今週の軍事関連ニュース (2018/12/20)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 中国が 11 月に、新型 SLBM (Submarine-Launched Ballistic Missile)・巨浪 3 (JL-3 : Julong-3) の試射を実施していたことが判明した。詳細は不明だが、アメリカの情報収集資産が監視していたとされる。(Free Beacon 2018/12/18)
  • 1st FW (1st Wighter Wing, Joint Base Langley-Eustis, VA) / 27th FS (27th Fighter Squadron) 所属の F-22A と 33rd FW (33rd Fighter Wing, Eglin AFB, FL) / 58th FS (58th Fighter Squadron) 所属の F-35A が 2018/12/14 に Eglin AFB で、演習 "Combat Archer" を実施した。ハリケーン "Michael" 被災後としては初めての演習実施。27th FS にとっては今年二度目の "Combat Archer" で、参加したパイロット 30 名のうち 6 名は新人。(USAF 2018/12/17)
  • フランス、ノルウェー、イギリスの海軍から 110 名が HM Naval Base Clyde に集まり、NSRS (NATO Submarine Rescue System) を使った潜水艦救難訓練 MASSEVEX (Mass Evacuation Exercise) を実施した。(Royal Navy 2018/12/18)
  • フィリピン国防省がトルコ軍の調達部門・SSB との間で、防衛分野を対象とする協力合意に調印した。装備調達に加えて技術移転も対象とする。(Philippine News Agency 2018/12/19)

今日のニュースいろいろ
  • Donald Trump 米大統領は、宇宙軍 (Space Command) 創設に関する大統領令に署名した。新たな戦闘コマンドの創設ということになるが、これは独立軍種の創設に向けた第一歩とみなされる。(DefenseNews 2018/12/18)
  • Richard Spencer 米海軍長官は、議会による予算削減を回避できなければ 2020 年シーズンの Blue Angels の展示飛行削減もやむなし、との見解を示した。(DefenseNews 2018/12/18)

今日のニュースいろいろ
  • 米軍関係者や専門家によると、中国が過去 18 ヶ月の間に米海軍・米空軍の請負業者などを標的とするサイバー攻撃を仕掛けて、艦艇の整備からミサイル開発計画に至る、広範な情報の窃取を行ったとのこと。一方、米国防総省の監察官 (DoDIG : Department of Defense Inspector General) は、弾道ミサイル関連システムについて「暗号化の欠如、脆弱性の放置、多要素認証の未導入」などといった脆弱性の存在を指摘している。(Wall Street Journal 2018/12/14, ZD Net 2018/12/17)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ラトビア軍は 2 億ユーロをかけて装甲車を調達する計画を立てているが、これについてフィンランドの Oy Sisu Auto Ab (Sisu Auto) の採用が決まった。選に漏れたのは Paramount International Marketing と AM General。(Latvian Information Agency, LETA 2018/12/17)
  • ブルガリアの Boyko Borisov 首相が、MiG-29 の後継機として F-16 が最善、との見解を示した。これは現場のパイロットの発言に基づくものだとしている。ブルガリアでは 9 億ユーロ (10 億ドル) の予算で新戦闘機×8 機を調達する計画。(Radio Free Europe 2018/12/14)
  • リトアニア国防省が、アップグレード改修型 PzH 2000 の第一陣・2 両が Rukla の砲兵大隊に到着したことを明らかにした。2015 年に、ドイツに中古車×18 両を発注、アップグレード改修を施した上で 2019 年末までに完納の予定。(Latvian Information Agency 2018/12/14)

トルコ向け FMS (DSCA 2018/12/18)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、トルコ向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target) 地対空ミサイル システムを輸出すると通告した。総額は 35 億ドル。内訳は以下の通り。
  • AN/MPQ-65 レーダー×4
  • ECS (Engagement Control Station)×4
  • AMG (Antenna Mast Group)×10
  • M903 LS (Launching Station)×20
  • MIM-104E Patriot GEM-T (Guidance Enhanced Missile-TBM)×80 (w/キャニスター)
  • PAC-3 MSE (Missile Segment Enhancement)×60
  • EPP III (Electrical Power Plant III)×5
  • 通信機材、工具類、試験機材、射場/試験プログラム、支援機材、牽引車、発電機、文書類、訓練機材、スペアパーツ、補修用パーツ、訓練、TAFT (Technical Assistance Field Team) 危険、技術/工学/兵站支援業務
担当メーカーは Raytheon Co. (Andover, MA) と Lockheed Martin Corp. (Dallas, TX)。オフセットの設定を予定。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/12/18)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Corp. (Moorestown, NJ) : HDR-H (Homeland Defense Radar - Hawaii) レーダーの設計・開発・納入を $585,206,351 で。BMDS (Ballistic Missile Defense System) で使用する精密追跡・識別手段。2018/12/18-2023/12/17 まで。MDA (Missile Defense Agency), Redstone Arsenal, AL (HQ0147-19-F-0018)
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • Hewlett Packard Enterprise (Reston, VA) : X86 プロセッサによるキャパシティ サービス業務を $323,921,060 で。最低保証額は $770,000、$675,000 (HC1084-19-F-0001)。DISA (Defense Information Systems Agency) のデータ センター向け。2018/12/19-2028/12/18 まで。Defense Information Technology Contracting Organization, Scott AFB, IL (HC1084-19-D-0002)
NAVY
  • General Electric Co. (Lynn, MA) : F414 エンジンに関する修正契約を $290,834,776 で。F414-GE-400エンジン×8 基 (米海軍向け) に加えて、クウェート向けの F414-GE-400-1A エンジン×56 基、F414-GE-400 予備エンジン×4 基、予備エンジン用コンテナ×2、予備エンジン用モジュール×12。米海軍向け $33,261,704 (11%)、クウェート向け FMS (Foreign Military Sales) $257,573,072 (89%)。2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0047/P00014)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18E/F ならびに EA-18G 向けの操縦訓練・整備訓練機材を $91,720,000 で。新規納入と既存品のアップグレード改修で構成。米海軍向け $90,836,000 (99.03%)、米空軍向け $884,000 (0.97%)。2023/12 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N61340-19-D-0906)
  • Raytheon Co. (McKinney, TX) : AN/ASQ-228 ATFLIR (Advanced Targeting Forward Looking Infrared) を $65,648,632 で。前契約は N00383-15-G-005D。F/A-18 搭載用。2020/12 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-F-HC02)
  • BAE Systems Information and Electronic Systems Integration Inc. (Nashua, NH) : ALQ-126B 電子戦システム×103 アイテムと AN/ALE-55 RFCM (Radio Frequency Countermeasure) システム×2 アイテムを $32,396,621 で。2023/12 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA(N00383-19-D-UA01)
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : AN/ARC-210 通信機の生産・納入について、オプション 1 契約分を $14,915,670 で。米海空軍・海兵隊と FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け、2021/9 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-18-D-0004/P00004)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AIM-9X Sidewinder ブロック I/II/II+ で使用する制御用アクチュエータ システムの設計変更に関わる、非再帰エンジニアリング業務を $11,740,000 で。前契約は N00019-15-G-0003。米海軍向け $5,870,000 (50%)、米空軍向け $5,870,000 (50%)、2021/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-2610)
  • L3 Adaptive Methods (Centreville, VA) : 水中戦・水上戦向けの指揮統制システムに関わるサービス業務について、オプション契約分を $7,674,780 で。システム工学、プログラム管理、ソフトウェア開発、リスク管理、プロトタイプ開発、情報保全、訓練、兵站支援業務で構成。2019/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-5220)
AIR FORCE
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II のオプション契約分を $141,447,329 で。2022/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8672-19-C-0010)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : AEHF (Advanced Extremely High Frequency) 衛星の 5-6 号機に関する修正契約を $7,394,373 で。SV-5 (Space Vehicle 5) の LAE (Liquid Apogee Engine) 4 コーナー試験に関わるもの。累計受注額は $2,032,081,111。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA808-12-C-0010/P00063)
ARMY
  • M.A. Mortenson Co. (dba Mortenson Construction, Minneapolis, MN) : Buckley AFB で実施する管理部門庁舎建設工事を $36,298,000 で。面積 61,515 平方フィート。2021/3/10 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE (W9128F-19-C-0006)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Michelin North America Inc. (Greenville, SC) : Global Tire Program の下で実施する航空機用タイヤの納入を $26,289,870 で。陸海空軍・海兵隊向け、2021/12/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7LX-19-D-0046)
  • Goodyear Tire and Rubber Co. (Akron, OH) : Global Tire Program の下で実施する航空機用タイヤの納入を $24,047,839 で。陸海空軍・海兵隊向け、2021/12/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7LX-19-D-0045)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18 用の、デポレベル補修パーツ支援業務を $17,040,935 で。前契約は SPRPA1-14-D-002U。海軍向け、2023/4/18 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-18-F-0003)
  • Raytheon Co. (McKinney, TX) : M1 Abrams 戦車で使用するディスプレイ コントロール モジュール×128 セットを $9,549,053 で。陸軍向け、2021/4/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-19-C-0070)
  • Tennier Industries Inc. (Delray Beach, FL) : 各種パーカーに関する修正契約を $9,309,281 で。基本契約 1 年間、1 年単位のオプション契約 2 年分。2019/12/19 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1090/P00007)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • General Dynamics Mission Systems Inc. (San Antonio, TX) : 機密 IT 情報サービス業務について、修正契約を $24,916,847 で。累計受注額は $80,099,541 から $105,016,388 に。2020/2 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-16-C-0001/P00036)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、米空軍の B-1B と AGM-158C LRASM (Long Range Anti-Ship Missile) の組み合わせが当初のスケジュールより早く EOC (Early Operational Capability) ステータスを達成した、と発表した。(Lockheed Martin 2018/12/18)

今日の報道発表 (その他編)
  • 2018/12/14 に Marignane で、H160 の量産初号機が初飛行を実施、3 日後にデモフライトも実施した。(Airbus Helicopters 2018/12/18)
  • Saab AB はチェコ軍から、RBS70 NG 地対空ミサイルを 3 億 6,500 万クローネで受注した。2020-2021 年にかけて納入する予定。防空網とのインテグレーション、試験機材、訓練業務も契約に含む。(Saab 2018/12/18)
  • Boeing Co. が NATO の E-3A Sentry AWACS (Airborne Warning And Control System)×14 機を対象として実施していた、アビオニクス更新とデジタル コックピット化改修が完了した。(Boeing 2018/12/18, IHS Jane's 2018/12/18)
  • 100 万ポンド (130 万ドル) をかけて、Turnchapel Wharf (Plymouth, UK) が 10 月にオープン。これは Plymouth Marine Autonomous Range にアクセスできる拠点で、Thales はこの施設を使って AUV の開発を進める。その件に関連して同社は UUV メーカーの MSubs (Plymouth, UK) と提携した。(Thales 2018/12/17, IHS Jane's 2018/12/18)
  • Hensoldt は、Eurofighter Typhoon に装備する新型レーダー・Captor-E 用のアンテナについて、2 号機を Leonardo UK (Edinburgh, UK) に納入したことを明らかにした。2018 年の春に BAE Systems (Warton, UK) と Airbus Defence and Space (Manching, Germany) で試験を実施、最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) に必要な要件を満たしていることを確認できたとしている。(Hensoldt 2018/12/17)
  • Rheinmetall Defence AG は BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) から、ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) の BPz3 (Bergepanzer 3) 装甲回収車×69 両を対象とする近代化改修契約を 3,000 万ユーロで受注した。回収機材 (GFB) を前部から後部に移設、さらに後部に輸送プラットフォーム (UTP) を設置するもので、2019-2024 年にかけて実施する。(Rheinmetall Defence 2018/12/18)
  • Elbit Systems Ltd. は、Seagull USV に Kraken Robotic Systems Inc. 製の曳航式合成開口ソナー (SAS : Synthetic Aperture Sonar)・KATFISH を搭載して洋上試験を実施した。Seagull は過去 2 年の間に、対機雷戦 (MCM : Mine Countermeasures) 関連の試験や演習も実施してきている。(Elbit Systems 2018/12/18)
  • Arquus (ex-RTD : Renault Trucks Defense) は 2018/12/17 にフランス陸軍に対して、VT4 装甲車の 500 両目を納入した。これで 2018 年中に 500 両を納入するとの目標は達成。ここまでは Standard 1 仕様だが、2019 年初頭から Standard 2 仕様に移行、1,200 両を納入する。(Arquus 2018/12/17)
  • オーストラリア国防省は、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) No.37 Sqn. で運用している C-130J×12 機を対象とするサポート業務 (整備・補給・エンジニアリング) について、延長契約を Airbus Australia Pacific に発注した。(Australian DoD 2018/12/18)
  • Northrop Grumman Corp. は、オーストラリアの Jervis Bay で行われた演習 "Autonomous Warrior 2018" において、MHU (Mine Hunting Unmanned Surface Vessel) なる USV に AN/AQS-24B 機雷探知ソナーを搭載したものを持ち込み、機雷掃討・水中監視の実証実験を実施した。(Northrop Grumman 2018/12/17)
  • インド空軍は 2018/12/17 に An-32 を使って、初めてとなるバイオ燃料での試験飛行を実施した。使用した燃料はバイオ燃料 10% をブレンドしたもの。2018/7/27 に空軍参謀総長の BS Dhanoa 大将が実施の意向を表明、地上試験に続いて飛行試験に駒を進めたもの。2019/1/26 の記念日に、バイオ燃料入り AN-32 によるフライパスを予定している。(Indian MoD 2018/12/17)
  • HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) が開発を進めている LUH (Light Utility Helicopter) のプロトタイプ 3 号機が、2018/12/14 に初飛行を実施した。(HAL 2018/12/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/12/17)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Rolling Meadows, IL) : LAIRCM (Large Aircraft Infrared Counter Measures) 機材の本体、支援機材、LRU (Line Rplaceable Unit)、兵站支援業務などを $3,600,000,000 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2025/12 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8638-19-D-0001)
  • L-3 Technologies Inc. (Greenville, TX) : サービス業務のオプション契約分を $8,600,988 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/12/31 まで。645th Aeronautical Systems Group, Wright-Patterson AFB, OH (FA8620-16-G-3027/FA8620-18-F-4816)
ARMY
  • BAE Systems Land & Armaments LP (Sterling Heights, MI) : MPF (Mobile Protected Firepower) のプロトタイプ開発を $375,932,453 で。オプション契約として低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) を設定。2025/10/15 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-19-C-0035)
  • GDLS (General Dynamics Land Systems Inc., Sterling Heights, MI) : MPF (Mobile Protected Firepower) のプロトタイプ開発を $335,043,086 で。オプション契約として低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) を設定。2025/10/15 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-19-C-0036)
  • Lockheed Martin Corp. (Orlando, FL) : JAGM (Joint Air-to-Ground Missile) の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 3 分について、修正契約を $91,250,000 で。2022/2/28 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-15-C-0102/P00069)
  • Foster-Miller Inc. (dba QinetiQ North America, Waltham, MA) : TALON (Tactical Adaptable Light Ordnance Neutralization) UGV を対象とする RESET、維持管理、メンテナンスを $90,000,000 で。2023/12/16 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-19-D-0024)
  • Gilbane Building Co. (Providence, RI) : MCAS (Marine Corps Air Station) Iwakuni の作戦訓練施設を対象とする改修工事を $12,651,574 で。2019/12/3 まで。Army Corps of Engineers, Camp Zama, Japan (W912HV-19-C-0002)
NAVY
  • Lockheed Martin Corp. (Owego, NY) : H-60 ヘリコプターを対象とする維持管理、アップグレード改修、ソフトウェア導入、システム構成に関わる、技術・管理・プロセス支援業務を $92,500,000 で。米海軍向け $70,010,000 (75.68%)、デンマーク向け $3,530,000 (3.82%)、オーストラリア向け $15,430,000 (16.68%)、サウジアラビア向け $3,530,000 (3.82%)、後三者は FMS (Foreign Military Sales)。2023/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-D-0005)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) : San Antonio 級ドック型揚陸輸送艦を対象とするライフサイクル エンジニアリング サポート サービス業務について、オプション 3 契約分を $39,395,512 で。2019/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N0024-16-C-2415)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) : America 級強襲揚陸艦の 2 番艦・USS Tripoli (LHA-7) を対象とする納入後整備などについて、オプション契約分を $28,573,043 で。2019/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-2473)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : UGM-133 Trident II (D5) の生産と、配備済みのミサイルを対象とするサポート業務について、オプション契約分を $21,987,176 で。2019/12/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-17-C-0100/P00017)
  • B.E. Meyers and Co., Inc. (Redmond, WA) : Ocular Interruption System×917 セットを $10,348,345 で。前契約は M67854-14-D-1040。2020/8/31 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-19-F-1529/#0002)
  • Harris Corp. (Clifton, NJ) : ALQ-214A(V)4/5 電子戦装置で使用する Digital Receiver/Technique Generator Gen2×10 セットの製作・認証を $9,835,000 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00016-16-G-0003/#000105)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AGM-154 JSOW-ER (Joint Stand Off Weapon Extended Range) のフェーズ 3b 開発に際して実施する、実証飛行試験がらみの工学/技術支援業務について、修正契約を $8,988,458 で。2021/1 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0059/P00007)
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : E-6B Mercury を対象とするサポート業務を $8,704,807 で。前契約は N00019-14-G-0021。機体用の DRSS (Digital Red Switch System) キット×6 セットの納入と、MAST (Mission Avionics Systems Trainer) 用 DRSS キット×1 セットの納入・導入で構成。2022/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-0273)
  • Northrop Grumman Corp., Aerospace Systems (Melbourne, FL) : E-2D Advanced Hawkeye で使用するデポ整備/中間整備用の文書類追加について、修正契約を $7,993,664 で。構造補修マニュアルなど。2020/9 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-G-0026/P00004/#0027)
  • TKH-ASI LLC (Kahului, HI) : JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, Wahiawa Annex (Oahu, HI) の Building 2 を対象とする補修工事を $7,744,000 で。前契約は N62478-16-D-4016。2020/2 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Hawaii, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62478-19-F-4034)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Honeywell International Inc. (Phoenix, AZ) : P-8 用の APU (Auxiliary Power Unit)×11 基を $11,499,928 で。前契約は SPE4A1-17-G-0017。海軍ならびにイギリス向け FMS (Foreign Military Sales)、2019/11/11 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-19-F-KQ1B)

今日の報道発表 (北米編)
  • HII (Huntington Ingalls Industries, Newport News, VA) で、Virginia 級 SSN の 18 番艦、USS Delaware (SSN-791) が進水した。作業は 2018/12/12 から 3 日がかりで行われ、艦を搬送車両で浮ドックに移送した上で、浮ドックを沈める形で実施した。(HII 2018/12/17)
  • BAE Systems は米陸軍から、HSAAP (Holston Army Ammunition Plant, Kingsport, TN) の石炭火力発電所を天然ガス火力発電所に転換するための発電所新規建設工事を、9,660 万ドルで受注した。2021 年の末に完成予定。(BAE Systems 2018/12/17)
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) は米海軍から、SeaPort NxG の契約を受注した。総額 50 億ドルの複数社向け契約で、基本契約 5 年間、オプション契約 5 年間。NAVSEA (Naval Sea Systems Command)、SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command)、NAVSUP (Naval Supply Systems Command)、MSC (Military Sealift Command)、NAVFAC (Naval Facilities Command)、ONR (Office of Naval Research)、海兵隊向けの各種個別案件ごとにコンペティションを実施する形。(GDIT 2018/12/14)
  • 2018/12/14 に Austal USA (Mobile, AL) で、米海軍向け沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship)・USS Mobile (LCS 26) の起工式が行われた。スポンサーは、Bradley Byrne 上院議員 (R-AL) 夫人の Rebecca Byrne 氏が務める。(US Navy 2018/12/14)

今日の報道発表 (その他編)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) が、2018/11/14 に地中海・Ile du Levant の試験場でヘリ搭載用空対艦ミサイル Sea Venom / ANL (Anti Navire Leger) による三度目の試射を成功裏に実施したことを明らかにした。(DGA 2018/12/17, MBDA 2018/12/17, IHS Jane's 2018/12/17)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は、Thales 製の航空機搭載用 AESA (Active Electronically Scanned Array) 衛星通信アンテナ・ANTARES-LP (Low Profile) のトライアルを、フランス南西部の Cazaux で成功裏に実施した。(Thales 2018/12/17)
  • 2018/12/18 に仏領ギアナで、CNES (Centre National d'Etudes Spatiales) と仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) の地表観測衛星・CSO-1 の打ち上げが行われる。使用するのは Soyuz ロケット。CSO-1 は打ち上げ時重量 3,565kg。主契約社は Airbus Defence and Space France、ペイロード担当は Thales Alenia Space France。(CNES 2018/12/14, French Air Force 2018/12/17)
  • Christopher Pyne 豪国防相が、弾薬の発注契約×2 件について発表した。ひとつは 81mm 迫撃砲弾で、HE (High Explosive) 弾と訓練弾を NIOA (Brisbane, Queensland) に 8,160 万豪ドル。Major Munitions Contract と Future Artillery Ammunition Contract によるもので、Benalla の工場と、Rheinmetall と合弁で設立した Maryborough の工場で製造する。2019/4-2022/4 にかけて納入する予定。81mm 迫撃砲の計画名称は Project Land 136 フェーズ 1、そこで使用する砲弾は Project Land 8115。もうひとつが 155mm HE 弾で、General Dynamics Ordnance and Tactical Systems of Canada に 6,270 万豪ドルで。契約期間は 4 年間。(Australian DoD 2018/12/17, NIOA 2018/12/13)
  • Saab AB は、新型レーザー測遠機・Vidar のローンチを発表した。状況認識システムの一環として、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の新型 OPV (Offshore Patrol Vessel)・Arafura 級への装備が決まっている。(Saab 2018/12/14)
  • Hinduja Group 傘下の Ashok Leyland が Elbit Systems Ltd. との間で、インド陸軍向け装輪車両の開発を対象とする協業を実施する、という趣旨の MoU に調印した。Ashok Leyland の車体に Elbit Systems が火砲や関連システムを架装するという趣旨。(Ashok Leyland 2018/12/12)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |