今週の軍事関連ニュース (2018/10/29)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

FTM-45 (MDA 2018/10/26, Lockheed Martin 2018/10/26, Raytheon 2018/10/26, US Navy 2018/10/29)
2018/10/26 に PMRF (Pacific Missile Range Facility, Kauai, HI) で、USS John Finn (DDG-113) と SM-3 ブロック IIA による要撃試験・FTM-45 (Flight Test Standard Missile - 45) "Stellar Alaris" が成功裏に行われた。SM-3 ブロック IIA による要撃成功は二度目。米海軍では「初期段階のデータ解析では、目的は達成できた」としている。
艦側のシステムはイージス戦闘システム ベースライン 9.C2 とイージス BMD 5.1 の組み合わせ。標的は中射程弾道ミサイル (MRBM : Medium Range Ballistic Missile) を模したもの。

今日のニュースいろいろ
  • イスラエルの衛星画像企業 iSi が、ロシアがシリアに持ち込んだ S-300 地対空ミサイルらしきものが映っている 2018/10/22 撮影の写真をリリース。場所はシリア北西部・Masyaf 付近で、以前に S-200 を配備していた場所。(IHS Jane's 2018/10/26)
  • Gavin Williamson 英国防相は、イギリス軍のすべての職域を女性に開放する、と発表した。すでに英陸軍で勤務している女性は 12 月から歩兵科への転科が可能になるほか、新兵については 2019/4 から訓練を開始する。また、海兵隊での勤務も可能になる。(MoD UK 2018/10/25)
  • ドイツ空軍司令官の Ingo Gerhartz 中将が、イスラエルを訪問した。両国の空軍同士の協力関係を強化するための努力の一環、というのがイスラエル側の発表。(Israeli Air Force 2018/10/25)

今日のニュースいろいろ
  • 2018/10/25 に HMAS Albatross で、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の UAV 飛行隊・No.822X Sqn. の編成式典が行われた。これまであった NUASU (Naval Unmanned Aircraft Systems Unit) を改編したもので、FAA (Fleet Air Arm) の実動飛行隊としては 4 個目。(Australian DoD 2018/10/25)
  • コソボ議会が 2018/10/18 に、2,500 名規模の KSF (Kosovo Security Forces) を 10 年以内に国防軍に改組する件を承認した。120 名のうち 98 名が賛成、12 名が棄権したが、その 12 名のうち 11 名はセルビア系。(IHS Jane's 2018/10/25)

今日のニュースいろいろ
  • イタリアは FY2019 に、支出削減の一環として装備調達費を 4 億 5,000 万ユーロ (5 億 1,230 万ドル) 減らす。その一環として、F-35 は調達数を減らして年度あたりの支出を抑える方向。(DefenseNews 2018/10/24)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Daily Sabah が Hulusi Akar 土国防相の話として、S-400 地対空ミサイルの導入が 2019/10 から始まる、と報じた。現在は要員の選抜を進めているところで、その後でロシアに派遣して訓練を受けさせる。(DID 2018/10/26)
  • パキスタンの ECC (Economic Coordination Committee) が、JF-17×3 機のナイジェリア向け輸出 (総額 1 億 8,430 万ドル) に関する政府保証の実施を承認した。為替相場変動への対処が目的。(Pakistan Express Tribune 2018/10/24)

12 ヶ国目 (F35.com 2018/10/25, DefenseNews 2018/10/25, Embassy and Consultates of Belgium in the United States 2018/10/25)
ベルギーが、F-16AM/BM の後継機として F-35A の採用を決定した。F-35 の採用決定は 12 ヶ国目。在米ベルギー大使館の説明では「F-35 の 30% はヨーロッパで作られている」としている。予定調達機数は 34 機で、2023 年から配備を開始する計画。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/10/26)
NAVY
  • 以下の各社は、ジブチの Camp Lemonnier など、NAVFAC Europe, Africa and Southwest Asia の AOR (Area of Responsibility) などで実施する各種建設工事を、総額 $240,000,000 で。
    • American International Contractors Inc. (Arlington, VA) : N62470-19-D-5000
    • Bryan 77 Construction JV (Colorado Springs, CO) : N62470-19-D-5001
    • ECC-MEZ LLC (Virginia Beach, VA) : N62470-19-D-5002
    • P. & C. Development S.A/Ergotem S.A. JV (Athens, Greece) : N62470-19-D-5003
    • SKE-ICM JV (Viale Venezia, 79/B33074 Fontanafredda (PN)) : N62470-19-D-5004
    • Zafer Taahhut, Insaat Ve Ticaret A.S. (Ankara, Turkey) : N62470-19-D-5005
    基本契約 1 年間、さらに 1 年単位のオプション契約 4 年分、2023/10 まで。まず ECC-MEZ LLC が Camp Lemonnier で実施する駐機場拡張工事を $9,990,000 で。2020/11 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Atlantic, Norfolk, VA
  • Central Lake Armor Express Inc. (Central Lake, MI) : 第三世代型プレート キャリア (Plate Carrier Generation III - Soft Armor Insert)×65,469 セットと関連データを $59,369,617 で。2023/10/24 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-19-D-1509)
  • Praescient Analytics LLC (Alexandria, VA) : 分析用ソフトウェア (AATS : Advanced Analytics Technical Solution) を $45,279,089 で。2023/10 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Atlantic, Charleston, SC (N65236-19-D-1002)
  • Huntington Ingalls Industries San Diego Shipyard Inc., San Diego, CA) : USS O'Kane (DDG-77) を対象とする FY2019 分の ESRA (Extended Selected Restricted Availability を $44,779,160 で。オプション契約分まで含めた総額は $51,505,314。2020/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-4406)
  • BAE Systems Technology Solutions and Services Inc. (Rockville, MD) : UGM-133 Trident II (D5)、SSGN Attack Weapon System、Strategic Weapon Surety を対象とする、システム工学/インテグレーション業務に関する修正契約を $9,532,186 で。2019/9/30 まで。イギリスが $8,488,977 を負担。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-17-C-0001/P00021)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Herndon, VA) : Unified Platform Systems Coordinator 計画の下で実施する、UP (Unified Platform) に関する開発、インテグレーション、配備、維持管理の作業を $54,626,116 で。2021/10/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), JB (Joint Base) San Antonio, San Antonio, Texas (FA8307-19-F-0002)
  • AAI Corp. (Hunt Valley, MD) : UAV による ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) の業務を $23,696,816 で。CoCo (Contractor-owned and Contractor-operated) 方式で、米中央軍向けのフォース プロテクション用途。アフガニスタンの Bagram Airfield と Kandahar Airfield で実施、さらにオプションでヨルダンの Muwaffaq Salti AB。2024/3/27 まで。Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-19-C-0002)

今日の報道発表 (北米編)
  • Saab AB は、戦闘機搭載用の X バンド AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダーを受注した、と発表した。カスタマーはアメリカ政府だが、搭載機は明らかにしていない。(Saab 2018/10/26)
  • SRC Inc. は米陸軍 Army Contracting Command (Aberdeen Proving Ground, MD) から、AN/TPQ-50 対砲兵レーダーを 2,600 万ドルで受注した。LCMR ファミリーに属する製品のひとつで、米陸軍向けに 350 基あまりを納入済み。(SRC 2018/10/25)
  • Boeing Co. はイギリスの Sheffield に航空機部品工場を開設した。イギリスで調達した素材を使い、737 や 767 のパーツを製作する。(Boeing 2018/10/25)

今日の報道発表 (その他編)
  • ベルギー国防省と在米ベルギー大使館は、F-35A の採用決定に関する発表とともに、GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) から MQ-9B SkyGuardian×2 システムを 2 億 2,600 万ユーロで、フランスから装甲戦闘車両 442 両を 16 億ユーロで、それぞれ調達する、と発表した。後者は CAMO (MOtorised CApacity) 計画と称し、内訳は Jaguar×60 両と Griffon×382 両で、Piranha と Dingo の代替用。(Embassy and Consultates of Belgium in the United States 2018/10/25, Belgian MoD 2018/10/25)
  • Naval Group と ECA Group が、Belgium Naval & Robotics なる企業聯合を設立した。オランダとベルギーが共同で、新しい対機雷戦艦艇 (MCMV : Mine Countermeasures Vessel) の調達を計画しているのを受けた動きで、無人化したソリューションを提案していくとしている。( 2018/10/25)
  • Rheinmetall Defence Australia は、Project Land 400 の下で納入する Boxer 装甲車 (CRV : Combat Reconnaissance Vehicle)×211 両の製作に関連して、Melbourne に拠点を構える特装車メーカー・Supacat Asia Pacific との間でパートナーシップ合意をまとめた。サブシステムの設計・製作に関わる案件。(Australian DoD 2018/10/26)
  • Airbus Helicopters はハンガリーの Bakony Combat Training Center で、HForce を装備した H145M のデモンストレーションを実施した。その際、ハンガリー軍の特殊作戦部隊や輸送ヘリ部隊が協力した。(Airbus Helicopters 2018/10/25)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/10/25)
NAVY
  • Boeing Co., St. Louis, Missouri : F/A-18E/F 用 IRST (Infrared Search and Track) ブロック I の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) で使用する WRA (Weapon Replaceable Assembly) について、調達とアップグレードを $131,555,000 で。Undefinitized Contract Action)。前契約は N00019-16-G-0001。ECP (Engineering Change Proposal) 開発のためのリスク低減も実施。2022/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-2410)
  • The MIL Corp. (Bowie, MD) : NAWC-AD の C5 (Command, Control, Communications, Computers, Combat) システムを対象とする、システム工学、インテグレーション、生産支援、試験・評価を $84,551,798 で。2024/2 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-19-D-0002)
  • L3 Technologies Inc. (Salt Lake City, UT) : 航空機搭載用ジャミング機材に関わる、既存技術の実証と試験、関連する技術データを $35,757,711 で。NGJ (Next Generation Jammer) ローバンド (NGJ-LB / NGJ インクリメント 2) 向け。2020/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-C-0014)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Bethpage, NY) : 航空機搭載用ジャミング機材に関わる、既存技術の実証と試験、関連する技術データを $35,180,752 で。。NGJ (Next Generation Jammer) ローバンド (NGJ-LB / NGJ インクリメント 2) 向け。2020/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-C-0015)
  • BAE Systems Technology Solutions and Services Inc. (Rockville, MD) : NAWC-AD 麾下、Ship and Air Integrated Warfare Division (Code 4.11.3) 向けのサポート業務について、オプション契約分を $19,470815 で。艦載無線通信システムの関連。2023/8 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-15-C-0008/P00035)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、金属プレーティングを総額 $98,000,000 で。
    • Barkens Hard Chrome (Compton, CA) : FA8224-19-D-0001
    • Chromal Plating Co., Inc. (Los Angeles, CA) : FA8224-19-D-0002
    • Kryler Corp. (Fullerton, CA) : FA8224-19-D-0003
    • Quality Plating Co., Inc. (Salt Lake City, UT) : FA8224-19-D-0004
    • Sunvair Inc. (Valencia, CA) : FA8224-19-D-0005
    309 Missile Maintenance Group Program ならびに 309 Commodities Maintenance Group Program 向け。Hill AFB や Vandenberg AFB などで実施。Air Force Sustainment Center, Hill AFB, UT
  • Williams International Co., LLC (Pontiac, MI) : 先進的なタービン エンジン技術を開発・実証する、ATTAM (Advanced Turbine Technologies for Affordable Mission-Capability) 計画フェーズ I の作業を $50,000,000 で。2026/10 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-19-D-2064, 初期タスク オーダーは FA8650-19-F-2115)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Linthicum Heights, MD) : PRECISE (Precision Real-Time Engagement Combat Identification Sensor Exploitation) 計画の下で実施する、敵味方識別技術の開発を $16,512,048 で。技術評価、ハード/ソフトのプロトタイプ開発、システム インテグレーション、実証試験、性能シミュレーションを実施。2024/1/31 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-19-C-1672)
  • Maintenance Engineers Inc. (Phoenix, AZ) : ユタ州の Hill AFB と Little Mountain で実施する整地工事を $8,700,000 で。4,000 エーカー分。2023/10/24 まで。Air Force Sustainment Center, Hill AFB, UT (FA8201-19-D-0001)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Geo-Med LLC , Lake Mary, Florida) : 医療関連機材とアクセサリー類を $35,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/10/24 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-19-D-0001)
  • GDLS (General Dynamics Land Systems, Sterling Heights, MI) : M1 Abrams 戦車用の電子機器コンポーネントを $25,658,223 で。前契約は SPE7MX-16-D-0100。陸軍向け、2022/9/27 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-19-F-0038)
  • GDLS (General Dynamics Land Systems, Sterling Heights, MI) : ミッション プロセッサ ユニットとコンテナのオプション契約分を $10,229,034 で。陸軍向け、2021/11/19 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-18-C-0295/P00002)
ARMY
  • B & K Construction Co., LLC (Mandeville, LA) : West Bank Mississippi River Levee (New Orleans, LA) の工事を $31,260,319 で。2021/10/22 まで。Army Corps of Engineers, New Orleans, LA (W912P8-19-C-0004)
  • Goldbelt (Chesapeake, VA) : 2018/9/28 発表の Joint Program Executive Office for Chemical and Biological Defense 向けリソース提供案件 ($249,000,000) について、対象に追加。(W911QY-19-D0014)

今日の報道発表
  • Stuart Andrew 英装備相は、英海兵隊向けの短射程 SAM 調達計画・F-ADAPT (Future Air Defence Availability Project) の契約を Thales UK に 9,300 万ポンドで発注した、と発表した。導入するのは HVM (High Velocity Missile) で、今回の発注で Belfast 界隈で 100 名の雇用につながるとしている。(MoD UK 2018/10/24)
  • DIO (Defence Infrastructure Organisation) は Lagan Aviation & Infrastructure に、RAF Northolt の滑走路再舗装工事を 2,300 万ポンドで発注した。排水溝の改良や新型拘束装置の設置も実施する。(MoD UK 2018/10/25)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) は、Type 26 GCS (Global Combat Ship) で使用するレーダーとして、2015 年に Terma A/S 製 SCANTER 6000 レーダー (1 隻につき 2 基ずつ、さらに陸上試験施設用の 12ft 小型アンテナ。X バンド) と Raytheon Anschutz 製 Naval Radar NX ソフトウェアの採用を決めているが、これらについて IMO (International Maritime Organization) の認証が降りた。Raytheon Anschutz は BAE Systems に、INBS (Integrated Navigation and Bridge System) とレーダー用ソフトウェアを納入することになっている。(Terma 2018/10/24)
  • Naval Group は ECA Group との間で、Barracuda 型 SSN の 5-6 番艦で使用する推進機器とスペアパーツの納入について、LoI に調印した。1,200 万ユーロの案件で、契約期間は 2023 年まで。1-4 番艦 (FS Suffren, FS Duguay-Trouin, FS Tourville, FS De Grasse) の分については完納済み。(ECA Group 2018/10/24)
  • Safran Electronics & Defense が、水上艦と潜水艦の両方に対応できる新型慣性航法システム (INS : Inertial Navigation System)・Argonyx を発表した。Safran が特許を持つ HRG Crystal ジャイロを使用する。潜水艦向け Black-Onyx または Black-Onyx Dual-Core と称する。(Safran Electronics & Defense 2018/10/24)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) は Thales Six GTS France SAS に、秘話通信網のサービスを発注した。MPCC (Military Planning and Conduct Capability) と EUTM (EU's Training Mission) 向けで、マリ派遣部隊が使用するもの。オプション契約分まで含めると 2021 年まで、6 億ユーロの案件になる見込み。(EDA 2018/10/24)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) と Airbus DS Airborne Solutions が、European Border and Coast Guard Agency の FRONTEX ミッション向けにギリシアのクレタ島付近で運用している Heron UAV が、民間空域で累計飛行時間 200 時間を達成した。(IAI 2018/10/24)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) が BEL (Bharat Electronics Ltd.) から、Barak 8 (Barak LR, a.k.a. LRSAM Air & Missile Defense System) に関する追加契約を 7 億 7,700 万ドルで受注した。BEL は 2018/9/5 に、Barak 8×7 システムを 2 ヶ所の造船所に納入してインド海軍向けのフリゲートに搭載する、と発表していた。こちらの受注額は 920 億ルピー (12 億 8,000 万ドル) となっている。(IAI 2018/10/24, IHS Jane's 2018/10/24)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/10/24)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Honeywell International Inc. (Phoenix, AZ) : 以下の機材を対象とするサポート業務を $1,036,726,575 で。
    • Ground Start Cart
    • C-130 用 APU (Auxiliary Power Unit)
    • B-2A 用 APU
    • F-15 用コンポーネント
    • A-10 用 APU
    • E-3 用 APU
    • B-1B 用 APU
    • F-16 用タービン パワー ユニット
    空軍向け、2028/7/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-18-D-001U)
NAVY
  • Sikorsky Aircraft Corp. (Stratford, CT) : CH-53 と MH-53 で使用する WRA (Weapon Replaceable Assembly) コンポーネントと SRA (Shop Replaceable Assembly) コンポーネント・98 点を対象とする補修・兵站支援業務 (PBL : Performance Based Logistics) を $717,410,825 で。2022/12 まで。並行実施する N00383-19-F-0U00 の分が $142,662,162。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-D-U001)
  • Canadian Commercial Corp. (Ontario, Canada) : Mk.200 mod.0 装薬 (Propelling Charge) を $27,673,372 で。オプション契約分まで含めた総額は $74,920,000。オーストラリア向けとインド向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件 $5,334,074 を含む。GDOTS (General Dynamics Ordnance and Tactical Systems, Quebec, Canada) で実施、2019/11 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Indian Head Explosive Ordnance Disposal Technology Division, Indian Head, MD (N00174-19-D-0002)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Charlottesville, VA) : Arleigh Burke 級駆逐艦の新造艦と既存艦の改修で使用する IBNS (Integrated Bridge and Navigation System) を $18,118,858 で。HM&E (Hull, Mechanical and Electrical) アップグレード改修に併せて導入。オプション契約分まで含めた総額は $163,963,639。2020/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-4101)
AIR FORCE
  • KIRA Training Services LLC (Boulder, CO) : USAFA (US Air Force Academy, Colorado Springs, CO) で実施する施設管理・整備・補修などの業務を $221,379,030 で。2025/11/30 まで。10th Contracting Squadron, U.S. Air Force Academy, Colorado Springs, CO (FA7000-19-C-0001)
  • ULS (United Launch Services, Centennial, CO) : EELV (Evolved Expendable Launch Vehicle) Delta IV Heavy の製作と打ち上げを $152,429,417 で。NRO (National Reconnaissance Office) の Launch Mission One 向け。2021/6/30 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center) Los Angeles Air Force Station, CA (FA8811-19-C-0002)
  • L3 Technologies Inc. (Salt Lake City, UT) : MQ-9 で使用する通信/データリンク関連のパーツ整備を担当するデポの立ち上げ (Organic Depot Activation) を $55,382,155 で。対象施設は以下の通り。
    • Tobyhanna Army Depot, PA
    • Warner-Robins ALC (Air Logistics Complex), GA
    2021/10/21 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8620-19-C-2008)
  • DynCorp International LLC (McLean, VA) : 米軍ならびに契約民間業者の人員が利用する、住宅、輸送、警備、車両、人員を $22,500,000 で。エジプト向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2023/9/24 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8630-19-D-5016)
  • TF Powers Construction Co. (Fargo, ND) : Ground Segment Modernization Program の下で実施する、Grand Forks AFB の Building 541 を対象とする建設・再生補修工事などを $12,374,000 で。2019/12/12 まで。319th Contracting Flight, Grand Forks AFB, ND (FA4659-19-C-C001)
ARMY
  • 以下の各社は、アーキテクト/エンジニアリング業務を総額 $100,000,000 で。
    • HDR Engineering (Omaha, NE) : W912UM-19-D-0001
    • Jacobs Government Services Co. (Pasadena, CA) : W912UM-19-D-0002
    • Stanley-WSP JV (Muscatine, IA) : W912UM-19-D-0003
    • Tetra Tech Inc. (Marlborough, MA) : W912UM-19-D-0004
    • Thomas J. Davis Inc. (Seguin, TX) : W912UM-19-D-0005
    2023/10/23 まで。Army Corps of Engineers, Seoul, Republic of Korea
  • Norfolk Dredging Co. (Chesapeake, VA) : Delaware River (New Castle, DE) で実施する浚渫工事を $13,501,500 で。2019/3/13 まで。Army Corps of Engineers, Philadelphia, PA (W912BU-19-C-0002)
  • 以下の各社は、水文学と油圧に関わるエンジニアリング、設計、建設を総額 $8,000,000 で。
    • West Consultants Inc. (San Diego, CA) : W912BV-19-D-0001
    • Halff Associates Inc. (Fort Worth, TX) : W912BV-19-D-0002
    2021/10/21 まで。Army Corps of Engineers, Tulsa OK

今日の報道発表 (北米編)
  • General Dynamics Mission Systems が、Bluefin UUV の最新モデル、Bluefin-9 のローンチを発表した。RHIB (Rigid Hull Inflatable Boat) から発進・回収して 2 名のチームで運用できる。もっと大型の UUV と同等のデータ収集能力を発揮できるとしている。(General Dynamics Mission Systems 2018/10/23, IHS Jane's 2018/10/24)
  • Bell Helicopter Textron Inc. は、同社の将来 VTOL (Vertical Take-Off and Landing) 機や ODM (On-Demand Mmobility) ソリューションで使用する飛行制御システムを開発するため、Thales と提携した。(Bell Helicopter Textron 2018/10/23)

今日の報道発表 (その他編)
  • フランス海軍の空母、水上戦闘艦、哨戒艦艇など 60 隻あまりが、RIFAN 2 (Reseau Intranet de la Force Aeronavale etape 2) 秘話イントラネットの導入を完了した。Airbus が主導、Naval Group と Rohde & Schwarz が加わる企業チームが 1 億 6,000 万ユーロの契約を得て導入したもの。ネットワーク管理機能や、サイバー セキュリティ インシデントの監視機能も備える。(Airbus 2018/10/24)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) の Joel Barre 長官と、イタリアのカウンターパート・Nicolo Falsaperna 大将が、ダブルハル型新型補給艦の建造に関する合意文書に署名した。フランス向けに 4 隻を建造するが、まず 2 隻を 2025 年までに揃えるとしている。(French MoD 2018/10/24)
  • Florence Parly 仏国防相は Euronaval 2018 展示会の席で、フランス海軍の Atlantic 2 (ATL2) 哨戒機×6 機を対象とする近代化改修の実施を発表した。2018/10/11 に仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) が Dassault Aviation と Thales に契約を発注したもの。また、情報処理用ソフトウェアは Naval Group が、コンソールは SIAe (Service Industriel de l'Aeronautique) が担当する。(French MoD 2018/10/23)
  • Saab AB は、Sea Giraffe 艦載レーダーに極超音速目標の探知モード (HDM : Hypersonic Detection Mode) を追加する、と発表した。(Saab 2018/10/23)
  • Leonardo Sp.A は、ブルガリアで実施していた Falco EVO UAV の第一次飛行試験が完了した、と発表した。航続時間・行動半径の延伸に関わる検証が目的で、BLOS (Beyond-Line-Of-Sight) 衛星通信データリンクや重質燃料対応エンジンが対象。併せて飛行領域の拡大試験も実施した。航続性能の延伸に加えて、発電能力も強化している。この後は、Leonardo 製 Gabbiano TS UL (Ultra-Light) 監視レーダー (2017 年の Paris Air Show でローンチ)、高解像度 EO/IR (Electro-Optical/Infrared) センサー、AIS (Automatic Identification System)、通信中継機材を搭載しての飛行試験を予定している。(Leonardo 2018/10/24)
  • Terma A/S と Chemring Countermeasures が、ASMD (Anti-Ship Missile Defense) 分野での協業を発表した。Terma の C-Guard Defensive Aid Suite と Chemring の 130mm デコイ発射機 CENTURION を組み合わせる。(Terma 2018/10/23)
  • NSPA (NATO Support and Procurement Agency) と OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) が、A400M を対象とするサポート業務を継続するため、第四次分の SLA (Service Level Agreement) を締結した。対象期間は 2019-2021 年。NSPA は 2014/2 から、A400M 向けの兵站支援を担当している。(NSPA 2018/10/23)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) は 2001 年から Hawk Mk.127 練習機を運用しているが、2016 年から 33 機を対象とするアップグレード改修を開始した。そのうち最後の機体が BAE Systems Australia の Williamtown 事業所に到着。(BAE Systems 2018/10/24)
  • Saab AB はラトビア国防省から、84mm 無反動砲 Carl-Gustaf 用の弾薬を 1 億 7,000 万クローネで受注した。スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) とラトビア軍の間で締結している枠組み合意に基づく発注。(Saab 2018/10/24)
  • Controp Precision Technologies Ltd. がラトビア海軍に、艦載用の EO/IR (Electro-Optics / InfraRed) センサー・iSea-30HD を納入した。これによって海洋監視能力の強化を図れるとしている。(Controp 2018/10/24)
  • Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) は、ブラジルの民間航空当局 ANAC (Agencia Nacional de Aviacao Civil) から KC-390 の型式証明をリリースした、と発表した。KC-390 は 2019 年末までに FOC (Final Operational Capability) を達成する計画。(Embraer 2018/10/23)
  • Airbus Helicopters はタイ空軍 (RTAF : Royal Thai Air Force) に、H225M (ex-EC725) の 7-8 号機を納入した。2012 年以降に合計 12 機を受注したうちの一部。(Airbus Helicopters 2018/10/24)
  • 露国防省は、Kamchatka で Project 23370M モジュラー型多機能艇の 15 番艇・SMK-2187 のプラント試験を実施した、と発表した。救難用で排水量 150t、全長 24.2m、全幅 8.5m、吃水 1.4m、最大速力 13kt、航続日数 5 日、乗員 12 名。(Russian MoD 2018/10/23)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |