今週の軍事関連ニュース (2018/10/18)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • Delfin Lorenzana 比国防相が PNA (Philippine News Agency) の取材に対して、「フィリピンが JAS39 Gripen を調達する可能性が高い」と発言した。機体と維持費の安さを理由に挙げている。(Philippine News Agency 2018/10/15)
  • ウクライナ空軍本部は、先に墜落事故を起こした Su-27 に米州兵航空隊 (ANG : Air National Guard) のパイロットが搭乗していたことを明らかにした。当該機は Vinnytsia 地区で訓練飛行中に墜落、乗員は 2 名とも死亡した。(Ukraine International 2018/10/17)

今日のニュースいろいろ
  • 2018/10/9 にカナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) と韓国海軍が、相互の関係強化を企図した MoU に調印した。国際観艦式に合わせて実現したもの。(Royal Canadian Navy 2018/10/16)
  • フランスでは、2019-2025 年の国防計画法 (LPM : Loi de Programmation Militaire) に新空母 (PA NG : Porte-Avions de Nouvelle Generation) を盛り込む構想があり (ただし 1 隻にするか 2 隻にするかは確定していない)、2018/2 に検討を開始。2018/6 からは、仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) が建造担当の Naval Group と Chantiers de l'Atlantique、、原子炉担当の Technicatome と組んで予備的な要件定義の検討を始めている。それと関連して、2017 年に Lakehurst で米海軍のカウンターパートから EMALS (Electromagnetic Aircraft Launch System) と AAG (Advanced Arresting Gear) に関する説明を受けており、2018 年の夏から導入に向けて折衝を進めている。その後、Euronaval 2018 展示会の席で Florence Parly 仏国防相が「FS Charles-de-Gaulle の後継が必要になる」と発言。まず 4,000 万ユーロ (4,600 万ドル) を投じて、2020 年までかけて後継艦に関するスタディを実施することを明らかにした。(Naval Recognition 2018/10/16, SpaceWar 2018/10/23)

今日のニュースいろいろ
  • イタリアの Luigi Di Maio 副首相が オンライン ニュース・Tiscali News の取材に対して、2019 年に 5 億ユーロ (5 億 7,825 万ドル) の装備調達費削減を図る、と発言した。NH90 調達計画の 2 年間の差し止めで 3 億 7,000 万ユーロ、CAMM (Common Anti-air Modular Missile) の調達先送りで 3,900 万ユーロを節減するとの報道も出ている。(Reuters 2018/10/11, Defense-Aerospace.com 2018/10/15)
  • ベトナムの Soha News が「アメリカとイスラエルの専門家が、S-300 地対空ミサイルなどについて調査して理解を深める目的でウクライナを訪問した」と報じた。(UA Wire 2018/10/11)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 露国防省が動画とともに明らかにしたところによると、Kh-101 ミサイルは重量 2,500kg、弾頭重量 450kg、全長 8m、速力 1,000km/h。Tu-95MS に 8 発を搭載可能。(Forecast International 2018/10/15)
  • TAI (Turkish Aerospace Industries) が、Anka UAV×22 機を追加受注した。Anka-S×16 機と Anka-B×6 機という内訳。Anka-S はペイロード 200kg、2016 年に初飛行して 2017 年から量産に入っている。Rocketsan 製の Smart Micro Munition (MAM-L) も搭載可能。(DID 2018/10/16)
  • 韓国国防部の話によると、KAMD (Korean Air and Missile Defense) のキー コンポーネントとなるはずの国産 SAM・L-SAM が技術的困難に直面、試験が遅れるとのこと。(聯合ニュース 2018/10/15)
  • 新華社が AVIC (Aviation Industry Corporation of China) の話として、Z-19E 攻撃ヘリが量産に入る、と報じた。ハルビン航空機が開発した輸出用攻撃ヘリ。(新華社 2018/10/14)
  • ドイツ海軍が、2025 年の退役を予定している艦載対潜ヘリ・Westland Sea Lynx ×21 機の後継機調達に乗り出す。すでに CH-53G 後継機の提案で組んでいる Lockheed Martin Corp. と Rheinmetall Defence AG が、この件で MH-60R を提案することを明らかにしている。対して、Airbus は NH90 Sea Lion を提案する模様。(Reuters 2018/10/12)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/10/16)
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • ViON Corp. (Herndon, VA) : SPARC プロセッサのキャパシティ サービスを $329,586,627 で。最低補償額 $630,000。DISA (Defense Information Systems Agency) のデータ センター向け。2018/10/17 から 5 年間。Defense Information Technology Contracting Organization, Scott AFB, IL (HC1084-19-D-0001)
NAVY
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : CFM56-7B27A/3 エンジンと CFM56-7B27AE エンジンを対象とするデポ整備ならびに補修作業について、修正契約を $136,999,356 で。P-8A 搭載用でオーストラリア向けも含む。2019/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0113/P00002)
  • StandardAero Inc. (San Antonio, TX) : CFM56-7B27A/3 エンジンと CFM56-7B27AE エンジンを対象とするデポ整備ならびに補修作業について、修正契約を $121,890,824 で。P-8A 搭載用でオーストラリア向けも含む。2019/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0110/P00002)
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : P-8A を対象とする定期整備と臨時整備、デポ補修の計画立案・見積もり、技術指針の適用、機体改修、地上支援、エンジンの取り下ろし・交換について、修正契約を $33,025,575 で。オーストラリア向けも含む。2019/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0112/P00003)
  • AAR Aircraft Services Inc. (Indianapolis, IN) : P-8A を対象とする定期整備と臨時整備、デポ補修の計画立案・見積もり、技術指針の適用、機体改修、地上支援、エンジンの取り下ろし・交換について、修正契約を $32,784,405 で。オーストラリア向けも含む。2019/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0111/P00003)
  • General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, CA) : ESB (Expeditionary Sea Base) の 6 番艦について、先行調達、事前製作、エンジニアリング サポート業務を $136,753,425 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2019/5 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : NS (Naval Station) Guantanamo Bay (Guantanamo Bay, Cuba) で実施するベース オペレーション業務を $28,694,621 で。前契約は N62742-16-D-3552。2019/11 まで。6 ヶ月間のオプション契約 2 研磨で実現した場合の総額は $59,727,709。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southeast, Jacksonville, FL (N69450-19-F-0500)
  • EDO LLC (Amityville, NY) : 兵装架シミュレータ×4 基、BRU-55B/A 用の ECP (Engineering Change Proposal) 適用改修キット×9 セット、JMM (Joint Miniature Munition) インターフェイス / UAI (Universal Armament Interface) アンビリカル ケーブル×30 セット、初度費について、修正契約を $7,751,952 で。Precision Strike Weapons Program Office 向け、2021/6 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N00019-17-C-0029/P00009)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Aseptico Inc. (Woodinville, WA) : DLA の電子カタログに掲載する医療関連機器とアクセサリー類を $28,500,000 (価格修正条項付き) で。国防総省とその他の政府機関向け、2023/10/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-19-D-0004)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) から受注して開発を進めている LRDR (Long Range Discrimination Radar) について、クローズド ループ衛星追尾試験を成功裏に実施、2018/8/27 に完了した、と発表した。LRDR は 2020 年に Clear AFS (Air Force Station) に設置する予定。(Lockheed Martin 2018/10/16)
  • Raytheon Co. は、AN/SPY-6(V) AMDR (Air and Missile Defense Radar) の追尾試験を実施した、と発表した。PMRF (Pacific Missile Range Facility, Kauai, HI) から発射した複数の目標を同時追尾するという内容で、IAMD (Integrated Air and Missile Defense) 能力を実証できたとしている。(Raytneon 2018/10/10)
  • Rockwell Collins Inc. と米海軍 NAVSUP WSS (Naval Supply Systems Command Weapon Systems Support) は、F/A-18・1,200 機あまりで使用するアビオニクス ディスプレイを対象とするサポート業務の延長を決めた。PPP (Public Private Partnership) の枠組みを使って実施する兵站支援業務 (PBL : Performance-Based Logistics) で、15 年ほど前にスタートしたもの。今回の延長期間は 4 年間。同社では、99% の可動率を実現、2005 年以降はパーツのバックオーダーは発生せず、大半のハードウェアについてターンアラウンドタイムが 48 時間を切っていると説明。(Rockwell Collins 2018/10/16)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) で、America 級強襲揚陸艦の 3 番艦、USS Bougainville (LHA-8) の建造工程がスタートした。同社では現在、USS Paul Ignatius (DDG-117)、USS Delbert D. Black (DDG-119)、USS Lenah H. Sutcliffe Higbee (DDG-123)、USS Jack H. Lucas (DDG-125)、USS Fort Lauderdale (LPD-28)、USS Richard M. McCool Jr. (LPD-29) も建造中。(US Navy 2018/10/16)
  • FLIR Systems Inc. は米国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) から、米沿岸警備隊 (USCG : US Coast Guard) 向けの第二世代版 AIS (Automatic Identification System)、AIS-2 に関する 990 万ドルの契約を受注した。AIS トランスポンダー、周辺機器、スペアパーツで構成、巡視艇×1,774 隻とカッター×282 隻に装備する。(FLIR Systems 2018/10/16)

今日の報道発表 (その他編)
  • Airbus Helicopters の高速回転翼技術実証機・Racer (Rapid And Cost-Efficient Rotorcraft) が、予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) を完了した。EU の H2020 フレームワークの下で進めている Clean Sky 2 計画向け。空力面の検証は昨年に済ませて、すでに先行製作の作業も始めている。(Airbus Helicopters 2018/10/15)
  • 仏国防省は、砂漠地帯における MMP (Missile Moyenne Portee or medium-range missile) 対戦車ミサイルの運用を承認した。2018/8/25-9/22 にかけてジブチで実施した評価試験を受けたもの。(French Armed Forces Ministry; 2018/10/16)
  • 2018/10/12 に Istres AB で、フランス空軍 (AdlA : Armee de l'Air) が先に受領した A330-200 MRTT (Multi-Role Tanker Transport) こと Phenix の初号機が、最初のフライトを実施した。操縦を担当したのは CEAM (Le Centre d'Experiences Aeriennes Militaires) のチーム。これから運用評価試験を実施して、2019 年末までに完了させる計画。(French Air Force 2018/10/12)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の Kongsberg Digital Maritime Simulation がシンガポール内務省 (Singapore Ministry of Home Affairs) から、海洋警察 (Singapore Police Coast Guard) 向けのシミュレーション訓練機材を 2,120 万 SG ドルで受注した。K-Sim Tactical Boat Handling and Firing Simulator×4 基と、10 年間の整備業務で構成する。2020 年の第一四半期に納入の予定で、フルモーション機能付き・水平視野角 240 度のシミュレータ、教官卓×2 基、ブリーフィング/デブリーフィング室×2 室で構成する。(Kongsberg 2018/10/15)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/10/15)
ARMY
  • 以下の各社は、JPEO CBD (Joint Program Executive Office for Chemical and Biological Defense) 向けのリソース提供を総額 $249,000,000 で。
    • Absolute Business Solutions Inc. (Herndon, VA) : W911QY-19-D-0001
    • Data Systems Analysts Inc. (Feasterville Trevose, PA) : W911QY-19-D-0002
    • DCS Corp. (Alexandria, VA) : W911QY-19-D-0003
    • HII Mission Driven Innovative Solutions Inc. (Huntsville, AL) : W911QY-19-D-0004
    • Integrity Consulting Engineering and Security Solutions (Purcellville, VA) : W911QY-19-D-0005
    • Interactive Process Technology LLC (Billerica, MA) : W911QY-19-D-0006
    • Joint Research and Development Inc. (Stafford, VA) : W911QY-19-D-0007
    • Kalman and Company Inc. (Virginia Beach, VA) : W911QY-19-D-0008
    • MLT Systems LLC (Stafford, VA) : W911QY-19-D-0009
    • Mustang Gray LLC (Stafford, VA) : W911QY-19-D-0010
    • Patricio Enterprises Inc. (Stafford, VA9 : W911QY-19-D-0011
    • Whitney, Bradley & Brown Inc. (Reston, VA) : W911QY-19-D-0012
    2023/10/14 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD
NAVY
  • Dyncorp International LLC (Fort Worth, TX) : TH-57×118 機を対象とする列線整備・デポ整備に関わる兵站支援業務を $152,247,409 で。フロリダ州 Milton で実施、2022/11 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N61340-19-D-0905)
  • WR Systems Ltd. (Norfolk, VA) : PNT (Positioning, Navigation and Timing) に関わるエンジニアリング業務を $49,999,996 で。設計開発、システム インテグレーション、調達やプロトタイプ製作に関わるエンジニアリング、技術文書作成、兵站支援業務を担当。2020/10 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Atlantic, Charleston, SC (N65236-19-D-8001)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : AEA (Airborne Electronic Attack) システムの能力向上を $24,400,000 で。前契約は N00019-16-G-0001。米海軍向け $23,157,457 (95%)、オーストラリア向け FMS (Foreign Military Sales) $1,242,543 (5%)。2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-F-2046)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : 次世代潜水艦技術の科学技術研究 (Next Generation Submarine Science and Technology Research) を $14,718,840 で。2019/19/14 まで。オプション契約分まで含めた総額は $39,661,906、2023/10 まで。ONR (Office of Naval Research), Arlington, VA (N00014-19-C-1002).
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • Southwind Construction Services LLC (Edmond, OK) : オクラホマ州のデータ センターで実施する、床のかさ上げと、高密度冷却機材ならびに電力系統のアップグレードを $9,177,535 で。作業場所は Data Center Oklahoma City (Tinker AFB, OK)。2018/10/22-2019/10/21 まで。Defense Information Technology Contracting Organization, Scott AFB, IL (HC1028-19-C-0001)

今日の報道発表 (北米編)
  • BAE Systems のテストパイロット、Peter Wilson 氏の操縦で、F-35B が初めて英空母 HMS Queen Elizabeth 艦上で SRVL (Shipborne Rolling Vertical Landing) を実施した。(F35.com 2018/10/15)
  • カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) が、小型目標を追跡する用途に充てる目的で、Snyper なるマイクロ UAV をテスト中。(Royal Canadian Navy 2018/10/12)
  • 米陸軍・第 101 空挺師団 (航空強襲) 麾下、第 5 工兵大隊と第 2 旅団戦闘団・第 26 歩兵連隊が、USAOTC (Army Operational Test Command, West Fort Hood, TX) の試験担当者とともに、対人用ネットワーク化弾薬 Spider インクリメント IA の試験を実施した。(US Army 2018/10/11)
  • Harris Corp. と L3 Technologies, Inc. が、合併の合意をまとめた、と発表した。L3 の株主は L3 株 1 株につき Harris 株 1.3 株を受け取ることになる。新会社の社名は L3 Harris Technologies Inc.。(Harris / L3 Technologies 2018/10/14)

今日の報道発表 (その他編)
  • Aero Vodochody Aerospace A.S. は 2018/10/12 に、L-39NG 初号機のロールアウト式典を実施した。2017/7 に最初の 4 機の製作を始めていたもので、この後は 2019 年に認証を済ませて 2020 年から納入可能とする予定。2014 年の Farnborough で開発を表明した機体。(Aero Vodochody 2018/10/12, IHS Jane's 2018/10/12)
  • リトアニア軍は NSPA (NATO Support and Procurement Agency) 経由で、Daimler AG 製 Unimog U5000×45 両を取得した。2015 年に発注して、すでに 88 両を取得しており、さらなる追加を実現したもの。2018/10 に予定している契約改定により、2019 年にもう 110 両を取得する予定。2021-2021 年に、さらに 142 両を取得して完納となる。搭載量は 5t。(Lithuanian MoD 2018/10/12)
  • Barbara Visser 蘭国防相が、PzH2000NL (Panzerhouwitser 2000NL) 自走榴弾砲と CV90 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) を対象とする MLU (Mid-Life Update) の実施を発表した。寿命が尽きるまで、実戦展開できる能力を維持するのが目的で、いずれも 2026 年までに作業を終える予定。(Netherlands MoD 2018/10/12)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |