今週の軍事関連ニュース (2019/06/27)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • スイス外務省 (DFAE : Federal Department of Foreign Affairs) が Pilatus Flugzeugwerke AG に対して、サウジアラビアとアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) での事業活動を禁止した。LPSP (Federal Law on Private Security Services Provided Abroad) に基づく決定。この 2 ヶ国と、カタール、ヨルダンで実施するサポート サービス業務 (PC-21 本体、シミュレータ、スペアパーツ供給など) が検討対象になった。(Swiss Department of Foreign Affairs 2019/6/26)
  • "Operation Azotize" の下でエストニアの Amari AB に展開しているイギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) No.IX (F) Sqn. 所属の Typhoon FGR.4 が、2019/6/25 にロシア軍機に対するスクランブルを二度実施した。1 回目は An-12 Cub 輸送機、2 回目は Su-27×2 機と Il-22 Coot B×1 機が対象。(MoD UK 2019/6/25)
  • アメリカとウクライナが、通常兵器の廃棄処分 (Conventional Weapons Stockpile Management) に関する新たな MoU に調印した。2004-2018 年にかけて総額 4,000 万ドルを投じた U.S. Conventional Weapons Destruction program の続き。(US State Department 2019/6/25)
  • 2019/7/1-12 にかけて、インドとフランスの合同演習 "Garuda-VI" が行われる。場所はフランスの Air Base 118 (Mont-de-Marsan)。インドからは Su-30MKI×4 機、Il-78×1 機と人員 120 名、さらに輸送担当の C-17 が参加。フランスからは Rafale、Alfajet、Mirage 2000、C-135F、E-3F、C-130、Casa 235 が参加。(Indian MoD 2019/6/25, French MoD 2019/6/28)
  • ロシアの Sergei Shoigu 国防相とマリの Ibrahim Dahirou Dembele 国防相が、軍事協力合意に調印した。(Russian MoD 2019/6/25)

今日のニュースいろいろ
  • RAF Akrotiri に展開しているイギリス空軍 (RAF : Royal Air Force)・No.617 Sqn. 所属の F-35B について、英国防省は「最初の実任務を成功裏に実施した」と発表した。(MoD UK 2019/6/25)
  • イギリス軍の常設司令部 (PJHQ : Permanent Joint Headquarters) は、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の F-35B がイスラエルやアメリカの F-35 とともに合同訓練を実施したことを明らかにした。(Haaretz 2019/6/25, USAF 2019/6/26)
  • 2019/6/14 にマリとニジェールの国境付近で、"Operation Barkhane" の任務に従事していたフランス陸軍の Gazelle ヘリがイスラム過激派によって撃墜された (参謀本部では「緊急着陸した」としている。使われた武器は 7.62mm 機関銃 PKM。乗っていたパイロット、機長、銃手が着地の際に負傷した。(Defense-Aerospace.com 2019/6/24)

今日のニュースいろいろ
  • 衛星画像により、中国が南シナ海・Paracel Islands の Woody Island に設けた飛行場で、J-10 戦闘機を飛ばしていることが判明した。(SpaceWar 2019/6/21)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • カナダは 4 月にアメリカとの間で、特殊作戦部隊向けの Beechcraft King Air 350ER×3 機を 1 億 8,800 万カナダドル (1 億 4,240 万ドル) で発注するとの合意をまとめているが、納入時期は 2022 年、配備先は CFB Trenton とのこと。用途は ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance) で、ミッション機材や初期分のサポート業務を含む計画総経費は 2 億 4,700 万カナダドル (1 億 8,700 万ドル)。(Forecast International 2019/6/24)
  • 米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) が、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) 中古の C-130 を 2,970 万ドルで購入、2020 年の春に受領して Blue Angels 用の支援機 "Fat Albert" として配備する、と発表した。新造機より 5,000 万ドル安上がりになるとしている。2019/5 に退役した C-130T の後任。(NewsAirshow 2019/6/24)
  • ブルガリアの Boyko Borissov 首相が 2019/6/21 に、「提案されている F-16V の価格は高すぎるが、引き続き折衝を続ける」と説明。(Bulgarian Military.com 2019/6/21)
  • オランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) の F-35A×2 機が 2019/6/12-13 日にかけて、Edwards AFB からオランダの Vlieland Bombing Range まで 9,000km 飛んで爆撃訓練を実施する、"Rapid Reaction Test" を実施した。(The Aviationist 2019/6/23)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/6/25)
ARMY
  • Sikorsky Aircraft Corp. (Stratford, CT) : H-60 の全モデルを対象とするエンジニアリングとサポート サービス業務を $91,291,064 で。2024/6/27 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-19-D-0079)
  • DynCorp International LLC (Fort Worth, TX) : C-12R×5 機の C-12V 化改修について、修正契約を $12,337,211 で。2023/5/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-17-C-0011/P00034)
  • MCR Federal LLC (McLean, VA) : 技術/工学分野のサポート サービス業務について、修正契約を $8,135,050 で。Redstone Arsenal (Redstone. AL) で実施、2020/6/29 まで。FMS (Foreign Military Sales) 分を含む。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-16-A-0016/#0001/#20)
NAVY
  • Leidos Inc. (Reston, VA) : Synthetic Signature Generation ベースの訓練システムを対象とする設計、開発、製作、インテグレーション、試験、導入、整備を $62,975,474 で。2022/12 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Carderock Division, West Bethesda, MD (N00167-19-D-0004)
  • L3 Systems Co. (Camden, NJ) : Battle Force Tactical Network 計画の下で実施する、COTS (Commercial Off-The-Shelf) 品の IP (Internet Protocol) / サブネット リレー用ハードウェアについて、取得・インテグレーションを $41,518,454 で。PEO C4I (Program Executive Office Command, Control, Communications, Computers and Intelligence) 向け。2024/6 まで。NAVWARSYSCOM (Naval Information Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-19-D-0035)
  • Wyle Laboratories Inc. (a.k.a. KBRwyle, Huntsville, AL) : NAWC-AD 麾下、Surface/Aviation Interoperability Laboratory (Patuxent River, MD) 向けの工学、技術、運用、試験、兵站サービス業務を $41,081,160 で。2024/7 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-19-D-0070)
  • Gilbane Federal (Concord, CA) : Naval Base Guam で実施する、単身兵員向け官舎・Building 5、Building 6、Building 18、Building 20 の建設工事を $31,683,336 て。オプション契約分まで含めた総額は $32,966,436。2022/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Pacific, JB (Joint Base) Pearl Harbor-Hickam, HI (N62742-19-C-1310)
  • BAE Systems Land & Armaments LP (Louisville, KY) : Mk.45 mod.4 艦載砲×1 基を対象とするオーバーホールとアップグレード改修の実施と関連コンポーネントを、$14,134,492 で。2023/10 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Indian Head Explosive Ordnance Disposal Technology Division, Indian Head, MD (N00174-19-C-0004)
AIR FORCE
  • Innovative Technologies International Inc. (Lynchburg, VA) : Katana Hardware Fabrication 計画の下で実施する、概念設計分析と先進製作能力を $7,000,000 で。RDT&E (Research, Development, Test and Evaluation) 向けの迅速製作が目的。2024/6/25 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Eglin AFB, Florida, Eglin AFB, FL (FA8651-19)

今日の報道発表 (北米編)
  • F-35 の製作において 3D プリンタによる積層製造 (Additive Manufacturing) 手法を適用していくため、Premium AEROTEC と Lockheed Martin Corp. が協業することになった。(Lockheed Martin 2019/6/24)
  • Oshkosh Defense LLC は Redstone Test Center (Redstone Arsenal, AL) で、JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) に搭載した Kongsberg 製の RWS (Remote Weapon Station) を使って FGM-148 Javelin 対戦車ミサイルを試射するデモンストレーションを実施した。JLTV に載せた RWS から Javelin と Northrup Grumman 製の 30mm 機関砲の両方を発射したのは初めてのこと。(Oshkosh Defense 2019/6/24)

今日の報道発表 (その他編)
  • フランス海軍 (MN : Marine Nationale) の Rubis 級攻撃型原潜 (SNA : Sous-marin Nucleaire d'Attaque)×6 隻のうち、2 番艦の FS Saphir が 2019/7 末で退役することになった。(French MoD 2019/6/24)
  • QinetiQ plc はイギリス海軍 (RN : Royal Navy) から、小艇対処の射撃訓練に関する 5 年間の契約を受注した。使用するのは、対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) 訓練用に開発した Pointer システムの派生型・Pointer T。Pointer は DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) と組んで開発した製品で、データ解析と計測の機能を提供する。(QinetiQ 2019/6/25)
  • BAE Systems は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) 向けの Hunter 級フリゲートで使用する足場、配管、デッキ カバー、絶縁材など 2,000 万豪ドル分をオーストラリアで製作する、と発表した。船殼ブロック×5 個の方は 2020/12 から Osborne Naval Shipyard (South Australia) で製作を始める。(BAE Systems 2019/6/25)
  • Safran Helicopter Engines が英国防省麾下・DE&S (Defence Equipment and Support) との間で、Merlin と WAH-64D Apache AH.1 で使用している RTM322 エンジンを対象とするサポート業務契約を受注した。2013 年から担当している案件で、今回の契約期間は 3 年間、対象となるエンジンは 400 基を超える。(Safran Helicopter Engines 2019/6/24)
  • フィンランドの Protolab Oy がフィンランド国防省に、6x6 装甲車 (PMPV : Protected Multi-Purpose Vehicle)・Protolab の第一陣、4 両を納入した。2018 年に受注していたもので、これから運用評価試験に供する。固有乗員 2 名と完全装備の兵員 10 名を乗せて、ペイロードは 10,000kg。車幅は 2.55m、エンジンは Cummins 製ディーゼル (6.7L、Euro III 規制対応)。(Protolab 2019/6/25)
  • ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) の航空機試験・評価部門 WTD61 が 2019/5 に Feilenmoos で、マイクロ UAV・Mikado (Mikoraufklarungsdrohne) の評価試験を実施した。試験対象となったのは、ハンドリングや偵察能力。(Bundeswehr 2019/6/24)
  • 露国防省は、ARMY 2019 IMTF (International Military and Technical Forum) において、南部軍管区の部隊が 240mm 自走迫撃砲 Tulpan と 203mm 自走砲 Malka のデモンストレーションを実施する、と発表した。また、152mm 自走砲 2S19 MSTA-S と 152mm 牽引砲 2A65 MSTA-B、120mm 自走砲 Hosta も持ち込む。(Russian MoD 2019/6/24)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/6/24)
ARMY
  • TCOM LP (Columbia, MD) : PSS-T (Persistent Surveillance Systems - Tethered) を対象とするエンジニアリング、兵站、運用、プログラム管理支援を $978,946,631 で。2024/6/19 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56KGY-19-D-0020)
  • Lockheed Martin Corp. (Grand Prairie, TX) : MGM-140 ATACMS (Army Tactical Missile) と発射アセンブリを $561,802,200 で。バーレーン、ポーランド。ルーマニア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件、2022/6/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-19-C-0092)
  • Donjon Marine (Hillside, NJ) : Newark Bay (Newark, NJ) で実施する浚渫工事を $12,170,000 で。New Jersey Federal Navigation Project の関連。2019/9/30 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-19-C-0013)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • 以下の各社は、発電機を総額 $900,000,0000 で。
    • Texas Power & Associates (Palm Harbor, FL) : SPE8EG-19-D-0117
    • Atlantic Diving Supply (Virginia Beach, VA) : SPE8EG-19-D-0112
    • Berger/Cummins (Washington DC) : SPE8EG-19-D-0113
    • Caterpillar Defense (Peoria, IL) : SPE8EG-19-D-0114
    • Inglett & Stubbs International (Atlanta, GA) : SPE8EG-19-D-0115
    • QGSI-USA Emergency Power (Houston, TX) : SPE8EG-19-D-0116
    懇請 SPE8EG-18-R-0007 による。FEMA (Federal Emergency Management Agency) 向け。2024/6/19 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA
  • Welch Allyn Inc. (Skaneateles Falls, NY) : 患者モニタリング システム、アクセサリー類、訓練を $100,000,000 で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2024/6/24 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-19-D-0019)
  • Hamilton Sundstrand (Windsor Locks, CT) : ヘリコプター要の飛行制御コンピュータを $16,532,250 で。陸軍向け。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRPA1-13-G-001X/SPRRA1-19-F-0329)
NAVY
  • L3 Technologies Inc. (Northampton, MA) : 潜水艦用の光学マストを対象とするデポレベルの補修、アップグレード改修、オーバーホールを $73,743,347 で。2025/6 まで。NUWC (Naval Undersea Warfare Center), Division Newport, Newport, RI (N66604-19-D-G900)
  • Katmai Integrated Solutions LLC (Anchorage, AK) : ITRS (Immersive Training Range Support) がらみの専門職支援業務を $21,625,000 で。作業場所は以下の通り。
    • Camp Lejeune, NC (40%)
    • Camp Pendleton, CA (40%)
    • MCB (Marine Corps Base) Hawaii, HI (20%)
    2022/6/24 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-19-D-7835)
  • Advanced Solutions Inc. (Washington DC) : NERP (Navy Enterprise Resource Planning) のオプション契約分を $16,863,635 で。前契約は BPA (Blanket Purchase Agreement) N00104-08-A-ZF42。2020/6 まで。NAVWARSYSCOM (Naval Information Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-18-F-0069)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、車両用バリアの整備補修を総額 $45,000,000 で。
    • Concentric Security LLC (Sykesville, MD) : FA8003-19-D-A001
    • Nasatka Barrier Inc. (Clinton, MD) : FA8003-19-D-A002
    • Cherokee Nation Security & Defense LLC (Tulsa, OK) : FA8003-19-D-A003
    • Perimeter Security Partners LLC (Nashville, TN) : FA8003-19-D-A004
    2024/6/23 まで。Air Force Installation Contracting Center, Wright-Patterson AFB, OH
  • Weldin Construction LLC (Palmer, AK) : Nellis AFB と Creech AFB で実施する土木工事について、修正契約を $35,000,000 で。累計受注額は $35,000,000 から $70,000,000 に。2021/12 まで。99th Contracting Squadron, Nellis AFB, NV (FA4861-17-D-A200/P00004)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Leidos Inc. (Reston, VA) : DARPA の某研究計画について、オプション契約分を $8,825,457 で。累計受注額は $13,204,195。2020/9 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-18-C-0127)

今日の報道発表 (北米編)
  • BAE Systems Inc. は米海軍から、C5ISR (Command, Control, Communications, Computers, Cyber, Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) システムの維持管理・近代化改修を担当する 5 年間・9,000 万ドルの契約を受注した。各種ヴィークル、船艇、通信プラットフォームで使用するもの。(BAE Systems 2019/6/24)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は 2019/6/21 に、沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) USS Cincinnati (LCS-20) を領収した。式典は建造所の Austal USA (Mobile, AL) で実施。(US Navy 2019/6/21)
  • 米陸軍の Bruce Jette 調達・兵站・技術担当次官が、JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 入りを承認した。最初の配備先は第 3 歩兵師団・第 1 旅団 (Fort Stewart, GA) で、2019/4 には 300 両あまりを受領済み。また、武器学校 (Fort Lee, VA)、第 84 訓練コマンド (Fort McCoy, WI)、海兵隊の歩兵学校 (Camp Pendleton, CA) にも配備する。(US Army 2019/6/21)
  • 米陸軍・第 82 空挺師団 (Fort Bragg, NC) で、新型のコンパクト狙撃銃 CSASS (Compact Semi-Automatic Sniper System) の評価試験がスタートした。(US Army 2019/6/20)

今日の報道発表 (その他編)
  • MBDA Deutschland と Lockheed Martin Corp. のジョイント ベンチャー・TLVS GmbH が BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) に、次期地対空ミサイル (TLVS : Taktisches Luftverteidigungssystem) に関する提案を提出した。(MBDA Deutschland 2019/6/24)
  • Boeing Co. はイタリア空軍 (AMI : Aeronautica Militare Italiana) との間で、KC-767 を対象とする兵站支援業務 (PBL : Performance-based Logistics) の延長契約をまとめた。期間は 2 年間で 2021/7 まで。(Boeing 2019/6/21)
  • Indra がフランス空軍 (AdlA : Armee de l'Air) 向けに、A330-200 MRTT (Multi-Role Tanker Transport) 用のシミュレータを納入することになった。Indra は Eurofighter Typhoon や A400M 用のシミュレータを手掛けた経験もある。(Indra 2019/6/21)
  • エストニア国防省が Eurospike との間で、Spike 対戦車ミサイルを 4,000 万ユーロ (4,500 万ドル) で発注する、という内容の枠組み合意をまとめたことを明らかにした。これで Spike のカスタマーは 32 ヶ国目、EU/NATO 諸国に限定しても 19 ヶ国目。(Elbit Systems 2019/6/24, IHS Jane's 2019/6/21)
  • 2019/6/20 に Rome で行われた会合の席で、伊国防相は Piaggio Aerospace に対する総額 7 億ユーロのコミットメントについて確認。(Piaggio Aerospace 2019/6/21)
  • アメリカとオーストラリアが、C-17A を対象とする相互補修整備提供合意 ARMS-IA (Aircraft Repair and Maintenance Service Implementing Arrangement) を締結した。これにより、互いに相手国の C-17A を対象とする整備を実施できることになり、オペレーションの柔軟性が増すとしている。(Australian DoD 2019/6/21)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |