今週の軍事関連ニュース (2017/05/15)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2017/3/24 に DigitalGlobe の衛星が撮影した写真により、海南島北部の Jialaishi AB で KJ-500 早期警戒機と Y-8 シリーズ (Y-J/X ?) の存在を確認。KJ-500 が海南島に姿を現したのは、今回が初めてのこと。(DefenseNews 2017/5/12)
  • アメリカ、タイ、シンガポールの海軍が南シナ海で、2017/5/10-12 にかけて CARAT (Cooperation Afloat Readiness and Training) 演習を実施した。(US Navy 2017/5/12)
  • ラトビア国防省は米国防総省との間で、相互装備調達合意 (Latvia-US Reciprocal Defense Procurement Agreement) に調印した。相互に、相手国の装備調達に対して対等のアクセスを可能にするもの。ラトビアから見ると、これまで "Buy American Act" によって制限されていたアメリカの装備調達案件に参入する突破口を開いた形になる。(Latvian MoD 2017/5/11)
  • スリランカは 2014 年に中国人民解放軍 (PLA : People's Liberation Army) の潜水艦による自国への寄港を認めたことがあるが、次週に予定していた Colombo への寄港については拒絶した。ちなみに、Colombo の港湾施設は中国系の企業が運営している。(SpaceWar 2017/5/11)
  • ブルガリア政府は国営企業の民営化を進めてきていたが、中断を決定した。中断の対象には武器メーカーの VMZ Sopot と武器輸出商社の Kintex も含む。以前の計画では、それぞれ 2018 年と 2019 年に民営化して、その売却益を MiG-21 後継機調達に充てることになっていた。(DefenseNews 2017/5/12)

今日のニュースいろいろ
  • 米中央情報局 (CIA : Central Intelligence Agency) が、北朝鮮問題を専門に扱う特別部門を設立したことを明らかにした。他部署から人材を引き抜いて、北朝鮮の核開発計画・弾道ミサイル開発計画に関する情報を収集・分析させる。(SpaceWar 2017/5/10)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ドイツの Vilsek に駐屯する米陸軍・第 2 機甲騎兵聯隊の Stryker 装甲車×4 両が、Saab AB 製の MCS (Mobile Camouflage System) を導入した。現在は Hohenfels で演習に使用中。(DefenseNews 2017/5/12)
  • トルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) がパキスタンの PAC (Pakistan Aeronautical Complex) との間で、Super Mushshak 練習機×52 機の調達契約を締結した。トルコ軍で練習機として使用する。(DID 2017/5/12)
  • IDEF 2017 (International Defense Industry Fair 2017) 展示会に、トルコの FNSS とインドネシアの PT Pindad が共同開発した Kaplan MT 中量級戦車 (MMWT : Modern Medium Weight Tank) が登場。非対称戦に有効だとの説明。砲塔は CMI Defence 3015、主兵装は 105mm 砲と 7.62mm 同軸機銃。現時点でプロトタイプ×2 両と耐弾・耐爆試験用の供試体×1 を製作。トルコでシェイクダウンを実施した後で、インドネシアに持っていって 10 月の軍事パレードに出す予定。(Anadolu Agency 2017/5/10, IHS Jane's 360 2017/5/11)
  • TAI (Turkish Aerospace Industries) と BAE Systems が IDEF (International Defence Industry Fair) 展示会の席で、TFX 計画における協業を発表。1 億 3,000 万ドル規模の契約を締結して、BAE Systems が TAI に設計・開発に際しての支援を提供するという内容。(DID 2017/5/11)
  • サウジアラビアの KACST (King Abdulaziz City for Science and Technology) が、Saqr-1 なる MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV をお披露目した。戦略的製品と位置付けており、航続距離 2,500km、Ka バンドの衛星通信に対応する。高度 500-6,000m のところから 10km の射程でレーザー誘導爆弾 (LGB : Laser Guided Bomb) を投下可能、命中誤差は 1.5m を切るとしている。Saqr-1 が搭載可能な兵装としては、中国・CASC (China Aerospace Science and Technology Corp) 製の FT-9 誘導爆弾や M-4/M-3 ミサイルの名前が挙がっている。FT-9 はシンガポール空軍でも導入実績がある。(Saudi Press Agency 2017/5/10, IHS Jane's 360 2017/5/12)

UAE 向け FMS (DSCA 2017/5/11)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で PAC-3 MSE と GEM-T ミサイルを輸出すると通告した。総額は 20 億ドル。内訳は以下の通り。
  • PAC-3 (Patriot Advanced Capability 3 )×60
  • Patriot GEM-T (Guidance Enhanced Missile-Tactical)×100
  • キャニスター、ツール類、試験機材、支援機材、文書類、スペアパーツ、補修用パーツ、テクニカル/エンジニアリング/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Dallas, TX) と Raytheon Co. (Andover, MA)。オフセットの設定はなし。

インド向け FMS (DSCA 2017/5/11)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、インド向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で CBRN (Chemical, Biological, Radiological, Nuclear) 防護機材を輸出すると通告した。総額は 7,500 万ドル。内訳は以下の通り。
  • M50 汎用マスク×38,034
  • JSLIST (Joint Service Lightweight Integrated Suit Technology) 防護服一式×38,034
  • エプロン×854
  • 代替エプロン×854
  • Quick Doff Hood×9,509
  • M61 フィルター×114,102
  • 訓練、技術データ、技術支援業務、輸送、兵站支援業務など
担当メーカーは Avon Protection Systems Inc.。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/12)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Boeing Co. (Huntsville, AL) : MOKV (Multi-Object Kill Vehicle) の技術リスク低減作業を $58,582,957 で。2020/5/12 まで。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-17-C-0001)
AIR FORCE
  • General Dynamics Mission Systems Inc. (Dedham, MA) : DIRECT (Defense Injection/Reception Emergency Action Message Command and Control Terminal) 端末機を対象とする、オンサイト管理、ソフトウェア更新、製作、兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support)、サポート業務などを、$53,000,000 で。2022/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8540-17-D-0005)
  • Harris Co. (Colorado Springs, CO) : 宇宙関連の指揮管制システムを対象とする維持管理業務について、修正契約を $18,981,105 で。2018/4/30 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Peterson AFB, CO (F19628-02-C-0010/P00739)
ARMY
  • Martin-Baker America Inc. (Johnstown, PA) : UH-60 Blackhawk 用の多機能オペレーター用腰掛×1,016 セットを、$26,668,679 で。2020/12/20 まで。US Aviation Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-17-D-0046)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Belleville Shoe Co. (Belleville, IL) : 海軍向けの安全靴を $11,105,705 で。2018/5/13 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-15-D-1051)
  • Air Wilmington Inc. (Wilmington, NC) : 各種燃料油を $7,261,605 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2021/3/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE600-17-D-0095)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Thales Defense Security Inc. (Clarksburg, MD): MBITR (Multiband Inter/Intra Team Radio, 主として Thales 製品) を対象とする維持管理業務を、$9,900,000 で。USSOCOM の Procurement Division 向け案件。2021/9 まで。USSOCOM (US Special Operations Command) (H92222-17-D-0016)

今日の報道発表
  • Lockheed Martin Corp. は、IRST21 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 2 分・12 セットを 2016/12 に米海軍から受注していたことを明らかにした。2015/3 の LRIP ロット 1 受注に続くもの。(Lockheed Martin 2017/5/12)
  • 2017/5/12 に、RCOH (Refueling and Complex Overhaul) を終えた USS Abraham Lincoln (CVN-72) が艦隊に復帰した。次に RCOH を実施するのは USS George Washington (CVN-73) で、現在は Naval Station Norfolk で準備作業中。今夏から HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Newport News Shipbuilding で作業を始める。(US Navy 2017/5/12, HII 2017/5/12)
  • Leonardo DRS は米海軍から、Link 11 と Link 22 の端末機、関連する通信機材やシステム、サービス業務を受注した。航空機搭載用と艦載用で構成する。同社は米州兵航空隊 (ANG : Air National Guard) からも、既存の Link 11 端末機を代替する新型端末機を受注・納入したところ。(Leonardo DRS 2017/5/11)
  • DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) は米三軍の士官学校生徒を対象として、"Service Academies Swarm Challenge" を Camp Roberts (Paso Robles, CA) で実施した。これは UAV の自律群制御に関するコンペティションで、それぞれが開発した手法を用いて攻撃・防禦のそれぞれについて成果を競った。使用した UAV は固定翼機とクワッドコプターの混成で、合計 25 機ずつ。(DARPA 2017/5/11)
  • ウクライナの Ukroboronprom が、サウジアラビアの TAQNIA ならびにトルコの Havelsan との間で、An-132 の洋上哨戒型を共同開発する件について MoU に調印した。IDEF (International Defense Industry Fair) 展示会における出来事。An-132 は 2015 年 4 月に Taqnia と Antonov が共同開発の話を決めた機体で、ロシア製コンポーネントを使用していない最初の機体だとしている。(Ukroboronprom 2017/5/10)
  • シンガポール空軍 (RSAF : Republic of Singapore Air Force) の在米訓練部隊・428th FS (428th Fighter Squadron, Mountain Home AFB, ID) が、"Combat Hammer" 演習に参加して GBU-31/B JDAM (Joint Direct Attack Munition) の初投下を記録した。演習の事前準備に一週間をかけた由。(USAF 2017/5/11)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/11)
ARMY
  • Boeing Co. (Mesa, AZ) : AH-64×38 機の再生産と LCT (Longbow Crew Trainer)×3 基、関連予備品に関する修正契約を $488,076,762 で。イギリス向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2024/5/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-16-C-0023/P00007)
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : FHTV (Family of Heavy Tactical Vehicles) 用の再生補修版 PLS (Palletized Load System)、M1074A1×96 両と , M1075A1×115 両に関する修正契約を、$90,885,550 で。2019/1/31 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-15-D-0031/P0021)
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : FHTV (Family of Heavy Tactical Vehicles) の再生補修版、M985A4 HEMTT (Heavy Expanded Mobility Tactical Truck)×63 両、M985E1A4 ミサイル輸送車×45 両、M984A4 レッカー車×61 両、M983A4 レッカー車×29 両、M1120A4 レッカー車×2 両、M1074A1 PLS (Palletized Load System)×4 両、M1075A1 PLS×8 両、M1076A0 PLS トレーラー (新造)×42 両、M984A4 自力改修用ウインチ×61 について、修正契約を $79,576,597 で。2019/1/31 まで。Army Contracting Command, Warren MI (W56HZV-15-D-0031/P0020)
  • Harper Construction Co. (San Diego, CA) : Edwards AFB で実施する整備用格納庫×4 棟のレストア工事、関連する周囲の建物、誘導路、駐機場の工事を、$69,067,750 で。試験部隊向け施設 (Combined Test Force Compound) の工事。2019/5/30 まで。Army Corps of Engineers, Los Angeles, CA (W912PL-17-C-0019)
  • L-3 Combat Propulsion Systems (Muskegon, MI) : HMPT 500 シリーズのトランスミッション×98 基と関連ハードウェア、トランスミッション制御モジュール×45、トランスミッション電子制御モジュール用ケーブル×45 に関する修正契約を、$19,804,641 で。2018/12/31 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-15-C-0119/P00035)
  • Upstate Construction Services Inc. (East Syracuse, NY) : Fort Drum に下士官訓練施設 (Noncommission Officer's Academy) を建設する工事を $14,552,170 で。2019/10/30 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-17-C-0008)
  • Catamount Constructors Inc. (Lakewood, CO) : Fort McCoy にアクセス管理施設を建設する工事を $9,917,272 で。2018/11/12 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-C-0018)
  • Tetra Tech Inc. (Bellevue, WA) : 米陸軍工兵隊 (USACE)・Northwest Division / Walla Walla District 向けのエンジニアリング/設計業務を $9,500,000 で。2022/5/10 まで。Army Corps of Engineers, Walla Walla, WA (W912EF-17-D-0004)
  • The Mason and Hanger Group Inc. (Lexington, KY) : Great Lakes and Ohio River Division の管内で実施する、予備役部隊向けなどの工事に関わるアーキテクト/エンジニアリング業務を $8,000,000 で。2022/5/11 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-D-0025)
  • Great Lakes Dock and Dredge Co., LLC (Oak Brook, IL) : Atchafalaya River で実施する浚渫工事を $7,726,190 で。2017/11/16 まで。Army Corps of Engineers, New Orleans, LA (W912P8-17-C-0024)
AIR FORCE
  • CACI Enterprise Solutions Inc. (Chantilly, VA) : 試験用の機材を対象とするエンジニアリング サービス業務を $94,000,000 で。Hill AFB で実施、2023/5/10 まで。Air Force Sustainment Center, Hill AFB, UT (FA8224-17-D-0005)
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Woburn, MA) : 3DELRR (Three-Dimensional Expeditionary Long-Range Radar) の EMD (Engineering and Manufacturing Development) フェーズを $52,686,179 で。2020/11/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8730-17-C-0018)
NAVY
  • RQ-DPR JV, dba RQ-DPR Construction JV (Carlsbad, CA) : 空き家になっている、NSA (Naval Support Activity) Hampton Roads Portsmouth Annex (Portsmouth, VA) の Building 282 を対象とする再生補修工事を $16,818,250 で。2018/12 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-C-0334).
  • GDIT (General Dynamics Information Technology Inc., Fairfax, VA) : Navy Public Affairs Support Element Headquarters 向けの機材を $13,600,000 で。懇請 N00189-16-R-0058 による。基本契約 5 年間、2022/8 まで。さらに 2023/1 までのオプション契約を設定。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk Contracting Department, Norfolk, VA (N00189-17-D-0013)
  • Insitu Inc. (Bingen, WA) : RQ-21A Blackjack UAS (Unmanned Aircraft System) で使用するスペアパーツを $8,049,709 で。前契約 N00019-15-G-0014。2017/11 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F4002)
  • Patriot Shipping LLC (New Orleans, LA) : Pacific Pathways 17-2 向けのドライ カーゴ輸送に関するタイム チャーターを $7,465,125 で。アメリカ西海岸、南太平洋、極東地域向け。2017/11 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (Awarded May 5, 2017)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Boeing Co. (Mesa, AZ) : AH-64 用の慣性ボアサイト (inertial boresight) を $7,023,568 で。陸軍向け、2019/9/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPE4A1-14-G-0007 ZB34)

今日の報道発表 (北米編)
  • 2017/5/13 に Austal USA (Mobile, AL) で、米海軍向け EPF (Expeditionary Fast Transport) の 9 番艦・USNS City of Bismarck (T-EPF-9) の進水・命名式が行われる。このノースダコタ州の街の名前が艦名になるのは初めてのこと。スピーチは米輸送軍 (USTRANSCOM : US Transportation Command) 司令官の Darren McDew 空軍大将が、スポンサーは元カリフォルニア州選出下院議員の Jane Harman 氏が務める。(US Navy 2017/5/11)
  • Boeing Co. は米空軍から、F-15C/E のアップグレード改修に関する 4 億 3,480 万ドルで受注した。Suite 9 アップグレードを実施するもの。(Boeing 2017/5/10)

今日の報道発表 (その他編)
  • Thales は香港に、5 ヶ所目となる CSOC (Cyber Security Operation Centre) を開設した。サイバー セキュリティの司令塔として予防・検知・対処・法令遵守をカバー。アジア地域における脅威の増大を受けて開設した。セキュリティ モニタリングや個別最適化した支援を提供するとしている。(Thales 2017/5/11)
  • Fincantieri Sp.A の Muggiano (La Spezia) 造船所で、イタリア海軍向け U212A (212A 型) / Todaro 級潜水艦・ITS Romeo Romei の引渡が行われた。2016 年 7 月にデリバリーした ITS Pietro Venuti に続くもので、これでイタリア向け 212A 型×4 隻が揃う。(Fincantieri 2017/5/11)
  • ASELSAN Elektronik Sanayi ve Ticaret A.S が Antonov との間で、An-148 ファミリー製品に装備するアビオニクスを対象として、協業の可能性を追求するという趣旨の MoU に調印した。An-158 と An-178 を主たるターゲットとする。(Antonov 2017/5/10)
  • Otokar は IDEF 2017 (International Defense Industry Fair 2017) 展示会に、Altay 戦車に市街戦向け強化キットを装備した Altay AHT (Asimetrik Harp Tanki) を出展した。また、Otokar は Altay 戦車の量産開始に向けてカウントダウンに入っている、との発表もしている。SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) と陸軍による認証試験では高い命中精度を実証できた、との説明。5 年間で 250 両を生産するほか、輸出の可能性も視野に入れている。(IHS Jane's 360 2017/5/11, Otokar 2017/5/10)
  • Elbit Systems Ltd. が、ブラジル海兵隊 (CFN : Corpo de Fuzileiros Navais) 向けの通信システム・電子戦システムに関する 4,000 万ドルの契約を受注した。BMS (Battle Management System)、砲兵隊向けの通信システム、電子戦機材といった内容。(Elbit Systems 2017/5/10, SpaceWar 2017/5/10)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/10)
ARMY
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc., Poway, CA) : MQ-1C Gray Eagle ER (Extended Range)×20 機、衛星通信端末機×20 基、汎用地上管制ステーション (GCS : Ground Control Station)×6 基、移動式 GCS×1 基、汎用地上データ端末機×9 基、スペアパーツ×3 ロット、地上支援機材×3 ロット、プログラム管理業務について、修正契約を $221,577,527 で。さらに MQ-1C ER×5 機、衛星通信端末機×5 基、プログラム管理業務をオプション契約として設定。20191/11/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-13-C-0109/P00102)
AIR FORCE
  • BAE Systems Technology Solutions and Services (Rockville, MD) : SSPARS (Solid State Phased Array Radar Systems) の管理・運用・整備・兵站支援業務について、オプション契約分を $48,487,511 で。作業場所は以下の通り。
    • Beale AFB, CA
    • Cape Cod AFS, MA
    • Clear AFS, AK
    • Thule AB, Greenland
    • RAF Fylingdales, UK
    2018/8/31 まで。21st Contracting Squadron, Peterson AFB, CO (FA2517-06-C-8001/P00562)
  • Schuyler Line Navigation Co., LLC (Annapolis, MD) : Thule AB 向けの海上輸送業務を $8,500,000 で。2018/9/30 まで。21st Contracting Squadron, Detachment 1, Copenhagen, Denmark (FA2523-17-D-0001)
  • GE Aviation (Cincinnati, OH) : 次世代戦闘機用エンジンとハイブリッド サイクル動力の熱管理機構について、増額修正契約を $14,000,000 で。2022/6/1 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-16-D-2615/P00001)
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : サイバー電子戦 (Cyber Electronic Warfare) 分野における HPEM (High Power Electromagnetics) の利用に関わる、研究、分析、情報シナリオ作成を $10,000,000 で。2020/8/15 まで。Kirtland AFB で実施。AFRL (Air Force Research Laboratories), Kirtland AFB, NM (FA9451-17-D-0079)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AIM-120 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) のロット 28-30 量産分と陳腐化対策用コンポーネントについて、修正契約を $7,172,609 で。2019/3/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8675-15-C-0022/P00054)
NAVY
  • Airborne Tactical Advantage Co., LLC (Newport News, VA) : CAS (Contracted Air Services) 計画の下で実施する Type III 高亜音速標的機と Type IV 超音速標的機の保有・運用について、オプション契約分を $44,571,768 で。2018/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-D-0026/P000010)
  • 以下の各社は、文化関連業務を総額 $23,437,207 で。
    • T.A. Consulting Inc. (Virginia Beach, VA) : N00189-17-D-0014
    • PB&A Inc. (Austin, TX) : N00189-17-D-0015
    • Southeastern Archaeological Research Inc. (Springfield, VA) : N00189-17-D-0016
    プログラム/プロジェクト管理支援、歴史家向け支援、アーカイブ、学芸員向け支援、出版、写真などの分野が対象。2020/5 まで。オプション契約分まで含めた総額は $27,450,647、2020/11 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk Contracting Department, Norfolk, VA
  • 以下の各社は、ビジネス オペレーションを総額 $9,291,701 で。
    • REEMA Consulting (Gaithersburg, MD) : N00189-17-D-0017
    • Mission Services Inc. (McLean, VA) : N00189-17-D-0018
    • ATSG Corp. (Fairfax, VA) : N00189-17-D-0019
    • Cowan and Associates (Arlington, VA) : N00189-17-D-0020
    • Immersion Consulting (Annapolis, MD) : N00189-17-D-0021
    • Veteran Engineering and Technology LLC (Colorado Springs, CO) : N00189-17-D-0022
    • Target Systems (Mechanicsburg, PA) : N00189-17-D-0023
    プログラム管理、予算分析/財務支援、管理支援、後方支援、IT サポート、イベントの調整と兵站支援など。2020/5 まで。オプション契約分まで含めた総額は $10,882,842、2020/11 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk Contracting Department, Norfolk, VA
DLA (Defense Logistics Agency)
  • National Industries For the Blind (Alexandria, VA) : フィットネス用ユニフォームのうちジャケットを、$14,454,000 で。陸軍向け、2018/5/9 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-B022)

今日の報道発表
  • General Dynamics Mission Systems が 2017/4/20 に、4G 戦術バックボーン ネットワーク "LongShot" の実証試験を実施した。米海兵隊が Camp Pendleton で実施した S2ME2 (Ship-to-Shore Maneuver, Exploration and Experimentation) Task Force Demonstration に際して、San Clemente と Camp Pendleton の Red Beach を結ぶ通信を実施したもの。LongShot の研究開発は SSC Pacific (Space and Naval Warfare Systems Center Pacific) と取り交わした合意の下で推進中。(General Dynamics Mission Systems 2017/5/10)
  • AeroVironment Inc. は、Puma AE UAV に装備する EO/IR (Electro-Optical/Infrared) 小型ジンバル センサー スイート・Mantis i45 の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) と納入を開始した。可視光線カメラと低光量カメラはそれぞれ 1,500 万画素、赤外線センサーは 640×480 ピクセル、光学 50 倍ズームに対応。(AeroVironment 2017/5/10)
  • Safran Electronics & Defense, Avionics USA, LLC (Grand Prairie, TX) が Airbus Helicopters Inc. から、米陸軍の UH-72A Lakota を対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) の契約を受注した。Airbus Helicopters が 2016 年 12 月に、米陸軍から 5 年間の兵站支援業務契約を受注したのを受けた動きで、同機のオートパイロットを Safran Electronics & Defense, Avionics USA が担当している。(Safran 2017/5/9)
  • Cobham SATCOM はノルウェーの AnsuR Technologies ならびにイギリスの Barnard Microsystems と組んで、AVIATOR UAV 200 を使った衛星通信の実証試験を実施した。Inmarsat が先日にローンチした SB-UAV サービスを使い、動画の伝送を行うという内容。(Cobham 2017/5/10)
  • イラクから戻ったばかりの米陸軍・第 101 空挺師団 (航空強襲)・第 2 旅団戦闘団が、7 月に Fort Bliss で実施する NIE (Network Integration Evaluation) に参加することになった。(US Army 2017/5/9)
  • Fincantieri Sp.A の Muggiano (La Spezia) 造船所で、イタリア海軍向け新型哨戒艦 (PPA : Pattugliatore Polivalente d'Altura) 1 番艦の起工式が行われた。2021 年のデリバリーを予定している。さまざまな任務様態に対応できる柔軟性が売り、との説明。主要諸元は以下の通り。
    • 全長 : 132.5m
    • 最高速度 : 31kt (仕様と運用状況による)
    • 乗組員 : 173 名
    • 主機 : CODAG (Combined Diesel and Gas Turbine) + 電気推進
    • 発電能力 : 2,000kW
    • 陸上への清水供給が可能
    • コンテナ化したミッション機材を搭載するスペースを、中央部と艦尾に設置
    2 番艦以降は、2022-2023 年に各 1 隻、2024 年に 2 隻、2025-2026 年に各 1 隻のデリバリーを予定。(Fincantieri 2017/5/9)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |