今週の軍事関連ニュース (2017/08/31)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • ロシアとベラルーシが 2017/9/14-20 にかけて実施する予定の大規模演習 "Zapad-2017" について、西側諸国が懸念を表明している。NATO の Jens Stoltenberg 事務総長は 7 月に「公式に報告されている数字よりも多い部隊を維持しようとするものではないか」とコメントしていた。これに対してロシア側は「この演習は純然たる防衛的なもの」「西側の報道は "ロシアの脅威" という神話である」と反論。リトアニアから「10 万名」との数字が出てきている参加兵力についても「ロシア軍 5,500 名、ベラルーシ軍 7,200 名で合計 12,700 名、演習中にベラルーシ国内にいるのは 3,000 名」と反論している。(SpaceWar 2017/8/29)

今日のニュースいろいろ
  • Heather Wilson 米空軍長官が、F-35A について「必要とあらば太平洋地域に派遣する用意は整っている」と発言した。ただし、具体的な派遣スケジュールには言及していない。(DoDBuzz 2017/8/25)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) のヘリコプター揚陸艦 HMS Ocean が、NATO の SNMG2 (Standing Maritime Group 2) 旗艦として地中海方面へのデプロイメントに出た。(Royal Navy 2017/8/29)
  • NATO は、バルト三国とポーランドに展開している合同戦闘群がすべて完全運用能力 (FOC : Full Operational Capability) を達成した、と発表した。その内訳は以下の通り。
    • ラトビア (Camp Adazi) : カナダ軍主導の戦闘群。アルバニア、イタリア、ポーランド、スロベニア、スペインが参画
    • リトアニア : ドイツ軍主導の戦闘群。ベルギー、ルクセンブルク、オランダが参画
    • エストニア : イギリス軍主導の戦闘群。フランスが参画
    • ポーランド : アメリカ軍主導の戦闘群。ルーマニアとイギリスが参画
    (NATO 2017/8/28)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) No.3(F) Sqn. (RAF Coningsby, UK) 所属の Typhoon FGR.4 がルーマニアの Mihail Kogalniceanu AB で実施していた上空哨戒任務を、カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) の CF-18 が引き継いだ。この "Operation BILOXI" で No.3(F) Sqn. は 280 ソーティあまりの出撃を記録。(Royal Air Force 2017/8/29)
  • そのイギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) No.3(F) Sqn. (RAF Coningsby, UK) 所属の Typhoon FGR.4 のうち 2 機が、空軍・陸軍の合同訓練を実施するためにエストニア入りした。(Royal Air Force 2017/8/29)
  • イラン空軍司令官の Abolfazl Sepehri Rad 大将が、ロシアから入手した S-300 地対空ミサイルについて、防空ネットワークへのインテグレーションが完了した、と発表した由。(Times of Israel 2017/8/28)

今日のニュースいろいろ
  • リトアニアの Siauliai AB を拠点として NATO が実施しているバルト三国向けの上空哨戒任務 (BAP : Baltic Air Policing) が、9 月から米空軍 48th FW (48th Fighter Wing, RAF Lakenheath, UK) の担当になる。派出するのは F-15C×7 機と人員 140 名。ポーランド空軍からの引き継ぎの式典は、2017/8/30 に Siauliai AB で実施。(Lithuanian MoD 2017/8/28, British Forces News 2017/8/29)
  • Michael Fallon 英国防相がオマーンを訪問、Sayyid Badr bin Saud bin Harib Al Busaidi 国防相と会談して、軍事面の関係強化を図るとの合意をまとめた。オマーンの Duqm Port には、イギリス軍の兵站支援拠点 (Joint Logistics Support Base) を設けることになっており、近いうちに稼動を始める予定。運営は Babcock International と Oman Drydock Co. のジョイント ベンチャーが担当する。(MoD UK 2017/8/28)
  • また、Michael Fallon 英国防相はクウェートを訪問した際に、9 月から Red Arrows が中東ツアーを開始する、との発表も行った。(MoD UK 2017/8/27)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • GAO (Government Accountability Office) は、米空軍の EC-130H Compass Call 後継機調達計画について、Boeing Co. と Bombardier が提出していた異議申立を却下した。これにより、当初の選定通りに L-3 Technologies が担当する可能性が濃厚になった。(DefenseNews 2017/8/29)
  • インドとイスラエルが共同開発した LRSAM (Long-Range Surface-to-Air Missile) について、2017/8/26 に BDL (Bharat Dynamics Ltd.) の工場で Arun Jaitley 国防相を迎えて引渡式典が行われた。(The Hindu 2017/8/27, IAI 2017/8/31)
  • KAI (Korea Aerospace Industries) がボツワナに FA-50 を売り込んでおり、Saab AB が提案する JAS39 Gripen と競合中。(DID 2017/8/29)
  • 石油・ガス産業での需要減退を受けて、Bell Helicopter Textron Inc. が Bell 525 Relentless を軍用として売り込みたい考え。兵員輸送型なら 20 名の搭乗が可能、あるいは救難型としての利用も想定。(DID 2017/8/28)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/8/29)
ARMY
  • AM General LLC (South Bend, IN) : HMMWV (High Mobility Multi-Purpose Wheeled Vehicle)×11,560 両と予備品などを $2,205,926,405 で。世界各地の FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向けで、一番手はアフガニスタン。2023/2/28 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-17-D-0071)
  • Phoenix Logistics Inc. (Mesa, AZ) : Common Battle Command Simulation Equipment のハード/ソフトについて、調達・配備を $44,472,641 で。PEO STRI (Program Executive Officer for Simulation, Training, and Instrumentation) 麾下・Program Manager for Integration Training Environment Joint Land Component Constructive Training Capability 向け。2022/8/29 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W900KK-17-D-0005)
  • Opus Design Build LLC (Minnetonka, MN) : Air National Guard Base (Sioux City, IA) で実施する支援施設建設工事を $11,089,703 で。2018/12/24 まで。Army NGB (National Guard Bureau), Johnston, IA (W912LP-17-C-0001)
  • Honeywell International Inc. Aerospace (Tempe, AZ) : CCAD (Corpus Christi Army Depot, Corpus Christi, TX) 向けのテクニカル/エンジニアリング/兵站サービス業務について、修正契約を $13,195,730 で。T55 エンジンとコンポーネントのオーバーホールや補修に関わるもの。2018/2/28 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-11-C-0039/P00064)
  • Navistar Defense LLC (Lisle, IL) : MRAP (Mine Resistant Ambush Protected)・MaxxPro を対象とする RESET とアップグレード改修について、修正契約を $8,129,532 で。2017/10/15 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-13-C-0102/P00018)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Jacobs Technologies (Tullahoma, TN) : USSOCOM の調達部門 (Special Operations Forces Acquisitions, Technology, and Logistics) を対象とする、エンタープライズ O&M (Operations and Maintenance) サポート サービス業務を $771,331,825 で。SITEC (Special Operations Forces Information Technology Enterprise Contract) 案件で、オプション契約分 $7,312,709 まで含めた総額は $778,644,534、2023/3/31 まで。USSOCOM (US Special Operations Command) Contracting office, Tampa, FL (H92222-17-F-0069)
  • Trellisware Technologies Inc. (San Diego, CA) : 移動体アドホック ネットワーク機材を $40,000,000 で。USSOCOM の調達部門 (Special Operations Forces Acquisitions, Technology, and Logistics) 向け。2022/8/20 まで。SBIR (Small Business Innovation Research) フェーズ III の成果物。USSOCOM (US Special Operations Command) Contracting office, Tampa, FL (H92222-17-D-0024)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Caterpillar Inc. (Peoria, IL) : 民生品の建設機材を $663,584,042 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/8/28 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE8EC-17-D-0012)
AIR FORCE
  • Textron Systems, AAI Corp. (Hunt Valley, MD) : Aerospace Systems Air Platform Technology Research Program の下で実施する研究を $499,000,000 で。取得性と革新性を備えた能力の実現が目的。2025/8/31 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-17-D-2714)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc., Poway, CA) : Aerospace Systems Air Platform Technology Research Program の下で実施する研究を $499,000,000 で。取得性と革新性を備えた能力の実現が目的。2025/8/31 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-17-D-2717)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F-15E を対象とする RMP (Radar Modernization Program) 改修について、オプション契約分を $94,941,782 で。2020/4/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8634-16-C-2653/P00032)
  • Mercer Engineering Research Center (Warner Robins, GA) : Warner Robins で実施するエンジニアリング業務を $57,500,000 で。2020/12/31 まで。Air Force Sustainment Center, Robins AFB, GA (FA8530-17-D-0001)
  • Chugach Federal Solutions Inc. (Anchorage, AK) : 以下の各所で実施する導入支援業務について、修正契約を $30,382,518 で。
    • Eareckson Air Station, AK
    • King Salmon Airport, AK
    • Wake Island Air Field, AK
    2018/9/30 まで。766th Specialized Contracting Squadron, JB (Joint Base) Elmendorf-Richardson, AK (FA5000-13-C-0005/P00118)
  • NAVCOM Defense Electronics Inc. (Corona, CA) : CARA (Combined Altitude Radar Altimeter) の RF (Radio Frequency) アセンブリを対象とする補修作業を $18,199,727 で。2019/8/31 まで。Air Force Sustainment Center, Robins AFB, GA (FA8539-17-C-0005)
NAVY
  • AECOM Technical Services Inc. (Los Angeles, CA) : NAVFAC Pacific の AOR (Area of Responsibility) で実施する環境復元業務を、$95,000,000 で。2022/8 まで。州別の配分は HI (50%)、Guam (40%)、その他 (10%)。最初のタスク オーダーとして、JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam で実施する管理業務を $163,598 で。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-17-D-1800)
  • National Technologies Associates Inc. (Arlington, VA) : NAS (Naval Air Station) North Island (San Diego, CA) 所在の FRC (Fleet Readiness Center) Southwest を対象とする、デポ整備・近代化改修・転換改修・補修・オーバーホールを対象とするサポート サービス業務を、$23,437,244 で。2022/9 まで。NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division), China Lake, CA (N68936-17-D-0026)
  • Zodiac Data Systems Inc. (Alpharetta, GA) : 計測用モジュラー データ レコーダーのハードウェアと補修作業を、$20,000,000 で。F/A-18、V-22、F-35、C-130、MQ-4C Triton、MQ-8 Fire Scout、その他の各種ヘリコプターで使用する。作業場所は NAS (Naval Air Station) Patuxent River。2022/8 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-D-0044)
  • Management Services Group Inc. (dba Global Technical Systems, Virginia Beach, VA) : 電子機器の冷却技術に関わる SBIR (Small Business Innovative Research) フェーズ III 案件、Topic N141-043 "Improved, Flexible Infrastructure (FI) Compatible, and Open-Loop Air Cooled Computer Rack/Cabinet." について、研究継続を $11,855,248 で。前契約は N68335-17-G-0019。2020/8 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-F-0280)
  • BAE Systems Hawaii (Honolulu, HI) : 艦艇整備の計画立案とプログラム管理に関わる計画立案・管理業務について、修正契約を $8,693,823 で。2018/8 まで。Pearl Harbor Naval Shipyard and Intermediate Maintenance Facility, Pearl Harbor, HI (N00024-14-C-4412)
DIA (Defense Intelligence Agency)
  • Parra Consulting Group Inc. (Gaithersburg, MD) : DIA の CPC (Center Processing Center, Reston, VA) 運営業務を $18,907,017 で。2022/11/30 まで。Virginia Contracting Activity, Washington DC
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Boeing Co. (Hazelwood, MO) : DARPA の某研究プログラムについて、オプション 1 契約になっているフェーズ 2 分を $7,789,953 で。累計受注額は $4,383,949 から $12,173,902 に。2018/11 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-16-C-0091/P00003)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、Paveway II Plus レーザー誘導爆弾 (LGB : Laser Guided Bomb) について、2001 年以来の累計納入が 10 万発分に達した、と発表した。(Lockheed Martin 2017/8/29)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Technical Solutions 部門傘下・Integrated Mission Solutions Group (Camber Corp.) が米海兵隊から、CBRNE (Chemical, Biological, Radiological, Nuclear and High-Yield Explosive) Consequence Management Program を対象とするテクニカル/エンジニアリング サポート業務の契約を受注した。基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 4 年分、すべて実現すると 2022 年までの 5 年間・7,800 万ドルの案件。(HII 2017/8/29)
  • Insitu Inc. は、ScanEagle、Integrator、RQ-21A Blackjack の累計飛行時間が 100 万時間を突破したことを明らかにした。ちなみに、会社の創設は 1994 年のこと。ScanEagle は 2004 年に、米海兵隊が初めて実任務に投入した。(Insitu 2017/8/1)

今日の報道発表 (その他編)
  • Patria Oy は Airbus Defence and Space から、CANDL (Compact Airborne Networking Data Link) データリンク端末機、HPA 高出力増幅器、関連サービス業務を受注した。契約額は非公開。(Patria 2017/8/29)
  • Leonardo Sp.A は、同社の Vixen 500E レーダーをルーマニアの IAR-99 に搭載する実証機 (IAR-99 TD) の製作について発表した。ルーマニアの INCAS (Institutul National de Cercetari Aerospatiale Elie Carafoli / National Institute for Aerospace Research "Elie Carafoli") がインテグレーションを担当する。両者は過去に、Seaspray 5000E AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダーを INCAS の特殊任務用 BN-2 Islander に搭載する際に関わりがあった。(Leonardo 2017/8/29)
  • ECA Group は、同社の USV・Inspector Mk.2 が他の無人ヴィークルとの間で無線による高速データ通信を行えるようになった、と発表した。機材の選定と、現実的な運用環境下での試験を経て実現したものだとしている。Inspector Mk.2 は、他の ROV (Remotely Operated Vehicle) や AUV (Autonomous Underwater Vehicle) の発進・回収が可能。(ECA Group 2017/8/28)
  • Elbit Systems Ltd. はアジア太平洋地区の某国から、F-5 を対象とするアップグレード改修の契約を 9,300 万ドルで受注した。3 年間の契約で、HUD (Head Up Display) を初めとする先進コックピット機材、レーダー、兵装管制システム、航法システム、DASH IV Head Mounted System、電子戦機材 などを導入する。スペアパーツ、地上支援機材、フライト シミュレータも契約に含む。(Elbit Systems 2017/8/29)
  • Irkutsk の工場で製作した Su-30SM×2 機が、西部軍管区・Kursk 地区の戦闘機聯隊に飛来した。パイロットの転換訓練は Lipetsk の飛行訓練校で実施している。(Russian MoD 2017/8/28)
  • Admiralty Shipyards で建造した露海軍黒海艦隊向け Project 636.3 型潜水艦、RFS Kolpino と RFS Velikyi Novgorod が、地中海入りした。自力で黒海に向けて浮上航行する途上で、救難曳船 SB-921 が随伴している。黒海艦隊向け 636.3 型の 5・6 番艦。(Russian MoD 2017/8/28)
  • Tempo Co. は、韓国の DSME (Daewoo Shipbuilding and Marine Engineering ) で建造したインドネシア海軍 (TNI-AL : Tentara Nasional Indonesia - Angkatan Laut) 向け 209/1400 型潜水艦・KRI Nagapasa (403) が、2017/8/28 に Surabaya に到着したことを明らかにした。韓国から現地までの航行日数は 15 日間。(Tempo 2017/8/28)
  • ブルキナファソが Army 2017 展示会の席で、Rosoboronexport との間で Mi-171Sh×2 機の発注契約を締結した。2018 年のデリバリーを予定している。ブルキナファソはすでに Mi-17 と Mi-24P を運用中。(Rostec 2017/8/25, IHS Jane's 360 2017/8/25)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/8/28)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : SM-3 ブロック IIA×17 発の量産について、減額修正契約を $614,483,341 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。累計受注額は $630,653,135 から $619,593,338 に。2020/3 まで。MDA (Missile Defense Agency), Dahlgren, VA (HQ0276-15-C-0003/PZ0001)
ARMY
  • McCann World Group Inc. (New York, NY) : Army Marketing and Advertising Program 向けのサポート サービス業務について、延長修正契約を $524,100,000 で。2018/9/28 まで。Army Contracting Command, Fort Sam Houston, TX (W9124D-11-D-0036/P00023)
  • Luhr Bros. Inc. (Columbia, IL) : Red River (J. Bennett Johnston Waterway) で実施する岩石補修工事を $12,000,000 で。2020/8/27 まで。Army Corps of Engineers, Orlando, FL (W912EE-17-D-0005)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18A/B/C/D/E/F 用のスペアパーツを $323,500,000 で。海軍向け、2023/12/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-14-D-002U/TH13)
  • Forestwood Farm Inc. (Birmingham, AL) : 野菜・果物類を $72,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・農務省の学校向け、2022/2/27 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE300-17-D-P302)
AIR FORCE
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-16 を対象とするエンジニアリング/テクニカル サービス業務を $47,819,931 で。作業場所は以下の通り。
    • Hill AFB, UT
    • Toledo, OH
    • Tucson, AZ
    • McEntire Joint National Guard Base, SC
    • バーレーン、パキスタン、チリ、ヨルダン、トルコ、モロッコ、台湾、オマーン、エジプト、イラク、タイ
    2020/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8604-17-D-8002)
  • Rolls-Royce Corp. (Indianapolis, IN) : C-130J の推進システムを対象とする維持管理業務について、修正契約を $40,024,749 で。補修、在庫管理、維持サポート、エンジニアリング サポート業務、技術データを担当。2018/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, Georgia (FA8504-17-F-0007/P00005)
  • 以下の各社は、弾薬ハンドリング機材とトレーラーを総額 $9,750,000 で。
    • Mark G. Miller Inc. (Layton, UT) : FA8532-17-D-0004
    • Falcona Intuitive Integrated Solutions (San Antonio, TX) : FA8532-17-D-0005
    • Strategic Enterprise Solutions Corp. (Warner Robins, GA) : FA8532-17-D-0006
    • Ki Ho Military Acquisition Consulting Inc. (Reston, VA) : FA8532-17-D-0007
    AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA
NAVY
  • M.A. Mortenson Co. (Minneapolis, MN) : JEB (Joint Expeditionary Base) Little Creek - Fort Story (Virginia Beach, VA) の BEQ (Bachelor Enlisted Quarter)、Building 3606 を対象とする補修工事を $27,780,500 で。2019/9 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-C-0309)
  • Phoenix International Holdings Inc. (Largo, MD) : 潜水艦救難用再圧装置を対象とする整備・改修・変更・運用について、オプション契約分を $23,345,713 で。2018/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-4107)
  • Epsilon Systems Solutions Inc. (San Diego, CA) : Southwest Regional Maintenance Center (San Diego, CA) 向けのテクニカル サービス業務と補修サービス業務について、オプション契約分を $16,995,948 で。2018/8 まで。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA (N55236-14-C-0014)
  • GDOTS (General Dynamics Ordnance and Tactical Systems, Williston, VT) : Mk.99 MFCS (Missile Fire Control System) 用の Mk.82 方位盤と Mk.200 方位盤制御機材について、オプション契約分を $12,070,365 で。2020/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-13-C-5113)
  • Global, A 1st Flagship Co. (Newport Beach, CA) : NAVSEA Inactive Ship Maintenance Office Bremerton が管理している艦艇を対象とする、運用・サポート・整備に関わるサービス業務と資材を、$11,425,212 で。オプション契約分まで含めた総額は $56,237,344。作業場所は Bremerton, WA (80%) と San Diego, CA (20%)、2018/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC , Washington DC (N00024-17-C-4404)
  • L-3 Computer Sciences Corp. (Millersville, MD) : TB-34X 曳航ソナー用アセンブリについて、オプション契約分を $9,147,202 で。2019/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-13-C-6239)
  • Wyle Laboratories Inc. (Huntsville, AL) : F/A-18 関連のプログラム管理支援業務を $8,201,006 で。作業場所は以下の通り。
    • NAS (Naval Air Station) Patuxent River, MD (83%)
    • NAS Whidbey Island, WA (7%)
    • Navy Supply Systems Command (Philadelphia, PA (4%)
    • NAS North Island, CA (3%)
    • RAAFB Amberley, Queensland, Australia (2%)
    • NAS Oceana, VA (1%)
    オーストラリア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件を含む。2018/8 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-17-C-0056)
  • 以下の各社は、676 型哨戒艇を対象とする延命改修を総額 $7,200,000 で。
    • Lyon Shipyard Inc. (Norfolk, VA) : N00024-17-D-2216
    • Tecnico Corp. (Chesapeake, VA) : N00024-17-D-2218
    2018/9 まで。オプション契約分まで含めた総額は $43,200,000。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC
  • L-3 Technologies Inc. (dba L-3 KEO, Northampton, MA) : Mk.20 EOSS (Electro-Optical Sensor System) と Mk.46 OSS (Optical Sight System) を $7,020,131 で。レトロフィット改修、再生補修、アップグレード改修、スペアパーツを担当。オプション契約分まで含めた総額は $17,224,144。米海軍向け 93%、オーストラリア向け FMS (Foreign Military Sales) 7%。2021/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-G-5359/#0003)
DoDEA (Department of Defense Education Activity)
  • LinTech Global Inc. (Farmington Hills, MI) : DoDIG (Department of Defense Office of the Inspector General, Alexandria, VA) 向けの IT サポート業務を $9,493,920 で。懇請 HE1254-17-R-9002 による。オプション契約分まで含めた総額は $48,428,538。2018/8/31 まで。DoDEA (Department of Defense Education Activity) が DoDIG の代理として発注。 (HE1254-17-D-9002)

今日の報道発表
  • Orbital ATK Inc. は米海軍に、AGM-88E AARGM (Advanced Anti-Radiation Guided Missile) で使用する改良版ソフトウェア・ブロック 1 をデリバリーした。年初に、試験によって有効性を実証できたのを受けて、デリバリーを実現したもの。(Orbital ATK 2017/8/28)
  • Orbital ATK Inc. は、米空軍の ORS-5 (Operationally Responsive Space-5) 衛星打ち上げについて発表した。使用したのは同社製の Minotaur IV ロケットで、2017/8/26 に Cape Canaveral AFS (Air Force Station) の SLC-46 (Space Launch Complex 46) から発射した。Minotaur の打ち上げ成功事例は 26 回目、Minotaur IV だけで見ると 6 回目となる。(Orbital ATK 2017/8/26)
  • Pilatus Aircraft Ltd. は、製品ラインナップの見直しに伴って Pilatus PC-6 Porter の生産を終息する、と発表した。既存カスタマー向けのサポートは、今後 20 年間に渡って継続するとしている。累計生産機数は約 500 機、さらにアメリカで 100 機ほどをライセンス生産した。(Pilatus Aircraft 2017/8/28)
  • オーストラリアの Monegeetta Proving Ground で、Hawkei 装甲車を使った PMV-L (Protected Mobility Vehicle - Light) の実証試験が行われた。その際に、CASG (Capability Acquisition and Sustainment Group) の Project Land 121 フェーズ 4 担当チームが、C4I (Command, Control, Communications, Computers and Intelligence) 機能を受け持つ ICS (Integral Computing System) の試験を実施した。この件に協力したメーカーは以下の面々。
    • Thales Australia
    • Cablex
    • Elbit Land Systems Australia
    • Esterline
    • Harris Australia
    • Kongsberg
    • Raytheon Co.
    • Rockwell Collins Inc.
    • Thomas Global Systems
    C4I ICS は 2018 年から低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) に入る予定。(Australian DoD 2017/8/28)
  • オーストラリア軍の研究者・Canicious Abeynayake 氏は、数年前から運用している地表貫通レーダー (GPR : Ground Penetrating Radar) について、「まだシグナル処理の部分に改善の余地がある」と説明。米軍と共同で、さまざまな土壌の下で試験を実施したことを明らかにした。米軍は Polaris、豪軍は Husky を持ち込んだ。(Australian DoD 2017/8/28)
  • Arun Jaitley 印財相が、HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) が開発した 5.8t 級武装ヘリ・LCH (Light Combat Helicopte) の量産開始を宣言した。一方、ライセンス生産している Hawk Mk.132 (Hawk-I) については、累計生産が 100 機に達したとの発表もあった。(HAL 2017/8/28, Business Standard 2017/8/26)
  • シンガポール政府は、新規調達が決まった AN/TPQ-53 レーダーについて、「AN/TPQ-36 と AN/TPQ-37 の代替用で、砲兵隊で運用する」と発表した。同レーダーの調達に関するメディア報道を受けて、明らかにしたもの。(Singapore Government 2017/8/25)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 米国防総省の Robert Manning 陸軍大佐は、イラク軍が Tal Afar で 60 平方キロを ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) から奪還、完全奪還には至っていないものの街の中心部まで進んでおり、奪還作戦が進展していると説明。シリアでも、SDF (Syrian Democratic Forces) が Raqqa に向けて進撃中だとした。(DoD 2017/8/28)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |