今週の軍事関連ニュース (2018/02/08)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • インド軍 SFC (Strategic Forces Command) が 2018/2/6 に、実戦仕様の Agni I 弾道ミサイルを試射、900km を飛翔させた。全長 15m、弾頭重量 1,000kg。(IHS Jane's 2018/2/7)
  • 米沿岸警備隊 (USCG : US Coast Guard) が周辺諸国との関係強化を企図して、NSC (National Security Cutter) を東シナ海に派遣する計画を立てている由。(IHS Jane's 2018/2/7)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の揚陸艦 HMS Albion が Plymouth を出港、地中海方面に 5 ヶ月間のデプロイメントに出た。NATO の常設海軍部隊・SNMG2 (Standing NATO Maritime Group 2) の旗艦を務めることになっている。(British Forces News 2018/2/6)

今日のニュースいろいろ
  • 中国国防部は、2018/2/5 に地上配備型弾道ミサイルミッドコース迎撃システムの試験を実施して目標を破壊した、と発表した。それ以上の詳細は不明だが「防衛的なもので、特定の国をターゲットとしたものではない」とのお約束の文言つき。(解放軍報 2018/2/5)
  • リトアニアの Dalia Grybauskaite 大統領が 2018/2/5 に、ロシアに対して「Kaliningrad に Iskander 弾道ミサイルを恒久配備した」として非難した。2016 年に演習で配備したことはあったが、これは一時的なもの。それに対して今回は恒久配備だとしている。(SpaceWar 2018/2/5)

今日のニュースいろいろ
  • 米海軍は、昨年に発生した衝突事故を受けた改善勧告を監督するため、2018/1/30 付で RROC (Readiness Reform and Oversight Council) を設立した。(US Navy 2018/2/2)
  • スイスの Johann Schneider-Ammann 経済相が、産業界からの要望を受けて武器輸出規制の緩和を検討することを明らかにした。具体的には、国内で紛争を抱えている国への輸出規制緩和が求められているという。(Swissinfo 2018/2/3)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force)・No.XI(F) Sqn. (RAF Coningsby, UK) 所属の Typhoon FGR.4 が、演習 "Red Flag 18-1" に参加中。(Royal Air Force 2018/2/5)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • スロバキアは MiG-29 の後継機について、政府による承認期限の 2018/6/29 までに、F-16 と JAS39 Gripen のいずれかに決定する。2019年秋までは MiG-29×12 機の運用を継続する予定だが、後継機の導入には 18-24 ヶ月かかることから、さらに MiG-29 の運用を延長する模様。(DID 2018/2/7)
  • 韓国の国防事業庁 (DAPA : Defense Acquisition Program Administration) は、KF-16 に Lockheed Martin Corp. 製の AN/AAQ-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod) を搭載する、と発表した。(DID 2018/2/7)
  • パキスタン空軍が 2018/2/2 に Sonmiani の射場で、JF-17 Thunder を使って BVR (Beyond Visual Range) ミサイルと赤外線誘導ミサイルを試射、標的機の撃墜に成功した。標的機は高速の移動目標と低速の移動目標だったとしている。(Pakistan Express Tribune 2018/2/2)
  • TAI (Turkish Aerospace Industries Inc.) 製 Anka-S UAV の領収試験が完了して、トルコ空軍向けのデリバリーが実現した。試験では同時に 6 機を見通し線圏外で遠隔飛行させたとしている。(Daily Sabah 2018/2/4, IHS Jane's 2018/2/6)
  • 米空軍が、EELV (Evolved Expendable Launch Vehicle) による打ち上げ業務の RfP を 2018/1/31 に発出した。対象ペイロードは NROL (National Reconnaissance Office Launch) の NROL-85、NROL-87、SILENTBARKER、SBIRS-GEO (Space Based Infrared System Geosynchronous Earth Orbit) の 5 号機、AFSPC-44 (Air Force Space Command - 44)。回答期限は 2018/4/16。(SpaceDaily 2018/2/6)
  • トルコは 2018/2/1 に、Rocketsan と Aselsan が共同開発している地対空ミサイル・HISAR-A の試射を成功裏に実施した。国防省では「100% の成功」だとしている。これを FNSS Savunma Sistemleri A.S. の装軌式装甲車・ACV-300 に載せる模様。(DID 2018/2/6)
  • 2018/1/31 に Defence IQ International Military Helicopter Conference の席で独空軍の Bernhard Martin 大佐が、次期大型輸送ヘリに空中給油の能力を要求する、と発言。(DID 2018/2/5)
  • インドを訪問した米空軍参謀総長の David L. Goldfein 大将が 2018/2/3 に、Jodhpur AB で LCA (Light Combat Aircraft) こと Tejas に体験搭乗した。Tejas は 2016/7/1 付で No.45 Sqn. "Flying Daggers" に配備して運用中。(The Asian Age 2018/2/4)

フィンランド向け FMS (1) (DSCA 2018/2/5)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、フィンランド向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で RIM-162 ESSM (Evolved Sea Sparrow Missile)を輸出すると通告した。総額は 1 億 1,270 万ドル。内訳は以下の通り。
  • RIM-162 ESSM×68
  • ESSM イナート弾×1
  • Mk.25 クワッド パック キャニスター×17
  • Mk.783 輸送用コンテナ×8
  • スペアパーツ、補修用パーツ、支援機材、試験機材、文書類、訓練、エンジニアリング/テクニカル/兵站支援業務
担当メーカーは Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) と BAE Systems Inc. (Aberdeen, SD)。オフセットの設定を予定。

フィンランド向け FMS (2) (DSCA 2018/2/5)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、フィンランド向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で RGM-84 Harpoon 艦対艦ミサイルを輸出すると通告した。総額は 6 億 2,200 万ドル。内訳は以下の通り。
  • RGM-84Q-4 Harpoon ブロック II + ER (Extended Range) グレード B×100
  • RTM-84Q-4 Harpoon ブロック II+ ER グレード B 訓練弾×4
  • RGM-84Q-4 Harpoon ブロック II+ ER グレード B アップグレード改修キット×12
  • RGM-84L-4 Harpoon ブロック II グレード B×12
  • RTM-84L-4 Harpoon ブロック II グレード B 訓練弾×4
  • コンテナ、スペアパーツ、補修用パーツ、支援機材、試験機材、文書類、訓練、訓練機材、技術支援業務、エンジニアリング/兵站支援業務
Hamina 級、多用途コルベット、沿岸防衛部隊向け。担当メーカーは Boeing Co. (St. Louis, MO)。オフセットの設定を予定。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/2/6)
ARMY
  • Lockheed Martin Corp. (Grand Prairie, TX) : PAC-3 MSE (Patriot Advanced Capability - 3 Missile Segment Enhancement)、PAC-3 CRI (Cost Reduction Initiative)、関連地上支援機材について、修正契約を $523,836,625 で。米陸軍向けと、カタール、サウジアラビア、ルーマニア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件で構成、2021/1/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-C-0006/P00012)
  • Raytheon Co. (Andover, MA) : PATRIOT Field Surveillance Program の下で実施する、ミサイルの評価、試験、再認証、補修作業について、修正契約を $17,590,754 で。イスラエル、カタール、クウェート、日本、韓国、台湾、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 、ルクセンブルク、サウジアラビア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/1/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-C-0042/P00010)
  • Valiant Government Services LLC (Hopkinsville, KY) : 陸軍などの医療部門を対象とする O&M (Operations and Maintenance) サービス業務を $13,148,686 で。作業場所は以下の通り。
    • Natick, MA
    • Gunpowder, MD
    • Fort Detrick, MD
    • Silver Spring, MD
    • Fort Rucker, AL
    • Dover AFB, DE
    2019/2/6 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL (W91278-18-C-0011)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、AFRL (Air Force Research Laboratories) 向けの IT サポート サービス業務を総額 $97,300,000 で。
    • Decypher Technologies Ltd. (San Antonio, TX) : FA8604-18-D-3000
    • Mission Services LLC (McLean, VA) : FA8604-18-D-3001
    • Stellar Innovations & Solutions Inc. (Moraine, OH) : FA8604-18-D-3000
    ヘルプデスク、システム管理、サイバー セキュリティ管理、自動データ処理機材による資産追跡、ビデオ会議のサポートを担当。2023/5/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Information Technology Contracting, Wright-Patterson AFB, OH
  • Scientific Research Center (Atlanta, GA) : C-130H を対象とする AN/ALR-69A(V) レーダー警報受信機 (RWR : Radar Warning Receiver) のインテグレーションを $10,989,711 で。2022/10/19 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8553-18-C-0003)
NAVY
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : 以下の兵装を対象とする研究開発、設計、調査、技術実証を $44,610,302 で。
    • AIM-9 Sidewinder
    • AIM-120 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile)
    • AGM-65 Maverick
    • AGM-154 JSOW (Joint Stand-Off Weapon)
    • RGM/UGM-109 Tomahawk
    • XM982 Excalibur
    • BGM-71 TOW (Tube-launched, Optically-tracked, Wire-guided)
    • Standard
    • RIM-162 ESSM (Evolved Sea Sparrow Missile)
    • Talon
    • RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile)
    • Pyros
    • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II
    • AGB/BGM-176 Griffin
    2022/12 まで。NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division), China Lake, CA (N68936-18-D-0017)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Manassas, VA) : A-RCI (Acoustic Rapid Commercial Off-the-Shelf Insertion) の TI-16 (Technical Insertion 16) について、オプション契約分を $33,763,548 で。システム本体とプレ ケーブル キットで構成。2020/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-6222)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : 配備済みの UGM-133 Trident II (D5) を対象とするサポート業務について、オプション契約分を $28,732,771 で。2020/9/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-17-C-0100/P00006)
  • General Dynamics Mission Systems (Pittsfield, MA) : 米英両国の SSBN で使用している射撃管制システムと攻撃武器管制システムの維持管理業務について、修正契約を $16,038,136 で。訓練機材と支援機材、Columbia 級と Dreadnought 級の CMC (Common Missile Compartment) も対象。2023/9 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-16-C-0005/P00018)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Liverpool, NY) : AOEW (Advanced Off-board Electronic Warfare) の EMD (Engineering, Manufacturing and Development) フェーズについて、オプション契約分を $11,525,263 で。2020/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-5353)
DFAS (Defense Finance and Accounting Service)
  • CACI Inc. - Federal (Chantilly, VA) : 会計担当次官向けのミッション システム サポート業務について、修正契約を $10,618,687 で。累計受注額は $28,864,001 から $39,482,688 に。2019/2/15 まで。DFAS (Defense Finance and Accounting Service), Columbus, OH (HQ0423-15-F-5001/P00008)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、AGM-158B JASSM-ER (Joint Air-to-Surface Standoff Missile Extended Range) が米空軍の F-15E で完全運用能力 (FOC : Full Operational Capability) を達成した、と発表した。(Lockheed Martin 2018/2/6)
  • 米海軍は、SSC Atlantic (Space and Naval Warfare Systems Center Atlantic) 向けの機材とサポート サービス業務担当として BAE Systems など複数社を選定した。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command) 麾下、Joint Warfare Support Division 向けの案件で、監視/センサー システム機材と、システム インテグレーション、試験、評価、訓練、認証、整備、ライフサイクル管理、フィールド サービス業務を手掛けるもの。総額 1 億 8,000 万ドルの案件。(BAE Systems 2018/2/6)
  • Oshkosh Corp. 傘下の Oshkosh Defense LLC が手掛ける米海兵隊向けの航空消防車 (ARFF : Aircraft Rescue Fire Fighting)・P-19R が、初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成した。2013/5 に受注、2016/8 に全規模量産 (FRP : Full Rate Production) を開始、2017/6 に第一陣をデリバリー。2019 年までに 160 両をデリバリーする計画で、現時点では 60 両をデリバリー済み。(Oshkosh 2018/2/6)

今日の報道発表 (その他編)
  • Rheinmetall と Sikorsky が、ドイツ軍向けの大型輸送ヘリ案件 STH (Schwerer Transporthubschrauber) について、合同チーム編成合意をまとめた。機体は Sikorsky の CH-53K、サポートは Rheinmetall という枠組みで、整備、訓練、その他のサポート業務を含む最善のソリューションを提示するとしている。(Lockheed Martin 2018/2/6)
  • イギリス陸軍砲兵隊・第 16 砲兵聯隊 (Baker Barracks, Thorney Island) が、Sky Sabre 地対空ミサイル システムをお披露目した。短・中射程の防空を担当するシステムで、2020 年の就役を予定している。(British Army 2018/2/6)
  • BAE Systems は、Sonaca Group と Sabena Aerospace のジョイント ベンチャー・Ignition! との間で、Eurofighter Typhoon 計画を対象とする協業合意をまとめた。F-16AM/BM の後継機として Typhoon を採用した場合に、ベルギー側による産業参画の機会を追求するとしており、具体的な対象分野としては訓練システムを挙げている。(BAE Systems 2018/2/5)
  • Aselsan A.S. はトルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) から、偵察システムに関する $37,050 の契約を受注したことを明らかにした。2019-2020 年にかけてデリバリーするとしているが、詳しい内容は不明。(Aselsan 2018/2/6)
  • Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) 傘下の防衛部門・Embraer Defesa (Embraer Defesa e Seguranca S.A.) が航空サービス企業 SkyTech との間で、KC-390×6 機の納入に関する LoI (Letter of Intent) に調印した。また、訓練やサービス業務の分野について新たな協業の機会を追求するとしている。KC-390 の民間向け販売は、これが初めて。(Embraer 2018/2/5, DID 2018/2/7)
  • EASA (European Aviation Safety Agency) は Airbus Helicopters について、単一統合の POA (Production Organisation Approval) を実現した。これまではフランス、ドイツ、スペインが個別に実施していたものをひとまとめに統一。これにより、機体製作時の国をまたぐやりとりを効率化する。(Airbus Helicopters 2018/2/5)
  • Bell Helicopter Textron Inc. はフィリピン国防省から、Bell 412EPI×16 機を受注した。フィリピン空軍 (PAF : Philippine Air Force) 向けで、政府間合意に基づいて CCC (Canadian Commercial Corp.) 経由で納入する。災害派遣、救難、人員輸送などの用途に充てる。(Bell Helicopter Textron 2018/2/6)
  • Leonardo Sp.A は静岡エアコミュータ (SACC : Shizuoka Air Commuter Corp.) との間で、静岡空港にヘリコプターの MRO (Maintenance, Repair and Overhaul) 拠点を開設する、という趣旨の合意 (Service Centre Agreement) をまとめた。2018 年中に専用の格納庫を開設して 2019 年から稼動を開始する予定。対象機種は AW109 と AW139、年間 24 機を扱える能力を持たせる。(Leonardo 2018/2/5)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/2/5)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co., Fort Worth, Texas : 米空軍の F-35A で使用する初期分予備品パッケージについて、修正契約を $119,707,000 で。2022/7 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-G-0057/P00005/#0132)
  • APTIM Federal Services LLC (Alexandria, VA) : Defense Fuel Support Point Guam の地下パイプラインと陸上パイプラインを対象とする整備・補修作業を、$16,812,707 で。前契約は N39430-15-D-1632。2021/1 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-18-F-4044)
AIR FORCE
  • Marvin Test Solutions (Irvine, CA) : 各種のシャシーと計測カードを $8,634,423 で。2019/5/4 まで。Hill AFB, UT (FA8224-18-C-0010)
ARMY
  • Hensel Phelps Construction Co. (Fort Meade, MD) : 作戦・戦役を描いたブリッジ カッパー ウォールの製作について、修正契約を $7,235,000 で。Fort Meade に設置、2020/9/9 まで。Army Corps of Engineers, Baltimore, MD (W912DR-14-C-0016/P00030)

今日の報道発表 (北米編)
  • BAE Systems は米空軍から、航空機やウェポン システムで使用している陳腐化パーツのサポート業務 (AVCOM : Advanced Component Obsolescence Management) について 3 年間の延長契約を 3,700 万ドルで受注した。過去 8 年間に渡って担当してきた案件の続き。AVCOM 自体は 1991 年から続いている。(BAE Systems 2018/2/5)
  • ルイジアナ州兵航空隊 (ANG : Air National Guard)・159th FW (159th Fighter Wing) 所属の F-15C が、新型 CFT (Conformal Fuel Tank) を装備してフライトを実施した。(Boeing Twitter 2018/2/5, IHS Jane's 2018/2/6)
  • アルゼンチン空軍 (FAA : Fuerza Aerea Argentina)・第 V 旅団司令官の Fernando Rubio 准将が 2018/1/26 に、2 年前から整備の予算がなくて飛行不可能になっている A-4R Fightinghawk の飛行再開に向けた作業を進めていることを明らかにした。(IHS Jane's 2018/2/1)
  • 中国・成都の Star UAV System Co Ltd. が Singapore Airshow 2018 でステルス UCAV Star Shadow の模型展示を実施、2019 年の初飛行を予定していると説明。最大離陸重量 4,000kg、全長 7.3m、翼幅 15m。RCS は 0.1 平米だとしている。機内兵器倉は 2.5m×0.76m×0.7m (L×W×H)、ペイロードは 400kg。X-47B と似た平面型だが、空気取入口は上部の左右に分割。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • Team Polaris (Polaris, ARA, Neya Systems) が 2018/2/6 に AUVSI カンファレンスで、MRZR の無人化バージョン・MRZR X をお披露目。米陸軍の SMET (Squad-Multipurpose Equipment Transport) 計画向け。MRZR とは 90% の共通性があるとする。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • JSC PO Sevmash を訪問した Yuri Borisov 露国防副大臣が、Borey 型 SSBN (Project 955A)×5 隻に加えて Yasen 型 SSN (Project 885) の発注に向けた折衝が進展しているとして、2027 年まで作業量を確保できると説明。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • アルメニア軍が 2018/1/29 に Gyumri でパレードを実施した際に、9K129 Kornet-E 対戦車ミサイルが初登場。装備近代化計画の一環として導入しているものだが、数量は不明。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • ラトビア軍が 2018/2/2 に、H&K (Heckler & Koch) に G36 自動小銃を 1,300 万ユーロ (1,600 万ドル) で発注した、と発表。軍に加えて Zemessardze (National Guard) と国境警備隊でも使用する。G3 ベースの AK4 を代替する。40mm 擲弾発射機 AG36 を発注する可能性も。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • ロシア軍が、Kalashnikov Group の 5.45mm 自動小銃 AK-12 (GRAU インデックス 6P70) と 7.62mm 自動小銃 AK-15 (6P71)、それと Rostec の High-Precision Weapons holding 傘下・Degtyarev Plant の 5.45mm 自動小銃 A-545 (6P67) と 7.62mm 自動小銃 A-762 (6P68) を導入する。後者の方が高性能だが前者の方がシンプルで信頼性が高いので二本立てで、との説明。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • ポーランド国防省が、Rosomak BMS (Battle Management System) 計画の詳細を明らかにした。C2 (Command and Control) 機能を 8x8 装甲車 KTO Rosomak に付与するもので、システム インテグレーションは PGZ が担当する。契約発注は 2018 年の第一四半期中を予定。まず 14 ヶ月で 16 のデモンストレーターをアップグレードしてトライアルを実施、次に 12 ヶ月で 44 両を量産。最後に 24 ヶ月で 250 両を量産。ただし、この 3 フェーズの内容は折衝次第で変わりうる。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • Thales UK が実施していた、LMM (Lightweight Multi-role Missile) の英国防省向け認証試験が完了した。地対地と地対空の両方をテスト、レーザー ビームライド誘導。英海軍の FASGW[L] (Future Anti-Surface Guided Weapon-Light) 向けとして 2008 年に採用が決定、2011/4 に開発と 1,000 発あまりの量産契約を発注。Starstreak HVM (High Velocity Missile) トランシェ 4 を LMM に振り替える話も決まった。陸軍の HIPE (HVM Incremental Performance Enhancement) 向けとなる可能性も。(IHS Jane's 2018/2/6)
  • INSURV (Board of Inspection and Survey) が実施していた USS Michael Monsoor (DDG-1001) の領収試験が 2018/2/1に終了した。建造所側の公試は 2018/1/19 に終了していた。(US Navy 2018/2/2)
  • 米空軍 33rd FW (33rd Fighter Wing, Eglin AFB, FL) が 2018/1/29-2/9 にかけて、LiTOC (Lightning Top-Off Course) なる課程の拡張版となる演習を実施中。パイロット不足に対処するため、資格認定の迅速化を図ろうとする取り組みのひとつ。(USAF 2018/2/2)
  • Sikorsky は、S-70M/S-70i Digital Black Hawk 用のウェポン システムについて、軍の標準仕様に対応していることを確認する認証試験を完了した。既存のアビオニクスと連接して、機関砲、ロケット弾ポッド、レーザー誘導の空対地ミサイルを運用できる。(Lockheed Martin 2018/2/5)
  • 米空軍は過去に Holloman AFB に加えて中東某所で軽攻撃機の実戦化実証試験を実施したが、Heather Wilson 米空軍長官は「これ以上、実戦環境下での実証試験は行わず、メーカー側と協力して作業を進めることを明らかにした。(Secretary of the US Air Force 2018/2/2, IHS Jane's 2018/2/5, DID 2018/2/6)

今日の報道発表 (その他編)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) 820NAS (Naval Air Squadron) が、HMS Queen Elizabeth で Merlin HM.2 の艦上運用を開始した。従来は陸上基地から飛来していただけだが、艦上運用の開始によって 24 時間フルタイムの救難任務が可能になる。艦は 2018/2/2 に Portsmouth を出港して試験航海を実施中。(Royal Navy 2018/2/5)
  • L3 Technologies は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向けの新型フリゲート建造計画・Project Sea 5000 について、BAE Systems Power and Propulsion Team に加わって IPMS (Integrated Platform Management System) や C&I (Controls and Instrumentation) を担当する、と発表した。このチームが提案するのは 26 型 GCS (Global Combat Ship) の派生型。(L3 Technologies 2018/2/4)
  • Fincantieri Sp.A の Riva Trigoso (Genoa) 造船所で、イタリア海軍向け FREMM (Fregata Europea Multi-Missione) フリゲート・FS Antonio Marceglia が進水した。10 隻の建造を予定しているうちの 8 隻目。式典には Roberta Pinotti 伊国防相や、イタリア軍参謀総長代理の伊海軍参謀総長 Valter Girardelli 大将らが出席。同艦は 2019 年にデリバリーの予定。(Fincantieri 2018/2/3)
  • スイス軍は、同国空軍の F/A-18C を対象とする中間検査を実施した際に、フラップのヒンジにクラックの発生が認められたことを明らかにした。(Swiss Armed Forces 2018/2/2)
  • IMI Systems Ltd. は、新型銃弾 5.56APM (Armor Piercing Match) がイスラエル国防軍 (IDF : Israel Defense Force) による評価試験を受けていることを明らかにした。5.56mm と 7.62mm の利点を組み合わせた弾で、Small Caliber Ammunition Division が IDF の実戦経験を受けて開発したもの。(IMI Systems 2018/2/4)
  • Rockwell Collins Inc. が台湾から、TruNet AR-1500 航空機搭載用通信機を初受注した。これがローンチ カスタマーとなる。AIDC (Aerospace Industrial Development Corp) が台中の工場でライセンス生産するとの話も。数量や受注額は非公開。(Rockwell Collins 2018/2/4, IHS Jane's 2018/2/5)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 2018/2/5 に、ベルギー軍がマリに派遣する NH90 TTH (Tactical Transport Helicopter)×2 機が An-124 で Bamako に空輸搬入される。併せて人員 50 名を派遣、3 月から MINUSMA (UN Multidimensional Integrated Stabilisation Mission in Mali) 向けの支援任務を開始する予定。(Belgian MoD 2018/2/2)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |