今週の軍事関連ニュース (2019/10/21)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2019/10/11 に Joint Base San Antonio-Lackland で、米空軍のサイバー専門組織、第 16 航空軍 (16th Air Force (Air Forces Cyber)) の発足式典が行われた。初代司令官は Timothy Haugh 中将。一方、第 24・第 25 航空軍は解隊となり、新組織に編合された。(SpaceWar 2019/10/16)

今日のニュースいろいろ
  • オーストラリア国防省は、IMSEC (International Maritime Security Construct) の一環としてオーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の P-8A×1 機を中東に派遣する、と発表した。同盟国とともに安全な海洋通航を実現するとしている。また、2020/1 から 6 ヶ月間の予定で ANZAC フリゲートを派出する計画もある。(Australian DoD 2019/10/18)
  • 米空軍では、アイダホ州南部、ネバダ州北部、オレゴン州南東部において戦闘機の飛行可能高度引き下げを実現したい考えで、まず環境影響評価をまとめる計画。(AirForceTimes 2019/10/16)
  • 米陸軍では、ARCYBER (Army Cyber Command) の名称変更を働きかけているところ。背景には任務範囲の拡大があり、情報戦分野の比重増大を受けて Army Information Warfare Command への改称を求めている。(ArmyTimes 2019/10/16)
  • 中国東部、江蘇省で英語教師をしていたアメリカ人の Jacob Harlan 氏と Alyssa Petersen 氏が、中国当局に拘束された。当局側の公式な説明は「違法な国境越えに関与していたため」。(SpaceWar 2019/10/17)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • USC (United Shipbuilding Corp.) 傘下の Yantar Shipyard で、Zubr 型エアクッション揚陸艇 (Project 12322)・RFS Mordovia の修理を実施することになった。10 月末か 11 月初頭に造船所に到着する予定とのこと。(TASS 2019/10/15)
  • インドがアフガニスタンに Mi-35×2 機を供与、2019/10/15 に引渡式典が Kabul で行われた (Mi-24V との情報もある。これより先に第一陣の 2 機を引渡済みだった)。2015-2016 年にかけてインドが供与したヘリコプター×4 機の代替用で、対テロ戦に対する支援だとしている。(Forecast International 2019/10/15, IHS Jane's 2019/10/16, DID 2019/10/18
  • 米陸軍は、ROVER (Remotely Operated Video Enhanced Receiver) の次世代版、ROVER 6 について、L3Harris Technologies Inc. を担当メーカーに選定した。OSRVT (One System Remote Video Terminal) の PoR (Program of Record) 向け。(DefenseNews 2019/10/15)
  • BAE Systems plc が、AFV をミサイルの脅威から守るための妨害システム・RAVEN Countermeasure System を発表した。レーザー ベースの妨害を行う。(DID 2019/10/16)

韓国向け FMS (DSCA 2019/10/17)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、韓国向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で AIM-120C-7/8 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) を輸出すると通告した。総額は 2 億 5,300 万ドル。内訳は以下の通り。
  • AIM-120C-7/AIM-120C-8 AMRAAM×120
  • コンテナ、支援機材、スペアパーツ、補修用パーツ、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは Raytheon Co. (Waltham, MA)。オフセットの設定を予定。

今日の米軍調達 (Contracts 2019/10/18)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、訓練用の脅威模擬業務を総額 $6,400,000,000 で。
    • Air USA Inc. (Edgewood, NM) : FA4890-20-D-0001
    • Airborne Tactical Advantage Co., LLC (Newport News, VA) : FA4890-20-D-0002
    • Blue Air Training (Las Vegas, NV) : FA4890-20-D-0003
    • Coastal Defense (Mill Hall, PA) : FA4890-20-D-0004
    • Draken International Inc. (Lakeland, FL) : FA4890-20-D-0005
    • Tactical Air Support (Reno, NV) : FA4890-20-D-0006
    • Top Aces Corp. (Mesa, AZ) : FA4890-20-D-0007
    2024/10/29 まで。ACC (Air Combat Command), Acquisition Management and Integration Center, JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA
ARMY
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : FMTV (Family of Medium Tactical Vehicles) のイスラエル向けバージョンを $159,138,000 で。イスラエル向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2024/10/17 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-20-D-0009)
NAVY
  • General Electric (Grand Rapids, MI) : SMS (Stores Management System) を対象とする兵站支援業務 (PBL : Performance Based Logistics) を $61,151,029 for で。補修、アップグレード改修または交換、可動率・信頼性の確保、構成管理、在庫管理、陳腐化管理を担当。2024/10 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-20-F-VX01)
  • Collins Aerospace (Cedar Rapids, IA) : E-6B 用の HPTS (High Power Transmit System) を対象とする近代化改修に関わるエンジニアリング業務について、オプション契約分を $21,318,085 で。前契約は N00019-14-G-0021。陳腐化対処案件、2022/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-2719/P00002)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Patriot Industries Inc. (Monticello, KY) : ライフルマン セットと戦術突撃パネルを $51,752,250 で。陸軍向け、2021/9/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-20-C-0001)
  • Veterans Healthcare Supply Solutions Inc. (Jacksonville, FL) : 医療機材を $40,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2024/10/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-20-D-0002)

今日の報道発表
  • HM Naval Base Portsmouth で、3,000 万ポンドを投じて進めてきていた施設改良工事が完了して、Queen Elizabeth 級空母×2 隻の同時繋留が可能になった。(Royal Navy 2019/10/17)
  • リトアニア国防省は、寿命が近付いている Mi-8 を用途廃止にして、後継機として UH-60M の調達に向けた折衝を開始する、と発表した。。要求に合致する機体は、アメリカが提案してきた UH-60M だったとしている。このほか、救難用に AS365 N3+ Dauphin×3 機を運用中。(Lithuanian MoD 2019/10/18)
  • ドイツ陸軍で 2018 年より前に受領した NH90 について、テイル ローター ブレードで使用している止め金具に不良が見つかったため、飛行停止にして検査と部品の交換を実施することになった。今後の数週間ほど、即応体制に影響が出る見込み。2018 年以降の納入分については、影響は受けない。(German Army 2019/10/16)
  • クウェートは 2016/8 に H225M×30 機を発注しているが、まず初号機が飛行試験を開始した。空軍と国家警備隊に配備する計画になっている。他のカスタマーでは現在、H225M×95 機が稼働中で、累計飛行時間は 114,000 時間。(Airbus Helicopters 2019/10/18)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/10/17)
ARMY
  • 以下の各社は、アーキテクト/設計業務を総額 $149,969,200 で。
    • AECOM + Tetra Tech JV (Boston, MA) : W912DY-20-D-0013
    • Black & Veatch Special Projects Corp. (Overland Park, KS : W912DY-20-D-0012
    • Jacobs Government Services Co. (Arlington, CO) : W912DY-20-D-0014
    2024/10/16 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL
  • South Dade Air Conditioning & Refrigeration Inc. (Plantersville, AL) : 機械整備を $11,600,230 で。ミシシッピー州 Vicksburg で実施、2025/4/30 まで。Army Corps of Engineers, Vicksburg, MS (W912HZ-20-C-0002)
NAVY
  • Raytheon Co. (McKinney, TX) : F/A-18E/F 搭載用の AN/ASQ-228 ATFLIR (Advanced Targeting Forward Looking Infra-Red) で使用する試験機材のアップデートを、$17,897,746 で。前契約は N00019-15-G-0003。2022/2 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-20-F-0277)
  • BAE Systems Technology Solutions and Services (Rockville, MD) : 艦載通信/情報システムを対象とする工学/技術サービス業務について、オプション契約分を $7,930,867 で。NAWC (Naval Air Warfare Center) 麾下、Ship and Air Integration Warfare Division (Webster Outlying Field, St. Inigoes, MD) 向け。2020/10 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-15-C-0008/P00050)
AIR FORCE
  • Pride Industries (Roseville, CA) : 61st Civil Engineer and Logistics Squadron (Los Angeles AFB, CA) 向けの土木工事に関わる、O&M (Operations and Maintenance)、工学、環境、地上整備について、修正契約を $15,246,093 で。2020/11/30 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA2816-17-C-0001/P00059)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • National Industries for the Blind (Alexandria, VA) : 吸湿性 T シャツのオプション 1 契約分を $8,562,960 で。陸軍向け、2020/10/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-19-D-B043/P00005)

今日の報道発表
  • 2019/10/19 に General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, CA) で、ESB (Expeditionary Sea Base) の 5 番艦、USNS Miguel Keith (T-ESB-5) の命名式が行われる。スピーチは Walter E. Boomer 退役海兵隊大将が、スポンサーは艦名由来の Miguel Keith 海兵隊伍長の母堂・Eliadora Delores Keith 氏が務める。(DoD 2019/10/17)
  • QNA (QinetiQ North America) と Pratt and Miller Defense が、米陸軍の RCV (Robotic Combat Vehicle) 計画でパートナーシップを構成することになった。(QNA 2019/10/14)
  • 米陸軍は LTAMDS (Lower Tier Air and Missile Defense Sensor) 計画で、Raytheon Co. の採用を決定した。担当する企業チームは以下の面々。
    • Crane Aerospace & Electronics
    • Cummings Aerospace
    • IERUS Technologies
    • Kord Technologies
    • Mercury Systems
    • nLogic
    (Raytheon 2019/10/17)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は、Scorpion 計画のうち 4x4 軽装甲車 VBMR-L (Vehicule Blinde Multi-Roles Leger) こと Serval について、2019/9 から Angers の試験場で実施していた第一陣の試験を完了した。さまざまな地形での実走試験を行うという内容。さらに、2020 年に続きの試験を予定している。その後は 2022 年から合計 489 両を量産・納入する予定。(French MoD 2019/10/16)
  • オーストラリア国防省は、UCRF (Underwater Collision Research Facility, Australian Maritime College, Launceston, Tasmania) の開設について発表した。DST (Defence Science and Technology) と University of Tasmania が共同で設立したもので、艦艇建造基盤維持の一翼を担うとしている。(Australian DoD 2019/10/17)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/10/16)
NAVY
  • Boeing Co., Seattle, Washington : CFM56-7B27A/3 エンジンと CFM56-7B27AE エンジンを対象とするデポレベルの整備・補修について、修正契約を $193,318,432 で。P-8A 搭載用、米海軍向け、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向けで構成。2020/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0113/P00003)
  • StandardAero Inc. (San Antonio, TX) : CFM56-7B27A/3 エンジンと CFM56-7B27AE エンジンを対象とするデポレベルの整備・補修について、修正契約を $174,743,115 で。米海軍向け、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向けで構成。2020/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0110/P00004)
  • AAR Aircraft Services Inc. (Indianapolis, IN) : P-8A を対象とする定期整備とデポ整備について、修正契約を $44,865,877 で。米海軍向け、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け、FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向けで構成。2020/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0111/P00005)
AIR FORCE
  • Lockheed Martin Corp. (King of Prussia, PA) : Mk.21A 再突入体 (RV : Reentry Vehicle) の技術熟成・リスク低減を $108,322,296 で。2022/10 まで。Air Force Nuclear Weapons Center, Hill AFB, UT (FA8219-20-C-0001)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • DRS Network & Imaging Systems LLC (Melbourne, FL) : 配線ハウジング アセンブリを $18,451,845 で。陸軍向け、2021/11/27 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-20-C-0022)
  • Textron GSE/TUG Technologies Inc. (Kennesaw, GA) : 2016/12/2 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0002 に基づく契約の対象に追加。(SPE8EC-20-D-0050)
ARMY
  • Bristol Construction Services LLC (Anchorage, AK): フェンス、照明、限定的保安機能付きの保管エリア建設工事について、修正契約を $10,086,761 で。テキサス州 Texarkana で実施、2020/10/25 まで。Army Corps of Engineers, Fort Worth, TX (W9126G-18-C-0066/P00004)

今日の報道発表
  • Richard V. Spencer 米海軍長官は、Arleigh Burke 級駆逐艦の 84 番艦について、艦名を USS John E. Kilmer (DDG-134) とする、と発表した。朝鮮戦争に出征して 1952/8/13 に戦死、1953/6/18 に議会名誉勲章 (MoH : Medal of Honor) を受章した衛生兵の名前にちなむ。(US Navy 2019/10/16)
  • Edwards AFB で実施していた試験が完了して、KC-46A から V-22 への空中給油に関する認証が実現した。(Boeing Twitter 2019/10/16)
  • Leonardo DRS Inc. の Electro-Optical Infrared Systems 部門は米陸軍から、FWS-I (Family of Weapon Sight - Individual) の追加分を 8,900 万ドルで受注した。非冷却式赤外線センサーを使用するサイトの納入案件。(Leonardo DRS 2019/10/15)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は、ESB (Expeditionary Sea Base) の 5 番艦、Miguel Keith (ESB-5) の領収試験が 2019/10/11 に完了した、と発表した。建造所は General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, CA) で、試験はカリフォルニア州南部の沖合で実施。FY2020 初頭の引き渡しを予定している。ESB は 6-7 番艦の詳細設計と建造を発注済み、さらに 8 番艦がオプション契約になっている。(US Navy 2019/10/15)
  • NSPA (NATO Support and Procurement Agency) は、デンマーク軍向けの長距離多機能双眼式赤外線暗視装置の供給元として、Safran Electronics & Defense を選定した。JIM Compact を納入する。(Safran 2019/10/14)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |