今週の軍事関連ニュース (2018/01/22)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • イギリスの SFO (Serious Fraud Office) が 2018/1/18 に、Chemring と傘下の CTSL (Chemring Technology Solutions Ltd.) について汚職疑惑の調査を開始したことを明らかにした。(SpaceWar 2018/1/18)
  • ロシア政府は、アメリカが発動した制裁によって苦境に陥っているロシアの防衛関連企業を財政面から支援するために国営銀行を新設する、と発表した。(SpaceWar 2018/1/18)
  • インドは、Agni V 弾道ミサイルの試射を Dr Abdul Kalam Island (Odisha, India) で成功裏に実施した。通算 5 回目、車載式発射器からキャニスターを使用して発射したのは 3 回目。(Indian MoD 2018/1/18)
  • 米空軍 5th BW (5th Bomb Wing, Minot AFB, ND) の B-52H×4 機と人員 300 名ほどが、慣熟ならびに合同訓練を実施するために RAF Fairford に展開した。(AFGSC 2018/1/15)

今日のニュースいろいろ
  • 英仏両国の首脳会談で、軍事面での新たな協力案件に関する合意がまとまった。イギリスは、フランスが "Operation Barkhane" の下でマリに派遣している部隊をサポートするために英空軍の Chinook ヘリを派出、フランスはエストニアに NATO が派出しているイギリス主導の eFP (enhanced Forward Presence) 大隊戦闘群について 2019 年に支援強化を図る。このほか、両国国防省の常設連絡機構を整備する。CJEF (Combined Joint Expeditionary Force) は 2020 年に完全実働可能とする。(MoD UK 2018/1/18)
  • ギリシア海軍が、2018/1/17 にエーゲ海の Imia islet (ギリシア側名称。トルコ側名称は Kardak) でギリシア海軍の砲艇とトルコ海軍の哨戒艇が衝突する事故が発生したことを明らかにした。ギリシア側では「おそらくはトルコ側のエラーが原因」と主張している。現場はトルコの沿岸近く、Bodrum から 7km の地点で、以前から領有権争いが起きているエリア。(SpaceWar 2018/1/17)
  • 2018/1/17 に Brussels の NATO 本部で、NATO とカタールが安全保障協力合意に調印した。ICI (Istanbul Cooperation Initiative ) の枠組みに基づくもので、これによってカタールと NATO 加盟国との機微情報のやりとりが可能になる。ICI パートナー国はバーレーン、クウェート、カタール、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の 4 ヶ国で、そのすべてが同様の合意を締結したことになる。(NATO 2018/1/17)
  • Raksha Mantri Smt Nirmala Sitharaman 印国防相が、INS Vikramaditya の視察に続いて、今度は Air Force Station Jodhpur を訪問、No.31 Sqn. の Su-30MKI に体験搭乗した。飛行時間は 45 分。(Indian MoD 2018/1/17)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 米沿岸警備隊 (USCG : US Coast Guard) では今後 3-6 週間以内に、小型 UAV の調達に関する RfI を発出する予定。予算は 3 億ドル以内。経済的な価格や、1 日のうち 12 時間は滞空できる能力を求めることになる模様。(DefenseNews 2018/1/19)
  • 2018/1/19 に、韓国海軍向け Type 214 潜水艦・ROKS Hong Beom Do の引渡式典が蔚山 Ulsan の現代重工 (HHI : Hyundai Heavy Industries) で行われる。KSS-2 計画の下で建造した 7 隻目の潜水艦。この後は乗組員の錬成を実施して、5 月から実働任務に就く予定。(聯合ニュース 2018/1/19, IHS Jane's 2018/1/19)
  • Aselsan が、トルコの陸・空軍向けに防空指揮管制機材、35mm 対空機関砲 Korkut、35mm 空中炸裂弾を受注した。(DefenseNews 2018/1/18)
  • イスラエル海軍が、Sa'ar 4.5 コルベットで新型チャフ ディスペンサーの試験を成功裏に実施したことを明らかにした。INS Sufa に導入して 2 ヶ月前から Haifa 沖で試験を実施していたもの。この後、数週間以内に実働可能になるとの説明。(DID 2018/1/18)
  • ベルギー空軍で 1973/2 から運用していた C-130H (S/N CH-08) が 2017/12/27 に退役した。(Belga 2018/1/16)
  • M-346 Master×8 機を調達したポーランドが、追加調達のために Leonardo Sp.A に接触しているとの報道が出ている。追加機数は 4 機 (さらにオプションで 4 機) と報じられている。(DID 2018/1/17, Defense24.com Poland)
  • ウクライナの Radionics が、近代化改修型 S-125 地対空ミサイルの試射を成功裏に実施した。(DID 2018/1/17)
  • PTDI (PT Dirgantara Indonesia) と TAI (Turkish Aerospace Industries) が、UAV の開発で協業することになった。40,000ft まで上昇できる機体の開発を企図しており、期間は 1-3 年以内だとしている。TAI はすでに MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV を開発、PTDI でも開発中だとしている。(The Jakarta Post 2018/1/16)
  • インドネシア空軍 (TNI-AU : Tentara Nasional Indonesia - Angkatan Udara) の新しい参謀総長に就任した Yuyu Sutisna 大将は、最優先課題として「F-5E を代替するための Su-35×11 機の調達」を挙げた。可及的速やかに、可能なら今月中に契約に調印したい、としている。(The Jakarta Post 2018/1/17)

ベルギー向け FMS (DSCA 2018/1/19)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、ベルギー向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F-35A を輸出すると通告した。総額は 65 億 3,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • F-35A×34
  • F135 エンジン×38 (うち 4 基は予備)
  • 電子戦システム
  • C4I/CNI (Command, Control, Communications, Computer and Intelligence/Communications, Navigational, and Identification) システム
  • ALGS (Autonomic Logistics Global Support System)
  • ALIS (Autonomic Logistics Information System)
  • Full Mission Trainer
  • Weapons Employment Capability
  • その他のサブシステム
  • 赤外線フレア
  • 再プログラム拠点
  • 兵站支援業務 (PBL : Performance Based Logistics)
  • ソフトウェアの開発とインテグレーション
  • 機体のフェリーと給油機の支援
  • 支援機材、工具類、試験機材、通信機材、スペアパーツ、補修用パーツ、文書類、訓練、訓練機材、文書類、エンジニアリング/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) と Pratt & Whitney, Military Engines (East Hartford, CT)オフセットの設定を予定。

サウジアラビア向け FMS (DSCA 2018/1/17)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、サウジアラビア向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で MIM-104 Patriot などを対象とするサポート サービス業務を輸出すると通告した。総額は 5 億ドル。内訳は以下の通り。
  • Patriot Legacy FSP (Field Surveillance Program)
  • PAC-3 (Patriot Advanced Capability 3) FSP
  • Patriot ESP (Engineering Services Program)
  • Patriot と MIM-23 HAWK (Homing All-the-Way Killer) で使用するスペアパーツ、補修業務、返却管理業務、コンポーネント補修
  • その他の兵站支援/プログラム支援業務
担当メーカーは FSP が Lockheed Martin Corp. (Bethesda, MD)、ESP が Raytheon Co. (Andover, MA)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/1/19)
NAVY
  • 以下の各社は、San Diego を母港とする巡洋艦・駆逐艦を対象とする緊急整備、継続整備、CNOA (Chief of Naval Operations Availability) について、オプション契約分を総額 $237,654,941 で。
    • BAE Systems San Diego Ship Repair (San Diego, CA) : N00024-16-D-4416
    • Continental Maritime of San Diego (San Diego, CA) : N00024-16-D-4417
    • General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, CA) : N00024-16-D-4418
    2019/3 まで。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.), Ingalls Shipbuilding Division (Pascagoula, MS) : USS Fitzgerald (DDG-62) を対象とする補修・復旧工事を $125,136,069 で。2020/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-4444)
  • DigitaliBiz Inc. (Rockville, MD) : NSF (National Science Foundation) の Division of Polar Program を対象とする工学/運用支援業務を $45,276,907 で。航空管制、航空関連の地上システム、情報システムなど。作業場所は SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Atlantic (Charleston, SC; 57%)、McMurdo Station (Antarctica; 42%)、Christchurch (New Zealand; 1%)。基本契約 5 年間、2024/1 まで。さらに 6 ヶ月のオプション契約を設定、すべて実現した場合の総額は $48,996,600。2024/6 まで。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command), San Diego, CA (N65236-18-D-8002)
  • Harris Corp., RF Communications (Rochester, NY) : C4ISTAR (Command, Control, Communications, Computers, Intelligence, Surveillance, Target Acquisition and Reconnaissance) 機能に関わる、プログラム管理、設計、システム工学、インテグレーションと試験、導入、導入後の試験、訓練、整備を $44,859,296 で。フィリピン向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/12 まで。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-18-C-0007)
  • 以下の各社は、LCAC (Landing Craft Air Cushion) の近代化 (Fleet Modernization Program) に関わる延命や PSA (Post-Shakedown Availability) を受注。
    • Epsilon Systems Solutions Inc. (Portsmouth, VA) : $34,094,700 (N50054-18-D-1802)
    • Walashek (Norfolk, VA) : $35,310,913 (N50054-18-D-1803)
    • L-3 Unidyne (Norfolk, VA) : $37,983,940 (N50054-16-D-1804)
    Little Creek で実施、2018/12 まで。Mid-Atlantic Regional Maintenance Center, Norfolk, VA
  • L-3 Communications Corp. (dba L-3 KEO, Northampton, MA) : Mk.20 EOSS (Electro-Optical Sensor System)、RCS (Radar Cross Section) キット、ショック リング キット、エンジニアリング サポート サービス業務、スペアパーツを $30,804,450 で。海軍の巡洋艦・駆逐艦ならびに沿岸警備隊の OPC (Offshore Patrol Cutter) 向け。オプション契約分まで含めた総額は $38,383,541。2019/7 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-5366)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : Ohio 級 SSBN と Virginia 級 SSN に装備する LVA (Large Vertical Array) のオプション 1 契約分を、$11,361,172 で。2019/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-6245)
  • Sunset Design and Programming Inc. (Oxnard, CA) : NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) の、以下の分野を対象とするサポート サービス業務を $7,975,065 で。
    • NAVFAC CTC (Continuous-Learning Training Curriculum)
    • NAVFAC BMS (Business Management System)
    • NAVFAC PMAP (Procurement Management Assessment Program)
    CTC の座学、新しい課程の策定、BMS の契約プロセスに関する維持・開発、PMAP の評価機能強化を実施。2023/1 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-18-D-2005)
ARMY
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : エンタープライズ情報管理システムと IT サービス業務に関する修正契約を $25,868,349 で。2018/4/25 まで。Army Corps of Engineers Huntsville, Huntsville, AL (W91WMC-14-C-0001/P00038)
AIR FORCE
  • Gulfstream Aerospace Corp. (Savannah, GA) : 陸海空軍・海兵隊の C-20 と C-37 を対象とするエンジニアリング サービス業務について、オプション契約分を $18,156,593 で。基本契約に対する二度目の延長。2019/1/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8106-16-D-0006/P00005)
  • L3 Technologies Inc., Communications Systems - West (Salt Lake City, UT) : 通信環境が悪化した場面で共同交戦を実施するための技術開発を $9,000,000 で。次世代弾薬向け。2025/1 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Eglin AFB, FL (FA8651-18-D-0015)
  • Surmet Inc. (Burlington, MA) : ALON 透明先進セラミックの生産プロセスに関する垂直統合の作業を、$7,959,872 で。2021/5 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-C-5500)

今日の報道発表
  • 米空軍 460th SW (460th Space Wing) が、Cape Canaveral AFS (Air Force Station) で、ULA (United Launch Alliance) の Atlas V ロケットを使用して SBIRS GEO (Space Based Infrared System Geosynchronous Earth Orbit ) の 4 号機 (SBIRS GEO Flight-4) を打ち上げた。Buckley AFB に設置してある地上管制機材は 2016 年の末にアップグレードを実施したもの。(Lockheed Martin 2018/1/19)
  • 重量物運搬船 MV Transshelf で運ばれていた USS Fitzgerald (DDG-62) が、2018/1/19 にミシシッピー州 Pascagoula に到着した。(US Navy 2018/1/19)
  • Orbital ATK Inc. は、Fort Sill で行われた MFIX (Maneuver Fires Integrated Experiment) で C-UAS (Counter-Unmanned Aircraft System) 技術のデモンストレーションを実施した。(Orbital ATK 2018/1/17)
  • OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) が Eurosam に、イギリス、フランス、イタリアが使用している Aster 15、Aster 30、Aster 30 ブロック 1 を対象とするサポート業務 (N-ISS : New In Service Support) の契約を発注した。2012/7 に発注したサポート業務契約の続きで、2018/1/2 から 5 年間。前回の契約と比較すると、補修パッケージの導入や管理機構のシンプル化、費用対効果の改善などを図るとしている。。Eurosam は MBDA と Thales の合弁会社。(MBDA 2018/1/18)
  • 英下院財政委員会は、「Queen Elizabeth 級空母や F-35B で構成する洋上航空戦力の整備が予算超過に陥った場合に、他の装備調達プログラムに悪影響を及ぼす可能性がある」と指摘する内容の報告書をまとめた。この件では 2021 年までに総額 140 億ポンドを投じる見込みとなっている。(UK House of Commons Public Accounts Committee 2018/1/18)
  • ラトビア軍が Harris Corp. 製の戦術通信機を受領した。2016/8 にアメリカ政府との間で締結した政府間合意に基づき、1,040 万ドルで発注していたもの。さらに 2017/12/11 に 1,700 万ドルで追加発注の契約を締結した。(Latvian MoD 2018/1/18)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) は、2018/1/18 に MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV オペレーター訓練用デスクトップ シミュレータ導入の第一陣が完了した、と発表した。フランスとイタリアにシミュレータを導入して連接、第一陣の 9 基が出揃ったというもの。MALE RPAS コミュニティ (DE, EL, ES, FR, IT, NL, PO) ならびに European Air Group (BE, UK) が、相互運用性の向上を企図して推進している案件。(EDA 2018/1/18)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/1/18)
ARMY
  • Georgia Tech Applied Research Corp. (Atlanta, GA) : AMRDEC (Aviation and Missile Research, Development and Engineering Center) 向けの研究・工学・科学技術開発を $910,570,376 で。2028/1/18 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-18-D-0002)
  • Pike-P. J. Dick JV (Rochester, NY) : Canandaigua Veterans Affairs Medical Center (Canandaigua, NY) の建設・再生補修工事を $142,859,000 で。2021/12/29 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-18-C-0009)
  • J.E. Dunn Construction Co. (Kansas City, MO) : Langley Hospital (Hampton, VA) の医療スタッフを 25% 増員するのに伴うスペース確保作業を $52,180,590 で。2021/2/28 まで。Army Contracting Command, Norfolk District, VA (W91236-18-F-0014)
  • Barbaricum LLC (Washington DC) : PM CCS (Project Manager Close Combat Systems) 所掌の装備品を対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) を $36,000,000 で。米軍ならびに NATO 向けなど。2023/1/19 まで。Army Contracting Command, NJ (W15QKN-18-D-0024)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Oshkosh Airport Products LLC (Oshkosh, WI) : 民生品の除雪機材を $68,328,228 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/1/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE8EC-18-D-0004)
NAVY
  • BAE Systems San Diego Ship Repair (San Diego, CA) : USS Cape St. George (CG-71) を対象とする SSRA (Special Selected Restricted Availability) を $34,786,558 で。オプション契約分まで含めた総額は $35,055,181。2019/1 まで。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA (N00024-16-D-4416)
  • Bell-Boeing Joint Program Office (Amarillo, TX) : V-22 用の訓練機材×28 基を対象とするハードウェア/ソフトウェアのアップグレードを $34,911,818 で。前契約は N00019-17-G-0002。作業場所は以下の通り。
    • Chantilly, VA (26%)
    • Broken Arrow, OK (21%)
    • Fort Worth, TX (18%)
    • Philadelphia, PA (8%)
    • St. Louis, MO (8%)
    • Fort Walton Beach, FL (4%)
    • Albuquerque, NM (4%)
    • Clovis, NM (4%)
    • Mildenhall, United Kingdom (4%)
    • Clifton, NJ (2%)
    • Orlando, FL (1%)
    2022/4 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N61340-18-F-0001)
  • Armtec Countermeasures Co. (Coachella, CA) : チャフ カートリッジを $12,335,400 で。2023/1 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Mechanicsburg, PA (N00104-18-D-ND01)
  • NAVMAR Applied Sciences Corp. (Warminster, PA) : 以下の SBIR (Small Business Innovation Research) フェーズ III 案件を $9,591,043 で。
    • Topic N08-008 "Commandable Mobile Anti-Submarine Warfare Sensor"
    • Topic N08-023 "Precision High Altitude Sonobuoy Emplacement"
    • Topic N101-042 "Environmental Wideband Acoustic Receiver and Source"
    前契約は N68335-15-G-0013。2022/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-18-F-0041)
  • Global Technical Systems Inc. (Virginia Beach, VA) : TI-12H (Technical Insertion 12 Hybrid) 仕様の CPS (Common Processing System)×18 セットを $9,515,178 で。前契約は N00024-14-D-5213。2018/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-F-5258)
  • 以下の各社は、Demonstration and Assessment Team 向けのサポート サービス業務を受注。
    • Advance Technology International (Summerville, SC) : $8,456,914 / $43,912,146 (N00174-18-D-0009)
    • PAE National Security Solutions LLC (Fredericksburg, VA) : $8,014,685 / $41,642,821 (N00174-18-D-0008)
    戦闘員向けワークショップなどの調整、技術実証や評価作業の準備、分析・報告などを担当。2023/1 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Indian Head Explosive Ordnance Disposal Technology Division, Indian Head, MD

今日の報道発表
  • 2018/1/5 に、Inconel 625 合金鋼を 3D プリンタで加工して製作したエンジン用パーツを組み込んだ F/A-18 が、初のフライトを実施した。Patria Oy が 2 年がかりで製作プロセスを開発してきていたもの。EMAR (European Military Aviation Requirements) への対応を確認、FMAA (Finnish Military Aviation Authority) による承認が下りて、Patria が MDOA (Military Design Organisation Approval) を取得したことでフライトが可能になった。(Patria 2018/1/18)
  • HMS Queen Elizabeth が Portsmouth Naval Base で、ヘリ運用試験 (Rotary Wing Trials) を実施中。RNAS (Royal Naval Air Station) Culdrose から飛来した 820NAS (820 Naval Air Squadron) の Merlin を使用して実施しているもの。(Royal Navy 2018/1/17)
  • Elbit Systems Ltd. は欧州某国から、電子戦機材と SIGINT (Signal Intelligence) 機材を総額 8,500 万ドルで受注した。4 年契約。(Elbit Systems 2018/1/17)
  • Supacat Ltd. はニュージーランド軍に、特殊作戦部隊向け車両 SOV-MH (Special Operations Vehicles - Mobility Heavy) をデリバリー、2018 年の初頭から運用を開始した。4x4・6x6 両対応の HMT Extenda Mk.II がベース。(Supacat 2018/1/16)
  • インドが、いったんはキャンセルを決めた Spike 対戦車ミサイルの調達案件について復活を決定。これを受けてイスラエルの Benjamin Netanyahu 首相が歓迎の声明をリリースした。(Israeli Prime Minister's Office 2018/1/17)
  • ロシア軍・中部軍管区麾下の第 14 航空/防空軍麾下、Krasnoyarsk Krai に配備されている戦闘機聯隊が、MiG-31BM の運用を開始した。(Russian MoD 2018/1/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/1/17)
AIR FORCE
  • Terma North America Inc. (Warner Robins, GA) : F-16C/D 用の 3D オーディオ システムを $44,300,000 で。非再帰エンジニアリング、インテグレーション、機器製作、補修、スペアパーツ、支援機材を担当。2024/1/16 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8232-18-D-0002)
  • Odyssey Systems Consulting Group (Wakefield, MA) : Hanscom AFB で実施する専門職調達支援サービス業務と助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) について、オプション 2 契約分を $11,476,737 で。クウェート、サウジアラビア、カタール、フランス、日本、オーストラリア、トルコ、イラク、台湾、ブルガリア、エジプト、ヨルダン、ドミニカ、メキシコ、オランダ向けの FMS (Foreign Military Sales)、2018/11/17 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8721-13-D-0002/#0004/#41)
ARMY
  • M.C. DEAN Inc. (Tysons, VA) : Buckley AFB (Aurora, CO) の無停電電源設備とロード センター設備を対象とする再生補修を $19,614,766 で。2020/1/17 まで。Army Corps of Engineers, Baltimore, MD (W912DR-18-C-0006)
NAVY
  • Lockheed Martin Corp., Sikorsky (Stratford, CT) : MH-60R に関連する非再帰エンジニアリング業務とプロジェクト支援業務について、修正契約を $18,891,070 で。サウジアラビア向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-G-0019/#4039)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : T-45 用の SLEP (Service Life Extension Program) レトロフィット改修キット×39 セット、支援機材、専用工具、レトロフィット改修、兵站支援業務を $12,643,011 で。前契約は N00019-16-G-0001。2019/9 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N61340-18-F-0001)
  • Sealift Inc. of Delaware (Oyster Bay, NY) : M/V Black Eagle で実施する、アメリカ東海岸からペルシア湾方面へのドライ カーゴ輸送業務を $10,566,750 で。基本契約 12 ヶ月、2019/3/30 まで。さらにオプション契約 12 ヶ月、すべて実現した場合の総額は $19,673,500、2020/3/30 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N32205-18-C-3352)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 用の再プログラム ラボ施設について、修正契約を $7,476,086 で。2019/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-C-0105/P00004)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Ortho Clinical Diagnostics Inc. (Raritan, NJ) : 外科医療関連製品を $9,790,074 (価格修正条項付き) で。懇請 SPM2D0-12-R-0004 による。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け。基本契約 14 ヶ月、1 年単位のオプション契約 8 年分、10 ヶ月のオプション契約で 2028/1/16 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D0-18-D-0005)
  • Bren-Tronics Inc. (Commack, NY) : ストレージ バッテリを $8,150,497 で。基本契約 6 ヶ月、オプション契約 5 ヶ月、2018/12/18 まで。海軍向け。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7L7-18-C-0004)

今日の報道発表
  • Saab AB はフィンランドの Tampere に、STC (Saab Technology Centre) なる開発拠点を新規開設した。まず、JAS39E/F Gripen NG や AEW&C (Airborne Early Warning & Control) 機で使用する電子戦機材と陸上用の ESM (Electronic Support Measures) 機材・ELINT (Electronic Intelligence) 機材を手掛けるとしている。(Saab 2018/1/17)
  • Rolls-Royce plc が事業再編について発表した。Commercial Marine の事業に関する戦略的選択肢の検討を実施するほか、Civil Aerospace、Defence、Power Systems の 3 部門への組織統合を実施する。Naval Marine 部門と Nuclear Submarines 部門は Defence 部門に統合、Civil Nuclear 部門は Power Systems 部門に統合することで、5 部門を 3 部門に改める。(Rolls-Royce 2018/1/17)
  • オーストラリアの陸軍・海軍が共同で設立・運用する No.723 Sqn. 麾下の Joint Helicopter School が、HMAS Albatross で訓練を開始した。第一期の訓練生は 37 名、訓練課程は 26 週間。Helicopter Aircrew Training System の一環として実施するもの。担当メーカーは Boeing Defence Australia、メーカー関係者 380 名が支援にあたり、年間 116 名を養成する。(Royal Australian Navy 2018/1/17)
  • Patria Oy と Kuldar Vaarsi (OU Sinrob 経由) の傘下で軍用車輌のライフサイクル サポートを担当する Milrem LCM が、Centre for Defence Investment との間で締結している契約を更新した。フィンランド陸軍の XA-180 と XA-188 を対象とする補修整備を行う案件で、2013/10 に最初の契約を受注して、2014 年から実施している。今回の契約は 2022 年まで。(Patria 2018/1/17)
  • Airbus は、フランス軍の通信網 (DIRISI : La Direction Interarmees des Reseaux d'Infrastructure et des Systemes d'Informations de la defense) を近代化する案件・Symphonie の 契約を受注した。期間は 7 年間で、軍の通信網全体を近代化する Descartes 計画の一環。拠点数 1,500、ユーザー数 270,000、海外領土も含むネットワークを対象とする。(Airbus 2018/1/17)
  • Cobham plc の Special Mission 部門が NATO から、即応訓練 (Operational Readiness Training) に関する 5 年間のフォローオン契約を受注した。電子戦と脅威シミュレーションの訓練を担当する案件で、Cobham が保有する航空機と乗員に、官給品 (GFE : Government-Furnished Equipment) または Cobham の機材を組み合わせて実施する。(Cobham 2018/1/16)
  • インドの国防調達会議 (DAC : Defense Acquisition Council) が 2018/1/16 に開いた会合で、「Make II」カテゴリーの手順簡素化を決定した。また、自動小銃×72,400 挺とカービン銃×93,895 挺を総額 354 億 7,000 万ルピーで調達する件を承認した。これは国境警備における緊急需要に対応するため。(Indian MoD 2018/1/16)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |