水上戦闘艦 MKS180 について、建造計画を 6 隻に拡大する決定を下した。まず 40 億ユーロ (42 億 4,000 万ドル) で 4 隻を建造、さらに 2030 年に 2 隻の追加を計画。以下の各チームが建造計画に応札中。
    • Lurssen + TKMS (Thyssen Krupp Marine Systems AG)
    • B+V (Blohm + Voss) + Damen Shipyards
    • German Naval Yards + BAE Systems
    (Reuters 2017/2/13)
  • インドの DRDO (Defence Research and Development Organisation) が、Airbus から A330×6 機を調達して早期警戒機に改装する件を模索中、との報道が。現在は、内閣の安全保障会議に話を上げて審議待ち。(DID 2017/2/14)
  • Lockheed Martin Corp. が F-16 の売り込みに際してインドへの生産ライン設置を提案したのに続いて、JAS39E Gripen NG を売り込んでいる Saab AB も、インド国内への生産拠点開設を提案した。(Reuters 2017/2/10)
  • インド政府は、FGFA (Fifth Generation Fighter Aircraft) 計画で得られるメリットについて評価する目的で、三つ星の将官をボスとする評価委員会を設置する決定を下した。(Hindustan Times 2017/2/11)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/15)
NAVY
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : UGM-133 Trident II (D5) の製作と、配備済みのシステムを対象とするサポート業務を $95,355,755 で。2018/2/4 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-15-C-0100/P00020)
  • Boeing Co. (Huntington Beach, CA) : P-8A Poseidon のインクリメント 3 ブロック 2 に関する研究・開発・インテグレーション・試験を $68,693,695 で。2022/1 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-G-0001/#2001)
  • BAE Systems Norfolk Ship Repair (Norfolk, VA) : USS Vicksburg (CG-69) を対象とする FY2017 分の SSRA (Special Selected Restricted Availability) を、$42,941,944 で。オプション契約分まで含めた総額は $45,997,390。2017/9 まで。Mid-Atlantic Regional Maintenance Center, Norfolk, VA (N00024-16-D-4406-0010)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : USS Illinois (SSN-786) を対象とする納入後作業の計画立案・実施について、修正契約を $13,898,620 で。CLIN (Contract Line Item Number) 2800。2017/6 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion and Repair, Groton, CT (N00024-09-C-2104)
AIR FORCE
  • National Aerospace Solutions (Arnold AFB, TN) : AEDC (Arnold Engineering Development Complex, Arnold AFB, TN) で実施する、試験・技術開発・機材・運用・施設維持管理業務に関する修正契約を $53,306,589 で。2017/6/30 まで。Air Force Test Center, Arnold AFB, TN (FA9101-15-C-0500/P00012)
  • Rockwell Collins Inc., Government Systems (Cedar Rapids, IA) : CVRi1 (Common Very Low Frequency Receiver) インクリメント 1 の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 分を $12,887,772 で。2019/3/1 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8616-17-C-0005)
  • Tyonek Global Services Inc. (Madison, AL) : サイバー作戦分野の訓練支援業務を $9,071,595 で。Hurlburt Field と JB (Joint Base) San Antonio - Lackland で実施、2018/7/31 まで。38th Contracting Squadron, Tinker AFB, OK (FA8773-17-C-0006)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Andover, MA) : RF (Radio Frequency) エキサイターを $13,976,878 で。陸軍向け、2020/1/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRRA2-17-C-0010) / DLA Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1041)

今日の報道発表
  • Thales は 2017/1/31 にデンマーク軍の装備調達部門・DALO (Defence Acquisition and Logistics Organization) から、デンマーク海軍向けの CWI (Continuous Wave Illumination)×14 セットを受注した。Absalon 級に搭載して RIM-162 ESSM (Evolved Sea Sparrow Missile) と組み合わせるためのもの。2019 年半ばから 2021 年にかけてデリバリーする予定。なお、サポート業務については別途、2049 年までカバーする契約を締結する。(Thales 2017/2/15)
  • FN Herstal は、40mm 擲弾発射機と組み合わせて使用する照準器・FCU の第三世代モデル、FCU Mk.3 を発表した。既存ユーザーからのフィードバックを反映させるとともに性能改善を図っている、との説明。レーザー測遠機と、拡大した照準窓を組み合わせている。(FN Herstal 2017/2/15)
  • 2017/2/14 に、仏海軍の Rafale M が Avord AB (BA 702) を離陸、低空侵攻・地形追随飛行に続いて ASMP-A (Air-Sol Moyenne-Portee - Ameliore) を Biscarrosse の試験場に向けて試射する、4 時間のフライトを実施した。この試射成功を受けて、Jean-Yves Le Drian 仏国防相は満足の意を表明した由。試験場は仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) の施設。(French MoD 2017/2/14)
  • BAE Systems と HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) は Aero India 2017 展示会で、Hawk 練習機の発展型・Advanced Hawk に関する出展を実施。これを Harriett Baldwin 英装備相が視察した。(BAE Systems 2017/2/14)
  • Saab AB は、LCA (Light Combat Aircraft) こと Tejas Mk.1A 向けのセンサー パッケージ提案を実施したことを明らかにした。最新技術と COTS (Commercial Off-The-Shelf) 品を活用、ニーズに合わせてオンタイムで、低リスクで提供できるとしている。(Saab 2017/2/15)
  • Kelvin Hughes は、マレーシアの BNS (Boustead Naval Shipyard) から、マレーシア海軍向け SGPV-LCS (Second Generation Patrol Vessel Littoral Combat Ship)×2 隻に装備する SharpEye ドップラー レーダーを受注しているが、1 セット目は 2016 年 7 月に SIF (Shore Integration Facility) にデリバリーしたとのこと。I バンド (X バンド) と E/F バンド (S バンド) のモデルで構成。また、MMEA (Malaysian Maritime Enforcement Agency) が Asra Murni Sdn Bhd 経由で Destini Shipbuilding に発注している巡視船×6 隻に装備するため、Kelvin Hughes の航海レーダー用ワイドスクリーン ディスプレイを受注、こちらは 12kW の X バンド レーダーと S バンドの SharpEye を組み合わせる。さらに、MMEA の FIB (Fast Interceptor Boat) に装備する ECDIS (Electronic Chart Display and Information System) も受注。(Kelvin Hughes 2017/2/14)
  • YugoImport-SDPR は、追加生産している 8x8 装輪装甲車・Lazar 3 で使用するため、Timoney Technology の T900 モジュラー駆動系を追加発注した。2017 年半ばにデリバリーして、製作中の車体に搭載する。この足回りはダブルウィッシュボーン式の件が装置を持ち、1 軸につき 9,000kg の荷重を受けられる。(Timoney Technology 2017/2/14)
  • Leonardo Sp.A は、AgustaWestland AW169 が米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) の認証を取得した、と発表した。これを受けて、今年からデリバリーを開始する。(Leonardo 2017/2/14)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/14)
NAVY
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : UGM-133 Trident II (D5) の製作と、配備済みのシステムを対象とするサポート業務について、修正契約を $540,834,051 で。2021/9/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-16-C-0100/P00008)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : Virginia 級 SSN の FY2019 建造分 (SSN-802/803) について、先行調達を $126,524,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。蒸気・電力・主機・ターボ発電機などの機器が対象。2018/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-2100)
  • GDAIS (General Dynamics Advanced Information Systems, Pittsfield, MA) : 米英両海軍の SSBN と米海軍の SSGN で使用する射撃管制システムを対象とする維持管理業務を、$58,691,232 で。訓練業務と支援機材も契約に含む。2021/9/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-16-C-0005/P00008)
  • Bell-Boeing Joint Project Office (Amarillo, TX) : V-22 のソフトウェア維持管理業務を $58,319,151 で。前契約 N00019-17-G-0002 の続きで、飛行制御用ソフトウェアとアビオニクス用ソフトウェアのエンジニアリング/テクニカル サポート業務、飛行試験の計画立案と調整、アップグレード計画の立案を担当。2019/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F1011)
  • Cardno GS Inc. (Charlottesville, VA) : NAVFAC Southwest の AOR (Area of Responsibility) で実施するアーキテクト/エンジニアリング業務を $30,000,000 で。州別の配分は CA (87%)、AZ (5%)、NV (5%)、CO (1%)、NM (1%)、UT (1%)。2022/2 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southwest, San Diego, CA (N62473-17-D-4622)
  • 以下の各社は、医療記録のコーディング、監査、訓練サービス業務、医療施設の文書改善業務を、総額 $20,768,875 で。
    • SDV International LLC (Alexandria, VA) : N62645-17-D-5011
    • Standard Technology Inc. (Bethesda, MD) : N62645-17-D-5012
    • Technology, Automation & Management Inc. (Fairfax, VA) : N62645-17-D-5013
    2018/2/28 まで。オプション契約分まで含めた総額は $64,962,972、2020/2/28 まで。Naval Medical Logistics Command, Fort Detrick, MD
  • Progeny Systems Corp. (Manassas, VA) : 情報保全システムのアップグレードと近代化に関わるエンジニアリング/テクニカル サービス業務について、オプション契約分を $7,954,769 で。2017/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-6294)
AIR FORCE
  • Raytheon Co. (Dulles, VA) : Cobra King レーダーと Gray Star レーダーを対象とする O&M (Operations and Maintenance) サービス業務を $128,450,262 で。Patrick AFB で実施、2021/10/31 まで。Acquisition Management and Integration Center, Patrick AFB, Florida (FA7022-17-D-0001)
  • Volant Associates LLC (Chantilly, VA) : DI2E (Defense Intelligence Information Enterprise) フレームワークに基づくコラボレーション案件 (DI2E Framework Integrated Collaborative Environment) を $14,005,098 で。軍と情報機関のミッション システムや各種能力について、相互運用性とコラボレーションを強化するのが目的。2019/4/13 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-17-C-0001)
  • Food Services Inc. (Gainesville, GA) : JB San Antonio - Fort Sam Houston と Camp Bullis [Fort Bliss ?] で実施する給養業務を $8,423,492 で。2018/2/28 まで。502d Contracting Squadron, JB (Joint Base) San Antonio - Randolph, TX (FA3016-17-D-0007)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Propper International Inc. (Mayaguez, Puerto Rico) : 高温地用コンバット ブーツを $32,467,504 で。陸軍ならびにアフガニスタン軍向け、2020/2/13 まで。アフガニスタン向けは FMS (Foreign Military Sales)。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1041)
ARMY
  • L-3 Communications Sonoma EO Inc. (Santa Rosa, CA) : 化学物質探知装置を $12,957,870 で。2019/2/7 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911SR-17-C-0017)
  • Agentase LLC (Elkridge, MD) : 化学物質探知装置を $8,659,565 で。2019/2/7 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911SR-17-C-0019)

今日の報道発表 (北米編)
  • 56th FW (56th Fighter Wing, Luke AFB, AZ) / 61st FS (61st Fighter Squadron) の B コース訓練課程に属するパイロットが、2017/2/8 に F-35A による初のフライトを実施した。純然たる実働部隊向けパイロットの第一陣となるもの。62nd FS も今年の後半に B コースの課程を開始する予定。(USAF 2017/2/8)
  • Northrop Grumman Corp. は、米陸軍の Army Prototype Integration Facility や主契約社の Redstone Defense Systems と組んで開発を進めている UH-60V について、2017/1/19 に初飛行を実施したことを明らかにした。UH-60L のアップグレード型で、Northrop Grumman の担当は統合アビオニクス スイート。同機のデジタル コックピットは FACE (Future Airborne Capability Environment) 標準仕様準拠。(Northrop Grumman 2017/2/13)
  • Textron Inc. / Textron Systems 傘下の Weapon & Sensor Systems 部門は、2016 年 10 儀津に YPG (Yuma Proving Grounds, Yuma, AZ) で精密誘導滑空兵器・G-CLAW の試験を成功裏に実施していたことを明らかにした。移動目標をターゲットとして実施したもので、Cessna Caravan から投下して 1m の半数命中界 (CEP : Circular Error Probable) を実証できたとしている。Textron AirLand LLC の Scorpion に対するインテグレーションも実現済み。(Textron 2017/2/14)
  • Orbital ATK Inc. は米空軍 SMC (Air Force Space and Missiles Systems Center) から、多用途衛星 STPSat-6 (Space Test Program Satellite 6) を対象とする、ペイロードのインテグレーションとサポート業務の契約を受注した。この衛星は Orbital ATK のバスを使い、以下のペイロードを載せる。
    • SABRS-3 (Space and Atmospheric Burst Reporting System)
    • LCRD (Laser Communication Relay Demonstration, NASA の案件)
    • 米国防総省の Space Experiments Review Board が扱う、7 種類の実験ペイロード
    (Orbital ATK 2017/2/13)

今日の報道発表 (その他編)
  • ノルウェー国防省は、ドイツが NSM (Nytt Sjonomalsmissil / Naval Strike Missile) 計画に協力するとともに、将来的に NSM を調達する、と発表した。潜水艦の調達をめぐる協力関係から、さらに対象を拡大したもの。(Norwegian MoD 2017/2/13, German MoD 2017/2/13, Kongsberg Gruppen 2017/2/13)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) は、MALE RPAS (Medium Altitude, Long Endurance Remotely Piloted Air System) のオペレーターを対象とするシミュレータ訓練技術を開発する目的で、TTD (Training Technology Demonstrator) の計画を立ち上げた。ネットワーク化した 9 基のプロシージャ トレーナーを実現するもの。MALE RPAS Community では 2014/11/19 に、この分野での情報共有と協力を図るための LoI に署名していた。(EDA 2017/2/13)
  • Fincantieri Sp.A は Muggiano (La Spezia) の同社造船所で、イタリア海軍向け哨戒艦・PPA (Pattugliatore Polivalente d'Altura) ネームシップの鋼材切り出しを開始した。排水量 6,000t 級の多用途航洋哨戒艦で、全長 132.5m、CODAG 推進・最高速度 33kt。7 隻の建造を予定しており、2021-2023 年に各 1 隻、2024 年に 2 隻、2025-2026 年に各 1 隻のデリバリーを予定。伊海軍ではこのほか、揚陸艦 (LHD)×1 隻と補給艦×1 隻の建造を予定している。(Fincantieri 2017/2/13)
  • Thales は、インドの BTSL (BEL-Thales Systems Ltd.) と共同で開発を進めている PHAROS 射撃管制レーダーについて、予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) が完了したことを明らかにした。2016 年 3 月に契約を締結して開発を始めたもの。30-76mm の砲やミサイルの射撃管制に使用する製品で、陸上・艦上の両方に対応。(Thales 2017/2/13)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) は、インド海軍から受注していた沿岸・港湾警備システム IUHDSS (Integrated Underwater Harbour Defence and Surveillance System) の構築が完了した、と発表した。水上・水中の両方について、レーダーやソナーや電子光学センサーなどを用いて脅威の監視・探知を行うもので、開発担当は傘下の Elta Systems Ltd.。(IAI 2017/2/13)
  • UEC (United Engine Corp.) は、インド海軍で運用している MiG-29K/KUB のパワープラントである RD-33MK エンジンを対象とする、包括的なアフターセールス サポートの提案を実施する、と表明した。インド側の要求に合わせて構築したもので、保証期間が経過した後のサポートを担当するもの。(UEC 2017/2/13)
  • L&T (Larsen & Toubro) が 2017/2/13 に、MBDA とジョイント ベンチャーを設立する、と発表した。両社の出資比率は 51%:49%。インド軍向けにミサイルと関連システムを納入するのが目的で、社名は L&T MBDA Missile Systems Ltd.。(MBDA 2017/2/13, IHS Jane's 360 2017/2/14)
  • Thales と BDL (Bharat Dynamics Ltd.) は、STARStreak ミサイルに関する技術移転の実現可能性を検討する、という趣旨の MoU に調印した。(Thales 2017/2/14)
  • Ukroboronprom 傘下の Artem が MI-8MSB を使って、ウクライナ軍向けに開発している 80mm 空対地ミサイルの試射を実施した。詳細な仕様は不明。(Ukroboronprom 2017/2/11, SpaceWar 2017/2/13)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/13)
JIDO (Joint Improvised-Threat Defeat Organization)
  • Booz Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : JIDO 向けの、信頼性と秘匿性を備えたエンタープライズ IT (EIT : Enterprise Information Technology) オペレーション提供を $325,868,201 で。GSA (General Services Administration) の Alliant 契約。2022/3/5 まで。GSA Federal Systems Integration and Management Center (GSQ0017AJ0029)
NAVY
  • 以下の各社は、歯科医療業務を総額 $89,403,094 で。
    • AA Dental Staffing Inc. (Virginia Beach, VA) : N62645-17-D-5005
    • Defense Health Solutions LLC (Rockville, MD) : N62645-17-D-5006
    • Dental Power International Inc. (Carrboro, NC) : N62645-17-D-5007
    • Green Apple Dental Management (dba AlphaDog Medical and Dental, Portland, OR) : N62645-17-D-5008
    • Medforce Government Solutions LLC (Fairfax, VA) : N62645-17-D-5009
    • Southern Crescent Personnel Inc. (Morrow, GA) : N62645-17-D-5010
    作業場所は以下の通り。
    • Naval Hospital Bremerton, WA (30%)
    • Naval Health Clinic Hawaii (25%)
    • Naval Hospital Oak Harbor, WA (20%)
    • Naval Hospital Lemoore, CA (15%)
    • Naval Medical Center San Diego, CA (5%)
    • Naval Hospital Camp Pendleton, CA (3%)
    • Naval Hospital Twentynine Palms, CA (2%)
    2022/6/17 まで。Naval Medical Logistics Command, Fort Detrick, MD
  • BAE Systems Information and Electronic System Integration Inc. (Nashua, NH) : T-1687/ALE-70(V)T-1687/ALE-70(V) の新規製造を $63,969,918 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。Advanced Tactical Aircraft Protection Systems Program Office (PMA0272) の、Air Expendable Countermeasures Program 向け。2018/12 まで。米空軍向け (19%) に加えて、オーストラリア (41%)、イスラエル (32%)、韓国 (4%)、ノルウェー (4%) 向けの FMS (Foreign Military Sales) を含む ($25,337,445)。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Mechanicsburg, PA (N00104-16-G-0726/#0001)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : *GM-84 Harpoon ならびに SLAM-ER (Stand-Off Land Attack Missile - Expanded Response) で使用するスペアパーツを $12,399,305 で。対象は以下の通り、
    • 米海軍向け (83) : $1,977,154 (15.95%)
    • サウジアラビア向け (143) : $4,913,562 (39.63%)
    • オーストラリア向け (5,734) : $2,189,643 (17.66%)
    • カナダ向け (50) : $1,371,188 (11.06%)
    • 日本向け (96) : $1,101,488 (8.88%)
    • マレーシア向け (17) : $309,852 (2.50%)
    • トルコ向け (11) : $293,895 (2.37%)
    • インド向け (24) : $116,138 (0.94%)
    • 台湾向け (3) : $105,991 (0.85%)
    • タイ向け (1) : $20,394 (0.16%)
    米海軍以外は FMS (Foreign Military Sales)。2018/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0012)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Beshenich Muir & Associates LLC (Leavenworth, KS) : MDA の人事部門 (Human Resources Directorate) 向けに実施する、人事管理・訓練関連の助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) を $30,319,319 で。作業場所は以下の通り。
    • Colorado Springs, CO
    • Huntsville, AL
    • NCR (National Capital Region, Fort Belvoir を含む)
    2022/3 まで。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-17-C-0013)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、F-35 で使用する 200 セット目の中央翼アセンブリ (CWA : Center Wing Assembly) を 1 月に、製作を担当するジョージア州 Marietta の工場から、最終組立を担当するテキサス州 Fort Worth の工場に送り出した、と発表した。Marietta 工場からの CWA のデリバリーは 2011 年 9 月にスタートしており、これまですべて所定のスケジュール通りだとしている。(Lockheed Martin 2017/2/13)
  • Raytheon Co. は、米陸軍から MIM-104 Patriot を対象とする能力向上作業の契約を 2 億 200 万ドルで受注した、と発表した。これにより全米で 500 名の雇用維持につながるとしている。(Raytheon 2017/2/13)
  • Harris Corp. は、AN/PRC-117G、AN/PRC-150C、AN/VRC-104、AN/PRC-152、AN/VRC-114 といった同社製通信機を対象とするサポート業務について、5 年間・4 億 300 万ドルの継続契約を受注した。米国防兵站局 (DLA : Defense Logistics Agency) Land and Maritime 部門と米陸軍 CECOM (Army Communications-Electronics Command) 向けにスペアパーツやコンポーネントを供給する案件。(Harris 2017/2/13)
  • 米海軍 COMLOG SRU (Commander, Logistics Group Western Pacific Ship Repair Unit) が艦の乗組員と共同で、シンガポールで USS Coronado (LCS-4) を対象とする 7 日間の整備作業を実施、2017/2/10 に完了した。(US Navy 2017/2/10)
  • CAE Inc. は Airbus Defence and Space から、カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) が導入する C-295W と組み合わせるための搭乗員・整備員訓練ソリューションに関する契約を 2 億カナダドルで受注した。機材の内訳は以下の通りで、 19 Wing (CFB Comox, British Columbia) に設置する。
    • C-295W FFS (Full-Flight Simulator)×1
    • C-295W CPT (Cockpit Procedures Trainer)×1
    • C-295W センサー ステーション用シミュレータ×1
    • One C-295W ミッション シミュレータ×1
    • C-295W ミッション プロシージャ トレーナー×8
    • C-295W 整備訓練機材×1
    • C-295W コックピット システム用 PTT (Part-Task Trainer)×1
    • CAE Simfinity C-295W VMT (Virtual Maintenance Trainer) ステーションを備える座学施設×10
    FWSAR (Fixed-Wing Search and Rescue) 計画向けで、フェーズ 1 は 3 年間の開発・調達、フェーズ 2 は 3 年間のサポート業務、フェーズ 3 は 5 年間のサポート業務とオプション契約 5 年分×3 件で構成。(CAE 2017/2/13)

今日の報道発表 (その他編)
  • 韓国国防部は、2017/2/1 付で AW159 Lynx Wildcat ヘリを艦隊に配備した、と発表した。同機の配備に併せて、慶尚北道 Gyeongsangbuk-do の巨済島 Geojedo で、対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) の訓練プログラムを立ち上げた。(South Korean MoD 2017/2/10)
  • トルコの TEI (TUSAS Engine Industries) は、2017/2/7 に UDI Nuri Demirag で行われた、"Turboshaft Engine Development Project" に関する契約調印について発表した。国産の 1,400shp 級ターボシャフト エンジンを開発しようというもので、予定期間は 8 年間。(TEI 2017/2/7)
  • 印国防省は、インド空軍 (IAF : Indian Air Force) 向け AEW&C (Airborne Early Warning and Control System) 機の初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) 達成について発表した。Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) の EMB-145 に国内開発したレーダー機器を載せたもので、Aero India 2017 展示会に合わせて 2017/2/14 に初号機をデリバリーする。(Indian MoD 2017/2/11)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • USS George H.W. Bush (CVN-77) を基幹とする空母打撃群 (CSG : Carrier Strike Group) が、2017/2/13 に地中海で OIR (Operation Inherent Resolve) のための任務飛行を開始した。乗艦しているのは CVW-8、随伴艦は USS Philippine Sea (CG-58)、USS Hue City (CG-66)、USS Laboon (DDG-58)、USS Truxtun (DDG-103)。(US Navy 2017/2/10)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |