今週の軍事関連ニュース (2018/03/29)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • トルコで、ギリシア軍の軍人 2 名が「違法入国してスパイ行為を働いた」として拘束されている。EU からは釈放するよう圧力がかかっているが、トルコの裁判所はこれを拒否。(SpaceWar 2018/3/27)

今日のニュースいろいろ
  • 2018/3/22 に、ルーマニアの Bucharest に本部を構える NATO の地域司令部・MNDSE (Multinational Division Southeast) が発足した。(NATO Allied Joint Forces Command 2018/3/24)
  • フランス海軍は "Chesapeake Deployment" と題して、2018/4/3 に Rafale M×12 機を Naval Air Station Landivisiau から NAS (Naval Air Station) Oceana に派遣する。また、2018/4/3-5/27 にかけて、FS Charles de Gaulle と人員 350 名ほどがアメリカに展開して訓練を実施する。(French Armed Forces Ministry 2018/3/27)
  • アメリカは FY2018 国防予算において、Iron Dome、David's Sling、Arrow-3 といったイスラエルの弾道ミサイル防衛装備向けに 7 億 500 万ドルの支援経費を計上した。(Forecast International 2018/3/26)
  • アフガニスタン空軍の A-29 Super Tucano が 2018/3/22 に同国西部の Farah で、初のレーザー誘導爆弾 (LGB : Laser Guided Bomb) 投下を記録。使用したのは 250lb 級のGBU-58/B。(IHS Jane's 2018/3/27)

今日のニュースいろいろ
  • 2018/3/26 に米上院で、John Cornyn 上院議員 (R-TX) と James Inhofe 上院議員 (R-OK) が Donald Trump 米大統領に対して、台湾に F-16V あるいは F-35B を輸出するよう求める書簡を送りつけた。対中抑止の手段として、第五世代の機体が必要、との理由。(IHS Jane's 2018/3/26, DefenseNews 2018/3/26)
  • 中国人民解放軍空軍 (PLAAF : People's Liberation Army Air Force) の Shen Jinke 報道官が、西太平洋と南シナ海に H-6K 爆撃機、Su-30 戦闘機×2 機、Tu-154 情報収集機、Y-8 哨戒機を送り込んで演習を実施した、と 2018/3/25 に発表。(IHS Jane's 2018/3/26)
  • アメリカ政府は、Mabna Institute の創設者である Gholamreza Rafatnejad (38) ならびに Ehsan Mohammadi (37) を含むイラン人 9 名について、「国の後援を受けて米国内外の数百の大学を対象とするサイバー攻撃を行い、知的所有権やデータを侵害した」として告発した。Mabna Institute の関係者 10 名についてイラン革命防衛隊 (IRGC : Islamic Revolution Guards Corps) の代理として不正侵入を実施したために制裁対象とする、との発表もあった。盗み出されたデータは 31TB 分との話もある。(SpaceWar 2018/3/23)
  • イタリア海軍の FREMM (Fregata Europea Multi-Missione) フリゲート・ITS Carlo Margottini が、2018/3/23 に La Spezia を出港してアラビア海・ペルシア湾方面への航海に出た。(Italian Navy 2018/3/26)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • スイスが、次期戦闘機の候補機種を明らかにした。Airbus Defence and Space (Typhoon)、Dassault Aviation (Rafale)、Saab (JAS39 Gripen)、Boeing (F/A-18E/F)、Lockheed Martin (F-35A)。今夏に RfP を発出する予定。(DefenseNews 2018/3/27)
  • RADA Electronic Industries Ltd. が、SAZE Technologies (Silver Spring, MD) と組んで、RADA Technologies (Silver Spring, MD) なる合弁会社をアメリカに設立した。同社のレーダー製品をアメリカ市場に売り込むのが目的。(Forecast International 2018/3/26)
  • ベルギー空軍向けの MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV として、GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) 製 Predator B の採用が決まった、との報道が流れた。その後、Steven Vandeput 白国防相がこれを追認した。イスラエルのメーカー 2 社を退けて採用を決めたもので、2 億 7,800 万ドルの費用を見込む。(Scramble Magazine 2018/3/25)
  • トルコ海軍向けに建造が進んでいる国産 LPD・TCG Anadolu の船殼製造が、工程進捗率 90% まで進んだ。これまでに汲み上げた船殼ブロックの総数は 114 個。(Anadolu Agency 2018/3/24)
  • ウクライナの Arsen Avakov 内相とフランスの Jean-Yves Le Drian 外相が、ヘリコプター 55 機の購入契約に調印した。内務省向けに Airbus Helicopters 製の H145、H125、H225 を購入して Mi-8 を補完しようというもの。非常事態対応や、警察・国境警備の任務に使用する。(DID 2018/3/26)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/3/27)
ARMY
  • 以下の各社は、Fort Campbell で実施する建物建設・補修・整備・サービス業務を、総額 $175,000,000 で。
    • PDSI Contractors (Pontiac, MI) : W91248-18-D-0002
    • PM Jenkins Group-Professional Management (Pontiac, MI) : W91248-18-D-0005
    • All Phase Solutions LLC (Delray Beach, FL) : W91248-18-D-0006
    • Intec Group LLC (Paducah, KY) : W91248-18-D-0007
    • SAF Inc. (Akron, OH) : W91248-18-D-0008
    • RL Alvarez Construction LLC (Clarksville, TN) : W91248-18-D-0009
    • Khotol Services Corp. (Anchorage, AK) : W91248-18-D-0010
    2023/3/26 まで。Army Mission and Installation Contracting Command, Fort Campbell, KY
  • 以下の各社は、Missouri River で実施する治水関連工事を総額 $44,500,000 で。
    • WA Ellis (Independence, MO) : W912DQ-18-D-1000
    • Dubuque Barge and Fleeting Service Co. (Dubuque, IA) : W912DQ-18-D-1002
    • ESI Contracting Corp. (Kansas City, MO) : W912DQ-18-D-1001
    • Midwest Construction Co. (Nebraska City, NE) : W912DQ-18-D-1003
    2023/3/26 まで。Army Corps of Engineers, Kansas City, MO
  • Bechtel National Inc. (San Francisco, CA) : Static Detonation Chamber (Pueblo, CO) に関する延長修正契約を $9,734,236 で。2021/1/8 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-09-C-0012/P00156)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Petromax Refining Co. (Houston, TX) : 各種燃料油を $138,304,983 (価格修正条項付き) で。懇請 SPE600-17-R-0718 による DLA Energy 向け。2019/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE602-18-D-0478)
  • Raytheon Co. (McKinney, TX) : H-60 用のスペアパーツを $84,655,824 で。前契約は SPRPA1-14-G-001X。海軍向け、2020/8/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-18-F-LG07)
  • M&M Manufacturing LLC (Lajas, Puerto Rico) : 寒冷地用パーカーを $23,529,600 で。海軍向け、基本契約 1 年間、オプション契約 1 年間、2020/3/26 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-18-D-1038)
NAVY
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18 と EA-18G を対象とする維持サポート業務について、修正契約を $34,406,262 で。米海軍向け $29,356,767 (85%)、オーストラリア向け $2,939,614 (9%)、フィンランド向け $354,602 (1%)、クウェート向け $354,602 (1%)、マレーシア向け $354,602 (1%)、スイス向け $354,601 (1%)、カナダ向け $345,737 (1%)、スペイン向け $345,737 (1%)。米海軍向け以外は FMS (Foreign Military Sales)。2018/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-G-0001#0006/#07)
  • Harris Corp. (Van Nuys, CA) : AN/SPS-48G(V)(1) レーダー改修キット×4 セットを $25,371,034 で。2020/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-5346)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : X-Link Pod Refresh に関わるエンジニアリング/オペレーション業務について、修正契約を $10,754,421 で。DASO-30 (Demonstration and Shakedown Operation 30) 飛翔試験で使用するスパイラル 2 ハードウェア キット×1 セットを含む。2020/12/31 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-15-C-0005/P00026)
AIR FORCE
  • Davis School District/PARC (Pioneer Adult Rehabilitation Center) (Clearfield, UT) : Hill AFB の Little Mountain Test Annex と Oasis 施設 (UTTR : Utah Test and Training Range) で実施する保管サービス業務を $33,378,172 で。2023/9/30 まで。Air Force Sustainment Center, Hill AFB, UT (FA8201-18-D-0010)
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : Incirlik AB で実施するベース オペレーション業務について、修正契約を $30,699,116 で。累計受注額は $383,611,387。2019/3 まで。Air Force Installation Contracting Agency, 764th Specialized Contracting Squadron, Ramstein Air Base, Germany (FA5641-15-C-0001/AB0022)
  • RUAG Aviation (Emmen, Switzerland) : AIM-95P-5 Sidewinder [原文ママ] 用の誘導制御セクションを $25,151,336 で。F-5 搭載用で FMS (Foreign Military Sales) 案件、2023/3/22 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8520-18-D-0001)
USTRANSCOM (US Transportation Command)
  • Trident Technologies LLC (Huntsville, AL) : エンタープライズ アーキテクチャ、データ、工学関連のサポート業務について、修正契約を $30,000,000 で。USTRANSCOM 麾下、Air Mobility Command and Surface Deployment and Distribution Command 向け。累計受注額は $95,752,500 から $125,752,500 に。Scott AFB で実施。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL (HTC711-14-D-D003/P00011)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は米陸軍 TARDEC (Army Tank Automotive Research, Development and Engineering Center) から、MAPS (Modular Active Protection System) の次期フェーズ契約を受注した。コントローラ ベース キット用のハード/ソフトと、インテグレーション支援業務で構成。2019 年にプラットフォーム実証試験を予定している。2017 年に、TARDEC に MAPS×5 セットを納入済みで、TARDEC はハード/ソフトの熟成と、既存のセンサーや対抗手段とのインテグレーションを進めている段階。(Lockheed Martin 2018/3/27)
  • Northrop Grumman Corp. は、米陸軍向けの兵站支援業務システム GCSS-A (Global Combat Support System - Army) インクリメント I の導入が所定のスケジュール通りに完了した、と発表した。整備・補給・在庫管理・財務管理の可視化を前例のないレベルで実現するとの説明。(Northrop Grumman 2018/3/27)
  • Raytheon Co. は、MIM-104 PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target) 用の AN/MPQ-65A レーダーを代替する LTAMDS (Lower Tier Air and Missile Defense Sensor) について、開発作業を進めており、計画審査と技術審査を完了した、と発表した。この後は、2020 年に予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) を実施する。(Raytheon 2018/3/27, IHS Jane's 2018/3/26)
  • Harris Corp. は米陸軍向けの 2 チャンネル携帯通信機・AN/PRC-163 Army Radio を発表した。音声/データの同時通信が可能なソフトウェア無線機 (SDR : Software Defined Radio) で、Android デバイスなどのコンピュータとも接続可能。(Harris 2018/3/26, IHS Jane's 2018/3/28)
  • 米陸軍は、UH-60A/L のコックピットをデジタル化するとともに HUD (Head Up Display) を導入して、状況認識の改善やワークロードの低減などを図る、Air SS (Air Soldier System) の評価試験を実施中。この後のマイルストーンは、Soldier Computer Module、Mission Display Module、Helmet Display and Tracking System といったシステムの全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 移行。(US Army 2018/3/26)
  • Raytheon Co. は米陸軍から、ソフトウェアの維持管理やシステム工学の業務を請け負う 5 年間・6 億ドルの契約を受注していた。しかし選に漏れたメーカーからの異議申立があって作業が差し止めになっていた。この異議申立が不成立に終わったため、同社は業務を開始する。対象となる製品としては THAAD (Terminal High-Altitude Area Defense)、AN/TPY-2、GMD (Ground-Based Midcourse Defense)、SBX (Sea-Based X-Band Radar)、UEWR (Upgraded Early Warning Radar) を挙げている。(Raytheon 2018/3/26)

今日の報道発表 (その他編)
  • 英国防省が MBDA に、Brimstone 3 空対地ミサイルの開発・量産契約を 4 億ポンド (5 億 6,500 万ドル) で発注した。在庫を補充するともに、この改良型によって 2030 年代まで運用継続可能とする。(MBDA 2018/3/27, MoD UK 2018/3/27, IHS Jane's 2018/3/27)
  • RFA (Royal Fleet Auxiliary) 向けの新型給油艦・Tide 級の 3 番艦、RFA Tidesurge が Cornwall に到着した。この後、Falmouth の A&P 造船所で 4 ヶ月ほどかけてイギリス向けのカスタマイズ作業を実施してから、公試を経て就役となる。殿の 4 番艦・RFA Tideforce は年末にイギリスに到着する予定。なお、Tide 級は燃料油 19,000 立方メートルと清水 1,400 立方メートルの搭載が可能。(MoD UK 2018/3/27, MoD UK 2018/3/27)
  • Leonardo Sp.A はポーランドから、M-346 Master 練習機×4 機とサポート業務パッケージを 1 億 1,500 万ユーロで追加受注した。2020 年までに完納の予定。現時点で M-346 の累計受注は 72 機、カスタマーはイタリア、ポーランド、イスラエル、シンガポールの 4 ヶ国。組み込み訓練機能 (ETTS : Embedded Tactical Training Simulation) を備える。(Leonardo 2018/3/26)
  • Naval Group は、同社が建造するフランス海軍向けフリゲート・FTI (Fregate de Taille Intermediaire)×5 隻の主機として、MTU 16V 8000 M91L (出力 8,000kW) を発注した。1 隻に 4 基を搭載して総出力 32MW の CODAD (Combined Diesel-And-Diesel) 方式とする。最高速度 27kt、航続距離 5,000nm。エンジンは 2020-2027 年にかけてデリバリーの予定。(MTU 2018/3/26)
  • DSTL (Defence Science and Technology Laboratory, Porton Down, UK) が University of Sheffield の研究プロジェクトに 3 万ポンドの資金援助を行い、チタン製品の製造コスト低減につながる新技術・FAST-forge を実現した。これまで 40 段階あったプロセスを 2 段階に減らしつつ粉末または微粒子から部品を製造できて、しかも鍛造品と同等の同等の機械的性質を実現できるとする。(MoD UK 2018/3/26)
  • 仏国防省は、ビッグデータを活用してヘリコプター用エンジンの整備業務を改善する、Dominno (DOnnees de maintenance Moteur INNovante / innovative engine maintenance data) なるプロジェクトを立ち上げた。仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) が Safran Helicopter Engines に契約を発注、200 万ユーロの経費と 2 年の期間で作業を進める。(French Armed Forces Ministry 2018/3/26)
  • Ukroboronprom は、タイ陸軍 (RTA : Royal Thailand Army) から受注していた Oplot-T 戦車×49 両を完納した、と発表した。製作担当は Malyshev Plant。(Ukroboronprom 2018/3/26, IHS Jane's 2018/3/28)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/3/26)
NAVY
  • Harris Corp. (Clifton, NJ) : AN/ALQ-214A(V)4/5 IDECM (Integrated Defensive Electronic Countermeasures) の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 分ロット 15 について、オプション契約分・14 セットを $24,503,472 で。Advanced Tactical Aircraft Protection Systems Program Office の案件でクウェート向け、2021/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0090/P00003)
  • Bell Helicopter Textron Inc. (Fort Worth, TX) : H-1 ヘリのブレーキ再設計に関わる非再帰エンジニアリング・兵站業務を $8,583,966 で。前契約は N00019-16-G-0012。検証用ブレーキ×3 セットと技術支援業務を担当。2020/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-F-2388)
WHS (Washington Headquarters Services)
  • NetCentrics Corp. (Herndon, VA) : WHS (Washington Headquarters Services) と関連部門、OSD (Office of the Secretary of Defense)、Pentagon Force Protection Agency 向けの IT サービス業務 (Joint Service Provider Information Technology Service Delivery) について、修正契約を $13,614,908 で。国防総省を含む NCR (National Capital Region)、Mark Center, VA、Crystal City, VA で実施、2018/6/30 まで。WHS (Washington Headquarters Services), Arlington, VA

今日の報道発表 (北米編)
  • AeroVironment Inc. は米陸軍協会 (AUSA : Association of United States Army) の Global Force Symposium で、新型のミニ UAV・Puma 3 を発表した。現場からのフィードバックを受けて、強靱な機体としたほか、サードパーティ製ペイロードのサポートも改善。同社はこのほか、RQ-11 Raven についても改良型 Raven 3 の開発を進めている。こちらは i23 EO/IR センサーを搭載。(AeroVironment 2018/3/26)
  • General Dynamics One Source は米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers) の Army Geospatial Center から、GRIDS III (Geospatial, Research, Integration, Development and Support III) の契約を受注した。基本契約 1 年間、オプション契約 4 年間、総額 2 億ドルの案件で、地理空間情報に関わる調整やインテグレーション、アクセスの標準化といった作業を担当する。General Dynamics One Source は、GDIT (General Dynamics Information Technology) と GDMS (General Dynamics Mission Systems) のジョイント ベンチャー。(General Dynamics 2018/3/23)
  • Raytheon Co. 傘下の BBN Technologies は DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の OFFSET (Offensive Swarm-Enabled Tactics) 計画向けに、無人ヴィークルの軍制御用ソフトウェアを開発中。(Raytheon 2018/3/26)
  • 2018/3/17-21 にかけて、USS Abraham Lincoln (CVN-72) 艦上で F-35C による空母発着資格認定 (CQ : Carrier Qualifications) が行われた。(US Navy 2018/3/23, IHS Jane's 2018/3/28)

今日の報道発表 (その他編)
  • デンマークが F-16AM/BM の後継機として F-35A の採用を決めた件について、選に漏れた Boeing Co. が機種選定に関わる文書の開示を求めていたが、コペンハーゲンの裁判所は「当局による不開示は合法かつ有効」との判断を下した。(Copenhagen City Court 2018/3/23)
  • Saab AB は蘭国防省麾下の DMO (Defence Material Organisation) から、移動式戦闘訓練施設で使用する機材を対象とするサポート業務とアップグレード改修について、延長契約を受注した。契約額は 1 億 1,500 万クローネ。2 年間の延長契約で、さらに 1 年間のオプション契約を設定。件の機材は 2000 年代初頭から導入・運用しているもの。(Saab 2018/3/26)
  • スイス国防省 (DDPS : Swiss Department of Defence, Civil Protection and Sports) は、これから調達を予定している戦闘機と防空システムについて、要求仕様が確定した、と発表した。ただし、プレスリリースではその内容には触れていない。この要求仕様に基づいて、候補製品の評価を進める。(Swiss Department of Defence, Civil Protection and Sports 2018/3/23)
  • Schiebel Aircraft GmbH は、Camcopter S-100 の重質燃料対応型による実証試験を成功裏に完了した。オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向けの領収プログラムの一環として実施したもの。(Schiebel Aircraft 2018/3/26)
  • オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の揚陸艦 HMAS Choules の艦上で、オーストラリア陸軍 (RAN : Royal Australian Army)・第 5 航空聯隊所属の CH-47F が 1 番艦向けの艦上運用試験 (First of Class Flight Trials) を実施した。飛行時間は累計 66 時間、実施した発艦は合計 206 回。艦上運用時の運用限界を把握するのが目的。(Royal Australian Navy 2018/3/26)
  • シンガポール海軍 (RSN : Republic of Singapore Navy) 向け LMV (Littoral Mission Vessel) の 6 番艦、RSS Fortitude が 2018/3/24 に進水した。建造所は ST Marine (Singapore Technologies Marine Ltd.) の Benoi 造船所。進水を担当したのは Ng Eng Hen 国防相夫人で教育相と運輸相次席を務める Michelle Ng 氏。(Singapore Government 2018/3/24, ST Marine 2018/3/24)
  • 韓国の KAI (Korea Aerospace Industries) が進めている国産戦闘機開発計画 KF-X で、Martin-Baker 製射出座席の採用が決まった。(Martin-Baker 2018/3/23)
  • LCA (Light Combat Aircraft) こと Tejas の量産 9 号機 (SP-9, LA-5009) が 2018/3/24 に、Bengaluru で 21 分間の初飛行を実施した。配備先は No.45 Sqn. "Flying Daggers"。11 日前の 13 日に 8 号機も進空している。(Tejas 2018/3/24)
  • GE Aviation は Lockheed Martin Corp. から、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の F-16 ブロック 60 に装備するデータ転送システム (DTS : Data Transfer System) を受注した。金額は数百万ドル規模だとしている。(GE Aviation 2018/3/22)
  • Rostec 傘下の Techmash Concern が、露海軍黒海艦隊に所属する Project 1124/1124M 警備艦の Tornado 2 対潜武器システムに対する改良を実施中。RPK-8 Zapad (RBU-6000) コンプレクス向けに新たに 90P1 ミサイルを導入するもので、4,300m の射程で 12 発の連射が可能との説明。(Rostsc 2018/3/20)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |