今週の軍事関連ニュース (2019/04/04)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 衛星画像の解析を手掛けているインド軍の Vinayak Bhat 退役大佐が、中国の新疆ウイグル自治区に対衛星レーザー基地とみられる建物が存在することを明らかにした。場所は烏魯木斉 Urumqi の南方 145km だという。また、チベットのガリ Ngari など、多数の衛星追跡ステーションを設置しているとした。(SpaceWar 2019/4/2)
  • オーストラリア国防省が、FY2019-2020 の国防予算について発表した。総額 387 億豪ドル、これは対前年度比で 23 億豪ドルの増額。対 GDP 比は 1.93% となる。FY2022-2023 までに総額 1,758 億豪ドルを支出、FY2020-2021 には国防費の対 GDP 比 2% を達成するとしている (FY2022-2023 には 487 億豪ドルの支出を予定)。装備近代化、近隣諸国や東南アジア諸国へのサポートに加えて、自国の防衛産業を支援する施策も盛り込んでいる。(Australian DoD 2019/4/2, IHS Jane's 2019/4/2)
  • 欧州委員会 (EC : European Commission) は、前の週に European Border and Coast Guard に関する合意がまとまったのを受けて、実施にゴーサインを出した。2027 年までに、加盟各国からの派出によって 10,000 名規模の国境警備隊を実現するとしている。(European Comission 2019/4/1)
  • 2019/2/27 に発生した印パ空軍の戦闘で、インド側はパキスタン空軍の F-16 を撃墜したとしているが、パキスタン側はそれを否定。LoC (Line of Control) を超えて自国の KF-17 がインド側を攻撃、インド側も越境してきたが 2 機を撃墜した、というのがパキスタン側の言い分。(Pakistan Inter Services Public Relations Directorate 2019/4/1)
  • ノルウェー政府は、国連がマリで実施している平和維持活動・MINUSMA (United Nations Multidimensional Stabilisation Mission in Mali) に対するサポートの 2 年間延長を発表した。現在はノルウェー軍から 15 名を派遣しているが、5 月から 6 ヶ月間の予定で Camp Bifrost への輸送機の派遣も実施する。(Government of Norway 2019/4/1)

今日のニュースいろいろ
  • アメリカ政府が、トルコ向け F-35A 関連パーツ・支援機材の引き渡し凍結を発表した。以前からの警告にもかかわらず、トルコが S-400 地対空ミサイルの調達計画を続行しているのを受けた措置。(DefenseNews 2019/4/1, SpaceWar 2019/4/2)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) は 2019/3/29 に、「ロシア軍の Tu-160 がイギリスの領空に接近したため、RAF Lossiemouth から QRA (Quick Reaction Alert) 担当の Typhoon FGR.4 を発進させて、RAF Brize Norton から発進した Voyager 給油機による支援の下、ロシア機の随伴監視を実施した」と発表した。2019/3/27 にもロシア機による領空近接が発生していた由。(RAF 2019/3/29)
  • オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の AWD (Air Warfare Destroyer) こと Hobart 級駆逐艦の 1 番艦 HMAS Melbourne と 2 番艦 HMAS Brisbane が、演習 "Diamond Shield" に参加した。HMAS Brisbane は Fleet Fighter Control Element (RAAF Williamtown) から 3 名の管制官を乗艦させて、F/A-18F や EA-18G などと組み合わせて航空戦の演習を実施するという内容。(Royal Australian Navy 2019/4/1)
  • 中国は西昌衛星発射センター (Xichang Satellite Launch Center) から長征 3B ロケットを使用して、データ中継衛星 天鏈 Tianlian II-01 を打ち上げた。(新華社 2019/4/1)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ThinKom Solutions Inc. は、フェーズド アレイ型衛星通信アンテナ ThinAir Ka2517 を Proteus に搭載して、飛行中の接続試験を成功裏に実施した、と発表した。Inmarsat Government ならびに Scaled Composites と組んで開発を進めているもの。試験は、ヴァージニア州の Chantilly とカリフォルニア州の Mojave Air and Space Port で実施した。(SpaceWar 2019/4/3)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の No.IX (Bomber) Sqn. が、Tornado GR.4 から Typhoon FGR.4 への機種転換とともに、RAF Lossiemouth に移駐した。Typhoon FGR.4 飛行隊としては 6 個目、RAF Lossiemouth の飛行隊としては 4 個目。(The Press and Journal 2019/4/2)
  • オランダが主導、ベルギー、ドイツ、ルクセンブルク、ノルウェーが参画している MMF (Multinational Multi-Role Tanker Transport Fleet) にチェコが関心を示しており、新たに加わる可能性が出てきた。(Aerospace Daily 2019/3/29)

インド向け FMS (DSCA 2019/4/2)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、インド向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で MH-60R を輸出すると通告した。総額は 26 億ドル。内訳は以下の通り。
  • MH-60R×24
  • AN/APS-153(V) マルチモード レーダー×30 (うち 6 基は予備)
  • T700-GE-401C エンジン×60 (うち 12 基は予備)
  • AN/AQS-22 ALFS (Airborne Low Frequency System)×24 (うち 4 基は予備)
  • AN/AAS-44C(V) MTS (Multi-Spectral Targeting System)×30 (うち 6 基は予備)
  • EGI (Embedded Global Positioning System/Inertial Navigation System) w/SAASM (Selective Availability/Anti-Spoofing Module)×54 (うち 6 基は予備)
  • AN/SSQ-36/53/62 ソノブイ×1,000
  • AGM-114 Hellfire×10
  • AGM-114 M36-E9 CATM (Captive Air Training Missile)×5
  • AGM-114Q Hellfire 訓練弾×4
  • APKWS (Advanced Precision Kill Weapons System)×38
  • Mk.54 対潜魚雷×30
  • M240D 機関銃×12
  • GAU-21 機関銃×12
  • Naval Strike Missile Emulator×2
  • Naval Strike Missile CATM (Captive Inert Training Missile)×4
  • MH-60B/R EDA (Excess Defense Article)×1
  • AN/AVS-9 暗視装置×70
  • AN/ARC-210 RT-1990A(C) 通信機 w/COMSEC×54 (うち 6 基は予備)
  • AN/ARC-220 HF 通信機×30 (うち 6 基は予備)
  • AN/APX-123 IFF (Identification Friend or Foe) トランスポンダ×30 (うち 6 基は予備)
  • 予備エンジン用コンテナ、施設のスタディ・設計・建設、スペアパーツ、補修用パーツ、支援機材、試験機材、通信機材、フェリー支援、文書類、訓練、訓練機材、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Owego, NY)。オフセットの設定を予定。

今日の米軍調達 (Contracts 2019/4/2)
NAVY
  • 以下の各社は、NAVFAC EXWC (Naval Base Ventura County, CA) 向けの各種サービス業務を、総額 $78,000,000 で。
    • Bowhead Manufacturing Technologies LLC (Alexandria, VA) : N39430-18-D-2132
    • Truston Technologies Inc. (Annapolis, MD) : N39430-18-D-2131
    TDA (Table of Allowance) アイテムについて、調達、キットの構成・梱包・納入を実施。 2024/4 まで。NAVFAC EXWC (Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center), Naval Base Ventura County, CA
  • ISMMS (Icahn School of Medicine at Mount Sinai, New York, NY) : 大量破壊兵器の証跡と、野戦環境での測定手段に関する研究を $28,342,525 で。2023/4/1 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の BAA (Broad Agency Announcement) による。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-C-4022)
  • 以下の各社は、NAVFAC Washington の AOR (Area of Responsibility) で実施する建設、補修、交換、取り壊し工事について、オプション 1 契約分を総額 $19,800,000 で。
    • Arrow DJB II JV (Upper Marlboro, MD) : N40080-18-D-0010
    • Ironshore Contracting LLC (Baltimore, MD) : N40080-18-D-0012
    • EG Management Services Inc. (Germantown, MD) : N40080-18-D-0013
    • Roofing & Sustainable Systems Inc. (Rosedale, MD) : N40080-18-D-0014
    • Island Contracting Inc. (Beltsville, MD) : N40080-18-D-0015
    累計受注額は $39,600,000。州別の配分は MD (45%)、DC (30%)、VA (20%)。2020/4 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Washington, Washington DC.
  • Vigor Marine LLC (Portland, OR) : USNS Yukon (T-AO-202) を対象とする 81 日間の入渠整備と定期オーバーホールを $14,731,225 で。2019/4/26 まで。オプション契約分まで含めた総額は $16,993,769、2019/7/15 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N32205-19-C-4012)
  • Lockheed Martin Co., Sikorsky Aircraft Corp. (Stratford, CT) : CH-53K の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) に関わる、CY2019 分のシステム工学・プログラム管理業務について、修正契約を $7,300,000 で。2020/2 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-C-0048/P00024)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Clearfield, UT) : T-38 と F-5 を対象とする維持管理を $22,000,000 で。2024/3/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8220-19-D-0001)
  • Global Business Solutions Inc. (Maxwell AFB, AL) : Maxwell-Gunter AFB で実施する信任調達業務を $20,068,792 で。2020/2/1 まで。42nd Contracting Squadron, Montgomery, AL (FA3300-19-C-A005)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • US Foods Oklahoma (Oklahoma City, OK) : テキサス州とオクラホマ州で実施する給養業務を $30,208,744 (価格修正条項付き) で。陸軍、空軍、海兵隊向け、2019/19/26 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE300-19-D-3224)
  • Cutter Aviation Albuquerque Inc. (Albuquerque, NM) : 燃料油を $7,458,350 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE607-19-D-0047)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米陸軍の NGCV CFT (Next-Generation Combat Vehicle Cross-Functional Team) が 2019/3/29 に、M2 Bradley の代替用と位置付ける OMFV (Optionally-Manned Fighting Vehicle) に関する RfP を発出する。(US Army 2019/3/28)
  • Lockheed Martin Corp. は Intel と組んで、第二世代版 Xeon プロセッサを対象とするハードウェア セキュリティ ソリューションを構築する、と発表した。(Lockheed Martin 2019/4/2)

今日の報道発表 (その他編)
  • Liebherr-Werk Ehingen GmbH が 2017 年に BAAINBw (Bundesamtes fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) から、クレーン装甲回収車 G-BKF×33 両と G-LTM 機動クレーン×38 両を 1 億 5,000 万ユーロで受注した。そして 2019/2 から納入を開始。2021 年に完納の予定となっている。(Rheinmetall Defence 2019/4/1)
  • Rosoboronexport がベネズエラで、ヘリコプターのパイロットと整備員を対象とする訓練施設を立ち上げた。ベネズエラの国営武器メーカー CAVIM と組んで開設したもの。(Rosoboronexport 2019/3/29)
  • Leonardo Sp.A 傘下の Telespazio Brasil がブラジルの石油会社 Petrobras から、Rio de Janeiro 北方の Campos で COSMO-SkyMed 衛星による石油流出検知を企図した、洋上石油掘削リグの衛星監視に関する契約を受注した。月間平均 150 枚の衛星写真を Petrobras に納入する。(Leonardo 2019/4/1)
  • Rolls-Royce plc は、2018/7/6 に発表していた Commercial Marine 部門の Kongsberg Gruppen ASA (Kongsberg, Norway) への売却を、2019/4/1 付で完了した。(Rolls-Royce 2019/4/1)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/4/1)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Missiles and Fire Control (Dallas, TX) : THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) 迎撃ミサイルと関連デバイスの製作について、修正契約を $2,457,390,566 で。米軍向け ($922,729,226) ならびにサウジアラビア向け FMS (Foreign Military Sales, $1,534,661,340)。累計受注額は $1,431,251,585 から $3,888,642,151 に。2026/4/1 まで。MDA (Missile Defense Agency), Huntsville, AL (HQ0147-17-C-0032/P00015)
AIR FORCE
  • Boeing Co., Boeing Defense Space and Security (St. Louis, MO) : JDAM (Joint Direct Attack Munition) と LJDAM (Laser Joint Direct Attack Munition) を対象とするテクニカル サービス業務、機体へのインテグレーション、維持管理を $250,000,000 で。2029/3 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8681-19-D-0005)
  • Peerless Technologies Corp. (Fairborn, OH) : Air Force Civil Engineering Center のエネルギー部門 (Tyndall AFB, FL) を対象とする助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) を $47,241,075 で。2024/4/10 まで。Air Force Installation Contracting Agency, JB (Joint Base) San Antonio, TX (FA8903-19-F-0126)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 14 分について、先行調達に関する修正契約を $151,287,000 で。2022/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0001/P00016)
  • Moog Inc. (Elma, NY) : V-22 の搭載機器 3 点を対象とする補修作業を $84,801,681 で。2022/3 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-D-P901)
  • MLT Systems LLC (Stafford, VA) : PM AAA (Program Manager Advanced Amphibious Assault) 向けのサポート サービス業務を $44,822,205 で。(M67854-19-F-3000) 前契約は N00178-10-D-6179。業務、調達、兵站、エンジニアリング、試験・評価関連。2023/4/23 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-19-F-3000)
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : 以下の機器を総額 $27,333,806 で。
    • 430 Aircraft Direction Finder×62
    • 4230 Radio Tuner Panel×123
    • High Frequency 121 Radio×123
    P-8A のロット 9/10/11 向け。米海軍向けならびにオーストラリア、イギリス、ノルウェー、ニュージーランド、サウジアラビア、韓国向け FMS (Foreign Military Sales)。2022/3 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-19-D-0007)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : UGM-133 Trident II (D5) FBM (Fleet Ballistic Missile) に関するエンジニアリング/テクニカル サポート サービス業務について、修正契約を $17,976,489 で。イギリス向け、2020/3/31 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-18-C-0023/P00001)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Baltimore, MD) : Arleigh Burke 級駆逐艦で使用する主機管制システム (MCS : Machinery Control System) のコンソールとキャビネットについて、オプション契約分を $13,429,873 で。新造艦と既存艦の双方で使用。2021/3 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-4208)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (San Diego, CA) : MQ-4C Triton×3 機のアップグレード改修について、修正契約を $12,872,342 で。2021/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0018/P00012)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (San Diego, CA) : MQ-4C Triton の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 4 について、先行調達の修正契約を $7,241,880 で。2019/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1028/P00002)
  • SJC-BVIL (Montrose, CO) : Naval Support Facility, Diego Garcia (Diego Garcia, British Indian Ocean Territory) の Facility 201 を対象とする補修工事を $11,487,876 で。North Power Plant 730 の発電機交換に伴うもの。2021/4 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Far East, Diego Garcia, British Indian Ocean Territory (N40084-19-F-4319)
  • T3W Business Solutions Inc. (San Diego, CA) : NIWC Pacific 向けの専門職/管理支援業務を $9,629,274 で。基本契約 2 年間、2021/3/31 まで。さらに 2 年単位のオプション契約 2 件を設定、すべて実現した場合の総額は $30,132,338、2025/3/31 まで。NIWC (Naval Information Warfare Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-3420)
  • Thor Solutions LLC (Arlington, VA) : NIWC Pacific 向けの専門職/管理支援業務を $9,482,581 で。基本契約 2 年間、2021/3/31 まで。さらに 2 年単位のオプション契約 2 件を設定、すべて実現した場合の総額は $28,719,124、2025/3/31 まで。NIWC (Naval Information Warfare Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-3421)
  • Kros-Wise Inc. (San Diego, CA) : NIWC Pacific 向けの専門職/管理支援業務を $9,382,074 で。基本契約 2 年間、2021/3/31 まで。さらに 2 年単位のオプション契約 2 件を設定、すべて実現した場合の総額は $28,378,360、2025/3/31 まで。NIWC (Naval Information Warfare Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-3419)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • American Water O&M (Operations and Maintenance) LLC (Voorhees, NJ) : Fort Polk の上下水道施設を対象とする O&M (Operations and Maintenance) について、修正契約を $49,144,712 で。2059/1/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Polk, LA (SP0600-08-C-8257/P00145)
ARMY
  • Burns & McDonnell (Kansas City, MO) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $48,000,000 で。2024/9/30 まで。Army Corps of Engineers, Kansas City, MO (W912DQ-19-D-4007)
  • Korean Airlines Co., Ltd. (Seoul, Republic of Korea) : ヘリコプターのデポレベル整備に関する修正契約を $9,446,385 で。2020/3/31 まで。411th Combat Support Brigade, Seoul, South Korea 411th Contracting Support Brigade, Camp Humphreys, Republic of Korea (W91QVN-17-D-0003/P00003)
  • World Wide Technology (St. Louis, MO) : IT 分野のハードウェアを $7,883,995 で。2019/5/3 まで。409th Combat Support Brigade, Wiesbaden, Germany (W912CM-19-F-0013)
  • CDW Government LLC (Vernon Hills, IL) : ラップトップ、標準型デスクトップ、高性能デスクトップ、Standard Micro Form Factor、Performance Micro Form Factor、強化型タブレット、ディスプレイといったハードウェアを $7,701,689 で。ドイツの Bruchmuehlbach-Miesau で実施、2019/5/6 まで。409th Combat Support Brigade, Wiesbaden, Germany (W912CM-19-F-0018)
  • Raytheon Co. (McKinney, TX) : BGM-71 TOW (Tube-launched, Optically-tracked, Wireless-guided) ITAS (Improved Target Acquisition System) を対象とする兵站支援・整備、補修用パーツ、資材補充、構成管理、製品保証支援、エンジニアリング スタディ、システム工学、不具合解析、試験・評価、文書類、陳腐化対処の再設計、FSR (Field Service Representative) 派遣、補修作業を $7,383,058 で。2022/3/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-19-C-0069)

今日の報道発表 (北米編)
  • Kaman Corp., Kaman Aerosystems 傘下の KCW (Kaman Composites Wichita, Wichita, KS) が Bell Helicopter Textron Inc. から、AH-1Z のローター ブレードで使用する複合材料製外板を受注した。2019-2023 年にかけて納入する予定。(Kaman 2019/4/1)
  • アメリカの対空監視・航空管制レーダー網を更新するとともに整理統合する SENSR (Spectrum Efficient National Surveillance Radar) 計画について、受注を目指して Raytheon Co. と Lockheed Martin Corp. が合同チームを編成することになった。SENSR 計画は、米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration)、米国防総省、米国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) の共同案件。(Raytheon 2019/4/1)
  • GA-EMS (General Atomics Electromagnetic Systems) は、AAG (Advanced Arresting Gear) による初のバリケード拘束試験を Jet Car Track Site (Lakehurst, NJ) で実施した、と発表した。(GA-EMS 2019/3/29)

今日の報道発表 (その他編)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の River 級バッチ 2 の 1 番艦、HMS Forth が初めて、英海軍の海軍旗を掲げて訓練航海に出た。Isle of Wight から Solent にかけての海域で航海を実施しているが、将来は Falklands Islands の警備を担当することになっている。同級 5 隻は 2020 年中にすべて出揃う予定。(Royal Navy 2019/3/29)
  • スペインの閣議が、スペイン海軍向けの F-110 フリゲート×5 隻の建造を承認した。1986 年から就役を開始した F-80 型 (Santa Maria 級) ミサイル フリゲートの代艦となるもの。(Spanish Government Cabinet 2019/3/29)
  • スペインの閣議はこのほか、8x8 装輪装甲車 Dragon の開発・製作経費 21 億ユーロと、C.16/EC.16 (Eurofighter Typhoon) のアップグレード改修経費 9 億 600 万ユーロの支出も承認した。(Spanish Government Cabinet 2019/3/29)
  • スウェーデン海軍の Gotland 級潜水艦・HMS Gotland が、2015 年から実施していたアップグレード改修を終えて海に戻り、公試を開始した (春から初夏まで実施する予定)。(FMV 2019/3/29)
  • ノルウェー海軍 (RNoN : Royal Norwegian Navy) の新型補給艦 KNM Maud が、2019/3/29 に Bergen 近くの Haakonsvern 基地に到着した。建造所は韓国の DSME (Daewoo Shipbuilding and Marine Engineering) で、2018 年の秋に領収した後、本国に回航していた。2020 年には実働態勢を整える予定。(Norwegian MoD 2019/3/29)
  • オーストラリア国防軍 (ADF : Australian Defence Force) が導入計画を進めていた、HATS (Helicopter Aircrew Training System) が初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成した。運用はオーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の No.723 Sqn. (HMAS Albatross, Nowra, NSW) が担当する。使用する機体は EC135T2+ で、海軍の Squirrel と陸軍の H-58 Kiowa の後継機。(Australian DoD 2019/4/1)
  • Tata Power SED (Strategic Engineering Division)、WESEE (Weapon and Electronics System Engineering Establishment)、ロシアの M/S MARS が共同開発した IAC (Indigenous Aircraft Carrier) 向けの指揮管制装置 (CMS : Combat Management System) が、官側に納品された。(Indian MoD 2019/3/29)
  • Denel Aeronautics (Kempton Park, South Africa) は、南アフリカが 2005 年に A400M の発注を決めたのに伴い、まず翼胴結合部のフェアリングとトップシェル、後日に垂直尾翼で使用するリブ、桁、カーゴ デッキ用の ISO ロック、Central Guide Vertical Restraint System の製作を分担していた。しかし Denel は Airbus との間でパートナーシップ見直しに関する協議を実施、A400M の生産から撤退することで合意がまとまった。これは、非中核分野からの撤退と事業分野の見直しに伴う措置。(Denel 2019/3/30)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |