今週の軍事関連ニュース (2017/09/14)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • イギリスは EU に対して、EU 離脱 (Brexit) 後の軍事的協力提案を実施した。EU の軍事作戦に対するイギリス軍の派遣や、EU が実施する制裁措置への協調などといった内容。(MoD UK 2017/9/12)

今日のニュースいろいろ
  • ウクライナ西部の Yavoriv で、15 ヶ国から 2,500 名が参加する演習 "Rapid Trident" がスタートした。2017/9/23 までの予定。(SpaceWar 2017/9/11)
  • 米海軍太平洋艦隊麾下の CHSMWP (Commander, Helicopter Maritime Strike Wing Pacific) が 2017/9/8 から、南米諸国の海軍と共同で実施する通常潜相手の年次演習・DESI-EX (Diesel Electric Submarine Initiative Exercise) のフェーズ 2 をスタートした。米海軍の MH-60R や各国の哨戒機が参加している。それに先立ち 2017/7/15-20 にかけて、米海軍の 6 個ヘリ飛行隊と哨戒機 3 個飛行隊で 29 ソーティ・147 時間の訓練を実施、ペルー海軍 (MGP : (Marina de Guerra del Peru) の 209 型・BAP Pisagua (SS 33) が相手役を務めた。(US Navy 2017/9/11)
  • 米海兵隊 MARSOC (Marine Corps Special Operations Command) が米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) の AOR (Area of Responsibility) で、フリーズドライ血漿の使用を開始した。(SpaceWar 2017/9/8)
  • 在比米国大使館が、フィリピン軍が Mindanao で実施している対テロ戦を支援するために MQ-1C Gray Eagle UAV を送り込んだことを明らかにした。(US Embassy in Philippines 2017/9/11)

今日のニュースいろいろ
  • NATO はトルコ近海・Aksaz 沖で 2017/9/8-22 にかけて、潜水艦救難 (SMER : Submarine Escape and Rescue) の演習 "Dynamic Monarch 2017" を実施中。参加国はカナダ、フランス、イタリア、ノルウェー、ポーランド、スペイン、トルコ、イギリス (潜水艦×3 隻、救難艦×4 隻、水上艦×5 隻、航空機×4 機、潜水チーム×3、医療チーム×3 など)。さらにバングラデシュ、チリ、イスラエル、スウェーデンがオブザーバーを派遣した。(NATO 2017/9/7)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • トルコが NATO 諸国の反対にもかかわらず、S-400 地対空ミサイルの手付金をロシアに支払ったことが明らかになった。一方、Sigmar Gabriel 独外相は人権問題を理由に、トルコ向けの主要装備品の輸出を差し止めると言明している。(Hurriyet Daily News 2017/9/12)
  • ポーランドの WZL-2 (Wojskowe Zaklady Lotnicze 2) が MSPO 2017 展示会に、VTOL (Vertical Take-Off and Landing) が可能なロイター・自爆兵器、Dragonfly を出展。全長 3.2m、翼幅 5.5m、最大離陸重量 80-90kg、ペイロード 20kg。(DID 2017/9/12)
  • Sikorsky が米陸軍の JMR-TD (Joint Multi Role Technology Demonstrator) 計画向けに製作を進めている SB-1 Defiant は、ローター ブレードの製作に関わる問題に直面、それが原因で初飛行が遅れている。同社は 8 月に、飛行試験中の S-97 Raider がハードランディングして損傷する事態にも見舞われているが、計画は続行することになっており、2018 年に飛行を再開する考え。(DefenseNews 2017/9/11)
  • Uralvagonzavod が露国防省から、露陸軍の T-80 戦車を対象とするアップグレード改修の契約を受注した。T-80 の製造元でもある、Omsktransmash (Omsk Transport Machine-Building Plant) が作業を担当する。(TASS 2017/9/8)

カナダ向け FMS (DSCA 2017/9/12)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、カナダ向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F/A-18E/F を輸出すると通告した。総額は 52 億 3,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • F/A-18E×10、F/A-18F×8 (w/F414-GE-400)
  • F414-GE-400 予備エンジン×8
  • AN/APG-79 レーダー×20
  • 20mm ガトリング機関砲 M61A2×20
  • AN/ALR-67(V)3×28
  • AN/AAQ-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod)×15
  • RT-1957(C)/USQ-190(V) MIDS-JTRS (Multifunctional Information Distribution Systems Joint Tactical Radio System)×20
  • JHMCS (Joint Helmet Mounted Cueing System)×30
  • AN/ALQ-214 ICS (Integrated Countermeasures System)×28
  • LAU-127E/A または LAU-127F/A ミサイル発射器×130
  • AN/AYK-29 DTS (Distributed Targeting System)×22
  • AN/AYK-29 DTP (Distributed Targeting Processor)×22
  • AIM-9X-2 Sidewinder ブロック II×100
  • AIM-9X-2 Sidewinder ブロック II CATM (Captive Air Training Missile)×30
  • AIM-9X-2 Sidewinder ブロック II NATM (Special Air Training Missile)×8
  • AIM-9X-2 Sidewinder ブロック II TGU (Tactical Guidance Unit)×20
  • AIM-9X-2 Sidewinder ブロック II CATM 誘導ユニット×16
  • AN/AVS-9 NVG (Night Vision Goggle)
  • AN/ALE-47 ディスペンサー
  • AN/ARC-210 通信機
  • AN/APX-111 CIT (Combined Interrogator Transponder)
  • AN/ALE-55 曳航デコイ
  • JMPS (Mission Planning System)
  • AN/PYQ-10C SKL (Simple Key Loader)
  • DTU (Data Transfer Unit)
  • ANAV GPS (Accurate Navigation Global Positioning System)
  • KIV-78 IFF (Identification Friend or Foe) 向けデュアル チャンネル暗号化装置
  • CADS/PADS
  • ILS (Instrument Landing System)
  • AAE (Aircraft Armament Equipment)
  • HSVN (High Speed Video Network) 用の HDVR (HSVN Digital Video Recorder)
  • LAU-115D/A・LAU-116B/A・LAU-118A ミサイル発射器
  • 飛行試験、現地調査、機体フェリー、増槽、スペアパーツ、コンテナ、保管業務、輸送業務、搭乗員と整備要員の訓練、訓練支援・訓練機材、補修用の機材とパーツ、支援機材、試験機材、技術データ ECP (Engineering Change Proposals)、文書類、ソフトウェアとサポート・開発・インテグレーション・試験、補修作業、技術支援、支援機材、兵站支援業務など
担当メーカーは Boeing Co. (St. Louis, MO)、Northrop Grumman Corp. (Los Angeles, CA)、Raytheon Co. (El Segundo, CA)、General Electric (Lynn, MA)、Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ)。オフセットの設定を予定。

今日の米軍調達 (Contracts 2017/9/12)
ARMY
  • 以下の各社は、医療施設・システム・機材を対象とする建設・補修・リニューアル工事を、総額 $180,000,000 で。
    • ABM Government Services LLC (Hopkinsville, KY) : W912DY-17-D-0021
    • AECOM Technical Services (Morrisville, NC) : W912DY-17-D-0022
    • Global Engineering and Construction LLC (Renton WA) : W912DY-17-D-0023
    • Herman Construction Group Inc. (Escondido, CA) : W912DY-17-D-0024
    • United Excel (Merriam, KS) : W912DY-17-D-0030
    • J&J Worldwide Services (Austin, TX) : W912DY-17-D-0026
    • Mortenson Construction (Minneapolis, MN) : W912DY-17-D-0028
    • Synergy-Kirlin JV (El Paso, TX) : W912DY-17-D-0029
    アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、海外米領の医療施設が対象。2022/9/11 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL
  • URS Federal Services Inc. (Germantown, MD) : 回転翼機の操縦訓練教官業務を $49,157,150 で。Fort Rucker 向け、2023/9/30 まで。Army Mission and Installation Contracting Command, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (W9124G-17-C-0005)
  • Cape Henry Associates Inc. (Virginia Beach, VA) : HSE Lighthouse フレームワークと個別機能モジュールの熟成を、$49,128,462 で。2020/9/11 まで。Army Contracting Command, Research Triangle Park, NC (W911NF-17-D-0021)
  • Washington Office Interiors LLC (Quantico, VA) : 什器の解体・デリバリー・設置とゴミ箱の撤去を、$19,900,000 で。2022/9/11 まで。Army Mission and Installation Contracting Command, Fort Knox, KY (W9124D-17-D-0071)
  • Okland-Geneva JV (Salt Lake City, UT) : Nellis AFB (Las Vegas, NV) に F-35 用の駐機場を建設する工事を $19,055,009 で。2019/9/2 まで。Army Corps of Engineers, Los Angeles, CA (W912PL-17-C-0026)
NAVY
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Ingalls Shipbuilding (Pascagoula, MS) : Ticonderoga 級巡洋艦と Spruance 級駆逐艦に関わるヤード サービス業務について、継続分を $72,992,210 で。2018/9 まで。オプション契約分まで含めた総額は $150,817,600。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-12-C-4323)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) : Ticonderoga 級巡洋艦と Spruance 級駆逐艦に関わるヤード サービス業務について、先行調達と管理サービス業務の修正契約を $10,673,401 で。2018/9 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion, and Repair, Gulf Coast, Pascagoula, MS (N00024-12-C-4323)
  • CFM International (Chester, OH) : C-40A 用の CFM56-7B24EG04 エンジン×1 基と P-8A 用の CFM56-7B27AE エンジン×3 基を $46,999,658 で。2018/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0064)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18E/F を対象とする SLAP (Service Life Assessment Program) と SLEP (Service Life Extension Program) について、フェーズ C 分に関する修正契約を $42,030,000 で。設計寿命の 6,000 飛行時間を超える延命が目的。2021/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-D-0004/P00001)
  • Hamilton Sundstrand Corp. (Rockford, IL) : MV-22B と CV-22A で使用する定速発電機の補修作業を、$38,223,326 で。2018/9 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-12-D-011N/#7015)
  • Engility LLC (Chantilly, VA) : NAWC-AD 麾下、Support Equipment and Aircraft Launch and Recover Equipment Department 向けのエンジニアリング/テクニカル サービス業務を $29,862,080 で。2022/9 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-D-0018)
  • NDI Engineering Co. (Thorofare, NJ) : NAWC-AD 麾下、Support Equipment and Aircraft Launch and Recover Equipment Department 向けのエンジニアリング/テクニカルサービス業務を $29,568,716 で。2022/9 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-D-0012)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : RIM-116C RAM (Rolling Airframe Missile) ブロック 2 GMRP (Guided Missile Round Pack) に関する修正契約を $21,231,420 で。2019/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-5400)
MDA (Missile Defense Agency)
  • GA-EMS (General Atomics Electromagnetic Systems, Poway, CA) : MDA 仕様の MQ-9 Reaperによる実証試験について、継続分を $30,349,667 で。BMDS (Ballistic Missile Defense System) の試験が 2 回、米国内での試験が 5 回。MDA (Missile Defense Agency), Albuquerque, NM (HQ0277-17-C-0001)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Alliant Techsystems Operations LLC (dba Orbital ATK, Elkton, MD) : AFRE (Advanced Full Range Engine) 計画の下で実施する研究を $21,441,308 で。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-17-C-0100)
AIR FORCE
  • Odyssey Systems Consulting Group Ltd. (Wakefield, MA) : FMS (Foreign Military Sales) がらみの専門職調達支援サービス業務について、オプション 2 契約分を $8,159,916 で。プログラム管理、財務管理、管理などの支援業務を担当。FMS 対象国はオーストラリア、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates)、NATO、カタール、トルコ、イギリス、エジプト、ギリシア、インドネシア、イラク、夜だか、韓国、モロッコ、オマーン、ポーランド、シンガポール、タイ、台湾サウジアラビア、フランス、インド、ノルウェー、ベルギー、日本、デンマーク、オランダ、ポルトガル。作業場所は Hanscom AFB と Eglin AFB。2018/9/17 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8721-13-D-0002-0005/#30)
  • FGS LLC (La Plata, MD) : ウェポン システムと C4I (Command, Control, Communications, Computers and Intelligence) システムに関わる IT サービス業務について、オプション 1 契約分を $7,328,166 で。AFISRO (Air Force Intelligence, Surveillance and Reconnaissance Organizations) と関連部門向け、2018/10/2 まで。Acquisition Management and Integration Center, Detachment 2, JB (Joint Base) San Antonio-Lackland, TX (FA7037-16-D-0005-0002/#000205)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は米空軍から、M コード GPS (Global Positioning System) に対応する MCEU (Military Code Early Use) を 4,550 万ドルで受注した。ブロック IIR-M 衛星×8 基とブロック IIF 衛星×12 基について、M コード関連の管制機能を提供するもの。(Lockheed Martin 2017/9/12)
  • 2017/9/8 に HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) で、Arleigh Burke 級イージス駆逐艦 USS Delbert D. Black (DDG-119) が進水した。フライト IIA 仕様。このほか、USS Ralph Johnson (DDG-114)、USS Paul Ignatius (DDG-117)、USS Frank E. Petersen Jr. (DDG-121)、USS Lenah H. Sutcliffe Higbee (DDG-123) が建造中、USS Jack H. Lucas (DDG-125) が発注済み。なお、同級で使用するガスタービン発電機は Rolls-Royce plc 製の AG9140×3 基だが、フライト III では電力消費の増加を受けて新型の AG9160 (出力 4MW) に変わる。(US Navy 2017/9/11, Rolls-Royce 2017/9/11)
  • AeroVironment Inc. は、Puma AE UAV 用の長距離型アンテナ (LRTA : Long-Range Tracking Antenna) を発表した。DDL (Digital Data Link) のレンジ延伸を図るためのもので、2 軸の位置決めを行う自動追尾機能も備える。(AeroVironment 2017/9/12)
  • Lockheed Martin Corp. は DSEi 展示会の席で、キャニスター発射式の新型 UAV・Outrider を発表した。イギリスの Havant にある事業所が Wirth Research と組んで開発したもの。幅 4in、重量 1.7kg、速力 50kt、搭載能力はクラス最大だとしている。センサーは HDTV カメラと赤外線センサー。(Lockheed Martin 2017/9/12)
  • Harris Corp. は、AN/PRC-117G マルチバンド通信機で使用する新しい暗号化機能・Suite B のローンチを発表した。アメリカ/NATO 向けと独立ネットワーク向けの暗号化機能を切り替えて使用するもの。統合作戦にも単独作戦にも対応でき、しかも複数台の通信機を用意する手間がかからない。(Harris 2017/9/12)
  • BAE Systems が F-22A 用に製作する新型 HUD (Head Up Display)・Digital Light Engine で使用するプロジェクタについて、Raytheon Co. が設計・開発・製作を担当することになった。Digital Light Engine は新型のデジタル HUD で、既存 HUD のスペースにシームレスに設置できる設計とする。これを導入することで状況認識の改善が可能、との説明。(Raytheon 2017/9/12)

今日の報道発表 (その他編)
  • Hensoldt は、新規開発したパッシブ レーダーをネットワークでつなぎ、クラスタ化する実証試験を実施した。レーダーの影になるエリアが広い山岳地帯で多様なターゲットの探知に成功したほか、200km までの距離で短時間の間に空域状況の把握ができたとしている。(Hensoldt 2017/9/11)
  • BAE Systems が、新型戦車橋の分野で GDELS (General Dynamics European Land Systems) との協業を発表した。Modular Bridging System のパネルを GDELS が製作、BAE Systems に納入して組み立てと試験を行うという図式。この機材は英陸軍の BR90 戦車橋代替計画・TYRO 計画向けに提案中。(BAE Systems 2017/9/12)
  • Thales は DSEi 展示会で、新型のブルバップ式自動小銃 F90MBR (Modular Bullpup Rifle) を出展した。オーストラリア軍が使用している F90 の最新発展型で、重量は 3.25kg。レール システムや弾倉は既存の NATO 諸国のものと相互運用性がある。(Thales 2017/9/11)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) は、ロイター式自爆突入型 UAV の最新製品、Maritime Harop を発表した。OPV (Offshore Patrol Vessel) からフリゲートぐらいの規模の艦艇への搭載を企図したもので、洋上運用に合わせて発射器や通信機器の仕様を変えている。過去に開発してきたロイター式自爆突入型 UAV としては、Harpy、Harpy NG、HAROP、Green Dragon、Rotem がある。(IAI 2017/9/11)
  • RCIED (Radio-Controlled Improvised Explosive Device) 対策機材で知られる Allen-Vanguard Corp. が DSEi 展示会で、C-UAS (Counter Unmanned Aerial Systems) システム・ANCILE を発表した。無線による指揮管制妨害によって UAV を無力化する製品。(Allen-Vanguard 2017/9/12)
  • Saab AB は DSEi 展示会に、JAS39C ベースのアグレッサー機・Gripen Aggressor を出展した。空戦訓練の敵役を務めるための機体で、高性能・柔軟性・高稼働率・低ライフサイクルコストを実現できるとしている。(Saab 2017/9/12)
  • BAE Systems が、履帯駆動式 UGV・Ironclad を開発、DSEi 展示会に出展した。ミッション ペイロードを任意に組み合わせることができるモジュラー設計で、STANAG 4569 レベルの小火器向け装甲防禦も装備。偵察、EOD (Explosive Ordnance Disposal)、負傷者後送、RWS (Remote Weapon Station) と画像/音声センサーの装備による地域拒否、といった用途を想定。(IHS Jane's 360 2017/9/5)
  • 英海空軍にイタリア、オランダからのパイロットが加わり、F-35 搭乗員による相互運用性検証試験を実施した。複数拠点に分かれて、シミュレータを使用する形で実施している。(BAE Systems 2017/9/12)
  • イギリス陸軍が 120 万ポンドの契約を発注、BAE Systems、Airbus、General Dynamics と組んで、Panther 装甲車に搭載して前線に持ち込む無線通信拠点・STRIKE Tactical Hotspot の概念実証機を開発中。車両の周囲・数 km の範囲で暗号化通信が可能。(BAE Systems 2017/9/12)
  • 独国防省は、ドイツ軍向けの GNSS (Global Navigation Satellite System) として Rockwell Collins Inc. 製 NavHub 航法システムの採用を決定した。M コード GPS (Global Positioning System) にも対応しており、多様な車両への搭載が可能だとしている。(Rockwell Collins 2017/9/12)
  • Rolls-Royce plc が、単一の用途に的を絞って 100 日超の連続行動能力と 3,500nm のレンジを備えた自律行動船の構想を披瀝した。偵察・監視、機雷捜索、フリート スクリーニングといった用途を想定しており、全長 60m、排水量 700t、速力 25kt。推進には補機を局限できる電気推進を使用する考えで、発電には Rolls-Royce MTU 4000 Series ディーゼル×2 基 (4MW)、推進にはポッド式の永久磁石同期電動機を使う。(Rolls-Royce 2017/9/12)
  • Elbit Systems Ltd. が、GPS (Global Positioning System) が使えない環境下で測位を行うツール・SmarTrack を発表した。降車歩兵や特殊作戦部隊による利用を想定しており、最大 100 ユーザーのネットワークも構成可能。同社が特許を持つ RF (Radio Frequency) 測位技術を利用する。(Elbit Systems 2017/9/7)
  • Leonardo Sp.A は RUAG Aviation から、バングラデシュ海軍向けの Do228 洋上哨戒機 (MPA : Maritime Patrol Aircraft)×2 機に搭載する AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー・Seaspray 5000E を受注した。機体の方はすでに発注済み。(Leonardo 2017/9/12)
  • 三菱重工が Inmarsat から、Inmarsat-6 F1 衛星の打ち上げ契約を受注した。2020 年に H-IIA で打ち上げる予定。Inmarsat-6 は第 6 世代版の衛星で L バンドと Ka バンド (Global Xpress) のデュアルバンド対応。(MHI 2017/9/11)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/9/11)
NAVY
  • DynCorp International LLC (Fort Worth, TX) : T-34 Mentor×16 機、T-44 Pegasus×54 機、T-6 Texan×287 機を対象とする、列線整備、中間整備、デポレベル整備について、修正契約を $103,165,374 で。作業場所は以下の通り。
    • NAS (Naval Air Station) Corpus Christi, TX (50%)
    • NAS Whiting Field, FL (39%)
    • NAS Pensacola, FL (8%)
    • その他 (3%)
    2018/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-D-0003/#00032)
  • 以下の各社は、艦上で使用する医療・歯科医療用キットを総額 $33,912,971 で。
    • American Purchasing Services LLC (dba American Medical Depot, Miramar, FL) : N62645-17-D-5033
    • Califon Systems LLC (Dallas, GA) : N62645-17-D-5034
    2023/10/15 まで。Naval Medical Logistics Command, Fort Detrick, MD
  • Colby Co., LLC (Portland, ME) : NAVFAC Mid-Atlantic の AOR (Area of Responsibility) で実施するアーキテクト/エンジニアリング業務を $30,000,000 で。州別の配分は ME (70%)、NH (5%)、MA (5%)、CT (5%)、RI (5%)、NY (5%)、VT (3%)、その他 (2%)。2022/9 まで。まず Task order 0001 として、Portsmouth Naval Shipyard (Kittery, ME) の 1 号乾ドックにある原子炉サービス施設を対象とする建設工事について、監督業務を $991,825 で。2018/9 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-D-5006)
  • Homeland Security Solutions Inc. (Hampton, VA) : 海兵隊向けのプログラム管理支援、訓練、人事サービス、警備以外の保安関連業務を、$17,100,000 で。作業場所は以下の通り。
    • Camp Lejeune/New River, NC (11%)
    • Camp Pendleton, CA (10%)
    • District of Columbia (9%)
    • Cherry Point, NC (8%)
    • Miramar, CA (8%)
    • Quantico, VA (8%)
    • Camp Smith and Kaneohe Bay, HI (7%)
    • Beaufort/Parris Island, SC (6%)
    • Yuma, AZ (5%)
    • Barstow, CA (5%)
    • San Diego, CA (5%)
    • Albany, GA (5%)
    • Okinawa, Japan (5%)
    • Bridgeport, CA (2%)
    • Blount Island, FL (2%)
    • New Orleans, LA (2%)
    • Iwakuni, Japan (2%)
    2018/3/10 まで。Marine Corps Installations National Capitol Region - Regional Contracting Office, MCB (Marine Corps Base) Quantico, VA (M00264-17-C-0014)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) : Ticonderoga 級巡洋艦と Spruance 級駆逐艦に関わるヤード サービス業務について、先行調達/管理サービスのための修正契約を $12,782,253 で。2018/9 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion, and Repair, Gulf Coast, Pascagoula, MS (N00024-12-C-4323)
  • 以下の各社は、Southwest Regional Maintenance Centerの Commercial Industrial Services Code に基づいて実施する足場工事について、オプション 2 契約分をそれぞれ受注。
    • American Scaffold (San Diego, CA) : $10,869,649 (N55236-16-D-0001)
    • WV Construction Co. (Jamul, CA) : $18,892,889 (N55236-16-D-0002)
    San Diego から 50 マイルの範囲内が対象。2018/10 まで。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA
  • Lockheed Martin Corp. (Owego, NY) : MH-60R/S 用のマルチモード レーダーと潜望鏡探知用レーダー機能について、中間レベルの運用試験プログラム セット×18 セットを $9,540,000 で。2020/12 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-C-0692)
  • Lockheed Martin Corp. (Liverpool, NY) : E-2C で使用する 195 品目を対象とする修理作業を $8,990,806 で。基本契約 2 年間、1 年単位のオプション契約 3 年分、2022/9 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-17-D-A801)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 に関する修正契約を $8,461,238 で。前契約は N00019-14-G-0020。2018/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F-0108)
  • Barnhill Contracting Co. (Jacksonville, NC) : MCAS (Marine Corps Air Station) Cherry Point (Havelock, NC) で実施する舗装工事を $8,073,749 で。前契約は N40085-13-D-5243。オプション契約分まで含めた総額は $8,085,199。2018/11 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-17-F-4937)
ARMY
  • Straub Construction Inc. (Fallbrook, CA) : Fort Carson で実施する航空機整備用格納庫の建設工事を、$61,936,000 で。2019/5/7 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE (W9128F-17-C-0032)
  • RRDS Inc. (Irvine, CA) : Joint Recruiting Facilities Committee 向けの抗弾パネルを $49,900,000 で。2022/9/10 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE (W9128F-17-D-0058)
MDA (Missile Defense Agency)
  • SAIC (Science Applications International Corp., McLean, VA) : BMDS (Ballistic Missile Defense System) の能力向上を図るための分析機能強化を、$34,636,585 で。QRT (Quick Reaction Team) 向け。2017/9 まで。MDA (Missile Defense Agency), Redstone Arsenal, AL (HQ0147-17-C-0045)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • TK&K Services LLC (Alpharetta, GA) : Edwards AFB の燃料施設運営業務を $10,083,696 で。GoCo (Government-Owned, Contractor-Operated) 案件で、基本契約 4 年間、2021/9/30 まで。さらにオプション契約 5 年間。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE600-17-C-5030)
  • Mariano Construction Inc. (Bloomsburg, PA) : 建物用通報システムの補修・アップグレード改修を $8,817,503 で。ペンシルバニア州内向け、2018/10/16 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Distribution, New Cumberland, PA (SP3300-17-C-0015)
AIR FORCE
  • Pratt & Whitney (East Hartford, CT) : F-15/F-16 用の F100 エンジンを対象とするエンジニアリング/テクニカル サービス業務を $8,672,257 で。作業場所は以下の通り。
    • Tucson, AZ
    • Toledo, OH
    • New Orleans, LA
    • FMS (Foreign Military Sales) カスタマー : エジプト、イラク、ヨルダン、モロッコ、台湾、韓国、インドネシア
    2019/9/15 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8604-17-D-8005)

今日の報道発表 (北米編)
  • USS Abraham Lincoln (CVN-72) 艦上で 2017/9/3 から、VFA-101 "Grim Reapers" (Eglin AFB, FL) 所属の F-35C が艦上運用試験を開始した。(US Navy 2017/9/11)
  • Northrop Grumman Corp. の Amherst Systems 部門が米海軍から、NEWEG (Next-Generation Electronic Warfare Environment Generator) の契約を受注した。脅威のシミュレートに使用する RF (Radio Frequency) シグナルについて、生成技術の改良を図る案件。(Northrop Grumman 2017/9/11)
  • Raytheon Co. は、米海軍向けに提案している NSM (Nytt Sjonomalsmissil / Naval Strike Missile) の射撃管制システムについて、担当メーカーとして Ducommun Inc. を選定した。(Raytheon 2017/9/11)
  • 米海軍は 2017/9/7 にハワイ近海で、AN/SPY-6(V) AMDR (Air and Missile Defense Radar) による弾道ミサイル・巡航ミサイルの同時追尾試験 "Vigilant Talon" を実施した。短射程の弾道ミサイル標的と、航空機発射型の巡航ミサイルを同時に発射して、それを AMDR で捕捉・追尾するという内容。当初の予備的データでは、試験は成功との評価。(US Navy 2017/9/8)
  • QinetiQ Target Systems はカナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) から、Hammerhead 水上標的×40 システムと各種ペイロードを 470 万カナダドルで受注した。5 年間・3,500 万カナダドルの枠組み契約に基づく受注。これで Hammerhead の累計受注は 425 システムになった。(QinetiQ 2017/9/11)

今日の報道発表 (その他編)
  • QinetiQ plc が開発した COMINT (Communication Intelligence) 機材・AS3 を、Thales の Watchkeeper UAV に搭載することになった。ASX ファミリー製品のひとつで、UAV など小型プラットフォームへの搭載を想定したもの。Thales と QinetiQ が、DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) からの契約に基づいてインテグレーションを実施した。(QinetiQ 2017/9/11)
  • Rockwell Collins Inc. は 2016 年に仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) から、フランス空軍 (Armee de l'air) の C-130H×14 機を対象とする Flight 2 アビオニクスの導入契約を受注しているが、そのうち最初の機体が改修を完了した。(Rockwell Collins 2017/9/11)
  • Airbus は ESA (European Space Agency) から、次世代の政府機関向け通信衛星を開発する GOVSATCOM (European Governmental Satellite Communications) 計画について、実証機の製作契約を受注した。ESA と欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) が、欧州委員会 (EC : European Commission) の後援を受けて推進する案件。地上局ではベルギーの Newtec が開発した Newtec Dialog 技術を利用、これを Toulouse にある Airbus の事業所に設置する。その後、第二フェーズとして技術開発を進める。(Airbus 2017/9/11)
  • 2017/9/8 に Rajasthan で、インドの国産対戦車ミサイル・Nag の試射が行われた。射程と条件を変えて 2 つの目標に対して発射、いずれも成功したとの説明。これで Nag ミサイルの開発試験は完了した。(Indian MoD 2017/9/9, IHS Jane's 360 2017/9/11)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • シリア政府は、同国政府軍が ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) の防衛戦を突破して Deir al-Zor (Dayr al-Zawr) の解囲に成功した、と発表した。その際、ロシア軍から地雷処分用員 175 名が派遣されてきていた由。(DID 2017/9/12)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |