今週の軍事関連ニュース (2017/04/06)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 韓国軍によると、北朝鮮が 2017/4/5 の午前に同国東部・咸鏡南道・新浦付近から弾道ミサイル (中射程型の KN-15 とみられる) を発射した。飛翔距離は 60km。なお、米太平洋軍 (USPACOM : US Pacific Command) の発表によると「探知・追尾を実施、発射から 9 分後に海中に突入」とのこと。PACOM 関係者は当初、ミサイルの種類について KN-15 との見解を示した。ただしその後、Scud ER に修正。KN-15 (北極星 2) は固体燃料を使用するが、今回のミサイルは液体燃料を使用しているとの理由による。ただ、今回の試射で新技術を試したのではないかとする観測もある。(DoD 2017/4/5, 共同 2017/4/5, DefenseNews 2017/4/5)
  • 英海軍 (RN : Royal Navy) 845NAS (Naval Air Squadron, RNAS Yeovilton, Somerset) から派出した Merlin HC.3×2 機が、1 ヶ月間に渡って仏海軍の揚陸艦 FS Mistral 艦上で実施していた訓練を完了した。この後、英海兵隊が仏海軍の任務部隊に加わってインド洋・太平洋方面へのデプロイメント "Jeanne d'Arc" を実施する。イギリスの CHF (Commando Helicopter Force) からは 60 名ほどが参加する。(Royal Navy 2017/4/4)
  • カナダの Harjit Sajjan 国防相とウクライナの Stepan Poltorak 国防相が 2017/4/3 に会談して、両国間の軍事協力合意に調印した。カナダ側では、国防政策、装備品の研究開発・量産、教育といった分野で協力するとしている。(Canadian MoD 2017/4/3)
  • 英陸軍 The Rifles 聯隊・第 5 大隊が派出する 200 名が、RAF Brize Norton から輸送機でエストニアに向かった。先に派遣した 120 名に加わるもの。NATO は東欧に 1,100 名規模の戦闘群を展開するが、そのうち 800 名がイギリス軍になる予定。一方、フランス軍の派遣部隊 140 名は 2017/4/4 にエストニアの Amari AB に到着、Tapa に展開してエストニア陸軍・第 1 歩兵旅団と組む予定になっている。フランス軍は最終的に 300 名を 8 ヶ月に渡って派遣、Leclerc 戦車、VAB (Vehicule de l'Avant Blind) 装甲車、VBCI (Vehicule Blinde Combat d'Infanterie) 装甲車を持ち込む計画。(British Forces News 2017/4/4, Estonian MoD 2017/4/4)

今日のニュースいろいろ
  • 米空軍宇宙軍団 (AFSPC : Air Force Space Command) 司令官の John Raymond 大将が Space Symposium の席で、既存の作戦担当参謀次長と情報担当参謀次長に加えて、宇宙問題を担当する三ツ星の参謀次長ポスト (A-11) を新設することを明らかにした。(USAF 2017/4/4, DefenseNews 2017/4/4)
  • スロバキア軍の機械化歩兵中隊が、ラトビアに到着した。第 13 機械化大隊から派出された 150 名で、NATO による東方強化施策の一環。3 ヶ月間のローテーション展開を予定しており、その間にラトビア陸軍・第 1 機械化歩兵大隊との合同訓練も予定している。(Latvia MoD 2017/4/4)
  • 英国防省は Shropshire に新しい兵站支援拠点施設・DFC (Defence Fulfilment Centre) を開設、Harriett Baldwin 装備相を迎えて開所式が行われた。物資の保管・配送業務を整理統合するのが目的で、面積 8 万平米、投資額は 8,300 万ポンド。2028 年までに 5 億ポンドの経費節減を実現する見込み。施設の運営を担当するのは Team Leidos で、これは Leidos Inc.、Kuehne+Nagel、TVS Supply Chain Solutions の三社で構成する企業チーム。 (MoD UK 2017/4/4, Leidos 2017/4/4)

今日のニュースいろいろ
  • ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が 2017/4/1 付でサイバー戦部門 (CIS : Cyber and Information Space) を発足させる。まず 260 名で発足、7 月までに軍民の専門家 13,500 名を揃える計画。(SpaceWar 2017/3/31)
  • NATO は 2017/3/26 にイラク内務省に対して、IED (Improvised Explosive Device) 対策機材×160 セットをデリバリーした。NATO の Defence Capacity Building Trust Fund が資金を出して、イラク政府のテロ対策を支援する目的で実施したもの。このほか、2016 年にはヨルダンでイラク軍士官 350 名を訓練した。(NATO 2017/3/31)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • マレーシアの Datuk Seri Najib Razak 首相が、インドから MiG-29 の買い取り提案を受けていることを明らかにした。一方で、インドからはマレーシアに Su-30 のスペアパーツを供給するという内容。(New Straits Times 2017/4/5)
  • Russian Helicopters JSC がパキスタンの Punjab 州当局から Mi-171E ヘリを受注した。民間モデルで、Ulan-Ude Aircraft Works で製作する。(TASS 2017/4/4)
  • トルコが、同国南東部に配備する国境監視用繋留型気球の計画を進めている。トルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) では国内メーカーに担当させたい意向で、Aselsan が "Water Drop" と "Global" の 2 機種を開発中。(DefenseNews 2017/4/4)
  • 英国防省が Babcock International に、イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の艦艇を対象とするサポート業務の契約を 3 億 4,000 万ポンドで発注した。(British Forces News 2017/4/3)
  • イスラエル海軍が、Sa'ar-6 コルベットに対して Iron Dome 用の Tamir 迎撃ミサイルを追加搭載できるように設計変更を進めているとのこと。発射機を 2 基に増やして、ミサイル搭載数を 40 発とする。(DID 2017/4/4)
  • 韓国がカンボジアに、軍用トラック×208 両と土木工事用車両×14 両を供与、Kampong Speu の Techno Hun Sen Military Technical Institute で引渡式典が行われた。(DID 2017/4/4)
  • インド軍では 5 億ドルをかけて対空 3 次元レーダー×66 基を調達する計画だが、この件で IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) が最低価格の提案を実施した模様。提案を実施したのは、Thales、IAI、L&T (+ Cassidian + IAI/Elta Systems) の 3 社。ただし、国防省ではさらなる価格引き下げを追求するため、契約締結には時間がかかる可能性も。これは老朽化した Flycatcher レーダーの代替用。(DefenseNews 2017/4/3)
  • ポーランドの Tomasz Szatkowski 国防次官が、すでに調達した Leopard 2A4/2A5 に加えて、さらなる Leopard 2 の調達を考えていることを明らかにした。Leopard 2A4/2A5 の方は、Leopard 2PL 仕様にアップグレード改修した。(Defence24.com Poland 2017/3/31)
  • 2017/3/31 に海南島の三亜基地で、江島 Jungdao 型 (Type 056) コルベット・六盤水 Liupanshui の就役式典が行われた。配備先は南海艦隊。(China Military 2017/3/31)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/4)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Valley Apparel LLC (Knoxville, TN) : 各種パーカー $43,417,281 で。海軍向け、2019/4/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1054)
NAVY
  • DRS Laurel Technologies (Johnstown, PA) : CEC (Cooperative Engagement Capability) 用の送信/処理機材セットについて、オプション契約分を $8,753,460 で。2018/10 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-5228)
  • American Superconductor Corp. (Devens, MA) : 高温超伝導 (HT : High Temperature Superconducting) システムを対象とするエンジニアリング/テクニカル サービス業務を $8,375,876 で。超電導磁石の設計・製作・導入・補修・分析などを担当。SBIR (Small Business Innovation Research) 案件。2021/3 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Philadelphia Division, Philadelphia, PA (N64498-17-D-0006)
ARMY
  • Great Lakes Dredge and Dock Co., LLC (Oak Brook, IL) : Stone Harbor Beach Replenishment Project (Stone Harbor, NJ) の下で実施する埋め立て工事について、追加分に関する修正契約を $8,218,844 で。2017/6/20 まで。Army Corps of Engineers, Philadelphia, PA (W912BU-17-C-0007/P00003)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米国防総省の国防調達会議 (DAB : Defense Acquisition Board) が、CH-53K King Stallion のマイルストーン C 承認を実現。これにより、低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) に移行することになる。同機はこれまでに 400 時間を超えるフライトを消化済み。(Lockheed Martin 2017/4/4)
  • Lockheed Martin Corp. は、AEHF (Advanced Extremely High Frequency) 衛星の 6 号機に 3D プリンタで製作したパーツを組み込む、と発表した。対象は、電子機器の回路基板を保持するアルミ製エンクロージャ (Remote Interface Unit)。3D プリンタの活用により、製作に際してのリードタイムを 4 ヶ月短縮できるとしている。(Lockheed Martin 2017/4/4)
  • Raytheon Co.は、Phalanx CIWS (Close-In Weapon System) で使用する新型電動式機関砲の試験を成功裏に実施した、と発表した。射撃の際に激しい振動が発生しても使えることを確認するのが試験の目的、との説明。(Raytheon 2017/4/4)
  • Orbital ATK Inc. は米海軍から、5in 砲弾用の信管・Mk.419 mod.1 MFF (Multi-Function Fuze) の試験用供試体と量産第一陣に関する 2,100 万ドルの契約を受注した。(Orbital ATK 2017/4/4)
  • United Technologies Corp. 傘下・UTC Aerospace Systems の EPP (Aerostructures Engineered Polymer Products, Jacksonville, FL) 部門が、Virginia 級 SSN に装備する LVA (Large Vertical Array) 初号機の製作を開始した。米海軍ならびに主契約社・GDEB (General Dynamics Electric Boat) との数年にわたる共同作業を経て、製作開始の運びとなったもの。(UTC Aerospace Systems 2017/4/3)
  • Orbital ATK Inc. の Flight Systems Group が、米空軍 SMC (Air Force Space and Missile Systems Center) の Launch Systems Directorate から 2015/12 に契約を得て開発を進めている新型打ち上げ機・NGL (Next Generation Launch) 向けの固体燃料ロケットなどについて、設計審査・工場施設の更新・工具類の整備を完了した。(Orbital ATK 2017/4/3)
  • Elbit Systems Ltd. が米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) と組んで、ヘリコプターにおける EFVS (Enhanced Flight Vision System) の活用について共同で研究を進めることになった。新しい規定、政策、指針をまとめる作業を支援するもの。(Elbit Systems 2017/4/3)

今日の報道発表 (その他編)
  • イスラエル軍は 2017/4/2 に、David's Sling システム (DSWS : avid's Sling Weapon System) の実働体制入りを宣言、Gaza Strip に近い Hatzor AB で式典が行われた。まず、第一陣の 2 個高射隊分を配備する。(Israel Air Force 2017/4/3, Times of Israel 2017/4/2, DefenseNews 2017/4/3)
  • Navantia はノルウェー軍の兵站部門・NDLO (Norwegian Defense Logistic Organization) から、Fridtjof Nansen 級フリゲート×5 隻を対象とするライフサイクル サポート業務の契約を受注した。期間は 5 年間で、2013/6 に締結した契約の延長分。技術支援、整備、補修、エンジニアリング スタディ、改良実施、訓練、スペアパーツ供給を担当する。(Navantia 2017/4/3)
  • スペイン海軍 (Armada Espanola) 向け哨戒艦・BAM (Buques de Accion Maritima) の 5 番艦・SPS Audaz (P45) が 2017/3/30 に、Navantia の San Fernando 造船所で進水した。第 2 トランシェの 1 番艦にあたり、2016/4/29 に起工していた。ゴッドマザー役を務めたのは Maria Dolores de Cospedal Garcia 西国防相、2018/6 のデリバリーを予定している。全長 93.9m、排水量 2,500t、(Navantia 2017/3/30, IHS Jane's 360 2017/4/3)
  • Boeing Co. はポーランド政府から、NG737 (Next-Generation 737) ベースの BBJ (Boeing Business Jet) を受注した。内訳は BBJ2×2 機と B.737-800×1 機。政府要人の移動に使用する機体で、2017 年末から 2020 年にかけてデリバリーする予定。(Boeing 2017/3/31)
  • TKMS (ThyssenKrupp Marine Systems AG) は、Atlas Elektronik GmbH の買収によって「プラットフォーム プロパイダからシステム プロバイダへの変革を進める」と宣言。同社は過去に潜水艦 160 隻あまりと水上戦闘艦 130 隻あまりを建造してきている。(ThyssenKrupp Marine Systems 2017/4/3)
  • Aero Vodochody Aerospace A.S. は、13 年前に製作が終息した L-159 ALCA (Advanced Light Combat Aircraft) の生産を再開、完成した機体を 2017/3/31 にお披露目した。件の機体はイラク向けの複座型 (L-159T1)。今後 10 年間で数百機の軽攻撃機の需要を見込めるとしており、ポテンシャル カスタマーとしてアルゼンチンの名前を挙げている。(Aero Vodochody Aerospace 2017/3/31, IHS Jane's 360 2017/4/4)
  • スロバキアの国営航空機修理工場・LOTN (Aircraft Repair Company Trencin) が、リトアニア軍の L-410 UVP×1 機を対象とするオーバーホール作業の契約を獲得した。同社は 2016 年に NATO 加盟国のヘリコプターを対象とするオーバーホールの契約も得ている。(Slovakian MoD 2017/2/27)
  • DCI (Defense Conseil International) で訓練を受けていた、インド海軍の Scorpene 型潜水艦乗組員の第一陣が、訓練課程を修了した。対象となった乗組員は 2 隻分・100 名で、訓練を担当した教官は 9 名。DCI は 2015 年にインド海軍向けの訓練を請け負った。(DCI 2017/4/4)
  • RUAG Ammotec が 2017/3/31 に、スウェーデンとフィンランドで狩猟・射撃競技向けの製品を手掛けている Gyttorp AB の株式のうち 60% を取得して傘下に収めた。(RUAG 2017/4/3)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/3)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : MOKV (Multi-Object Kill Vehicle) のリスク低減作業を $59,608,722 で。2020/4/2 まで。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-17-C-0003)
ARMY
  • Northrop Grumman Corp. (Huntsville, AL) : IBCS (Integrated Battle Command System) の EMD (Engineering and Manufacturing Development) フェーズに関する修正契約を $48,061,680 で。2017/10/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-08-C-0418/P00144)
  • 以下の各社は、アーキテクト/エンジニアリング業務を総額 $13,000,000 で。
    • Atkins-MOCA JV (Dallas, TX) : W912DY-12-D-0045/P00007
    • Gallup-Woolpert JV LLC (San Diego, CA) : W912DY-12-D-0046/P00008
    • HDR Engineering Inc. (Colorado Springs, CO) : W912DY-12-D-0047/P00008
    • Parsons Government Services Inc. (Pasadena, CA) : W912DY-12-D-0048/P00007
    2017/6/18 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL
  • Leidos Inc. (Reston, VA) : 以下のエントランス システムに関する修正契約を $8,718,331 で。
    • stand-alone large - multiple person entrance green system (w/generator)×13
    • stand-alone large - multiple person entrance tan system (w/generator)×4
    • Tent Kit 2 - multiple person entrance tan system×11
    • Structure Kit Unimproved Single Person Entrance tan system×25 (Joint Expeditionary Collective protection Family of Systems 向け)
    2017/12/23 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W52H09-08-C-0170/P00069)
  • Callahan/Watterson JV (Fairbanks, AK) : 80ft マガジン×6 棟の建設工事を $7,841,500 で。Eielson AFB で実施、2018/11/5 まで。Army Corps of Engineers, Elmendorf AFB, AK (W911KB-17-C-0011)
AIR FORCE
  • Boeing Co., Defense, Space & Security (Huntington Beach, CA) : 救難用通信機で使用する次世代暗号化アーキテクチャの開発を $42,573,612 で。開発、認証、インテグレーション、試験を実施する。2020/7/5 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8217-17-C-0003)
  • NWF Contractors Inc. (Fort Walton Beach, FL) : コンクリート製標的の建設工事を $9,176,349 で。Eglin AFB で実施、2022/4/2 まで。Air Force Test Center, Eglin AFB, FL (FA2823-17-D-4001)
NAVY
  • 以下の各社は、Battle Management Systems 計画の下で実施する、砲システム向けコンポーネントの製作・組み立て・検査・納入を総額 $41,651,000 で。
    • Astro Machine Works Inc. (Ephrata, PA) : N00178-17-D-0024
    • Merrill Aviation Inc. (Saginaw, MI) : N00178-17-D-0025
    2022/3 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Dahlgren Division, Dahlgren, VA

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、F/A-18E/F を使った LRASM (Long Range Anti-Ship Missile) の分離試験を成功裏に実施した、と発表した。ミサイルを空力分離する際のモデルを検証するのが目的で、NAS (Naval Air Station) Patuxent River で実施。この後、今年の半ばに NAWS (Navy Air Weapons Station) China Lake で拘束飛行試験を実施する。(Lockheed Martin 2017/4/3)
  • Lockheed Martin Corp. は米空軍から、TBMCS (Theater Battle Management Core System) を対象とするサポート業務の契約を 3,800 万ドルで受注した。(Lockheed Martin 2017/4/3)
  • Boeing Co. によると、先に約 22 億ドルで受注した P-8A Poseidon の契約 (N00019-14-C-0067) は米海軍、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force)、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) 向けで、32 機分のオプション契約を設定、すべて実現した場合の総額は 68 億ドルとのこと。P-8A はこれまでに米海軍に 53 機、RAAF に 2 機をデリバリー済み。(Boeing 2017/4/3)
  • Textron Inc. 傘下の Textron Systems Unmanned Systems は米海軍から、UISS (Unmanned Influence Sweep System) 計画で使用する第四世代版 CUSV (Common Unmanned Surface Vehicle)×2 隻を 1,480 万ドルで追加受注した。MCM USV (Mine Counter Measure Unmanned Surface Vehicle) 向け。2018 年のデリバリーを予定している。(Textron 2017/4/3)
  • BAE Systems は米陸軍 TACOM (Army Tank Automotive and Armament Command) LCMC (Life Cycle Management Command) から、M88A1 HERCULES (Heavy Equipment Recovery Combat Utility Lifting Extraction System) 装甲回収車×36 両の M88A2 仕様への改修を 1 億 1,200 万ドルで受注した。(BAE Systems 2017/4/3)
  • 米海軍向け Virginia 級 SSN・USS Washington (SSN-787) が、最初の洋上公試を成功裏に実施した。建造所は HII (Huntington Ingalls Industries Inc.)。(HII 2017/4/3)
  • Northrop Grumman Corp. の Electronic Systems セクター (Baltimore, MD) で 2017/3/29 に、米海兵隊向け AN/TPS-80 G/ATOR (Ground/Air Task Oriented Radar) ブロック 1 の量産初号機納入式典が行われた。2024 年に完納の予定で、それに併せて完全運用能力 (FOC : Full Operational Capability) を達成する計画。(USMC 2017/3/31, IHS Jane's 360 2017/4/3)

今日の報道発表 (その他編)
  • Saab AB は、固定式ならびに移動式の Barracuda カムフラージュ機材を受注するための枠組み合意に調印した。デンマークとノルウェーによる共同調達案件で、契約期間は 4 年間。枠組み合意に調印したことで、発注が可能になる。(Saab 2017/4/3)
  • RFA (Royal Fleet Auxiliary) 向けの新型給油艦・Tide 級の 1 番艦、RFA Tidespring が韓国から回航されて、Cornwall に到着した。この後は同地の A&P Falmouth で所要のカスタマイズ作業を実施するが、その作業には 300 名が従事するとの説明。燃料 19,000 立方メートルと清水 13,000 立方メートルを搭載する。総額 1 億 5,000 万ポンドの案件で、イギリス企業 27 社が参画する。(MoD UK 2017/4/3)
  • ポルトガルの OGMA (Industria Aeronautica de Portugal, S.A.) は、スウェーデン空軍から整備と改修を受注していた C-130×6 機のうち、最後の機体を 2017/3/16 にデリバリーした。ボイス レコーダーとフライト データ レコーダーを搭載、計器表示のリアルタイム記録に使う HD カメラをコックピットに設置。改修機には 2 種類の仕様がある。(OGMA 2017/3/31)
  • Ukroboronprom は、2017/3/31 にウクライナの Hostomel Airport で AN-132D の初号機が初飛行を実施した、と発表した。その際、Petro Poroshenko 大統領やその他の政府関係者も臨席した。サウジアラビアからの要請を受けて、An-132D の計画は 2015 年 5 月にローンチ、ロシア製の機器を使わずに仕上げたとの説明。(Ukroboronprom 2017/3/31)
  • Airbus Helicopters と PTDI (PT Dirgantara Indonesia) が、インドネシア軍向けのヘリコプターを予定より早く納入中。インドネシア空軍 (TNI-AU : Tentara Nasional Indonesia - Angkatan Udara) には H125M×1 機と H225M×2 機をデリバリー。インドネシア陸軍 (TNI-AD : Tentara Nasional Indonesia - Angkatan Darat) には、AS555 Fennec の武装型×2 機デリバリーした。インドネシア海軍 (TNI-AL : Tentara Nasional Indonesia - Angkatan Laut) には、対潜型に改装する AS565 MBe Panther×11 機のうち、最初のグリーン エアクラフト×2 機が改修担当の PTDI に届いたところ。(Airbus Helicopters 2017/3/29)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 米国防総省は、先の週末にイエメンの Shabwah で AQAP (al-Qaida in the Arabian Peninsula) に対する航空攻撃を実施したことを明らかにした。(DoD 2017/4/3)
  • Harjit Singh Sajjan 加国防相は、対 ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) 軍事作戦 "Operation Impact" の期限延長を発表した。イラク軍向けの訓練、医療、情報、戦術ヘリ空輸といった分野の支援を担当しているほか、CP-140A Aurora×2 機と A310 (CC-150T) Polaris×2 機を派遣している。(IHS Jane's 360 2017/4/3)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |