今週の軍事関連ニュース (2017/02/23)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • Sergey Shoigu 露国防省が、中露両国が S-400 地対空ミサイルや Su-35 に加えて対艦ミサイルを発注する、との合意をまとめたことを明らかにした。(TASS 2017/2/22)
  • Duncan Hunter 米下院議員が Donald Trump 米大統領に、軍の再建と併せて沿岸警備隊の砕氷巡視船も増強するよう求める書簡を送りつけた。同議員は砕氷巡視船×6 隻と UAV を極地向けに配備するようキャンペーンを張っている。(DefenseNews 2017/2/22)
  • Fikri Isik 土国防相が 2017/2/22 に、ロシアとの間で S-400 地対空ミサイルの調達について接触していることを明らかにした。最有力の選択肢だとしている。(DefenseNews 2017/2/22)

今日のニュースいろいろ
  • サウジアラビアの Adel bin Ahmed Al-Jubeir 外相が Munich Security Conference を前にして、イランの隠密工作を難詰、「テロリズムに対する最大の国家的スポンサーだ」と指摘する発言をした。イランが干渉の対象にしている国の名前として、レバノン、シリア、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、イエメン、パキスタン、アフガニスタンを挙げている。また、「イランの変化を期待しているが、それは言葉ではなく行動によって判断される」とも発言。(DefenseNews 2017/2/21)

今日のニュースいろいろ
  • Donald Trump 米大統領は、辞任した Michael Flynn 氏の後任となる国家安全保障問題担当補佐官について、H.R. McMaster 米陸軍中将を指名した。同中将の現職は Army Capabilities Integration Center のボス。(DefenseNews 2017/2/20)
  • SIPRI (Stockholm International Peace Research Institute) が「2012-2016 年にかけての世界の武器取引は、冷戦終結後の 5 年単位の中では最高額を記録した」という内容の報告書をまとめた。全体では、2007-2011 年と 2012-2016 年を比較すると 44% の増加になっている。アジア太平洋・大洋州の比率は 43% で 2007-2011 年と比べて 7.7% の増加。中東諸国は 17% から 29% に増加、ヨーロッパ諸国は 7% 減の 11%、アメリカ諸国は 2.4% 減の 8.6%、アフリカ諸国は 1.3% 減の 8.1% (そのうち 46% がアルジェリア)。輸出元の方は、アメリカが全体の三分の一を占めており、そのうち 70% あまりが中東向け。二番手のロシアのシェアは 23% で、そのうち 70% が インド、ベトナム、中国、アルジェリア向け。中国のシェアは 2007 年 11 月から 2012 年の間に 3.8% から 6.2% に上昇。フランスとドイツはそれぞれ 6% と 5.6% のシェア。ドイツの武器輸出は 2007-2012 年の間に 36% 減少した。 (SIPRI 2017/2/20, SpaceWar 2017/2/19)
  • イスラエル空軍 (IAF : Israel Air Force) は、2016 年 10 月に Hamas との交戦の後で着陸する際に墜落事故を起こした F-16I の件を受けて、着陸手順を改訂。使わずに持ち帰った兵装を着陸前に洋上投棄することにした。(DID 2017/2/21)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Rostec が、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) との間で第五世代戦闘機を共同開発するという趣旨の初期契約を締結したことを明らかにした。UAE は Su-35 の調達を検討しているとの話だが、今回の新戦闘機については MiG-29 の発展型になるとの観測がある。(DID 2017/2/21)
  • HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) のマネージング ディレクターを務める Suvarna Raju 氏によると、インド空軍 (IAF : Indian Air Force) から受注している Su-30MKI Flanker-H×222 機のうち 183 機が製造済みで、2020 年までに全機の製造を終える予定とのこと。(TASS 2017/2/20)
  • Rostec は、Russian Helicopters JSC 株のうち 12% を RDIF (Russian Direct Investment Fund) とアラブの投資家に売却する、という内容の合意文書に調印した。(TASS 2017/2/21)
  • Otokar がアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) から、8x8 装輪装甲車 Arma を 6 億 6,100 万ドルで受注した。Tawazun Holding と組んでジョイント ベンチャーを設立、現地生産を実施する計画。UAE 向けには Rabdan という名前をつける。(DefenseNews 2017/2/20)
  • Russian Helicopters JSC は 2018 年から、インド向け Ka-226T のデリバリーを開始することを明らかにした。(DID 2017/2/21)
  • Uralvagonzavod の Alexei Maslov 氏は、現在は低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) 段階にある T-90MS 戦車について、量産規模を拡大する用意がある、と発言。(TASS 2017/2/20)
  • アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) が IDEX 2017 展示会に併せて、総額 44 億ディルハム (12 億ドル) にのぼる装備調達計画を承認した。Tawazun Holdings 傘下 NIMR Automotive 製の装甲車×400 両など、国内外からの調達を実施する。(DID 2017/2/20)
  • Saab AB と UMS Aero のジョイント ベンチャー・UMS Skeldar がインドネシア国防省から、回転翼 UAV・V-200 を受注した。2016 年の第四四半期に性能試験を実施した後で受注が決まったもので、V-200 の発注はこれが初めて。(SpaceWar 2017/2/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/21)
NAVY
  • BAE Systems Technology Solutions and Services Inc. (Rockville, MD) : 既存品ならびに新規導入品の通信/電子機器を対象とする、設計・開発・カスタマイズ・製作・インテグレーション・試験/評価・導入・認証・整備・アップグレード改修・兵站支援・ライフサイクル サポート業務を $41,348,229 で。NAWC-AD 麾下・Special Communications Mission Solutions Division 向け。2018/12 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-C-0028)
  • CDW Government (Vernon Hills, IL) : NGEN (Next Generation Enterprise Network) と SONIC (Secure Operational Network Infrastructure Capability) の FY2017 コンピュータ リフレッシュで使用するノート PC・31,729 台を $34,108,675 で。前契約 M67854-12-D-4153。2017/11 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-17-F-0075)
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : 電子化した座学用教室のアップグレードと、搭乗員/整備員訓練機材で使用する予備品の先行調達に関する修正契約を、$13,541,943 で。オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の P-8A Poseidon MMA (Multi-mission Maritime Aircraft) 向け、2018/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-C-0067)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Dental Health Products Inc. (New Franken, WI) : 歯科医療用のサプライ品を $40,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/22/7 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DE-17-D-0006)
  • Saft America Inc. (Valdese, NC) : 充電不可能な一次電池を $27,174,561 で。陸軍・空軍向け、2020/2/20 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7LX-17-D-0026)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Melbourne, FL) : C-2A 用の外翼パネルを $14,713,438 で。海軍向け、2020/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPM4AX-12-D-9401/THD3)
AIR FORCE
  • ELTA North America Inc. (Annapolis Junction, MD) : 可搬式の C-UAS (Counter - Unmanned Aerial System) 機材・Man Portable Aerial Defense System×21 セットと訓練業務を $15,553,483 で。2017/7/28 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8730-17-C-0016)
ARMY
  • Del Valley Group SP (Toa Baja, Puerto Rico) : 治水用の 2D 擁壁を $12,035,194 で。2020/9/15 まで。Army Corps of Engineers, Jacksonville, FL (W912EP-17-C-0009)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は米海軍 NSWC (Naval Surface Warfare Center) Crane Division (Crane, IN) から、AH-1Z に装備する TSS (Target Sight System) を 1 億 5,000 万ドルで追加受注した。ロット 13・ロット 14 分で、さらにロット 15・ロット 16 分をオプション契約として設定。すべて実現すると 2 億 8,460 万ドルの案件。(Lockheed Martin 2017/2/21)
  • Arleigh Burke 級イージス駆逐艦の第 71 番艦・USS Frank E. Petersen, Jr. (DDG-121) の起工式が、2017/2/21 に HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) で行われた。スポンサーを務めるのは、海兵隊司令官 Robert Neller 大将の夫人・D'Arcy Neller 氏。(US Navy 2017/2/21, HII 2017/2/21)
  • Harris Corp. は、新型の背負式 HF 通信機・RF-300H Falcon III を発表した。米軍で使用している Type 1 暗号化対応通信機・AN/PRC-150(C) の後継機で、20% の小型軽量化と伝送速度の 10 倍アップを実現。民生用 GPS (Global Positioning System) と SAASM (Selective Availability Anti-Spoofing Module) の両方に対応。10 万台のインストール ベースがある Falcon II シリーズとの互換性も確保。(Harris 2017/2/21)
  • BAE Systems plc の米国現地法人・BAE Systems Inc. は、電磁式発射機やパワー エレクトロニクス、先進素材を手掛けるエンジニアリング ファーム・IAP Research (Dayton, OH) の買収を完了した。この買収により、EM (Electromagnetic) レールガン (EMRG : Electromagnetic Railgun) の EMD (Engineering and Manufacturing Development) に関わる能力を強化できるとしている。(BAE Systems 2017/2/21)
  • Rockwell Collins Inc. は、Pro Line Fusion 統合アビオニクスを軽攻撃/練習機 (LATR : Light Attack and Trainer) 向けに提案する、と発表した。(Rockwell Collins 2017/2/21)

今日の報道発表 (その他編)
  • エアバスヘリコプターズジャパンは防衛装備庁 (ATLA : Acquisition, Technology & Logistics Agency) から、陸上自衛隊の H225M (EC225LP) を対象とする 5 年間の兵站支援業務 (PBL : Performance-Based Logistics) 契約 "HCare Infinite" を受注した。整備・補修・スペアパーツ供給・技術支援業務を担当する。(Airbus Helicopters 2017/2/20)
  • Leonardo Sp.A は NAHEMA (NATO Helicopter Management Agency) から、イタリア海軍の NH90S (NH90 NFH : Nato Frigate Helicopter) を対象とする IFF (Identification Friend or Foe) のアップグレード改修契約を 1,100 万ユーロで受注した。2020 年以降の新標準に対応するためにモード 5 への対応を図るもので、NGIFF (New Generation Identification Friend or Foe) インテロゲーター SIT434/5 を導入する。NH90 にモード 5 対応 IFF を導入するのはイタリアが初めて。Leonardo は JAS39E Gripen NG やイタリア空軍 (AMI : Aeronautica Militare Italiana) の EF2000/Typhoon にもモード 5 対応 IFF 機材を納入、陸上自衛隊も 2016 年 7 月に SIT-422/5J の採用を決定している。(Leonardo 2017/2/21)
  • Leonardo Helicopters は 2017 年 1 月に、両用戦や特殊作戦で使用する戦術輸送ヘリ・NH90 MITT (Maritime - Italian Navy Tactical Transport) の初号機をイタリア海軍にデリバリー、Luni の基地で引渡式典を実施した。伊海軍での制式名称は MH90。(Leonardo 2017/2/21)
  • Atlas Elektronik GmbH の英国現地法人・Atlas Elektronik UK が、対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) 用 USV・ARCIMS×2 セットの輸出契約を獲得した。カスタマーは明らかにされていない。ARCIMS は、イギリスなど複数のカスタマーが対機雷戦 (MCM : Mine Countermeasures) 用に導入したほか、イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の MASTT (Maritime Autonomous Systems Trials Team) やドイツの WTD71 における試用実績もあるが、ASW 用としての受注は初めて。(Atlas Elektronik 2017/2/21)
  • ポーランド国防省は、調達部門 (Inspectorate of Armaments) がメーカー 3 社との間で、特殊作戦/救難ヘリコプター×8 機と対潜ヘリコプター×8 機の調達に関する折衝を開始した、と発表した。対象は Leonardo Helicopters (AW149)、Airbus Helicopters (機種不明)、Lockheed Martin/Sikorsky (S-70) の各社。(Polish MoD 2017/2/20, DefenseNews 2017/2/21)
  • それとは別件で、中型 VIP 輸送機×3 機の調達に関する ITT も発出した。こちらの対象は Boeing Co. ならびに Lufthansa と Glomex。(Polish MoD 2017/2/20)
  • Northrop Grumman Corp. 傘下の Northrop Grumman International Trading がポーランドの PGZ (Polska Grupa Zbrojeniowa) との間で、協力の可能性がある分野を模索していく、という趣旨の LoI に調印した。防衛分野における技術協力実現に向けた第一歩。(Northrop Grumman 2017/2/20)
  • 露海軍太平洋艦隊の航空部隊が、新しい極地向けヘリコプター・Mi-8AMTSh-VA の受領を開始した。氷点下 60 度でもエンジンを始動できる専用スターターに加えて、断熱・暖房も特別仕様。通信・航法機材も新型化した。航続距離は 1,400km、航続時間は 7 時間。(Russian MoD 2017/2/20)
  • Boeing Co. はアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) から、C-17A を対象とする兵站支援業務と、C-17A の訓練用シミュレータを対象とする整備業務の契約を受注した。2 年間・1,870 万ドルの案件。(Boeing 2017/2/21)
  • MBDA はアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 海軍から Marte Mk.2/N 対艦ミサイルを追加受注した。当初発注は 2009 年で、全長 27m 級の Ghannatha II ミサイル艇×12 隻に 4 連装発射機を装備した。(MBDA 2017/2/20, IHS Jane's 360 2017/2/21)
  • Atlas Telecommunication Establishment と Terma A/S は共同で、IDEX 2017 展示会において重要インフラ防備ソリューション T.react CIP (CIP : Critical Infrastructure Protection) のデモンストレーションを実施した。天候・昼夜を問わない監視・分析・優先順位付けが可能だとしている。(Terma 2017/2/20)
  • Kelvin Hughes は、パキスタン海軍の Khalid 級 (Agosta 90B 型) 潜水艦に装備する I バンド レーダー・SharpEye を受注した。トルコの STM が主契約社となって実施する MLU (Mid-Life Upgrade) の一環として導入するもので、2018 年からデリバリー開始の予定。(Kelvin Hughes 2017/2/21)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、MGM-140 TACMS (Tactical Missile System) 改良型の試射を成功裏に実施した、と発表した。WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM) では 12 月に 71km の射程で試射を実施したが、4 回目となる 2 月初頭の試射では 200km の射程で試射を実施した。いずれも発射機は HIMARS (High Mobility Artillery Rocket System)。(Lockheed Martin 2017/2/20)
  • Lockheed Martin Corp. が米空軍の APT (Advanced Pilot Training) こと T-X に提案する T-50A の 2 号機が、2017/2/20 にサウスカロライナ州 Greenville で初飛行を実施した。同機の採用が決まった場合、Greenville に FACO (Final Assembly and Check-Out) 施設を開設することになっている。(Lockheed Martin 2017/2/20)

今日の報道発表 (その他編)
  • Safran Electronics & Defense は、フランス陸軍の SDT (Systeme de Drones Tactique) 計画で採用を決めている Patroller UAV に装備するレーダーとして、Leonardo Sp.A の Airborne and Space Systems 部門が手掛ける AESA (Active Electronically Scanned Array) 方式の合成開口レーダー (SAR : Synthetic Aperture Radar)・PicoSAR を選定した。GMTI (Ground Moving Target Indication) に対応、すでに 10 を超えるカスタマー・10 を超える UAV で搭載実績がある製品。レーダー本体とスペアパーツを合わせた契約額は数百万ユーロ、2017 年中にデリバリー開始の予定。(Leonardo 2017/2/20)
  • Terma A/S は、オランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) の F-16AM/BM を対象とするアップグレード改修について発表した。現用中の PIDSU (Pylon Integrated Dispenser System, Universal) を PIDS+ に改修、フレアの投射能力を持たせる (Flare-Up)。また、ミサイル接近警報装置の導入も実施する。(Terma 2017/2/17)
  • BAE Systems は、BAE Systems Submarines (Barrow-in-Furness, Cumbria) で 2,500 万ポンドを投じて新しい訓練施設を開設する、と発表。1,000 名の製作・技術要員をトレーニングの対象とする。併せて、同地を訪れた Michael Fallon 英国防相に対する新施設の説明も実施した。ただし一方で、Clyde の Govan 造船所については 2014 年 2 月に発表した 2 億ポンドの投資計画を縮小、資金投下を半減することになっている。この投資は 26 型 GCS (Global Combat Ship) の建造に備えたもの。(BAE Systems 2017/2/20, IHS Jane's 360 2017/2/21)
  • Leonardo Helicopters はパキスタン国防省から、AW139 を追加受注した。汎用型で輸送任務に使用する機材。受注機数は非公開。(Leonardo 2017/2/2o)
  • Nexter はインドネシア陸軍 (TNI-AD : Tentara Nasional Indonesia - Angkatan Darat) から、CAESAR (Camion Equipe de Systeme d'Artillerie) 装輪自走榴弾砲×18 両を追加受注した。2012 年に受注した 36 両に続くもの。CAESAR はフランス、インドネシア、タイ、中東某国で合計 270 両あまりの導入実績がある。(Nexter 2017/2/20)
  • Saab AB は、包括的沿岸警備ソリューション・CoastControl のローンチを発表した。監視・通信機材の組み合わせにより、沿岸警備隊の任務を、より効率的かつ有効にするとの触れ込み。インシデント対応、意志決定支援、人員管理、資産展開などの機能を提供する。(Saab 2017/2/20)
  • Ukroboronprom は、 Naim Nasan 氏が率いるバングラデシュ軍の使節団との間で、An-32 輸送機の近代化改修に関する折衝を進めていることを明らかにした。(Ukroboronprom 2017/2/16)
  • IDEX 2017 展示会に、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の SAKT (Siham Al Khaleej Technology) が Leonardo ならびに MBDA と組んで、SIHAM3 なる対空・対水上両用機関砲を出展した。Leonardo 傘下・OTO Melara 製の 30mm 機関砲 Marlin WS と EO-FCS (Electro-Optical Fire Control System) の Medusa Mk.4/B、それと MBDA の Mitral 携帯 SAM×2 発を旋回砲塔に組み込んだ構成で、オペレーター 1 名で運用可能。指揮管制システム (CMS : Combat Management System) との連接を可能にする将来構想もある。(Leonardo 2017/2/20, MBDA 2017/2/17)
  • Paramount Group が、AHRLAC (Advanced, High-performance, Reconnaissance, Light Aircraft) を武装化した偵察/軽攻撃機・MWARI (All-seeing Being という意味のショナ語) の量産開始を発表、IDEX 2017 展示会への出展も実施した。もっと大型で高価な機体が搭載するものと同じ、監視・ターゲティング・自衛・攻撃装備を使えるとしている。(Paramount Group 2017/2/20)
  • FNSS は IDEX 2017 展示会でKAPLAN 装甲車の最新バージョン・NGAFV (New Generation Armoured Fighting Vehicle) と TEBER-30 銃搭をお披露目した。同社はアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) から合計 133 両の ACV (Armoured Combat Vehicle) を受注した実績がある。(FNSS 2017/2/16)
  • イギリス軍向けの監視・ターゲティング機材を手掛けている Qioptiq (St.Asaph, North Wales) が、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) から 8,200 万ポンドの契約を獲得した。暗視ゴーグル (NVG : Night Vision Goggle) や昼夜兼用サイトを納入する案件。(MoD UK 2017/2/20)
  • Leonardo Sp.A は IGG (International Golden Group PJSC, Abu Dhabi) との間で、中東地域でサイバー セキュリティ分野を対象とする戦略的協業を図るとの合意をまとめた。SOC (Security Operations Centre) 設置などのソリューションを実現していくとの説明。(Leonardo 2017/2/20)
  • Harris Corp. はアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) から、BMS (Battle Management System) に関する 2 年間・1 億 8,900 万ドルの契約を受注した。ECCS (Emirates Command & Control System) のうち陸戦分野を担当する ELTS (ECCS Land Tactical System) なるシステム。(Harris 2017/2/20)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 1 月にイエメンの Houthi がサウジアラビアの艦を攻撃した一件は、当初は自爆攻撃と考えられていたが、無人艇を使っていたことが判明した。米海軍・第 5 艦隊司令官の Kevin Donegan 中将が明らかにしたもので、遠隔操作式の無人艇だったとの説明。(DID 2017/2/21)
  • CJTF-OIR (Combined Joint Task Force Operation Inherent Resolve) は、イラク軍が Mosul 西部の奪還作戦を開始したことを明らかにした。なお、2017/2/20 にイラク軍が Mosul の空港に突入したとの情報もある。(CJTF-OIR 2017/2/19, SpaceWar 2017/2/20)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |