今週の軍事関連ニュース (2017/06/01)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

GBI の FTG-15 (DoD 2017/5/30, MDA 2017/5/30, Boeing 2017/5/30, Raytheon 2017/5/30, Orbital ATK 2017/5/30)
米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency)、米空軍 30th SW (30th Space Wing)、米北方軍 (USNORTHCOM : US Northern Command) が共同で 2017/5/30 に、GBI (Ground-based Interceptor) の試射を実施した。ICBM (Intercontinental Ballistic Missile) の要撃を想定した初めての試験だとしている。
ミッション名称は FTG-15 (Flight Test Ground-Based Interceptor 15)。標的ミサイルは Kwajalein Atoll から、迎撃ミサイルは Vandenberg AFB から発射して、太平洋上で EKV (Exoatmospheric Kill Vehicle) による直撃破壊に成功した。
迎撃ミサイルを構成する OBV (Orbital Boost Vehicle) は Orbital ATK Inc. 製で C2 仕様。C2BMC (Command, Control, Battle Management and Communication) システムに加えて SBX (Sea-Based X-band radar) も探知・追尾を担当した。

今日のニュースいろいろ
  • エストニアの Tallinn に各国の専門家が集まって開かれた 9 回目のサイバー紛争国際会議 (CyCon : International Conference on Cyber Conflict) の席上、SHAPE (Supreme Headquarters Allied Powers Europe) でサイバー問題を担当している Christos Athanasiadis 准将が、この分野における能力強化の必要性に言及。オランダ軍のサイバー防衛部門を担当する Hans Folmer 准将は、加盟国間での情報共有を改善する必要性を指摘した。このほか、サイバー攻撃についても Article 5 を発動する可能性を排除しない、との話も出た。(DefenseNews 2017/5/31, IHS Jane's 360 2017/5/31)
  • 横須賀に前方展開している USS Ronald Reagan (CVN-76) がデプロイメントに出るほか、すでにデプロイメント中の USS Carl Vinson (CVN-70)、そして 2017/6/1 に NS (Naval Station) Kitsap-Bremerton と NS Everett から出航する USS Nimitz (CVN-68) 基幹の空母打撃群 (CSG : Carrier Strike Group) が加わり、アジア太平洋地域における米 CSG は 3 個体制に強化される。(IHS Jane's 360 2017/5/31)
  • 2017/5/29 に、アメリカとタイの海軍による合同演習・CARAT (Cooperation Afloat Readiness and Training) がスタートした。今年で 23 回目。陸上訓練と洋上訓練で構成する。(US Navy 2017/5/31)
  • ロシア軍の情報収集船 Vasily Tatishchev が、補給艦 PM82、曳船、駆逐艦 RFS Severomorsk とともに英国海峡を通航、その際にイギリス海軍 (RN : Royal Navy) のRiver 級哨戒艦 HMS Mersey が随伴監視を実施した。その後、オランダの艦や航空機が監視を引き継いだ。(Rpyal Navy 2017/5/31)
  • 2017/5/29 にノルウェー軍 200 名が加わったことで、リトアニアの Rukla に展開している NATO の強化前方展開 (eFP : Forward Presence) 大隊が編成を完結した。Leopard 2 戦車、CV90 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) 、M113 兵員輸送車といった 60 両ほどの車両は、前の週に Klaipeda Seaport に陸揚げ済み。ノルウェー軍以外では、ドイツ軍 450 名、オランダ軍 250 名、ベルギー軍 100 名。(Lithuanian MoD 2017/5/30)

今日のニュースいろいろ
  • 中国が 20 億人民元 (2 億 9,000 万ドル) を投じて、東シナ海と南シナ海に "科学ならびに国家安全保障を目的とする" 海中観測システムを整備する計画を進めている、との報道が出た。海洋環境や海底での活動に関するリアルタイム情報を得るのが目的だとしている。(South China Morning Post 2017/5/29)
  • Sylvie Goulard 仏国防相が、ドイツと組んでヨーロッパ諸国の防衛協力を強化していく意向を表明した。(DefenseNews 2017/5/30)
  • 北朝鮮が朝鮮中央放送を通じて、前日に発射した弾道ミサイルについて「命中誤差数メートルの弾道ミサイルを成功裏に試射した」と主張している。件のミサイルは Scud の系列とみられる。北朝鮮では「艦艇の攻撃も可能」だと主張しているが、これは疑問視される。(SpaceWar 2017/5/30)

今日のニュースいろいろ
  • 米海軍は、2018 年の RIMPAC (Rim of the Pacific) 演習について、中国も参加予定国に含めていることを明らかにした。(DefenseNews 2017/5/29)
  • 北朝鮮が同国東海岸の元山 Wonsan 付近から、短射程弾道ミサイルを発射、400km ほどを飛翔して日本の排他的経済水域 (EEZ : Economical Exclusive Zone) 内に着弾した。(VoA 2017/5/28)
  • アメリカで「米海軍の哨戒機に対して中国軍の J-10 戦闘機が危険な接近飛行を行った」との報道が出ているが、中国側は「安全にやっている」と主張している。(SpaceWar 2017/5/28)
  • 2017/5/27 にロシア軍機がイギリスの領空に接近、RAF Lossiemouth から QRA (Quick Reaction Alert) 担当の Typhoon FGR.4×2 機が発進して要撃した。(British Forces News 2017/5/27)
  • 2017/5/22 からハンガリーの Kecskemet AB を拠点として、演習 "Load Diffuser 17" を実施中。参加国はハンガリー、アメリカ、スロバキア、スロベニア、クロアチア、チェコ。アメリカからは、オハイオ州兵航空隊 (ANG : Air National Guard) の 180th FW (180th Fighter Wing, Toledo ANGB, OH) 所属の F-16×8 機と 179th AW (179th Airlift Wing, Mansfield Lahm ANGB, OH) 所属の C-130H×2 機、人員 200 名ほどが参加。2017/6/9 までの予定。(USAF 2017/5/19)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • トルコの鋼材メーカー Tosyali Holding がアメリカの Harsco と組んで、装甲板の製造に乗り出すことになった。対等出資のジョイント ベンチャー・Tosyali Harsco を設立して作業を進める。現在、トルコの国産 AFV は輸入品の装甲板を使用しているが、これを国産化するのが狙い。(DefenseNews 2017/5/30)
  • ポーランドの PGZ (Polska Grupa Zbrojeniowa) がポーランド財務当局との間で、Gdynia にある海軍工廠の買収に関する予備契約を締結した。買収額は 2 億 2,490 万ズロチ (6,010 万ドル) を見込む。(DefenseNews 2017/5/30)
  • インドの国防調達会議 (DAC : Defense Acquisition Council) が、SR-SAM (Short Range Surface to Air Missile) の調達取り止めと、代替となる国産地対空ミサイル Akash・2 個聯隊分の追加調達を決定した。SR-SAM では 2011 年からコンペティションを実施、イスラエル、スウェーデン、ロシアのメーカーが参加しており、2014 年にはフィールド試験も実施していた。(NDTV 2017/5/29)
  • Aselsan がパキスタンから、電子光学ターゲティング ポッド・Aselpod×16 基を 2,490 万ドルで受注した。JF-17 への搭載を予定しており、今回の発注は第 2 バッチ分。Aselpod はもともと、トルコ空軍の F-16 や F-4E 2020 に搭載する目的で開発した製品。(Daily Sabah 2017/5/28, DID 2017/5/30)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/5/30)
NAVY
  • Timken Gears and Services Inc., Philadelphia Gear Corp (King of Prussia, PA) : Arleigh Burke 級イージス駆逐艦の主機で使用する減速ギアボックスのオプション契約分・3 セットを $98,099,229 で。DDG-125/127 に装備する分。2020/5 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-4202)
  • L-3 Communications Vertex Aerospace LLC (Madison, MS) : TH-57 を対象とする列線レベル・デポレベルの兵站支援業務について、オプション契約分を $83,050,682 で。NAS (Naval Air Station) Whiting Field (Milton, FL) で実施、2018/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-13-D-0007/P00021)
  • Caddell Construction Co., LLC (Montgomery, AL) : MCB (Marine Corps Base) Camp Lejeune (Camp Lejeune, NC) で実施する第 2 通信大隊 (2nd Radio Battalion) 向けの庁舎建設工事を $32,935,000 で。大隊本部と作戦指揮所で構成。2019/6 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-C-8325)
  • Black Construction/MACE International JV (Harmon, Guam) : NSF (Naval Support Facility) Diego Garcia (Diego Garcia, British Indian Ocean Territory) で実施する給油機能強化工事を $26,978,100 で。パイプラインや燃料ピットなどの新設を実施。2019/6 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-17-C-1313)
  • Kay and Associates Inc. (Buffalo Grove, IL) : クウェート空軍の F/A-18C/D を対象とする整備業務とサポート サービス業務を、$12,059,578 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2018/1 まで。NAWC (Naval Air Warfare Center), Patuxent River, MD (N00421-17-C-0044)
  • The Whiting-Turner Contracting Co. (Greenbelt, MD) : MCAS (Marine Corps Air Station) Cherry Point のセントラル ヒーティング用ボイラーを対象とする更新工事を $11,615,029 で。石炭焚き×2 基・石油焚き×2 基を天然ガス/石油兼用型×4 基に更新。オプション契約分まで含めた総額は $12,490,453。2018/1 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-C-8306)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AGM-154C-1 JSOW-ER (Joint Stand-Off Weapon Extended Range) の AUR (All-Up-Round) を使用する実証飛行試験を $8,865,859 で。2018/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0059)
  • Bell-Boeing Joint Project Office (Amarillo, TX) : V-22 を対象とするサポート業務を $7,708,381 で。前契約は N00019-17-G-0002。プロップローターの Nickle Cap を対象とする拡張について、非再帰エンジニアリング業務と試験を実施する案件。米海兵隊向け $5,268,982 (68%)、米空軍向け $1,472,032 (19%)、日本向け FMS (Foreign Military Sales) $982,685 (13%)。2021/7 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F-1034)
ARMY
  • Shoulder 2 Shoulder Inc. (Bluemont, VA) : 専門職支援、水中分野のテクニカル/エンジニアリング/考古学支援、機材調達支援、兵站支援、課程作成、技術訓練支援の各業務を $49,859,691 で。2022/5/30 まで。Army Contracting Command, Research Triangle Park, NC (W911NF-17-D-0010)
  • Global Connections to Employment Inc. (Pensacola, FL) : JB (Joint Base) Lewis-McChord で実施する給養施設向け支援業務について、修正契約を $10,503,398 で。2020/5/31 まで。Army Contracting Command, JB (Joint Base) Lewis-McChord, WA (W911S8-15-D-0005/P00008)
  • Battle Memorial Institute (Columbus, OH) : 兵站業務に関する助言・分析・支援業務について、修正契約を $10,332,484 で。陸軍参謀本部 G-4 向け。2018/5/31 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-15-F-0024/P00008)
  • Boeing Co. (Ridley Park, PA) : MH-47G ブロック II の先行調達に関する修正契約を、$8,707,000 で。2020/8/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W91215-16-G-0001/#0002)
  • Fordice Construction Co. (Vicksburg, MS) : 関節型コンクリート マットレスの設置工事を $8,678,810 で。ルイジアナ州 St. Francisville で実施、2018/5/29 まで。Army Corps of Engineers, New Orleans, LA (W912P8-17-C-0032)
DFAS (Defense Finance and Accounting Service)
  • Grant Thornton LLP (Alexandria, VA) : 米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) 向けの会計監査業務を $29,217,140 で。基本契約 19 ヶ月、2018/12/31 まで。さらに 1 年間のオプション契約を設定。DFAS (Defense Finance and Accounting Service), Contract Services Directorate, Columbus, OH (HQ0423-17-F-0088)
  • Cotton & Co., LLP (Alexandria, VA) : 財務監査業務を $24,588,105 で。基本契約 19 ヶ月、2018/12/31 まで。さらに 1 年間のオプション契約 3 年分を設定。USTRANSCOM (US Transportation Command) の案件。DFAS (Defense Finance and Accounting Service), Contract Services Directorate, Columbus, OH (HQ0423-17-F-0071)
AIR FORCE
  • Linquest Corp. (Los Angeles, CA) : テクニカル サービス サポート業務について、オプション契約分を $10,743,174 で。2018/5/31 まで。SMC (Air Force Space and Missile System Center), Los Angeles AFB, CA (FA8819-15-F-0001/P00021)
WHS (Washington Headquarters Services)
  • CPS Professional Services LLC (Falls Church, VA) : 人事/即応体制担当国防次官官房などを対象とする管理支援業務について、修正契約を $1,630,422 で。累計受注額は $7,833,152。2018/5/31 まで。WHS (Washington Headquarters Services), Arlington, VA (HQ0034-13-F-0175)

今日の報道発表
  • Lockheed Martin Corp. は、米空軍の次世代救難ヘリ・CRH (Combat Rescue Helicopter) こと HH-60W の最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) が完了した、と発表した。この後、実機の製作・試験・評価に駒を進めることになる。HH-60W は 2014 年 6 月に EMD (Engineering Manufacturing and Development) フェーズ契約を 12 億 8,000 万ドルで受注して作業中。HH-60G の後継機として 112 機の調達を予定している。(Lockheed Martin 2017/5/30)
  • Orbital ATK は Northrop Grumman Corp. から、B-2A で使用する HTE (Hot Trailing Edge) 用の複合材料製パーツ×17 点と非再帰エンジニアリング業務を、9,000 万ドルで受注した。さらに追加するオプション契約も設定。2017 年から Aerospace Structures Division (Dayton, OH) で製作する。契約期間は 5 年間。(Orbital ATK Inc. 2017/5/30)
  • 2017/5/29 に Halifax Shipyard で、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) 向けの砕氷哨戒艦・HMCS Margaret Brooke の起工式が行われた。6 隻の建造を予定している Harry DeWolf 級 AOPV (Arctic and Offshore Patrol Vessel) のうち、2 番艦にあたる。2019 年に進水式を実施する予定。(Canadian DND 2017/5/29)
  • Leonardo Helicopters と IMP Aerospace & Defence が、"Team Cormorant" の再編成を発表した。カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) の EH101/CH-149 Cormorant 救難ヘリを対象とする CMLU (Cormorant Mid-Life Upgrade) を実施するのが目的。IMP は CH-148×14 機を対象とする就役後のサポート業務を担当している。(Leonardo Helicopters 2017/5/29)
  • 露国防省が、潜水艦や水上戦闘艦の近代化改修に際して Kalibr ミサイルの搭載を進めていく、と言明した。(Russian MoD 2017/5/29)

今日の報道発表
  • ノルウェー空軍 (RNoAF : Royal Norwegian Air Force) 向け F-35A の 5 号機 (AM-5) が、2017/5/25 に Luke AFB に到着した。(USAF 2017/5/27)
  • Saab AB は、開発中の新型短魚雷を UDT (Undersea Defence Technology) 展示会に出展する。スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) から 15 億 3,000 万クローネの契約を得て開発を進めているもので、契約期間は 2016-2024 年にかけて。(Saab 2017/5/29)
  • Elbit Systems Ltd. が欧州某国から、地上設置の電子情報 (ELINT : Electronic Intelligence) 収集システムを 3 億 9,000 万ドルで受注した。通信機材や指揮管制機材も契約に含む。契約期間は 3 年間。(Elbit Systems 2017/5/28)
  • Rafael Advanced Defence Systems Ltd. が、Spike ミサイルの第五世代版にあたるとする新製品・Spike LR II について発表した。射程延伸、弾頭威力の増大、目標識別/追跡能力の強化、第三者目標指示機能の追加が主な眼目。プラットフォームは車両、艦艇、ヘリコプター、地上設置の発射器となんでもござれ。Paris Air Show にも出展する。従来型の Spike LR は、識別のために Spike LR I に改称する。(Rafael Advanced Defence Systems 2017/5/29, IHS Jane's 360 2017/5/29)
  • ASC によると、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向け AWD (Air Warfare Destroyer) の 1 番艦・HMAS Hobart は 6 月にデリバリー、年内に就役する見込みとのこと。Damen Shipbuilding Group による OPV (Offshore Patrol Vessel) 調達計画・Project Sea 1180 フェーズ 1 への提案を歓迎する声明の中で明らかにしていたもの。(ASC 2017/5/26)
  • パキスタンは 2016 年に、イギリスに対して Sea King ヘリ×7 機を発注していたが、2017/5/24 にデリバリーが実現した。機体の整備は Vector Aerospace が担当することになっており、これは別契約。(Pakistan High Commission in London 2017/5/25)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 露海軍のフリゲート・RFS Admiral Essen (Project 11356P/M Admiral Grigorovich 級の 2 番艦) と潜水艦 RF Krasnodar が、地中海からシリア国内の目標に向けて巡航ミサイル×4 発を撃ち込んだ。(DefenseNews 2017/5/31)
  • アメリカ政府は、シリア国内で ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) と交戦しているクルド人勢力を対象として、2017/5/30 から武器の供与を開始した。この後には Raqqa の奪還作戦が控えている。(SpaceWar 2017/5/30)
  • Marise Payne 豪国防相が議会で、アフガニスタン派遣部隊の規模を 30 名から 300 名に増強する、と発言した。NATO からの要望を受けて軍事顧問団を増員する、との説明。(Radio Free Europe 2017/5/29)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |