今週の軍事関連ニュース (2020/01/16)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 中国海警の Type 718B 巡視船 5204 が、初めてフィリピンを公式訪問した。2020/1/14 に Manila の Port Area に入港。両国間の関係強化を企図した動き。(Jane's 2020/1/15)
  • ノルウェー国防省は、同国北部における医療空輸の所要を考慮して Bell 製ヘリコプターの Kirkenes への派遣を 2020/4/15 まで延長する、と発表した。(Norwegian MoD 2020/1/13)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory) が、指向性エネルギー兵器 (DEW : Directed Energy Weapon) のデモンストレーター・HADES (High-power Adaptive Directed Energy System) を開発した。これからフィールド試験に供する。(SpaceWar 2020/1/14)
  • 米海軍水上艦部隊の司令官・Richard Brown 中将が、沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) にレーザー兵器を搭載する考えを明らかにした。対象は USS Little Rock (LCS-9) になる模様。(USNI News 2020/1/13)
  • TAI (Turkish Aerospace Industries) の CEO・Temel Kotil 氏が、TF-X 計画に参画するようマレーシアに声をかけて、現在は回答待ちであることを明らかにした。(DefenseNews 2020/1/13)
  • 2020/1/11 にアラビア海で、インド海軍の空母 INS Vikramaditya 艦上に LCA (Light Combat Aircraft) こと Tejas 艦載型が初めて着艦した。(Live Fist Defence 2020/1/11)
  • 8 ヶ月間に及んだ研究と試験の結果、CH-53K におけるエンジンのインテグレーション問題は解決をみたとのこと。(DID 2020/1/10)
  • Nikos Panagiotopoulos 希国防相が、「トルコに対する航空優勢を取り戻すため、F-35 を調達することになるだろう」と発言した。(Ahval 2020/1/9)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/1/14)
AIR FORCE
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : 台湾向けの F-16 (Peace Phoenix Rising) に関連する兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) について、修正契約を $32,860,395 で。機体の補修に加えて、AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー関連の供給源途絶対策も実施。2025/12/31 まで。FMS (Foreign Military Sales) 案件。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8615-12-C-6016/P00068)
NAVY
  • Noble Sales Co., Inc. (Rockland, MA) : NAVSUP 麾下、Fleet Logistics Center Norfolk (Norfolk, VA) 向けの店舗運営を $30,000,000 (価格修正条項付き) で。NSA (Naval Support Activity) Crane (Crane, IN) で実施、Naval Facilities Command Public Works Department 向けの品目を扱う。2025/1 まで。さらに 2025/7 までのオプション契約を設定。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center, Norfolk, Contracting Department, Norfolk, VA (N00189-20-D-0009)
ARMY
  • CEMS-RS&H ABQ JV (San Antonio, TX) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $9,500,000 で。2025/1/9 まで。Army Corps of Engineers, Albuquerque, NM (W912PP-19-D-0017)
  • Goodwill Industries of San Antonio Contract Services (San Antonio, TX) : 記録処理、在庫の管理・追跡、販売業務について、修正契約を $7,858,420 で。2021/1/25 まで。Army Health Contracting Activity, San Antonio, TX (W81K04-18-C-0002/P00006)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Alamo Strategic Manufacturing (San Antonio, TX) : エルボー パッドのオプション 1 契約分を $8,625,000 で。陸軍、空軍、海兵隊向け、2021/1/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-19-D-1122/P00005)

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. は、AN/SPY-6(V) レーダーを低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) から量産・維持管理のフェーズに移行するに際して、アレイ ストラクチャの開発を進める目的で、Major Tool & Machine, Inc. との合同チームを編成した。(Raytheon 2020/1/14)
  • Northrop Grumman Corp. は、米陸軍向けに開発を進めている CIRCM (Common Infrared Countermeasure) システムを WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM) に持ち込み、単射と連射のそれぞれについてフリーフライト試験を実施した。(Northrop Grumman 2020/1/14)
  • Lockheed Martin Corp. は米海軍から、AN/SLQ-32(V)6 SEWIP (Surface Electronic Warfare Improvement Program) を対象とするデザイン エージェント業務を 1,390 万ドルで受注した。分析、設計、システム/サブシステム/コンポーネントの改修などを担当する。(Lockheed Martin 2020/1/14)

今日の報道発表 (その他編)
  • DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) の代理として、DASA (Defence and Security Accelerator) が総額 400 万ポンドを支出、自律化、自動化、機械学習、人工知能 (AI : Artificial Intelligence) といった分野の技術開発を進めることになった。第一陣として 9 件のプログラムに 100 万ポンドを支出、Intelligent Ship - The Next Generation 計画のコンペティションを通じて艦艇乗組員の情報負担軽減を図るための技術開発を進める。(MoD UK 2020/1/14)
  • DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) と QinetiQ plc は、3 年半がかりで装甲戦闘車両向けソフトキル APS (Active Protection System) に関する技術評価 (TAP : Technology Assessment Programme)・Medusa を進めてきていたが、2019/10 に完了した。評価対象に選ばれたのは Hensoldt 製の MUSS で、同社に加えて BAE Systems plc、Frazer-Nash Consultancy、Textron ESL の各社が協力した。搭載対象は Challenger 2 戦車。(QinetiQ 2020/1/14)
  • Dassault Aviation は仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) から、情報収集機調達計画・ARCHANGE (Avions de Renseignement a CHArge utile de Nouvelle GEneration) のうち最初の 2 機を 2019/12/30 に受注した。(Dassault Aviation 2020/1/14, Thales 2020/1/14)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の新造 OPV (Offshore Patrol Vessel)・HMS Forth が、Falklands Islands での哨戒を開始した。前年のクリスマスに退役した HMS Clyde の後継で、Portsmouth から 9,000nm を回航してきたもの。(Royal Navy 2020/1/13)
  • NSPA (NATO Support and Procurement Agency) は 2019/12/18 に、ルクセンブルク向け H145M の 2 号機を引き渡した。ルクセンブルクの代理として NSPA が発注していたもので、2019/11 に引き渡した 1 号機は、2020/1/1 の予定より早く初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成したところ。2021/1/1 に完全運用能力 (FOC : Full Operational Capability) を達成する予定。任務は法執行や救難などで、将来の軍事任務も視野に入れている。(NSPA 2020/1/13)
  • 欧州委員会 (EC : European Commission) の Horizon2020 Research & Innovation Program の下、3 年間の計画で技術実証計画 VERTIGO (Very High Throughput Satellite-Ground Optical link) を実施する話が決まった。Thales Alenia Space が主導、CREONIC GmbH、ETH Zurich、Fraunhofer HHI、Gooch and Housego Ltd.、LEO Space Photonics R&D、ONERA (Office National d'Etudes et Recherches Aerospatiales)、Thales Research & Technology が参画する。(Thales Alenia Space 2020/1/13)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/1/13)
NAVY
  • AgustaWestland Philadelphia Corp. (Philadelphia, PA) : TH-73A×32 機、初期分スペアパーツ、支援機材、フライアウェイ キット、ホイスト、スリング ロード、データ、叫喚パイロットと整備員の訓練などを $176,472,608 で。2021/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N61340-20-C-0007)
  • Airbus Helicopters Inc. (Grand Prairie, TX) : UH-72×5 機を対象とする補修整備と兵站支援業務 (PBL : Performance Based Logistics) を $37,729,000 で。TPS (Navy Test Pilot School) 向けの改修、地上と空中での訓練も担当。2025/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-20-D-0010)
  • C.E.R. Inc. (Baltimore, MD) : NSF (Naval Support Facility) Dahlgren (Dahlgren, VA) で実施する Gambo Creek Bridge の架け替え工事を $12,886,000 で。前契約は N40080-19-D-0011。2022/11 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Washington, Public Works Department, South Potomac, Dahlgren, VA (N40080-20-F-4121)
  • DRS Systems Inc. (Melbourne, FL) : DAIRCM (Distributed Aperture Infrared Countermeasure) 計画のリスク低減に関わる、プログラム管理、エンジニアリング、兵站支援業務について、修正契約を $7,660,583 で。前契約は N00019-19-G-0030。2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-19-F-2730/P00001)
AIR FORCE
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AIM-120 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) のロット 33 分について、スペアパーツに関する修正契約を $10,593,360 で。米海空軍向け、2022/3/31 まで。累計受注額は $778,877,267。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8675-20-C-0033/P00001)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は米海軍から、(NYSE: LMT) received a $43 million contract modification from the U.S. Navy to upgrade to the E-2D Advanced Hawkeye の AN/ALQ-217 ESM (Electronic Support Measures) を対象とするアップグレード改修契約を 4,300 万ドルで受注した。当初契約から 12 ヶ月の修正を実施、2023 年に完納の予定。(Lockheed Martin 2020/1/13)
  • Lockheed Martin Corp. は 2019/12/27 に米国防総省との間で、C-130J を対象とする第三次多年度調達 (MYP : Multi-Year Procurement) に関する合意をまとめた。第一陣は C-130J×21 機で 15 億ドル、トータルでは 50 機で 30 億ドル。期間は 2021-2025 年。(Lockheed Martin 2020/1/13)
  • Raytheon Co. は DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) から、ビデオゲーム風のプロセスを用いる機械学習技術の開発契約を 600 万ドルで受注した。計画名称は CAML (Competency Aware Machine Learning)。(Raytheon 2020/1/10)
  • Northrop Grumman Corp. は米空軍から、SPOC (Software Programmable Open Mission Systems Compliant) 対応通信機の開発・実証契約を受注した。OMS (Open Mission Systems) 規格に対応するオープン アーキテクチャの通信機を開発する案件で、空対地・空対空の通信 4 種類に対応する(Northrop Grumman 2020/1/10)
  • 2020/1/10 に GDBIW (General Dynamics Bath Iron Works) で、Arleigh Burke 級駆逐艦の 72 番艦、USS John Basilone (DDG-122) の起工式が行われた。スポンサーは Amy Looney 氏と Ryan Manion 氏が連名で務める。艦名は、硫黄島の戦闘で戦死した海兵隊 1 等軍曹の名前にちなむ。(US Navy 2020/1/10)

今日の報道発表 (その他編)
  • スイス国防省 (VBS : Eidgenossisches Departement fur Verteidigung, Bevolkerungsschutz und Sport)が 2020/1/10 に、Air 2030 のうち戦闘機のパートについて、メーカー各社に第二次 RfP を発出した。対象は Airbus (Eurofighter)、Dassault Aviation (Rafale)、Boeing Co. (F/A-18 Super Hornet)、Lockheed Martin Corp. (F-35A)。また、防空システムのパートについても同様に、第二次 RfP を発出した。こちらの対象は Eurosam (SAMP/T : Sol Air Moyenne Portee Terrestre) と Raytheon Co. (MIM-104 Patriot)。(VBS 2020/1/10)
  • Lockheed Martin Corp. 傘下の Sikorsky は Rheinmetall Defence AG と組んで、独陸軍の新型大型輸送ヘリ調達計画・STH (Schwerer Transporthubschrauber) に対する CH-53K の提案書を提出した。MTU Aero Engines、Autoflug GmbH、Hydro Systems KG などドイツ企業 10 社も参画させる。一方、Boeing Co. も H-47 の提案を実施した。(Lockheed Martin 2020/1/13, Boeing 2020/1/14)
  • Elbit Systems Ltd. 傘下の IMI Systems がフィンランド国防省から、120mm 戦車砲弾 M339 を受注した。NATO 規格に対応する HE-MP (High Explosive Multi-Purpose) 砲弾で、データ設定ユニットも併せて納入する。Leopard 2 戦車向け。(Elbit Systems 2020/1/13)
  • Rheinmetall Defence AG と MAN のジョイント ベンチャー・RMMV (Rheinmetall MAN Military Vehicles GmbH) は、ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) 向けの非装甲トラック 1,000 両あまりを 3 億 8,200 万ユーロで受注した。年内に完納の予定。(Rheinmetall Defence 2020/1/13)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |