今週の軍事関連ニュース (2018/06/28)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 中国人民解放軍海軍 (PLAN : People's Liberation Army Navy) の旅洋 Luyang II 型駆逐艦・済南 Jinan と江凱 Jiangkai II 型フリゲート・黄岡 Huanggang が、台湾海峡・バシー海峡などを通航するとともに、台湾近海で "実戦的な演習" を実施した(新華社 2018/6/26)

今日のニュースいろいろ
  • フランスが、EU 加盟国による軍事介入の能力を構築する European Intervention Initiative なる構想を提案、これにドイツ、ベルギー、デンマーク、オランダ、エストニア、スペイン、ポルトガル、イギリスの 9 ヶ国が賛同した。紛争だけでなく、自然災害の発生も対象としている。フィンランドは、まだ参加について決定していない。(YLE Finnish Broadcasting Corp. 2018/6/25)

今日のニュースいろいろ
  • 露海軍の Steregushchiy 級コルベット、RFS Boikiy と RFS Stoikiy がイギリス海峡を通航、これを受けてイギリス海軍 (RN : Royal Navy) の 23 型フリゲート・HMS Montrose が随伴監視を実施した。2 隻のロシア艦は北海で、速度を極度に落として航行していた由。(Royal Navy 2018/6/25)
  • Marise Payne 豪国防相は、地域の安全保障に対するコミットメントの一環としてマレーシア空軍 (RMAF : Royal Malaysian Air Force) の基地・RMAFB Butterworth に 2,200 万豪ドルの資金投下を実施する、と発表した。この基地は過去 60 年間に渡ってオーストラリア軍が使用しており、現在はオーストラリア軍の要員 50 名ほどが駐留している。このほかのコミットメントとして、マレーシア軍の市街戦訓練施設を対象とする支援、スカラシップの対象を年間 5 名から 8 名に増員、F/A-18 のスペアパーツ供給といった手を打つ。(Royal Australian Air Force 2018/6/25)
  • 韓国陸軍関係者は、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) に派遣する 125 名を対象として、新型抗弾ヘルメットなど 18 点で構成する最新の個人用戦闘装備を支給することを明らかにした。UAE 軍に対する訓練や、自国民の保護を目的として派遣するもので、2018/6/28 に出発する。(聯合ニュース 2018/6/25)
  • イスラエル空軍は 2018/6/24 に、「シリアからイスラエル北部に向けて接近してきた UAV を MIM-104 PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target) 地対空ミサイルで阻止した。ただし撃墜は確認していない」と発表した。UAV の機種など、詳細なデータは明らかにしていない。(SpaceWar 2018/6/24)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 2005 年に中国から F-7Ni×15 機を調達したナイジェリア空軍が、その F-7Ni が装備する CCU (Communication Control Unit) の自力補修に乗り出している由。(DID 2018/6/27)
  • 韓国の聯合ニュースが国防事業庁 (DAPA : Defense Acquisition Program Administration) の話として、「韓国軍が 17 億ドルを投じて P-8A を調達する」と報じた。また、ニュージーランドも P-8A×4 機を調達するとの報道が出ている。これは P-3C の運用経費の上昇に耐えかねたため、ということの模様。この代替機調達計画には 14 億ドルかかる見込み。(聯合ニュース 2018/6/25, DID 2018/6/25)

スペイン向け FMS (DSCA 2018/6/26)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、スペイン向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由でイージス戦闘システムを輸出すると通告した。総額は 8 億 6,040 万ドル。内訳は以下の通り。
  • イージス武器システム (AWS : Aegis Weapon System) Mk.7×5
  • Digital Signal Processing×6
  • AWS コンピューティング インフラストラクチャ Mk.1 mod.0×5
  • ORTS (Operational Readiness Test System)×5
  • Mk.99 mod.14 射撃管制システム×5
  • Mk.41 ベースライン VII VLS (Vertical Launching System)×5
  • Mk.54 mod.0 短魚雷 AUR (All-Up-Round)×2
  • SM-2 ブロック IIIB, Mk.13 キャニスター, AN/DKT-71 弾頭互換テレメーター×20
  • AWS コンピュータ プログラム S4×1
  • UHF 衛星通信機×5
  • AN/SRQ-4 通信機×5
  • 弾薬ハンドリング機材×5
  • SAASM (Selective Availability Anti-Spoofing Module)×5
  • 航空機ハンドリング/支援機材×5
  • AN/SLQ-24E 対魚雷防禦システム×5
  • LM04 船殼貫通 XBT 発射機と試験用キャニスター×5
  • Mk.36 mod.6 デコイ発射機
  • Link 22 用 LLC (Link Level COMSEC) 7M×5
  • MAM (Maintenance Assist Module) キャビネット×5
  • 技術文書×5
  • 導入支援マニュアル×5
  • 特殊用途試験機材、システム工学、テクニカル サービス業務、オンサイト支援業務、スペアパーツ、補修用パーツ、訓練、訓練機材、連絡士官の派遣、補修、ツール類、試験機材、支援機材、文書類、工学/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Moorestown, NJ; Manassas, VA)、Raytheon Co. (Waltham, MA)、General Dynamics (Williston, VT)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/6/26)
AIR FORCE
  • Cherokee Nation Aerospace and Defense (Stilwell, OK) : F-16 用の SLEP (Service Life Extension Program) 改修キットを $403,000,000 で。F-16 Systems Program Office (Hill AFB, UT) 向け、2029/5/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8232-18-D-0001)
  • LinQuest Corp. (Los Angeles, CA) : MILSATCOM (Military Satellite Communications) Systems Directorate 向けのシステム工学/インテグレーション支援業務について、修正契約を $37,149,798 で。2019/6/30 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8808-13-C-0009/P00078)
  • Altamira Technologies Corp. (McLean, VA) : RF (Radio Frequency) 関連のシステムとサブシステムについて、技術コンセプトに関する研究開発を終了させるための作業を、$24,634,635 で。次世代 RF センシング技術の実現が目的。2023/6/29 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-18-C-1055)
  • Cyber Defense Information Assurance (Round Rock, TX) : エンタープライズ レベルのネットワーク管理、通信の最適化、ネットワーク ゲートウェイの防禦といった業務について、修正契約を $12,150,174 で。Maxwell Gunter AFB で実施、2018/7/8 まで。38th Contracting Squadron, Tinker AFB, OK (FA8773-15-C-0045/P00010)
NAVY
  • ATI (Advanced Technology International, Summerville, SC) : 情報戦分野の研究を $100,000,000 で。OTA (Other Transaction Agreement)。2021/6 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Atlantic, North Charleston, SC (N65236-18-9-0001)
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : LOCUST (Low Cost UAV Swarming Technology) の INP (Innovative Naval Prototype) を $29,688,168 で。2020/1/25 まで。懇請 N00014-18-S-B001 による。ONR (Office of Naval Research). Arlington, VA (N00014-18-C-1020)
  • Acosta Inc. (Jacksonville, FL) : 食料品、飲料、タバコ、各種の身体ケア製品を $18,100,000 で。Navy Exchange Service Command Ships Store Program 向け。基本契約 1 年間、2019/6 まで。さらに 12 ヶ月間のオプション契約 4 件、2023/12 まで。すべて実現した場合の総額は $99,550,000。作業場所は CA (20%)、Pacific Northwest (10%)、Japan (10%)、HI (10%)、Guam (10%)、VA (10%)、対外輸出 (10%)、FL (10%)、Diego Garcia (10%)NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department, Norfolk, VA (N00189-18-D-0035)
  • Armtec Countermeasures Co. (Coachella, CA) : 赤外線フレアを $9,072,512 で。2019/6 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Crane Division, Crane, IN (N00164-13-G-WR02/#0003)
  • Bell-Boeing Joint Program Office (Amarillo, TX) : V-22 用のソフトウェア更新と能力拡張について、修正契約を $10,097,044 で。前契約は N00019-17-G-0002。2019/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N0019-17-F-1011/P00006)
ARMY
  • Talbert Manufacturing Inc. (Rensselaer, IN) : M872A4 トレーラー×443 両と関連アイテムについて、修正契約を $42,950,093 で。2019/6/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-18-C-0004/P00004)
  • Medico Industries Inc. (Wilkes Barre, PA) : 120mm HE (High Explosive) 弾×85,251、120mm FRPC (Full Range Practice Charge)×184,519 発、120mm 発煙弾×23,187 発、120mm HE/FRPC 信管アダプタについて、修正契約を $35,512,402 で。ボスニア-ヘルツェゴビナならびにレバノン向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/7/31 まで。Army Contracting Command, Picatinny Arsenal, NJ (W15QKN-13-C-0050/P00024)
  • Oasis Advanced Engineering Inc. (Auburn Hills, MI) : Stryker Maintenance Training System フェーズ V を $12,779,162 で。Fort Lee で実施、2021/12/26 まで。Army Contracting Command, Orlando, FL (W900KK-18-C-0049)
  • Olin Corp., Winchester Division (East Alton, IL) : 7.62mm 弾について、修正契約を $8,129,222 で。2019/12/31 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-16-C-0003/P00029)
  • L3 Technologies Inc. (Salt Lake City, UT) : ROVER (Remote Operated Video Enhanced Receiver) のハードウェアを $7,234,658 で。2021/6/29 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-17-D-0081)

今日の報道発表 (北米編)
  • Leonardo Sp.A の米国現地法人・Leonardo DRS Inc. は米陸軍から、Trophy APS (Active Protection System) を 1 億 9,300 万ドルで受注した。M1 戦車に搭載するもの。(Leonardo 2018/6/26)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) は米海軍に、Virginia 級 SSN の 16 番艦、USS Indiana (SSN-789) をデリバリーした。起工は 2012/9、6 月に公試を済ませたところ。就役は年末の予定。(HII 2018/6/25)
  • Saab AB は米国防総省から、84mm 無反動砲 Carl-Gustaf 用の砲弾を 1 億 3,500 万クローネ (1,600 万ドル) で受注した。米軍では Carl Gustaf を 3 MAAWS (Multi-role, Anti-armor, Anti-personnel Weapon System) という名称で採用している。(Saab 2018/6/26)
  • 米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) は、KC-130J による Harvest Hawk ++ (Harvest Hercules Airborne Weapons Kit Plus) の試験完了について発表した。実射を含む DT/IT (Developmental Test and Integrated Test) を 5 週間がかりで実施していたもので、固定目標と移動目標の双方に対して攻撃能力を実証できたとしている。試射は NAWS (Naval Air Weapons Station) China Lake (China Lake, CA) で実施した。(US Navy 2018/6/21)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は 2018/7/10-11 にかけて、社有機の MQ-9B SkyGuardian を使って Flight Test and Training Center (Grand Forks, ND) から RAF Fairford (Gloucestershire, UK) まで、初の大西洋横断飛行を実施する。7/13-15 にかけて RIAT (Royal International Air Tattoo) で地上展示を行う予定。(GA-ASI 2018/6/25, IHS Jane's 2018/6/26, Royal Air Force 2018/6/25)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリア国防省は、洋上哨戒能力強化のために 14 億豪ドルの資金投下を行う、と発表した。P-8A を補完する哨戒手段として MQ-4C Triton を調達する。また、3 億 6,400 万ドルをかけて RAAFB Edinburgh と RAAFB Tindal の施設新設工事を実施する。RAAFB Tindal については MQ-4C 受け入れのために 1 億 1,000 万豪ドルの資金投下を実施、地上管制設備や支援・訓練施設を整備する。その際に工事を担当する企業は、地元 Northern Territory の中小企業を取り立てる LCIP (Local Industry Capability Plan) を適用して選定する。(Australian DoD 2018/6/26, Northrop Grumman 2018/6/26, IHS Jane's 2018/6/26)
  • Saab AB は某国から、艦載対空捜索レーダー Sea Giraffe AMB と関連機材、スペアパーツを受注した。2018-2019 年に初期フェーズの作業を実施する。さらに 10 基以上を追加するオプション契約も設定してある。(Saab 2018/6/26)
  • ロシア軍中部軍管区・Kemerovo 地区の砲兵部隊が、203mm 自走榴弾砲 Malka×12 両を受領した。最大射程 50km、発射速度は 3 発/分。(Russian MoD 2018/6/25)
  • Vard Holdings Ltd. は、ノルウェー国防省の兵站部門・NDMA (Norwegian Defence Materiel Agency) から同国沿岸警備隊向けの OPV (Offshore Patrol Vessel)×3 隻を 50 億クローネ (6 億 2,000 万ドル) で受注した。2016/9 に政府が計画を明らかにして、3 社によるコンペティションを経て 2017/10 に Vard Langsten の採用が決まっていた。Nordkapp 級の代替となるもので、全長 136m、全幅 22m、LMG Marin の設計案をベースとする。(Vard Holdings 2018/6/25)
  • Indra がコロンビアの CODALTEC (Corporacion de Alta Tecnologia para la Defensa / High-Tech Defense Corp.) と組んで、コロンビア軍向けに防空システムを手掛けることになった。「この種のシステムはラテンアメリカ諸国で初めて」との説明。2014 年に締結した協業・技術移転合意に基づくもので、CODALTEC がコロンビア空軍に TADER (Tactical Air Defense Radar) 対空捜索レーダーを納入する。(Indra 2018/6/26)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/6/25)
NAVY
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス戦闘システムの開発・試験施設、Combat Systems Engineering Development Site, SPY-1A Test Facility and Naval Systems Computing Center (Moorestown, NJ) で実施する O&M (Operations and Maintenance) 業務について、レター契約を $78,356,122 で。イージス BMD や FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向けの業務も含む。オプション契約分まで含めた総額は $84,074,109。米海軍向け 39%、日本向け FMS 36%、オーストラリア向け FMS 11%、韓国向け FMS 3%、米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) 向け 11%。2019/6 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-5103)
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : F-35 を対象とする、アメリカ本土以外の MRO&U (Maintenance, Repair, Overhaul, and Upgrade) デポを立ち上げる件について、修正契約を $73,564,206 で。作業場所は以下の通り。
    • New South Wales, Australia (35%)
    • Cameri, Italy (35%)
    • Orlando, FL (15%)
    • Fort Worth, TX (10%)
    • El Segundo, CA (5%)
    米空軍向け $5,985,650 (8.1%)、米海兵隊向け $3,046,396 (4.1%)、米海軍向け $2,985,505 (4.1%)、海外パートナー向け $61,546,655 (83.7%)。2022/2 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-C-0004/P00037)
  • Lockheed Martin Rotary Mission Systems (Owego, NY) : E-2D 用の AN/ALQ-217 ESM (Electronic Support Measures) 受信機/プロセッサを対象とする、ADRP (Advanced Digital Receiver/Processor) と AFE (Active Front End) の設計・開発・インテグレーションを $64,696,365 で。AFE 用の WRA (Weapons Replaceable Assembly) も対象。2022/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1066)
  • Northrop Grumman Systems Corp., Aerospace Systems (Melbourne, FL) : E-2D 用の IFF (Identification, Friend or Foe) インテロゲーターを対象とする非再帰エンジニアリング業務とサポート業務について、修正契約を $10,614,971 で。陳腐化管理、供給源途絶対策、資材不足対策も含む。2021/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-13-C-9999/P00058)
  • GDOTS (General Dynamics Ordnance and Tactical Systems, Williston, VT) : 20mm ガトリング機関砲 M61A2×19 挺を $9,638,485 で。F/A-18E/F のロット 39-40 向け。2021/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1023)
ARMY
  • RAPTOR Training Systems LLC (Oviedo, FL : 訓練所要に関する分析、先進概念の実験、プロトタイプの迅速開発、カリキュラム作成、SOF (Special Operations Forces) 固有の訓練とリハーサル演習、SOF 向けの O&M (Operations and Maintenance) 支援について、修正契約を $70,000,000 で。2019/2/12 まで。Army Contracting Command, Orlando, FL (W900KK-14-D-0001/P00005)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Corp. Aerospace Systems (Redondo Beach, CA) : 次世代版 OPIR (Next Generation Overhead Persistent Infrared Polar) 衛星の 1-2 号機を $47,000,000 で。システム要件定義、ペイロード要件定義、リスク低減の作業を実施。2020/6/25 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8810-18-C-0006)
  • The Entwistle Co. (Danville, VA) : 燃料関連機材を $14,531,313 で。前契約は FA8533-12-D-0005。累計受注額は $65,763,099。2024/7/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8534-18-F-0060)
  • Innovative Scientific Solutions Inc. (Dayton, OH) : 持続的な超音速燃焼に関する技術開発について、増額修正契約を $8,442,387 で。総額 $26,342,387 の案件。2020/10/22 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-14-D-2317/P00006)
  • Taitech Inc. (Dayton, OH) : 持続的な超音速燃焼に関する技術開発について、増額修正契約を $5,266,897 で。総額 $19,186,897 の案件、2020/10/22 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-14-D-2316/P00007)
  • Raytheon Co. (Dulles, ViA) : PSDS/2 (Persistent Surveillance and Dissemination System of Systems) 向けの動画配信サービス業務 (Mission Video Distribution System services) について、修正契約を $7,940,661 で。Shaw AFB と Al Udeid AB で実施、2022/7/31 まで。Headquarters Air Combat Command, Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-17-C-0014/P00002)
DIA (Defense Intelligence Agency)
  • Nisga'a Tek LLC (Herndon, VA) : NCMI (National Center for Medical Intelligence) 向けのサポート サービス業務を $19,292,381 で。作業場所は以下の通り。
    • Fort Detrick, MD
    • Arlington, VA
    • Bethesda, MD
    • McLean, VA
    2018/7/9-2022/3/24 まで。オプション契約 3 件を設定。Virginia Contracting Activity, Washington DC (HHM402-18-C-0040)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Ultradent Products Inc. (South Jordan, UT) : 歯科医療関連の消耗品を $9,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/6/25 まで。LA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DE-18-D-0011)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : 消耗品のパーツを追加調達する修正契約を $7,304,236 で。空軍向け、2020/6/24 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-14-D-002U/P00077)
  • Altec Industries Inc. (Birmingham, AL) : 2017/3/3 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0004 による発注先に追加。(SPE8EC-18-D-0022)

今日の報道発表
  • イスラエル空軍 (IAF : Israel Air Force) 向けの F-35I Adir×3 機が、2018/6/24 に Nevatim AB に到着した。配備先は従前と同様に No.140 Sqn. "Golden Eagle"。(IAF Twitter 2018/6/25, Defense-Aerospace.com 2018/6/25)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) は、Luke AFB で訓練のために運用している F-35A が累計 1,000 ソーティを達成した、と発表した。飛行時間 (operational hour) の方は 1,400 時間に到達している。(RAAF 2018/6/25)
  • Naval Integrated Shipyard の Muggiano 造船所で 2018/6/23 に、イタリア海軍向けの新型補給艦・ITS Vulcano が進水した。計画名称は LSS (Logistic Support Ship)。式典には、Elisabetta Trenta 伊国防相、伊海軍参謀総長の Valter Girardelli 大将、Fincantieri Sp.A のマネージング ディレクター、Giuseppe Bono 氏らが出席した。ゴッドマザーを務めるのは Maria Teresa Piras 氏で、同氏は Castellammare di Stabia 造船所で船体主要ブロックをローンチした際にも立ち会っている。全長 192m、最高速力 20kt、補給機能に加えて医療施設も備える。(Italian Navy 2018/6/24)
  • RAMSYS (RAM-System GmbH) が 6 月にドイツ海軍から、RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) 用発射機×3 基を受注した。K130 コルベットのバッチ 2 分に装備するためのもの。ブロック 0、ブロック 1A、ブロック 2 のすべてに対応できる。(Diehl Defence 2018/6/22)
  • 加公共調達省 (PSPC : Public Services and Procurement Canada) は Chantier Davie (Levis, Quebec) に対して、ACAN (Advanced Contract Award Notice) を発出した。民生品の中型砕氷船×3 隻の調達と、沿岸警備隊向けの改修を行うためのもの。これは、NSS (National Shipbuilding Strategy) の下で建造する砕氷巡視船を配備するまでのつなぎとして、加沿岸警備隊に砕氷船×3 隻を配備するための措置。1 番船は 2018-2019 シーズンから運用を始める計画。(PSPC 2018/6/22)
  • 露国防省は、中部軍管区・Samara Region 地区の防空部隊に、全周捜索が可能な新型三次元レーダー Kasta 2-2 を配備した、と発表した。(Russian MoD 2018/6/21)
  • GDELS (General Dynamics European Land Systems) はブラジル陸軍から、帯状橋を使用する架橋機材・IRB (Improved Ribbon Bridge) を受注した。IRB 本体に加えて、トラック、ブリッジ アダプタ パレット、ブリッジ エレクション ボート、兵站支援業務 (ILS : Integrated Logistics Support) で構成、2019 年からデリバリーを開始する予定。(GDELS 2018/6/22)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |