今週の軍事関連ニュース (2019/03/07)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 聯合ニュースが情報機関関係者の話として、「北朝鮮が、いったんは破壊したとされる、東倉里のミサイル発射施設について、再建を進めている」と報じた。寧辺の 5MW 原子炉は 2018 年末から非可動状態、豊渓里の核実験施設にあるトンネルは閉鎖されたまま。(Korea Times 2019/3/6)

今日のニュースいろいろ
  • ポーランドは、2026 年までを対象とする装備近代化計画について、以前の計画よりも 450 億ズロチを上積み、1,850 億ズロチを投下すると発表した。マルチミッション航空機調達計画 HARPIA、短射程 SAM 調達計画 NAREW、陸軍向けヘリ調達計画 KRUK、対空/対ミサイル防衛システム調達計画 WISLA、UAV 調達計画 GRYF と WAZKA、偵察機調達計画 FLAME などが主な案件。(Polish MoD 2019/3/1)
  • 英国防省は、化学兵器対策分野に対する 1,100 万ポンドの追加資金投下を発表した。危険地域偵察の偵察に使用するロボットや UAV の調達、DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) の分析・技術能力強化などといった用途に充てるとしている。(MoD UK 2019/3/3)
  • クロアチアの Damir Krsticevic 副首相兼国防相とアメリカの H.E. Robert Kohorst 駐クロアチア大使が、通常兵器の廃棄処分に関するアメリカからの支援について、MoU に調印した。用済みになった武器・弾薬を廃棄するために、アメリカが 100 万ドルの資金を出すというもの。アメリカは 2009 年以降、300 万ドルの資金を出して Strela 2M 携帯 SAM×971 発の廃棄・あるいは演習での射耗などを支援している。(Croatian MoD 2019/3/1)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Airbus Helicopters がルーマニアで AS365N Dauphin×4 機のアップグレード改修を実施、2019/1/16 に An-124-100M でジブチに送り込んだ。配備先は Base Aerienne 188 (Djibouti-Ambouli International Airport) となっている。2 年間・500 万ユーロをかけた案件で、4 機のうち 1 機は乗員 2 名・乗客 4 名の VIP 輸送型、2 機は人員輸送型に改修、残り 1 機は改修前の医療後送型のまま。(DefenceWeb 2019/3/4)
  • インドが今週にも、ロシアとの間で Akula 型 SSN のリース契約をまとめる見込み。10 年間・30 億ドルの案件で、名称は Chakra III となる模様。。(Forecast International 2019/3/4)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/3/5)
ARMY
  • 以下の各社は、C4ISR (Command, Control, Communications, Computer, Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance) 分野の要求に関わる、ナレッジ ベースの専門職エンジニアリング サポート サービス業務を、総額 $37,400,000,000 で。
    • 22nd Century Technologies Inc. (Somerset, NJ) : W15P7T-19-D-0202
    • Agile Defense Inc. (Reston, VA) : W15P7T-19-D-0203
    • Allied Associates International Inc. (Gainesville, VA) : W15P7T-19-D-0204
    • Beshenich Muir & Associates LLC (Leavenworth, KS) : W15P7T-19-D-0205
    • Envision Innovative Solutions Inc. (Manasquan, NJ) : W15P7T-19-D-0206
    • Interactive Process Technology LLC (Billerica, MA) : W15P7T-19-D-0207
    • Technology Service Corp. (Arlington, VA) : W15P7T-19-D-0210
    2027/5/14 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : HEMTT (Heavy Expanded Mobility Tactical Truck) の再生補修を $23,577,120 で。2020/11/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-19-F-0285)
  • Black & Veatch Special Projects Corp. (Overland Park, KS) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $20,000,000 で。2024/3/4 まで。Army Corps of Engineers, Savannah, GA (W912HN-19-D-2003)
  • Lockheed Martin Corp. (Orlando, FL) : Honeywell 製 IMU (Inertial Measurement Unit) の調達について、修正契約を $8,821,316 で。2020/11/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-15-C-0102/P00061)
NAVY
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : MUOS (Mobile User Objective System) 衛星に関わるエンジニアリング サービス業務、兵站支援業務、予備品、関連資材について、修正契約を $92,839,119 で。2020/10 まで。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-04-C-2009)
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : F-35 用の改修キットと専用ツール類、レトロフィット改修について、修正契約を $32,721,119 で。前契約は N00019-14-G-0020。米空軍向け $9,702,671 (30%)、米海軍向け $9,212,841 (28%)、米海兵隊向け $7,844,070 (24%)、海外パートナー向け $5,379,058 (16%)、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け $582,479 (2%)。2027/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-F-2476/P00015)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 のミッション機材追加に伴う修正契約を、$9,963,210 で。海外パートナー向け、2023/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-D-0015/P00001)
  • DRS Systems Inc. (Melbourne, FL) : 設計ならびにシステム工学業務の延長修正契約を、$29,556,100 で。累計受注額は $54,094,742 から $83,651,029 に。2022/2 まで。Naval Information Warfare Center Atlantic, Charleston, SC (N65236-15-C-1007)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Melbourne, FL) : E-2D Advanced Hawkeye で使用する 8 アイテムの補修作業を $23,300,000 で。2020/12 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-D-UL01)
  • NOREAS Environmental Services LLC (Irvine, CA) : 危険物質の管理に関わる環境関連サービス業務について、オプション 2 契約分を $8,006,844 で。累計受注額は $23,255,028。2020/3 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southwest, San Diego, California (N62473-17-C-0001)
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • NextGen Federal Systems LLC (Morgantown, WV) : ソフトウェアの検証作業を $7,142,540 で。DISA (Defense Information Systems Agency) Command and Control Portfolio の関連。累計受注額は $52,574,624。Fort George G. Meade で実施、2019/3/6-2020/3/5 まで。Defense Information Technology Contracting Organization - National Capital Region (HC1047-19-C-0004)

今日の報道発表 (北米編)
  • Elbit Systems Ltd. の米国現地法人・Elbit Systems of America LLC が米陸軍から、CHMD (Common Helmet Mounted Display) を受注した。(Elbit Systems 2019/3/5)
  • Raytheon Co. は DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) から、極超音速滑空飛翔体 TBG (Tactical Boost Glide) の開発契約を 6,330 万ドルで受注した。(Raytheon 2019/3/5)
  • Lockheed Martin Corp. とパートナー企業は、MAPS (Modular Active Protection Systems) フレームワークに 3 基の妨害装置と 1 基のセンサーを組み込み、米陸軍が Redstone Arsenal で実施した試験に送り込んだ。成績は対戦車ミサイル×15 回のすべてで妨害に成功、というもの。(Lockheed Martin 2019/3/4)
  • Northrop Grumman Corp. は米陸軍向けに、新型のレーダー警報受信機 (RWR : Radar Warning Receiver)・AN/APR-39E(V)2 を開発中。AN/APR-39E(V)2 は旧称 Modernized Radar Warning Receiver、探知・位置標定・識別精度を新たな水準に高めるとしている。それを支えるのが、Northrop Grumman の DRE (Digital Receiver Exciter) とシグナル処理アルゴリズム。(Northrop Grumman 2019/3/4)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリア国防省は、Project Sea 1000 の下で建造する Attack 級潜水艦について、Naval Group との間で 6 億 500 万豪ドルの設計契約を締結した、と発表した。期間は 2021 年まで。(Australian DoD 2019/3/5, Naval Group 2019/3/5)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は Toulon で、BSAM (Batiment de Soutien et d'Assistance Metropolitain) の 3 番艇・Seine を領収した。4 隻の建造を計画しており、2018/7 に 1 番艇 Loire、2019/1 に 2 番艇 Rhone が就役。年内に 4 番艇 Garonne も Brest に配備する。(DGA 2019/3/5)
  • Kaman Corp. / Kaman Aerosystems 傘下の KCW (Kaman Composites - Wichita Inc.) が、KC-10 で使用する複合材料製コンポーネントとアセンブリの供給契約を受注した。MRO (Maintenance Repair and Overhaul) で必要になるもの。(Kaman 2019/3/4)
  • インドは 2019/3/3 に、Kalashnikov 製 7.62mm 自動小銃・AK-203 のライセンス生産を実施するためのジョイント ベンチャー、IRPL (Indo-Russian Pvt Ltd.) を立ち上げた。OFB (Ordnance Factory Board) の Korwa 工場 (New Delhi 南東 680km) で製作する。IRPL の出資比率は OFB が 50.5%、Kalashnikov が 42%、Rosoboronexport が 7.5%。75 万挺を調達するが、当初の 4 万挺は急いでいるため完成品輸入で、残りを年間 7 万挺ペースで現地生産する。(Rostec 2019/3/4, IHS Jane's 2019/3/5)
  • Elbit Systems Ltd. は Cantiere Navale Vittoria Sp.A から、ギリシア沿岸警備隊向けの新造巡視船×3 隻で使用するミッション機材とシステム インテグレーションの契約を受注した。期間は 2 年間だが、納入後の保障と兵站支援は 5 年分。電子光学センサー、レーダー、航法システム、W=AIS (Warship Automatic Identification System)、RCWS (Remote Control Weapon Station)、指揮管制ソフトウェアなどで構成。(Elbit Systems 2019/3/5)
  • Airbus Helicopters は Heli-Expo 2019 (Atlanta, GA) で、H145 の新しい改良型を発表した。新型の 5 翅ローターを導入して性能を改善、最大離陸重量は 3,800kg に増加。整備の負担軽減も図っているとする。また、wACS (wireless Airborne Communication System) の導入によるカスタマーとオペレーターのリンクも実現する。2020 年の初頭に、欧州航空安全機関 (EASA : European Aviation Safety Agency) による型式証明を取得する予定。(Airbus Helicopters 2019/3/4)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/3/4)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Missiles and Fire Control (Dallas, TX) : THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) のフェーズ I 先行調達、ツール類、試験機材、重要人員、ライン再認証、初期訓練課程開発、SIL (System Integration Laboratory) とテストベッド、3 レベル整備コンセプト策定、エンジニアリング開発などの作業を$945,900,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。サウジアラビア向け FMS (Foreign Military Sale) 案件、2019/2/28-2026/10/31 まで。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-19-C-0007)
NAVY
  • Corvid Technologies LLC (Mooresville, NC) : 短・中距離サブオービタル飛翔体の製作とインテグレーションで必要となるハードウェア、機材、コンポーネントを $223,277,038 で。海軍向け (12%)、その他の政府機関向け (12%)、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け (76%)。2024/2 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Dahlgren Division, Dahlgren, VA (N00178-19-D-5001)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : USS South Dakota (SSN-790) を対象として実施する、引渡後の交換作業を $76,210,586 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2020/12 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion and Repair, Groton, CT (N00024-16-C-2111)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : USS South Dakota (SSN-790) を対象として実施する、追加分のサポート/サービス業務を $60,000,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2020/12 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion and Repair, Groton, CT (N00024-09-C-2104)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : USS South Dakota (SSN-790) を対象として実施する、Stern Area System の導入作業を $55,077,981 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2020/12 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion and Repair, Groton, CT (N00024-16-C-2111)
  • Serco Inc. (Reston, VA) : 侵入防止ステムと C4I (Command, Control, Communications, Computers, and Intelligence) システムを対象とするライフサイクル 維持管理業務について、オプション 3 契約分を $41,304,910 で。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) の Anti-Terrorism/Force Protection Ashore Program による。累計受注額は $160,741,210。2020/3 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-16-C-1811)
  • Gilbane Federal (Concord, CA) : DFSP (Defense Fuel Support Point) Tsurumi (Tsurumi, Japan) のタンク #602、#604、#605 を対象とする、清掃、検査、補修について、減額修正契約を $8,403,802 で。累計受注額は $4,733,405。2019/5 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-15-D-1634)
ARMY
  • 以下の各社は、クレーンの作り直しまたは交換を総額 $99,900,000 で。
    • REEL COH Inc. (Mobile, AL) : W9128F-19-D-0019
    • PaR Sytstems (Shoreview, MN) : W9128F-19-D-0020
    • Knight Construction & Supply Inc. (Deer Park, WA : W9128F-19-D-0021
    • Crane Technologies (Rochester Hills, MN) : W9128F-19-D-0022
    • Garco WEMCO JV (Spokane, WA) : W9128F-19-D-0023
    2024/3/3 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE
  • Lockheed Martin Missiles Fire Control (Grand Prairie, TX) : PAC-3 (Patriot Advanced Capability-3) ミサイルのサポート センター (PAC-3 Missile Support Center Field Missile Activities) 業務について、修正契約を $8,469,594 で。日本、サウジアラビア、韓国、クウェート、カタール、台湾、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates)、ドイツ、オランダ向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/5/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-17-D-0026/P00026)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Steris Corp. (Mentor, OH) : 医療用の機材・アクセサリー類を $48,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊向け、2024/3/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-19-D-0011)
  • Aurora Industries LLC (Camuy, Puerto Rico) : ACU (Army Combat Uniform) と IHWCU (Improved Hot Weather Combat Uniform)を $18,672,261 ゛。2021/9/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-19-D-1137)
AIR FORCE
  • Boeing Co., Defense Space Security (St. Louis, MO) : IRST (Infrared Search and Track) ブロック II シップセット×6 セットの追加生産について、修正契約を $40,000,000 で。累計受注額は $249,784,825。2022/10/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8634-18-C-2697/P00003)
  • JASR Systems LLC (La Jolla, CA) : DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の MOABB (Modular Optical Aperture Building Blocks) 計画について、フェーズ I 分の研究開発を $8,107,308 で。2020/11/1 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-19-C-7916)

今日の報道発表
  • FLIR Systems Inc. は、先に発表していた Endeavor Robotics Holdings Inc. (ex-iRobot Defense & Security) の買収が完了した、と発表した。3 億 8,200 万ドルでの現金買収。(FLIR Systems 2019/3/4)
  • Raytheon Co. は、中東の某国から国境や軍施設の警備に使用する機動監視システムを受注したことを明らかにした。(Raytheon 2019/3/4)
  • 米空軍の AFSFC (Air Force Security Forces Center) が Air Force Small Arms Program Office と組んで、警衛部隊を対象とする M18 MHS (Modular Handgun System) の配備を開始した。現用中の M9 に加えて、OSI (Air Force Office of Special Investigations) が使用している M11 も M18 に代替する。(USAF ACC 2019/3/1)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は、仏海軍向けのセキュア ネットワーク構築案件・RIFAN 2.1 について、Airbus Defence and Space、Naval Group、Rohde & Schwarz の企業聯合に契約を発注した。最大で 8 年間・1 億 5,000 万ユーロの案件。(Airbus Defence and Space 2019/3/4)
  • Rheinmetall Defence AG は、オーストラリア陸軍 (Royal Australian Army) の MCCC (Mounted Close Combat Capability) 計画、Project Land 400 フェーズ 3 の RfT について、Lynx IFV (Infantry Fighting Vehicle) と Lance 砲塔の組み合わせ、それと Lynx MSV (Manouevre Support Vehicle) を提案した、と発表した。豪陸軍、NATO、NATO 同盟国の要求に対応できる設計と、モジュラー設計によるコスト面の利点、地元企業の参画をアピールしている。(Rheinmetall Defence 2019/3/1)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |