今週の軍事関連ニュース (2019/10/17)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) によると、アメリカは FY2019 に総額 554 億ドルの武器輸出を記録したとのこと。(DSCA 2019/10/16)
  • 米上院軍事委員会 (SASC : Senate Armed Services Committee) は 2019/10/16 に、Barbara Barrett 氏の第 25 代空軍長官就任を 85:7 で可決、承認した。(USAF 2019/10/16)

今日のニュースいろいろ
  • フランスとドイツが 2019/10/12 に、トルコ向け武器輸出の停止を表明した。さらに 15 日になって、カナダ、イギリス、スペインも後に続いた。スウェーデンも、2019/10/16 にトルコ向け武器輸出の停止を表明した。(SpaceWar 2019/10/12, SpaceWar 2019/10/15, Radio Sweden 2019/10/16)
  • EU は、イギリス国内で発生した化学兵器使用事案による対露制裁について、加盟各国の外相が行った票決により 12 ヶ月間の延長を決めた。(SpaceWar 2019/10/14)
  • 米空軍・航空機動軍団 (AMC : Air Mobility Command) の方針変更により、個々の機体に機付長の名前を書き込めることになった。(Air Force Times 2019/10/14)

今日のニュースいろいろ
  • ポーランドの Mariusz Blaszczak 国防相が、総額 5,240 億ズロチ (1,330 億ドル) を投じる装備近代化計画の実施を発表した。"Technical Modernization Plan for 2021-2035" と称するが、2020 年からスタートする。F-35A に加えて F-16 の追加調達も実施、防空システムの整備や、ヘリコプター、潜水艦×2 隻、長射程ロケット、自走迫撃砲などの調達も図る。(Polish MoD 2019/10/10)
  • マレーシアは、総額 155 億 8,000 万リンギット (37 億ドル) の FY2020 国防予算をまとめた。対前年度比 12% の増加。人権糧食費と運用経費が 124 億 9,000 万リンギット、装備調達・研究開発費が 30 億 9,000 万リンギット。(IHS Jane's 2019/10/14)
  • インド海軍とバングラデシュ海軍が 2019/10/10 からベンガル湾で、合同パトロール (CORPAT : Coordinated Patrol) を開始した。インドからは 駆逐艦 INS Ranvijay とコルベット INS Kuthar が、バングラデシュからは Type 053 フリゲート BNS Ali Haider と Type 056 コルベット BNS Shadinota が参加。2019/10/12-16 にかけて、Visakhapatnam での合同演習も予定している。(Indian MoD 2019/10/11)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ロシアがナイジェリアに、Mi-35M×6 機を納入した。さらに 6 機の追加が見込まれている。ナイジェリアの Steve Davis Ugba 駐露大使が RIA Novosti の取材に対して答えたもの。(RIA Novosti 2019/10/11)
  • フィリピン国防省は、発注済みの EMB-314/A-29 Super Tucano×6 機が 2020/2 までに完納となる、との見通しを示した。2017 年末に 49 億 6,800 万ペソで発注しているもの。(Philippine News Agency 2019/10/10)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) が開発を進めている次世代版静止赤外線監視衛星について、予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) が 2019/9/27 に完了した。1 号機の打ち上げは 2025 年の予定。(SpaceWar 2019/10/14)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/10/15)
ARMY
  • AECOM/HDR (Houston, TX) : Sabine to Galveston Bay, Coastal Storm Risk Management and Ecosystem Restoration (Freeport, TX) の工事に関わるアーキテクト/エンジニアリング業務を $72,000,000 で。2027/10/15 まで。Army Corps of Engineers, Galveston, TX (W912HY-20-D-0003)
  • Endeavor Robotics Inc. (Chelmsford, MA) : Robot Logistics Support Center で使用する RESET、維持管理、補修用のパーツについて、修正契約を $25,500,000 で。2023/12/31 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-19-D-0031/P00005)
  • WHH Nisqually - Garco JV (Olympia, WA) : ワシントン州 Yakima で実施する消防施設×2 ヶ所とベイ×3 ヶ所の建設工事を $21,087,000 で。2021/10/26 まで。Army Corps of Engineers, Seattle, WA (W912DW-20-C-0001)
  • Burns & McDonnell Engineering Co., Inc. (Kansas City, MO) : 施設・インフラ関連のスタディ、エンジニアリング、設計、建設を $10,000,000 で。2024/10/14 まで。Army Corps of Engineers, Fort Worth, TX (W9126G-20-D-0001)
AIR FORCE
  • University of Dayton Research Institute (Dayton, OH) : 航空宇宙関連の素材を対象とする、挙動と寿命予察に関する研究を $46,000,000 で。Wright-Patterson AFB で実施、2026/10/15 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Wright Patterson AFB, OH (FA8650-20-D-5211)
NAVY
  • Marisco Ltd. (Kapolei, HI) : Buoyancy Assist Module の補修を $9,900,000 で。2020/6 まで。Pearl Harbor Naval Shipyard & Intermediate Maintenance Facility, HI (N32253-19-R-0023)
  • Sikorsky Aircraft Corp. (Stratford, CT) : CH-53E 用の改良型ナセル量産キット×36 セットについて、修正契約を $7,877,789 で。2022/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-G-0004/#5306/#12)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米陸軍は、GPS (Global Positioning System) が妨害される環境下で使用する陸戦用の代替 PNT (Positioning, Navigation and Timing) 手段として、Collins Aerospace Systems 製 MAPS (Mounted Assured Positioning, Navigation and Timing System) 第二世代版の採用を決めた。まず 1 年がかりで評価試験を実施、その後に 8,000 両分を納入することになる見込み。ブツは NavHub-100 航法システムと DIGAR-100 (Digital GPS Anti-jam Receiver-100)。(Collins Aerospace 2019/10/15)
  • BAE Systems は、公開情報分析の支援業務とセキュア クラウド環境構築の契約を 4 億 3,700 万ドルで受注した。米陸軍 INSCOM (Army Intelligence and Security Command) 向けの案件で、GSA (General Services Administration) の OASIS (One Acquisition Solution for Integrated Services) 契約。契約の窓口は GSA の FEDSIM (Federal Systems Integration and Management Center)。(BAE Systems 2019/10/15)
  • C-130J フリートの累計飛行時間が 200 万時間を突破した。1996/4/5 の初飛行から 2019/7 にかけての、23 年ちょっとで達成した数字。(Lockheed Martin 2019/10/15)
  • Lockheed Martin Corp. は米陸軍から、AH-64E 用の M-TUR (Modernized Turrets) を 4,060 万ドルで受注した。(Lockheed Martin 2019/10/15)
  • Leonardo DRS Inc. の Electro-Optical and Infrared Systems 部門は Kongsberg Defence and Aerospace A.S. から、米陸軍向けの CROWS (Common Remotely Operated Weapon Station) で使用する赤外線センサー機材・TS III (Thermal Sight 3rd Generation) を 940 万ドルで受注した。全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 分。(Leonardo DRS 2019/10/14)
  • Rheinmetall Defence AG は、2019/10/14-16 にかけて開催された米陸軍協会 (AUSA : Association of United States Army) の年次会合で、NGCV (Next Generation Combat Vehicle) 向けの次世代版 130mm 戦車砲 130mm/L51 と砲弾、それと RCV-A (Robotic Combat Vehicle - Light) 向けの "Wiesel Wingman" に関する出展を実施した。後者は CROWS-J を搭載、CH-47 や CH-53 で空輸可能だとしている。人工知能 (AI : Artificial Intelligence) の活用による半自律化も謳っている。(Rheinmetall Defence 2019/10/14)

今日の報道発表 (その他編)
  • Raytheon Co. と Korean Air が ADEX 2019 の席上、韓国空軍の ISTAR (Intelligence Surveillance Target Acquisition and Reconnaissance) 計画に関する独占協業合意を締結した。Raytheon が Multi-INT (Multiple-Intelligence) 関連の技術を担当、Korean Air が設計、兵站支援、支援業務を担当するという構図。(Raytheon 2019/10/15)
  • Collins Aerospace が手掛けている KF-X/IF-X 用の環境制御システムについて、最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) が完了した。空調、与圧、液冷システムといったあたりが対象。(Collins Aerospace 2019/10/15)
  • Lockheed Martin Corp. は KAI (Korea Aerospace Industries Ltd.) からの契約に基づき、FA-50 を対象とする AN/SSA-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod) のインテグレーション作業を進めているが、所要の作業のうちフィット チェックのが完了した。物理的な接続やインターフェイス、搭載/卸下手順について検証するもの。2020/8 までにすべての作業を終えて、同年中に認証取得とする計画。(Lockheed Martin 2019/10/15)

今日の報道発表 (北米編)
  • 354th FW (354th Fighter Wing, Eielson AFB, AK) 麾下に編成する F-35A×2 個飛行隊のうち、一番手の 356th FS (356th Fighter Squadron) が再編成された。(USAF 2019/10/10, AirForce Times 2019/10/13)
  • Saab AB と Boeing Co. が Andoya Test Center (Andenes, Norway) で 2019/9/26 に、GLSDB (Ground-Launched Small Diameter Bomb) の長射程飛翔試験を成功裏に実施した。(Saab 2019/10/14)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) から、MALET (Medium-altitude, Long-endurance Tactical) こと MQ-1C ER Gray Eagle ER (Extended Range) を対象とする改修・能力向上に関する増額修正契約を受注した。1,500 万ドルから 9,300 万ドルへの増額。(GA-ASI 2019/10/14)
  • Northrop Grumman Corp. が米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) 向けに製作した STSS (Space Tracking and Surveillance System) 衛星群が、当初設計寿命の 4 年を遙かに超えて、運用期間が 10 年間を突破した。2009 年に 2 基を LEO (Low Earth Orbit) に投入している。(Northrop Grumman 2019/10/14)
  • Sikorsky が、RAIDER X なる戦闘用ヘリコプターのコンセプトを披瀝した。(Lockheed Martin 2019/10/14)
  • Leonardo DRS Inc. と Rafael Advanced Defense Systems Ltd. は、米陸軍の M1 戦車に装備する Trophy APS (Active Protection System) の第一陣を予定通りに納入した、と発表した。PEO GCS (Program Executive Office for Ground Combat Systems) から緊急受注していたもの。(Leonardo DRS 2019/10/11)

今日の報道発表 (その他編)
  • 運用評価試験目的の航海 "WESTLANT 19" に出ているイギリス海軍 (RN : Royal Navy) の空母、HMS Queen Elizabeth の艦上に、2019/10/13 に初めてイギリス軍の F-35B が着艦した。英海空軍のパイロットが操縦を担当。今回の飛行試験は No.17 Sqn. が担当する。(MoD UK 2019/10/13)
  • Rostec は、韓国に対して Ka-32 の近代化改修を提案することを明らかにした。ADEX 2019 展示会で、現地パートナーの RH Focus Corp. が関連出展を実施するとしている。アビオニクス、エンジン (VK-2500PS-02 への換装)、消火システムといったあたりが対象で、改修型は Ka-32A11M と称する。(Rostec 2019/10/14)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |