今週の軍事関連ニュース (2018/04/19)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 中国の国家安全部が 2018/4/15 に、外国のスパイなどといった "国家安全保障上の脅威" について情報を密告するための Web サイト・www.12339.gov.cn を立ち上げた。密告の対象は「外国人を含む、国家の安全を危険にさらす活動を行ってきた、あるいはその疑いがある人物」。(SpaceWar 2018/4/16)
  • 解放軍報によると、中国人民解放軍 (PLA : People's Liberation Army) のロケット部隊に新編した旅団が、新型中射程弾道ミサイル東風 26 (DF-26) の運用を開始した。ミサイルは核・非核両用だとしている。(China Military Online 2018/4/16)
  • ロシア軍参謀本部の Sergei Rudskoy 報道官は、米英仏による対シリア攻撃の後で、シリアに対する S-300 地対空ミサイルの引き渡しを再検討する、と発言した。ロシアは数年前に、西欧諸国からの要求を容れて S-300 のシリア向け引き渡しを中止している。(Forecast International 2018/4/16)
  • アメリカ政府は、2 月にリリースした NPR (Nuclear Posture Review) で盛り込んだ新しい低収量核弾頭を開発するため、FY2019 予算案について、NNSA (National Nuclear Security Administration) 向けとして 6,500 万ドルの予算付け替えを要請した。(DefenseNews 2018/4/17)
  • NGB (National Guard Bureau) 長官の Joseph L. Lengyel 空軍大将は上院の公聴会で、米墨国境に 965 名の州兵が展開していることを明らかにした。2018/4/4 に、Donald Trump 米大統領が、州兵の展開による国境警備強化を指示したのを受けたもの。(DoD 2018/4/17)

今日のニュースいろいろ
  • モロッコは、サウジアラビア主導の有志聯合軍に派遣していた F-16 について撤収を決めた。理由は、自国の安全保障能力を強化するため。(DID 2018/4/16)
  • Volga-Dnepr が、An-124 による SALIS (Strategic Airlift Interim Solution) へのコミットメントを打ち切る決定を下した。今後、NATO 諸国や EU 諸国向けに軍需品や人道支援物資の空輸は行わないとしている。アメリカが 2017 年に発動した対露制裁に対する、ロシア側の対抗措置のひとつ。(Cargo Forwarder 2018/4/15)
  • 2018/4/13 に、USS Harry S. Truman (CVN-75) を基幹とする空母打撃群 (CSG : Carrier Strike Group) に加わっている駆逐艦、USS Farragut (DDG-99) と USS Forrest Sherman (DDG-98) が、さまざまなシナリオに基づくミサイル実射演習 (MISSLEX : Missile Exercise) を実施した。(US Navy 2018/4/13)
  • パキスタン軍が、「国産の巡航ミサイル・Babur 改良型 (Babur-1B : Babur Weapon System-1 (B)) を成功裏に試射した」と発表した。射程距離は、ベースモデルの 450km から 700km に伸びたとしている。(Radio Free Europe 2018/4/14, IHS Jane's 2018/4/17)
  • 中国がチュニジアで 2018/4/10 に、自国外としては初めてとなる北斗衛星航法システムの地上施設を開設した。中国と、アラブ連盟麾下の AICTO (Arab Information and Communication Technology Organization) によるパイロット プロジェクトとの位置付け。(GPS Daily 2018/4/13)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Sikorsky は、ドイツ向けに CH-53K を売り込む活動の一環として、Hensoldt と組むことにした。(DefenseNews 2018/4/17)
  • Orbital ATK Inc. は、米空軍の次世代 EELV (Evolved Expandable Launch Vehicle) 計画向けに開発中の新型ロケットを、OmegA と命名した (ex-Next Generation Launch System)。1 段目は Castor 600 または Castor 1200、2 段目は Castor 300、3 段目は Aerojet Rocketdyne 製 RL10C-5-1 を使用する。対抗馬は、SpaceX の Falcon Heavy と ULA (United Launch Alliance) の Vulcan。(DefenseNews 2018/4/17)
  • 中国人民解放軍空軍 (PLAAF : People's Liberation Army Air Force) は、2018/4/16 から J-10C 戦闘機が任務に就いた、と発表した。従来型と比較するとアビオニクスやウェポン システムを改良したとしている。(China Daily 2018/4/17)
  • ドイツが近く、Airbus 経由でイスラエル製武装 UAV の調達を実施する、との報道が。訓練・整備業務を含めて総額 9 億ユーロ (1 億 1,085 万 3,000 ドル) の案件になる見込みだとしている。(Associated Press 2018/4/14)
  • PTDI (PT Dirgantara Indonesia) が、セネガルから NC-212×2 機と CN-235×1 機、コートジボワールから CN-235×1 機を受注することになった。総額 7,500 万ドルで、7-8 月に発注契約に調印する見込み。デリバリーは発注から 18 ヶ月後の予定。(DID 2018/4/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/17)
AIR FORCE
  • Deloitte & Touche LLP (Arlington, VA) : 財務管理・監査のための支援業務を $800,000,000 で。2023/7/22 まで。Air Force District of Washington, JB (Joint Base) Andrews, MD (FA7014-18-D-5000)
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : Keesler AFB で実施するオペレーション支援業務のオプション 2 契約分を、$15,800,659 で。累計受注額は $32,989,794。2019/5/31 まで。81st Contracting Squadron, Keesler AFB, MS (FA3002-17-C-0001/A00027)
  • L-3 Communications, Vertex Aerospace LLC (Madison, MS) : 空軍の C-12 を対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) について、修正契約を $30,000,000 で。累計受注額は $28,255,628。作業場所は以下の通り。
    • Madison, MS
    • San Angelo, TX
    • Okmulgee, OK
    • Buenos Ares, Argentina
    • Gaborone, Botswana
    • Brasilia, Brazil
    • Bogota, Columbia
    • Cairo, Egypt
    • Accra, Ghana
    • Tegucigalpa, Honduras
    • Budapest, Hungary
    • JB (Joint Base) Andrews, MD
    • Nairobi, Kenya
    • Rabat, Morocco
    • Manila, Philippines
    • Riyadh, Saudi Arabia
    • Bangkok, Thailand
    • Ankara, Turkey
    • Edwards AFB, CA
    • Holloman AFB, NM
    • JB (Joint Base) Elmendorf-Richardson, AK
    • Yokota Air Base, Japan
    AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8106-17-D-0001/P00004)
ARMY
  • Lockheed Martin Corp. (Grand Prairie, TX) : THAAD (Terminal High Altitude Area Defense)、PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target)、PAC-3 MSE (Patriot Advanced Capability 3 Missile Segment Enhancement) のインテグレーションと、Patriot 用の LoR (Launch on Remote) 機能開発について、修正契約を $200,000,000 で。2022/2/28 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-G-0001/#0001/#03)
  • SLSCO Ltd. (Galveston, TX) : Imperial Beach (San Ysidro, CA) で実施する境界フェンスの交換工事を $147,113,112 で。2019/6/13 まで。Army Corps of Engineers, Fort Worth, TX (W9126G-18-C-0022)
NAVY
  • 以下の各社は、San Diego を母港とする、あるいは同地に寄港する水上戦闘艦 (CG, DDG) と揚陸艦 (LSD, LPD, LHA, LHD) を対象とする臨時整備・継続整備について、オプション 1 契約分を総額 $104,102,904 で。
    • Colonna’s Shipyard West LLC (San Diego, CA) : N55236-17-D-0013
    • East Coast Repair and Fabrication (Norfolk, VA) : N55236-17-D-0018
    • Epsilon Systems Solutions Inc. (National City, CA) : N55236-17-D-0017
    • Marine Group Boat Works (Chula Vista, CA) : N55236-17-D-0015
    • Pacific Ship Repair and Fabrication Inc. (San Diego CA) : N55236-17-D-0014
    • Propulsion Controls Engineering (San Diego, CA) : N55236-17-D-0016
    • South Coast Welding and Manufacturing Inc. (Chula Vista, CA) : N55236-17-D-0012
    2019/5 まで。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA
  • Raytheon Co. (Portsmouth, RI) : Barracuda 機雷無力化システムの設計・開発・配備を $83,312,265 で。オプション契約分まで含めた総額は $362,740,742。2022/11 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-6303)
  • Corvid Technologies Inc. (Mooresville, NC) : 高精度の計算物理学を用いて弾道シミュレーションを行う技術の開発を、$19,948,423 で。SBIR (Small Business Innovation Research) フェーズ III 案件、PEO Land Systems (Program Executive Officer Land Systems)、MARCORSYSCOM (Marine Corps Systems Command) などが対象。2023/4/16 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-18-D-0008)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Dynetics Inc. (Huntsville, AL) : Gremlins 計画のフェーズ III 分を $32,461,184 で。2020/1 まで。BAA (Broad Agency Announcement) DARPA-BAA-15-59 による。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) (DARPA), Arlington, VA
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Claremont Foods LLC (Longmont, CO) : 栄養補助食品 (performance readiness bar) を $11,340,000 で。陸軍・空軍向け、2020/4/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE3S1-18-D-Z113)

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. は、同社と米海軍が進めてきていた F-35C への AGM-154C JSOW (Joint Stand-Off Weapon) 搭載のための開発試験が完了した、と発表した。(Raytheon 2018/4/17)
  • Lockheed Martin Corp. は米空軍に、GPS (Global Positioning System) ブロック IIIF (ブロック III III Follow On) 計画に関する提案書を提出した。(Lockheed Martin 2018/4/17)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、Predator C Avenger の空母艦上でのハンドリングについて、模擬方式で実証試験を実施した。タキシング、発艦への移行、着艦などといった内容。(GA-ASI 2018/4/16)
  • 米海兵隊の Legacy Hornet (F/A-18A/B/C/D) 飛行隊が、APKWS (Advanced Precision Kill Weapon System) の運用を開始した。(NAVAIR 2018/4/16, DID 2018/4/19)

今日の報道発表 (その他編)
  • BAE Systems はエストニアの Milrem LCM との間で、エストニア陸軍の CV9035 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) を対象とするサポート業務の契約を結んだ。Patria Oy 傘下の Milrem LCM がエストニア国内で実施する、整備・サポート業務を支援するもの。(BAE Systems 2018/4/17, Patria 2018/4/17)
  • L3 Technologies の豪州現地法人・L-3 Communications Australia Pty. Ltd. が Lurssen Australia Pty Ltd. から、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向けの OPV (Offshore Patrol Vessel) に搭載する統合通信/環境/航法/プラットフォーム管理システムを受注した。L-3 の Communication Systems 部門、Sensor Systems 部門、Electronic Systems 部門が協力する。件の OPV は、Project Sea 1180 の下で 12 隻を建造するもの。(L3 Technologies 2018/4/16)
  • ラトビア軍がアメリカから 300 万ドルの FMF (Foreign Military Financing) 支援を得て、AeroVironment Inc. 製 RQ-20A Puma UAV×3 システムを導入することになった。導入に先立ち、運用コンセプトの策定作業を実施していた。(Latvian MoD 2018/4/16)
  • Leonardo Sp.A は 2018/4/16 に、イタリア軍が同社の Mirach-40 (M-40) 標的機を領収した、と発表した。PISQ (Poligono Interforze Salto di Quirra, Sardinia) でトライアルを実施して、DAAA (Italian Directorate of Air Armaments and Airworthiness) が MAA (Military Airworthiness Authority) として運用承認を出したことで、領収が実現した。この後は、2018/1 に NSPA (NATO Support and Procurement Agency) で受注した標的機業務に使用する。契約期間は 3 年間。(Leonardo 2018/4/16, IHS Jane's 2018/4/16)
  • Elbit Systems Ltd. は、ドイツにおけるプレゼンスを強化するため、Berlin に現地事務所を開設した。(Elbit Systems 2018/4/16)
  • ウクライナの国境警備隊が、"一時的に占拠されている" クリミア半島との境界方面で Spectator-M UAV による哨戒を開始した。この機体は Ukroboronprom 傘下で開発したもの。可視光線映像と赤外線映像を送ってくることができる。運用高度は 2,000m。(Ukroboronprom 2018/4/16)
  • ロシア軍・中部軍管区の電子戦部隊を指揮する Sergei Portnykh 少将が、中部軍管区の電子戦部隊が過去 5 年間で 100 点以上のハードウェアを受領した、と発表した。(Russian MoD 2018/4/16)
  • Rostec は、インドで開催された DefExpo India 2018 展示会の席で、艦載 SAM システム・Pantsir-ME のデモを初めて実施した。射程 20km、射高 15km との説明。(Rostec 2018/4/11)
  • メキシコ海軍 (SEMAR : Secretaria de Marina) が Damen Shipbuilding Group に発注した SIGMA 型 OPV (Offshore Patrol Vessel) に、Indra 製の RIGEL 電子戦装置 (RESM/RECM) を搭載することになった。これは、他のプラットフォームの存在を感知するために使用する。(Indra 2018/4/16)
  • Leonardo Sp.A は、パキスタンが AW139 を追加配備したことを明らかにした。用途は、人員輸送や緊急医療搬送、その他の汎用だとしている。機数は非公開。(Leonardo 2018/4/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/16)
ARMY
  • Great Lakes Dredge & Dock Co., LLC (Oak Brook, IL) : Jones Inlet〜East Rockaway Inlet Long Beach Island (Long Beach, NY) で実施する、木橋、非舗装路、海浜埋め立ての工事を $51,395,435 で。2019/8/19 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-18-C-0003)
  • ASRC Builders LLC (Anchorage, AK) : Eielson AFB の整備隊庁舎 Building 1338 と 8 ベイ掩体の再生補修工事を $22,333,348 で。2019/10/18 まで。Army Corps of Engineers, Anchorage, AK (W911KB-18-C-0021)
NAVY
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.), Ingalls Shipbuilding (Pascagoula, MS) : Arleigh Burke 級駆逐艦を対象とするヤード サービス業務 (FYS : Follow Yard Services) を $27,079,692 で。オプション契約分まで含めた総額は $181,413,887。2019/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-2312)
  • Northrop Grumman Corp. (Melbourne, FL) : E-2D Advanced Hawkeye で使用するパワーアンプ×236 セットの補修を $22,818,840 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。前契約は N00383-17-G-AB01。2019/4 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-18-F-AB1M)
  • MEB General Contractors Inc. (Chesapeake, VA) : MCAS (Marine Corps Air Station) Beaufort の燃料供給施設を対象とする補修作業について、修正契約を $17,575,485 で。タンク ファーム A のアップグレードと、その他のタンク ファームとの相互接続を実施。累計受注額は $56,730,042。2018/8 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N69450-16-C-1604)
  • Sechan Electronics Inc. (Lititz, PA) : Mk.48 長魚雷で使用する電子機器コンポーネントの製作、組み立て、試験、検査、納入を $12,620,729 で。オプション契約分まで含めた総額は $34,402,997。トルコ向け (34%)、カナダ向け (27%)、オランダ向け (39%) の FMS (Foreign Military Sales) 案件、2023/3 まで。NUWC (Naval Undersea Warfare Center) Division Newport, Newport, RI (N66604-18-C-1570)
  • Sedna Digital Solutions (Manassas, VA) : High Fidelity Sensor Level Simulation/Stimulation and Common Processing System の開発、インテグレーション、試験、実証、認証に関わる技術/工学支援業務を $8,205,182 で。2018/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Aviation Devices and Electronic Components LLC (Fort Worth, TX) : シールド用ガスケット、パッケージング素材、シール交換用パーツ キットについて、修正契約を $24,180,280 で。累計受注額は $7,221,293 から $24,180,280 に。海軍ならびに民間部局向け、基本契約 3 年間、1 年単位のオプション契約 2 年間、2023/4/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7MX-18-D-0012/P00001)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Marietta, GA) : C-130 特殊作戦型の OFP (Operational Flight Program) アップグレードを $18,000,000 で。関連する、サードパーティ製品がらみのシステム工学/インテグレーション支援業務も含む。2022/4 まで。USSOCOM (US Special Operations Command), Tampa, FL (H92403-18-D-0002)
AIR FORCE
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : 陸海空軍の試験場で使用する計測システム CRIIS (Common Range Integrated Instrumentation System) のロット 3 量産分について、オプション契約分を $15,218,918 で。累計受注額は $328,679,174。2019/10/16 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Armament Directorate, Eglin AFB, FL (FA8678-10-C-0058/P00090)
  • Cantu Services Inc. (Wichita Falls, TX) : JB (Joint Base) McGuire-Dix-Lakehurst で実施する給養業務のオプション 3 契約分を $9,512,539 で。累計受注額は $35,651,283。2019/4/30 まで。87th Contracting Squadron, JB (Joint Base) McGuire-Dix-Lakehurst, NJ (FA4484-15-D-0003/P00017)

今日の報道発表
  • オーストラリアの同族企業 Birdon (Port Macquarie, NSW) が、米陸軍から 3 億 2,500 万ドルで 374 隻を受注している架橋用ボートの第一陣・34 隻を出荷、米陸軍工兵学校 (US Army Engineer School, Fort Leonard Wood, MO) で配備式典が行われた。同社はオーストラリア陸軍 (RAN : Royal Australian Army) からも架橋用ボート (Bridge Erection Boat) のアップグレードを 1,600 万豪ドルで受注、完納したばかり。(Australian DoD 2018/4/14)
  • OFB (Ordnance Factory Board) と BEML (Bharat Earth Movers Ltd.) が DefExpo India 2018 展示会に、155mm/52 装輪自走榴弾砲・Mounted Gun System を出展した。車体には 300KW (402HP) のエンジンを持つ BEML-Tatra の 8x8 トラックを使用する。155mm 砲の射程は 42km。BEML はこのほか、4x4 の装甲車・MBPV (Medium Bullet Proof Vehicle) も出展した。防御力は小火器対応の STANAG 456 レベル 1。(Indian MoD 2018/4/13, IHS Jane's 2018/4/16)
  • Boeing Co. は、F/A-18E/F の現地生産を図るために、HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) ならびに MDS (Mahindra Defence Systems) とパートナーシップを締結する、と発表した。F/A-18 の生産に加えて、技術共同開発も図るとしている。なお、MDS は US-2 飛行艇売り込みのために新明和とも提携した。(Boeing 2018/4/13, Mahindra Defence Systems 2018/4/11)
  • DefExpo India 2018 展示会に併せて、3 回目となる India-Russia Military Industrial Conference が開かれた。インド側代表団のトップは Ajay Kumar 装備生産相、ロシア側代表団のトップは Oleg Ryazantcev 通商産業相。インド企業 75 社とロシア企業 28 社が参加した。議題は、インドで使用しているロシア製装備品のスペアパーツ現地生産や、アフターサービスの改善など。(Indian MoD 2018/4/13)
  • インド国防省の代表団が、Russian Helicopters Holding 傘下・Kamov Design Bureau を訪問した。インドでの現地組み立てを予定している Ka-226T について、デモンストレーションの視察と機体への慣熟を図るのが目的。(Russian Helicopters 2018/4/12)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |