今週の軍事関連ニュース (2017/05/08)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • James Mattis 米国防長官が、弾道ミサイル防衛に関する評価作業 (Ballistic Missile Defense Review) の開始を指示した。能力の改善や、本国と外地のバランスについて検討して、しかるべき政策・戦略をまとめるための作業。(DoD 2017/5/5)
  • 2017/5/4 にアラスカ近隣の空域で、ロシア軍の Tu-95×2 機と Su-35×2 機がアメリカの領空に接近、米空軍の F-22A×2 機による要撃を受けた。戦闘機は武装しておらず、領空侵犯も起きていない。(British Forces News; 2017/5/4)
  • OAR (Operation Atlantic Resolve) によって東欧に展開する人員が増えたのを受けて、在欧米陸軍 (USAREUR : US Army Europe) がポーランドに新たな司令部を開設。年初に旅団戦闘団をドイツからポーランドに送り込んだほか、先週にも 100 名がドイツの Smith Barracks (Baumholder, Germany) からポーランドの Poznan に展開したばかり。(SpaceWar 2017/5/4)
  • ロシア軍が Ryazan 地区で、Il-76 から BMD-4 空挺戦闘車をパラシュート投下する演習を実施した。(Russian MoD 2017/5/4)
  • デンマークは昨今の情勢を受けて、国防支出の増額、他の北欧諸国との協力強化、SNMG1 (Standing NATO Maritime Group One) の指揮引き受けといった活動強化を図る方向。(DefenseNews 2017/5/5)
  • 米海軍 SSC Pacific (Space and Naval Warfare Systems Center Pacific) が MCB (Marine Corps Base) Camp Pendleton で、S2ME2 ANTX (Ship-to-Shore Maneuver Exploration and Experimentation Advanced Naval Technology Exercise) なる両用戦演習を実施した。産業界、学術界、ONR (Office of Naval Research) を初めとする海軍の研究機関が組んで、両用戦に関わる技術の実証を行い、フィードバックを得るのが目的。主な対象分野は以下の通り。
    • ship-to-shore maneuver
    • weapons fire support and effects
    • clearing assault lanes
    • command and control
    • information warfare
    情報収集用の無人/自律ヴィークルなど、50 あまりの技術が対象になった。(US Navy 2017/5/4)

今日のニュースいろいろ
  • 米下院でようやく、FY2017 国防歳出法を含む歳出法が賛成 309 票・反対 118 票で可決・成立して上院に送付。続いて上院も 79:18 で可決・成立させた。このうち国防予算は 5,985 億ドルで、対前年度比 250 億ドルの増加。その中で、LRS-B (Long-Range Strike Bomber) こと B-21 Raider の予算は要求の 13 億 5,800 万ドルが 13 億 3,800 万ドルに削られた。一方、UH-1N Huey 後継機については 1,800 万ドルの要求に対して 9,300 万ドルに上積みされた。(DefenseNews 2017/5/3-4)
  • 米空軍 AFGSC (Air Force Global Strike Command) が、2017/5/3 に Vandenberg AFB で LGM-30 Minuteman III ICBM (Intercontinental Ballistic Missile) の試射を実施した。担当は 341st MW (341st Missile Wing, Malmstrom AFB, MT) の要員。ミサイルはもちろん実弾頭を持たない状態で、着弾地点が Kwajalein Atoll なのはいつも通り。(USAF 2017/5/3)
  • インド海軍は国営造船所における艦艇建造という方針を改めて、新型揚陸艦 (LPD)×4 隻を民間造船所に委ねる方針。(DefenseNews 2017/5/4)

今日のニュースいろいろ
  • NATO は、バルト三国向けに実施している上空哨戒ミッション・BAP (Baltic Air Policing) の担当交代について発表した。2017/5/2 付でポーランド空軍の F-16×4 機が、オランダから任務を引き継いだところ。この展開をポーランド側では "Orlik 7" と称する。派遣部隊は第 2 戦術航空団からの F-16×4 機と人員 100 名ほどで構成。Siauliai AB を拠点として 8 月までの予定。さらにスペイン空軍 (FAE : Fuerza Aerea Espanola) の C.15 (F/A-18A)×5 機が支援する体制。BAP は 2004 年の開始以来、これまでに通算 44 回のローテーションを実施している。(NATO 2017/5/2, Lithuanian MoD 2017/5/2, Polish MoD 2017/5/1)
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) が金融機関の Bpifrance と組んで、中小の防衛関連企業に投資する目的で 5,000 万ユーロ (5,500 万ドル) の基金を設立するとの合意をまとめた。(DefenseNews 2017/5/3)
  • JHU (Johns Hopkins University) の US-Korea Institute が、北朝鮮北東部の豊渓里 Punggye-ri にある核実験場について、2017/4/25 に撮影した衛星写真に基づき「核実験の実施に備えて試験用トンネルの排水を実施しているほか、施設内で多数の要員が活動している」と説明。(SpaceWar 2017/5/3)
  • イギリス軍の UNMISS (UN Mission in South Sudan) 増派部隊・35 名が、南スーダンに到着した。治水、ヘリポート設置、インフラ改良、Bentiu での医療施設建設といった施設工事を担当する工兵部隊。(MoD UK 2017/5/2)

今日のニュースいろいろ
  • 在韓米陸軍に配備した THAAD (Terminal High-Altitude Area Defense) ミサイルについて米軍関係者が、初期段階の実働が可能になったことを明らかにした。(Reuters 2017/5/1)
  • 2017/5/1 に、米空軍 69th RG (69th Reconnaissance Group) Det.1 の RQ-4 Global Hawk が横田 AB に到着した。三沢 AB が滑走路工事で使えないための代替展開。(USAF 2017/5/1)

今日のニュースいろいろ
  • 2017/5/1 に KSC (Kennedy Space Center) の SLC-39A (Space Launch Complex 39A) で、SpaceX の Falcon 9 を使った NRO (National Reconnaissance Office) 向け偵察衛星の打ち上げミッション (NROL-76) が行われた。打ち上げの支援は米空軍 45th SW (45th Space Wing) が担当した。(USAF 2017/5/1, C4ISRNET 2017/5/1)
  • 英労働党が選挙キャンペーンにおいて「次の選挙で勝ったら武器輸出規制の厳格化を実施、抑圧的な政権に対する輸出規制を図る」と表明。(DID 2017/5/2)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Harjit Sajjan 加国防相は、CH-146 Griffon のアップグレード改修に 15 億カナダドル (10 億ドル)、CH-149 Cormorant のアップグレード改修に 5-15 億カナダドル (内容次第) の費用がかかるとの見積もりを明らかにした上で、前者についてはアップグレード改修ができなければ退役させることになるとした。(DefenseNews 2017/5/5)
  • Northrop Grumman Corp. は NAS (Naval Air Station) Jacksonville に MQ-4C Triton の要員訓練施設を開設した。実働用のハードウェアやサーバ機材に加えて、ミッション システム訓練機材を設置している。2018 年に予定している MQ-4C の配備に備えて、今夏から訓練生の受け入れを開始する予定。(C4ISRNET 2017/5/5)
  • ポーランド国防省が、An-28 ベースの M28/M28B Bryza (PZL Mielec 製) を代替する洋上哨戒機 (MPA : Maritime Patrol Aircraft) の調達計画を立ち上げた。メーカーに提示した回答期限は 2017/5/31。44th Kaszuby-Darlowo AB への配備を予定している。(DefenseNews 2017/5/5)
  • Engility Holdings が、DTRA (Defense Threat Reduction Agency) 麾下の Nuclear Enterprise Support Directorate を対象とするコンサルティング業務の契約を受注した。基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 4 年分、3,500 万ドルの案件で、核関連の安全性・信頼性・説明責任・保安に関わる業務を担当する。(SpaceWar 2017/5/4)
  • 米海軍は 2017/4/11 に、各種無人システムの管制を担当する UMCS (Unmanned Carrier Mission Control System) の試験を開始した。(SpaceWar 2017/5/4)
  • 米空軍は、老朽化が進んでいる EC-130H Compass Call×15 機の後継として、EC-X 計画の下で 2029 年の末までに代替機を配備する考え。(DefenseNews 2017/5/4)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.)・Bedek 部門の長を務める Yosi Melamed 氏が、イスラエル空軍の F-35I Adir が搭載する F135 エンジンの整備を自社の施設で実施するとの考えを示した。F135 を皮切りに、他のアメリカ製戦闘機エンジンにも対象を拡大したい考え。(DID 2017/5/4)
  • Sukhoi T-50 こと PAK-FA (Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks - Frontovoi Aviatsyi) が Tactical Missiles Corp. 製 Kh-35UE 対艦ミサイルを搭載するとの情報が出ている。すでに Kh-38 空対地ミサイルや Kh-58UShK 対レーダー ミサイルの名前は挙がっているが、さらに対艦ミサイルの話が出てきた恰好。(DID 2017/5/4)
  • イスラエルの Meteor Aerospace が、Impact 700 UAV の初受注を獲得した。全長 7m、翼幅 12m、航続時間 24 時間の機体で、現在は試験飛行中。カスタマーは不明だが、資金提供元の Hezi Bezalel がアフリカで活発に活動していることが知られている。大型化したMALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV・Impact 1300 も開発中。(DID 2017/5/3)
  • TASS が「トルコの外相が、ロシアとの間で S-400 地対空ミサイルの調達に関する原則合意をまとめたことを明らかにした」「Rosoboronexport が複数のトルコ企業との間で、ウェポン システムの共同開発について折衝中」と報じている。(TASS 2017/5/2-3)
  • インド陸軍が 2017/5/2 に、Andaman and Nicobar Islands で対地攻撃型 BrahMos の試射を実施した。使用したのはブロック III と呼ばれる改良型で、移動式発射機から発射してトップアタック機動を実施した由。(Press Trust of India 2017/5/2)
  • BAE Systems は 2017/5/1 に、AFV を手掛けている West Manchester Township (York County, PA) の事業所で 530 名の増員を図ることを明らかにした。2018 年から 3 年がかりで実施する。(DefenseNews 2017/5/2)
  • ルーマニアの Gabriel Les 国防相が、先に報じられた MIM-104 Patriot の導入話について「複数ある選択肢のひとつ」とトーンダウン。(DID 2017/5/2)
  • フランス企業の Bertin Technologies は、オーストラリア軍の化学兵器探知機材調達計画・Second Sight MS で同社製ガス探知機材・Second Sight の採用が決まったことを明らかにした。(SpaceWar 2017/5/1)
  • トルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) が、TAI (Turkish Aerospace Industries) 製の Anka UAV に対する Roketsan 製の MAM-L 空対地ミサイルのインテグレーションを成功裏に実施した、と発表。Anka は EO/IR (Electro-Optical/Infrared) センサーを持ち、Roketsan 製のレーザー誘導ロケット弾・CiRiT の搭載も可能。(DID 2017/5/2)
  • ベトナムが、RV-02 中距離レーダーで使用するコンポーネント・3 基分の受領を開始した。(DID 2017/5/2)

ケニア向け FMS (DSCA 2017/5/2)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、ケニア向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で MD530 ヘリを輸出すると通告した。総額は 2 億 5,300 万ドル。内訳は以下の通り。
  • MD530F×12
  • HMP400 (Heavy Machine Gun Pod 400) ガンポッド×24
  • M260 ロケット弾発射機×24
  • M151 ロケット×4,032
  • 2.75in 発煙ロケット弾 M274×1,536
  • 12.7mm 機関銃弾×400,000
  • 通信機材、航法機材、兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support)、訓練業務、技術支援業務、スペアパーツ、FSR (Field Service Representative) 派遣、SAAM (Special Assigned Airlift Mission) による納入。
担当メーカーは MD Helicopters (Mesa, AZ)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/5)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Kipper Tool Co. (Gainesville, GA) : 井戸掘削機器 (water well driller) を $377,500,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/5/5 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE8EC-17-D-0003)
  • Honeywell International Inc. (Tempe, AZ) : ソレノイド バルブを $19,719,549 で。陸軍向け、基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 4 年分、2022/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRRA1-17-D-0052)
  • GE Aviation (Lynn, MA) : T64 エンジン用のコンプレッサー ケーシングを $8,636,838 で。海軍向け、2020/2/28 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (FA8122-14-G-0001/THAT)
NAVY
  • Boeing Co. (Jacksonville, FL) : F/A-18A/B/C/D/E/F と EA-18G を対象とするデポ整備支援/維持管理業務の追加分について、修正契約を $89,173,330 で。HFH (High Flight Hour) などの機体検査と改修などを担当。2017/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-D-0001/P00024)
  • Red River Computer Co., Inc. (Claremont, NH) : 空軍向けの指揮統制施設 (Air Force Command and Control Facility, Offutt AFB, NE) 立ち上げに伴う、エンジニアリング サービス業務と IT 関連の導入支援業務を $15,079,354 で。データ センター、ネットワーク、AV (Audio Visual)、エンタープライズ オペレーションが対象。2018/8/4 まで。1 年単位のオプション契約 2 年分まで含めた総額は $34,200,220。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-17-C-0188)
ARMY
  • 以下の各社は、Army Medical Command 麾下・Southern Region 向けの補修ならびに小規模建設工事を、総額 $49,000,000 で。
    • Blue Cord Design and Construction LLC (Orlando, FL) : W91278-17-D-0029
    • Construction Services Group Inc. (Charleston, SC) : W91278-17-D-0030
    • ESA South Inc. (Cantonment, FL) : W91278-17-D-0031
    • GBD JV (Aberdeen, MD) : W91278-17-D-0032
    • Valiant Construction LLC (Louisville, KY) : W91278-17-D-0033
    • Patriot Construction LLC (Dunkirk, MD) : W91278-17-D-0034
    • Royce Construction Services LLC (Reston, VA) : W91278-17-D-0035
    • Terra Construction Inc. (Oklahoma City, OK) : W91278-17-D-0036
    2022/5/4 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL
  • Adventium Enterprises LLC (Minneapolis, MN) : 既存ソフトウェアの熟成とシステム分析の業務を、$10,000,000 で。2022/5/5 まで。Army Contracting Command, Fort Eustis, VA (W911W6-17-D-0003)
  • AECOM Technical Services Inc. (Los Angeles, CA) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $9,000,000 で。カタール、サウジアラビア、オマーン、クウェート、バーレーン、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2022/5/4 まで。Army Corps of Engineers, Winchester, VA (W912ER-17-D-0002)
AIR FORCE
  • Ball Aerospace & Technologies Corp., Systems Engineering Solutions (Boulder, CO) : Hallmark-Software Testbed アーキテクチャの設計・開発・納入を $13,317,810 で。2021/1/4 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-17-C-0066)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Massachusetts General Hospital (Boston, MA) : Safe Genes Program の研究開発を $11,000,660 で。2021/4 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-17-2-0042)

今日の報道発表 (北米編)
  • L-3 Technologies は、米空軍から兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) を受注している KC-10A×59 機について、C チェックの作業対象となった最初の機体を所定の期日通りに送り出した。作業用のデポは HAECO/TIMCO (Greensboro, NC) の施設で、検査に要した期間は 6 ヶ月。同社は COMBS (Contractor Operated and Maintained Base Supply)、FSR (Field Service Representatives) 派遣、デポ整備を担当している。(L-3 Technologies 2017/5/4)
  • Oshkosh Corp. 傘下の Oshkosh Defense LLC は米陸軍に、FMTV (Family of Heavy Tactical Vehicles) の A2 仕様に関する提案書を提出した。官側が発出した RfP を受けて実施したもの。(Oshkosh 2017/5/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • イタリア・Cameri の FACO (Final Assembly and Check-Out) 施設で、イタリア海軍向け F-35B の初号機 (BL-1) がロールアウトした。(Lockheed Martin 2017/5/5)
  • Austal は、South Australia の Adelaide に艦艇設計/プロジェクト管理を担当する事業所を開設する、と発表した。オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向け OPV (Offshore Patrol Vessel)×12 隻 (Project Sea 1180, 30 億豪ドル) と新型フリゲートの建造を見込んだ動き。OPV についてはドイツの Fassmer と組んで対等出資のジョイント ベンチャーを設立、Fassmer の OPV80 (1,800t) をベースとする艦を提案するとしている。(Austal 2017/5/5, IHS Jane's 360 2017/5/5)
  • シンガポール海軍 (RSN : Republic of Singapore Navy) 向け LMV (Littoral Mission Vessel) の 1 番艦・RSS Independence (15) が 2017/5/5 に就役、Changi Naval Base に Lee Hsien Loong 首相を迎えて就役式典を実施した。この式典は、RSN の Golden Jubilee に併せてセッティングされた。(Government of Singapore 2017/5/5, IHS Jane's 360 2017/5/5)
  • Punj Lloyd と IWI (Israel Weapon Industries) が組んでジョイント ベンチャー・PLR (Punj Lloyd Raksha Systems) を設立、Madhya Pradesh の Malanpur に、インドの民間企業によるものとしては初めてとなる小火器工場を開設した。自国向けに加えて輸出も視野に入れている。(Israel Weapon Industries 2017/5/4)
  • Airbus Defence and Space の電子機器部門がスピンアウトして発足した Hensoldt が、2017 年に入ってから Spexer 2000 対地監視レーダーを約 50 ユニット、4,000 万ユーロほどの受注を得ていることを明らかにした。カスタマーは中東・北アフリカ方面 (MENA : Middle East and North Africa) とのこと。Spexer レーダーの受注は、最初のドイツ陸軍向けモデルを皮切りとして累計 150 ユニットほど。(Hensoldt 2017/5/4)
  • 2017/5/4 に仏領ギアナの Kourou から Ariane 5 で、ブラジル向けの通信衛星 SGDC (Satelite Geoestacionario de Defesa e Comunicacoes Estrategicas) が打ち上げられた。軍民共用で、民間向けではブラジル全土を対象とする高速インターネット接続サービスを提供する。また、軍用の通信衛星としても使用する。衛星の製作担当は VISIONA Tecnologia Espacial S.A.、オペレーターは Telebras S.A.。(Brazilian MoD 2017/5/4, Embraer 2017/5/4)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/4)
ARMY
  • Yorktown Systems Group Inc. (Huntsville, AL) : オペレーション サポート業務を $22,469,405 で。非対称性脅威に関するモデリングやトレンド分析などを実施。2021/5/14 まで。Army Contracting Command, Fort Eustis, VA (W911S0-17-C-0007)
  • Mesa Verde Enterprises Inc. (Alamogordo, NM) : Holloman AFB で危険物取り扱い施設と誘導路を建設する工事を、$8,394,467 で。2018/11/5 まで。Army Corps of Engineers, Albuquerque, NM (W912PP-17-C-0007)
NAVY
  • Northrop Grumman Systems Corp., Military Aircraft Systems (Melbourne, FL) : 日本向け E-2D×1 機の先行調達に関する修正契約を $11,100,000 で。資材、パーツ、コンポーネントの調達など。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/11 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-13-C-9999/P00040)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Rosebud Electronic Integration Corp. (Mission, SD) : 座席とパレット アセンブリを $9,663,490 で。陸軍向け、基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 4 年分、2021/5/4 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRRA1-17-D-0116)
AIR FORCE
  • Charles River Analytics Inc. (Cambridge, MA) : 人工知能 (AI : Artificial Intelligence) システムのソフトウェア開発を $8,005,056 で。2021/5/3 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-17-C-0118)

今日の報道発表
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) は米国防兵站局 (DLA : Defense Logistics Agency) から、IT サポート サービス業務の契約を受注した。J6 Enterprise Technology Services Program の案件で、基本契約 5 年間・オプション契約 3 年間、総額 60 億ドル。ネットワーク、電話、IT ソリューション、維持管理とメンテナンス、エンタープライズ データ戦略、システム工学、仮想訓練、ライフサイクル管理、プログラム管理支援を担当。(GDIT 2017/5/4)
  • Safran Electronics & Defense 傘下の Robonic Ltd Oy (Tampere, Finland) が Kratos と組んで、米陸軍に第三世代型 Kontio (type MC2555LLR) ニューマチック ランチャー×2 基をデリバリーした。納入先は米陸軍 PEO STRI (Program Executive Office for Simulation, Training and Instrumentation) 麾下の Army Targets Management Office で、4 月に試験を終えたばかりの製品。UAV や標的機の発射に使用する。(Safran 2017/5/3)
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) が DCNS に、フランス海軍の La Fayette 級フリゲート×5 隻のうち 3 隻を対象とする近代化改修工事の契約を発注した。先に建造が決まった FTI (Fregate de Taille Intermediare)×5 隻と併せて、第一線級フリゲート×15 隻の戦力を維持するのが目的。2020 年から Toulon で改修工事を始めて、最初の艦は 2021 年にデリバリーする計画。なお、改修は艦が定期修理に入ったタイミングで順次実施する。その際に、Crotale 艦対空ミサイルを SADRAL の再生補修品×2 基に換装する。(French MoD 2017/5/4, DCNS 2017/5/5)
  • Cubic Corp. 傘下の Cubic Global Defense がイギリス陸軍から、訓練システムを対象とするサポート業務の契約を 3 年間・3,500 万ドルで受注した。Salisbury Plain Training Area と BATUS (British Army Training Unit Suffield, Alberta, Canada) で使用している AWES (Area Weapons Effects Simulator) が対象。(Cubic 2017/5/4)
  • GKN Aerospace (Tallassee, AL) は GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) との間で、CPB (Certified Predator B) こと MQ-9B RPA (Remotely Piloted Aircraft) で使用する燃料系統の開発契約を 1,500 万ドルで受注した。真空成形によって製作するブラダー式燃料システムを 2018 年に納入して、量産第一陣の機体に導入することになっている。(GKN Aerospace 2017/5/3)
  • インド陸軍・南西方面コマンド麾下の Corps Strike One が 2017/5/2-3 にかけて立て続けに、Andaman and Nicobar Islands で対地攻撃型 BrahMos の試射を実施した。使用したのはブロック III と呼ばれる改良型で、移動式発射機から発射してトップアタック機動を実施した由。ブロック III 対地攻撃型の試射は通算 5 回目。(Indian MoD 2017/5/3, Press Trust of India 2017/5/2)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/3)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • USFI Inc. (Gardena, CA) : カリフォルニア州内で実施する給養業務を $301,000,000 で。陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊向け、2022/5/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE300-17-D-4024)
  • Tullahoma Industries LLC (Cabo Rojo, Puerto Rico) : トラウザーズのオプション 4 契約分を $59,389,738 で。累計受注額は $37,694,542 から $97,084,280 に。陸軍向け、2018/12/6 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPM1C1-13-D-1050/P00141)
USTRANSCOM (US Transportation Command)
  • 以下の各社は、米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) の AOR (Area of Responsibility) で実施するヘリ空輸業務を受注。
    • AAR Airlift Group Inc. (Palm Bay, FL) : $158,659,780 (HTC711-17-D-R016)
    • Construction Helicopters Inc. (dba CHI Aviation, Howell, MI) : $153,972,615 (HTC711-17-D-R017)
    • Columbia Helicopters (Aurora, OR) : $172,187,683 (HTC711-17-D-R018)
    基本契約分は 2017/5/3-2018/4/30 まで。さらに 2021/4/30 までのオプション契約を設定。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL
NAVY
  • 以下の各社は、NAVFAC Northwest Puget Sound Region の管内で実施する屋根建設・補修・交換工事を、総額 $82,000,000 で。
    • Global Construction Group Inc. (Longview, WA) : N44255-17-D-5001
    • P&L General Contractors Inc. (Oak Harbor, WA) : N44255-17-D-5002
    • Southwest Construction and Property Management (San Bruno, CA) : N44255-17-D-5003
    2022/5 まで。まず Global Construction Group Inc. が Task Order 0001 として、Naval Base Kitsap-Bangor (Silverdale, WA) の弾薬庫で実施する屋根補修工事を $47,200 で。2017/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Northwest, Silverdale, WA
  • Northrop Grumman Systems Corp. (San Diego, CA) : MQ-8C Fire Scout を対象とするレーダーのインテグレーション作業について、修正契約を $32,851,099 で。設計、システム工学技術審査、機体側のソフトウェア改修、認証試験、システム インテグレーション試験、A-kit の製作・導入を実施。2020/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0036/P00001)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Corp. (San Diego, CA) : EQ-4B Global Hawk ベースの BACN (Battle Field Airborne Communications Node) を対象とする、ペイロード改修、インテグレーション、導入に関わるレター契約を $39,947,203 で。2018/5/2 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8726-17-C-0004)
ARMY
  • Boeing Co. (Mesa, AZ) : AH-64E×24 機の改修に関する修正契約を $143,414,164 で。サウジアラビア向けの独自改修を実施する FMS (Foreign Military Sales) 案件、2022/4/1 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-16-C-0023/P00005)
  • Kaercher Futuretech GmbH (Schwaikheim, Germany) : 遠征給水パッケージ (Expeditionary Water Packaging System) を $26,539,580 で。2022/5/2 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-17-D-0035)
  • Tecmotiv (USA) Inc. (Niagara Falls, NY) : M88A2 用のオーバーホール エンジンに関する修正契約を $13,959,556 で。2018/7/18 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-13-D-0019/P00004)

今日の報道発表
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) で建造していた米海軍の強襲揚陸艦 USS Tripoli (LHA-7) が、当初の予定より 13 週間早い 2017/5/1 に進水した。4/8 に進水用浮ドックに移されていた由。なお、2018 年の末から同型 3 番艦・USS Bougainville (LHA-8) の建造がスタートする。(HII 2017/5/3)
  • 米空軍 412th TW (412th Test Wing, Edwards AFB, CA) / 411th FTS (411th Flight Test Squadron) 所属の F-22A が、BQM-167A 標的機を使った AIM-9 と AIM-120 の試射を UTTR (Utah Test and Training Range) で実施した。(USAF 2017/5/2)
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) は 2017/5/3 に、FAMAS に代わるフランス陸軍向け新型自動小銃・AIF (Arme individuelle du futur) こと HK416F の第一陣、400 挺を領収した。2016/9/22 に Heckler & Koch SAS France ならびに Heckler & Koch GmbH との間で契約を取り交わしてから 8 ヶ月後の出来事。2014-2019 年にかけて合計 10 万挺を配備、さらにアクセサリー類、サポート業務、訓練業務も契約に含む。(French Army 2017/5/3)
  • Rostec は、傘下の Russian Helicopter JSC が Ka-52K 攻撃ヘリの第一次洋上運用試験を実施したことを明らかにした。2016 年の末から 2017 年の初頭にかけて 2 機で試験を実施、現在は試験に使用した機体の状況を調べているところ。Ka-52K は基本型よりも兵装搭載用のスタブウィングを小型化したほか、メイン ローターを折り畳み式としている。(Rostec 2017/5/2)
  • P&WC (Pratt & Whitney Canada) は、エンジンの累計生産が 100 万台を突破したことを明らかにした。現時点で、12,300 のカスタマーにおいて 60,000 基あまりが稼働中だとしている。(P&WC 2017/5/2)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/2)
USTRANSCOM (US Transportation Command)
  • American President Lines Ltd. (Scottsdale, AZ) : マルチモーダル運送業務のオプション 1 契約分を $59,588,000 で。累計受注額は $145,690,000 から $205,278,000 に。2018/4/30 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL (HTC711-15-D-R048/P00008)
  • National Air Cargo Group Inc. (Orlando, FL) : マルチモーダル運送業務のオプション 1 契約分を $59,588,000 で。累計受注額は $145,690,000 から $205,278,000 に。2018/4/30 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL (HTC711-15-D-R046/P00008)
  • Liberty Global Logistics LLC (Lake Success, NY) : マルチモーダル運送業務のオプション 1 契約分を $49,588,000 で。累計受注額は $145,690,000 から $195,278,000 に。2018/4/30 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL (HTC711-15-D-R045/P00009)
  • United Airlines Inc. (Chicago IL) : マルチモーダル運送業務のオプション 1 契約分を $49,588,000 で。累計受注額は $145,690,000 から $195,278,000 に。2018/4/30 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL (HTC711-15-D-R049/P00009)
NAVY
  • KBR Diego Garcia LLC (Houston, TX) : NSF (Navy Support Facility) Diego Garcia (Diego Garcia, British Indian Ocean Territory) で実施するベース オペレーション業務を $56,909,952 で。オプション契約 7 年分まで含めた総額は $514,947,109、2015/5 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, Pearl Harbor, HI (N62742-17-D-3600)
  • 以下の各社は、LM2500 ガスタービンで使用する PBT (Paired Blade Turbine) のオーバーホールを受注。
    • Air New Zealand Gas Turbines (Auckland, New Zealand) : $42,251,032 (N64498-17-D-4003)
    • MTU Maintenance Berlin-Bradenburg GmbH (Ludwigsfelde, Germany) : $36,345,688 (N64498-17-D-4004)
    2019/5 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Philadelphia Division, Philadelphia, PA
  • IDSC Holdings LLC (dba Snap-On Industrial, Kenosha, WI) : F-35A/B/C で使用する工具と工具箱を $7,587,638 で。1,349 種類・104,025 点。米空軍向け $3,117,066 (41.1%)、米海軍向け $3,628,322 (47.8%)、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け $842,250 (11.1%)。2018/4 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-C-0271)
AIR FORCE
  • Harris Corp., Space and Intelligence Systems (Palm Bay, FL) : Space Control Depot 向けの維持サービス業務について、オプション 9 契約分を $35,473,193 で。Space Superiority Systems 計画向け。2018/1/31 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8819-08-C-0001/P00246)
  • Raytheon Co. (Albuquerque, NM) : HPEM (High Power Electromagnetics) システムを対象とする分析作業と、各種航空機を対象とするインテグレーション作業、評価用シミュレーション ツールの活用を $15,000,000 で。2020/8/3 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Kirtland AFB, NM (FA9451-17-D-0018)
  • Harris Corp. (Colorado Springs, CO) : 地上配備の電子光学宇宙監視システム (Ground-based Electro Optical Deep Space Surveillance System) を対象とする維持管理業務について、修正契約を $8,548,248 で。WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM)、ディエゴ ガルシアの Maui、Colorado Springs で実施、2018/4/14 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Peterson AFB, CO (FA19628-02-C-0010/P00736)
  • World Wide Technology Inc. (Maryland Heights, MO) : VoIP (Voice over Internet Protocol) 関連機材を $7,489,064 で。AFWay NetCents-2 (Network-Centric Solutions-2) 案件、作業場所は以下の通り。
    • Barksdale AFB, LA
    • Ellsworth AFB, SD
    • F.E. Warren AFB, WY
    • Minot AFB, ND
    • Whiteman AFB, MO
    • Tinker AFB, OK
    2017/6/30 まで。38th Cyberspace Engineering Installation Group, Tinker AFB, OK (FA8732-13-D-0012-FA877317F0017)
ARMY
  • Boeing Co. (Mesa, AZ) : AH-64 用メイン ローター ブレードのオーバーホールとアップグレード改修を、$14,522,875 で。カリフォルニア州 Monrovia で実施、2022/5/2 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-17-C-0057)
  • North Wind Solutions (Knoxville, TN) : OU-8 劣化ウランを含む土壌の環境復元工事について、修正契約を $20,000,000 で。2017/12/30 まで。Army Corps of Engineers, St. Louis, MO (W912P9-14-D-0525/P00003)

今日の報道発表
  • KC-46A の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) 2 号機が 2017/4/29 に初飛行を実施した。これで KC-46A は合計 6 機のテスト フリートとなる。(Boeing 2017/5/2)
  • 2017/4/27 に NAS (Naval Air Station) North Island (Coronado, CA) で、MSC (Military Sealift Command) がチャーターしている商船 HOS Dominator 船上に潜水再圧機材 (SRDRS : Submarine Rescue Diving and Recompression System) を設置する作業が行われた。担当は URC (Undersea Rescue Command, NAS North Island, CA) と Phoenix Holdings International の社員。(US Navy 2017/5/1)
  • BAE Systems は、スウェーデンの自走迫撃砲計画 Mjolner に関連して、チェコの Ray Service と協業する、と発表した。2016 年 12 月にスウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) から 40 両を受注しているもので、そこで使用するコンポーネントの製作を Ray Service が担当する図式。(BAE Systems 2017/5/2)
  • Airbus Defence and Space は仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) から、Syracuse IV 通信システムの地上側セグメントを対象とする要件定義スタディ作業の契約を受注した。ネットワークの規模、フロー管理/優先制御、ネットワーク管制技術といったところが対象。そのスタディの結果に基づいて、次の構築フェーズを実施する。(Airbus Defence and Space 2017/4/28)
  • 2017/4/11 に DCNS がデリバリーしたフランス海軍向け FREMM (Fregates Europeennes Multi-Missions) フリゲートの 4 番艦・FS Auvergne の主機は、GE Marine Solutions 部門の LM2500+G4 を使用する CODLOG (COmbined Diesel eLectric Or Gas turbine)。(GE Aviation 2017/5/2)
  • Rheinmetall Defence AG は、オーストラリア陸軍 (RAN : Royal Australian Army) 向けの Project Land 400 の提案に関連する協業について発表した。窓口となる 豪州現地法人の Rheinmetall Defence Australia が、Brisbane に拠点を置く NIOA と協業、弾薬・兵装を担当してもらうという内容。両社は 20 年来の付き合いがある由。(Rheinmetall Defence 2017/5/2)
  • Austal Ltd. は、Cape 級国境警備用巡視船の 1 番艦・ADV Cape Fourcroy をデリバリー、併せて HMAS Stirling (Western Australia) で公式命名式典が行われた。2015/12 に 2 隻を 6,300 万豪ドル (4,700 万ドル) で受注していたもの。オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) ならびに国境警備隊 (Australian Border Force) からの要求を受けて建造している。2 番艦の ADV Cape Inscription も 5 月末に完成する予定。全長 58m、最高速度 26kt、航続距離 4,000nm、乗員 22 名、連続行動日数 28 日。(Austal 2017/5/1, IHS Jane's 360 2017/4/27, Australian DoD 2017/5/3)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/1)
NAVY
  • Raytheon Co., Marlborough, Massachusetts : AN/SPY-6 AMDR (Air and Missile Defense Radar) の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) 分について、オプション契約分を $327,146,998 で。非再帰エンジニアリング業務を含む。2020/10 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-5315)
  • 以下の各社は、空母の整備、近代化改修、先行計画立案、作業パッケージ開発、インテグレーション、作業実施を総額 $90,064,867 で。
    • AMSEC LLC (Virginia Beach, VA) : N00189-17-D-0009
    • Gryphon Technologies LLC (Washington DC) : N00189-17-D-0011
    Commander Naval Air Forces (Norfolk, VA; San Diego, CA) 向け。オプション契約分まで含めた総額は $99,071,354。2022/5 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department Norfolk, VA
  • ManTech Advanced Systems International Inc. (Fairfax, VA) : 航空機と搭載システムの設計・開発・製作・サポートに関わる、エンジニアリング/技術支援業務を $39,641,197 で。信頼性、保守性、試験性、品質保証/診断/システム安全性分析といった内容。作業場所は以下の通り。
    • Patuxent River, MD (86.5%)
    • China Lake, CA (5%)
    • West Palm Beach, FL (5%)
    • MCAS (Marine Corps Air Station) Yuma, AZ (1.5%)
    • Luke AFB, AZ (1%)
    • Edwards AFB, CA (1%)
    2022/5 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-D-0032)
  • DDL OMNI Engineering LLC (McLean, VA) : SBIR (Small Business Innovation Research) フェーズ III 案件・Topic N00-123 "Ship Mission Readiness Measurement System." に関わるエンジニアリング/テクニカル サービス業務を $9,900,000 で。原契約 N68335-14-G-0057。2020/5 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-F0071)
ARMY
  • Tape LLC (Alexandria, VA) : 陸軍の各種訓練モデルを対象とする技術/分析支援業務を $14,060,501 で。2020/5/6 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W91CRB-17-F-0006)
  • TSI Inc. (St. Paul, MN) : 8020M M41 防護評価試験システムの近代化型を $13,485,917 で。2019/12/31 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911SR-17-D-0003)
  • Tapestry Solutions Inc. (San Diego, CA) : 第 7 訓練コマンド (Seventh Army Training Command) 向けの指揮訓練支援業務を $10,333,831 で。ドイツ、イタリア、Fort Leavenworth で実施、2018/10/31 まで。Army Contracting Command, Kaiserslautern, Germany (W564KV-17-C-0022)
  • BAE Systems Land and Armaments LP (Sterling Heights, MI) : M2 Bradley 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) を対象とする ECP (Engineering Change Proposal) 適用に関わる、前進速力試験、加速試験、斜面運用試験を完了させるための作業について、修正契約を $7,869,940 で。2017/9/15 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-12-C-0358/P00031)
  • EaglePicher (Joplin, MO) : Squib 活性化バッテリを $7,292,175 で。バーレーン向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/4/28 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-D-0016)

今日の報道発表
  • EPAWSS (Eagle Passive/Active Warning Survivability System) の最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) が完了した。この後は実機の改修と飛行試験に駒を進めることになる。EPAWSS は TEWS (Tactical Electronic Warfare System) の代替として、F-15C/E・400 機への導入を計画している。(Boeing 2017/5/1, BAE Systems 2017/5/1)
  • GDELS (General Dynamics European Land Systems) はブルガリア陸軍向けに、8x8 装輪装甲車 Piranha IV のデモを実施した。2017/4/27 に、Kazanlak 近隣の Tylbeto で地元部隊 (Military Unit Tylbeto) の主催によって実施したもの。(GDELS 2017/4/28)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • OIR (Operation Inherent Resolve) の報道担当を務める John Dorrian 米空軍大佐が、シリアで反政府勢力による Tabqa の奪還作戦が進んでいることを明らかにした。ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) に対して攻勢に出ているのは、Syrian Democratic Forces と Syrian Arab Coalition の二組織。(DoD 2017/5/3)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |