今週の軍事関連ニュース (2019/04/11)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • これから創設する米宇宙軍 (USSPACECOM : US Space Command) の司令部所在地として、空軍と陸軍の施設・6 ヶ所が候補にリストアップされた。内訳は以下の通り。
    • Buckley AFB, CO
    • Cheyenne Mountain AFS, CO
    • Peterson AFB, CO
    • Schriever AFB, CO
    • Redstone Arsenal, AL
    • Vandenberg AFB, CA
    CNN が、入手した内部文書をソースとして報じたもの。規模については、士官 390 名、下士官兵 183 名、文官 827 名、請負業者 50 名と記している。これについて国防総省では、一部の候補が正しいことは認めているが、まだ確定はしていないと説明。(SpaceWar 2019/4/10)
  • エジプトがロシアから 2 ダース以上の Su-35 を調達するとの話が取り沙汰されているが、それに対してアメリカは、「もしも Su-35 の調達が実現すれば、CAATSA (Countering America’s Adversaries Through Sanctions Act of 2017) による制裁の対象になる」と警告中。(Forecast International 2019/4/9)

今日のニュースいろいろ
  • 英国防省は、イノベーション ハブの DASA (Defence and Security Accelerator) が実施するドローン対策コンペティションのために、200 万ポンドを支出する、と発表した。有力かつ費用対効果に優れた対抗策を生み出すのが目的。(MoD UK 2019/4/9)
  • アメリカが、インド空軍の MiG-21 によるパキスタン空軍の F-16 の撃墜を否定しているのに対して、インド側は「レーダー映像からいって F-16 を撃墜したのは確か」と主張。(SpaceWar 2019/4/8)
  • エストニアのサイバー セキュリティ訓練拠点・Cyber Security Exercises and Training Centre CR14 が、2019/4/8 に稼働を開始した。以前からあった TalTech IT College に訓練機能を追加して実現したもの。自国のみならず、NATO CCD CoE (Cooperative Cyber Defence Centre of Excellence) や、同盟国、パートナー国のニーズにも対応する。(Estonian MoD 2019/4/8)

今日のニュースいろいろ
  • 韓国陸軍の CIG (Central Investigation Group) が、商用ドローンの犯罪利用に対処するため、新たな証跡調査システムを立ち上げた。(Korea Herald 2019/4/8)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) で地上配備の防空システムを所掌している Joint Ground Based Air Defence Command が、7 AD Gp (7th Air Defence Group) と改称して、陸軍の FTC (Force Troops Command) 指揮下に移動した。また、司令部を RAF 本部 (High Wycombe, UK) に移動する。使用する装備は、Rapier 地対空ミサイル、HVM (High-Velocity Missile) 地対空ミサイル、LEAPP 目標識別システム。(British Army 2019/4/5, IHS Jane's 2019/4/8)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • IWI (Israeli Weapons Industries) が LAAD 2019 展示会で、新型自動小銃 Carmel を出展。コンベンショナルな構成で、銃身長は 267mm、305mm、368mm、406mm の 4 種類。特殊鋼、航空機グレードのアルミ素材、樹脂素材を活用しており、弾倉抜きの重量は 3.3kg。(DID 2019/4/9)
  • フィンランド国防省は Bittium に、ソフトウェア無線機 (SDR : Software Defined Radio) を 110 万ユーロで発注した。これは、ESSOR (European Secure SOftware-defined Radio) 計画の OC1 (Operational Capability 1) フェーズを実現するためのもので、Bittium の Tough SDR (個人携帯型と車載型) を年内に納入する。2020-2021 年にも追加発注を予定しており、総額 250 万ユーロの案件になる。(Forecast International 2019/4/5)
  • 英国防省がリリースした、GMPP (Government Major Projects Portfolio) 担当 SRO (Senior Responsible Owners) のアポイントメント レターによって判明した、主要装備調達計画のスケジュールは以下の通り。
    • A400M :
      • Initial Support to Tactical Operations : June 2019
      • Enhanced Support to Tactical Operations : June 2020
      • Long-Range Maritime Assistance : April 2021
      • Support to Specialist Users : April 2022
      • Operations in Contested Environments : September 2022
      • Final (22nd) Aircraft Delivery : November 2022
    • CROWSNEST :
      • First Flight of CROWSNEST Programme : 2019/3/31
      • Conclusion of Flight Trial Activity required to support initial Aircrew Training : 2019/9/30
      • Commence delivery of Aircrew Training : 2019/10/19
      • Achieve delivery of the Airborne Surveillance & Control Mission Trainer : 2019/11/14
    • Fleet Solid Support :
      • Receipt of Initial Tender Returns from Bidders : 2019/7/31
      • Initial Bid Evaluation Complete : October 2019/10/31
      • Conduct IPA Gateway 4 Review Prior to Main Gate : 2019/11/30
      • Submit Main Gate Business Case to Business Case Review Board : 2019/12/31
    • FMSP (Future Maritime Support) :
      • Competition phase: Start of Pre-Qualification process : 2018/8
      • Issue Invitation to Tender/Negotiate : 2018/10
      • Submit Main Gate Business Case to Investment Appraisal Committee : 2019/9
      • FMSP Contact Award : 2019/11
    • Maritime Patrol Aircraft :
      • Introduction to Service first UK aircraft : 2019/4
      • Preparation of Infrastructure at RAF Lossiemouth : 2019/8
    • Protector RG.1 :
      • Delivery of maintainer & operator training in US : 2019/5
      • Delivery of Interim Release to Service : 2019/5
      • Acceptance of program infrastructure : 2019/9
    (Defense-Aerospace.com 2019/4/8)

日本向け FMS (DSCA 2019/4/9)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、日本向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で SM-3 ブロック IB を輸出すると通告した。総額は 11 億 5,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • RIM-161 SM-3 ブロック IB×56
  • ミサイル用キャニスター
  • 技術・工学・兵站支援業務
担当メーカーは Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) と BAE Systems Inc. (Minneapolis, MN)。オフセットの設定はなし。

今週の報道発表 (豪州編)
  • オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) が、コンピュータ通信網 FIE (Fleet Information Environment) の機材更新に乗り出す。投下する資金は 6 億豪ドル (4 億 2,900 万ドル)。機密ネットワークと非機密ネットワークの双方で構成する。(Australian DoD 2019/4/9, IHS Jane's 2019/4/9)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) が、P-8A の 8 号機を領収した。(Australian DoD 2019/4/9, IHS Jane's 2019/4/9)
  • オーストラリア国防省は、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け F-35A×2 機が現地入りした、と発表した。これで現地入りした機体は合計 4 機。一方、BAE Systems Australia は RAAF 向け F-35A のサポートを担当する技術要員 6 名を、所要のトレーニングのために派米することを明らかにした。(Australian DoD 2019/4/8, BAE Systems 2019/4/8)
  • オーストラリア国防省は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向けの Attack 級潜水艦 (Project Sea 1000 Future Submarine Program) で使用する DGR (Diesel Generator Rectifier) について、Naval Group と MTU Friedrichshafen の間で発注契約が取り交わされたことを明らかにした。(Australian DoD 2019/4/7)
  • オーストラリア国防省は、Tiger ARH (Armed Reconnaissance Helicopter) を対象とするサポート業務の契約を、Airbus Australia Pacific に 7 億 9,000 万豪ドルで発注した。(Australian DoD 2019/4/7)
  • オーストラリア政府は、Project Sea 3036 PPB-R (Pacific Patrol Boat Replacement) の一環として建造した Guardian 級哨戒艇 Te Mataili II をツバルに供与、2019/4/7 に引渡式典が行われた。同級の引き渡し実現は 2 隻目。12 ヶ国に合計 21 隻を供与する計画。(Australian DoD 2019/4/7)
  • オーストラリアの Hunter に拠点を構える Nupress Tools Pty Ltd. が Pratt & Whitney から、F135 エンジンで使用する機械加工部品の納入契約を受注した。7 年間・数百万豪ドル規模の案件。(Australian DoD 2019/4/6)
  • オーストラリア政府は、F-35 と F/A-18F に搭載する兵装ならびに対抗手段の調達を承認した。計画名称は Project Air 6000 フェーズ 3。(Australian DoD 2019/4/6)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/4/9)
ARMY
  • SLSCO Ltd. (Galveston, TX) : 国境壁の建設工事を $789,000,000 で。ニューメキシコ州 Santa Teresa で実施、2020/10/1 まで。Army Corps of Engineers Albuquerque, NM (W912PP-19-C-0018)
  • Barnard Construction Co., Inc. (Bozeman, MT) : アリゾナ州 Yuma で実施する、歩行者用防護壁などの建設工事を $187,000,000 で。2020/9/30 まで。Army Corps of Engineers, Los Angeles, CA (W912PL-19-C-0013)
  • The Dutra Group (San Rafael, CA) : 浚渫機材のレンタルを $10,000,000 で。AL、MS、FL の各州で実施。2020/6/9 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL (W91278-19-D-0019)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Vital Images Inc. (Minnetonka, MN) : 放射線/映像システム、整備、訓練を $100,000,000 で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2024/4/8 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-19-D-0012)
  • AAR Aircraft Services (Oklahoma City, OK) : 燃料油を $13,701,177 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE607-19-D-0061)
AIR FORCE
  • Pergravis LLC (Tampa, FL) : 空軍 MAJCOM (Major Command) で使用する無停電電源装置×700 セットを対象とする、緊急整備・予防整備を $73,220,000 で。2024/4/13 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8217-19-D-0002)
  • Al Qabandi United Co. W.L.L. (Kuwait City, Kuwait) : クウェートの Ali Al Salem AB で実施する輸送用車両のリースを $30,000,000 で。2024/4/12 まで。386th Expeditionary Contracting Squadron, Ali Al Salem AB, Kuwait (FA5703-19-D-0001)
  • Textron Aviation Defense LLC (Wichita, KS) : T-6A×15 機の再構成作業を対象とする支援業務について、修正契約を $15,350,000 で。イラクの Imam Ali AB で実施、累計受注額は $35,338,422。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/7/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Training Aircraft Division, Wright-Patterson AFB, OH (FA8617-17-C-6225/P00007)
  • 2101 LLC (dba Intercontinental Truck Body, Anaconda, MT) : 戦闘機用の牽引車を $10,566,494 で。2021/9/1 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8534-19-F-0017)
NAVY
  • Raytheon Co., Intelligence, Information and Services (Indianapolis, IN) : F/A-18 用のミサイル発射機を $47,378,485 で。2022/7 まで。クウェート向け FMS (Foreign Military Sales) を含む。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-C-0056)
  • Raytheon Co. (Portsmouth, RI) : Virginia 級 SSN で使用する電子式スロットル制御ユニット (ETCU : Electronic Throttle Control Unit)×28 セットと関連コンポーネントを $33,347,011 で。NSWC Philadelphia Division 向け。新規建造分と既存艦へのバックフィット向け。2024/4 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Philadelphia Division, Philadelphia, PA (N64498-19-D-4016)
  • Marshall Communications Corp. (Ashburn, VA) : Teamcenter Product Lifecycle Management 仕様に対応する、IT 関連のサプライ品とサービス業務を $9,805,873 で。前契約は NNG15SD82B。COMFRC (Commander, Fleet Readiness Centers) 向けでデジタル データの更新・共有・可視化で使用するもの。NAS (Naval Air Station) Patuxent River (Patuxent River, MD; 70%) と FRC-East (Fleet Readiness Center East, Cherry Point, NC; 30%) で実施、2020/4 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-19-F-0555)
  • Barnhart-Reese Construction Inc. (San Diego, CA) : MCB (Marine Corps Base) Camp Pendleton (Oceanside, CA) で実施する、フルモーション訓練設備施設の建設工事を $8,137,970 で。前契約は N62473-17-D-4635。修正契約×2 件まで含めた総額は $8,171,720。2020/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Southwest, San Diego, CA (N62473-19-F-4452)
  • BAE Systems Jacksonville Ship Repair (Jacksonville, FL) : USS Wichita (LCS-13) を対象とする PSA (Post-Shakedown Availability) について、オプション契約分を $8,123,072 で。2020/3 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-2302)
  • HII (Huntington-Ingalls Industries Inc.), Ingalls Shipbuilding (Pascagoula, MS) : 強襲揚陸艦 LHA-7 の納入後に実施するヤード サービス業務について、オプション契約分を $7,889,490 で。2019/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-2473)
MDA (Missile Defense Agency)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ): イージス BMD に関する修正契約を $7,438,922 で。CSL (Common Source Library) を対象とする、ソフトウェアのメンテナンス、識別、分析、修正、試験、マージを実施。累計受注額は $2,973,087,008 から $2,980,525,930 に。2019/10/31 まで。MDA (Missile Defense Agency), Dahlgren, VA (HQ0276-10-C-0001/P00322)

今日の報道発表 (北米編)
  • Harris Corp. が主導する企業聯合・The Space Enterprise Consortium が、NTS-3 (Navigation Technology Satellite-3) 実験衛星を、2018/12 に 8,400 万ドルで受注した。2022 年の打ち上げを予定している。(Harris 2019/4/8)
  • 米空軍は、地上設置型の電子戦システム/インフラを対象とするサポート業務の継続分について、Harris Corp. の採用を決定した。(Harris 2019/4/8)
  • 2.75in ロケット弾発射機の製造を手掛けている Arnold Defense (St. Louis, MO) が、FLETCHER レーザー誘導ロケット弾発射機 (Land Based, Laser Guided Rocket Launcher) の初受注を獲得した。18 ヶ月前に DSEi 展示会でお披露目していた製品で、4x4 バギーの屋根上にロケット弾発射機を載せた構成。第一陣によるトライアルが成功裏に進めば、追加受注も見込めるとしている。(Arnold Defense 2019/4/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • スイス国防省 (VBS : Eidgenossisches Departement fur Verteidigung, Bevolkerungsschutz und Sport)は、以前に予告していた通り、Payerne AB において、Air 2030 計画の下で導入する新戦闘機候補の飛行試験を開始した。一番手は Eurofighter Typhoon。2019/4/15、2019/4/29、2019/5/20、2019/6/6、2019/6/26 には夜間飛行を予定している。(VBS 2019/4/9)
  • フィンランド海軍が Squadron 2020 計画の下で建造する Pohjanmaa 級コルベット×4 隻の戦闘システムを、Saab AB が担当することになった (契約はまだ)。選に漏れたのは、Atlas Elektronik GmbH と Lockheed Martin Canada。(Saab 2019/4/9, IHS Jane's 2019/4/9)
  • Rheinmetall Defence AG はドイツ連邦軍 (Bundeswehr) から、PzH2000 自走榴弾砲で使用する 155mm 砲弾 DM121 を受注した。初期契約分は 32,000 発・1 億 900 万ユーロ (付加価値税込)、オプション契約分は 11,000 発・3,700 万ユーロ (同)。2019 年から 5 年がかりで納入の予定。(Rheinmetall Defence 2019/4/8)
  • ポーランドが、Mi-14 Haze×6 機の後継機として AgustaWestland AW101×4 機の調達を決定した。4 月末に発注契約に調印する予定。(Leonardo 2019/4/8, Defense-Aerospace.com 2019/4/9)
  • GDELS (General Dynamics European Land Systems) は 2019/3/28 に、ルーマニア側の調達関係者立ち会いの下、ノルウェーの Camp Rena にある射場で Piranha 5 装甲車による 30mm 機関砲の実射試験を実施した。(GDELS 2019/4/8)
  • Europrop International はマレーシア空軍 (RMAF : Royal Malaysian Air Force) との間で、A400M の TP400 エンジンを対象とする MRO (Maintenance Repair and Overhaul) の延長契約を締結した。RMAF は 2015/3 から A400M の運用を開始、手持ちは 4 機。(Europrop International 2019/4/8)
  • Thales はジャマイカから、沿岸監視レーダー Coast Watcher 100 を複数機、それと電子光学センサー、GMDSS (Global Maritime Distress and Safety System) 通信機、データ処理のための管制センター施設を、3,000 万ドルで受注した。これを据え付けることで、24 時間フルタイムの無人監視態勢ができる。低空を飛行する航空機やヘリコプターの探知も可能。(Thales 2019/4/8, IHS Jane's 2019/4/11)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/4/8)
AIR FORCE
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F-15 用の ADCP II (Advanced Display Core Processor II) について、オプション契約分を $91,290,023 で。低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 3 分、2021/12/28 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Fighter/Bomber Directorate, Wright-Patterson AFB, OH (FA8634-18-C-2698/P00002)
  • Raytheon Co. (Indianapolis, IN) : F-16 用の CDU (Center Display Unit) を対象とするエンジニアリング サービス業務を $70,475,000 で。2025/2/28 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), F-16 Contracting Branch, Hill AFB, UT (FA8232-19-D-0005)
  • BB&E Inc. (Northville, MI) : AFCEC (Air Force Civil Engineer Center) 麾下、Environmental Directorate 向けの助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) を $49,382,700 で。Environmental Restoration Program の関連で、JB San Antonio (San Antonio, TX) で実施。2023/10/10 まで。772nd Enterprise Sourcing Squadron, JB (Joint Base) San Antonio, San Antonio, TX (FA8903-19-F-0119)
  • LinQuest Corp. (Los Angeles, CA) : Joint Force Space Component Commander 向けのサポート業務を $9,283,025 で。宇宙担当統合軍 USSPACECOM (US Space Command) の立ち上げに関わる案件。Peterson AFB と Schriever AFB で実施、2020/4 まで。AFSPC (Air Force Space Command), Enterprise Solutions Directorate, Peterson AFB, CO (FA2545-19-C-A001)
NAVY
  • DRS Laurel Technologies Inc. (Chesapeake, VA) : Arleigh Burke 級駆逐艦の近代化改修で使用する RSC (Repair Station Console) を $53,744,086 で。NSWC Philadelphia Division の所掌。2024/4 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Philadelphia Division, Philadelphia, PA (N64498-19-D-4017)
  • Hamilton Sundstrand Corp. (Windsor Locks, CT) : F/A-18E/F 用シグナル プロセッサの補修を $11,129,837 で。2024/4 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-D-UM01)
  • II Corps Consultants Inc. (Fredericksburg, VA) : 海兵隊の C-IED (Counter Improvised Explosive Device) 訓練プログラムに関わる技術支援業務を $7,002,360 で。2020/4 まで。オプション契約分まで含めた総額は $30,104,481、2023/4 まで。作業場所は以下の通り。
    • MCB (Marine Corps Base) Camp Lejeune, NC (50%)
    • Twentynine Palms, CA (25%)
    • Camp Pendleton, CA (25%)
    Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-19-C-7905)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Tennier Industries Inc. (Delray Beach, FL) : パーカーを $14,884,350 で。陸軍・空軍向け。基本契約 1 年間、2020/4/7 まで。さらに 1 年単位のオプション契約 2 年分。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-19-D-1155)
  • Winston-Salem Industries for the Blind Inc. (dba IFB Solutions, Winston Salem, NC) : パーカーのオプション 2 契約分を $10,832,960 で。累計受注額は $35,426,315 から $46,259,275 に。陸軍・空軍向け、2020/10/11 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-B016/P00023)

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. は、2019 年の初頭に MCAS (Marine Corps Air Station) Yuma (Yuma, AZ) で陸上型 JPALS (Joint Precision Approach and Landing System) の実証試験を実施していたことを明らかにした。(Raytheon 2019/4/8)
  • Harris Corp. は Elbit Systems Ltd. との間で、後者の米国現地法人 Elbit Systems of America LLC に Night Vision 部門を売却する、との合意をまとめた。3 億 5,000 万ドルの現金買収で、これは Harris Corp. と L3 Technologies Inc. の合併実現に際して設定していた条件を履行したもの。(Harris 2019/4/5)
  • Carlyle Group は 2019/4/5 に、Veritas Capital から StandardAero を買収した、と発表した。StandardAero は機体やエンジンの MRO (Maintenance, Repair and Overhaul) を担当している企業。(Carlyle Group 2019/4/5)

今日の報道発表 (その他編)
  • Gavin Williamson 英国防相は、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force)・No.617 Sqn. (RAF Marham) 所属の F-35B を、年末に RAF Akrotiri に派遣する、と発表した。イギリスでは、同機にとっては初の海外派遣となる。(MoD UK 2019/4/8)
  • 英国防省は、自国内の試験・訓練・評価拠点に対して 13 億ポンドの支出を実施すると表明した。これにより、LTPA (Long-Term Partnering Agreement) の下で業務を請け負っている QinetiQ plc は、16 拠点・従業員 1,800 名の維持が可能になる。今回の契約の期間は 2018/3/31 まで。資金投下プロジェクトとしては、ノイズ・電磁波シグネチャ検出設備、地上配備型の電子戦・通信・兵器評価システム、デジタル化した試験・評価バックボーンを挙げている。(MoD UK 2019/4/5, QinetiQ 2019/4/5)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) が 2019/4/5 に、前の週にサイバー防衛用状況認識システム・CySAP-RRP (Cyber Defence Situation Awareness Package Rapid Research Prototype) 計画のキックオフ ミーティングを開いたことを明らかにした。スペインが主導、ドイツとイタリアが参画している。(EDA 2019/4/5)
  • ウクライナの国家科学・国防会議 (National Security and Defense Council of Ukraine) で議長を務める Oleksandr Turchynov 氏が、国内開発を進めている巡航ミサイル P-360 の試射成功について明らかにした。車載式の発射機に搭載する自走型で、試射では洋上を 100km 以上飛翔した後で針路を反転、所定のターゲットに着弾したとしている。(National Security and Defense Council of Ukraine 2019/4/5)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |