今週の軍事関連ニュース (2019/05/09)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2019/5/6 に、USS Preble (DDG-88) と USS Chung-Hoon (DDG-93) の 2 隻が、Spratly Islands の Gaven Reef と Johnson Reef から 12nm 以内の海域を航行する FONOPS (Freedom of Navigation Operations) を実施した。一方、中国外交部の Geng Shuang 報道官は「米韓が中国側の承認を得ずに当該海域に侵入、中国艦から立ち去るよう警告した」と発表した。(Reuters 2019/5/6)

今日のニュースいろいろ
  • 米空軍 SMC (Air Force Space and Missile Systems Center) と NRO (National Reconnaissance Office) が、衛星打ち上げ業務 (Launch Service Procurement) のフェーズ 2 分に関する RfP を 2019/5/3 に発出した。(USAF 2019/5/3)
  • Patrick Shanahan 米国防長官代行が報道関係者に対して、トルコが S-400 地対空ミサイルの調達計画を取りやめないのであればトルコにおける F-35 生産に関わる支援を打ち切る、と言明した。また、超党派の下院議員が「トルコがロシアから S-400 を調達するのであれば、F-35 のトルコ向け輸出を禁止する」という法案 "Protecting NATO Skies Act of 2019." を提出した。起案した下院議員は、Mike Turner (R-OH)、John Garamendi (D-CA)、Paul Cook (R-CA) の 3 名。さらに James Lankford 上院議員 (R-OK) も後押ししている。(SpaceWar 2019/5/3, DefenseNews 2019/5/6)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • インド海軍向け Scorpene 型潜水艦、Kalvari 級 (Project 75) の 4 番艦、INS Vela が、2019/5/6 に MDL (Mazagon Dock Ltd., Mumbai) で進水した。(Financial Express Online 2019/5/6)
  • Nirmala Sitharaman 印国防相が議長を務める国防調達会議 (DAC : Defense Acquisition Council) が、インド海軍向けに Ka-31 早期警戒ヘリ×10 機を総額 360 億ルピー (5 億 1,800 万ドル) で調達する件を承認した。(Financial Express 2019/5/6, IHS Jane's 2019/5/7)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/5/7)
NAVY
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス戦闘システムを対象とする工学、アーキテクチャ、開発、インテグレーション、試験、NIFC-CA (Naval Integrated Fire Control-Counter Air) 関連のインテグレーションと試験、訓練、スタディ、コンピュータ プログラムのメンテナンスについて、修正契約を $84,925,824 で。2019/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-13-C-5116)
  • G2 Software Systems Inc. (San Diego, CA) : 指揮統制 (C2 : Command and Control) 関連の技術と、C2 がらみの科学技術研究、システム工学、アーキテクチャ、設計、開発、インテグレーション、試験、構成管理、品質保証、導入、サポートを $83,493,639 で。2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $93,030,165、2029/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0059)
  • Geocent (Metairie, LA) : 指揮統制 (C2 : Command and Control) 関連の技術と、C2 がらみの科学技術研究、システム工学、アーキテクチャ、設計、開発、インテグレーション、試験、構成管理、品質保証、導入、サポートを $83,338,808 で。2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $93,030,165、2029/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0060)
  • Forward Slope Inc. (San Diego, CA) : 指揮統制 (C2 : Command and Control) 関連の技術と、C2 がらみの科学技術研究、システム工学、アーキテクチャ、設計、開発、インテグレーション、試験、構成管理、品質保証、導入、サポートを $76,903,173 で。2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $93,030,165、2029/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0058)
  • AS&T (Advanced Sciences and Technologies LLC, Berlin, NJ) : 指揮統制 (C2 : Command and Control) 関連の技術と、C2 がらみの科学技術研究、システム工学、アーキテクチャ、設計、開発、インテグレーション、試験、構成管理、品質保証、導入、サポートを $68,106,416 で。2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $93,030,165、2029/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0056)
  • Solute Inc. (San Diego, CA) : 指揮統制 (C2 : Command and Control) 関連の技術と、C2 がらみの科学技術研究、システム工学、アーキテクチャ、設計、開発、インテグレーション、試験、構成管理、品質保証、導入、サポートを $55,891,672 で。2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $93,030,165、2029/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0061)
  • Data Intelligence LLC (Marlton, NJ) : 指揮統制 (C2 : Command and Control) 関連の技術と、C2 がらみの科学技術研究、システム工学、アーキテクチャ、設計、開発、インテグレーション、試験、構成管理、品質保証、導入、サポートを $48,103,672 で。2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $93,030,165、2029/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0057
  • Pratt & Whitney Engines (East Hartford, CT) : F135 エンジンの先行調達追加に伴う修正契約と、スペアパーツのオプション契約分追加を $55,675,476 で。米海軍向け $4,161,749 (7.5%)、米空軍向け $3,116,792 (5.6%)、米海兵隊向け $556,570 (1.0%)、海外パートナー向け $24,899,106 (44.7%);、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け $22,941,259 (41.2%)。2022/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1021/P00005)
  • Black Construction/MACE International JV (Harmon, Guam) : NSF (Naval Support Facility) Diego Garcia (Diego Garcia, British Indian Ocean Territories) で出力 3MW の太陽光発電プラントを建設する工事を、$29,877,000 で。2021/6 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-19-C-1324)
  • Nathan Kunes Inc. (San Diego, CA) : コンピュータ ネットワークの防御策、ワイヤレス コンピューティング向けのセキュリティ技術、クロスドメイン ソリューション、脆弱性評価に関わる開発・導入を $13,681,778 で。2019/5/7-2021/5/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $35,236,186、2024/5/6 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-D-0089)
  • BAE Systems, Information and Electronics Systems Integration Inc. (Hudson, NH) : APKWS (Advanced Precision Kill Weapon System) 誘導セクションのアップグレードを $10,853,462 で。前契約は N00019-16-G-0021。2021/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-0019)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • San Antonio Lighthouse for the Blind (San Antonio, TX) : 耐火性の迷彩トラウザーズについて、オプション 2 契約分を $11,295,446 で。陸軍向け、2020/10/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-B024/P000013)
  • Federal Contracts Corp. (Tampa, FL) : 2017/4/20 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0008 に基づく、民生品のトラック/トレーラーと組み合わせるトレーラーの調達対象に追加。(SPE8EC-19-D-0040)

今日の報道発表 (北米編)
  • AeroVironment Inc. と Kratos Defense & Security Systems Inc. の Unmanned Systems Division が組んで、敵対的環境下で運用するマルチドメイン対応無人システムの開発・実証を行うことになった。(AeroVironment 2019/5/7)
  • Raytheon Co. は米海兵隊 MARCORSYSCOM (Marine Corps Systems Command) との間で、NSM (Nytt Sjonomalsmissil / Naval Strike Missile) を 4,759 万ドルで受注・納入するという趣旨の OTA (Other Transaction Authority) 合意を締結した。(Raytheon 2019/5/7)
  • Northrop Grumman Corp. は、DARPA (Defense Advanced Research Project Agency) が 2019/3/28 に立ち上げた R3D2 (Radio Frequency Risk Reduction Deployment Demonstration) 計画に関連して、小型衛星の迅速開発に関する実証試験を実施した。(Northrop Grumman 2019/5/7)
  • Harris Corp. は Boeing Co. から、Boeing AvionX と組んで MQ-25 用のミッション管制システム用プロセッサを納入する計画を受注した。COTS (Commercial Off-The-Shelf) 技術を利用するオープン アーキテクチャ製品とする。(Harris 2019/5/6)

今日の報道発表 (その他編)
  • ノルウェー空軍 (RNoAF : Royal Norwegian Air Force) が 2019/5/7 に、F-35A×3機が新たに Orland AB に到着したことを明らかにした。(Kampflyprogrammet 2019/5/7)
  • Ariane Group は、14 基を受注している量産型 Ariane 6 ロケットのうち、初号機の製作を開始した。最終的には 2021-2023 年にかけて 14 基を納入する予定。(Ariane Group 2019/5/6)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/5/6)
AIR FORCE
  • Vital Link Inc. (Sealy, TX) : 空軍で使用しているノイズ サプレッサーの維持管理業務を $228,843,057 で。世界各地で実施、2029/11/5 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8534-19-D-0003)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : RMP (Radar Modernization Program) 向けの GPP3 (Common Configuration General Purpose Processor)×57 セットと WFG (Waveform Generator)×11 セットを$35,800,000 で。2023/10/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Fighter/Bomber Directorate, F-15 Division, Wright-Patterson AFB, OH (FA8634-19-F-0009)
  • Metis Solutions LLC (Arlington, VA) : 財務サービス業務を $10,301,762 で。米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command)、米アフリカ軍 (USAFRICOM : US Africa Command)、米欧州軍 (USEUCOM : US European Command) の AOR (Area of Responsibility) で実施。2019/10/20 まで。Headquarters Air Combat Command, Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA (FA4890-19-C-A007) (Awarded March 20, 2019)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Shore Terminals LLC (dba NuStar, San Antonio, TX) : 各種ジェット燃料の受け入れ、保管、配送業務を $227,733,110 で。海軍・空軍向け、2023/5/6 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE603-19-C-5006)
  • Point Blank Enterprises (Pompano Beach, FL) : ESAPI (Enhanced Small Arms Protective Insert) を$92,881,740 で。陸海空軍・海兵隊向け、2021/3/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-19-D-1154)
ARMY
  • 以下の各社は、インフラの災害復旧工事を総額 $95,000,000 で。
    • Eagle Eye - Enviroworks JV (Anchorage, AK) : W9128F-19-D-0034
    • Ahtna-CDM JV (Irvine, CA) : W9128F-19-D-0035
    • IE- Weston Federal Services JVB LLC (Pasco, WA) : W9128F-19-D-0036
    • Relyant Global LLC (Maryville, TN) : W9128F-19-D-0037
    2024/5/5 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE
  • Cray Inc. (Seattle, WA) : Department of Defense High Performance Computing Modernization Program 向けの TI (Technology Insertion) を $22,549,000 で。APG (Aberdeen Proving Ground, Aberdeen, MD) で実施、2025/11/5 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL (W912DY-19-F-0296)
  • Cray Inc. (Seattle, WA) : Department of Defense High Performance Computing Modernization Program 向けの TI (Technology Insertion) を $14,549,000 で。ミシシッピー州 Vicksburg で実施、2025/11/5 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL (W912DY-19-F-0298)
  • Textron Systems, AAI Corp. (Hunt Valley, MD) : UAV 向けの兵站支援業務を $8,928,378 で。オーストラリア向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/2/7 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, Alabama (W58RGZ-19-F-0407)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • n~Ask Inc. (Fairfax, VA) : モジュラー型 ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) 向け小型衛星のプロトタイプを使用する実証を、$7,816,490 で。USSOCOM 向け、2020/9 まで。USSOCOM (US Special Operations Command) Headquarters, Tampa, FL (H92401-19-C-0014)

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. と米海軍は、127mm 誘導砲弾 Excalibur N5 についてさまざまな射程距離での試射を実施、完了した。(Raytheon 2019/5/6)
  • Raytheon Co. は、DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の MAD-FIRES (Multi Azimuth Defense Fast Intercept Round Engagement System) 計画で使用するロケット モーターについて、YPG (Yuma Proving Ground, Yuma, AZ) で燃焼試験を実施したことを明らかにした。(Raytheon 2019/5/6)
  • Richard V. Spencer 米海軍長官は、Arleigh Burke 級駆逐艦の 83 番艦・DDG-133 について、艦名を USS Sam Nunn にする、と発表した。(US Navy 2019/5/6)
  • Northrop Grumman Corp. は、新型の舶用慣性航法装置 (INS : Inertial Navigation System)、SeaFIND (Sea Fiber Optic Inertial Navigation with Data Distribution) のリリースを発表した。(Northrop Grumman 2019/5/6)
  • 米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory) は SHiELD (Self-Protect High Energy Laser Demonstrator) 計画の ATD (Advanced Technology Demonstration) で、代用品のレーザーを使用した交戦試験を 2019/4/23 に実施、複数の航空機発射ミサイルを撃墜した。(USAF 2019/5/3, SpaceWar 2019/5/5, IHS Jane's 2019/5/7)
  • DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) は、ソフトウェアの自動評価によって一定水準に達していることの保証を迅速に実現することを企図した、ARCOS (Automated Rapid Certification Of Software) 計画を立ち上げた。 (DARPA 2019/5/3)
  • 米陸軍 AFC (Army Futures Command) は、2019/4/25 に国防総省で開催した DoD Lab Day の席上、米陸軍と同盟国軍の間における音声通信の相互運用性を改善するブリッジ機能、RIC-U (Radio Interoperability Capability - Universal) の実証試験を実施した。(US Army 2019/5/2)

今日の報道発表 (その他編)
  • Airbus Defence and Space は 2019/7/24 に、高速衛星データ通信を実現する EDRS (European Data Relay System) 衛星の 2 号機、EDRS-C を Ariane 5 で打ち上げる。(Airbus Defence and Space 2019/5/6)
  • 2019/5/3 に TKMS (ThyssenKrupp Marine Systems AG, Kiel, Germany) で、エジプト海軍向け 209/1400mod 型潜水艦の 3 番艦を対象とする命名式が行われた。艦名は S43。(TKMS 2019/5/3)
  • アメリカがバングラデシュ海軍に供与した Metal Shark 製の哨戒艇×5 隻について、2019/4/25 に Chittagong の SWADS (Special Warfare Diving and Salvage) 司令部で引渡式典が行われた。最大速力 35kt。(US Navy 2019/4/30)

チェコ向け FMS (1) (DSCA 2019/5/3)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、チェコ向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で AH-1Z を輸出すると通告した。総額は 2 億 500 万ドル。内訳は以下の通り。
  • AH-1Z×4
  • T700-GE-701D エンジン×8
  • Honeywell 製 EGI (Embedded Global Positioning Systems / Inertial Navigation System)×8 w/PPS (Precise Positioning Service)
  • AGM-114 Hellfire×14
  • 通信機材、電子戦機材、20mm 機関砲 M197、TSS (Target Sight System)、支援機材、予備エンジン用コンテナ、スペアパーツ、補修用パーツ、ツール類、試験機材、技術データ、文書類、訓練、訓練機材、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは Bell Helicopter Textron Inc. (Fort Worth, TX) と General Electric (Lynn, M)。オフセットの設定はなし。

チェコ向け FMS (2) (DSCA 2019/5/3)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、チェコ向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で UH-60M を輸出すると通告した。総額は 8 億ドル。内訳は以下の通り。
  • UH-60M×12
  • T700-GE-701D エンジン×28 (うち 4 基は予備)
  • H-764GU EGI (Embedded Global Positioning Systems / Inertial Navigation System)×29 w/SAASM (Selective Availability Anti-Spoofing Module) (うち 5 基は予備)
  • M240H 機関銃×24
  • APKWS (Advanced Precision Kill Weapon System)×114
  • AN/AAR-57(V) CMWS (Common Missile Warning System)×15 (うち 3 基は予備)
  • CMWS 用 UDM (User Data Module)×30
  • CMWS 用機密ソフトウェア アップデート
  • AMPS (Aviation Mission Planning System)×4
  • AN/ARC-231 UHF/VHF 通信機×29 w/RT-1808A
  • AN/ARC-201D SINCGARS (Single Channel Ground and Airborne Radio) 通信機×29 w/RT-1478D
  • AN/ARC-220(V)3 HF 通信機×15
  • FANS (Federated Advanced Navigation System)×12 w/RNP/RNAV
  • AN/APX-123 IFF (Identification Friend or Foe)×15 w/モード 4/5 対応トランスポンダー (うち 3 基は予備)
  • AN/ARN-147(V)×15 (うち 3 基は予備)
  • AN/ARN-149(V) ADF (Automatic Digital Frequency)×15 (うち 3 基は予備)
  • AN/ARN-153 TACAN (Tactical Airborne Navigation System)×15 (うち 3 基は予備)
  • AN/APR-39C(V)l/4 RWR (Radar Warning Receiver)×15
  • AN/APR-39C(V)l/4 用 MDS (Mission Data Set)
  • AN/AVR-2B(V) レーザー警報受信機×15 (うち 3 基は予備)
  • AN/AVS-6 NVG (Night Vision Goggle)×60
  • EBC-406HM ELT (Emergency Locator Transmitter)×4
  • AWIS (Aircraft Wireless Intercom System)
  • 機関銃架×48
  • M134D ミニガン×24
  • M134 用イナート訓練弾×4,000
  • M134 用パワー サプライ パック×24
  • M134 用予備銃身×144
  • M134 用訓練弾×4,000
  • M134 用マウント システム×12
  • GP-19 機関銃ポッド×12
  • GAU-19B 機関銃×12
  • M134 用 Packaging Crating and Handling Mount System×12
  • M261 ロケット弾発射機×12
  • 7.62mm ボール弾 4 Ball M80 1 Tracer M62 Linked×100,000
  • 7.62mm ボール弾 4 Ball 1 Tracer×501,000
  • 12.7mm ボール弾×10,000
  • 12.7mm ボール弾 4 Ball 1 Tracer×10,000
  • 12.7mm 焼夷徹甲弾 4 Armor Piercing Incendiary 1 Armor Piercing Incendiary Tracer Linked×10,000
  • 25.4mm デコイ カートリッジ M839×300
  • CCU-92/A インパルス カートリッジ×4
  • 2.75in HE (High Explosive) ロケット弾 M151×384 w/M423 信管ならびに Mk.66-4 ロケット モーター
  • 2.75in ロケット弾 M151HE×240
  • 2.75in ロケット弾用ロケット モーター Mk.66-4×180
  • M206 フレア×400
  • Airborne Command and Control System×2
    • AN/PRC-117 通信機×2 (見通し線圏内型)
    • AN/PRC-117 通信機×1 (見通し線圏外型)
  • Iridium 衛星携帯電話端末機×1
  • ROVER (Remotely Operated Video Enhanced Receiver) 4×1
  • DAGR (Defense Advanced GPS Receiver)
  • AN/APN-209 電波高度計×12
  • Upturned Exhaust System×24
  • MX-10D EO/IR (Electro-Optical/Infrared) センサー ターレット×13 (うち 1 基は予備)
  • IZLED 200 PIR Laser×13 (うち 1 基は予備)
  • 機関銃用のスペアパーツ
  • AN/AVS-7 HUD (Head Up Display)×12
  • 保証、耐空性支援、較正、スペアパーツ、補修用パーツ、支援機材、通信機材、兵装、弾薬、暗視装置、文書類、訓練、訓練機材、現地調査、ツール類、試験機材、技術/工学/兵站支援業務
担当メーカーは Sikorsky Aircraft Co. (Stratford, CT) と General Electric Aircraft (Lynn, MA)。オフセットの設定はなし。

バーレーン向け FMS (1) (DSCA 2019/5/3)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、バーレーン向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で MIM-104 PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target) 地対空ミサイルと関連支援機材を輸出すると通告した。総額は 24 億 7,800 万ドル。内訳は以下の通り。
  • PAC-3 MSE (Patriot Advanced Capability-3 Missile Segment Enhancement)×60
  • MIM-104E Patriot GEM-T (Guidance Enhanced Missile)×36 (w/キャニスター)
  • M903 LS (Launching Station)×9
  • AMG (Antenna Mast Group)×5
  • EPP III (Electrical Power Plants III)×3
  • AN/MPQ-65 RS (Radar Set)×2
  • AN/MSQ-132 ECS (Engagement Control Station)×2
  • 通信機材、ツール類、試験機材、試験プログラム、支援機材、牽引車、発電機、文書類、訓練、訓練機材、スペアパーツ、補修用パーツ、TAFT (Technical Assistance Field Team) 派遣、技術/工学/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Dallas, TX) と Raytheon Co. (Andover, MA)。オフセットの設定はなし。

バーレーン向け FMS (2) (DSCA 2019/5/3)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、バーレーン向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F-16V 用の各種兵装を輸出すると通告した。総額は 7 億 5,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • AIM-120C-7 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile)×32
  • AIM-120C-7 AMRAAM 誘導セクション×1
  • AIM-9X×32
  • AGM-84 Harpoon ブロック II×20
  • ATM-84L-1 Harpoon ブロック II×2
  • AGM-154 JSOW (Joint Standoff Weapon) AIR (All-Up-Round)×40
  • AGM-88B HARM (High-Speed Anti-Radiation Missile)×50
  • AGM-88 HARM 訓練弾×4
  • GBU-39/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント I AUR×100
  • MAU-209 C/B CCG (Computer Control Group)×400 (GBU-10/-12 用)
  • MAU-210 ECCG (Enhanced Computer Control Group)×80 (GBU-49/-50 用)
  • MXU-650 Air Foil Group×340 (GBU-12/-49 用)
  • MXU-651 Air Foil Group×140 (GBU-10/-50 用)
  • KMU-557 テールキット×70 (GBU-31/-56 用)
  • KMU-572 テールキット×120 (GBU-38/-54 用)
  • DSU-38 近接信管×100 (GBU-54 用)
  • Mk.82 または BLU-111/B 500lb 爆弾×462 (GBU-12/-38/-49/-54 用)
  • BLU-109/B または BLU-117/B または Mk.84 爆弾×210 (GBU-10/-31/-50/-56 用)
  • BLU-109/B または BLU-117/B 用訓練弾×10
  • FMU-152/B 信管×670 (GBU-10/-12/-31/-38/-49/-50/-54/-56 用
  • DSU-38/40/42 近接センサー
  • LAU-118/A 発射機
  • BRU-61/A ボムラック
  • 汎用爆弾用のフィン
  • 訓練弾、訓練・整備用機材、ノーズ サポート キャップ、スイーベル/リンク アタッチメント
  • 補修作業、研究・調査、支援機材、試験機材、文書類、AME (Alternate Mission Equipment)、スペアパーツ、ソフトウェア メンテナンス、ソフトウェア サポート、試験機材、再プログラム機材、コンテナ、訓練、訓練機材、現地調査、技術/工学/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX)、Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ)、Boeing Co. (Chicago, IL)。オフセットの設定はなし。

UAE 向け FMS (DSCA 2019/5/3)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で MIM-104 PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target) 地対空ミサイルと関連支援機材を輸出すると通告した。総額は 27 億 2,800 万ドル。内訳は以下の通り。
  • PAC-3 MSE (Patriot Advanced Capability 3 Missiles Segment Enhancement)×452
  • ツール類、試験機材、支援機材、文書類、訓練、訓練機材、スペアパーツ、補修用パーツ、施設設計、技術/工学/兵站支援業務
担当メーカーは Raytheon Co. (Andover, MA) と Lockheed Martin Corp. (Dallas, TX)。オフセットの設定はなし。

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |