今週の軍事関連ニュース (2019/06/20)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米国防総省は、ウクライナに対する安全保障支援として 2 億 5,000 万ドルを提供する、と発表した。2014 年以来の累計は 15 億ドルに達する。(DoD 2019/6/18)
  • 米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) は、2019/6/6 に米空軍の MQ-9 がイエメンの武装組織 Houthi によって撃墜されていたことを明らかにした。使われた武器は SA-6 地対空ミサイル。また、2019/6/13 にはオマーン湾上空で、MQ-9 に向けて SA-7 携帯 SAM が飛来する事件も起きている。(SpaceWar 2019/6/17)

今日のニュースいろいろ
  • 2019/6/14-15 にかけてバルト海で、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) No.XI (F) Sqn. 所属の Typhoon FGR.4 がロシア軍機を要撃する事案が発生した。6/14 はエストニア北方を飛行している Su-30 が、6/15 は Kaliningrad からエストニア・フィンランド方面に向かっていた Su-30 と Il-76 が対象。Typhoon FGR.4 は、"Operation AZOTIZE" の下、エストニアの Amari AB を拠点として BAP (Baltic Air Policing) 任務に従事している。(MoD UK 2019/6/17)
  • Tayyip Erdogan 土首相が 2019/6/16 に報道関係者に対して、7 月から S-400 地対空ミサイルの受領を開始できるとの見通しを明らかにした。(Radio Free Europe 2019/6/16)
  • ハンガリーの Szilard Nemeth 国防相は、2020 年度の国防予算について「対前年度比で 20%・1,030 億フォリント (3 億 2,150 万ユーロ) を上積みして、過去最大となる 6,160 億フォリント (19 億 2,000 万ユーロ) にする、と発表した。2020 年度に実施する、安全保障がらみの予算上積みは総額 1,730 億フォリント (5 億 4,000 万ドル)。(Hungarian MoD 2019/6/11)
  • Patrick Shanahan 米国防長官代行が、米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) 向けの米軍増派を承認した、と発表した。規模は約 1,000 名。(DoD 2019/6/17)
  • カナダは 2018/7 から、"Operation Presence" の下でマリの平和維持活動 MINUSMA (UN Multidimensional Integrated Stabilization Mission in Mali ) に人員 56 名とヘリコプターを派遣、これまでに 3,000 時間を超えるフライトを実施した。その間に負傷者後送 10 回、人員 6,400 名、貨物 37,000lb を輸送。しかし、このマリ派遣任務の終了が決まった。7 月末から撤収を開始する。(Global Affairs Canada 2019/6/14)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • フィリピン空軍 (PAF : Philippine Air Force) が Fighter Wing (Basa AB, Floridablanca, Pampanga) で 2019/6/14 に、FA-50PH 用のシミュレータ訓練施設を開設した。(Philippine News Agency 2019/6/15)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/6/18)
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • Inmarsat Government Inc. (Reston, VA) : 民間向け通信衛星を使用する衛星通信サービスを $246,000,000 で。2019/6/19-2020/6/18 まで。Defense Information Technology Organization, Scott AFB, IL (GS-35F-0016X/HC1013-19-A-0005)
AIR FORCE
  • Systems Implementers Inc. (Clearfield, UT) : MRO (Maintenance, Repair, and Overhaul) システムの導入と維持管理を $54,000,000 で。Hill AFB で実施、2026/7/9 まで。Air Force Sustainment Center, Hill AFB, UT (FA8224-19-D-A003)
  • Management Services Group Inc. (dba Global Technical Systems, Virginia Beach, VA) : MSM (Mid-Size Munitions) の技術開発を $20,000,000 で。2024/6/17 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Eglin AFB, FL (FA8651-19-D-0073)
ARMY
  • Great Lakes Dredge & Dock Co., LLC (Oak Brook, IL) : テキサス州 Galveston で実施する浚渫工事を $20,967,250 で。2020/1/13 まで。Army Corps of Engineers, Galveston, TX (W912HY-19-C-0006)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Linthicum Heights, MD) : 水中システムに関する研究について、修正契約を $9,919,398 で。累計受注額は $9,289,236 から $19,208,634 に。2020/5 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) (DARPA), Arlington, VA (HR0011-18-C-0026/P00007)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) の C2BMC (Command, Control, Battle Management and Communications) システムを対象とする能力拡張について発表した。(Lockheed Martin 2019/6/18)
  • Lockheed Martin Corp. は、WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM) で実施した LTAMDS (Lower Tier Air and Missile Defense Sensor) ソリューションに関する実証試験 (Sense Off) について発表した。2 週間がかりで実施、いかにして要求を満たすかを実証できたとしている。(Lockheed Martin 2019/6/18)
  • 米陸軍は、Raytheon Co. の C-UAS (Counter Unmanned Aircraft System) システム・Howler が初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成した、と発表した。(Raytheon 2019/6/18)
  • Raytheon Co. と Northrop Grumman Corp. が、大気吸入型極超音速飛翔体について、合同チームを編成して協業するとの合意をまとめた。Raytheon が開発する飛翔体に、Northrop Grumman のスクラムジェット エンジンを搭載する構想。(Raytheon 2019/6/18)
  • Collins Aerospace が NSPA (NATO Support and Procurement Agency) から、C-130H 用の NP2000 プロペラを追加受注した。米州兵航空隊 (ANG : Air National Guard)向けで 24 機分 (累計受注は 36 機分)。先に米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) からも、C/KC-130T に装備する分を 24 機分、受注済み。このほか、NAVSUP (Naval Supply Systems Command) からは NP2000 プロペラ用の EPCS (Electronic Propeller Control System) を対象とする整備業務の契約を 2,500 万ドルで受注している。ANG 向けと NAVAIR 向けの受注総額は 3 億ドル。(Collins Aerospace 2019/6/18)

今日の報道発表 (その他編)
  • Rheinmetall Defence AG はオランダ軍の調達部門・DMO (Defence Materiel Organisation) との間で 2019/6/3 に、2030 年の末まで 10 年間を対象とする弾薬供給を実現するための、パートナーシップ合意をまとめた。既存案件の続きで、総額で数億ユーロ規模の案件になる見込み。(Rheinmetall Defence 2019/6/18)
  • Elbit Systems の機体を使用する、UAV による海洋哨戒請負業務がスタートした。EU 加盟国が対象で、第一弾はアイスランド向け。EMSA (European Maritime Safety Agency) とポルトガル企業の CEiiA が契約して、アイスランド東部の Egilsstadir から Hermes 900 を飛ばしている。装備はレーダー、電子光学センサー、衛星通信、AIS (Automatic Identification System) 受信機。(Elbit Systems 2019/6/18)
  • NATO、Airbus、Elbit Systems Ltd. の三者は、MMF (Multinational Multi Role Tanker Transport Fleet) 用の A330-200 MRTT (Multi-Role Tanker Transport) を対象とする J-MUSIC DIRCM (Direct Infra-Red Countermeasures) のインテグレーションを実施、5 月末に Madrid Getafe Airport で 3 日間に渡る飛行試験を実施した。試験に際して、NSPA (NATO Support and Procurement Agency) と OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) の関係者も立ち会った。(Airbus 2019/6/17, NSPA 2019/6/19)
  • 2019/6/17 に、ドイツ海軍向け F125 型 (Baden-Wurttemberg 級) フリゲートの 1 番艦、FGS Baden-Wurttemberg が就役した。TKMS (ThyssenKrupp Marine Systems AG) が主導、Lurssen が参画する ARGE (Arbeitsgemeinschaft) F125 コンソーシアムが建造しているが、問題がいろいろ発覚して就役が遅れた。(TKMS 2019/6/17, IHS Jane's 2019/6/17)
  • Leonardo Sp.A が Paris Air Show 2019 で、プッシャー式プロペラ推進の新型 UAV・Falco Xplorer を発表した。全長 9m、翼幅 18.5m と従来モデルより大型。この機体は 6 月中に、イタリアの Trapani Airport で初飛行を実施する予定。その後に飛行試験を実施して、2020 年の初頭にローンチ カスタマーに納入する計画。STANAG 4671 にも対応する。(Leonardo 2019/6/17, IHS Jane's 2019/6/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/6/17)
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • Cisco Systems Inc. (San Jose, CA) : Cisco Smart Net Total Care の JELA II (Joint Enterprise License Agreement II) を $724,096,866 で。基本契約 1 年間、2019/6/18-2020/6/17 まで。さらにオプション契約 1 年間、2021/6/17 まで。Defense Information Technology Contracting Organization, Scott AFB, IL (HC1084-19-D-0004)
AIR FORCE
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc., Poway, CA) : MQ-9A を対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) のフェーズ IV 分を $90,961,866 で。デポ補修、維持管理、ソフトウェアのメンテナンスを実施。イギリス向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2021/9/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8620-19-C-2003)
  • Northrop Grumman Innovation Systems, Defense Electronic Systems Business Unit (Northridge, CA) : CMBRE (Common Munition Built-In-Tester Reprogramming Equipment) を $38,950,511 で。内訳は以下の通り。
    • AN/GYQ-79A CMBRE Plus
    • ADU-890/E
    • ADU-891-(V)1/E
    • ADU-891-(V)3/E
    • CMBRE 初期分スペア キットと関連アイテム
    2022/6/16 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8533-19-D-0009)
  • Canadian Commercial Corp. (Ottawa, Canada) : C-5M Super Galaxy 用の CNS/ATM (Communication, Navigation, Surveillance/Air Traffic Management) 機材を $10,371,078 で。Honeywell Canada 向けの代理受注で、Honeywell 製 Inmarsat 通信機材、支援業務、スペアパーツ、データ、プログラム管理業務で構成。2019/10/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8625-19-C-6607)
NAVY
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : RGM/UGM-109E Tomahawk ブロック IV 用の試験機材を $29,633,004 で。前契約は N00019-15-G-0003。SIL (System Integration Laboratory)、Air Vehicle System Integration Laboratory、ホット ベンチ、自動飛行試験機材、関連試験機材で構成。2021/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-2593)
ARMY
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : PLS (Palletized Load System) トレーラーを $21,709,189 で。2021/4/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-19-F-0468)
  • SGS LLC (Yukon, OK) : Altus AFB で実施する、KC-46A Fuselage Trainer Facility 建設のフェーズ 3 分を $13,456,297 で。2021/6/30 まで。Army Corps of Engineers, Tulsa, OK (W912BV-19-C-0011)
  • R.E. Staite Engineering Inc. (San Diego, CA) : Redwood City Harbor Channel (Redwood City, CA) で実施する浚渫工事を $7,052,735 で。2019/10/9 まで。Army Corps of Engineers, San Francisco, CA (W912P7-19-C-0010)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • GDLS (General Dynamics Land Systems Inc., Sterling Heights, MI) : 車両用スペアパーツの追加に伴う修正契約を $14,771,246 で。陸軍向け、2020/8/11 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7MX-16-D-0100/P00036)
  • Eddy Pump Corp. (El Cajon, CA) : ポンプ アセンブリを $8,427,827 で。海軍向け、2022/6/16 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Mechanicsburg, PA (SPRMM1-19-D-TR01)
  • Alliant Techsystems Operations LLC (Plymouth, MN) : 自動装填装置を $8,346,345 で。陸軍向け、2021/9/10 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-19-C-042)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、AN/AAQ-40 EOTS (Electro-Optical Targeting System) の累計納入が 500 セットを達成した、と発表した。所定のスケジュール通りに納入しており、担当部門は Lockheed Martin Missiles and Fire Control。DAS (Distributed Aperture System) 用センサーの方は累計納入 4,000 セットを達成している。 (Lockheed Martin 2019/6/17)
  • Lockheed Martin Corp. が製作した AEHF (Advanced Extremely High Frequency) 衛星の 5 号機 (AEHF-5) を、ULA (United Launch Alliance) の Atlas V に搭載する作業が完了した。2019/6/27 に Cape Canaveral AFS で打ち上げを実施する予定。(Lockheed Martin 2019/6/17)
  • Lockheed Martin Corp. は、Precision Fires 部門が陣取るアーカンソー州 Camden の事業所で 1 億 4,200 万ドルの投資を実施、2024 年までに 326 名の新規雇用を実現するとした (現在の社員数は約 700 名)。(Lockheed Martin 2019/6/17)
  • Northrop Grumman Corp. のドイツ子会社・Northrop Grumman LITEF GmbH が、MEMS (Micro-Electro-Mechanical Systems) 技術を活用した新型 AHRS (Attitude and Heading Reference System)・LCR-350B を発表した。民間市場向け。(Northrop Grumman 2019/6/17)
  • BAE Systems Inc. が、Boeing Co. の MQ-25 担当企業チームに加わることになった。担当するのは、機体や操縦翼面の制御を司る機体管制システムと IFF (Identification Friend or Foe)。(BAE Systems 2019/6/17)
  • Saab AB は、Boeing Co. と共同で手掛けている米空軍 T-X 計画向け BTX-1 で、Collins Aerospace 製コンポーネントの採用を決定した。対象は、PTO (Power Take Off) シャフト、APECU (Auxiliary Power Engine Control Unit)、エンジン スターター、発電システム (MEPGS : Main Electric Power Generation System)。(Collins Aerospace 2019/6/17)
  • Lockheed Martin Corp. は、NASA (National Aeronautics and Space Administration) 向けの低ソニックブーム実験機・X-59 QueSST (Quiet Supersonic Technology) で使用する環境制御システムについて、Collins Aerospace 製品の採用を決定した。同社はすでに、X-59 用のアビオニクスなどについても受注を決めており、これで合計 3 件の契約を獲得。(Collins Aerospace 2019/6/17)
  • Raytheon Co. は、GBU-53/B StormBreaker (ex-SDB-II : Small Diameter Bomb インクリメント II) について、初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) 達成に向けて実施していた運用試験をすべて完了した、と発表した。(Raytheon 2019/6/17)
  • Raytheon Co. は、MIM-104 PATRIOT (Phased Array Tracking Radar Intercept on Target) 地対空ミサイルで新たに、"ゲーマー スタイル" のユーザー インターフェイスを取り入れる、と発表した。(Raytheon 2019/6/17)
  • UTC (United Technologies Corp.) 傘下の Collins Aerospace Systems と Lockheed Martin Corp. 傘下の Sikorsky が組んで、ヘリコプター向けに FBW (Fly-by-Wire) を使用する自律化ソリューションを提供していくことになった。使用するテクノロジーは、Sikorsky が OPV (Optionally Piloted Vehicle) 向けに開発しているもので、三重化構成をとる。(Collins Aerospace 2019/6/17)
  • Kratos Defense & Security Solutions Inc. は、傘下の Kratos Unmanned Aerial Systems が開発している XQ-58A Valkyrie UAV が 2019/6/11 に YPG (Yuma Proving Ground, Yuma, AZ) で試験/実証飛行を実施した、と発表した。飛行時間は 71 分間で、その間に試験の目標はすべて達成できたとしている。これは通算で二度目の飛行試験 (1 回目は 2019/3/5)。(Kratos Defense & Security Solutions 2019/6/17, USAF 2019/6/17, IHS Jane's 2019/6/17)

今日の報道発表 (その他編)
  • 仏独両国は、将来戦闘機 (FCAS : Future Combat Air System / SCAF : Systeme de Combat Aerien Futur) 計画に対するスペインの参画について、Paris Air Show 2019 の席で正式発表、三ヶ国の首脳が一堂に会して合意文書に調印した。これを受けて、Airbus が歓迎の声明を出した。また、機体を担当する Dassault Aviation と Airbus SE は、FCAS/SCAF 計画の進め方について、正式提案をリリースした。(French MoD 2019/6/17, Airbus 2019/6/17, Spanish MoD 2019/6/17)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) がイギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) 向け Pretector RG.1 として開発を進めている MQ-9B SkyGuardian が、累計飛行試験 100 回を突破した。(GA-ASI 2019/6/16)
  • Safran Electronics & Defense の Patroller UAV が、Istres で認証飛行試験の最終フェーズを開始した。これまでに 220 回を超えるフライトを消化済みで、自動離着陸・任務飛行の実施・複数センサーの同時使用といった要件を実証済みだとしている。ペイロードは最大 250kg。(Safran 2019/6/17, DGA 2019/6/17, French MoD 2019/6/18)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の海洋観測艦 HMS Enterprise が、大西洋上の Outer Hebrides から Faroe Islands にかけての海域で、水中探査用の海中グライダー Slocum Glider の投入を実施した。数週間に渡って自立航行・観測を実施する。(Royal Navy 2019/6/14)
  • ノルウェー国防省は、80 億クローネ (9 億 2,000 万ドル) を投じて空域監視用レーダー網の整備を実施する、と発表した。現用中のレーダー×8 基を、同数の新型レーダーで代替更新するもので、年内に調達プロセスを立ち上げて、2030 年までに完了の予定。(Norwegian MoD 2019/6/13)
  • イタリア海軍の新型水上戦闘艦 PPA (Pattugliatore Polivalente d'Altura)・ITS Thaon Di Revel が、Fincantieri Sp.A の Muggiano (La Spezia) 造船所で進水した。ゴッドマザー役を務めたのは、艦名をいただく Paolo Thaon di Revel 提督の姪、Irene Imperiali 氏。(Fincantieri 2019/6/15)
  • Finmeccanica Sp.A 傘下の Fincantieri Sp.A と Naval Group は 2018/10/23 に、対等出資のジョイント ベンチャー設立構想について明らかにしていたが、当局からの承認を受けて、実現のための合意文書に調印した。新会社はイタリアの Genoa に本社を、フランスの Ollioules に支社を置く。(Finmeccanica / Naval Group 2019/6/14)
  • GKN Aerospace は Paris Air Show の席上、Airbus の Wing of tomorrow 計画で使用する主翼の最初のパーツが完成したことを明らかにした。ブツは翼桁とのこと。複合材料の活用により、一般的な大型民航機のそれと比べて 20% の軽量化を実現。(GKN Aerospace 2019/6/16)
  • Indra が、Rolls-Royce plc が保有している ITP (Industria de Turbo Propulsores, S.A.U.) 株の取得に関心を示している、との報道が出たが、これに対して両社とも、報道内容を認める声明を出した。(Rolls-Royce 2019/6/14, Indra 2019/6/14)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |