今週の軍事関連ニュース (2017/11/30)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 北朝鮮が 2017/11/28 (EST) に、平壌 Pyongyang 北方の Sain Ni から弾道ミサイルを発射した。飛翔時間は 53 分間、飛翔距離は約 1,000km、高度 4,475km に到達、日本の海岸から 200nm ほど離れた排他的経済水域 (EEZ : Economical Exclusive Zone) 内に着弾。米国防総省の発表では ICBM (Intercontinental Ballistic Missile) だとしており、機種は火星 15 Hwasong-15 だとされる。(DoD 2017/11/28, DID 2017/11/29)
  • NATO とイスラエルは、機微情報の交換に際して必要となる情報保全に関する合意をまとめた。両者は 2001 年にセキュリティ合意を締結済みだが、その一環となるもの。(NATO 2017/11/28)
  • インド国防省は、2017/11/4-22 にかけてアンダマン諸島とニコバル諸島で特殊作戦部隊の演習を実施する、と発表した。三軍の特殊作戦部隊から 60 名が参加するほか、支援の航空機として C-17、C-130、An-32、Dornier 機、Sea King、Mi-17V5 を、さらに揚陸艦を使用する。(Indian MoD 2017/11/29)

今日のニュースいろいろ
  • イラクが 2018 年から、1990 年のクウェート侵攻に関連する賠償の支払を再開する運びとなった。2014 年 10 月から支払が停止していたが、2017/11/27 に Fuad Masum 大統領がクウェートを訪問して話をまとめたもの。(SpaceWar 2017/11/24)
  • 米司法省 (DoJ : Department of Justice) は、中国のセキュリティ ファーム・Boyusec (Guangzhou Boyu Information Technology Co.) の関係者 3 名について、Moody's Analytics、Siemens、Trimble に対する不正侵入の罪で告発した。対象は、同社の共同創業者 Wu Yingzhuo、エグゼクティブ ディレクターの Dong Hao、社員の Xia Lei。(SpaceWar 2017/11/27)
  • 米空軍は、新編する MQ-9 航空団の配備先について、Tyndall AFB を優先候補、Vandenberg AFB を代替候補とする、と発表した。(USAF 2017/11/28)

今日のニュースいろいろ
  • 露国防省は、カザフスタンの Sary-Shagan で A-135 弾道弾迎撃ミサイルの試験を実施したことを明らかにした。模擬目標の要撃に成功したとしている。レーダーは Moscow 近隣の Sofrino に据え付けた Don-2N、データを 5K80 指揮所に送信して 53T6 ミサイルによる要撃を管制する構成。(SpaceWar 2017/11/27)
  • イラン革命防衛隊 (IRGC : Islamic Revolution Guards Corps) の Hossein Salami 副司令官が EU 諸国に対して、「我が国のミサイル開発計画に干渉しないように」と警告する発言をした。アメリカが、ミサイル開発に関連する対イラン制裁に EU を引き込もうとしており、その動きを牽制するもの。(Radio Free Europe 2017/11/26)
  • 2017/11/23 に、ジブチにある中国人民解放軍 (PLA : People's Liberation Army) の兵站支援基地で実弾演習が行われた。戦車駆逐車 ZTL-11×2 両や歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) を使用したとのこと。ZTL-11 のベースである ZBL-09 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) は 8 両がジブチに配備されている。(China Daily 2017/11/25, IHS Jane's 360 2017/11/28)
  • インド軍の Andaman & Nicobar Command が 2017/11/20-24 にかけて、DANX (Defence of Andaman and Nicobar Islands Exercise) と題する演習を実施した。アンダマン諸島・ニコバル諸島の防衛に関わる作戦手順の演練・検証が目的。戦闘機の投入や、夜間空挺降下がハイライトだったとしている。(Indian MoD 2017/11/24)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) は、VBMR (Vehicule Blinde Multi-Roles) 軽量版の導入計画で、RTD (Renault Trucks Defense) を退けて Nexter Systems 製 Titus の採用を決めた、との報が。メーカー 2 社は「まだコンペティションは進行中」だとしているが、この報を受けて Nexter の株価が上昇。(DefenseNews 2017/11/27)
  • Airbus と、スペインの衛星オペレーター Hisdesat は、スペイン初のレーダー地表観測衛星 PAZ を 12 月に Vandenberg AFB に送り出すことを明らかにした。2018 年 1 月の最終週に打ち上げの予定。(SpaceWar 2017/11/27)
  • フィンランド国防省は、同国空軍の F/A-18C/D について、1:1 で代替機と置き換える方針を決定した。(DID 2017/11/27, YLE 2017/11/27)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/11/28)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : 車両用の各種パーツとアクセサリー類を $71,702,293 で。海兵隊向け、基本契約 3 年間、さらに 1 年単位のオプション契約 2 年間、2022/11/27 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7LX-18-D-0016)
  • LVI (Pendergrass, GA) : 倉庫・保管・兵站支援・配送業務について、オプション 2 契約分を $7,583,207 (価格修正条項付き) で。DLA 向け、2018/12/1 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPM1C1-14-C-0002/P00027)
NAVY
  • L3 - Interstate Electronics Corp. (Anaheim, CA) : 飛行試験の計測に関わるエンジニアリング サービス業務を $45,417,856 で。作業場所は以下の通り。
    • Anaheim, CA (56%)
    • Cape Canaveral, FL (27%)
    • Washington DC (4%)
    • Kings Bay, GA (3%)
    • Norfolk, VA (3%)
    • Bremerton, WA (2%)
    • Laurel, MD (2%)
    • Silverdale, WA (2%)
    • Barrow-in-Furness, United Kingdom (1%)
    2020/8/1 まで。さらに 2023/4/1 までのオプション契約を設定、その場合の総額は $195,624,931。イギリスが $555,095 を負担。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-18-C-0001)
  • Landscape Management Systems Inc. (Tumon, Guam) : Naval Base Guam (75%)、NSA (Naval Support Activity) Andersen (25%)、Commander Joint Region Marianas で実施するベース オペレーション業務について、オプション 3 契約分を $9,823,855 で。累計受注額は $46,462,500。2018/11 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Marianas, Guam (N40192-15-D-9008)
AIR FORCE
  • Honeywell International Inc. (Glendale, AZ) : 低ノイズ・高感度の加速度計を対象とする研究開発を $10,524,256 で。2025/2/20 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Kirtland AFB, NM (FA9453-18-C-0045)
  • University of Dayton Research Institute (Dayton, OH) : 極超音速飛翔体の機体構造に関する研究開発を、$9,800,000 で。2020/11/20 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-C-2253)
  • Provatek LLC (Tampa, FL) : 演習や試験で使用する、攻撃検知・識別・評価技術に開発について、修正契約を $8,469,694 で。累計受注額は $12,493,001。2020/7/31 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-16-C-0180/P00006)
  • Applied Technology Associates (Albuquerque, NM) : 宇宙空間向けの構造システムについて、研究開発を $7,982,012 で。Kirtland AFB で実施、2020/12/20 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Kirtland AFB, NM (FA9453-18-F-0002)
ARMY
  • Technica LLC (Charleston, SC) : テキサス州 El Paso で実施する整備・輸送・補給支援などの兵站支援業務について、修正契約を $25,729,001 で。2019/12/2 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-12-G-0018/#000465)
  • TRAX International Corp. (Las Vegas, NV) : アリゾナ州 Yuma とアラスカ州 Fort Greely で実施する試験支援業務について、修正契約を $18,407,303 で。2018/1/31 まで。Army Mission and Installation Contracting Command, Yuma, AZ (W9124R-09-C-0003/P00215)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、SBIRS-GEO (Space Based Infrared System Geosynchronous Earth Orbit) 衛星の 4 号機を 2017/10/31 に Cape Canaveral AFS に送り出したことを明らかにした。Moffett Federal Air Field から C-5 で空輸したとのこと。3 号機は 2017/1/20 に打ち上げて 3 月から画を送ってきている。改良型 LM2100 バスを使用する 5-6 号機は製作中。(Lockheed Martin 2017/11/28)
  • WSMR (White Sands Missile Range) で、PAC-3 CRI (Cost Reduction Initiative)×4 発と PAC-3 MSE (Missile Segment Enhancement)×1 発を使用する戦術弾道ミサイル迎撃試験が成功裏に行われた。これにより、PAC-3 MSE の量産移行に際して求められた要件はすべて達成できたとしている。(Lockheed Martin 2017/11/28)
  • 米陸軍 PEO STRI (Army Program Executive Office, Simulation, Training and Instrumentation) は、AVCATT (Aviation Combined Arms Tactical Trainer) システムで使用する HMD (Helmet Mounted Display) として Rockwell Collin Inc. 製 SimEye の最新モデルを選定した。2019/10 までに 332 セットを更新する。AVCATT 計画ではこのほか、Applied Companies、AVT Simulation、CymSTARm、Dignitas Technologies、Leidos Inc.、SAIC (Science Applications International Corp.) が参画する。(Rockwell Collins 2017/11/28, Shephard Media 2017/11/27)
  • Cobham plc の Cobham Advanced Electronics Solutions セクター傘下、Cobham Microelectronic Solutions (San Jose, CA; San Diego, CA) が Harris Corp. から、電子戦システムで使用する RF (Radio Frequency) 関連電子機器を 3,900 万ドルで受注した。(Cobham 2017/11/28)
  • 米空軍は、可搬式計器着陸装置 (D-ILS : Deployable Instrument Landing System) の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) を承認した。設置作業と整備作業については、46th TW (46th Test Squadron, Eglin AFB, FL) が数ヶ月がかりで検討を実施した。(USAF 2017/11/22)
  • カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の次世代水上戦闘艦建造計画・CSC (Canadian Surface Combatant) について、Lockheed Martin Canada、BAE Systems、CAE、L3 Technologies、MDA (MacDonald, Dettwiler and Associates Ltd.)、Ultra Electronics で "Combat Ship Team" を編成、Type 26 GCS (Global Combat Ship) ベースの艦を提案する。(Lockheed Martin 2017/11/28)

今日の報道発表 (欧州編)
  • Lockheed Martin Corp. は Indra との間で、スペイン海軍 (Armada Espanola) の F-110 フリゲートに搭載する S バンド AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダーに関する協力合意をまとめた。他国向けの防空艦に装備する機会も視野に入れている。F-110 の 1 番艦は 2018 年に起工、2023 年に就役する予定。(Lockheed Martin 2017/11/28)
  • ドイツ海軍向け NH90 Sea Lion のプロトタイプ 2 号機が、2017/11/24 に Donauworth で初飛行を実施した。BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) が実施したもの。これから数ヶ月がかりで開発試験を実施するが、特にアビオニクスとソフトウェアにフォーカスするとしている。2018 年から、量産仕様機の認証試験に駒を進めて 2019 年にデリバリーを開始する予定。(Airbus Helicopters 2017/11/28)
  • 2017/11/27 に Portsmouth で、RFA (Royal Fleet Auxiliary) の新型補給艦 RFA Tidespring の就役式典が行われた。(Royal Navy 2017/11/27)
  • RAF Marham では、来夏に予定している No.617 Sqn. の F-35B 受け入れに備えて、Project Anvil という計画名称の下、5 億ポンドの以上の資金を投じてインフラ改良工事を実施中。管理、整備、運用、訓練などの施設が対象。(MoD UK 2017/11/27)
  • Thales は、従来とは異なるメソッドで目標を探知するホログラフィック レーダーを手掛けているイギリスのスタートアップ、Aveillant Ltd. (Cambridge, UK) を買収した。このレーダーは UAV のような小型目標の探知に向くとしている。(Thales 2017/11/28)
  • Thales はスイス空軍に、AS532 Super-Puma (TH06) と EC635 に対応する FFMS (Full Flight and Mission Simulator) を対象とするアップグレード改修を、所定のスケジュールで完了した。AS532 用はアビオニクス、通信機器、デジタル マップ、FLIR (Forward Looking Infrared)、ヘルメットといったところに手を入れた。EC635 用は主として教官卓 (IOS : Instructor Operating Station) に手を入れた。(Thales 2017/11/28)
  • Fincantieri Sp.A はマルタ軍に、アップグレード改修を実施した OPV (Offshore Patrol Vessel)・P61 をデリバリーした。Fincantieri が Muggiano の造船所で建造して 2005 年にデリバリーしていた艦で、今回は Port of Genoa の乾ドックで、6 ヶ月がかりで主機の交換や搭載機器の更新作業を実施した。資金は European Union Internal Security Fund 持ち。(Fincantieri 2017/11/27)
  • ロシア軍東部軍管区・Amur 地区の RChBD なる基地に、R-145BM-1 指揮通信車が配備された。車体は BTR-60 PUM のもので、エンジンを KAMAZ-7403 に換装してパワーアップ。この後は 2017/12/1 から始まる冬期訓練に投入する。(Russian MoD 2017/11/27)
  • Restec 傘下の Technodinamika が、超低空降下用の新型パラシュート・Shturm を試験中。2018 年の前半に試験を終える予定。開発元は NII Parachute。(Rostec 2017/11/23)

今日の報道発表 (その他編)
  • イスラエルは、艦載型 Iron Dome について、2017/11/27 に実施した試射をもって初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) の達成を宣言した。(Israeli Air Force 2017/11/20, DefenseNews 2017/11/27)
  • ノルウェーの Skipsteknisk A.S. とオーストラリアの IMC (International Maritime Consultants) が組んで、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の新型海洋観測艦建造計画・Project Sea 2400 フェーズ 1 (Hydrographic Data Collection Capability) に応札することになった。(International Maritime Consultants 2017/11/28)
  • Rockwell Collins Inc. は、オーストラリア陸・空軍の JTAC (Joint Terminal Attack Controller) ならびに JFO (Joint Forward Observer) 訓練用として、カスタマイズを施したシミュレーション訓練用ドーム×8 基とデスクトップ トレーナー×11 基を納入する、と発表した。 (Rockwell Collins 2017/11/28)
  • ニュージーランド空軍 (RNZAF : Royal New Zealand Air Force) No.40 Sqn. の整備員が、Williams Field に 24 名の整備チームを派遣。12 時間単位のシフトを組んで、ニューヨーク州兵航空隊 (ANG : Air National Guard)・109th AW (109th Airlift Wing) の南極観測支援機・LC-130 "Skibirds" を対象とする支援業務を実施している由。(New Zealand Defence Forces 2017/11/24)
  • 2017/10/30 に韓国海軍向けの新型 220t 級警備艇・PKX-B の 1 番艇を韓進重工 (HHI : Hanjin Heavy Industries Inc.) がデリバリーしたが、同級の主機は 500t 級の PKX-A と同じ GE Aviation の LM500 ガスタービン。ガスタービンとディーゼルを 2 基ずつ組み合わせた CODAG (Combined Diesel And Gas turbine) で最高速度 40kt。PKX-A は 2008 年から合計 18 隻を配備したが、PKX-B は 16 隻の建造が決まっている。LM500 の部品製作には Hanwha Techwin が参画。(GE Aviation 2017/11/27)
  • Elbit Systems Ltd. はコロンビア空軍 (FAC : Fuerza Aerea Colombiana) 向けに、相互接続した複数のコックピットを備える MTC (Mission Training Center) を納入した。SkyBreaker MTC の実績を活用したものだとしている。(Elbit Systems 2017/11/27)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/11/27)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • JLG Industries Inc. (McConnellsburg, PA) : 民生品の資材ハンドリング機材を $400,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/11/26 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE8EC-18-D-0003)
  • Excel Garment Manufacturing Ltd. (El Paso, TX) : カバーオールのオプション 3 契約分を $9,490,500 で。海軍向け、2019/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-15-D-1012/P00062)
NAVY
  • Saalex Solutions Inc. (Camarillo, CA) : NAWC-WD 麾下、Research and Engineering Department (AIR-4.0) 向けの、研究開発・試験・評価・量産・運用支援に関わるエンジニアリング サービス業務を $87,250,737 で。1,198,330 時間分、作業場所は以下の通り。
    • China Lake, CA (70%)
    • Point Mugu, CA (26%)
    • Patuxent River, MD (4%)
    2023/2 まで。NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division), China Lake, CA (N68936-18-D-0012)
  • IAP Worldwide Services Inc. (Cape Canaveral, FL) : E-6B Mercury TACAMO (Take Charge and Move Out) 機、支援機材、ウェポン システム、関連支援拠点・組織を対象とする兵站支援業務について、オプション 2 契約分を $58,929,261 で。2018/11 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-C-0120/P00028)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 10 について、オプション契約分を $37,716,883 で。ストラクチャー/システム用データ セットのコンバージョンを実施。2020/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-C-0003)
  • Orbital ATK Inc., Defense Electronic Systems (Northridge, CA) : AGM-88E AARGM (Advanced Anti-Radiation Guided Missile) のサブシステムとコンポーネントに関わる、エンジニアリング スタディと兵站/試験計画立案を $32,908,496 で。前契約は N00019-17-G-0011。SBIR (Small Business Innovation Research) フェーズ III 案件 Topic N90-074, "Secondary Sensor for Anti-Radiation Missiles."。2019/2 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F-0507)
  • Orbital ATK Inc., Defense Electronic Systems (Northridge, CA) : AGM-88E AARGM (Advanced Anti-Radiation Guided Missile) のサブシステムとコンポーネントに関わる、エンジニアリング スタディと兵站/試験計画立案を $17,156,019 で。前契約は N00019-17-G-0011。AARGM-ER (Extended Range) の開発と、既存のサブシステムやコンポーネントを対象とする概念適用に関わる、要件評価と設計トレード スペース作業を実施。2019/2 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F-0582)
  • Lockheed Martin Corp., Rotary and Mission Systems (Owego, NY) : サウジアラビア向け MH-60R 用ソフトウェアの追加改修について、修正契約を $7,426,983 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-G-0019/P00005)
AIR FORCE
  • Kaman Precision Products (Orlando, FL; Middletown, CT) : FMU-52 JPF (Joint Programmable Fuze) のロット 13 量産分と、試験/エンジニアリング支援業務を $85,169,000 で。バーレーン、ベルギー、チリ、エジプト、インドネシア、イラク、日本、ヨルダン、韓国、レバノン、モロッコ、オランダ、オマーン、カタール、ルーマニア、サウジアラビア、シンガポール、汗部首長国連邦向けの 向け FMS (Foreign Military Sales) が 26%。2019/2/28 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8681-18-C-0009)
  • CACI NSS Inc. (Colorado Springs, CO) : 統合 AFSCN (Air Force Satellite Control Network) の改修・メンテナンス・運用について、修正契約を $38,600,073 で。(FA8823-16-C-0004/P00037) 累計受注額は $101,262,896。作業場所は以下の通り。
    • Diego Garcia Tracking Station, Diego Garcia, British Indian Ocean Territory
    • Guam Tracking Station, U.S. Territory of Guam
    • Hawaii Tracking Station, Ka'ena Point, HI
    • New Hampshire Tracking Station, New Boston AFS, NH
    • Thule Tracking Station, Thule AFB, Greenland
    • Vandenberg Tracking Station, Vandenberg AFB, CA
    • Telemetry and Commanding Station, Bordon, Hants, United Kingdom
    • Eastern Vehicle Checkout Facility, Cape Canaveral AFS, FL
    2024/5/21 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Peterson AFB, CO
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Marietta, GA) : C-130J の中央翼換装作業について、修正契約を $21,303,535 で。累計受注額は $72,735,243。2021/9/4 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8504-14-C-0003/P00010)
  • Bowhead Business and Technology Solutions LLC (Alexandria, VA) : 国防総省のアーキテクチャ フレームワークに適合するビジネス エンタープライズ システムを $19,942,300 で。Maxwell AFB で実施、2022/11/20 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Maxwell AFB, AL (FA8771-18-D-0001)
  • Centurum Information Technology Inc. (Marlton, NJ) : 以下の基地で実施する何かの業務を $10,000,000 で。
    • Shaw AFB, SC
    • Al Dhafra AB, United Arab Emirates
    • Ali Al Salem AB, Kuwait
    • Muwaffaq Salti AB, Jordan
    • Al Udeid AB, Qatar
    2018/5/31 まで。ACC (Air Combat Command), JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-18-C-0006)
ARMY
  • GDOTS (General Dynamics Ordnance Tactical Systems, Marion, IL) : 30mm×173 徹甲弾 (APFSDS-T : Armor Piercing, Fin Stabilized, Discarding Sabot with Tracer) を $59,900,000 で。2021/5/31 まで。Army Contracting Command, NJ (W15QKN-18-D-0023)

今日の報道発表 (北米編)
  • NNSA (National Nuclear Security Administration) と米空軍は、B61-12 核爆弾の LEP (Life Extension Program) に関わる認証試験を、2017/11/7-8 にかけて TTR (Tonopah Test Range) で 2 回実施した。(NNSA 2017/11/27)
  • Lockheed Martin Corp. は、C-130J シリーズの訓練システムに関する 6 件・総額 1 億 9,840 万ドルの契約を受注した。内訳は以下の通り。
    • AFSOC (Air Force Special Operations Command) : C-130J 用 WST (Weapon System Trainer)×5
    • ANG (Air National Guard) : C-130J 用 Reconfigurable Weapon System Trainerと 2 年間の整備・運用支援業務
    • NAVAIR (Naval Air Systems Command) : 海兵隊向け KC-130J 用 Observer Training Aid×4
    • AMC (Air Mobility Command) : Obsolescence Phase - 3 として、Little Rock AFB にある C-130J 胴体訓練機材×2 基のアップグレード改修と Dyess AFB ならびに Ramstein AB のシミュレータを対象とするビジュアル装置 (2 基) のアップグレード改修を実施
    • AMC (Air Mobility Command) : Obsolescence Phase - 4 として、アメリカ本土とヨーロッパの基地 13 ヶ所にある訓練機材のアップグレード改修を実施。
    • Simulator Common Architecture and Requirements Standards : 米空軍向けに、シミュレーション訓練機材のアーキテクチャ共通化に関わる分析作業を実施。
    (Lockheed Martin 2017/11/27)
  • Lockheed Martin Corp. は、GPS (Global Positioning System) ブロック III 衛星の 3 号機 (SV-03 : Space Vehicle 03) の組立を開始した。この 3 号機は、製作・試験を一貫して実施する生産施設 (GPS III Processing Facility) に乗っているが、その生産施設に投じた費用は 1 億 2,800 万ドルとのこと。2 号機は 5 月に組立を、7 月に音響試験を完了、8 月にサーマル バキューム試験に入っており、2018 年にデリバリーの予定。(Lockheed Martin 2017/11/27)
  • Lockheed Martin Corp. は、F-16 海外カスタマー向けの訓練機材で使用するビジュアル装置について、Rockwell Collins Inc. の採用を決定した。全周視界を提供する Griffin リア プロジェクション ドームのカスタマイズ版と、SpectraView ディスプレイ システムの組み合わせ。(Rockwell Collins 2017/11/27)
  • I/ITSEC (Interservice/Industry Training, Simulation and Education Conference) 展示会の席上、Rockwell Collins Inc. と CAE Inc. は LVC (Live, Virtual, Constructive) 訓練ソリューション分野における協業を発表した。University of Iowa の OPL (Operator Performance Laboratory) が運用する L-29 にシミュレータなどを組み合わせて、LVC のデモを行うとのこと。(Rockwell Collins 2017/11/27, CAE 2017/11/27)
  • KIHOMAC (Ki Ho Military Acquisition Consulting Inc.) が、NOAA (National Oceanic and Atmospheric Administration) の GOES-16 (Geostationary Operational Environmental Satellite 16) から気象データを受信する機材の担当として Harris Corp. を選定した。Cape Canaveral での打ち上げ支援に供するためのもの。(Harris 2017/11/27)

今日の報道発表 (その他編)
  • CV90 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) が装備する Saab AB 製の射撃統制システム・UTAAS (Universal Tank and Anti-Aircraft Fire Control System) について、チェコの光学機器メーカー Meopta が生産に参画することになり、MoU を締結した。(BAE Systems 2017/11/27)
  • Marise Payne 豪国防相は、オーストラリア軍と University of New South Wales が開発した小型衛星・Buccaneer の打ち上げについて発表した。このキューブ型衛星を、Vandenberg AFB から Delta-II で打ち上げたもので、衛星との通信リンクも確立できたとしている。この後は本来のミッションに入る前に、要素技術の試験を実施する予定になっている。(Australian DoD 2017/11/28)
  • オーストラリア国防省は、同国陸軍向けのデジタル指揮統制システム (BCS : Battlefield Command System) を対象とする能力強化について発表した。計画名称は Project Land 200 トランシェ 2、14 億豪ドルを投じる。担当メーカーは Harris Corp. と Elbit Systems Ltd. の豪州現地法人。(Australian DoD 2017/11/28, Elbit Systems 2017/11/28)
  • Ultra Electronics plc の PCS (Precision Control Systems, Greenford, UK) 部門が英国防省から、監視用センサー機器を対象とするサポート業務の契約を 1,660 万ポンドで受注した。期間は 2019 年まで。(Ultra Electronics 2017/11/27)
  • Ultra Electronics plc の CIS (Communication & Integrated Systems, Cheltenham, UK) 部門が Saab AB から、JAS39E/F Gripen NG で使用する HiPPAG コンプレッサーを 900 万ポンドで受注した。(Ultra Electronics 2017/11/27)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 米議会は、ヨルダンの Muwaffaq Salti AB を対象とする施設改修費・1 億 4,300 万ドルの支出を承認した。ここからアメリカ、オランダ、ベルギーの戦闘機がシリアやイラクに出撃している。(DID 2017/11/27)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |