今週の軍事関連ニュース (2017/06/22)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2017/6/20 に 9th EBS (9th Expeditionary Bomb Squadron) 所属の B-1B×2 機が Andersen AFB を発進して、九州〜東シナ海〜韓国を回る 10 時間のフライトを実施した。その過程で、航空自衛隊の F-15 や韓国空軍の F-15 と個別に合同訓練飛行を実施。(USAF 2017/6/20)
  • 米欧州軍 (USEUCOM : US European Command) は、「2017/6/19 にバルト海の上空で米空軍の RC-135U に対して、ロシア軍の Su-27 が危険な近接飛行を実施した」と発表した。バルト海の公海上における要撃はしばしば起きているが、通常は安全かつプロ精神に則った形で行われている、との説明。(SpaceWar 2017/6/20)
  • フランス大統領府は、2017/6/20 に辞任した Sylvie Goulard 国防相の後任に、国鉄 (SNCF) のボス・Florence Parly 氏を任命した。(DefenseNews 2017/6/21)

今日のニュースいろいろ
  • パキスタン軍関係者が、パキスタン空軍機が同国南西部の Baluchistan でイランの UAV を撃墜したことを明らかにした。事件があったのは先の週末で、現場はパキスタンの領土内。一方、シリアの Tanf 近隣では、米空軍の F-15E が 2017/6/20 にイランの Shaheed-129 UAV を撃墜した。(DefenseNews 2017/6/20)
  • 中国艦が、ロシアとの合同演習を実施する目的でバルト海に向かっているとのこと。(SpaceWar 2017/6/19)
  • 2017/6/19 に、第 6 回目の EATT (European Air Transport Training)・EATT2017 がスタートした。主催国はポルトガルで、Beja の Air Base 11 で実施、2017/6/19-30 までの予定。参加国はポルトガル (C-130H)、フランス (C-130H)、ドイツ (C-160, A400M)、オランダ (C-130H)、ポーランド (C-295)、ルーマニア (C-27J)、イギリス (C-130J)。欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) 参加国同士の相互運用性向上が、EATT の目的。(EDA 2017/6/19)

今日のニュースいろいろ
  • インドネシア、マレーシア、フィリピンの海軍が 2017/6/19 から、イスラム過激派対策の合同洋上哨戒任務を開始した。ボルネオ北部・Tarakan のほか、インドネシア軍参謀総長の Gatot Nurmantyo 大将によるとマレーシアの Tawau とフィリピンの Bongao にも指揮所を開設するとのこと。(DefenseNews 2017/6/19)
  • 中国が Jiuquan Satellite Launch Center から長征 4B ロケットを使って、小形リモートセンシング衛星×2 基 (OVS-1A, OVS-1B) の打ち上げを実施した。(SpaceWar 2017/6/16)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) の理事会は 2017/6/15 に、衛星通信サービスのプール化・共通化に関する概要文書 (Outline Description) を承認した。スペインが主導して推進、オーストリア、ベルギー、ドイツ、エストニア、ギリシア、フランス、イタリア、リトアニア、ポーランド、ポルトガル、スウェーデン、イギリス、それと EDA 加盟国の枠外からノルウェーが参画する。この後は、計画の具体的な内容を策定する作業に移る。(EDA 2017/6/16)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) が、大陸間弾道弾 (ICBM : Intercontinental Ballistic Missile) をブースト段階で要撃するレーザー兵器について、要求仕様をまとめた。(DID 2017/6/19)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/6/20)
ARMY
  • 以下の各社は、アーキテクト/エンジニアリング業務を総額 $150,000,000 で。
    • Parsons Government Services Inc. (Pasadena, CA) : W91278-17-D-0040
    • Amec Foster Wheeler Environment and Infrastructure Inc. (Blue Bell, PA) : W91278-17-D-0041
    • Jacobs Government Services Co. (Arlington, VA) :W91278-17-D-0042
    • Tetra Tech Inc. (Pasadena, CA) : W91278-17-D-0044
    • CH2M-Burns and McDonnell JV (Englewood, CO) : W91278-17-D-0063
    • Cardno GS Inc. (Charlottesville, VA) : W91278-17-D-0065
    • HDR Engineering Inc. (Colorado Springs, CO) : W91278-17-D-0067
    2022/6/19 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL
  • Bell Helicopter Textron Inc. (Fort Worth, TX) : Bell 412EP×4 機を $27,195,000 で。2017/11/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-17-C-0063)
  • C&C Marine LLC (Mobile, AL) : アラバマ州 Mobile Harbor の廃棄場メンテナンスで使用する土木機材 (オペレーター付き) のレンタルを、$25,000,000 で。2022/6/19 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL (W91278-17-D-0081)
  • Benaka Inc. (New Brunswick, NJ) : Army Reserve Center (Bullville, NY) で実施する新築・増築・建て替え工事を $14,397,220 で。2018/12/31 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-C-0020)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : C-RAM (Counter Artillery, Rocket and Mortar) 用ウェポン システムを対象とする兵站支援業務について、修正契約を $11,511,712 で。2018/7/11 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-13-C-0115/P00029)
  • Mahaffey Tent and Awning Co., Inc. (Memphis, TN) : JRTC (Joint Readiness Training Center, Fort Polk, LA) に訓練目的でローテーション展開する部隊を対象とする兵站支援業務について、修正契約を $8,799,956 で。2018/6/20 まで。Army Contracting Command, Fort Polk, LA (W9124E-16-D-0006/P00004)
  • Tetra Tech/Pond JV (Louisville, KY) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $8,000,000 で。2022/6/20 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-R-0029)
  • RSP Architects Ltd. (Minneapolis, MN) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $8,000,000 で。2022/6/20 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-R-0028)
  • Michael Baker International Inc. : アーキテクト/エンジニアリング業務を $8,000,000 で。2022/6/19 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-D-0027)
NAVY
  • CH2M Hill / Clark Nexsen Energy Partners JV (Englewood, CO) : エネルギー管理分野を対象とするアーキテクト/エンジニアリング業務と設計業務を $99,999,500 で。NAVFAC Southwest AOR (Area of Responsibility) にある海軍・海兵隊施設が対象。2022/6 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-17-D-1950)
  • Leidos Innovations Corp. (Gaithersburg, MD) : AN/SQQ-89A(V)15 対潜戦指揮管制装置を対象とする兵站支援業務、サポート業務、導入作業について、オプション契約分を $27,440,459 で。2018/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-5202)
  • Mymic LLC (Portsmouth, VA) : 統合参謀本部・J8 の IT Next Program に関わる IT サービス業務を $22,933,387 で。2022/6 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department, Philadelphia Office, PA (N00189-17-D-Z030)
  • Booz Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : NAWC-AD 麾下・Special Communications Mission Solutions Division 向けのサポート サービス業務について、オプション契約分を $14,618,697 で。CEAT (Communications-Electronics Advanced Technology) システムの新規開発・アップグレードを行う案件。2017/12 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-15-C-0027/P00042)
AIR FORCE
  • Abacus Technology Corp (Chevy Chase, MD) : エンジニアリング/技術調達支援業務について、オプション契約分を $48,015,125 で。Command, Control, Communications, Intelligence and Networks Directorate 向けの助言・支援 (A&AS : Advisory and Assistance Services) 案件。2018/8/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8721-15-D-0009/#0002/#71)
  • Raytheon Co. (McKinney, TX) : AN/DAS-1A MTS-B (Multi-Spectral Targeting System - B) の製作を $26,636,722 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/11/1 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8620-17-C-2003)
  • Boeing Co., Defense, Space & Security (St. Louis, MO) : F-15C/E 用 MTC (Mission Training Center) について、修正契約を $20,751,618 で。作業場所は以下の通り。
    • Seymour Johnson AFB, NC
    • Mountain Home AFB, ID
    • Langley AFB, VA
    • Kadena Air Base, Japan
    • RAF Lakenheath, England
    2018/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8621-16-C-6397/P00007)
  • Alutiiq Information Management LLC (Kodiak, AK) : Offutt AFB 向け侵入検知システムの設計・導入を $8,472,557 で。2019/4 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8730-17-C-0004)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (King of Prussia, PA) : AGM-158 JASSM (Joint Air-to-Surface Standoff Missile) 用管制システム、JEMS (JASSM Enterprise Management System) の能力拡張版、JEMS 6.0 を $7,176,406 で。2018/7/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8682-17-C-0003)

今日の報道発表 (北米編)
  • F-35A の搭乗員が低酸素症の症状を起こした件で、56th FW (56th Fighter Wing, Luke AFB, AZ) は 2017/6/21 からフライトを再開する決定を下した。まだ原因究明は終わっていないが、対策を講じることで懸念は払拭できるとしている。(USAF 2017/6/19)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、Advanced Cockpit ブロック 50 GCS (Ground Control Station) の最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) が完了した、と発表した。米空軍向けで、UAV の有効性強化を図るためのもの。(GA-ASI 2017/6/20)
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) は米陸軍から、JEM (Joint Effects Model) の開発を 5 年間・4,500 万ドルで受注した。開発、技術文書作成、配備済みシステムの改修やアップグレードを担当する。(GDIT 2017/6/20)
  • Lockheed Martin Corp. は、米空軍向け E-8C J-STARS (Joint Surveillance Target Attack Radar System) 後継機の提案に関連して、SNC (Sierra Nevada Corp.) が同社 Skunk Works が率いるチームに加わったことを明らかにした。その他の既存メンバーは Bombardier と Raytheon Co.。(Lockheed Martin 2017/6/20)
  • Lockheed Martin Corp. は、C-130J の特殊作戦仕様機・C-130J-SOF を発表した。C-130J シリーズで 10 番目の派生モデルとなるもので、特殊作戦部隊向けの浸透/脱出/補給に加えて、ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)、心理戦 (PSYOPS : Psychological Operations)、物量投下・再補給、人員回収、人道支援といった任務にも対応できるとしている。(Lockheed Martin 2017/6/20)
  • WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM) で USS Desert Ship を使って、SM-6 ブロック IA の試射が成功裏に行われた。この後は洋上試験のフェーズに駒を進めて、年末に低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) に入る予定。(Raytheon 2017/6/20)
  • Cobham plc は米空軍の航空宇宙医療学校に対して、吸入気センサーのデリバリーを開始した。AMPSS 2.6 (Aircrew Mounted Physiologic Sensing System 2.6) 計画向け。(Cobham 2017/6/19)
  • Spirit AeroSystems (Wichita, Ks) は、CH-53K King Stallion の SDTA (System Demonstration Test Article) 5 号機について胴体の組み立てを開始した。主要部分の組み立ては 9 月に始める予定。(Spirit AeroSystems 2017/6/19)

今日の報道発表 (その他編)
  • Atlas Elektronik Group はベルギー海軍が北海で実施した無人対機雷戦 (MCM : Mine Countermeasures) トライアルに、ARCIMS USV を持ち込み、機雷の捜索・相当を成功理にデモった。Nothrop Grumman Corp. 製 AN/AQS-24B ソナーと Atlas Elektronik 製 SeaFox 処分具を搭載して実施したもので、36km を航行して外部からの支援なしに試験海域に進出。続いて、遠隔操作あるいは自律的に捜索・掃討を 6 時間がかりで実施した。USV の位置決めや発進・回収には新型管制ステーションを使用した。(Atlas Elektronik 2017/6/20)
  • Lockheed Martin Corp. は米空軍から、FMS (Foreign Military Sales) 経由で輸出する AN/AAQ-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod) と LANTIRN (Low Altitude Navigation and Targeting Infrared for Night) 航法ポッドを対象とする維持サポート業務を、5 年間・2 億ドルで受注した。同社は以前に、ポッド本体とスペアパーツで 4 億 8,500 万ドルの契約を得ている。(Lockheed Martin 2017/6/20)
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) は、フランス空軍 (Armee de l'air) 向けに開発を進めている Rafale の F3R 仕様機について、2018 年に認証を実現して、その数ヶ月後に就役させると発表した。2017 年の前半には、DGA、Dassault Aviation、MBDA、Thales が仏海空軍と組んで、Meteor 空対空ミサイルと TALIOS ターゲティング ポッドのインテグレーション作業を実施。Biscarrosse の試験場で Meteor の実射試験を成功裏に実施した。(DGA 2017/6/19)
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) は、Alpes-Maritimes County の Nice Mont-Agel に設置した Thales GM406 (Ground Master 406) レーダーが 2017/5/19 に運用承認を獲得したと発表した。SCCOA (Systeme de Commandement et de Conduite des Operations Aerospatiales) 計画の下で導入を進めている対空監視レーダーで、仏領ギアナの Kourou に続いて 2 基目の稼動事例。仏空軍が Lyon-Mont-Verdun の管制施設から遠隔運用する。2012/9 に Thales に契約を発注、2022 年までに 13 ヶ所のレーダーサイトに GM400 シリーズを導入する。(DGA 2017/6/19)
  • MBDA が、いわゆるアクセス拒否環境への対処に最適化した精密誘導兵器・SmartGlider を発表した。2025 年までには戦闘機での運用が可能になるとしている。(MBDA 2017/6/19)
  • 一方、Thales は仏空軍ならびに仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) と組んでレーザー誘導空対地兵器 BAT-120 を開発、すでに Mirage 2000 での運用承認を得ているとの説明。小型で翼下に多数を搭載可能、非装甲・軽装甲の車両や船艇など、固定目標と移動目標の双方に対応可能だとする。投下は中・高々度から行い、機体側の搭載対応改修は不要。(Thales 2017/6/20)
  • Elbit Systems Ltd. が、ロイター式精密誘導空対地兵器・SkyStriker のローンチを発表した。遠隔操縦が可能で電子光学センサーを持ち、迅速な展開が可能で取り扱いは容易。さまざまな目標について捜索・位置標定・交戦が可能だとする。(Elbit Systems 2017/6/20)
  • Safran Helicopter Engines が Bordes の事業所で、Arriel 2N の発展型・Arriel 2L2 の地上試運転を開始した。2016 年に韓国向け LCH (Light Civil Helicopter) / LAH (Light Armed Helicopter) で採用が決まっているエンジンで、Safran Helicopter Engines と Hanwha Techwin が共同開発を進めている。(Safran Helicopter Engines 2017/6/20)
  • Safran Helicopter Engines が Thai Aviation Industries との間で、タイ軍が運用するヘリコプターのエンジンを対象とするサポート体制構築のため、MoU に調印した。タイの三軍と警察などで、H225M の Makila エンジン、H125M・H145M・AS365N3+・H155 の Arriel エンジンが稼働中。このうち空軍の Makila 2A1 エンジンについては年初に、この 2 社が GSP (Global Support Package) に関する契約に調印済み。(Safran Helicopter Engines 2017/6/20)
  • Safran Power Units は、3D プリンタで製作した主要パーツを使用する APU (Auxiliary Power Unit) について、EASA (European Aviation Safety Agency) の認証を取得した。素材はニッケル ベースの Hastelloy X、SLM (Selective Laser Melting) によって製作した。従来の製造手法では 8 点のパーツに分かれていたものを 4 点に集約、35% の軽量化を実現。(Safran Power Units 2017/6/19)
  • Airbus Helicopters は、VSR700 OPV (Optionally Piloted Vehicle) のデモンストレーターによる自律飛行試験を開始した。VSR700 プロトタイプによる初飛行は 2018 年に予定している。Airbus Helicopters が、ベース機である Cabri G2 の開発元・Helicopteres Guimbal と組んで作業を進めているもの。(Airbus Helicopters 2017/6/19)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/6/19)
NAVY
  • 以下の各社は、海軍向けの戦術WAN (Wide Area Network)・ADNS (Automated Digital Network System) Increment III について、量産型とサプライ品を総額 $492,400,000 で。
    • DRS Laurel Technologies (Johnstown, PA) : N00039-17-D-0006
    • Leidos Inc. (Reston, VA) : N00039-17-D-0007
    • SAIC (Science Applications International Corp., McLean, VA) : N00039-17-D-0008
    • Serco Inc. (Reston, VA) : N00039-17-D-0009
    ADNS Increment III では伝送能力の増強を図る。2025/6 まで。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command), San Diego, CA
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス戦闘システムの開発・試験拠点 (Combat Systems Engineering Development Site、SPY-1A Test Facility、Naval Systems Computing Center を含む) で実施する O&M (Operations and Maintenance) 業務について、オプション契約分を $61,271,837 で。テクニカル エンジニアリング、構成管理、関連機材とサプライ品、品質管理、情報保全などを担当。2018/6 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-13-C-5132)
  • J.F. Taylor Inc. (Lexington Park, MD) : 米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) 麾下・Simulation Division 向けの各種アイテム製作・整備・導入・アップグレード・製作業務を、$47,687,669 で。2022/6 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-D-0040)
  • KBR (Kellogg Brown & Root Services Inc., Houston, TX) : ジブチの Camp Lemonnier で実施するオペレーション支援業務について、5 ヶ月間の延長修正契約を $28,261,012 で。累計受注額は $268,362,796。2017/12 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Europe, Africa, and Southwest Asia, Naples, Italy (N62470-13-D-3008)
  • FLIR Surveillance Inc. (Wilsonville, OR) : FLIR (Forward Looking Infrared) 機材・Star SAFIRE 380 HD (High Definition)×19 セットを $17,902,335 で。沿岸警備隊の HC-27J に装備するもので、配線、制御ユニット、ソフトウェア、マウント用ハードウェア、エンジニアリング サービス業務、兵站支援業務も含む。2022/6 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-D-0027)
  • Northrop Grumman Systems Corp., Aerospace Systems (Melbourne, FL) : E-2D Advanced Hawkeye の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) ロット 5・ロット 6 を対象とする光ファイバーの改良に関わる、再帰/非再帰エンジニアリング業務の修正契約を $11,997,249 で。2021/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-13-C-9999/P00043)
  • Oracle America Inc. (Redwood City, CA) : GCSS-MC (Global Combat Support System - Marine Corps) 兵站支援管理システムを対象とする、システム維持、メンテナンス、開発支援業務を $11,158,076 で。2017/12/20 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-17-F-7611)
  • Global A 1st Flagship Co. (Newport Beach, CA) : 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) 麾下・Inactive Ship Maintenance Office (Pearl Harbor, HI) 所管の艦船を対象とする受領検査、維持管理、廃棄などの業務を、$10,895,767 で。オプション契約分まで含めた総額は $45,854,642。2018/7 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-4410)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Annapolis, MD) : Mk.48 長魚雷のノーズ シェル アセンブリについて、オプション契約分 45 セットを $7,825,905 で。米海軍向け 54%、トルコ向け 24%、カナダ向け 22%、後二者は FMS (Foreign Military Sales)。累計受注額は $17,413,992。2020/5 まで。NUWC (Naval Undersea Warfare Center) Division Newport, Newport, RI (N66604-17-C-0204)
AIR FORCE
  • RGTS (Al Raha Group for Technical Services, Riyadh, Saudi Arabia) : サウジアラビアの F-15 用デポ施設に関するプライム ベンダー契約を $185,722,274 で。サウジアラビア空軍 (RSAF : Royal Saudi Air Force) の F-15 向けに、消耗品やスペアパーツの調達・保管を行う案件。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2017/10/4 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8505-14-D-0004)
  • Dynetics Inc. (Huntsville, AL) : SGM (Small Glide Munition) の AUR (All-Up-Round) を $10,923,909 で。13 ヶ月間、2018/6/29 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8656-17-C-0010)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Insitu Inc. (Bingen, WA) : MEUAS 1.5-B (Mid-Endurance Unmanned Aircraft Systems 1.5-B) に関する 12 ヶ月間の延長修正契約を $45,000,000 で。ワールドワイドで ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance) サービスを提供する案件で、MEUAS III が実現するまでのつなぎ。累計受注額は $195,000,000。(H92222-16-D-0031)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス BMD 計画室向け・CLIN (Contract Line Item Number) 0111 のオプション契約分を $20,000,000 で。現行・将来ベースラインに導入する技術の洗い出しを行う案件で、累計受注額は $2,547,337,464 から $2,567,337,464 に。2019/10/27 まで。MDA (Missile Defense Agency), Dahlgren, VA (HQ0276-10-C-0001/P00248)
ARMY
  • Avox Systems Inc. (Lancaster, NY) : 回転翼機搭乗員用の酸素マスク×2,181 セットとスペアパーツについて、修正契約を $8,238,945 で。2018/10/30 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911SR-15-C-0007/P00004)
  • Burns and McDonnell Engineering Co., Inc. (Kansas City, MO) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $8,000,000 で。2022/6/19 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-D-0026)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、F-35 の TR3 (Technology Refresh #3) ミッション アビオニクス アップグレードの担当メーカーとして、Harris Corp. の採用を決定した。(Harris 2017/6/19)
  • Lockheed Martin Corp. は、傘下の Derco (Milwaukee, WI) ならびにオランダの StandardAero と組んで、F-16 が装備する Pratt & Whitney 製 F100 エンジンを対象とする補修サポート提案を実施していくことになった。StandardAero は Derco が 2015 年に立ち上げた F-16 CAM (Component Asset Management) プログラムに則り、F100 エンジンの LRU (Line Replaceable Unit) やモジュールを単位とする固定レート補修業務を提供する。(Lockheed Martin 2017/6/19)
  • Raytheon Co. は、MTS (Multi-Spectral Targeting System) の小形バージョン・Compact MTS を発表した。直径 12in のターレットを持ち、重量は 60lb を切る。クラス最高の性能を持つ EO/IR (Electro-Optical/Infrared) センサー性能を提供するとの説明。(Raytheon 2017/6/19)
  • Raytheon Co. は、サイバー防護システム (Cyber Protection System) について発表した。スケーラビリティを備えた対応センター (CRC : Cyber Response Center) がセットで、軍、情報機関、民間組織を対象とする。提供する機能は、侵入検知、ネットワーク分析、インシデント対処で、サイバー脅威への予防的対処を実現するとの説明。(Raytheon 2017/6/19)
  • Textron Systems が Paris Air Show 2017 で、RQ-7 Shadow の後継となる戦術 UAV (TUAS : Tactical Unmanned Aircraft System)・Nightwarden を発表した。より上位のグループ IV MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV と同等の機能を実現でき、すでに試験やデモンストレーション (欧州・中東・アジア太平洋諸国向け) で 400 飛行時間を記録。ポテンシャル カスタマーとの折衝も始めている由。。(Textron 2017/6/19, DefenseNews 2017/6/19)
  • Boeing Co. は米国防兵站局 (DLA : Defense Logistics Agency) から、米空軍の F-15×450 機を対象とするサポート業務の契約を 5 年間・3 億 7,100 万ドルで受注した。燃料タンクや主翼補修キットなど 2,550 点のパーツを対象とする可用性サポート案件で、補修経費の低減につなげるとしている。(Boeing 2017/6/19)
  • Raytheon Co. は、4-5 月にかけて実施していた GBU-53/B SDB II (Small Diameter Bomb Increment II) の高速風洞試験が完了した、と発表した。これにより F-35 へのインテグレーションが一歩前進した、としている。(Raytheon 2017/6/19)
  • Rolls-Royce は米国防総省から、米海兵隊と米空軍の KC-130J を対象とするエンジニアリング/兵站支援業務の契約を受注した、と発表した。米軍関連では過去 6 ヶ月間に総額 10 億ドル超の契約を得ており、米軍だけでなく FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向けも含む。内訳は以下の通り。
    • Depot-level engine repairs for Rolls-Royce AE2100D3 エンジンのデポレベル補修 : 5 年間・3 億 7,300 万ドル (米海兵隊ならびにクウェートの KC-130 向け, 55 機・エンジン 270 基ほど)
    • KC-130J フリート向けのエンジニアリング サポート業務 : 7,900 万ドル
    • 海兵隊と空軍の C-22 が装備する AE1107C エンジンを対象とする MissionCare 整備サポート業務 : 4 億 800 万ドル
    • T-45 用 F405 エンジン 200 基あまりの中間整備・デポ整備 : 1 億 700 万ドル
    • 空軍の C-130J が装備する AE2100D3 エンジンを対象とするエンジニアリング サポート業務、エンジン補修、在庫管理、技術データ : 7,400 万ドル
    (Rolls-Royce 2017/6/19)
  • Patria Oy がアメリカの S&K Logistic Services と組んで、F/A-18 のカスタマーを対象として降着装置のオーバーホールを提案していくことになった。両社は 2017 年 2 月に合同チーム編成合意を締結済み。(Patria 2017/6/19)

今日の報道発表 (その他編)
  • Safran Electronics & Defense が Paris Air Show 2017 で、Patroller UAV に装備する光学センサー機器・Euroflir 410 を発表した。フランスの陸軍・海軍・特殊作戦部隊における運用経験を反映させて開発した製品で、用途は ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance) や救難。ITAR (International Traffic in Arms Regulations) にひっかからない。(Safran Electronics & Defense 2017/6/19, DefenseNews 2017/6/19)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の掃海艇 HMS Brocklesby が、BAE Systems で実施していた入渠整備を終えて試験航海を開始した。監視・管制システムを含む主機の更新や、プロペラの交換、冷水プラントのオーバーホールなどを実施。(BAE Systems 2017/6/19)
  • Rheinmetall Defence Electronics GmbH が、Rheinmetall Electronics GmbH に改称した。これは、防衛以外の分野における事業の成長を受けての措置。(Rheinmetall Defence 2017/6/19)
  • Thales は、地上設置用のAESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー・GroundFire を発表した。可搬式で 15 分以内での設営が可能。弾道ミサイルを含む広範な目標に対する全周同時監視が可能で、上下方向は 90 度までカバー、レンジは 400km。(Thales 2017/6/19)
  • Airbus Helicopters は、クウェートの空軍と国家警備隊で使用する H225M Caracal の搭乗員訓練に使用するシミュレータとして、Thales 製品の採用を決定した。Reality H FFMS (Full-Flight Mission Simulator)×1 基、飛行手順/戦術訓練ステーション×2 基を納入する。(Thales 2017/6/19)
  • Cobham plc 傘下の Cobham Antenna Systems は、新型の耐妨害型 GPS (Global Positioning System) アンテナのローンチを発表した。通常型と比べて妨害源に 100 倍接近しても GPS の機能を維持できる、との説明。(Cobham 2017/6/19)
  • Leonardo Sp.A は Aitbus から、ドイツとスペインの Eurofighter Typhoon (EF2000) を対象とするアビオニクスのサポート業務契約を受注した。5 年間・1 億ユーロの案件。イタリアについてはすでに可動率ベースのサポート業務を提供中で、イギリスとの間でも合意成立済み。(Leonardo 2017/6/19)
  • Leonardo Aircraft は Paris Air Show 2017 に、M-346 ベースの軽攻撃機・M-346FA (Fighter Attack) を展示した。すでに複数の空軍が同機への関心を表明している、との説明。M-346 AJT (Advanced Jet Trainer) と多用途型 M-346FT (Fighter Trainer) に次ぐ、第三のモデル。このほか、すでにイタリア空軍から 5 機の受注を得ている M-345 練習機も展示した。M-345 のプロトタイプは 2016/12/29 に進空済みで、前量産型は 2018 年に初飛行を実施、2019 年からデリバリーを開始する見込み。(Leonardo Aircraft 2017/6/18)
  • Rolls-Royce plc は RAF Lossiemouth に、SDC (Service Delivery Centre) なる配送拠点を新規開設した。イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の Typhoon FGR.4 が装備する、EJ200 エンジンを対象とするサポートが目的。(Rolls-Royce 2017/6/19)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相と Marise Payne 豪国防相は、宇宙配備 ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) 資産の分野に 5 億豪ドルの資金を投下する、と発表した。得られた情報は政府機関に提供して、国防、国境警備、人道支援に利用するとしている。(Australian DoD 2017/6/17)
  • RAAF Fairbairn で、Project Land 400 候補車両を対象とする C-17A での空輸性検証試験が行われた。併せて、2017/6/20 には Russell で候補車両の展示を実施する。(Australian DoD 2017/6/19)
  • ブラジル空軍 (FAB : Forca Aerea Brasileira) は 2017/6/16 にスペイン・Seville で、新型救難機 SC-105 Amazonas を受領した。全周監視が可能な捜索レーダーを持ち、レンジは 370km、640 目標の同時捕捉が可能。EO/IR (Electro-Optical/Infrared) センサーも備える。(Brazilian Air Force 2017/6/16)
  • Lockheed Martin Corp. が TASL (Tata Advanced Systems Ltd.) と組んで、インド向けに F-16 ブロック 70 を売り込んでいくことになった。インド空軍 (IAF : Indian Air Force) が単発戦闘機の調達案件を立ち上げたのを受けた動き。(Lockheed Martin 2017/6/19)
  • Boeing Co. は傘下の BDI (Boeing Defence India) を通じて、インド海軍の P-8I を対象とするサポート業務契約を受注した。3 年契約。P-8I は 8 機を運用中、さらに 4 機を追加受注していて 2020 年からデリバリーを開始する予定。(Boeing 2017/6/19)
  • Safran Helicopter Engines は、Russian Helicopters JSC の Kamov Ka-62 に装備する Ardiden 3G エンジンについて、EASA (European Aviation Safety Agency) の型式証明を取得した、と発表した。Ka-62 は 2017/5/25 に初飛行を実施したところ。Ardiden 3 ファミリーは出力 1,700-2,000shp クラスをカバーする。(Safran Helicopter Engines 2017/6/19)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • F/A-18E による Su-22 撃墜の後で、ロシアが「シリアの Euphrates River より西方を飛行するすべての航空機を防空システムで追尾するほか、アメリカとの間で設定していたデコンフリクション ラインを無効にする」と言明。しかし米統合参謀本部議長の Joseph Dunford 大将は、ロシアとの対話のチャンネルは依然として開いている、と発言。(DefenseNews 2017/6/19)
  • 2017/6/18 にシリアの Tabqah 南方で、米海軍の F/A-18E がシリア政府軍の Su-22 を撃墜した。有志聯合軍では「パートナー国の機体を、シリアによる攻撃から護る」としている。(US Navy 2017/6/18)
  • Ursula von der Leyen 独国防相は報道陣に対して、トルコの Incirlik AB に展開しているドイツ軍部隊について、7 月からヨルダンへの移動を開始することを明らかにした。(Deutsche Welle German Radio 2017/6/18)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |