今週の軍事関連ニュース (2018/04/23)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • Donald J. Trump 米大統領が、国家安全保障に関わる覚書を承認、通常兵器の輸出に関する政策の見直しを表明した。また、UAV の輸出規制緩和に関する新たな政策を打ち出した。しかし MTCR (Missile Technology Control Regime) の問題はそのままある。(White House 2018/4/19, DefenseNews 2018/4/20)
  • 2018/4/19 に、ロシア軍の Valery Gerasimov 参謀総長と NATO 欧州聯合軍の Curtis Scaparrotti 司令官がアゼルバイジャンの Baku で会談した、と報じられている。(Radio Free Europe 2018/4/19)
  • ミネソタ州 Miinneapolis の上空を B-2A×10 機や KC-10A が飛行して、その模様を撮影した写真が多数、SNS に投稿される騒ぎがあった。その後で米空軍 AFGSC (Air Force Global Strike Command) などが「2018/4/16-5/5 にかけて実施している演習 "Neptune Falcon/Neptune Hawk" の一環として実施した訓練飛行。即応体制の維持、相互運用性の向上、実運用環境下で即応体制評価を目的としている」と説明。(DefenseNews 2018/4/20)

今日のニュースいろいろ
  • 米海軍は、日本に前方展開している水上戦闘艦を対象とする整備、訓練、資格認定を担当する専任組織、CNSG WP (Commander, Naval Surface Group Western Pacific) を 2018/4/11 付で発足させた。(US Navy 2018/4/18)
  • NATO は、リトアニアの Siauliai AB を拠点として実施している BAP (Baltic Air Policing) について、2018/5 以降の布陣を発表した。ポルトガルが F-16×4 機と人員 90 名を Air Base No 5 Monte Real から派出して任務を主導する。ポルトガルの BAP 参加は 4 回目で、2018/5/2 にデンマークから任務を引き継ぐ。併せて、スペインが 11th Wing (Moron AB) の C.16 (Typhoon)×6 機と人員 130 名ほどを Siauliai AB に派出する。スペインは 2006 年と 2016 年に主導、2015 年と 2017 年に増勢を担当したことがある。このほか、フランスがエストニアの Amari AB に、増勢分として Groupe de Chasse 1/2 "Cigognes" (Luxeuil AB) から Mirage 2000-5×4 機と人員 100 名ほどを派出する。(NATO 2018/4/18)
  • Heather Wilson 米空軍長官は 34th Space Symposium の基調講演で、米空軍の宇宙関連訓練機能を 2019 年から同盟国にも開放することを明らかにした。また、National Security Space Institute (Peterson AGB, CO) に、SSA (Space Situational Awareness) と宇宙安全保障と、2 つの課程を新設する。(USAF 2018/4/18)
  • CJTF-OIR (Combined Joint Task Force Operation Inherent Resolve) は、イラク軍がシリアのイラク国境近くにある Hajin で ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) に対する航空攻撃を実施したことを明らかにした。(DoD 2018/4/19)

今日のニュースいろいろ
  • アルバニアが、ロシアなど外部勢力の浸透を抑止する目的で、バルカン半島における米軍の駐留を希望するとの考えを明らかにした。(SpaceWar 2018/4/17)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ギリシアが数ヶ月中に、フランスから FREMM (Fregates Europeennes Multi-Missions) フリゲート×2 隻をリースして、8 月にも艦隊に加える、との報道が出ている。もちろん新規建造ではなく既存艦を借り受けるもので、FS Languedoc と FS Aquitaine が対象、と艦名まで名指しされている。(Kathimerini 2018/4/20)
  • Airbus はマレーシア国防省との間で、マレーシア空軍 (RMAF : Royal Malaysian Air Force) の A400M を対象とするサポート業務の延長契約を締結した。(The Star 2018/5/18)
  • 米陸軍の航空関連計画責任者・Thomas Todd 准将が、安全性・信頼性に関わる問題を理由として AH-64E の領収を差し止めたことを明らかにした。(DefenseNews 2018/4/19)
  • 米空軍関係者が議会で、B-21 Raider 爆撃機の開発作業が予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) を終えるところまで進展したことを明らかにした由。また、最初のソフトウェアがデリバリーされたとのこと。(Los Angeles Times 2018/4/18)
  • ウクライナで 2018/4/16 に、Mi-2MSB Nadiya ヘリが初飛行を実施した。エンジンを AI-450M に変更したほか、アビオニクスの新型化、兵装パイロン設置といった改良を施したモデルで、PJSC Motor Sich が協力している。道路警備やパイプライン監視といった用途を想定。(DID 2018/4/18)
  • 独海軍は Westland Sea King×21 機の後継機として、NH90 NFH (NATO Frigate Helicopter)×18 機の調達を計画中。2017/11 に進空したプロトタイプ 2 号機を使って認証試験を実施した上で、2019 年の第四四半期に最初の 3 機をデリバリーする予定。2020 年以降は 2 ヶ月に 1 機のペースでデリバリーする計画。(DID 2018/4/18)
  • Sikorsky は、ドイツの CH-53G 後継機調達計画・STH (Schwerer Transporthubschrauber) 向けに CH-53K を売り込む活動の一環として、Hensoldt と組むことにした。このほか、すでに発表済みの Rheinmetall Defence AG ならびに MTU Aero Engines、さらに ZF Luftfahrttechnik GmbH、Autoflug、HYDRO Systems KG、Rockwell Collins Germany、Jenoptik、Liebherr、Rohde & Schwarz の参画を明らかにした。(Lockheed Martin 2018/4/18, DefenseNews 2018/4/17)

メキシコ向け FMS (DSCA 2018/4/19)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、メキシコ向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で MH-60R を輸出すると通告した。総額は 12 億ドル。内訳は以下の通り。
  • MH-60R×8
  • T-700-GE-401C エンジン×20 (予備 4 基)
  • AN/APS-153(V) マルチモード レーダー×16 (予備 8 基)
  • ALFS (Airborne Low Frequency System)×10 (予備 2 基)
  • AN/APX-123 IFF (Identification Friend or Foe) トランスポンダー×14 (予備 6 基)
  • AN/AAS-44C MTS (Multi-Spectral Targeting System)×12 (予備 4 基)
  • EGI (Embedded Global Positioning System/Inertial Navigation System)×20 (予備 4 基, w/SAASM : Selective Availability/Anti-Spoofing Module)
  • AN/AVS-9 NVG (Night Vision Goggle)×30
  • AN/SSQ-36/53/62 ソノブイ×1,000
  • AGM-114 Hellfire×10
  • AGM-114 M36-E9 CATM (Captive Air Training Missile)×5
  • AGM-114Q Hellfire 訓練弾×4
  • APKWS II (Advanced Precision Kill Weapons System II)×38
  • Mk.54 短魚雷×30
  • M240D 機関銃×12
  • GAU-21/A 機関銃×12
  • AN/ARC-220 HF (High Frequency) 通信機×12
  • 予備エンジン用コンテナ、施設調査、設計・建設、スペアパーツ、補修用パーツ、通信機材、試験機材、支援機材、フェリー支援、文書類、訓練、訓練機材、工学・技術・兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp., Rotary and Mission Systems (Owego, NY)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/20)
ARMY
  • 以下の各社は、デスクトップ PC とラップトップ PC (Army Desktop and Mobile Computing-2 Suite) に関する修正契約を総額 $870,000,000 で。
    • Dell Federal Systems LP (Round Rock, TX) : W91QUZ-06-D-0002/P00046
    • CDW Government LLC : W91QUZ-06-D-0002/P00045
    • HPI Federal (Washington DC) : W91QUZ-06-D-0002/P00043
    • Integrated Technologies Group (Falls Church, VA) : W91QUZ-06-D-0002/P00044
    • NCS Technologies Inc. (Gainesville, VA) : W91QUZ-06-D-0002/P00042
    • Telos Corp. (Ashburn, VA) : W91QUZ-06-D-0002/P00043
    • Transcource Services Corp. (Phoenix, AZ) : W91QUZ-06-D-0002/P00041
    2020/4/23 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL
  • AeroVironment Inc. (Simi Valley, CA) : Switchblade のブロック 10C イナート訓練機に関わるハードウェアとパーツについて、修正契約を $44,691,196 で。AUR (All-Up Round)、マルチパック発射機、モジュラー バッテリ ペイロードで構成。2019/9/19 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-C-0193/P00005)
  • ARDL Inc. (dba Applied Research and Development Laboratory, Mount Vernon, IL) : 環境関連のサービス業務を $40,000,000 で。2023/4/16 まで。Army Corps of Engineers, St. Louis, MO (W912P9-18-D-0014)
  • GDLS (General Dynamics Land Systems Inc., Sterling Heights, MI) : M1 Abrams 戦車を対象とする技術支援業務 (STS : Systems Technical Support) について、修正契約を $7,444,001 で。2019/3/31 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-17-C-0067/P00049)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Direct Energy Business LLC (Pittsburgh, PA) : 電力供給と関連業務を $24,606,517 で。CT、ME、RI の各州で実施 (Coast Guard Academy, Naval Station Newport. Portsmouth Naval Shipyard)、2020/5/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE604-18-D-8011)
  • Southeastern Kentucky Rehabilitation Industries Inc. (Corbin, KY) : 作業服キャップを $20,858,210 で。基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 4 年分、2023/4/19 まで。海軍向け。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-18-D-N038)
  • UPDATE: Deere & Co (John Deere) (Cary, NC) : 2017/5/18 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0007 に基づく農業関連機材の調達対象に追加。(SPE8EC-18-D-0013)
NAVY
  • URS Group Inc. (Morrisville, NC) : Expeditionary Legal Complex (Naval Station Guantanamo Bay, Cuba) の拡張工事を $14,557,557 で。前契約は N62470-13-D-6022。Office of Military Commissions 向け。オプション契約分まで含めた総額は $18,925,055。2019/6 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southeast, Jacksonville, FL (N69450-18-F-0077)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Newport News, VA) : USS Theodore Roosevelt (CVN-71) を対象とする FY2018 分の継続整備 (CMAV : Continuous Maintenance Availability) について、修正契約を $12,481,362 ディーゼル・エンジン。San Diego でデポ整備や改修・改良を実施。2018/7 まで。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA (N00024-13-C-4315)
AIR FORCE
  • The Entwistle Co. (Danville, VA)) : 燃料供給関連機材を $11,865,528 で。前契約は FA8533-12-D-0005。累計受注額は $51,231,786。2020/10/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8534-18-F-0036)

今日の報道発表 (北米編)
  • DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) が、宇宙への迅速なアクセス実現を目指す "DARPA Launch Challenge" のローンチを発表した。優勝賞金は 1,000 万ドル。発射場については数週間前、ペイロードの詳細は数日に知らせを受けた上で、迅速に 2 件の打ち上げを実施しようというもの。(DARPA 2018/4/18)
  • Leonardo DRS Inc. は、初の 10μ 非冷却式赤外線イメージャ・Tenum 640 のローンチを発表した。サイズは最小クラスで、費用対効果が高いとしている。監視・警備、UGV や UAV への搭載、農業、アウトドア スポーツなどの用途を想定。(Leonardo DRS 2018/4/18)
  • カナダ陸軍 (Canadian Army) は、イラクやアフガニスタンでの経験を受けて、Rheinmetall Canada を主契約社として IAI/Elta Systems Ltd. 製の MMR (Medium Range Radar)×10 基を発注した。大半は New Brunswick の第 4 砲兵聯隊に配備する。間接砲撃、RPG (Rocket Propelled Grenade)、迫撃砲、地対地ロケットなどといった脅威の探知に使用する。レーダー本体から最大 100m まで離れて遠隔管制が可能。設営と分解は 20 分でできる。(Canadian Army 2018/4/19)

今日の報道発表 (その他編)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向けの OPV (Offshore Patrol Vessel)×12 隻に搭載する状況認識関連機材について、Lurssen Australia から Saab Australia への発注が行われた、と発表した。搭載するのは電子光学式方位盤 EOS 500 で、これを監視と射撃管制の両方に使用する。このほか、9LV 指揮管制装置も担当する。(Australian DoD 2018/4/20, Saab 2018/4/20)
  • Saab AB はスウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) から、スウェーデン陸軍向けの訓練データ収集システム・Manpack 300 などを 5,100 万クローネで受注した。大半の聯隊をカバーする分と、ネットワーク化したベース ステーションで構成する。2018 年中にデリバリーの予定。(Saab 2018/4/20)
  • Gavin Williamson 英国防相が BAE Systems の Clyde 造船所を訪問、26 型 GCS (Global Combat Ship) の建造状況を視察したほか、3D 仮想環境による艦内ツアーを体験した。1 番艦 HMS Glasgow は 2017 年 7 月に起工して、最初の船殼セクション×2 基を接合するところまで工程が進捗している。(BAE Systems 2018/4/19)
  • フィンランドは、欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) が推進する 3 件の研究プロジェクト (水中での音響データ転送、3D プリンティング手法の改善、戦術データ無線転送技術の開発) への参画を発表した。総経費 2,000 万ユーロ、うちフィンランドの負担は 150 万ユーロ。(Finnish MoD 2018/4/20)
  • Thales はスペイン国防省から、PR4G F@stnet 通信機の改良契約を受注した。GEOMUX ウェーブフォーム ファミリーから SUPERMUX ウェーブフォームを導入、音声・データ・BFT (Blue Force Tracking) の個別、ないしは同時通信を実現する。(Thales 2018/4/19)
  • Ukrobornprom は、UOP SE State Kyiv Design Bureau Luch が開発した Stugna-P 対戦車ミサイルの輸出向け改良型・Skif の試験を成功裏に実施した、と発表した。ミサイル自体は「もともと全天候性を備えている」としてそのまま使い、発射機に強力な熱線映像装置を組み込んだとしている。(Ukrobornprom 2018/4/19)
  • ロシアは 2018/4/19 に Baikonur Cosmodrome で、Proton-M ロケットを使って軍用衛星の打ち上げを実施した。新華社では、ブツは通信衛星 Blagovest No. 12 だと報じている。(Russian MoD 2018/4/19, 新華社 2018/4/19)
  • UAC (United Aircraft Corp.) 傘下の Tupolev PJSC が、Tu-95MS を 1 機使って、Kuznetsov 製 NK-12MPM エンジンと SPE Aerosila 製 AB-60T プロペラの試験を実施中。エンジンとプロペラの改良により、ペイロードの増大、離陸性能の改善、航続性能の改善などを見込む。(UAC 2018/4/19)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/19)
NAVY
  • Raytheon Co. (Marlborough, MA) : AN/SPY-6(V) AMDR (Air and Missile Defense Radar) の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) について、オプション契約分を $136,529,350 で。2021/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-5315)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Melbourne, FL) : 日本向け E-2C に導入する AN/APX-122A Mode 5/S IFF (Identification Friend or Foe) インテロゲーター/トランスポンダーの納入・導入・試験に関連する、供給・サービス業務を $51,846,018 で。開発ラボ業務、インテグレーション ラボ試験、ソフトウェア改修、技術データ、訓練、導入後の地上試験と飛行試験の支援といった内容を含む。作業場所は以下の通り。
    • Melbourne, FL (40%)
    • Greenlawn, NY (20%)
    • Menlo Park, CA (20%)
    • NAS (Naval Air Station) Misawa, Japan (10%)
    • Gifu, Japan (10%)
    FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-G-0026/#0045)
  • Boeing Co., Training Systems and Government Services (St. Louis, MO) : F/A-18E/F と EA-18G に対応する TOFT (Tactical Operational Flight Trainer) と ADS (Advanced Development Station) について、ソフトウェア更新によるセンサー モード追加の改修を $18,793,138 で。2021/7 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N00019-16-G-0001/#5000)
  • The Pennsylvania State University, Applied Research Laboratory (State College, PA) : MIMICing Omni-Radio Field Set を $14,956.558 で。2017/9/29 発出の BAA (Broad Agency Announcement) N00014-18-S-B001 による。2021/4/19 まで。ONR (Office of Naval Research), Arlington, VA (N00014-15-G-0001)
  • K.G. Walters Inc. (Santa Rosa, CA) : NAS (Naval Air Station) Fallon (Fallon, NV) の汚水処理施設更新工事を $13,866,395 で。新施設の処理能力は日量 364,000gal。予定している修正契約分まで含めた総額は $13,910,767。2019/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southwest, San Diego, CA (N62473-18-C-2205)
  • SilverBlock Systems Inc. (Leonardtown, MD) : 地理空間分野の RF (Radio Frequency) オペレーションに、電子放射分析航法を取り込むための応用研究を $7,584,576 で。2022/4 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-18-C-0266)
AIR FORCE
  • Nimbis Services Inc. (Oro Valley, AZ) : 電子機器のサプライチェーンを対象とする、リスク低減のための検証技術について、研究開発を $49,495,000 で。2023/7/18 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-D-1604)
  • JT4 LLC (Las Vegas, NV) : JTR (Joint Technical Range) サービス業務を $38,612,014 で。412th TW (412th Test Wing) 向けで UTTR (Utah Test and Training Range) と NTTR (Nevada Test and Training Range)、NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division) が対象。2033/4/15 まで。Air Force Test Center, Hill AFB, UT (FA8240-18-C-7218)
ARMY
  • Raytheon Co. (Fort Wayne, IN) : AN/ARC-231 マルチモード通信機のハードウェア コンポーネントと、技術・工学・兵站支援業務を $11,906,673 で。2020/4/19 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56JSR-18-D-0013)
  • Weeks Marine Inc. (Covington, LA) : Wilmington Harbor Inner Ocean Bar (Brunswick County, Southport, NC) で実施する浚渫工事を $11,445,250 で。2018/8/31 まで。Army Wilmington, NC (W912PM-18-C-0012)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • EPIC Aviation LLC (Reno, NV) : 燃料油を $7,006,460 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE607-18-D-0036)

今日の報道発表 (北米編)
  • 2018/4/21 にオレゴン州 Portland のマリン ターミナル 2 で、San Antonio 旧ドック型揚陸輸送艦の 11 番艦、USS Portland (LPD-27) の就役式典が行われる。スピーチは Patrick M. Shanahan 国防次官が、スポンサーは第 35 第海兵隊司令官・James F. Amos 海兵隊大将 (退役) 夫人の Bonnie Amos 氏が務める。(DoD 2018/4/19)
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) は米陸軍から、INSCOM (Army Intelligence and Security Command) 向けの IT サポート サービス業務 #3 の契約を 3 億ドルで受注した。ネットワークとメンテナンス、ストレージ管理、情報保全、Web サービスなどを担当、作業場所は Fort Belvoir や Fort Gordon など。(GDIT 2018/4/19)
  • Raytheon Co. は、GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II の開発試験 (DT : Developmental Testing) が完了した、と発表した。(Raytheon 2018/4/19)
  • MCAGC (Marine Corps Air Ground Combat Center, Twentynine Palms, CA) で 2 月下旬から、米陸軍・第 101 空挺師団 (航空強襲)・第 3 旅団・第 33 騎兵聯隊・第 1 大隊・B 中隊と、米海兵隊・第 7 海兵聯隊・第 1 大隊麾下の武器中隊が、JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) の運用評価試験を実施中。 Combat Tactical Vehicle と Combat Support Vehicle が合計 39 両、これを陸軍 21 両、海兵隊 18 両と配分して使用中。(US Army 2018/4/17)
  • 2018/4/14 に Cape Canaveral AFS (Air Force Station) の SLC-41 (Space Launch Complex 41) で、ULA (United Launch Alliance) の Atals V を使用する衛星打ち上げミッション・AFSPC-11 が成功裏に行われた。空軍側で支援を担当したのは 45th SW (45th Space Wing)。(USAF 2018/4/18)
  • カナダの Roshel Defence Solutions が、4x4 の装甲兵員輸送車 (APC : Armoured Personnel Carrier)・Senator を開発、試験を終えて量産を開始した。平和維持部隊や法執行機関での使用を想定している。防御力は CEN B7/ STANAG 4569 レベル II 対応。(Roshel Defence Solutions 2018/4/18)
  • Cubic Corp. は、訓練サービズ業務を担当している CGD (Cubic Global Defense) Services 部門を Valiant Integrated Services に 1 億 3,500 万ドルで売却する、と発表した。(Cubic 2018/4/19)

今日の報道発表 (その他編)
  • Gavin Williamson 英国防相を迎えて、2018/4/19 に RAF Lossiemouth で P-8A Poseidon 関連施設の起工式が行われた。1 億 3,200 万ポンドを投じて所要の施設を建設するもの (P-8A 関連の総経費は 30 億ポンド)。(MoD UK 2018/4/19)
  • BAE Systems は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の次世代フリゲート建造計画・Project Sea 5000 について、BlueScope と Liberty OneSteel の二社から鋼材の供給を受ける、と発表した。同社が提案するのは、26 型 GCS (Global Combat Ship) ベースの Global Combat Ship-Australia。(BAE Systems 2018/4/19)
  • ノルウェー国防省は、F-35 の SDD (System Development and Demonstration) フェーズ完了と C2D2 (Continuous Development and Delivery) への移行を受けて、自国の F-35A 導入計画・Kampfly (戦闘用機の意) について「ノルウェーのコンディションの下で運用評価試験を実施しており、2019 年に初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成する計画」と発表。(Norwegian MoD 2018/4/16)
  • Indra は、A400M 用のシミュレータ×2 基を受注した。ドイツ向けは Wunstorf AB、フランス向けは Orleans-Bricy AB に設置、これによって両基地の訓練能力をそれぞれ倍増させる。開発には Thales と Airbus が参画している。(Indra 2018/4/18)
  • Nexter が、マレーシア陸軍に 105mm 榴弾砲 LG1 Mk.III×18 門を納入することを明らかにした。マレーシアの ADS (Advanced Defence Systems) と組んでの受注。3 年契約で、2019/11 に第一陣の 6 門をデリバリー、2020/2 に完納の予定。(Nexter 2018/4/19, IHS Jane's 2018/4/19)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/19)
AIR FORCE
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Huntsville, AL) : 通常弾頭装備の極超音速飛翔体を $928,000,000 で。設計・開発・工学・システム インテグレーション・試験、兵站計画立案・機体とのインテグレーションに関する支援を実施。ACLCMC (Air Force Life Cycle Management Command), Eglin AFB, FL (FA8682-18-D-0003)
  • Applied Technology Assocs. (Albuquerque, NM) : 地上配備型 EO/IR (Electro-Optical/Infrared ) イメージング システムを $11,991,712 で。IARPA (Intelligence Advanced Research Projects Activity) 案件、2021/1/15 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright Patterson AFB, Dayton, OH (FA8650-18-C-9101)
NAVY
  • 以下の各社は、NAVFAC Southwest の AOR (Area of Responsibility) で実施する建設・再生補修工事を、総額 $750,000,000 で。
    • M. A. Mortenson Co. (dba Mortenson Construction, Minneapolis, MN) : N62473-18-D-5850
    • RQ Construction LLC (Carlsbad, CA) : N62473-18-D-5851
    • R. A. Burch Construction Co., Inc. (Ramona, CA) : N62473-18-D-5852
    • Harper Construction Co., Inc. (San Diego, CA) : N62473-18-D-5853
    • Sundt Construction Inc. (Tempe, AZ) : N62473-18-D-5854
    • Solpac Construction Inc. (dba Soltek Pacific Construction Co., San Diego, CA) : N62473-18-D-5855
    • Bethel-Webcor Pacific JV (Anchorage, AK) : N62473-18-D-5856
    州別の配分は、CA (90%)、AZ (6%)、NV (1%)、UT (1%)、CO (1%)、NM (1%)。基本契約 1 年間、オプション契約 4 年間。2023/4 まで。まず M. A. Mortenson Co. が、MCLB (Marine Corps Logistics Base) Barstow (Barstow, CA) の車両補修施設建設を $20,862,000 で。2020/5 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southwest, San Diego, CA
  • SERCO (Reston, VA) : テロ対策/フォース プロテクション用電子監視システムを対象とする、ライフサイクル維持管理業務とインテグレーション/調達支援業務を $135,843,500 で。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command)、PEO (Program Executive Office)、その他の国防総省関連機関、国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security)、海兵隊、沿岸整備隊、CBP (Customs and Border Protection) などが対象で、場所はアメリカ本土、アラスカ、ハワイなど。2021/4/17 まで。オプション契約分まで含めた総額は $232,436,620、2023/4/17 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-18-D-0082)
  • URS Federal Services Inc. (Germantown, MD) : FRC (Fleet Readiness Center) で使用する航空機向けの支援機材について、オプション契約分を $34,479,509 で。2022/4 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-17-C-0272/P00029)
  • HII (Huntington Ingalls Industreis Inc., Newport News, VA) : USS Gerald R. Ford (CVN-78) を対象とする PSA (Post-Shakedown Availability) / SRA (Selected Restricted Availability) について、オプション契約分を $10,765,095 で。計画立案作業の続きと準備を実施。2019/6 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-08-C-2110)
MDA (Missile Defense Agency)
  • MacAulay-Brown Inc. (Dayton, OH) : MDA による BMDS (Ballistic Missile Defense System) の開発・配備について、技術・工学分野の助言・分析支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) を $67,897,020 で。作業場所は以下の通り。
    • NCR (National Capital Region)
    • Washington DC
    • Dahlgren, VA
    • Huntsville, AL
    • Kirtland AFB, NM
    • Hanscom AFB, MA
    • Colorado Springs, CO
    • Vandenberg AFB, CA
    2023/4 まで。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-18-C-0020)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • 以下の各社は、燃料油を受注。
    • Imperial Flying Service Inc. (Imperial, CA) : $27,316,475 (SPE607-18-D-0037)
    • McClellan Jet Services LLC (McClellan, CA) : $21,538,822 (SPE607-18-D-0039)
    懇請 SPE607-18-R-0200 に基づくもので、価格修正条項付き。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2022/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA
  • Relyco Sales Inc. (Dover, NM) : ポリエステル ペーパーを $25,000,000 (価格修正条項付き) で。DLA 向け、2021/4/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Contracting Services Office, New Cumberland, PA (SP7000-18-D-0003)
  • AOC Logistics LLC (Chantilly, VA) : 倉庫・配送支援業務を $23,734,104 で。DLA 向け、2023/4/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Distribution, New Cumberland, PA (SP3300-18-D-5004)
ARMY
  • Belleville Shoe Manufacturing Co. (Belleville, IL) : 寒冷地用コンバット ブーツを $10,787,065 で。2018/12/31 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911QY-18-F-0300)
  • Alden Research Laboratory Inc. (Holden, MA) : ダム、堤防、防波堤、河川、河口などに関わる流体工学関連業務を $10,000,000 で。2023/4/17 まで。Army Corps of Engineers, Portland, OR (W9127N-18-D-0002)
  • Burleson Consulting Inc. : 生息地の復元・監視業務を $9,900,000 で。カリフォルニア州の Fort Ord で実施、2023/4/81 [原文ママ] まで。Army Corps of Engineers, Sacramento, CA (W91238-18-D-0007)

今日の報道発表 (北米編)
  • Curtiss-Wright Corp. は HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の NNS (Newport News Shipbuilding) 部門から、Gerald R.Ford 級空母の 3 番艦・USS Enterprise (CVN-80) で使用する蒸気タービンと補機を総額 8,500 万ドルで受注した。Power セグメントの EMS 部門が担当する。(Curtiss-Wright 2018/4/17)
  • Raytheon Co. は、米国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) 向けに Polar Scout なる小型衛星×2 基を製作する、と発表した。Millennium Engineering and Integration と組んで実現するもので、極地のような遠隔地で救助チームがビーコンの所在を突き止める作業を支援するために、衛星に RF (Radio Frequency) 受信機を備える。(Raytheon 2018/4/18)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリアは、SSA (Space Situational Awareness) のデータ処理・解析ツールとして、Lockheed Martin Corp. 製 iSpace (intelligent Space) の採用を決定した。Australian Space Operations Center に設置するミッション システムに加えて、訓練業務も契約に含む。(Lockheed Martin 2018/4/17)
  • Austal が、Project Sea 3036 PPB (Pacific Patrol Boat) 計画向けの哨戒艇×2 隻を追加受注。2016/4 に 12 ヶ国分として 19 隻を 3 億 600 万豪ドル (2 億 3,500 万ドル) で受注していたが、東ティモールに供与する 2 隻を上積み。(Austrailan DoD 2018/4/18, IHS Jane's 2018/4/18)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) が、C-27J Spartan の 10 号機を領収した。これで、計画していた全機が出揃い、配備先の No.35 Sqn. がホームベースとしている RAAFB Richmond で最終機の領収式典を実施した。就役後のサポート業務は Northrop Grumman Australia が担当する。(Austrailan DoD 2018/4/18)
  • Rheinmetall Defence AG は某国から、海軍基地で不正侵入や破壊工作を防ぐための警備システムを受注した。契約額は数千万ユーロ (double-digit euro million) で、センサーや指揮管制システムなどで構成する。(Rheinmetall Defence 2018/4/18)
  • オランダ軍の兵站部門・DMO (Defence Materiel Organisation) が次期軍用トラックの供給元として Scania の採用を決めているが、それを受けて Centigon Security Group 傘下の Centigon France が、Scania から軍用トラック用の装甲キャブ×185 両分を受注した (さらにオプション契約で 400 両分)。2020 年から生産に入る予定で、整備・補修・スペアパーツ・訓練・サポート業務も契約に含む。(Centigon Group 2018/4/18)
  • ノルウェー軍の兵站部門・Forsvarsmateriell (Defense Materiel Agency) 麾下の Defense Land Capacity Office は 2018/3/23 に、FFG (Flensburger Fahrzeugbau GmbH, Flensburg, Germany) に対して新型戦闘支援車両 (Armored Combat Support Vehicle) のプロトタイプ製作を発注した。既存の M113 と M577A2 を対象とするアップグレード改修キットも契約に含む。さらに、追加分をオプション契約として設定。(Norwegian MoD 2018/3/23)
  • BMP-2 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) の後継車・200 両の調達を計画しているチェコに対して、Rheinmetall Defence AG が Lynx を売り込んでおり、「最大限のモジュラー化」「高い生残性」「高い路外機動性」「戦闘能力」をアピール中。Lynx には 38t 級で固有乗員 3 名と降車歩兵 6 名を乗せられる KF31 (KF : Kettenfahrzeug) と、さらに 2 名を追加で乗せられる 40t 超の KF41 の、2 種類の派生型がある。(Rheinmetall Defence 2018/4/17)
  • Leonardo Sp.A はイギリス海軍 (RN : Royal Navy) の FAA (Fleet Air Arm) 麾下・847NAS (847 Naval Air Squadron) のサポートを受けて、先週にマレーシア軍向けに AW159 Lynx Wildcat のデモを実施した。場所は Lumut の海軍基地と、Subang Airport (Kuala Lumpur) にある Leonardo Helicopters の事業所。(Leonardo 2018/4/17)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の KDA (Kongsberg Defence & Aerospace A.S.) はマレーシア海軍から、LMV (Littoral Combat Vessel)×6 隻に装備する NSM (Nytt Sjonomalsmissil / Naval Strike Missile) を 1 億 2,400 万ユーロで受注した。艦の建造は Boustead Naval Shipyard Sdn Bhd が担当する。(Kongsberg Gruppen 2018/4/18)
  • インドの業界団体 SIDM (Society of Indian Defence Manufacturers) とフランスの業界団体 GIFAS (Groupement des Industries Francaises Aeronautiques et Spatiales) が、航空宇宙・防衛分野で両国の協力を推進するという趣旨の MoU に調印した。(GIFAS 2018/4/16)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |