今週の軍事関連ニュース (2019/04/18)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • Hulusi Akar 土国防相が事前の日程公表を行わずに訪米、2019/4/16 に Patrick Shanahan 米国防長官代行と会談した。その後の会見で、米国防総省の Charles Summers 報道官は「両国は戦略的パートナーである」と説明。議題は例の S-400 問題とシリア情勢。(SpaceWar 2019/4/16)
  • 米海軍の駆逐艦 USS Spruance (DDG-111)、それと米海軍 VP-8 "Fighting Tigers" (NAS Jacksonville, FL) 所属の P-8A が、インド海軍 Naval Air Squadron 312 (Indian Naval Station Rajali) 所属の P-8I と、合同対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) 訓練を実施した。(US Navy 2019/4/16)
  • 米空軍 2nd BW (2nd Bomb Wing, Barksdale AFB, LA) から RAF Fairford に展開していた B-52H×6 機と人員 450 名あまりが、米戦略軍 (USSTRATCOM : US Strategic Command) の BTF (Bomber Task Force) の任務を終えて帰国した。(USAF GSC 2019/4/15)

今日のニュースいろいろ
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) No.661 Sqn. 所属の AgustaWestland AW159 Wildcat HMA.2×4 機が、NATO 戦闘群に加わるためにエストニア入り。エストニア国防省が 2019/4/14 に発表したもので、5 月末までの展開を予定している。このほか、英陸軍 No.663 Sqn. 所属の WAH-64 Apache AH.1×5 機もエストニア入りしている。いずれも eFP (Enhanced Forward Presence) の一環。これにより、イギリス軍のバルト海方面派遣任務 "Operation Cabrit" は、派遣総数 1,000 名に拡大する。(MoD UK 2019/4/15, IHS Jane's 2019/4/15-16)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) は 2001 年から、"Operation Chobdahar" の下で Merlin や Wildcat ヘリコプターのオマーン派遣を続けていたが、この任務が終了して最後の機体が帰国した。最後に展開していたのは 815NAS (815 Naval Air Squadron) の AW159 Lynx Wildcat HMA.2。(Royal Navy 2019/4/15)

今日のニュースいろいろ
  • カナダの CBC が「カナダ政府が 5 月に、CF-18 の後継となる次世代戦闘機の調達に関するメーカー募集を実施する」と報じている。名前が挙がっている候補は、Saab AB、Airbus Defence and Space、Boeing Co.、Lockheed Martin Corp. の 4 社。(CBC News 2019/4/15)
  • NATO は 2019/4/12 にオランダで、演習 "Frisian Flag" と "EART (European Air Refueling Training)" を実施した。前者は Leeuwarden AB を拠点として、オランダ・ドイツ・デンマークの上空で実施、ドイツ、フランス、オランダ、ポーランド、イギリス、アメリカ、スイスが参加。後者は EATC (European Air Transport Command) がオーガナイズして、オランダ、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカから 5 機の給油機が参加。(NATO 2019/4/12)
  • 2019/5/23 に Baikonur Cosmodrome で、ロシア軍向け通信衛星 Blagovest (4 号機) の打ち上げを実施する予定だったが、7 月に延期された。Sputnik の報道による。これを最後に、ロシア軍の軍用衛星打ち上げは Plesetsk Cosmodrome に場を移す予定。(SpaceWar 2019/4/15)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Svenska Dagbladet 紙の報道によると、Saab AB の生産ラインが JAS39E/F に移行したために、スウェーデン軍が調達した JAS39C×10 機分、JAS39D×4 機分のエアフレームが使われずに終わっている、と報じた。スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) の説明では、この 14 機分のエアフレームは JAS39E の契約に含まれている由。(Alert5 2019/4/17)
  • Cubic Corp. の CMS (Cubic Mission Solutions) 部門がニュージーランド国防省から、NEA (Network Enabled Army) 計画の下で進めている TNet (Tactical Network) 計画向けの指揮統制 (C2 : Command and Control) 機能を受注した。NEA は 12 年がかりで 4 段階に分けて推進するプログラムで、対象は陸軍と特殊作戦部隊。(Forecast International 2019/4/15)
  • Rodrigo Duterte 比大統領が、ヨルダンが 3 機目の AH-1 攻撃ヘリをフィリピンに供与することになり、機体は 7 月に引き渡されることを明らかにした。(DID 2019/4/16)
  • オランダは、Walrus 級の後継となる次世代潜水艦調達計画について、意思決定を先送りした。フランス勢とオランダ勢が受注を競っているところで、4 隻の総額は 25-35 億ユーロと見積もられている。(Defense-Aerospace.com 2019/4/15)
  • 韓国の国防事業庁 (DAPA : Defense Acquisition Program Administration) は、京城 Seoul 南西 330km の地点にある第 1 戦闘航空団のホームベース・光州 Gwangju 基地に、3 月に精測進入レーダー (PAR : Precision Approach Radar) を導入したことを明らかにした。2023 年までに、他の軍用飛行場にも配備するとしている。担当メーカーは LIG Nex1、2012/11 に 200 億ウォン (1,760 万ドル) の契約を受注、201 年末に開発を完了した。(聯合ニュース 2019/4/15)

台湾向け FMS (DSCA 2019/4/15)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、台湾 (TECRO : Taipei Economic and Cultural Representative Office in the United States) 向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F-16 の訓練業務を輸出すると通告した。総額は 5 億ドル。
現在、Luke AFB で実施している操縦・整備・兵站支援関連の訓練業務を継続するもの。使用するイナート弾、模擬弾、スペアパーツ、補修用パーツ、支援機材、プログラム管理業務、補給支援、整備支援、プログラム管理業務、文書類、訓練機材、工学/技術/兵站支援業務も含む。
担当メーカーは URS Federal Services Inc. (Germantown, MD) と L3 (Greenville, TX)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2019/4/16)
AIR FORCE
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., King of Prussia, PA) : LGM-30G Minuteman III の RS/RV (Reentry System/Reentry Vehicles) サブシステムを対象とするサポート業務を $879,000,000 で。維持管理、整備、老朽化監視、改修、ソフトウェアのメンテナンス、開発、政策などに関わるエンジニアリング。2030/6/4 まで。Air Force Nuclear Weapons Center, Hill AFB, UT (FA8214-19-D-0001)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AIM-120 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) に関する修正契約を $19,136,527 で。生産試験機材のアップグレード改修と共通性改善を実施。オーストラリア、インドネシア、日本、韓国、モロッコ、ポーランド、カタール、ルーマニア、スペイン、イギリス向け FMS (Foreign Military Sales) 分 $6,739,885 を含む。2022/4/15 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8675-18-C-0003/P00011)
ARMY
  • Mitchco International Inc. (Louisville, KY) : Fort Sill で実施する給養業務を $94,250,932 で。2024/4/30 まで。Army Mission and Installation Contracting Command, Fort Sam Houston, TX (W9124J-19-D-0010)
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) 基本型を対象とする ECP (Engineering Change Proposal) OSKW8233R2 (Capsule Roof Hatch) の適用について、修正契約を $19,667,534 で。2021/4/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-15-C-0095/P00175)
NAVY
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) Mk.31 GMWS (Guided Missile Weapon System) の改良計画を対象とする、デザイン エージェント/工学支援業務について、オプション契約分を $72,225,064 で。2022/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-5431)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : AGM-84H SLAM-ER (Stand-off Land Attack Missile - Expanded Response) を対象とする、フェーズ I 設計熟成・分析・試験について、修正契約を $30,135,588 で。サウジアラビア向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/7 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1057/P00001)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) : Arleigh Burke 級駆逐艦を対象とするヤード サービス業務について、オプション契約分を $28,375,637 で。2020/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-2312)
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Marlborough, MA) : USS Oscar Austin (DDG-79) の AN/SPY-1D レーダー用送信機を対象とする、補修・再組み立て・試験を $16,818,682 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。前契約は N00024-17-G-5103。2021/3 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-F-5121)
  • L-3 Chesapeake Sciences Corp. (Millersville, MD) : TB-34A 曳航ソナーの オプション契約分を $13,769,027 で。2022/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-6239)
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : F-35 用の LOHAS (Low Observable Health Assessment System) ベースライン ファイル作成、LOHAS ベースライン ファイル自動化ツール、補修最適化、LOHAS 低観測性整備・管理モジュールについて、オプション契約分を $13,603,662 で。米空軍向け $5,409,770 (39.77%)、米海兵隊向け $2,704,884 (19.88%)、米海軍向け $2,704,884 (19.88%)、海外パートナー向け $2,784,124 (20.47%)。2020/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-C-0004/P00047)
  • Silatronix Inc. (Madison, WI) : 有機シリコン電解液 (Organosilicon Electrolytes) を $8,310,568 で。Ni-Mg-Co リチウムイオン蓄電池 (Safe, High Energy, High Nickel Magnesium Cobalt Lithiim-Ion Battery) 向け。オプション契約分まで含めた総額は $10,152,529。2021/7/5 までで、オプション契約分も並行実施。ONR (Office of Naval Research), Arlington, VA (N00014-19-C-1009)
  • Canadian Commercial Corp. (Ottawa, Ontario, Canada) : 洋上位置標定用マーカー Mk.25 mod.4 と Mk.25 mod.5 を $8,039,793 で。HFI Pyrotechnics Inc., Prescott (Ontario, Canada) で製作する。2024/4 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Crane Division, Crane, IN (N00164-19-D-JR61)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Direct Energy Business LLC (Pittsburgh, PA) : ペンシルバニア州内で実施する電力供給と付随業務を $40,792,161 で。米エネルギー省 (DoE : Department of Energy) の Fermi National Accelerator Laboratory 向け。2022/12/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE604-19-D-8011)

今日の報道発表 (北米編)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Ingalls Shipbuilding 部門で進めていた USS Fitzgerald (DDG-62) の修理作業が進展して、同艦は 2019/4/16 に出渠した。(US Navy 2019/4/16)
  • Northrop Grumman Corp. 傘下の Alliant Techsystems Operations LLC が米陸軍から、小火器用弾薬の生産契約を 1 億 9,400 万ドルで受注した。5.56mm、7.62mm、12.7mm が対象で、Lake City Army Ammunition Plant (Independence, MO) で製造する。Lake City で 2000 年以降に製造した銃弾は合計 180 億発を超えている。(Northrop Grumman 2019/4/16)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、米陸軍が Fort Campbell で MQ-1C ER Gray Eagle ER (Extended Range) を対象とする新装備訓練 (NET : New Equipment Training) を実施・完了した、と発表した。整備手順、マニュアル、地上支援機材が対象。MQ-1C ER を配備する第 160 特殊作戦航空聯隊・F 中隊に加えて、その後の配備を予定している E 中隊も対象。(GA-ASI 2019/4/15)
  • MD Helicopters Inc. は、2019/4/14-16 にかけて Gaylord Opryland Hotel and Casino (Nashville, TN) で開催された 2019 Army Aviation Mission Solutions Summit (ex-AAAA) の席で、MD 969 Twin Attack Helicopter をお披露目した。双発ヘリ MD969 に、Systima Technologies が開発した 7 連装発射機 CLT (Common Launch Tube) を組み合わせたもの。AGM-176 Griffin×7 発の搭載が可能。さらに、各種兵装や TOBS (Tactical Off-Board Sensors) の搭載も計画中。(MD Helicopters 2019/4/14)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け Dassault Falcon 7X が、2019/4/16 に Canberra に到着した。Bombardier CL604 Challenger の代替機としてリースしたもので、最終的に CL-604 と同数の 3 機を揃える予定。最大速力 M0.9、航続距離 11,000km。Special Purpose Aircraft として、Defence Establishment Fairbairn (Australian Capital Territory) を拠点に運用する。運用担当の No.34 Sqn. では、より大型の 737 BBJ (Boeing Business Jet) を補完する機体と位置付けている。(Australian DoD 2019/4/16, IHS Jane's 2019/4/16)
  • DRDO (Defence Research and Development Organisation) は、インド国産の亜音速巡航ミサイル Nirbhay による 6 度目の試射を、ITR (Integrated Test Range, Chandipur Odisha) で成功裏に実施した。ミサイルは垂直発射した後で水平飛行に転換、エンジンを始動して目標まで飛翔した。その過程を電子光学センサーで追尾したとしている。(Indian MoD 2019/4/15)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/4/15)
NAVY
  • Pratt & Whitney Engines (East Hartford, CT) : F135 エンジンのロット 14 量産分について、先行調達に関する修正契約を $201,915,947 で。米空軍向け $68,062,565 (33.71%)、米海兵隊向け $34,923,315 (17.3%)、米海軍向け $23,607,892 (11.69%)、海外パートナー向け $66,767,551 (33.07%)、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け $8,554,624 (4.23%)。2022/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1021/P00004)
  • 以下の各社は、駆逐艦、巡洋艦、ドック型揚陸艦、ドック型揚陸輸送艦、強襲揚陸艦を対象とする軽微な緊急整備・継続整備を、総額 $113,246,997 で。
    • Colonna's Shipyard West LLC (San Diego, CA) : N55236-17-D-0013
    • East Coast Repair and Fabrication (Norfolk, VA) : N55236-17-D-0018
    • Epsilon Systems Solutions Inc. (National City, CA) : N55236-17-D-0017
    • Marine Group Boat Works (Chula Vista, CA) : N55236-17-D-0015
    • Pacific Ship Repair and Fabrication Inc. (San Diego CA) : N55236-17-D-0014
    • Propulsion Controls Engineering (San Diego, CA) : N55236-17-D-0016
    • South Coast Welding and Manufacturing Inc. (Chula Vista, CA) : N55236-17-D-0012
    オプション 2 契約分。2020/5/24 まで。San Diego を母港とする艦と、同地に寄港する艦が対象。Southwest Regional Maintenance Center, San Diego, CA
  • 以下の各社は、戦闘に関する課題の解決や戦闘能力向上に関わる、革新的解決策を実現するための専門的知見の提供を、総額 $50,000,000 で。
    • Alion Science and Technology Corp. (McLean, VA) : N00189-19-D-0002
    • Booz Allen Hamilton Inc. (Norfolk, VA) : N00189-19-D-0003
    Navy Warfare Development Command 向け。2024/4 まで。オプション契約分まで含めた総額は $55,100,000、2024/10 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department Norfolk, PA
  • SNC (Sierra Nevada Corp., Sparks, NV) : F/A-18 用のビーコン送信機とビーコン受信機を対象とする補修作業を $13,533,798 で。2024/4 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-D-V001)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AIM-9X ブロック II のロット 18 量産分について、修正契約を $12,111,859 で。AUR (All-Up Round)、CATM (Captive Air Training Missile) 誘導ユニット、テイル キャップ、コンテナ、スペアパーツで構成。対象は以下の通り。
    • 米海軍 : $884,869 (7.2%)
    • 米空軍 : $678,935 (5.6%)
    • 韓国 : $2,093,922 (17.3%)
    • オーストラリア : $1,989,468 (16.4%)
    • カタール : $1,900,344 (15.7%)
    • インドネシア : $613,232 (5.1%)
    • ノルウェー : $610,316 (5%)
    • クウェート : $536,353 (4.4%)
    • サウジアラビア : $443,249 (3.7%)
    • イスラエル : $386,756 (3.2%)
    • ポーランド : $338,184 (2.8%)
    • 日本 : $249,903 (2.1%)
    • 台湾 : $241,433 (2%)
    • トルコ : $185, 098 (1.5%)
    • マレーシア : $172,606 (1.4%)
    • アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) : $171,534 (1.4%)
    • ベルギー : $167,707 (1.4%)
    • オランダ : $161,865 (1.3%)
    • フィンランド : $141,901 (1.2%)
    • スイス : $57,020 (0.5%)
    • スロバキア : $45,793 (.04%)
    • シンガポール : $33,298 (0.3%)
    • デンマーク : $8,073 (0.1%)
    米海空軍向け以外は FMS (Foreign Military Sales)。2021/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1068/P00002)
  • Silver Ships Inc. (Theodore, AL) : 高速水上機動標的 (high speed maneuvering surface target)×160 セット、アクセサリー類、スペアパーツを $11,000,149 で。オプション契約分まで含めた総額は $19,667,147。2020/7 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-F-2238)
  • International Enterprises Inc. (Talladega, AL) : F/A-18 用の多用途カラー ディスプレイを対象とする補修作業を $7,250,287 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。前契約は N00383-17-G-A201。2020/8 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-19-F-A204)
AIR FORCE
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : GBU-39/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント I と兵装架を $65,000,000 で。FMS (Foreign Military Sales) カスタマー (オーストラリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、ギリシア、イスラエル、韓国、オランダ、スペイン、スウェーデン、トルコ、シンガポール、その他将来カスタマー) 向けのインテグレーション、維持管理、サポート業務で使用する分。2029/4/15 まで。初期分での FMS からの支出 $2,474,387。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8681-19-D-0009)
  • Leidos Inc. (Reston, VA) : 技術分野で経験・知見を有する特殊技能者の提供を $51,593,787 で。AFOSI (Air Force Office of Special Investigations) 向け、2024/4/15 まで。Headquarters Air Combat Command Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-19-F-A007)
  • Cantu Services Inc. (Wichita Falls, TX) : JB McGuire-Dix-Lakehurst で実施する給養業務のオプション 4 契約分を $12,195,512 で。累計受注額は $48,017,841。2020/4/30 まで。The 87th Contracting Squadron, JB (Joint Base) McGuire-Dix-Lakehurst, NJ (FA4484-15-D-0003/P00020)
  • EDO LLC (Amityville, NY) : B-1B 用のボムラック、BRU-56/A の改修を $9,559,557 で。設計、試験、改修、製作、品質保証、梱包、納入、プログラム管理を担当。作業場所は以下の通り。
    • Dyess AFB, TX
    • Ellsworth AFB, SD
    • Edwards AFB, CA
    • Amityville, NY
    2021/4/15 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8107-19-C-0001)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Freeman Holdings of Louisiana LLC (dba Million Air Alexandria, Alexandria, LA) : 燃料油を $11,164,086 fixed-price (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE607-19-D-0059)
  • Honeywell International Inc. (Phoenix, AZ) : F-16 用の先進エア データ コンピュータを $10,080,794 で。空軍向け、2021/12/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Hill AFB, UT (SPRHA4-19-D-0001)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米空軍 388th FW (388th Fighter Wing, Hill AFB, UT) と 419th FW (419th Fighter Wings, Hill AFB, UT) 所属の F-35A が、2019/4/15 にアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の Al Dhafra AB に到着した。F-35A は過去に、2017/4 に RAF Lakenheath、2017 年秋に太平洋方面に、それぞれ展開したことがある。(USAF 2019/4/15)
  • Lockheed Martin Corp. の全周視界装置・PDAS (Pilotage Distributed Aperture Sensor) を装備して、Bell Helicopter Textron Inc. の V-280 Valor が最初のフライトを実施した。(Lockheed Martin 2019/4/15)
  • Saab AB は General Dynamics から、米海軍向け沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) のうち LCS-36 と LCS-38 に搭載する Sea Giraffe AMB naval (AN/SPS-77) を追加受注した。同社が LCS 向けのレーダーを手掛けるようになったのは 2005 年のこと。(Saab 2019/4/15)
  • BAE Systems Inc. は、VPS (Vehicle Protection System) の一環となる全周監視用センサー機材・360 MVP Sensor を発表した。MVP は Multifunction Vehicle Protection の略。4 基の高解像度カメラで全周をカバーして、脅威の探知を実現する。(BAE Systems 2019/4/15)
  • 米陸軍は、JMR MSAD (Joint Multi Role Mission Systems Architecture Demonstration) 計画の MSI (Mission Systems Integrator) として、Collins Aerospace Systems など三社の採用を決定した。FVL (Future Vertical Lift) 計画の戦略策定に必要な知見を得るのが、JMR MSAD の目的。期間は 2020/12 まで。(Collins Aerospace 2019/4/14)
  • Atlas Elektronik Canada Ltd. は Magellan Aerospace Corp. との間で、対魚雷魚雷 (ATT : Anti Torpedo Torpedo)・SeaSpider の設計・開発を共同で進める、との合意をまとめた。(Atlas Elektronik Canada 2019/4/12, Magellan Aerospace 2019/4/12)

今日の報道発表 (その他編)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は、軽量型戦術監視レーダー MURIN (Moyen de surveillance Utilisant un Radar d'observation des INtervalles)×13 基の調達を進めており、年内に完納の予定。仏陸軍向けで、昼夜・全天候下での ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) 能力を実現するとしている。2019-2025 年を対象とする LPM (Loi de Programmation Militaire) で導入が決まっていた。(French MoD 2019/4/12)
  • スペインの閣議は、General Budgetary Law 47/2003 で規定している国防支出計画について、飛行訓練校 (General Air Academy) に導入する新練習機調達の費用を上積みすることで合意した。現用中の C101 練習機では 2021/9 以降の訓練所要に対応できないためで、2 億 2,500 万ユーロ (2020-2022 年にかけて。毎年 7,500 万ユーロずつ) の支出を見込む。(Spanish Government 2019/4/12)
  • EXPAL Systems が開発した新型 155mm 砲弾 Extended Range 155mm が、Cadiz の試験場 (Torregorda Test Center) で実施していたスペイン陸軍による領収試験にパスした。軍の調達部門・DGAM (Direccion General de Armamento y Material) ならびに陸軍兵站部門 (MALE : Mando de Apoyo Logistico) と共同開発していた製品で、威力と安全性を高めたとしている。(Expal 2019/4/9)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |