今週の軍事関連ニュース (2017/02/20)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2017/2/18 から南シナ海で、USS Carl Vinson (CVN-70) を基幹とする第 1 空母打撃群 (CSG 1 : Carrier Strike Group 1) が "ルーティンの" オペレーションを開始した。乗艦しているのは CVW-7、随伴艦は USS Wayne E. Meyer (DDG-108)。(US Navy 2017/2/18)
  • ベルギー、ドイツ、ノルウェーの国防相が、合同多国籍空中給油部隊の設置に関する趣意書に署名した。すでにオランダとルクセンブルクが創設を決めている枠組みに加わるもので、給油機は A330-200 MRTT (Multi Role Tanker Transport) を使用する。オランダとルクセンブルクは 2020 年までに 2 機を用意することとしているが、参加国の増加に伴い、8 機まで増勢する。(NATO 2017/2/16)
  • NATO とフィンランドが、サイバー防衛分野で協力するための枠組み (Political Framework Arrangement) に関する文書に調印した。状況認識とベストプラクティスの強化を図るとしている。(NATO 2017/2/16)
  • エストニアの Margus Tsahkna 国防相、ラトビアの Raimonds Bergmanis 国防相、リトアニアの Raimundas Karobilis 国防相が、バルト三国における NATO 軍の移動を迅速化するための共同声明に署名した。24 時間以内に VJTF (Very High Readiness Joint Task Force) を、48 時間以内に事前展開済み部隊を受け入れられるように、6 月までに法的基盤を整備するとしている。(Estonian MoD 2017/2/16)
  • 2017/2/16 に米海軍・第 9 潜水隊群所属の Ohio 級 SSBN が、UGM-133 Trident II (D5) の試射 (FCET : Follow-on Commander's Evaluation Test) を実施した。試射の名称は FCET-53 で、ミサイルの信頼性・命中精度・性能の検証が目的。(US Navy 2017/2/16)
  • RNAS Culdrose で予定していた航空ショー "RNAS Culdrose Air Day" が、英海軍の人員不足という理由で開催中止になった。(British Forces News 2017/2/16)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) No.XV(R) Sqn. (RAF Lossiemouth, Scotland) が、2017/3/17 付で飛行任務を終了することになった。(UK Airshow Review Twitter 2017/2/18)

今日のニュースいろいろ
  • 2017/2/14 に、米軍 350 名と M1A2 戦車などの装備がポーランドからルーマニア入りした。第 4 歩兵師団・第 3 機甲旅団戦闘団麾下の大隊を派遣したもの。2 月中に、もう 150 名が加わる予定。(DoD 2017/2/16)
  • Michael Fallon 英国防相が、ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) 対策について検討する NATO 国防相会議の席で他の加盟国に対して、機敏さの向上と国防支出の増額を求めた。なお、この会議では ISIL 対策やテロ対策以外の議題もあり、「多国籍特殊作戦司令部の創設について検討する」「Joint Force Command (Naples, Italy) に新たな南方ハブ拠点を設ける」「2035 年の退役が見込まれる現行 E-3A AWACS (Airborne Warning And Control System) の後継機開発を進める」といった合意もまとまった。(MoD UK 2017/2/15, NATO 2017/2/16)
  • ドイツ、チェコ、ルーマニアの 3 ヶ国が、軍事面の協力深度化に関する合意を締結。これに基づき、チェコ陸軍の第 4 緊急展開旅団とルーマニア陸軍の第 81 機械化旅団が、ドイツ陸軍の第 10 機甲師団ならびに緊急展開師団と共同で任務に就き、訓練・演習を実施することになる。(NATO 2017/2/15)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 米空軍戦略計画立案担当参謀次長の Jerry Harris 少将は、F-35A の調達ペースを現行計画より引き上げた場合に将来的なコスト増につながる可能性がある、と指摘。(DefenseNews 2017/2/17)
  • B.787-10 ロールアウト式典に出席するためにサウスカロライナ州 North Charleston を訪れた Donald Trump 米大統領は、スピーチの際に F/A-18E/F を大量発注する可能性に言及。F-35 の価格が将来的に引き下げられなければ、F-35 の調達を減らして F/A-18E/F に振り替えるという内容。(DefenseNews 2017/2/17)
  • PAC (Pakistan Aeronautical Complex) で 2017/2/17 に、パキスタン空軍向け JF-17 Thunder×16 機の引渡式典が行われた。配備先は No.14 Sqn.。式典には空軍参謀総長の Sohail Aman 大将や Khawaja Asif 国防相らが出席した。(Pakistan Observer 2017/2/17)
  • 米陸軍 Watervliet Arsenal で、105mm 榴弾砲 M119 向けに LBOP (Low Blast Overpressure) なる新型マズル ブレーキを開発した。小火器ではなく大口径の火器に、この手のデバイスを持ち込んだ最初の事例。反動と騒音を減らして、パフォーマンス改善を実現できるとしている。(DID 2017/2/17)
  • ロシアがインドに対して、Su-30MKI の AL-31F エンジンを AL-41F-1S にアップグレードする提案を実施している由。UEC (United Engine Corp.) のボス・Alexander Artyukhov 氏が明らかにしたもので、18% のパワーアップになるとしている。(DefenseNews 2017/2/16)
  • フランス空軍 (Armee de l'air) は、近いうちに戦術型 A400M の 3 号機を受領できるとの見通しを明らかにした。自衛装備を強化するとともに、空挺降下・物量投下に対応したモデル。(DefenseNews 2017/2/16)
  • アルゼンチンの Julio Martinez 国防相は、アルゼンチン空軍 (FAA : Fuerza Aerea Argentina) 向けの新戦闘機を調達する可能性について、経費を理由にして否定した。2015 年 11 月に退役した Mirage III の後継に関する話で、Mirage F1、Mirage 2000、Kfir、さらに米海軍中古の F-5 まで検討した後の結論。一方、手持ちの A-4AR Fightinghawk×12-14 機は維持する考えだが、兵站支援上は難しい課題になるとの見方が。(Forecast International 2017/2/16, IHS Jane's 360 2017/2/16)
  • HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) のボス・T. Suvarna Raju 氏が報道陣に対して、近いうちに ALH (Advanced Light Helicopter)×73 機と HTT-40 (Hindustan Turbo Trainer 40) 練習機×106 機を総額 477 億ルピーで受注できる、との見通しを明らかにした。ALH は 2002 年以降に合計 231 機をデリバリー済み、さらに 159 機の受注がある。HTT-40 は HPT-32 Deepak の後継を狙った機体。(Indo-Asian News Service 2017/2/15)
  • Dassault Aviation が、インド空軍 (IAF : Indian Air Force) 向け Rafale×36 機に続いて、インド海軍が計画している 57 機の艦上戦闘機調達案件でも Rafale の受注を狙っている、との報道が。一方、ロシアでは FSMTC (Federal Service for Military-Technical Cooperation) のナンバーツー・Vladimir Drozhzhov 氏が、MiG-35 Fulcrum-F をインドに輸出する用意がある、といっている由。(Press Trust of India 2017/2/15, TASS 2017/2/15)
  • UEC (United Engine Corp.) が、第二世代版エンジンを搭載した Sukhoi T-50 ことPAK-FA (Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks - Frontovoi Aviatsyi) について、2017 年の第四四半期に初飛行を実施する計画になっていることを明らかにした。(TASS 2017/2/14)
  • Logos Technologies の光学広域監視センサー・Redkite を使った飛行試験が、オレゴン州の上空で行われた。小型 UAV の機内に搭載して、4.6 平方マイルの範囲を監視できるとのこと。従来の機材はもっと大きなポッド型で、それをヘリや固定翼機に搭載していた。(SpaceWar 2017/2/15)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/17)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Doyon Utilities LLC (Fairbanks, AK) : Regulatory Commission of Alaska によるタリフ レート見直しに伴う修正契約を $307,227,199 で。陸軍向け、2058/8/14 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SP0600-07-C-8263/P00162)
  • Lions Services (Charlotte, NC) : ヘルメット用の顎紐を $11,104,800 で。陸軍向け、2018/2/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-B008)
ARMY
  • 以下の各社は、アーキテクト/エンジニアリング業務を総額 $46,000,000 で。
    • CH2M Hill (Englewood, CO) : W91278-17-D-0006
    • Applied Coastal Research and Engineering (Mashpee, MA) : W91278-17-D-0007
    • GAEA Consultants LLC (New Orleans, LA) : W91278-17-D-0009
    • ESC-GEV JV (Metairie, LA) : W91278-17-D-0010
    • AMEC Foster Wheeler HDR Civil Works JV (Alpharetta, GA) : W91278-17-D-0013
    • Arcadis U.S. Inc. (Highlands Ranch, CO) : W91278-17-D-0018
    • Anchor QEA-MWH Mobile JV (New Orleans, LA) : W91278-17-D-0019
    2022/2/17 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL
  • BAE Systems Land and Armaments LP (York, PA) : M88A2 HERCULES (Heavy Equipment Recovery Combat Utility Lift Evacuation System) 装甲回収車×11 両に関する修正契約を $28,214,281 で。2018/11/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-14-C-0298/P00020)
  • NGLS (Northrop Grumman Guidance and Electronics Co., Laser Systems, Apopka, FL) : LLDR (Lightweight Laser Designator Range Finder) レーザー測遠機を対象とするデポレベルの整備・補修作業を、$16,959,520 で。以下のモジュールが対象。
    • LLDR 本体
    • Target Locator Module
    • Target Locator Module II
    • Target Locator Module IIH
    • Laser Designator Module
    • Diode Laser Designator Module
    • Range Finder-Target Designator
    2022/2/16 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56JSR-17-D-0001)
NAVY
  • Vigor Marine LLC (Portland, OR) : USS Frank Cable (AS-40) を対象とする 120 日間の定期オーバーホール・入渠整備を $24,412,704 で。オプション契約分まで含めた総額は $28,301,542。2017/8/4 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N32205-17-C-4406)
  • PSI Pax Inc. (California, MD) : Combat Integration and Identification Systems Division 向けの専門職サポート・管理サポート業務を $23,769,637 で。システム設計、エンジニアリング、インテグレーション、導入、訓練、運用支援などを担当。対象分野は戦闘識別、航空管制、C3 (Command, Control, and Communication) システム、作業場所は Webster Field (St. Inigoes, MD)。2022/3 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-D-0002)
  • FSU CAPS (Florida State University Center for Advanced Power Systems, Tallahassee, FL) : 艦載電力系統を対象とするモデリング・シミュレーション・試験について、研究開発を $13,325,445 で。2020/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-12-C-4220)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Newport News, VA) : USS George Washington (CVN-73) を対象とする RCOH (Refueling Complex Overhaul) の先行計画立案について、修正契約を $8,935,475 で。2017/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-2111)
  • Arete Associates (Tucson, AZ) : AN/DVS-1 COBRA (Coastal Battlefield Reconnaissance and Analysis) ブロック 1 用サブシステムを対象とする、エンジニアリング業務と製作・納入に関する修正契約を $8,522,000 で。2019/8 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Panama City Division, Panama City, FL (N61331-11-C-0007)

今日の報道発表 (北米編)
  • DRS Technologies Inc. は米海軍から、戦術データリンク機器を 2,200 万ドルで受注した。基本契約は 5 年間・930 万ドルで、Link 11 や Link 22 の機器を納入する。さらに 5 年分のオプション契約を設定。(DRS Technologies 2017/2/17)
  • Rheinmetall Defence AG は、Raytheon Co. との協業を発表した。防空、AFV、武器弾薬、サイバー セキュリティ、シミュレーション/訓練といった分野を対象として、長期協力に関する MoU に署名したとの説明。(Rheinmetall Defence 2017/2/17)

今日の報道発表 (その他編)
  • Airbus Defence and Space は、仏独共同の次世代地球観測衛星・MERLIN (MEthane Remote sensing LIdar missioN) の製作に関する契約を受注した。フランス側は CNES (Centre National d'Etudes Spatiales) が窓口で、Airbus と組んで、システム全体の構築や衛星の製作を手掛ける。ドイツ側は DLR (Deutsches Zentrum fur Luft- und Raumfahrt) が窓口で、Ottobrunn と組んで、ペイロードとペイロードの地上側機材を手掛ける。(Airbus Defence and Space 2017/2/17)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) が進めている、MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV オペレーター訓練環境の構築について、DCI (Defense Conseil International) が Diginext と組んで担当する話が決まった。まず、デモンストレーターの開発・製作契約を締結したところ。DCI は、すでにフランス軍向けの訓練受託でノウハウを得ていることから、これを今回の案件を通じて他のパートナー国にも展開する。対象は 9 ヶ国で、ベルギー、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、ポーランド、イギリス。(DCI Group 2017/2/16)
  • DCI (Defense Conseil International) の訓練施設・CIFF-AA (Centre International de Formation Academique et Aeronautique, Salon de Provence, France) に、クウェートからの訓練生 10 名が到着した。ここで語学教育や基礎訓練を実施した後で、Dax の CIF-H (Centre International de Formation Helicoptere) に移動して、ヘリコプターの操縦訓練を実施する。(DCI Group 2017/2/16)
  • IMI Systems は 14 ヶ国の武官やコンサルタントなどを招いて、ドローン無力化を通じた防空デモンストレーションを実施した。使用した "Red Sky" システムは、既存の携帯 SAM を使用して経空脅威の自動要撃を行おうというもので、さまざまな脅威に対する効果的な防禦が可能だとしている。(IMI Systems 2017/2/15)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) はインドの TAAL (Taneja Aerospace & Aviation Ltd.) との間で、軍民双方の航空機で使用する耐衝撃座席の製作に関する合意をまとめて、MoU に調印した。インド国内における耐衝撃座席の製作を企図したもの。(IAI 2017/2/15)
  • Saab AB の南ア子会社・Saab Grintek Defence が HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) との間で、技術移転に関する契約を締結した。インドで Saab の自衛装備 (IDAS : Integrated Defensive Aids Suite) をメンテナンスするための試験インフラを整備するのが目的で、24 ヶ月・1 億 1,200 万ラント (850 万ドル) の案件。ちなみにこの両社は、Saab Grintek Defence の製品をインドで販売する目的で、2005 年から協業している。(Saab 2017/2/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/16)
ARMY
  • 以下の各社は、ADMC-3 (Army Desktop and Mobile Computing - 3) を総額 $2,500,000,000 で。
    • Blue Tech Inc. (San Diego, CA) : W52P1J-17-D-0009
    • Iron Bow Technologies LLC (Chantilly, VA) : W52P1J-17-D-0010
    • Red River Computers Co. Inc. (Claremont, NH) : W52P1J-17-D-0011
    • Intelligent Decisions Inc. (Ashburn, VA) : W52P1J-17-D-0012
    • NCS Technologies Inc. (Gainesville, VA) : W52P1J-17-D-0013
    • Dell Federal Systems LP (Round Rock, TX) : W52P1J-17-D-0014
    • Strategic Communications LLC (Louisville, KY) : W52P1J-17-D-0015
    • GovSmart Inc. (Charlottesville, VA) : W52P1J-17-D-0016
    • Ideal Systems Solutions Inc. (Minnetonka, MN) : W52P1J-17-D-0017
    2027/2/15 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL
  • Navistar Defense LLC (Lisle, IL) : MRAP (Mine Resistant Ambush Protected)・MaxxPro Dash DXM×40 両を $35,077,157 で。パキスタン向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/10/31 まで。Army Contracting Command - Tank and Automotive, Warren, MI (W56HZV-17-C-0038)
  • Brothers Body and Equipment (Galion, OH) : 兵員輸送車×6 両、中型ピックアップ×16 両、救急車、スペアパーツを $27,892,904 で。2018/2/17 まで。Army Contracting Command - Tank and Automotive, Warren, MI (W56HZV-17-D-0032)
  • Professional Contract Services Inc. (Austin, TX) : DPW (Directorate of Public Works) 向けのベース オペレーション業務を $14,173,872 で。Fort Sill で実施、2017/9/30 まで。Army Contracting Command - Fort Sill, OK (W9124J-11-F-0026)
  • BAE Systems Ordnance Systems Inc. (Kingsport, TN) : Holston Army Ammunition Plant (Kingsport, TN) で排水処理に使用する無煙炭フィルタ×4 セットに関する修正契約を $11,181,372 で。既存のサンド フィルタを代替するもの。2019/7/30 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (DAAA09-98-E-0006/P00613)
  • General Dynamics Mission Systems (Laurel, MD) : 情報戦訓練機材・IEWTPT (Intelligence and Electronic Warfare Tactical Proficiency Trainer) の追加分を $9,666,932 で。2021/2/21 まで。PEO STRI (Army Program Executive Office Simulation, Training and Instrumentation), Orlando, FL (W900KK-17-C-0017)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Doyon Utilities LLC (Fairbanks, AK) : Regulatory Commission of Alaska 向けの、暫定タリフ レート設定に伴う修正契約を $48,170,486 で。陸軍向け、2058/8/14 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SP0600-07-C-8261/P00101)
DFAS (Defense Finance and Accounting Service)
  • CACI Inc. Federal (Chantilly, VA) : 会計監査ミッション システム向けのサポート業務について、修正契約を $10,309,258 で。会計監査担当次官監房 (Office of the Under Secretary of Defense (Comptroller)) 向け。2017/2/16-2018/2/15 まで。累計受注額は $17,600,717 から $27,909,975 に。DFAS (Defense Finance and Accounting Service), Columbus, OH (HQ0423-15-F-5001/P00005)
AIR FORCE
  • Teradyne Inc. (North Reading, MA) : VDATS (Versatile Depot Automatic Test) 用のパーツについて、オプション契約分を $10,138,465 で。既存試験機材の構成管理と、試験用ソフトウェアとの互換性確保が目的。2017/9/24 まで。Air Force Sustainment Center, Robins AFB, GA (FA8571-15-D-0002/P00002)
NAVY
  • VSolvit LLC (Ventura, CA) : Naval Facilities Information Technology Center (Naval Base Ventura County, CA) 向けのエンタープライズ IT サポート業務について、オプション 4 契約分を $7,096,259 で。作業場所は以下の通り。
    • Port Hueneme, CA (45%)
    • San Diego, CA (45%)
    • Yokosuka Japan (10%)
    累計受注額は $53,121,508。2017/2-2018/2 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-13-D-1231)
DHA (Defense Health Agency)
  • Humana Government Business Inc. (Louisville, KY) : 既存の医療業務契約について、1 年間の延長契約を $3,801,465,173 で。TRICARE South Region 向け、2018/3/31 まで。DHA (Defense Health Agency), Aurora, CO (HT9402-11-C-0003/P01103)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、米海軍からの eCASS (Electronic Consolidated Automated Support System) 全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 分の受注について発表した [N68335-17-C-0253 ?]。1 億 6,600 万ドルで数量は 63 セット。従来型よりも小型化して、処理能力と信頼性の向上を図ったとしている。550 を超える TPS (Test Program Set) との互換性があり、F-35 にも対応する。(Lockheed Martin 2017/2/16)
  • Raytheon Co. は米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) から、演習におけるミサイル・サイバー戦・電子戦の有用性を評価する自動化ツールの開発契約を受注した。システム名称は CCEWIF (Coordinated Cyber/Electronic Warfare Integrated Fires)。2018 年の初頭にデリバリーする予定。(Raytheon 2017/2/16)
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) は米国防情報局 (DIA : Defense Intelligence Agency) から、ネットワークとシステムを対象とするサイバー セキュリティ サービス業務の契約を 1 億 7,000 万ドルで受注した。DIA の E-SITE (Enhanced Solutions for the Information Technology Enterprise) 案件。(GEIT 2017/2/16)
  • Elbit Systems Ltd. の米国現地法人 Elbit Systems of America LLC が米陸軍 Army Contracting Command (Picatinny Arsenal, NJ) から、迫撃砲で使用する射撃統制装置を受注した。すべて実現すると 5 年間・1 億 200 万ドルの案件になる。MFCS-D M (Mortar Fire Control Systems Mounted) と MFCS-D (Mortar Fire Control Systems Dismounted) の 2 種類で構成。(Elbit Systems 2017/2/16)
  • 米海軍は 2017/2/15 に、東海岸における MQ-4C Triton BAMS (Broad Area Maritime Surveillance) UAV の配備先 (FOB : Forward Operating Base) として、NS (Naval Station) Mayport を選定した。人員 400 名を配して、海外へのローテーション展開をサポートする拠点とする。(US Navy 2017/2/15)

今日の報道発表 (その他編)
  • Lockheed Martin Corp. はポーランドの Megmar Logistics & Consulting Ltd. に、ポーランド軍向けの ELGTR (Enhanced Laser Guided Training Round) を 190 万ドルで発注した。2016/12/22 に契約を締結したもので、ポーランド空軍の F-16C/D-52+ で使用するためのもの。(Lockheed Martin 2017/2/16)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相は、用途廃止になった中古装備品の売却に使用する Australian Military Sales Equipment Catalogue のリリースについて発表した。「C-130H の中古機を売却すると 1,500 万豪ドルだが、その後のサポート業務契約×2 件で 1 億豪ドルになる」と例示して、自国産業へのメリットを説明。中古装備品の売却は Australian Military Sales Office が取り仕切り、政府間取引の形で実施する。(Australian DoD 2017/2/17)
  • Supacat は、Jackal 高機動車の新しい派生型・HMT 400 Desert を発表した。砂漠地帯の気候環境に合わせた改善を取り入れたモデルで、装甲防禦はなく、総重量を引き下げることで出力重量比を高めている。また、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 大統領警護隊の要求に合わせた仕様になっているとの説明。IDEX 2017 展示会で IGG (International Golden Group) のブースに展示する予定。(Supacat 2017/2/16)
  • イスラエルの BIRD Aerosystems が、VIP 輸送用旅客機への装着を企図した対ミサイル自衛用ポッド・Aeroshield POD を発表した。AMPS (Airborne Missile Protection System) 分野のの製品で、すでに複数のカスタマーを獲得している由。Aeroshield POD の導入は容易で、機体側への影響は最小限で済むとしている。搭載可能な機体の例としては A320、B.737、B.777、A380 などを挙げている。同社はこのほか、ASIO (Airborne Surveillance, Information and Observation) 分野の製品も手掛けている。(BIRD Aerosystems 2017/2/15)
  • MD Helicopters Inc. は 1 月末にハンガリー・Budapest の Liszt Ferenc Airport で、ハンガリー警察向け MD902×5 機の引渡式典を実施した。現用中の Mi-2 の後継機となるもので、暗視装置、3 自由度オートパイロット、TCAS (Traffic Collision and Avoidance System)、デジタル ビデオ、監視機材などを装備。ハンガリー警察は 1986 年から、MD500E×3 機を運用中。(MD Helicopters 2017/2/13)
  • Harris Corp. はトルコの ANSP (Air Navigation Service Provider)・DHMI (Devlet Hava Meydanlari Isletmesi) から、航空管制用通信システム・VCS21 (Voice Communication System for the 21st Century) を受注した。(Harris 2017/2/16)
  • Russian Helicopters JSC は、インド国内における同社製品のサポート体制改善を企図して、アフターサービスに関わるプロセスの集約化を図る作業を進めている、と発表した。(Russian Helicopters 2017/2/14)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • CJTF-OIR (Combined Joint Task Force Operation Inherent Resolve) 関係者が、Mosul 西部にある ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) の施設に対する航空攻撃を実施したことを明らかにした。指揮所と宣伝拠点を兼ねる 5 階建ての建物で、Jumhuri の医療施設内に所在していたとの説明。(DoD 2017/2/18)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |