今週の軍事関連ニュース (2019/01/31)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2019/1/28 に Tel Aviv で、リトアニアの Edvinas Kerza 国防副大臣が、リトアニアとイスラエルによるサイバー セキュリティ分野の協力に関する趣意書に署名した。(Lithuanian MoD 2019/1/29)
  • デンマーク議会が、2023 年までに 15 億クローネ (2 億 2,970 万ドル) の国防予算上積みを実施する件について同意した。2018 年の 38 億ドルが 2023 年には 46 億ドルに増えることになり、これで国防費の対 GDP 比は 1.5%。(DefenseNews 2019/1/30)

今日のニュースいろいろ
  • 米韓両国は、北朝鮮が東倉里 Tongchang-ri のミサイル用エンジン試験施設を廃棄する方針であることを確認した。南北首脳会談で持ち出された話のひとつ。ただし一方で、Dan Coats 米国家情報長官は上院選抜委員会で「核兵器は政権の生存に不可欠なので、北朝鮮が核施設を廃棄する可能性は低い」との見解を示している。(Korea Joongang Daily 2019/1/29, DefenseNews 2019/1/29)
  • "Operation Impact" の任務に出ていたカナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) No.437 Transport Squadron 所属の CC-150 Polaris 給油機が、任務を終えて 2019/1/28 に 8th Wing CFB Trenton に帰還した。(Royal Canadian Air Force 2019/1/29)
  • イスラエルの Tel Nof AB で、ドイツ空軍の Heron TP 要員・第一陣を対象とする訓練がスタートした。パイロットとセンサー オペレーター 1 名ずつで一組を構成、6 組が第一陣となる。(DefenseNews 2019/1/29)

今日のニュースいろいろ
  • イタリア海軍の FREMM (Fregata Europea Multi-Missione) フリゲート・ITS Carlo Margottini が La Spezia を出港、中東・アラビア海方面への航海に出た。パキスタンの Karachi に寄港して演習 "Aman 2019" に参加するほか、Abu Dhabi で NAVDEX 2019 (Naval Defense Exhibition) 展示会に加わり、さらにクウェートの Kuwait City、サウジアラビアの Damman、オマーンの Muscat に寄港する予定。(Italian Navy 2019/1/17)
  • ドイツは、RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) 艦対空ミサイル×4 システムのカタール向け輸出を承認した。(Reuters 2019/1/24)
  • "Operation Atlantic Resolve" の一環として、米陸軍・第 1 歩兵師団・第 1 旅団戦闘団 (Fort Riley, KS) の兵員と車両 400 両ほどが、ベルギーの Antwerp に到着、ベルギー〜ドイツを経由してポーランドに向かう。在欧米陸軍 (USAREUR : US Army Europe) が明らかにしたもの。(SpaceWar 2019/1/25)
  • インド政府が、アンダマン諸島とニコバル諸島を対象とする総額 7 億 9,700 万ドルのインフラ投資を決定。中国への対抗策。(DID 2019/1/28)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Emmanuel Macron 仏大統領のエジプト訪問に際して、噂されていた Rafale×12 機の追加発注は実現しない模様。現時点では 59 億ドルで 24 機を受注済み。(DID 2019/1/29)
  • フランスは ArianeGroup に、極超音速滑空飛翔体のデモンストレーターを発注した。2021 年の末に飛翔試験を実施する計画。Florence Parly 仏国防相が 2019/1/21 に明らかにしたもの。(Defense-Aerospace.com 2019/1/28)
  • Rafael Advanced Defense Systems Ltd. が今年、Leopard 2 戦車を使った Trophy APS (Active Protection System) のトライアルを計画している由。(DID 2019/1/28)

日本向け FMS (DSCA 2019/1/29)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、日本向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で [Aegis Ashore 向けの] イージス武器システム (AWS : Aegis Weapon System) を輸出すると通告した。総額は 21 億 5,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • イージス武器システム×2
  • MMSP (Multi-Mission Signal Processor)×2
  • C2P (Command and Control Processor) リフレッシュ×2
  • 無線航法機材
  • IFF (Identification Friend or Foe)×2
  • GCCS-M (Global Command and Control System - Maritime) ハードウェア
  • INS (Inertial Navigation System)×2
  • 技術/工学/兵站支援業務
  • 垂直発射システム (VLS : Vertical Launch System) ×6 基分の施設建設
  • 導入支援用資材、通信機材と予備品、訓練、文書類、ソフトウェア
担当メーカーは AWS と MMSP が Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Washington DC)、C2P が General Dynamics (Falls Church, VA)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2019/1/29)
AIR FORCE
  • Honeywell International Aerospace (Albuquerque, NM) : C-5 用のハードウェア/ソフトウェアとエンジニアリング サポート業務を $85,676,969 で。作業場所は以下の通り。
    • Warner Robins, GA
    • Phoenix, AZ
    • Aguadilla, Puerto Rico
    • Redmond, WA
    • Albuquerque, NM
    2025/1/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8525-19-D-0002)
  • Diligent Consulting Inc. (San Antonio, TX) : Wright-Patterson AFB とテキサス州 San Antonio で実施する整備、補修、オーバーホールについて、修正契約を $17,490,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action) の確定分。2023/1/28 まで。累計受注額は $49,257,000。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8770-18-F-1009/P00003)
DHA (Defense Health Agency)
  • SeKON Enterprise Inc. (Arlington, VA) : PEO DHMS (Program Executive Office - Defense Healthcare Management Systems) 向けのエンジニアリング、サイバー セキュリティ、構成管理支援業務について、オプション契約分を $32,696,823 で。累計受注額は $144,344,198。2020/1/28 まで。DHA (Defense Health Agency), Contracting Office - Defense Healthcare Management Systems, Arlington, VA (HT0011-14-F-0030)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス駆逐艦を対象とするイージス BMD 4.x の実装に関わる、設置、試験、訓練、兵站/資材計画立案、プログラム計画立案、技術面の調整とスケジュール調整について、修正契約を $13,113,482 で。累計受注額は $2,917,816,118 から $2,930,929,600 に。2021/6/30 まで。MDA (Missile Defense Agency), Dahlgren, VA (HQ0276-10-C-0001/P00314)
NAVY
  • General Dynamics Mission Systems (Pittsfield, MA) : 米英両国の SSBN が搭載する FCS (Fire Control System) と、米海軍の SSGN が搭載する Attack Weapon Control System を対象とする維持管理業務について、修正契約を $13,067,576 で。(N00支援機材や研究開発も契約に含む。2020/12 まで。イギリス側の支出は $2,240,000。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-18-C-0005/P00006)
ARMY
  • MedTrust LLC (San Antonio, TX) : 看護師業務を $12,939,322 で。2019/5/31 まで。Army Medical Research Acquisition Activity, Fort Sam Houston, TX (W81K04-19-D-0009)

今日の報道発表
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Newport News Shipbuilding Division が、USS Harry S. Truman (CVN-75) の配管アセンブリで使用する 3D プリンタ製の金属部品を納入した。(HII 2019/1/29)
  • BAE Systems の Land UK 部門が英国防省から、155mm 榴弾砲で使用する発煙弾と照明弾を受注した。国際コンペティションを経て採用が決まったもので、契約額は 1,600 万ポンド。Rheinmetall の既存設計 Assegai Carrier を活用することで時間とリスクを抑える。弾体は Washington で、中身は Glascoed で製造する。(BAE Systems 2019/1/29)
  • OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) は、SAMP/T (Sol Air Moyenne Portee Terrestre) の最新モデル、SAMP/T B1 NT の予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) が 2018 年末に行われたことを明らかにした。(OCCAR 2019/1/22)
  • Dassault Aviation は 2019/1/28 に、Rafale をフィンランドの Rovaniemi AB に送り込んだ。一週間の予定で寒冷地試験を実施する。(Finnish Air Force 2019/1/28)
  • Florence Parly 仏国防相は、フランス陸軍の AS550 Fennec×18 機を対象とする 10 年間のサポート業務契約締結について発表した。DMAe (Direction de la Maintenance Aeronautique) が折衝を進めてきていたもので、コンペティションを経て決まった発注先は Heli Dax。AS550 は三軍のヘリ搭乗員を対象とする IFR (Instrument Flight Rules) 訓練で使用している機体。(French MoD 2019/1/28)
  • 2019/1/28 に仏領ギアナの European Spaceport で、Ariane 6 と Vega-C で使用する P120C 固体燃料ロケット ブースターの試験が成功裏に行われた。通算 2 回目。ArianeGroup と Avio Sp.A が対等出資する Europropulsion が手掛けている。(ArianeGroup 2019/1/28)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/1/28)
ARMY
  • Syracuse Research Corp. (Syracuse, NY) : Vehicle Integrated Defeat System の開発を $108,209,591 で。2020/1/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-19-C-0005)
NAVY
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : T-45 を対象とする兵站支援業務に関わる、プログラム管理業務を $56,755,269 で。ツール類、試験機材、データ アクセシビリティ、陳腐化部位の洗い出し、環境制御システムや OBOGS (On-Board Oxygen Generation System) のインテグレーションに関する専門的知見の提供などで構成。2022/1 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N61340-19-D-0003)
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : F-35 Lightning II の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 10 分を対象とする維持管理サービス業務について、修正契約を $31,335,203 で。オーストラリア向け、2021/1 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-C-0004/P00044)
  • Lockheed Martin Missiles and Fire Control (Archbald, PA) : BDU-59B/B LGTR (Laser Guided Training Round)×4,320 発に関する修正契約を $16,089,088 で。2021/12 まで。NAWC (Naval Air Warfare Center), Lakehurst, NJ (N00019-17-C-0022/P00005)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス BMD のオプション契約分を $10,930,390 で。2020/11 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-5106)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : デジタル電圧レギュレータ システムに関する修正契約を $9,998,560 で。シップセット×5、搭載準備用シップセット×1 で構成。2020/12 まで。Supervisor of Shipbuilding, Groton, CT (N00024-14-C-2104)
AIR FORCE
  • Multibeam Corp. (Santa Clara, CA) : 集積回路製造で使用する Electron-Beam Direct Write サブシステムについて、修正契約を $22,900,000 で。2021/3/19 まで。累計受注額は $32,300,000。AFRL (Air Force Research Laboratories), Kirtland AFB, NM (FA9453-17-C-0015)
USTRANSCOM (US Transportation Command)
  • 以下の各社は、インターモーダル コンテナ機材のリースと輸送を総額 $16,227,246 で。
    • SeaCube Container Leasing International (Woodcliff Lake, NJ) : HTC711-19-D-R008
    • Textainer Equipment Management (San Francisco, CA) : HTC711-19-D-R009
    • Triton Container International (Hamilton, Bermuda) : HTC711-19-D-R010
    2019/3/1-2020/2/29 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL
  • Schuyler Line Navigation Co., LLC (Annapolis, MD) : Jacksonville/Blount Island と Naval Station Guantanamo Bay の間で実施する海上輸送業務を $7,101,934 (価格修正条項付き) で。SDDC (Military Surface Deployment and Distribution Command) 向け、2019/3/1-2020/2/29 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL (HTC711-19-D-W001)

今日の報道発表
  • Harjit S. Sajjan 加国防相は、カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) の CH-146 Griffon (Bell 412 のカナダ版)×85 機を対象とする延命改修 (GLLE : Griffon Limited Life-Extension) について、まず要件定義と設計の作業を Bell Helicopter Textron Canada Ltd. に 9,000 万カナダドルで発注した、と発表した。(Canadian DND 2019/1/26)
  • Saab AB は、スイスの F-5E/F 後継機調達計画に対して JAS39E Gripen E の提案を実施した、と発表した。2018/7/6 発出の RfP を受けたもので、機数は 30-40 機、100% のオフセットを提示したとしている。その他の提案も 2019/1/25 までに出揃っており、顔ぶれは Eurofighter (Airbus)、F/A-18E/F Super Hornet (Boeing)、Rafale (Dassault Aviation)、F-35A (Lockheed Martin) となっている。この後はシミュレーションと実機による評価試験を実施する予定。(Swiss Federal Armaments Office, armasuisse 2019/1/25, Saab 2019/1/25)
  • ポーランドの Mariusz Blaszczak 国防相が、同国の特殊作戦部隊向け S-70i×4 機を PZL Mielec に 6 億 8,300 万ズロチ (1 億 8,200 万ドル) で発注したことを明らかにした。直ちに製作にかかり、年内に納入の予定。(PZL Mielec 2019/1/28)
  • 2019/1/26 に Fincantieri Sp.A の Muggiano (La Spezia) 造船所で、イタリア海軍向け FREMM (Fregata Europea Multi-Missione) フリゲートの 9 番艦、ITS Spartaco Schergat が進水した。2020 年の引渡を予定している。主契約社は Orizzonte Sistemi Navali (Fincantieri が 51%、, Leonardo Sp.A が 49% を出資) で、以下の 1-8 番艦は引渡済み。
    • ITS Carlo Bergamini : 2013 年
    • ITS Virginio Fasan : 2013 年
    • ITS Carlo Margottini : 2014 年
    • ITS Carabiniere : 2015 年
    • ITS Alpino : 2016 年
    • ITS Luigi Rizzo : 2017 年
    • ITS Federico Martinengo : 2018 年
    10 番艦も 2020 年の引渡を予定している。全長 144m、全幅 19.7m、満載排水量 6,700t、最高速力 27kt。(Fincantieri 2019/1/26)
  • シンガポール海軍 (RSN : Republic of Singapore Navy) 向け LMV (Littoral Mission Vessel) の 8 番艦・RSS Fearless (22) が、2019/1/26 に ST Engineering (Benoi Shipyard) で進水した。2013/12 に 8 隻を発注した Independence 級の最終艦。2018 年に進水した 6 番艦 RSS Fortitude と 7 番艦 RSS Dauntless は公試中で、2019 年の末に就役の予定。2020 年までに全 8 隻が出揃う。(Singapore MoD 2019/1/26, ST Engineering 2019/1/26, IHS Jane's 2019/1/28)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |