今週の軍事関連ニュース (2018/07/19)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) は、Halifax 級フリゲート・HMCS Ville de Quebec に CH-148 Cyclone を搭載、NATO の "Operation Reassurance" に送り出した。同艦は HMCS St John’s の後釜として SNMG2 (Standing NATO Maritime Group 2) に加わって地中海で任務に就く予定。(Canadian DND 2018/7/18, IHS Jane's 2018/7/18)
  • 米国防総省が議会に、極超音速兵器への予算付け替えを要求。まず空中発射型について 2,000 万ドル、さらに陸上発射型の実証試験に 6,500 万ドルという内訳。(SpaceDaily 2018/7/18)
  • 米空軍航空戦闘軍団 (ACC : Air Combat Command) は、演習 "Red Flag 18-3" に参加するコロンビア空軍 (FAC : Fuerza Aerea Colombiana) の Kfir×6 機が 2018/7/5-6 にかけて Davis-Monthan AFB に立ち寄り、A-10 や F-16 との共同訓練を実施したことを明らかにした。目的地は Nellis AFB で、767 給油機×1 機が随伴、人員 130 名を送り込んでいる。(USAF 2018/7/18)

今日のニュースいろいろ
  • Florence Parly 仏国防相と日本の河野太郎外相が Hotel de Brienne で 2018/7/14 に、物品役務相互支援協定 (ACSA : Acquisition and Cross-Servicing Agreement) に調印した。(French MoD 2018/7/13)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ベラルーシが、国産装甲車 Caiman をアフリカの某国に輸出した模様。ソースは TASS。(Forecast International 2018/7/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/7/17)
AIR FORCE
  • Aero-Glen International LLC (Dallas/Fort Worth International Airport, TX) : F-16 用の SLEP (Service Life Extension Program) 改修キットを $403,000,000 で。F-16 Systems Program Office (Hill AFB, UT) 向け、2029/5/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8232-18-D-0001)
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : 747-8 ベースの次期大統領専用機について、EMD (Engineering and Manufacturing Development) フェーズの修正契約を $64,000,000 で。詳細設計、改修、試験、認証、配備を実施。累計受注額は $3,900,000,000。2024/12 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8625-16-C-6599/P00032)
ARMY
  • Wamore Inc. (Phoenix, AZ) : ACPRS (Advanced Cargo Parachute Release System) と ACPRS 用カップリング アセンブリを $18,827,411 で。2023/7/16 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-18-D-0064)
NAVY
  • Leidos Innovations Corp. (Gaithersburg, MD) : 空軍が電子戦標的/脅威として使用する JTE (Joint Threat Emitter) 向けの、補修用スペアパーツ×135 点を $15,948,573 で。前契約は N68936-16-D-0018。NAWC-WD 向け、2019/7 まで。NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division), China Lake, CA (N68936-18-F-0598)
  • Massa Products Corp. (Hingham, MA) : トランスデューサーを $15,495,569 で。2019/7 まで。さしあたり最低保障分を設定、総量は後日決定。NUWC (Naval Undersea Warfare Center), Division Newport, Newport, RI (N66604-18-D-E800)
  • L3 Vertex Aerospace LLC (Madison, MS) : KC-130J×3 機を対象とする兵站支援、補給支援、列線整備、中間整備について、オプション契約分を $8,479,381 で。クウェート空軍向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、Abdullah Al-Mubarak AB で実施。2019/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0080/P00001)
DHA (Defense Health Agency)
  • EHRTS LLC (Arlington, VA) : Next Generation Tri-Service Workflow Services のオプション 2 契約分を $14,436,145 で。内科分野の専門家派遣や訓練管理、プログラム管理などを担当する案件。2018/7/14-2019/7/13 まで。DHA (Defense Health Agency), Falls Church, VA (HT0011-16-D-0001/P0004)

今日の報道発表 (北米編)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相は、Marand Precision Engineering (Victoria, Australia) が BAE Systems plc に、50 セット目となる F-35A 用の垂直尾翼を納品した、と発表した。同社はこの件を 2002 年から担当している。(Australian DoD 2018/7/18)
  • Saab AB は米陸軍から、AT4CS RS (Confined Space Reduced Sensitivity) 対戦車ロケットを 5,000 万ドル (4 億 2,600 万クローネ) で受注した。2017 年に 1,340 万ドルで受注した件の続き。(Saab 2018/7/17)
  • Raytheon Co. の Intelligence, Information and Services 部門は 2018/6/26-28 にかけてフロリダ州 Brooksville で、LPR (Low-Power Radar) の実証試験を実施した。試験には米三軍の関係者が出席した。PAR だけでなく、対空監視や気象観測にも利用できる。(Raytheon 2018/7/17)
  • 2018/7/16 に Keyport Undersea Museum (Keyport, WA) で、USS Buffalo (SSN-715) の退役式典が行われた。(US Navy 2018/7/17)
  • Raytheon Co. は米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) から、SM-3 ブロック IB×44 発を 4 億 6,690 万ドルで受注、製作中。FY2015-2018 をカバーする $2,351,177,872 の契約のうち、FY2018 分。(Raytheon 2018/7/17)
  • GKN Aerospace は Lockheed Martin Corp. との間で、F-35A/C で使用する隔壁の製作に関する延長契約を締結した。新しい契約は 2023 年まで。同社はこのほか、エンジン部品、電気配線接続システム、キャノピー、複合材料製機体構造材、降着装置用のドラッグ ブレース、扉といった製品も手掛けている。担当は、GKN Aerospace Monitor Inc. (Amityville, NY)、GKN Aerospace Precision Machining Inc. (Wellington, KS)、GKN Aerospace - Monitor and Precision Machining Inc.。(GKN Aerospace 2018/7/17)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は、沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) 用の対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) ミッション モジュールで使用するソナーの試験完了について発表した。担当は Program Executive Office Unmanned and Small Combatants。この後、秋に二番目のドックサイド試験を予定している。(US Navy 2018/7/16)
  • 米陸軍は、短期的な C-UAS (Counter Unmanned Aircraft System) ソリューションとして、Raytheon Co. の Coyote UAV と Ku バンド レーダー KRFS の組み合わせを選定した。(Raytheon 2018/7/17)

今日の報道発表 (その他編)
  • Lockheed Martin Corp. と ThalesRaytheonSystems Co., LLC が組んで、NATO に BMD 指揮管制システムを納入することになった。(Lockheed Martin 2018/7/17)
  • Tasmanian に拠点を構える Taylor Bros Marine が Lurssen Luerssen Australia から、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向け OPV (Offshore Patrol Vessel)×12 隻で使用する居住設備の設計・製作・導入契約を受注した。(Australian DoD 2018/7/18)
  • Terma A/S が Leonardo Airborne and Space Systems と組んで、パイロン組み込み型ジャマーを F-16 カスタマー向けに売り出すことになった。Terma の ECIPS (Electronic Combat Integrated Pylon System) と Leonardo の CJS (Compact Jamming System) の組み合わせ。(Terma 2018/7/16, IHS Jane's 2018/7/16)
  • Rolls-Royce は、英空軍 (RAF : Royal Air Force) の Tornado が装備する RB199 エンジンを対象とするサポート業務契約・ROCET2 (RB199 Operational Contract for Engine Transformation) で扱っていた RB199 エンジンを完納した。この契約に伴い、RB199 の整備は RAF Marham から Rolls-Royce plc (Bristol, UK) に移されていた。。(Rolls-Royce 2018/7/16)
  • Saab AB は、JAS39E Gripen NG の進捗について説明した。初号機 (39-8) は RUAG Aerostructures 製のパイロンを使用して外部兵装搭載試験を実施。2-3 号機 (39-9, 39-10) は改良型コンピュータを導入して初号機よりも能力を向上させたとしている。このほか、翼端、翼下 4 ヶ所、胴体下面の兵装パイロンに IRIS-T (InfraRed Imaging System - Tail/Thrust-Vector Controlled) を搭載した状態での飛行試験も実施した。(Saab 2018/7/16)
  • Indra は、スペイン陸軍が保有する航空機の耐空性維持に関わるエンジニアリング サービス業務の契約を 740 万ユーロで受注した。期間は 2019-2022 年までだが、さらに 2 年間の延長オプションを設定、実現すると 1,110 万ユーロの案件になる。対象は NH90、CH-47F、EC665 Tigre、EC135、AS532 Cougar、AS332 Super Puma、UH-1H、AB212、すべての UAV。(Indra 2018/7/16)
  • インド国防省は、2018/7/16 に BrahMos の試射を実施した、と発表した。延命計画の一環として ITR (Integrated Test Range, Balasore, Odisha) で実施したもので、発射機は Mobile Autonomous Launcher。(Indian MoD 2018/7/16)
  • Russian Helicopters は、ラオス国防省から受注していた Mi-17×4 機の補修を完了、機体をデリバリーした。納入式典は Vientiane で実施。(Russian Helicopters 2018/7/12)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/7/16)
NAVY
  • Lockheed Martin Corp. (Baltimore, MD) : MMSC (Multi Mission Surface Combatant) の資材調達と詳細設計について、修正契約を $450,744,723 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。サウジアラビア向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2025/10 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-2301)
  • The Whiting-Turner Contracting Co. (Baltimore, MD) : Joint Expeditionary Base Little Creek - Fort Story (Virginia Beach, VA) で実施する、応用教育棟×2 棟の新規建設と 2 棟の再生補修工事 (Building 1081, Building 1082) を $21,400,000 で。オプション契約分まので含めた総額は $24,605,737。2020/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Mid-Atlantic, Norfolk, VA (N40085-18-C-1137)
  • Vigor Marine LLC (Portland, OR) : USNS Mercy (T-AH-19) を対象とする中間整備を $16,286,095 で。オプション契約分まで含めた総額は $18,077,737。2018/8/27-2018/10/26 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N32205-18-C-4551)
ARMY
  • 以下の各社は、Waveform Development Environment Ecosystem を対象とするサポート業務を総額 $249,600,000 で。
    • Thales Defense & Security Inc. (Clarksburg, M) : W15P7T-18-D-0003
    • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : W15P7T-18-D-0004
    • Northrop Grumman Space & Mission Systems Corp. (San Diego, CA) : W15P7T-18-D-0005
    • Harris Corp. (Rochester, NY) : W15P7T-18-D-0006
    • General Dynamics Mission Systems (Scottsdale, AZ) : W15P7T-18-D-0007
    2023/7/12 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD
  • EFT Diversified Inc. (Kenner, LA) : ミシシッピー川の Southwest Pass で実施する、堤防と防波堤の補修工事を $28,000,000 で。2019/7/31 まで。Army Corps of Engineers, New Orleans, LA (W912P8-18-D-0004)
  • K.L. House Construction Co., Inc. (Albuquerque, NM) : Space Vehicles Component Development Lab (Kirtland AFB, NM) の建設工事を $11,219,000 で。2020/1/10 まで。Army Corps of Engineers, Albuquerque, NM (W912PP-18-C-0016)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、各種建設工事に関する修正契約を総額 $59,000,000 で。
    • North Star Construction (Yuba City, CA) : FA4686-17-D-0001
    • Allright - KOO JV (Kerman, CA) : FA4686-17-D-0002
    • AMA Diversified Construction (Torrance, CA) : FA4686-17-D-0003
    • Patriot Construction (Stockton, CA) : FA4686-17-D-0004
    • Nomlaki Technologies (Yuba City, CA) : FA4686-17-D-0005
    累計受注額は $48,000,000 から $107,000,000 に。2022/1/31 まで。9th Contracting Squadron, Beale AFB, Marysville, CA
  • Orbit Communication Systems Inc. (Deerfield Beach, FL) : Airborne Digital Interphone System の補修と Interphone Audio Control Panel の再設計を $29,822,602 で。いずれも KC-135 用。2023/7 まで。Air Force Sustainment Center, Robins AFB, GA (FA8539-18-D-0003)
  • AAR Manufacturing Inc. (Cadillac MI) : 463L パレットの新製と補修を $18,993,848 で。前契約は FA8519-14-D-0002。累計受注額は $143,116,385。2019/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8534-18-F-0065)
  • Thales Defense and Security Inc. (Clarksburg, MD) : D-ILS (Deployable-Instrument Landing System)×29 セットを $12,255,608 で。2023/7/15 まで。Aerospace Management Systems Contracting Office, Hanscom AFB, MA (FA8730-18-C-0034)
  • Birmingham Industrial Construction LLC (Alabaster, AL) : Maxwell-Gunter AFB の管理部門庁舎 (Building 678) を対象とする再生補修工事を $7,484,809 で。480 日間。42nd Contracting Squadron, Maxwell AFB-Gunter, AL (FA3300-18-C-0013)
  • URS Federal Services Inc (Germantown, MD) : 21st FS (21st Fighter Squadron) の F-16A/B-20×14 機を対象とする整備・補給業務を $7,368,957 で。台湾空軍向け FMS (Foreign Military Sales) 案件。2019/7/31 まで。Air Force Installation Contracting Agency and 338th Specialized Contracting Squadron, JB (Joint Base) San Antonio-Randolph, TX (FA3002-17-D-0008)
DoDEA (Department of defense Education Activity)
  • 以下の各社は、ドイツの Spangdahlem にある軍の学校施設を対象とする児童・生徒輸送業務を受注。
    • Axel Tuecks (Prum, Germany) : $7,479,147 (HE1254-18-D-2014)
    • Faber Bus and Taxi (Binsfeld, Germany) : $7,395,276 (HE1254-18-D-2018)
    2023/7/31 まで。RfP HE1254-18-R-2014 による。DoDEA (Department of Defense Education Activity), Alexandria, VA
  • 以下の各社は、児童・生徒輸送業務を受注。
    • Alibus International (Pordenone, Italy) : $10,141,384 (HE1254-18-D-2015 - Daily Commute and Special Needs)
    • Autoservizi Meridionale (Naples, Italy) : $11,812,213 (HE1254-18-D-2007 - Daily Commute)
    • Oliviero Tours (Vicenza, Italy) : $12,627,218 (HE1254-18-D-2016 - Daily Commute and Special Needs)
    2023/7/31 まで。RfP HE1254-18-R-2007 による。DoDEA (Department of Defense Education Activity), Alexandria, VA

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. は、2018 年の初頭に USS Wasp (LHD-1) 艦上で米海兵隊の F-35B が JPALS (Joint Precision Approach and Landing System) を使用する着艦を実施していたことを明らかにした。JPALS は 2018 年の量産開始を予定している。(Raytheon 2018/7/16)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Newport News Shipbuilding 部門で、USS Gerald R. Ford (CVN-78) を対象とする PSA (Post Shakedown Availability) ならびに SRA (Selected Restricted Availability) の作業がスタートした。(HII 2018/7/16, US Navy 2018/7/16)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Ingalls Shipbuilding 部門で 2018/7/13 に、USS Frank E. Petersen Jr. (DDG-121) が進水した。Arleigh Burke 級駆逐艦フライト IIA で、イージス戦闘システムはベースライン 9。(HII 2018/7/16, US Navy 2018/7/16)
  • 米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) は、コロラド州 Gunnison 近隣で CH-53K が拘束ホバリング試験を実施したことを明らかにした。(US Navy 2018/7/16)
  • Leonardo Sp.A と GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、MQ-9B を対象とする協業について合意をまとめた。Leonardo 製の ELINT (Electronic Intelligence) 機材・SAGE を MQ-9B と Sky Guardian の機内に搭載するというもの。すでに作業は始めており、2019 年に運用可能とする計画。MQ-9B については別途、GPS (Global Positioning System) と Galileo の両方に対応するとの発表もあった。(Leonardo 2018/7/13, GA-ASI 2018/7/16)
  • Leonardo Sp.A は、航空機搭載用 AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー・Osprey が米海軍から MQ-8C 搭載用として採用を決めていることを明らかにした。Seaspray レーダーの実績に立脚した製品で、救難型 AW101 への搭載実績もある。(Leonardo 2018/7/13)
  • Boeing Co. は Farnborough International 2018 や RIAT (Royal International Air Tattoo) の席上、総額 21 億ドルにのぼるサービス業務を受注したが、そのうち軍関連の案件は以下の通り。
    • オランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) : CH-47F×6 機、CH-47D×11 機、AH-64D×28 機を対象とする兵站支援業務 (PBL : Performance Based Logistics)、5 年間
    • 米空軍 : The United States Air Force awarded Boeing a contract to provide crew instruction and operate, sustain, modify and upgrade the C-17 用の搭乗員・整備員訓練機材を対象とする維持管理やアップグレード改修と、訓練業務の実施。6 年半、9 億 8,600 万ドル
    • 米空軍 : F-15 のレーダーを対象とする補修・サポート・構成管理・パーツ供給・陳腐化対処。6 年半
    (Boeing 2018/7/13)
  • Raytheon Co. は、GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II こと StormBreaker の運用評価試験開始について発表した。春に Operational Test Readiness Review が完了したのを受けた動き。GBU-53/B は F-15E に最初に搭載するが、2022 年から F-35 での運用も始まる予定。(Raytheon 2018/7/16)
  • Lockheed Martin Corp. と Rafael Advanced Defence Systems Ltd. が、SPICE (Smart, Precise Impact and Cost-Effective) 誘導キットを対象とする協業を決定、MoU に調印した。のポテンシャル マーケットやカスタマーからの要求を共同で評価する、という趣旨。対象は 1,000lb 級の SPICE 1000 と 2,000lb 級の SPICE 2000。このほか、Spice 250 が 2019 年に全規模開発 (FSD : Full Scale Development) を終えて就役する、との見通しが明らかにされている。(Lockheed Martin 2018/7/16, IHS Jane's 2018/7/16)
  • Lockheed Martin Corp. は Farnborough International 2018 の席上、LM-100J の消防バージョン・FireHerc を発表した。(Lockheed Martin 2018/7/16)
  • Lockheed Martin Corp. 傘下の Sikorsky がカリフォルニア州 San Diego の消防部門 (City of San Diego Fire-Rescue Department) に、S-70 Black Hawk ベースの消防ヘリ・FIREHAWK×1 機をデリバリーした。消防ヘリへの改修はサードパーティの担当。(Lockheed Martin 2018/7/16)
  • Raytheon Co. の Intelligence, Information and Services 部門は NASA (National Aeronautics and Space Administration) から、JPSS (Joint Polar Satellite System) 用の地上管制機材 (Common Ground System) を 5,900 万ドルで受注した。2021 年に打ち上げる JPSS-2 衛星に対応するためのもので、設置場所はノルウェーの Svalbard。(Raytheon 2018/7/16)

今日の報道発表 (その他編)
  • Gavin Williamson 英国防相は Farnborough International 2018 の席上、次世代戦闘機コンセプト "Tempest" について発表した。2030 年代半ばに F-35 や Eurofighter Typhoon とともに運用する機体だとしている。担当メーカーは BAE Systems plc、Rolls-Royce plc、MBDA UK Ltd.、Leonardo Sp.A。(MoD UK 2018/7/16)
  • Gavin Williamson 英国防相は RIAT (Royal International Air Tattoo) の席上、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) が A400M Atlas の 20 号機を領収、RAF Brize Norton に到着した、と発表した。イギリスは A400M×22 機を発注しており、2020 年の初頭に完納の予定。(MoD UK 2018/7/13)
  • ノルウェー国防省は、F-16 による JSM (Joint Strike Missile) の試射について発表した。囮に騙されずに目標に命中したとしているが、日時や場所や目標の態様は不明。(Raytheon 2018/7/16)
  • Saab AB は Farnborough International 2018 の席上、新型対艦ミサイル・RBS15 Gungnir のローンチを発表した。もともとバルト海における沿岸戦を想定してスタートした RBS15 だが、RBS15 Gungnir では自律全天候能力を維持しつつ、発展性を持たせたとしている。また、既存の RBS15 用のインフラを将来の要求に適合させる。Saab と Diehl Defence GmbH & Co. KG が共同で開発している。(Saab 2018/7/16)
  • Airbus Defence and Space と Airbus Helicopters は、軍のカスタマーを対象とするデータ分析サービス・SmartForce を導入する。(Airbus 2018/7/16)
  • Airbus Defence and Space は Farnborough International 2018 の席上、Zephyr HAPS (High Altitude Pseudo-Satellite) の量産仕様機、Zephyr S を発表した (前モデルの Zephyr は研究開発モデル)。この発表の数日前に、Zephyr はアリゾナで初飛行を実施しているが、将来は Wyndham Airfield (Western Australia) でフライトを行う計画。併せて、Zephyr の量産施設開設についても明らかにされた。(Airbus Defence and Space 2018/7/16)
  • CAE Elektronik GmbH (Stolberg, Germany) は RIAT (Royal International Air Tattoo) の席上、ドイツ空軍の次世代大型輸送ヘリ調達計画・STH (Schwerer Transporthubschrauber) で、H-47 Chinook ベースの提案を実施している Boeing Co. の陣営に加わる、と発表した。担当はもちろん、搭乗員向けの訓練システムと関連サービス業務。(CAE 2018/7/13)
  • トルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) が、パキスタンから TAI (Turkish Aerospace Industries Inc.) への T129 攻撃ヘリの発注について発表した。機数は既報のように 30 機で、弾薬、スペアパーツ、地上支援機材、兵站支援業務なども契約に含む。すでに現地での試験も実施済み。(SSM 2018/7/13)
  • TAI (Turkish Aerospace Industries Inc.) は Farnborough International 2018 に、Hurjet 高等ジェット練習機/軽攻撃機のモックアップを出展した。2017/8/14 にローンチしたプログラムで、トルコ空軍の T-38 後継を企図している。最高速度 M1.2、上昇限度 45,000ft。(TAI, Anadolu Agency 2018/7/14)
  • Terma A/S は Cohort plc 傘下の MASS と、電子戦製品を対象とするライフサイクル サポート業務 (EWLS : Electronic Warfare Lifecycle Support) を対象とする協業を発表した。(Terma 2018/7/16)
  • Leonardo Sp.A は中東某国から、DIRCM (Directional Infrared Countermeasures) システム・Miysis を受注した。すでに、General Dynamics Mission Systems - Canada と組んでカナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) から受注、デリバリーを始めている製品。(Leonardo 2018/7/13)
  • Navantia はサウジアラビアから、コルベット×5 隻を 18 億ユーロで受注した。2015 年から折衝を進めてきていたもので、同社としては過去最大規模の海外案件。これと併せて、Navantia と SAMI (Saudi Arabian Military Industries) によるジョイント ベンチャー設立についても合意がまとまった。(Navantia 2018/7/12)
  • BAE Systems は、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 向けの F-16 に搭載する Digital Light Engine HUD (Head Up Display) について、使用するプロジェクタの設計・開発・製作を Raytheon Co. に発注した。既存 HUD と同じスペースに、シームレスに新型 HUD を導入できる。機体構造、配線、コンピュータの変更は不要。(Raytheon 2018/7/16)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |