今週の軍事関連ニュース (2018/04/30)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • フランス軍は、航空機を対象とする整備・サポート業務 (Maintien en Condition Operationnelle des Materiels Aeronautiques) を担当する参謀本部直属機関・DMAe (Direction de la Maintenance Aeronautique) の創設を発表した。目的は、パフォーマンスと効率の改善、ひいては航空機の可動率を高めること。(French Armed Forces Ministry 2018/4/26)
  • トルコが、2017/5 に就役した国産の短射程弾道ミサイル Bora 1 (「嵐」の意、最大射程 280km) の改良型・Bora 2 の開発を進めていることを明らかにした。技術面の改良とともに射程の延伸を図るとしている。これの輸出型を Kaan (Khan) と称する。(Forecast International 2018/4/26, IHS Jane's 2018/4/27)
  • 米共和党の James Lankford と Thom Tillis の両上院議員、米民主党の Jeanne Shaheen 上院議員が、トルコへの F-35 の輸出を禁じるという内容の議案を提出した。(Reuters 2018/4/26)

今日のニュースいろいろ
  • USS Wasp (LHD-1) を基幹として海兵隊員 2,300 名が乗艦する遠征打撃群 (ESG : Expeditionary Strike Group) が沖縄のホワイトビーチに入港、2018/4/21 に海兵隊員を降ろした。これで同 ESG による、初の F-35B 付きパトロール航海は終了。随伴していた USS Dewey (DDG-105) と USS Sterett (DDG-104) は San Diego に戻る予定になっている。今回の航海では、2 隻のイージス駆逐艦を加えた "Up-Gunned ESG" の概念実証を実現した。(F35.com 2018/4/25)
  • Sergei Shoigu 露国防相が 2018/4/24 に中国・中央軍事委員会の Xu Qiliang 副委員長と会談。「ロシアと中国は軍事分野の協力を強化するための戦略的政策を策定中である」と発言した。(TASS 2018/4/25)
  • 中国の地震学者が、北朝鮮の豊渓里 Punggye-ri にある核実験場について「核爆発によって部分的崩壊して使用できなくなっている」との見解を示した。過去に行われた 6 回の核実験のうち 5 回が、ここで行われている。(SpaceWar 2018/4/25)
  • 米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、2018/6/1 から FMS (Foreign Military Sales) の事務手数料 (Administrative Surcharge) を引き下げる。現行の料率は 3.5% だが、これを 3.2% にする。(DSCA 2018/4/25)
  • 国連がマリで実施している平和維持活動 MINUSMA (Multidimensional Integrated Stabilization Mission Mali) に、ドイツが NH90×4 機と EC665 Tiger×4 機を派遣しているが、その後任としてカナダが CH-47 Chinook×2 機と CH-146 Griffon 武装形×4 機を派遣する。エルサルバドルは 2015 年から MD500×3 機を Timbuktu に派遣しているが、こちらは 7 月にもう 3 機を Gao に派遣する。カナダ軍の CH-146 が EC665 と比べて武装に劣るため、エルサルバドルが増派する MD500 を組ませる考え。(DID 2018/4/26)
  • 米空軍 AFGSC (Air Force Global Strike Command) は 2018/4/25 に、Vandenberg AFB から LGM-30G Minuteman III を試射した。(SpaceWar 2018/4/25)

今日のニュースいろいろ
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の Typhoon FGR.4 が、RAF Lossiemouth からルーマニア南東部の Mihail Kogalniceanu AB (Constanta 近隣) に展開した。135EAW (135 Expeditionary Air Wing, RAF Leeming, North Yorkshire, UK) の下で NATO の上空警戒任務を担当する。135EAW は No.II Sqn. を含めて総勢 150 名で構成。(British Forces News 2018/4/24)
  • Sergei Shoigu 露国防相が、近いうちにシリアに防空システムを増派することを明らかにした。Sergei Lavrov 露外相は 2018/4/23 に、シリアへの S-300 の引き渡しについては未確定だと発言している。(DID 2018/4/25)
  • 台湾が 6 月に、中国からの突発的侵攻を想定した内容の年次実射演習を実施する。(SpaceWar 2018/4/24)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 台湾の NCSIST (National Chung-Shan Institute of Science and Technology) が、アメリカからリング レーザー ジャイロ×600 点を輸入したいと考えている由。雄風 IIE (HF-2E) ミサイルで使用するつもりとみられている。(DID 2018/4/27)
  • Russian Helicopters Holdings のボス・Andrei Boginsky 氏が Eurasia Airshow の席上、ヨルダン向けの Mi-26T×4 機を年内に完納する、と発言した。(TASS 2018/4/26)
  • ギリシア政府が、ギリシア軍の C-27J を武装化する決定を下した、との報道が出ている。(DID 2018/4/26)
  • 米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) が、V-22 用の空中給油システム・VARS (V-22 Aerial Refueling System) について、今秋から試験を開始することを明らかにした。(DID 2018/4/25)
  • トルコ国営 Anadolu Agency が 2018/4/24 に軍関係者の話として、BMC が Altay 戦車×250 両の量産案件を獲得した、と報じた。これから契約締結に向けた折衝に入るとしている。(Hurriyet Daily News 2018/4/24)
  • ポルトガルは 2016/6 に 2,900 万ユーロ (3,600 万ドル) の予算を組んで、C-130H×5 機を対象とするアップグレード改修を実施する計画を立てた。FMS (Foreign Military Sales) 案件で、すでに米国務省からの承認も得ていた。しかし、この計画を中止して、改めて 1,900 万ユーロをかけて SESAR (Single European Sky Air Traffic Management Research) による支援の下、改修を実施することになった (それとは別に整備経費として 280 万ユーロを計上)。(DID 2018/4/25)

バーレーン向け FMS (DSCA 2018/4/27)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、バーレーン向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で AH-1Z を輸出すると通告した。総額は 9 億 1,140 万ドル。内訳は以下の通り。
  • AH-1Z×12
  • T-700-GE-401C エンジン×26 (うち 2 基は予備)
  • AGM-114 Hellfire×14
  • APKWS II (Advance Precision Kill Weapon System II) 用 WGU-59/B 誘導セクション×56
  • Honeywell 製 EGI (Embedded Global Positioning System / Inertial Navigation System)×15 (w/SPS : Standard Positioning Service, 3 基は予備)
  • JMPS (Joint Mission Planning System)×12
  • 20mm 機関砲 M197×12
  • Technical Refresh Mission Computer×30
  • AN/AAQ-30 TSS (Target Sight System)×14
  • Optimized Top Owl HMD (Helmet Mounted Display)×26
  • AN/APX-117 IFF (Identification Friend or Foe)×15
  • AN/AAR-47 ミサイル接近警報装置×15
  • AN/ALE-47 チャフ/フレア ディスペンサー×15
  • AN/APR-39C(V)2 RWR (Radar Warning Receiver)×15
  • 通信機材、電子戦システム、支援機材、予備エンジン用コンテナ、スペアパーツ、補修用パーツ、工具類、試験機材、技術データ、文書類、訓練、訓練機材、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは Bell Helicopter Textron Inc. (Fort Worth, TX) と General Electric Co. (Lynn, MA)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/27)
ARMY
  • Lockheed Martin Corp. (Grand Prairie, TX) : GMLRS (Guided Multiple Launch Rocket System) を $828,724,214 で。フィンランド、韓国、ルーマニア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/5/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-18-C-0049)
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : エンタープライズ ネットワークと関連サポート サービス業務について、修正契約を $105,967,887 で。作業場所は以下の通り。
    • Kuwait City, Kuwait
    • Camp As Sayliyah, Qatar
    • Bagram Airfield, Afghanistan
    • FOB (Forward Operating Base) Union III, Iraq
    • Camp Red Leg, United Arab Emirates
    • Jordan, Jordan
    2018/11/30 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W91RUS-13-C-0006/P00039)
  • 4D Tech Solutions (Morgantown, WV) : ARL (Army Research Laboratory) 麾下、Sensors and Electronic Devices Directorate 部門の Advanced Prototyping and Experimentation Team をサポートするための、人員・機材・資材・機材・ツール類などを $25,000,000 で。2023/4/19 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911NF-18-D-0005)
NAVY
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : RGM/UGM-109E Tomahawk ブロック IV のオプション契約分を $143,270,000 で。全規模量産 (FRP : Full Rate Production) ロット 15 分の VLS (Vertical Launch System) 対応型 AUR (All-Up-Round)×100 発。2020/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0034/P00018)
  • Scientific Research Corp. (Atlanta, GA) : C4I (Command, Control, Communications, Computers and Intelligence) 分野の工学・インテグレーション・導入などの作業を$92,499,118 で。サプライ品の調達、製作・組み立て、試験・検査、納入で構成。PEO C4I (Program Executive Office C4I) 麾下、Carrier and Air Integration Program Office 向け。作業場所は以下の通り。
    • Charleston, SC
    • San Diego, CA
    • Pascagoula, MS
    • Dahlgren, VA
    • Newport News, VA
    • Norfolk, VA
    2019/9/29 まで。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-18-D-0006)
  • Cardno GS-AECOM Pacific JV (Charlottesville, VA) : NAVFAC Pacific の AOR (Area of Responsibility) にある海軍・海兵隊施設を対象とする、NEPA (National Environmental Policy Act) 対応に関わるアーキテクト/エンジニアリング業務を $65,000,000 で。州別の配分は HI (50%)、Guam (40%)、その他 (10%)。2023/4 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-18-D-1802)
  • GDEB (General Dynamic Electric Boat, Groton, CT) : 核関連の地域整備拠点 (Nuclear Regional Maintenance Department, Naval Submarine Base New London, CT) に対する人員派遣と運用を $38,433,267 で。オプション契約分まで含めた総額は $210,418,533。2023/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-4301)
  • Heckler and Koch Defense Inc. (Ashburn, VA) : M27 IAR (Infantry Automatic Rifle)×15,000 挺とスペアパーツを $29,427,750 で。2023/4/30 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-18-D-1248)
  • General Dynamics Mission Systems (Bloomington, MN) : AMC (Advanced Mission Computer) を対象とする補修・交換とプログラム支援業務を $17,292,088 で。PBL (Performance Based Logistics) 案件、F/A-18E/F、EA-18G、AV-8B 搭載用。2023/4 まで。オプション契約分まで含めた総額は $36,279,398、2028/4 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-18-D-P201)
  • Mare Island Dry Dock LLC (Vallejo, CA) : USS Emory S. Land (AS-39) を対象とする中間整備を $16,020,433 で。2018/6/1 に開始、オプション契約分まで含めた総額は $16,020,433。2018/9 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N3220518C4552)
  • American Rheinmetall Munitions Inc. (Stafford, VA) : 特殊作戦部隊向けの Mk.13 mod.0 手榴弾を $9,851,630 で。2023/4 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Crane Division, Crane, IN (N00164-18-D-JR58).
AIR FORCE
  • Harris Corp., Harris RF Communication (Rochester, NY) : HH-VDL (Handheld Video Data Link) 端末機の開発・製作・維持管理を $130,000,000 で。2023/4 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8629-18-D-5009).
  • Harris Corp. (Colorado Springs, CO) : BMEWS (Ballistic Missile Early Warning System) と PAVE PAWS (Precision Acquisition Vehicle Entry Phased Array Warning System) を対象とする維持管理業務について、修正契約を $30,199,384 で。2019/4/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Peterson AFB, CO (F19628-02-C-0010/P00836)
  • GDOTS (General Dynamics, Ordnance and Tactical Systems, Niceville, FL) : BLU-134/B 威力改良型弾頭について、オプション契約分を $23,307,129 で。2019/10/26 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8681-16-C-0002/P00009)
  • Boeing Co. (Albuquerque, NM) : 地上設置型の SSA (Space Situational Awareness) 用望遠鏡の開発ならびに実証試験を、$12,353,134 で。2021/4/23 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-C-9100)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Palo Alto, CA) : Resolved Imaging System で使用する望遠鏡 (Michelson Interferometric Station Telescope) の研究開発を $11,930,080 で。2021/1/31 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-C-9103)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : JDAM (Joint Attack Direct Munition) 用の小型テレメトリー モジュールについて、オプション契約分を $11,308,108 で。累計受注額は $22,153,073。2019/10 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8681-14-D-0028/#0017/#001705)
  • Honeywell International Inc. (Plymouth, MN) : Nanoradian Resolution System 向けの静止衛星・Single Aperture Imaging of Geosynchronous Satellite で使用する干渉計の研究開発を $8,713,639 で。IARPA (Intelligence Advanced Research Projects Activity) 案件、2021/3/26 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-C-9102)

今日の報道発表
  • Saab AB はフィンランド軍の兵站部門 (FDFLCHQ : Finnish Defence Forces Logistics Command Headquarters) から、フィンランド陸軍向けの訓練システムを 4,700 万クローネで受注した。2018 年からデリバリーを開始する予定。(Saab 2018/4/27)
  • Leonardo Sp.A はオーストラリア国防省との間で、NH90 (MRH90 Taipan) や民間向けヘリコプターのトランスミッションを対象とする補修・オーバーホール拠点を立ち上げるための合意をまとめた。設置場所は Melbourne にある既存の Leonardo の事業所で、2020 年半ばに稼働を開始する予定。当地ではオーストラリア政府が、MRH90 の維持費低減のために 1,600 万豪ドルの投資を進めているところ。(Leonardo 2018/4/27)
  • Terma A/S は、オランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) の NH90 に装備する MASE (Modular Aircraft Survivability Equipment) 自衛用電子戦機材の試験が完了した、と発表した。これで実運用が可能になる。(Terma 2018/4/26)
  • ニュージーランドの Helene Quilter 国防相と Steve Lenik 海軍司令官が、ANZAC フリゲート・HMNZS Te Kaha を近代化改修 (FSU : Frigate Systems Upgrade) を担当する Lockheed Martin Canada と Seaspan Victoria Shipyards Co., Ltd (Victoria, British Columbia) に引き渡した。カナダで外国の艦艇を対象とする近代化改修を実施するのは、第二次世界大戦後、初めての事例。(Lockheed Martin 2018/4/26)
  • Aselsan A.S. がトルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) から、ATAK 攻撃ヘリ計画で使用するアビオニクス製品を $35,784,770 (132,815,349 トルコリラ) で受注した。2020-2021 年にデリバリーの予定。(Aselsan 2018/4/25)
  • Ukroboronprom は、Vilkha ミサイル コンプレクス (多連装ロケット) の最終試験を実施した、と発表した。Kherson 地区で Petro Poroshenko 大統領を迎えて試射を実施したとのこと。このシステムは 2 年前に開発を決定していたもので、2018 年から量産に入る予定になっている。(Ukroboronprom 2018/4/25)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/26)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Wittenberg Weiner Consulting LLC (Lutz, FL) : USSOCOM 向けの訓練・演習支援業務を $200,000,000 で。5 年契約。USSOCOM (US Special Operations Command), Tampa, FL (H92400-18-D-0001)
NAVY
  • DRS Laurel Technologies (Johnstown, PA) : AN/SPQ-9B X バンド ASMD (Anti-Ship Missile Defense) レーダー システム×59 基と関連機材を $64,290,515 で。オプション契約分まで含めた総額は $261,983,690。米海軍向け 88.2%、日本向け FMS (Foreign Military Sales) 11.8%。2022/6 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-5395)
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Tewksbury, MA) : CDMaST (Cross Domain Maritime Surveillance and Targeting) を $29,990,292 で。作業場所は以下の通り。
    • Pittsfield, MA (37%)
    • Woburn, MA (20%)
    • Cambridge, MA (15%)
    • Portsmouth, RI (12%)
    • Groton, CT (8%)
    • San Diego, CA (6%)
    • その他 (2%)
    2020/10/31 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Atlantic, North Charleston, SC (N65236-18-C-8009)
  • Didlake Inc. (Manassas, VA) : 管理サービス業務のオプション 3 契約分を $11,978,510 で。作業場所は以下の通り。
    • NAS (Naval Air Station) Oceana (Virginia Beach, VA; 42%)
    • Naval Weapons Station Yorktown (Yorktown, VA; 14%)
    • Norfolk Naval Shipyard (Portsmouth, VA; 44%)
    累計受注額は $41,269,002。2018/5-2019/4 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-15-D-0063)
AIR FORCE
  • Tribalco LLC (Bethesda, MD) : Guardian Angel Technical Recovery III Program の下で納入するテクニカル リカバリー キット、訓練業務、年次整備、システム工学/プログラム管理業務、キットの近代化を $57,000,000 で。2023/10/26 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Battlefield Airman, Wright-Patterson AFB, OH (FA8629-18-D-5004)
  • ICF Inc., LLC (Fairfax, VA) : ACC (Air Combat Command) を対象とするサイバー空間分野の技術支援・勧告業務を $51,745,970 で。JB (Joint Base) Langley-Eustis で実施、さらに JB San Antonio と Peterson AFB で実施するオプションを設定。2021/11/20 まで。Headquarters Air Combat Command, Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-18-F-5018)
  • GA-ASI (General Atomics, Aeronautical Systems Inc., Poway, CA) : MQ-9 用の予備エンジンと予備エンジン用コンテナについて、修正契約を $36,653,495 で。FY2016 量産仕様。2020/5/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8620-15-G-4040/#0001/#04)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Rolling Meadows, IL) : LRAIRCM (Large Aircraft Infrared Counter Measures) 用ソフトウェアのブロック アップグレードについて、修正契約を $13,699,324 で。累計受注額は $1,588,786,421。2020/7/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8625-12-C-6598/P00364)
  • Alliant Techsystems Operations LLC (dba ATK Tactical Propulsion and Control Missile Products Division, Rocket Center, WV) : RATO (Rocket-Assisted Take-Off) 用ロケット モーター×131 セットと起爆装置について、修正契約を $13,226,036 で。累計受注額は $28,875,661。2020/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Munitions Contracting Branch, Hill AFB, UT (FA8213-14-C-0018/P00003)
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : 高信頼性の自律ソフトウェアに関するアーキテクチャと分析を $7,783,517 で。2022/4/26 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-18-C-0099)
  • Vanderbilt University (Nashville, TN) : 統合設計ツール ソフトウェアと再利用可能な運用支援コンポーネントの研究開発を $7,196,463 で。Autonomous Cyber Physical System 向け。2022/4/26 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-18-C-0089)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Luxfer Magtech Inc. (Cincinnati, OH) : 除染キット用のパウダーを $47,767,723 で。陸軍向け、2023/4/25 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-18-D-0088)
  • The Protective Group, Point Blank Enterprises (Pompano Beach, FL) : 戦術アサルト パネルを $33,140,900 で。陸軍向け、2019/10/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-18-C-0006)
  • Serco Inc. (Reston, VA) : FRC (Fleet Readiness Center) 向けの化学管理サービス業務について、オプション 1 契約分を $21,723,409 で。累計受注額は $21,706,447 から $43,429,856 に。DLA 向け、2019/5/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Distribution, New Cumberland, PA (SP3300-17-C-5003/P00005)
  • Contitech USA Inc. (Fairlawn, OH) : M113 用の履帯を $14,708,930 で。陸軍向け、2019/3/6 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-18-C-0165)
ARMY
  • The Lockwood Group LLC (Belcamp, MD) : CECOM (Army Communications and Electronics Command) 麾下・Integrated Logistics Support Center (Belcamp, MD) 向けの訓練支援業務を $29,598,950 で。2021/4/25 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56JSR-18-C-0012)
  • LS Black Constructors, Loeffel Construction JV (Excelsior, MN) : Army Reserve Center (Glendale, AZ) の建設工事を $23,840,297 で。600 名対応。2020/4/27 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-18-C-0015)
  • Manson Construction Co. (Seattle, WA) : Willapa Bay (Tokeland, WA) で実施する海浜・砂丘の補修工事を $19,948,000 で。2019/2/19 まで。Army Corps of Engineers, Seattle, WA (W912DW-18-C-0016)
  • MDB Group Inc. (Lorton, VA) : オンサイトの戦略/作戦/SME (Subject Matter Expertise) 業務を $12,764,225 で。研究、分析、要件定義、プログラム、広報、財務、連絡分野が対象。Washington DC で実施、2021/5/31 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W91CRB-18-C-0034)
  • General Dynamics Mission Systems Inc. (Scottsdale, AZ) : AN/TSQ-179(V)2 TGS (Tactical Ground Station) / JSWS (Joint Service Work Station) で使用するスペアパーツとサービス業務を $12,618,906 で。2023/4/25 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56JSR-18-D-0005)
  • CAS Inc. (Huntsville, AL) : Aviation Network and Mission Planning Product Office ならびに Air Traffic Control Product Office 向けの支援業務について、修正契約を $9,612,512 で。自国内ならびにオランダ、アフガニスタン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates)、チュニジア、イギリス、インドネシア、メキシコ、スウェーデン、台湾、トルコ、オーストラリア、韓国向けの FMS (Foreign Military Sales) で構成。2019/4/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-05-A-0024/#0041/#36)
  • Ziegler Chemical & Mineral Corp. (Piscataway, NJ) : 爆発物用金属ケースの内側をコーティングする際に使用するアスファルト素材を、$7,869,289 で。2021/4/30 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-18-D-3012)

今日の報道発表 (北米編)
  • Harris Corp. は、F-35 関連の部品納入が累計 100 万点を突破した、と発表した。(Harris 2018/4/26)
  • Boeing Co. は、KC-46A が米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) の補足型式証明 (STC : Supplemental Type Certificate) の取得に必要な飛行試験を完了した、と発表した。767-2C に軍用機としての関連システムを追加しているために STC 取得が必要になったもので、複数の機体を対象とする給油ブームやドローグホースの動作確認などを実施した。最後に実施した試験は C-17A を対象とする給油・通信試験。(Boeing 2018/4/26)
  • BAE Systems は米陸軍から、次世代版ミサイル接近警報装置・LIMWS (Limited Interim Missile Warning System) の QRC (Quick Reaction Capability) 版について、開発契約を 9,790 万ドルで受注した。(BAE Systems 2018/4/26, Leonardo DRS 2018/4/27)
  • 米海軍の MH-60R で、オーストラリアの科学者が開発した構造疲労試験手法を試すことになった。Christopher Pyne 豪国防産業相が明らかにしたもので、軍民双方のヘリにメリットがある技術だとしている。(Australian DoD 2018/4/26)

今日の報道発表 (その他編)
  • Hensoldt は ILA Berlin 展示会に、パッシブ レーダー・TwInvis を持ち込んで、ライブ オペレーションを実施した。名称は "twin" と "invisible" を組み合わせた造語。(Hensoldt 2018/4/25)
  • Terma A/S は ILA Berlin 展示会で、MASE (Modular Aircraft Survivability Equipment) 自衛用電子戦機材に関する出展を実施した。軽攻撃機やヘリコプターでの利用を想定したポッド型の製品。機体構造材に穴を開けなくても搭載でき、搭載・非搭載の選択が可能。ポッドは胴体から離して搭載するため、胴体の陰になる部分を最小化できるとしている。モジュラー化設計により、ニーズに合わせた機材の組み合わせが可能。(Terma 2018/4/25)
  • Airbus、Dassault Aviation、Leonardo Sp.A の 3 社は、欧州共同 MALE RPAS (Medium-Altitude, Long-Endurance Remotely Piloted Aircraft System) 開発計画に対するコミットメントを再確認した。ILA Berlin 展示会ではフルスケール モックアップを出展している。(Airbus 2018/4/26)
  • Antonov は ILA Berlin 展示会に、Antonov Airlines が運用している An-225 Mriya を送り込むとともに、An-124-100 による SALIS (Strategic Airlift Interim Solution) 計画への追加支援を提供する用意がある、と発表した。(Antonov 2018/4/25)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相が、Global Supply Chain Program による対外輸出の総額が 10 億豪ドルに達した、と発表した。10 億豪ドル突破になったのは、Airspeed が Thales Australia から次世代ソナー用のコンポーネントを受注した一件。(Australian DoD 2018/4/26)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/4/25)
NAVY
  • 以下の各社は、NAVFAC Hawaii の AOR (Area of Responsibility) で実施する各種建設工事を、総額 $245,000,000 で。基本契約 1 年間、オプション契約 4 年間。
    • Elite Pacific Construction Inc. (Kaneohe, HI) : N62478-18-D-4022
    • Su-Mo Builders Inc. (Honolulu, HI) : N62478-18-D-4023
    • RORE Inc. (San Diego, CA) : N62478-18-D-4024
    • Environet Inc. (Kamuela, HI) : N62478-18-D-4025
    • Insight Pacific LLC (Brea, CA) : N62478-18-D-4026
    • GM/Bulltrack JV LLC (Clackamas, OR) : N62478-18-D-4027
    • Alan Shintani Inc. (Waipahu, HI) : N62478-18-D-4028
    2023/4 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Hawaii, JB (Joint Base) Pearl Harbor, HI
  • 以下の各社は、NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Expeditionary Warfare Center の AOR (Area of Responsibility) で実施する海洋施設改良工事を、総額 $245,000,000 で。
    • Alutiiq Harbor Offshore JV (Anchorage, AK) : N39430-18-D-2045
    • GPA Technologies Inc. (Ventura, CA) : N39430-18-D-2046
    • Makai Ocean Engineering Inc. (Waimanalo, HI) : N39430-18-D-2047
    • Marine Ventures International Inc. (Stuart, FL) : N39430-18-D-2048
    • PCCI Inc. (Alexandria, VA) : N39430-18-D-2049
    • Sound & Sea Technology Inc. (Lynnwood, WA) : N39430-18-D-2050
    • Truston Technologies Inc. (Annapolis, MD) : N39430-18-D-2051
    海底ケーブル、海浜施設、海洋施設などが対象。オプション契約分まで含めると 2023/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) について、先行調達の修正契約を $38,499,420 で。米海軍向けのロット 12 を対象とする増額 ($28,499,120; 74%) と、イタリア向けのロット 13-14 ($10,000,000; 20.03%) などで構成。2019/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0001)
  • Pacific Ship Repair and Fabrication Inc. (Everett, WA) : USS Ralph Johnson (DDG-114) の PSA (Post Shakedown Availability) を $17,253,588 で。オプション契約分まで含めた総額は $20,739,153。2019/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-2316)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Manassas, VA) : A-RCI (Acoustic Rapid Commercial Off-The-Shelf Insertion) の TI-16 (Technical Insertion 16) について、オプション契約分を $9,057,278 で。2020/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-6222)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Bethpage, NY) : REAM (Reactive Electronic Attack Measures) 計画向けに実施する機械学習アルゴリズム (MLA : Machine Learning Algorithm) の開発を $7,255,294 で。2019/12 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-18-C-0291)
AIR FORCE
  • DSoft Technology, Engineering & Analysis Inc. (Colorado Springs, CO) : 宇宙・サイバー空間分野の意思決定支援に資するための、モデリング・シミュレーション・分析を $95,900,000 で。Peterson AFB で実施、2023/5/31 まで。21st Contracting Squadron, Peterson AFB, CO (FA2517-18-D-7000)
  • DynCorp International, Fort Worth, Texas : 以下の基地施設を対象とする補給サービス業務について、オプション契約分を $59,636,368 で。
    • Columbus AFB, MS
    • Laughlin AFB, TX
    • Randolph AFB, TX
    • Sheppard AFB, TX
    • Vance AFB, OK
    • NAS (Naval Air Station) Pensacola, FL
    • NAS Whiting Field, FL
    • NAS Corpus Christi, TX
    • NAS Patuxent River, MD
    • Army Flight Test Directorate, Redstone Arsenal, AL
    累計受注額は $247,013,876。2018/8/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Training Aircraft Division, Wright Patterson AFB, OH (FA8617-17-C-6210/P00019)
  • OBXtek Inc. (Tysons Corner, VA) : 空軍の調達部門や調達担当官を対象とする助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) を $23,037,750 で。2023/8/5 まで。Air Force District of Washington, JB (Joint Base) Andrews, MD (FA7014-18-F-5018)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II について、修正契約を $8,527,930 で。兵装とコンテナの追加による。累計受注額は $85,920,688。2020/7 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8672-18-C-0010/P00002)
ARMY
  • Leidos Innovations Corp. (Gaithersburg, MD) : 米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers, Vicksburg, MS) 向けの、エンタープライズ情報管理・IT サービス業務を $64,515,461 で。2019/4/25 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL (W912DY-18-F-0153)
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : 米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers, Colorado Springs, CO) 向けの、エンタープライズ情報管理・IT サービス業務について、修正契約を $25,868,349 で。2018/7/25 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL (W91WMC-14-C-0001/P00044)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Honeywell International Inc. (Tucson, AZ) : 戦車用のエンジンに取り付ける発電機を $30,078,408 で。陸軍向け、2023/4/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-18-D-0074)

今日の報道発表 (北米編)
  • San Antonio 級ドック型揚陸輸送艦の 11 番艦、USS Portland (LPD-27) の就役式典が、2018/4/21 にオレゴン州 Portland で行われた。出席したゲストは 5,000 名ほど。(US Navy 2018/4/25)
  • Spirit AeroSystems (Wichita, KS) は Sikorsky に、CH-53K の SDTA (System Demonstration Test Article) 5 号機で使用する胴体構造を納入した。同社が担当しているのはコックピットとキャビン全体の構造部で、複合材料製。現在は SDTA 最終号機・6 号機の分を製作中。(Spirit Aerosystems 2018/4/25)
  • GE Aviation は 3 月初頭に米陸軍と、T901-GE-900 エンジンの予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) を実施した。ITEP (Improved Turbine Engine Program) の下で開発している新エンジンで、AH-64 や UH-60 が搭載している T700 の後継を企図している。(GE Aviation 2018/4/25)
  • Sikorsky は、カナダから S-92 の最大離陸重量引き上げに関する認証を取得した、と発表した。26,500lb から 27,700lb に増加させるオプションを用意するもので、アメリカでは 2015 年に連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) の認証を取得済み。増分がそのままペイロードの増加となる。(Sikorsky 2018/4/24)
  • Aurora Flight Sciences Corp. は DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) との間で、VTOL X-Plane (Vertical Takeoff and Landing Experimental Plane) 計画の下で開発した技術の民生転用に関する合意をまとめた。(Aurora Flight Sciences 2018/4/24, IHS Jane's 2018/4/25)
  • Magellan Aerospace は某エンジン メーカーとの間で、ガスタービン エンジンで使用するマグネシウム鋳造製品・アルミ鋳造製品・シャフト用機械加工製品の供給に関する 5 年契約を締結した。(Magellan Aerospace 2018/4/24)

今日の報道発表 (その他編)
  • Dassault Aviation と Airbus は、共同で FCAS (Future Combat Air System) の開発に取り組む決定を下した、と発表した。(Dassault Aviation / Airbus 2018/4/25)
  • フランス、ドイツ、イタリア、スペインのメーカー 4 社が、ISTAR (Intelligence, Surveillance, Target Acquisition and Reconnaissance) 用途の MALE (Medium-Altitude, Long-Endurance) UAV を共同開発する、と表明した。参画するのは Elettronica (伊)、Hensoldt (独)、Indra (西)、Thales (仏) で、合意文書に調印したところ。防衛電子機器やミッション システムにおける経験を持ち寄るとしている。(各社合同 2018/4/24)
  • Fincantieri Sp.A はイタリア海軍に、FREMM (Fregata Europea Multi-Missione) フリゲートの 7 番艦、ITS Federico Martinengo をデリバリーした。Orizzonte Sistemi Navali (Fincantieri が 51%、Leonardo Sp.A が 49% を出資) が主契約社となり、10 隻を建造する計画になっている。イタリアとフランスの共同計画で、調整は OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) が担当している。(Fincantieri 2018/4/24)
  • Boeing Co. は、ドイツの CH-53G 後継機調達計画・STH (Schwerer Transporthubschrauber) 向けに CH-47 を売り込む活動の一環として、複数のドイツ企業とのパートナー合意をまとめた。対象は、AERO-Bildungs GmbH、Aircraft Philipp、CAE Elektronik GmbH、COTESA、Diehl Defence、Honeywell、Liebherr-Aerospace、Reiser Simulation and Training GmbH。受注に成功した場合、ドイツ企業が納入・整備・訓練を担当するとしている。このほか、すでに Rockwell Collins Inc. と Rolls-Royce plc も加わる話が決まっている。(Boeing 2018/4/24)
  • Boeing Co. は、CH-47 に搭載する次世代ソフトウェア無線機 (SDAR : Software-Defined Airborne Radio) の供給について、Rohde & Schwarz との間で合意をまとめた。Rohde & Schwarz の通信機を CH-47 に搭載する、初めての事例となる。(Boeing 2018/4/25)
  • イギリス海軍の新型測量艦 HMS Magpie が、アイリッシュ海で荒天下での試験航海を実施した。同艦はシーステート 4・波高 2.5m でも 20kt で航行できる設計。(Royal Navy 2018/4/24)
  • Aero Vodochody Aerospace A/S が IAI (Israeli Aerospace Industries Ltd.) と組んで、L-159 軽攻撃機についてアビオニクスなどの改良、それと販売を進めていくことになった。2018/4/24 にパートナーシップ合意に調印したところ。L-159 には IAI/Elta Systems Ltd. 製のマルチモード レーダーを搭載できる。(Aero Vodochody Aerospace 2018/4/25, DID 2018/4/25, Reuters 2018/4/24)
  • Meggitt plc は、自動車・医療機器向けにフォト エッチング製品を手掛けている傘下企業の Precision Micro を、Lloyds Banking Group の投資部門・LDC に 2,250 万ポンドで売却した。(Meggitt 2018/4/25)
  • Airbus Helicopters は海上保安庁 (JCG : Japan Coast Guard) から、H225×1 機を追加受注した。これでシリーズの総数は 10 機となる。現在は AS332×3 機と H225×5 機を運用中。(Airbus Helicopters 2018/4/25)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |