今週の軍事関連ニュース (2017/08/21)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米国防総省は、米戦略軍 (USSTRATCOM : US Strategic Command) の下部組織となっている米サイバー軍 (USCYBERCOM : US Cyber Command) について、統合軍に格上げすると発表した。(DoD 2017/8/18)
  • 米韓両国は 2017/8/21-31 にかけて、合同演習 "Ulchi Freedom Guardian 2017" を実施する。米軍の参加兵力は 17,500 名 (うち韓国以外から 3,000 名)。(DoD 2017/8/18)
  • Sergei Shoigu 露国防相が、露航空宇宙軍で女性パイロット訓練生の受け入れを開始することを明らかにした。若い女性の希望者が多く「無視できなくなった」と説明している。(SpaceWar 2017/8/12)
  • カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) は、ルーマニアの Constanta に CF-188×4 機と人員 135 名を派遣して、2017 年 9-12 月にかけて上空哨戒ミッションを実施する、と発表した。"Operation Reassurance" の一環として、NATO の任務として実施するもの。(Royal Canadian Air Force 2017/8/17)

今日のニュースいろいろ
  • イランの Hassan Rouhani 大統領が 2017/8/15 に、「アメリカが対イラン制裁の上積みを続けるのなら、核問題に関する 2015 年の合意から抜ける」と発言した。(SpaceWar 2017/8/15)
  • スウェーデン政府が保守党 (Moderaterna) ならびに中央党 (Centerpartiet) との間で、国防予算の上積みに関する合意をまとめた。スウェーデンは 2015 年に、2016-2020 年を対象とする国防計画を策定しているが、さらに 2018-2020 年にかけて毎年 27 億クローネ (3 億 3,400 万ドル)、総額 81 億クローネを上積みすることになったもの。そのうち 13 億クローネを民間防衛分野に、残り 68 億クローネを軍に割り当てるとしている。(Swedish MoD 2017/8/16)
  • イスラエルで「イランがシリア北西部にロケット兵器の製造工場を建設している」との報道が出ている。場所は地中海に面した街・Baniyas の近隣で、衛星画像によって発覚したとされる。(Radio Free Europe 2017/8/16)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ブルガリアの前政権は総額 9 億ドルで JAS39 Gripen×8 機を調達する方針を決めていたが、新政権がこれに疑義。機種選定に関する議会の調査報告書を待つとして、意志決定を年末まで先送りした。これによって新戦闘機の導入が遅れることから、Krasimir Karakachanov 国防相は空軍の現用戦闘機 (MiG-29×15, Su-25×14) を維持するための予算を要求。(DID 2017/8/18)
  • インド国防省が、AH-64D×6 機の追加調達に必要な 6 億 5,500 万ドルの支出を承認した。(DID 2017/8/18)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) の社長・David Alexander 氏が、某海外カスタマーとの間で Predator C / Avenger×90 機の納入について接触していることを明らかにした。具体的な名前は明らかにしていないが、インドとの説が有力。(DefenseNews 2017/8/17)
  • GSL (Goa Shipyard Ltd.) はインド海軍向けに新型掃海艇×12 隻を建造する契約を 50 億ドルで受注しているが、すでに発生しているスケジュール遅延の問題に加えて、主機の選定という問題にも直面している由。(DefenseNews 2017/8/17)
  • ルーマニアの Adrian Tutuianu 国防相が Bell Helicopter Textron Inc. との間で、攻撃ヘリの調達に関する LoI に調印した。この後は、ルーマニア経済省と Bell Helicopter Textron がジョイント ベンチャーの設立や技術移転について折衝する運びとなっている。(DefenseNews 2017/8/9)
  • SAIC (Science Applications International Corp.) が、米海兵隊向けのエンジニアリング サポート業務契約を 3,900 万ドルで受注した。機動展開式の戦闘指揮所 (Combat Operations Center) に関するもの。(SpaceWar 2017/8/16)
  • 8 月に予定していた MQ-4C Triton EOC (Early Operational Capability) 型のデリバリーは、9 月にずれ込む模様。(DID 2017/8/17)
  • アルゼンチンは IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) との間で Kfir×12-14 機の調達に関する折衝を行っていたが、価格面で折り合いがつかずに頓挫した。(DID 2017/8/17)
  • 米海兵隊が、M4 カービンを置き換えるために M27 Infantry Automatic Rifle の追加調達を計画。M249 SAW (Squad Automatic Weapon) の代替用として発注済みの 11,000 挺に加えて、50,000 挺を追加するとの内容。(DID 2017/8/17)
  • イスラエルの Meteor Aerospace が、MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV・Impact 1300 の全規模開発 (FSD : Full Scale Development) を開始する、と発表した。(DID 2017/8/17)

ルーマニア向け FMS (DSCA 2017/8/18)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、ルーマニア向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で HIMARS (High Mobility Artillery Rocket System) を輸出すると通告した。総額は 12 億 5,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • HIMARS 発射器×54
  • GMLRS (Guided Multiple Launch Rocket System) 単弾頭型 M31A1×81
  • GMLRS 代替弾頭型 M30A1×81
  • MGM-140 TACMS (Tactical Missile System) 単弾頭型 M57×54
  • AFATDS (Advanced Field Artillery Tactical Data System)×24
  • M1151A1 HMMWV (High Mobility Multi-Purpose Wheeled Vehicle) 汎用装甲型×15
  • M1151A1 HMMWV 装甲準備型 (Armor Ready 2-Man)×15
  • M1084A1P2 HIMARS 弾薬補給車 (RSV : Resupply Vehicle)×54
  • M1095 MTV (Medium Tactical Vehicle) カーゴ トレーラー (w/RSV キット)×54
  • M1089A1P2 FMTV (Family of Medium Tactical Vehicles) 牽引車×10
  • LCRR (Low Cost Reduced Range) 訓練弾×30
  • 支援機材、通信機材、センサー、スペアパーツ、補修用パーツ、試験セット、バッテリ、ノート PC、文書類、技術支援業務、品質保証チーム派遣、技術支援チーム派遣、テクニカル/エンジニアリング/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Grand Prairie, TX; Camden, AR)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2017/8/18)
NAVY
  • DynCorp International LLC (Fort Worth, TX) : Naval Test Wing Pacific が運用する航空機の整備・改修・搭乗員向け支援業務を $53,765,867 で。システム/サブシステムや救装機材も対象。機種は P-3、C-130、F/A-18、E/A-18G、AV-8B、H-60、T-39。作業場所は以下の通り。
    • China Lake, CA (50%)
    • Point Mugu, CA (40%)
    • その他 (10%)
    2018/10 まで。NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division), China Lake, CA (N68936-17-C-0052)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 用のレトロフィット改修キットと導入作業を $53,494,475 で。前契約は N00019-14-G-0020。米海兵隊向け $26,686,876 (50%)、米空軍向け $11,208,674 (21%)、米海軍向け $9,480,536 (18%)、海外パートナー向け $6,118,389 (11%)。2021/7 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F-0266)
  • C4 Planning Solutions LLC (Blythe, GA) : 海兵隊向けの各社エンジニアリング サポート サービス業務を $48,750,000 で。2022/8/19 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M68909-17-D-7602)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat, Groton, CT) : Virginia 級 SSN の主機管制システムを対象とする改設計について、フェーズ II 分を $40,657,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2020/5 まで。Supervisor of Shipbuilding Conversion and Repair, Groton, CT (N00024-16-C-2111)
  • Bell Boeing Joint Program Office (California, MD) : V-22 で使用する各種パーツの補修作業を $31,980,025 で。2018/12 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapons Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-16-D-951N/#7014)
  • Gilbane Federal (Concord, CA) : Hunters Point Naval Shipyard で実施する復元工事 (Parcel E Remedial Action) のフェーズ II 分を $24,933,072 で (N62473-17-F-4332)。2020/8 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southwest, San Diego, CA (N62473-17-D-0005)
  • Insitu Inc. (Bingen, WA) : ScanEagle 用のスペアパーツ追加に伴う修正契約を $16,880,154 で。2018/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-13-D-0016/P00027)
  • Raytheon Co. (Marlborough, MA) : NAVAIR の ATNAVICS (Air Traffic, Navigation, Integration, and Coordination System) を対象とする再生補修・レンジ拡大作業を $11,040,205 で。2020/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-G-0003/#5001)
AIR FORCE
  • Sea Box Inc. (Cinnaminson, NJ) : 弾薬輸送に対応できるグレードの、側面オープン型輸送用コンテナを $45,000,000 で。2023/2/17 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8213-17-D-0010)
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : KC-10 のアビオニクスを対象とする維持エンジニアリング サービス業務を $10,653,761 で。2027/2/17 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8105-17-D-0006)
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : KC-46 の要員訓練について、空中給油オペレーター教官のオーバーライド スタディに関する修正契約を $7,685,083 で。2018/5/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8625-11-C-6600/P00119)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Northrup Grumman Systems Corp. (Apopka, FL) : レーザー測遠機を $12,439,451 で。陸軍向け、2019/6/7 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-17-C-0200)
  • GE Aviation (Vandalia, OH) : F/A-18 用の発電機を $11,700,000 で。海軍向け、2019/11/6 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPE4A1-14-G-0009/THBB)
  • National Optronics (Charlottesville, VA) : 医療関連機材とアクセサリー類を $7,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊向け、2022/8/14 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-17-D-0023)
ARMY
  • Accent Controls Inc. (North Kansas City, MO) : 米陸軍予備役向けの装備品について、供給・祖配備・維持性日・即応維持の業務を $9,599,688 で。第 99 地域支援コマンド (99th Regional Support Command) 向けで、作業場所は以下の通り。
    • Annville, PA
    • Manchester, NJ
    • Ayer (Fort Devens), MA
    • Fort Dix, NJ
    • Fort Pickett, VA
    2021/9/10 まで。Army Contracting Command, Fort Dix, NJ (W15QKN-17-F-1016)

今日の報道発表 (北米編)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は 2017/8/16 に、MQ-9B SkyGuardian を使って Laguna Airfield (Yuma Proving Grounds, AZ) から民間空域を経由して Gray Butte Flight Operations (Palmdale, CA) まで、275 マイル (1 時間 45 分) のフライトを実施した。この機体は STANAG 4671 対応型の Predator B。NATO の UAV 向け耐空要件に適合していることを実証する作業の一環。今回のフライトをもって、米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) からの認証を得るために必要な飛行試験は完了した。(GA-ASI 2017/8/18)
  • RADA Electronic Industries Ltd. は、米軍から MHR (Multi-Mission Hemispheric Radar) の初受注を獲得した、と発表した。数は「数ダース」だとしており、2017 年中にデリバリーする予定。(RADA Electronic Industries 2017/8/17)

今日の報道発表 (その他編)
  • QinetiQ plc は DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) から、MAPLE (Maritime Autonomous Platform Exploitation) 計画の第 1 フェーズに関する 450 万ポンドの契約を受注した。複数の艦載無人システムについて実証とリスク低減を図る案件で、BAE Systems、SeeByte、Thales の各社と組んで作業にあたる。 (QinetiQ 2017/8/16)
  • オーストラリア国防省は、Project Air 5431 フェーズ 1 (Deployable Defence Air Traffic Management and Control System) と Project Air 5431 フェーズ 3 (Civil Military Air Traffic Management System) を Projects of Concern リストに加える、と発表した。前者は可搬式/移動式航空管制レーダーと関連支援機材の導入案件、後者は軍民の航空管制システムを連携させる案件。(Australian DoD 2017/8/18)
  • DSNS (Damen Schelde Naval Shipbuilding) の Vlissingen 造船所で 2017/8/17 に、メキシコ海軍 (SEMAR : Secretaria de Marina) 向け SIGMA 10514 フリゲートの起工式が行われた。長距離哨戒艦 (Long Range Patrol Vessel) と称している。(Damen Shipyards Group 2017/8/17, IHS Jane's 360 2017/8/17)
  • 2017/8/17 に Baikonur Cosmodrome で、Proton-M ロケットを使用したロシア軍向けの打ち上げミッションが行われた。ペイロードについては Cosmos-2520 という名称のみが明らかにされている。(Russian MoD 2017/8/17)
  • Russian Helicopters Holding 傘下の AAC Progress (Progress Arsenyev Aviation Co.) が、某国向けの整備要員訓練を完了した。その某国向けに、初の輸出を実現したヘリを担当するパイロット 10 名と整備要員 24 名について、2017/6/1 の到着後に所要の訓練を実施していたもの。(Russian Helicopters 2017/8/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/8/17)
AIR FORCE
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : Aerospace Systems Air Platform Technology Research Program の下で実施する、取得性と革新性を兼ね備えた新技術の研究を $499,000,000 で。2025 年まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-17-D-2718)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : BGM-176 Griffin の全バージョンと試験/エンジニアリング支援業務を $104,860,386 で。2018/12/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8656-17-D-0005)
  • Boeing Co. (Layton, UT) : (LGM-30 Minuteman III) ICBM (Intercontinental Ballistic Missile) の誘導サブシステムを対象とする、維持エンジニアリング/プログラム管理支援業務について、修正契約を $17,415,508 で。2020/10/31 まで。Air Force Nuclear Weapons Center, Hill AFB, UT (FA8214-15-C-0001/P00036)
  • Blacksky Geospatial Solutions Inc. (Herndon, VA) : 地理空間情報のとりまとめを行うシステムの開発に関わる、実現可能性実証モデルの設計・開発・評価作業を $16,430,993 で。2019/8/16 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-17-C-0128).
  • CACI-INC (Chantilly, VA) : NexGen 向けに実施する、民生用ソフトウェアの改修・構成作業を $14,940,526 で。作業場所は以下の通り。
    • Panama City, FL
    • Beavercreek, OH
    • San Antonio, TX
    • Niceville, FL
    • Raleigh, NC
    • Palm City, FL
    • Fair Haven, NJ
    2019/3/12 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Maxwell AFB, Gunter Annex, Montgomery, AL (FA8771-17-F-0024)
  • L.B. Civil Construction Inc. (Escondido, CA) : Travis AFB で実施する天然ガス設備の補修作業を、$9,900,000 で。2019/8/16 まで。60th Contracting Squadron, Travis AFB, CA (FA4427-17-D-0003)
NAVY
  • 以下の各社は、米国内外の射場で実施する維持管理などの弾薬関連作業を、総額 $235,000,000 で (基本契約とオプション契約 4 年分の総額)。
    • Bering Sea Eccotech Inc. (Anchorage, AK) : N62742-17-D-1809
    • BERS-Weston Services JVC LLC (Anchorage, AK) : N62742-17-D-1810
    • Engineering/Remediation Resources Group Inc. (Martinez, CA) : N62742-17-D-1811
    • USA Environmental Inc. (Oldsmar, FL) : N62742-17-D-1812
    2022/8 まで。アメリカ本土以外で実施する分は 21%。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, Pearl Harbor, HI
  • Jacobs Government Services Co. (Fort Worth, TX) : NAVFAC Pacific の AOR (Area of Responsibility) で実施するアーキテクト/エンジニアリング業務を $30,000,000 で。州別の配分は、Guam (80%)、HI (20%)。2022/8 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-17-D-0003)
  • GDBIW (General Dynamics Bath Iron Works, Bath, ME) : 就役済みの沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) を対象とするサポート業務について、オプション 2 契約分を $24,481,878 で。2018/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-4313)
  • Bristol General Construction LLC (Anchorage, AK) : Naval Operational Support Center (NAS Fallon, NV) で実施する施設建設工事を $13,379,398 で。前契約は N62473-15-D-2404。オプション契約分まで含めた総額は $15,966,899。2019/8 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southwest, San Diego, CA (N62473-17-F-4334)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • MinXray Inc. (Northbrook, IL) : 放射線システム、アクセサリー類、訓練業務を $100,000,000 で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/8/16 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-17-D-0036)
  • PAS Technologies Inc. (Kansas City, MO) : TF33 エンジンのタービン ケースを $7,021,603 で。空軍向け、2019/8/1 まで。DLA (Defense Logistics Agency)
ARMY
  • 以下の各社は、米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers) Seattle District 向けの各種建設工事を、総額 $9,800,000 で。
    • Bristol Engineering Services Corp. (Anchorage, AK) : W912DW-13-D-1015/P00005
    • Nordic Industries Inc. (Olivehurst, CA) : W912DW-13-D-1019/P00005
    • CKY Inc. (San Pedro, CA) : W912DW-13-D-1017/P00005
    • Macro-Z Technology Co. (Santa Ana, CA) : /P00005
    2018/9/4 まで。Army Corps of Engineers, Seattle, WA
  • BWSC Emersion Design JV (Nashville, TN) : 陸軍・空軍・その他軍種・民間の土木工事を対象とするアーキテクト/エンジニアリング業務を $9,000,000 で。2022/8/16 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-D-0038)
  • SAIC (Science Applications International Corp., McLean, VA) : C-RAM (Counter Artillery, Rocket and Mortar) と前線防空に関わるエンジニアリング/試験支援業務について、修正契約を $7,638,798 で。2018/7/9 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-15-A-0024/#000277)
  • Curtin Maritime (Long Beach, CA) : Richmond Inner Harbor Channel (Richmond, CA) で実施する浚渫工事を $7,556,430 で。2017/12/21 まで。Army Corps of Engineers, San Francisco, CA (W912P7-17-C-0010)
  • Benaka Inc. (New Brunswick, NJ) : ヴァーモント州兵航空隊 (ANG : Air National Guard)・158th FW (158th Fighter Wing, South Burlington, VT) 向けの、分隊オペレーション施設 (Building B-140) と ALIS (Autonomic Logistics Information System) 施設の改築工事を $7,198,200 で。2018/10/31 まで。NGB (National Guard Bureau), Burlington, VT (W912LN-17-C-1000)

今日の報道発表
  • Thales はカナダ政府から、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の AOPS (Arctic and Offshore Patrol Ship) と JSS (Joint Support Ship) を対象とする改修・整備・補修・訓練業務の契約を受注した。いわゆる就役後サポート (ISS : In-Service Support) 案件で、受注額は 8 億カナダドル (5 億 4,000 万ユーロ)、期間は 8 年間。これは当初分で、オプション契約分を含めた全体では 35 年間・52 億カナダドル (35 億ユーロ) の案件になる。(Thales 2017/8/17)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相は、DST (Defence Science and Technology) Group が Sonartech Atlas との間で 3 年間の研究開発合意を締結した、と発表した。海軍の水上艦と潜水艦に関連する研究開発を行う案件。別件で Chemring Australia との間では、航空機をミサイルの脅威から防護するための研究開発に関する合意も締結した。(Australian DoD 2017/8/16-17)
  • 米空軍の空輸演習 "Mobility Guardian" に、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) No.70 Sqn. (RAF Brize Norton, Oxfordshire) 所属の A400M Atlas が参加した。11 ヶ国が参加している演習で、場所はワシントン州の Joint Base Lewis-Mcchord。(USAF 2017/8/16)
  • Saab AB はエストニア軍から、BT46 訓練システムを受注した。2018 年のデリバリーを予定している。エストニアがレーザー ベースの射撃訓練機材を発注したのは、今回が初めてのこと。CV9035 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle)、84mm 無反動砲 Carl-Gustaf、各種の歩兵向けシミュレータと組み合わせる。訓練の管制とモニターには Saab Manpack 300 可搬式コンピュータを使用する。(Saab 2017/8/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/8/16)
NAVY
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat, Groton, CT) : Virginia 級 SSN の建造に関わる主導造船所業務、開発研究、設計作業について、修正契約を $115,310,691 で。2017/10 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-2111)
  • KBR (Kellogg Brown and Root Services Inc., Houston, TX) : 以下の施設で実施するベース オペレーション業務を $58,336,334 で。
    • NSF (Naval Support Facility) Camp Lemmonier, Djibouti (92%)
    • Chabelley Air Field, Djibouti (3%)
    • Camp Simba, Manda Bay, Kenya (5%)
    オプション契約 7 件まで実現した場合の総額は $441,134,063、2025/11 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Atlantic, Norfolk, VA (N62470-17-D-4012)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : UGM-133 Trident II (D5) を対象とするサポート業務について、オプション契約分を $21,858,842 で。2017/9/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-15-C-0100/P00029)
  • L-3 Vertex Aerospace LLC (Madison, MS) : KC-130J×3 機を対象とする列線整備と中間整備を $8,889,043 で。クウェートの Abdullah Al-Mubarak Air Base で実施、2022/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0080)
  • Raytheon Co. (El Segundo, CA) : F/A-18 用の AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー・AN/APG-79 で使用する 16 のアセンブリ・331 ユニットを対象とする補修作業を $8,485,823 で。2019/12 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-15-G-003H/#7007)
ARMY
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : カタールで実施するベース オペレーション業務について、修正契約を $49,500,000 で。2018/9/29 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-15-C-0078/P00015)
  • Weeks Marine Inc. (Covington, LA) : Cutter Head Dredge Rental 計画の基で実施する浚渫工事を $19,000,000 で。Atchafalaya Basin (Gulf Intracoastal Waterway) などで実施、2019/4/30 まで。Army Corps of Engineers, New Orleans, LA (W912P8-17-D-0008)
  • Benaka Inc. (New Brunswick, NJ) : Westover ARB (Chicopee, MA) の航空団司令部庁舎・Building 1850 を対象とする補修工事を $10,885,000 で。2019/8/16 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-17-C-0027)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Honeywell International Inc. (Tempe, AZ) : スーパーバイザー コントロール ユニットを $46,023,951 で。陸軍向け、2022/8/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRRA1-17-D-0204/#0001)
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : 各種車両用パーツとアクセサリー類を $26,107,953 で。陸軍ならびに海兵隊向け、2022/8/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7LX-17-D-0077)

今日の報道発表 (北米編)
  • Ogden ALC (Air Logistics Complex, Hill AFB, UT) 麾下の 309th SMXG (309th Software Maintenance Group) が、F-35 のソフトウェアを対象とするサポート業務を担当することになった。対象は、パイロット システム、プロセッサ システム、ALIS (Autonomic Logistics Information System)、ソフトウェアのインテグレーション。一方、402nd SNXG (Warner Robins ALC, Robins AFB, GA) は通信システムとミッション システムを担当する。(USAF 2017/8/15)
  • BAE Systems は Samlesbury の工場から、318 セット目となる F-35 の後部セクションを送り出した。同社が担当する世界各地のカスタマー向け所要の 10% に到達したことになる。(BAE Systems 2017/8/16)
  • 2017/8/5 に、56th FW (56th Fighter Wing, Luke AFB, AZ) / 61st FS (61st Fighter Squadron) で、新人パイロットを対象とする F-35A のパイロット訓練課程 "Class 17-ABL" の訓練生 6 名が課程を修了した。(USAF 2017/8/6)
  • FRC-East (Fleet Readiness Center East) でアップグレード改修を実施する最初の F-35A が、2017/8/9 に Eglin AFB から飛来した。(US Navy 2017/8/11)
  • Lockheed Martin Corp. の Tactical Mission System で開発を進めている AN/APR-52 レーダー警報受信機 (RWR : Radar Warning Receiver) が、TRL6 (Technical Readiness Level 6) を達成した。CRH (Combat Rescue Helicopter) こと HH-60W に装備するために開発を進めているもので、空軍の Air Force Integrated Demonstrations and Applications Laboratory (Wright-Patterson AFB, Dayton, OH) で実証試験を実施したことで実現。(Lockheed Martin 2017/8/16)
  • 2017/8/17 にバーレーンの Al Hidd にある Khalifa bin Salman Port で、ESB (Expeditionary Sea Base) の 3 番艦・USS Lewis B. Puller (ESB-3) の就役式典が行われる。スピーチを担当するのは NAVCENT (US Naval Forces Central Command) / 第 5 艦隊司令官の Kevin M. Donegan 中将。スポンサーは Martha P. Downs 氏だが、メッセージは中央軍海兵隊部隊司令官の William D. Beydler 中将が代読する。(DoD 2017/8/16)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) は、NSWC (Naval Surface Warfare Center) Panama City Division (Panama City, FL) で実施した 2017 年版の ANTX (Advanced Naval Technology Exercise) に、デュアルモード UUV・Proteus を持ち込んだ。Battelle、Northrop Grumman Corp. ならびに Riptide Autonomous Solutions と組んで、無人ヴィークルによる遠隔ミッション遂行をデモったもの。Proteus の開発は HII の Technical Solutions division (Undersea Solutions Group) と Battelle が担当している。(HII 2017/8/16)
  • 米空軍は 2017/8/4 に、次期大統領専用機"Air Force One" に改修する新古機の B.747-8 について、購入契約を締結した。(UsaF 2017/8/4)
  • 米陸軍が製作した電子光学偵察衛星 Kestrel Eye が、SpaceX のロケットで 2017/8/14 に打ち上げられた。CRS-12 (Commercial Resupply Services 12) ミッションによる。衛星のサイズは 30.5cm×10.2cm×10.2cm、重量 10kg。このミッションは、ISS (International Space Station) への物資補給ミッションに相乗りする形で、KSC (Kennedy Space Center) の Launch Complex 39A から行われた。衛星のお値段は、量産が可能になれば 1 基あたり 200 万ドルで済むとしている。(US Army 2017/8/15, IHS Jane's 360 2017/8/15)
  • 米海軍の哨戒艦 USS Zephyr (PC-8) を使って、DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) が推進している TALONS (Towed Airborne Lift of Naval Systems) の実証試験が行われた。試験は Naval Station Mayport 近隣で 3 日がかりで実施。(DARPA 2017/8/15)
  • 2017/8/9 に、Holloman AFB で実施している軽攻撃機の実証試験 (Light Attack Experiment) を空軍の幹部や海外からの訪問者が視察した。その際に使用した機体は、Textron Aviation の AT-6 Wolverine と SNC (Sierra Nevada Corp.) / Embraer の A-29 Super Tucano。(USAF 2017/8/9)
  • 在韓米陸軍・第 35 防空旅団が、装備する MIM-104 Patriot 地対空ミサイルの更新作業を完了した。この後は数ヶ月がかりで、Avenger 防空システムの更新を実施する予定。(US Army 2017/8/14)
  • Lockheed Martin Corp. は、2007 年に受注したカナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) 向け CC-130J×17 機に関連するオフセットについて、履行を完了した、と発表した。ACP-T (Aircraft Capability - Tactical) と称する IRB (Industrial Regional Benefits) 案件で、14 億ドル分。予定より 1 年早く達成したとの説明。(Lockheed Martin 2017/8/16)

今日の報道発表 (その他編)
  • ドイツの Oberpfaffenhofen とイタリアの Fucino に開設した Galileo 衛星航法システムの地上管制施設 (Ground Control Centre) を結ぶ通信回線が、7 月初頭にフル稼動体制を達成するとともに、Galileo Security Accreditation Board による認証も得た。衛星と地上管制施設の間だけでなく、2 ヶ所の地上管制施設同士の間でも安全な通信チャネルを確保するためのもの。(Airbus 2017/8/16)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け F-35A の 3 号機 (A35-003) は製作途上だが、垂直尾翼の取り付け作業が完了した。垂直尾翼にはオーストラリアの Marand が製作した部品が使われているが、同社は BAE Systems の下で孫請けとして参画している。Fort Worth の FACO (Final Assembly and Check-Out) 施設には、オーストラリアのスタッフ 3 名が常駐している由。(RAAF 2017/8/7)
  • BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) は PSM (Projekt System & Management GmbH) との間で、ドイツ陸軍の Puma 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) を対象とする防禦力改善・打撃力改善・指揮能力の改善・訓練の改善を図るパッケージ契約を締結した。総額 3 億 7,000 万ユーロの案件。Multifunctional Self-Protection System を対象とする整備・補修業務も Puma IFV の計画に取り込み、部隊レベルでツール・計測機材・試験機材・スペアパーツ・訓練機材の調達や維持を行えるようにする。また、砲塔訓練システムの調達も実施する。(BAAINBw 2017/8/8)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • CJTF-OIR (Combined Joint Task Force Operation Inherent Resolve) の関係者が、イラク軍が Tal Afar を ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) から奪還する作戦を発動したことを明らかにした。(DoD 2017/8/20)
  • ナイジェリア陸軍が、進行中の Boko Haram 掃討作戦 "Operation Lafiya Dole" に関連して、2017/8/15 に機動打撃チーム (MST : Mobile Strike Team) を新編した。長距離パトロールと待ち伏せ攻撃が主任務。(IHS Jane's 360 2017/8/18)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |