今週の軍事関連ニュース (2017/02/27)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • バルト三国に展開するドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が使用する Leopard 2 戦車などの装備が、2017/2/24 にドイツから鉄道でリトアニアに運び込まれる。NATO の eFP (NATO enhanced Forward Presence) 計画に基づくもの。eFP を担当する大隊は独陸軍・第 12 機械化歩兵旅団・第 122 機械化歩兵大隊で、ベルギーやオランダの部隊も加わる。大隊本部、本部中隊、戦務支援中隊、3-4 個の戦闘中隊などで構成する。(Lithuanian MoD 2017/2/23)
  • Michael Fallon 英国防相は、Scotland にある軍施設に対して総額 17 億ポンドの資金投下を実施する、と発表した。内訳は以下の通り。
    • HM Naval Base Clyde の施設、エンジニアリング サポート業務、居住施設、警備施設などに 13 億ポンド
    • RAF Lossiemouth の滑走路・誘導路・居住施設に 4 億ポンド。P-8A の新規配備と Typhoon の追加配備に伴うもの。
    (MoD UK 2017/2/24)
  • ブルガリア・Sofia の裁判所で、Nikolay Nenchev 元国防相に対する審理がスタートした。MiG-29 のオーバーホール契約発注と軍服の調達をめぐる不正に関与した、との容疑。(DefenseNews 2017/2/24)
  • 米海兵隊とオマーン軍がオマーン国内で、二週間にわたる年次演習 "Sea Soldier 17" を開始した。(DoD 2017/2/24)

今日のニュースいろいろ
  • 先に James Mattis 米国防長官が、追加予算に関する要求文書を 2017/3/1 までに OMB (Office of Management and Budget) に送付するとしていたが、そこで空軍は軽攻撃機の実証試験計画に必要な予算を要求する考え。(DefenseNews 2017/2/23)
  • Jeanine Hennis-Plasschaert 蘭国防相は、脅威要因となりうる民間機を要撃したオランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) の戦闘機がフランスの領空に進入できる許可を取り付けた、と発表した。ベルギーの Brussels で NATO 国防相会議に併せて、所要の協定に調印したことで実現。オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの三ヶ国は、対領空侵犯の分野で密接に協力している、との説明。(Netherlands MoD 2017/2/22)
  • "Cope North 2017" 演習に、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) は No.3 Sqn. (RAAFB Williamtown) 所属の F/A-18A×12 機、No.2 Sqn. の E-7A×2 機、人道支援任務向けに C-130J×1 機を送り込んだ。(Australian DoD 2017/2/22)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Boeing Co. は、MIL-PRF-680 Type III に則っていなければならないのに違反していた化成品を納入、それによって燃料系統を傷めて KC-46A のスケジュール遅延を引き起こしたとして、カリフォルニアのサプライヤー 2 社 (Able Aerospace Adhesives と AlfaKleen Chemical Labs) を相手取って 1,000 万ドルあまりの損害賠償を求める訴訟を起こした。(DID 2017/2/24)
  • Narendra Modi 印首相は、印陸軍向け MR-SAM (Medium Range Surface to Air Defence Missile) の調達計画を承認した。導入するのは Barak 8×40 個高射隊分で、予算は 1,700 億ルピー。契約調印から 72 ヶ月以内のデリバリー開始を予定している。(India Today 2017/2/23)
  • 印国防省は、先に BAE Systems 社と HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) 社が 2015 年から共同開発を実施、先の Aero India 展示会でお披露目したばかりの Advanced Hawk 練習機について「調達に向けた要求は出していない。計画は棚上げにする」と表明。(DefenseNews 2017/2/23)
  • 中国人民解放軍海軍 (PLAN : People's Liberation Army Navy) の新造練習艦・戚継光 Qi Jiguang が、2017/2/21 に就役した。大連の海軍アカデミーが配属先。全長 163m、全幅 22m、満載排水量 9,000t、最高速度 22kt。(China Military 2017/2/22)
  • Yuri Borisov 露国防副大臣が Sputnik の取材に対して、S-500 Prometey (55R6M Triumfator-M) 地対空ミサイルが 2020 年に実働可能になる、と発言。開発元は Almaz-Antei、射程は 600km、射高は 200km だとしている。(SpaceWar 2017/2/22)
  • Rosoboronexport と Angstrem が IDEX 2017 展示会で、耐妨害性を備えたソフトウェア無線機 (SDR : Software Defined Radio)・R-187-P1E Azart をお披露目するとの話。個人携帯用のマルチモード無線機で、GLONASS (Global Orbiting Navigation Satellite System) と GPS (Global Positioning System) に対応、TETRA (Terrestrial Trunked Radio) への統合も可能だとされる。(SpaceWar 2017/2/22)
  • アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の海洋インフラ警備部門・CICPA (Critical Infrastructure and Coastal Protection Agency) 向けの新型 OPV (Offshore Patrol Vessel)・Arialah が、IDEX 2017 展示会と併催した NAVDEX 展示会に登場。Damen Shipbuilding がルーマニアで建造して ADSB (Abu Dhabi Shipbuilding. ) が艤装を担当、システム インテグレーションは Thales が担当。乗組員 42 名、さらに兵員 35 名の乗艦が可能。全長 42m、全幅 11m、吃水 5.4m。(DefenseNews 2017/2/22)
  • トルコ国防省は、TAI (TUSAS Turkish Aerospace Industries) 製 Hurkus ターボプロップ練習機を武装化して近接航空支援 (CAS : Close Air Support) 向けとした、Hurkus-C をお披露目した。2018 年からトルコ軍向けのデリバリーを開始する計画。(DefenseNews 2017/2/22)
  • Aerojet Rocketdyne が、L-3 Communications 傘下の Coleman Aerospace (L-3 Coleman) を買収する、と発表した。1,500 万ドルでの現金買収。これにより、商業打ち上げや武器向けロケット モーターの分野での地歩強化が見込まれる。(DefenseNews 2017/2/22)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/24)
AIR FORCE
  • Raytheon Co. (Woburn, MA) : カタール向けの早期警戒レーダー×1 基に関するレター契約を $1,066,297,129 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2021/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, Massachusetts (FA8730-17-C-0010) [機種は AN/FPS-132 ブロック 5 (AN/FPS-123 PAVE PAWS の改良型)]
  • Harris Corp. (Clifton, NJ) : IDAL (Integrated Demonstrations and Applications Laboratory) の研究プログラムを $24,900,000 で。第一陣のタスク オーダー (FA8650-17-F-1037) は $2,619,125。Wright-Patterson AFB で実施、2021/2/24 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-17-D-1007)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Jacobs Technologies (Tullahoma, TN) : 米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) の調達・技術・兵站部門 (Special Operations Forces Acquisitions, Technology and Logistics office) を対象とする、エンタープライズ O&M (Operations and Maintenance) サポート業務を $771,331,027 で。2022/3/31 まで。USSOCOM (US Special Operations Command), Tampa, FL (H92222-17-F-0069)
NAVY
  • Charles Stark Draper Laboratory Inc. (Cambridge, MA) : UGM-133 Trident (D5) で使用する Mk.6 誘導システムの製作と、IMU (Inertial Measurement Unit) の不具合検証・試験・補修・再認証について、修正契約を $59,602,152 で。オプション契約分まで含めた総額は $370,175,927。2021/1/30 まで。米海軍の負担が $47,432,466、イギリスの負担が $12,169,686。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-17-C-0008/P00002)
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : P-8A Poseidon MMA (Multi-mission Maritime Aircraft) を対象とする陳腐化管理・改良・能力拡張に関わる、システム工学・ソフトウェア工学の業務を $41,329,057 で。2019/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-D-0008)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Peckham Vocational Industries (Lansing, MI) : 寒冷地用フリース ジャケットに関する修正契約を $23,118,450 で。Ability One Program による調達で陸軍・空軍向け、2018/2/28 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-16-D-N006/P00004)
  • Ultralife Corp. (Newark, NY) : 陸軍向けの一次電池を $8,830,844 で。基本契約 3 年間、2020/2/24 まで。さらに 1 年単位のオプション契約 2 年分。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7MX-17-D-0041)
ARMY
  • Kennall-Freese and Nichols 8a Mentor-Protege JV (Houston, TX) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $10,000,000 で。2022/2/23 まで。Army Corps of Engineers, Fort Worth, TX (W9126G-17-D-0017)
  • Pearson Engineering Ltd. (Great Britain) : 地雷処分用ローラーとインターフェイス ブラケットを $7,953,502 で。アフガニスタン向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/3/31 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-17-C-0092)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米空軍航空戦闘軍団 (ACC : Air Combat Command) は、2018 年の初頭に MQ-1 Predator を退役させて、より能力的に優れる MQ-9 Reaper に機種統一を図る、と発表した。(USAF 2017/2/23)
  • Northrop Grumman Corp. と米海兵隊は 2016 年 11 月に三週間がかりで、AN/TPS-80 G/ATOR (Ground/Air Task Oriented Radar) を対象とする初期インテグレーション イベント (IIE : Initial Integration Event) を実施した。その間に 40 を超えるシナリオを、実射で試した由。(Northrop Grumman 2017/2/23)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は、米沿岸警備隊 (USCG : US Coast Guard) が以下の各社に対して大型砕氷巡視船に関するスタディ契約を発注したことを明らかにした。
    • Bollinger Shipyard LLC (Lockport, LA)
    • Fincantieri Marine Group LLC (Washington DC)
    • General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, CA)
    • HII (Huntington Ingalls, Industries Inc., Pascagoula, MS)
    • VT Halter Marine Inc. (Pascagoula, MS)
    コスト、スケジュール、技術的リスクを最小化するための施策を見出すのが目的。(US Navy 2017/2/24)

今日の報道発表 (その他編)
  • Space Data Highway こと EDRS (European Data Relay System) に対応する地表観測衛星・Sentinel-2B の打ち上げが、2017/3/7 に仏領ギアナの Kourou で行われる。(Airbus Defence and Space 2016/2/24)
  • L-3 Technologies は、韓国陸軍向けの K21 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) で使用する 800HP 級対応のトランスミッションを 1,730 万ドルで受注した。製作担当は L-3 Combat Propulsion Systems (Muskegon, MI)、2017 年の第三四半期から 2019 年にかけてデリバリーする予定。IFV 型に加えて回収車型でも使用する。(L-3 Technologies 2017/2/23)
  • ST Electronics (Singapore Technologies Electronics Ltd.) は GSTC 2017 (Global Space Technology Convention 2017) の席上、DSTA (Defence Science & Technology Agency) と組んで新型レーダー偵察衛星・TeLEOS-2 の開発に乗り出すことを明らかにした。すでに打ち上げ済みの光学偵察衛星・TeLEOS-1 に続くもの。同じイベントの席で ST Electronics は、CNES (Centre National d'Etudes Spatiales) 傘下の CLS (Collecte Localisation Satellites) との間で MoU に調印、市場の拡大と付加価値サービスの強化を図ることとしている。(ST Electronics 2017/2/23)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/23)
NAVY
  • JJLL LLC (Austin, TX) : フィリピン国内で実施する戦務支援業務を $58,241,459 で。対象は以下の部門。
    • Marine Corps Forces, Pacific
    • Pacific Command Augmentation Team - Philippines
    2022/3 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, Pearl Harbor, HI (N62742-17-C-3580)
  • 以下の各社はそれぞれ、ICT/E (Information Communication Technology/Equipment) 関連の調達案件を受注。
    • ALOM Technologies Corp. (Fremont, CA) : $14,250,000 (N66001-17-D-0092)
    • Cypher Analytics (dba Crown Point Systems, San Diego, CA) : $47,500,000 (N66001-17-D-0093)
    • Cyber Core Technologies LLC (Elkridge, MD) : $47,500,000 (N66001-17-D-0094)
    • World Wide Technologies (Maryland Heights, MO) : $14,250,000 (N66001-17-D-0095)
    ファイアウォール、IDS (Intrusion Detection System)、ルータ、半導体製品、暗号化機材、ハードディスク、多重化機材、トランシーバー、サーバ、SSD (Solid State Drive)、ワークステーション、ラック、キャビネットなど。2022/2/27 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Pacific, San Diego, CA
  • 以下の各社は、広報・コミュニティ関連業務を総額 $42,609,513 で。
    • Alion Science and Technology (McLean, VA) : N00189-17-D-Z021
    • Booz Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : N00189-17-D-Z022
    • CSRA LLC (Alexandria, VA) : N00189-17-D-Z023
    • Kglobal (Herndon, VA) : N00189-17-D-Z024
    • Media Fusion (Huntsville, AL) : N00189-17-D-Z025
    2022/2 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department, Philadelphia, PA
  • Mymic LLC (Portsmouth, VA) : 統合参謀本部の J8 Directorate 麾下、Functional Capability Boards 向けの分析業務を $39,100,602 で。2022/2 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department, Philadelphia, PA (N00189-17-D-Z026)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Newpark Mats & Integrated Service LLC (The Woodlands, TX) : ヘビーデューティ コンポジット マットを $27,793,077 (価格修正条項付き) で。基本契約 2 年間、1 年単位のオプション契約 3 年分、2022/2/23 まで。陸海空軍・海兵隊向け。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE8E6-17-D-0005)
  • Wolverine World Wide Inc. (Rockford, MI) : 温暖地向けコンバット ブーツ (タン) を $17,994,690 で。陸軍ならびにアフガニスタン陸軍向け、2020/2/21 まで。アフガニスタン向けは FMS (Foreign Military Sales)。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1028)
ARMY
  • Center for Disease Detection LLC (San Antonio, TX) : HIV (Human Immunodeficiency Virus) 関連の試験・レポート業務に関する修正契約を $12,952,029 で。2018/2/28 まで。Army Medical Command, Fort Sam Houston, TX (W81K04-15-D-0006/P00009)
  • GDLS (General Dynamics Land Systems Inc., Sterling Heights, MI) : M1 戦車とファミリー製品を対象とするシステム テクニカル サポート業務ならびに維持管理支援業務を、$13,144,278 で。クウェート、オーストラリア、サウジアラビア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/2/28 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-17-C-0067)
AIR FORCE
  • L-3 Link (L-3 Communications Corp., Link Simulation & Training Division, Arlington, TX) : MQ-1 Predator 用の訓練機材 (Mission Aircrew Training System) に関する修正契約を $10,864,857 で。ブロック 30 仕様機材×20 セット、AN/ARC-210 通信機 (デュアル) ハードウェア キット×20 セット、腰掛×20 セットで構成。2022/2/22 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8621-13-C-6323/P00101)
  • Moog Inc. (Elma, NY) : F-15 用のラダー アクチュエータを対象とする再生産作業を $7,691,865 で。最小 50 セット、最大 285 セット。2022/2/22 まで。Air Force Sustainment Center, Tinker AFB, OK (FA8118-17-D-0017)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Corp., Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : ポーランドに設置する Aegis Ashore の試験/実働システムを対象とする機材と技術支援業務について、修正契約を $10,396,703 で。CLIN (Contract Line Item Number) 0317。累計受注額は $2,466,389,429 から $2,476,786,132 に。2018/12/31 まで。MDA (Missile Defense Agency), Dahlgren, VA (HQ0276-10-C-0001/P00239)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、傘下・LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co.) の FBM (Fleet Ballistic Missile) 関連事業所と従業員を、カリフォルニア州 Sunnyvale からフロリダ州やコロラド州の事業所に移転させる。650 名が対象で、今後 8 年がかりで実施する。(Lockheed Martin 2017/2/23)
  • Lockheed Martin Corp. は、傘下の PZL Mielec が製作している STOL (Short Take-Off and Landing) 双発輸送機・M28 Bryza (S/N AJE00347) をポーランドからラテンアメリカ・カリブ海諸国に持ち込み、デモツアーを実施する。2017/2/24 にポーランドを出発、デンマーク、スコットランド、アイスランド、グリーンランドを経由して現地に向かう。トリニダードトバゴの Port of Spain (2017/3/17) を皮切りに、12 の街を巡る予定。M28 は、Sikorsky Aircraft の買収 (2015/11) に伴って、同社の製品に加わった機体。不整地運用が可能で、軍民双方での利用を想定している。P&WC (Pratt & Whitney Canada) 製 PT6-65B エンジンの双発でリバース機能付きプロペラを組み合わせており、総重量 7,500kg、最大ペイロード 2,300kg、離着陸滑走距離 1,800ft (548m)。(Lockheed Martin 2017/2/23, IHS Jane's 360 2017/2/23)

今日の報道発表 (その他編)
  • インド海軍の P-16A 型フリゲート・INS Betwa が、Mumbai のドックでサルベージ会社 Resolve Marine の手でサルベージされた。2016/12/5 に、出渠作業中に盤木が外れて転倒する事故を起こしていたもので、2016/12/29 までに安定化の作業を終えて、サルベージに取りかかっていた。同艦は 2018 年の復帰を予定している。(Indian MoD 2017/2/22)
  • TASL (Tata Advanced Systems) 傘下の NISL (Nova Integrated Systems) は印国防省から、インド海軍の艦艇に装備する対水上レーダーを受注した。Terma A/S と組んで対応する。インテグレーション作業は TASL の指揮管制装置 (CMS : Combat Management System) 部門が担当する。(Terma 2017/2/22)
  • Tutor Perini Corp. は米空軍から、サウジアラビア空軍 (RSAF : Royal Saudi Air Force) 向けの施設建設工事契約を受注した。FMS (Foreign Military Sales) 案件で、2017 年春から新規建設や既存施設の改修を実施する。(Tutor Perini 2017/2/22)
  • EDIC (Emirates Defense Industries Co.) 傘下の NIMR Automotive は、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 軍からの大量受注について発表した。総数 1,750 両で、内訳は JAIS 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle)×1,500 (4x4 と 6x6 の合計)、HAFEET 630A 砲兵支援車両×150 (観測車と指揮車の合計)、AJBAN 440A 対戦車ミサイル車両×115。2018 年にデリバリー開始の予定。(NIMR Automotive 2017/2/23)
  • Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) の KC-390 が、ブラジル空軍 (FAB : Forca Aerea Brasileira) の F-5M をレシーバーとして、初のドライ コンタクト試験を実施した。2017/2/1-22 にかけて実施した飛行試験の一環として、2017/2/19 に Santa Cruz AB (Rio de Janeiro) 近隣の空域で実施したもの。給油機材としては Cobham plc 製の 912E 空中給油ポッド (WARP : Wing Air Refueling Pod, ホース長 30m) を装備している。現在は試験用機が 2 機あるが、さらに 3 機目の製作が最終工程まで進んでいる。KC-390 の飛行試験は 2018 年の末まで続く予定。(Brazilian Air Force 2017/2/21, Cobham 2017/2/22DID 2017/2/23)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/2/22)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、暗号化や情報保全に関わる製品を対象とするライフサイクル サポート業務を、総額 $875,000,000 (not-to-exceed) で。
    • General Dynamics Mission Systems (Scottsdale, AZ) : FA8307-17-D-0006
    • Harris Corp. (Rochester, NY) : FA8307-17-D-0007
    • L-3 Systems Corp. (Camden, NJ) : FA8307-17-D-0008
    • Leidos Inc. (Columbia, MD) : FA8307-17-D-0009
    • Raytheon Co. (El Segundo, CA) : FA8307-17-D-0010
    • Sypris Electronics LLC (Tampa, FL) : FA8307-17-D-0011
    • ViaSat Inc. (Carlsbad, CA) : FA8307-17-D-0012
    ソリューション分析、技術熟成/リスク低減、EMD (Engineering and Manufacturing Development)、製作、サポート業務で構成。2026/12/15 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), JB (Joint Base) San Antonio - Lackland, TX
  • 以下の各社は、暗号化や情報保全に関わる製品を対象とする分析業務などを総額 $50,000,000 (not-to-exceed) で。
    • Arkham Technology Ltd. (Irvine, CA) : FA8307-17-D-0001
    • Innoflight Inc. (San Diego, CA) : FA8307-17-D-0002
    • Innove LLC (Boerne, TX) : FA8307-17-D-0003
    • P E Systems Inc. (Fairfax, VA) : FA8307-17-D-0004
    • X Technologies Inc. (San Antonio, TX) : FA8307-17-D-0005
    Cryptologic and Cyber Systems Division 向け、2026/12/15 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), JB (Joint Base) San Antonio - Lackland, TX
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Raytheon Co., Space and Airborne Systems (McKinney, TX) : Silent Knight レーダーの低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ならびに全規模量産 (FRP : Full Rate Production) に関する修正契約を、$45,500,000 で。米特殊作戦軍団 (USSOCOM) 向け。今回の修正契約は LRIP II 分に関するもの。累計受注額は $200,000,000。2019/6 まで。Headquarters, USSOCOM (US Special Operations Command), MacDill AFB, FL (H92222-16-D-0033)
NAVY
  • RMAA-API JV LLC (Honolulu, HI) : NAVFAC Pacific の AOR (Area of Responsibility) で実施する、アーキテクト/エンジニアリング業務とエンジニアリング サービス業務を $30,000,000 で。グアムが 70%、ハワイが 30%。2022/2 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-17-D-0006)
  • Malin Space Science Systems Inc. (San Diego, CA) : 静止衛星搭載用の可視光線カメラを $10,965,790 で。宇宙空間での運用や放射線に耐えられるもの。2019/5/21 まで。オプション契約分まで含めた総額は $11,527,265、2021/8/21 まで。RfP N00173-16-R-WR02 による。NRL (Naval Research Laboratory), Washington DC (N00173-17-C-6001)
  • Ultra Systems PALS (Precision Air & Land Systems, Gloucestershire, UK) : LAU-7 発射機 (AV-8B, H-1, F/A-18A/B/C/D 向け) と LAU-127 発射機 (F/A-18E/F 向け) で使用する高圧空気発生装置の補修作業を $8,466,210 で。2022/2 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-17-D-001P)

今日の報道発表 (北米編)
  • Scott AFB に設置してある KC-135 用 OFT (Operational Flight Trainer) について米空軍は、DTCN (Distributed Training Center Network) における運用承認 (ATO : Authorization to Operate) をリリースした。この後、2017-2018 年にかけて、以下の基地に設置してある KC-135 用 OFT も DTCN に接続する。
    • March ARB (Air Reserve Base)
    • Fairchild AFB
    • Grissom ARB
    • MacDill AFB
    これは KC-135 ATS (Aircrew Training System) の主契約社になっている CAE USA が担当している案件。(CAE 2017/2/21)
  • Sparton Corp. と、Ultra Electronics Holdings plc 傘下の USSI Ultra Electronics USSI は、ERAPSCO から 6,460 万ドルの契約を受注した。米海軍向けのソノブイに関連する 5 ヶ年契約のうち、FY2017 分。これを Ultra Electronics USSI (Columbia City, IN) に 2,930 万ドル、Sparton De Leon Springs LLC (De Leon Springs, FL) に 3,530 万ドル、それぞれ配分する。契約期間は 2019 年 1 月まで。ERAPSCO は先の 2 社が設立したジョイント ベンチャーで、その両社が副契約社として契約を得る図式。(Ultra Electronics Holdings / Sparton 2017/2/21)
  • SAIC (Science Applications International Corp.) はサウスカロライナ州 Charleston のインテグレーション施設で、米海兵隊に提案している ACV 1.1 (Amphibious Combat Vehicle 1.1) のプロトタイプ 1 号車をお披露目した。3 月から合計 16 両をデリバリーして、評価試験に供することになっている。ベースモデルは ST Kinetics (Singapore Technologies Kinetics Ltd.) 製の 8x8 装輪装甲車・TERREX で、これを米海兵隊の要求に合わせて手直しした。2016 年 2 月に 1 億 2,150 万ドルの契約を得ている EMD (Engineering, Manufacturing, and Development) フェーズ分の車両は、アメリカ国内で製作する。(SAIC 2017/2/21)
  • Orbital ATK Inc. は、過去 3 ヶ月の間に総額 6 億ドルの海外受注を獲得したことを明らかにした。主力は MK44 や M230 といった Bushmaster Chain Gun。(Orbital ATK 2017/2/20, SpaceWar 2017/2/21)

今日の報道発表 (その他編)
  • Harriett Baldwin 英装備相とフランスのカウンターパート・Laurent Collet-Billon 氏は、MBDA に対して Storm Shadow / SCALP EG の寿命中途補修/改修作業を 1 億 4,600 万ポンドで発注した、と発表した。両国が共同で発注することで 5,000 万ポンドの経費節減になったとの説明。改修型ミサイルのデリバリーは、イギリス向けは 2018 年、フランス向けは 2020 年から始まる予定。(MoD UK 2017/2/22, DGA 2017/2/22)
  • スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) はスウェーデン政府の代理で、ハンガリーとの間で JAS39C/D に関する新たな合意を締結した。まず、年間飛行時間を 1,600 時間から 2,000 時間に増やす。運用期間についても 2012 年に締結した 10 年契約に上積みして、2026 年 3 月まで延長する。機体については、最新の Version 20 仕様にアップグレードする。(FMV 2017/2/21)
  • Safran Electronics & Defense は、Epsilon One 航法システムを各種車両に装備する目的で IGG (International Golden Group) と提携した。慣性航法システム (INS : Inertial Navigation System) を活用することで、GPS (Global Positioning System) が使えない環境でも高い信頼性を確保できるとしている。(Safran Electronics & Defense 2017/2/22)
  • PT Pindad は Timoney Technology との間で、6x6 装輪装甲車 Badak のアップグレード改修に関する契約を締結した。Timoney 製のモジュラー駆動系・トランスファー ケース・操舵装置を組み込むという内容。砲塔は CMI Defence 製の 2 人用砲塔を装備している。(Timoney Technology 2017/2/22)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • イスラエル軍は、同国空軍の戦闘機が Hamas の UAV を撃墜した、と発表した。件の UAV は Gaza Strip から地中海に向けて飛翔していたとの説明。(SpaceWar 2017/2/23)
  • Matt Isler 米空軍准将は、ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) が子供や身体障害者を自動車爆弾に乗せて敵に突っ込ませる戦術を用いていることを明らかにした。(SpaceWar 2017/2/23)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |