今週の軍事関連ニュース (2020/01/20)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • Emmanuel Macron 仏大統領が、対 ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) 航空作戦 "Operation Chammal" のため、空母 FS Charles de Gaulle を 2020/1-4 にかけて中東方面に派遣する、と発表した。同艦はその後、大西洋・北海方面への航海を予定している。(Radio Free Europe/ Radio Liberty 2020/1/17)
  • 米空軍は、B-52H を対象とする B61-7 核爆弾と B83-1 核爆弾の運用承認を廃止した。これにより、B-52H は自由落下核爆弾の運用を終了する。(The Drive 2020/1/13)
  • 露海軍の掃海艇 RFS Ivan Antonov が、Sevastopol を出港して地中海に向かった。露国防省では「事前に計画していた任務航海」だとしている。(Russian MoD 2020/1/16)
  • タイ海軍 (RTN : Royal Thailand Navy) が、中国から調達する潜水艦の乗組員について、訓練を受けさせるために要員の選抜を実施、年内にも中国への派遣を実施する。(Khaosod English 2020/1/16)

今日のニュースいろいろ
  • 在韓米軍の駐留経費負担を議題とする米韓協議が行われたが、打開策が出るには至らなかった。すでに SMA (Special Measures Agreement) は失効しており、新たな SMA のために今回で 6 回目となる協議を実施したものの、合意は成立せず。(聯合ニュース 2020/1/16)
  • インドとフィンランドの国防相が 2020/1/15 に、両国間の軍事的協力関係を深度化するという趣旨の MoU に調印した。(Indian MoD 2020/1/15)

今日のニュースいろいろ
  • アイルランドの Paul Kehoe 国防相が 2020/1/14 に、5 年間で総額 1 億 4,500 万ユーロの資金を投下する防衛インフラ整備構想について明らかにした。「軍が任務を果たすために必要なインフラを整備する」との説明。すでに 6,000 万ユーロ分の案件が動いており、今後 3 年間で 7,500 万ユーロを追加支出する。(Irish MoD 2020/1/14)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 2nd SOPS (2nd Space Operations Squadron ) が、GPS (Global Positioning System) ブロック III 衛星の 1 号機 (SV-74) の運用を開始した。(GPS World.com 2020/1/15)
  • 次期戦闘機候補機の寒冷地試験を実施しているフィンランドと異なり、加公共事業省 (PWGSC : Public Works and Government Services Canada) は CF-18 後継機について、寒冷地試験は行わない方針とのこと。(Ottawa Citizen 2020/1/15)
  • 米国防総省の Defense Innovation Unit は、遠征水中ミッションの実験で使用する UUV として L3Harris Technologies Inc. の Iver4-900 PW を採用した。交換可能なモジュラー式ペイロード セクション 2 ヶ所を備える。(C4ISRNet 2020/1/16)
  • SIG Sauer (Jacksonville, AR) は米陸軍から、ボルトアクション式狙撃銃で使用する MOD 0 .300 Win Mag 銃弾と Mk.248 mod.1 銃弾を 1,000 万ドルで受注した。(UPI 2020/1/15)
  • TAI (Turkish Aerospace Industries) は 2018 年にパキスタンから、T129 攻撃ヘリ×30 機を 15 億ドルで受注したが、アメリカの介入により T800 エンジンの入手に問題が生じて、引き渡しが遅れている。そのため、パキスタンは納入期限の延長に同意することになった。TEI (Tusas Engine Industries) が T626 汎用ヘリや T429 攻撃ヘリ向けにエンジンの開発を進めているが、これが T129 に使えるかどうかは不明。(Defense-Aerospace.com 2020/1/16)
  • ロシアで、複数の C-UAS (Counter Unmanned Aerial System) システムを開発中。ブツは New Technologies Telecommunications の Garpun-M (固定設置型と移動型がある)、シンプルでコンパクトな Avtomatika Concern の Pishchal、半径 5km の範囲で衛星航法システムを妨害する REX-1 (重量 4.2kg) といった面々。(Forecast International 2020/1/14)

オーストラリア向け FMS (DSCA 2020/1/15)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、オーストラリア向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で水上戦闘艦関連の先行調達と開発案件を輸出すると通告した。総額は 15 億ドル。Hobart 級駆逐艦の近代化改修と Hunter 級フリゲートの建造に関連するもので、内訳は以下の通り。
  • Hobart 級の近代化改修向け
    • イージス武器システム (AWS : Aegis Weapon System)×3
    • イージス武器システム用ソフトウェアと関連プログラム
    • イージス戦闘システム (ACS : Aegis Combat System) の改良
    • Mk.34 GWS (Gun Weapon System) 改修機材×3。EOSS (Electro Optical Sight System) と Naval Fires Planner の変更、TacLink Control System 向け
    • Mk.34 GWS 用コンポーネント (Mk.160 Gun Computing System, Mk.20 EOSS, Naval Fires Planner, TacLink Control System)×3
  • Hunter 級向け
    • イージス武器システム (AWS : Aegis Weapon System)×3)
    • イージス武器システム用ソフトウェアと関連プログラム
    • イージス戦闘システム (ACS) の開発、インテグレーション、試験
    • CEAFAR 2 レーダーの導入
    • オーストラリア側コンポーネントのインテグレーションと導入
    • Mk.41 垂直発射システム (VLS : Vertical Launch System)×3
    • CIWS (Close-In Weapons System)×6
    • GPNTS (Global Positioning System Based Positioning, Navigation and Timing Service)×6
    • モード 5/S 対応 IFF (Identification, Friend of Foe)×3
    • GEDMS (Gigabit Ethernet Data Multiplexing System)
    • AN/WSN-7 リング レーザー ジャイロ式 INS (Inertial Navigation System)
    • AN/WSN-9 デジタル ハイブリッド測程儀
    • CDLMS (Common Data Link Management System)
    • GCCS-M (Global Command and Control System - Maritime)
  • Hobart 級の近代化改修と Hunter 級の両方
    • GPNTS 用 ADAP (Advanced Digital Antenna Production) アンテナと支援機材×6
    • アップグレード型 CEC (Cooperative Engagement Capability)×6
    • C2P (Command and Control Processor)×6
    • MIDS-JTRS (Multifunctional Information Distribution System Joint Tactical Radio System) 端末機×8
    • AN/SRQ-4 Hawklink×6
    • AN/SQQ-89 ソノブイ処理システム×6
    • Undersea Warfare and Ship Self Defense
    • MH-60R のインテグレーション
    • 導入支援資材、試験機材、兵站業務、イージス戦闘システムの機材ならびに導入に関わるスペアパーツと補助機材、技術文書、教範と訓練ツールの作成、フロントエンド分析、乗組員の訓練、技術/工学/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ)。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2020/1/17)
NAVY
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Tewksbury, MA) : DBR (Dual Band Radar) のデザイン エージェント支援業務について、オプション契約分を $30,358,285 で。2021/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-5509)
  • CACI International Inc. / BIT Systems (Sterling, VA) : C-UAS (Counter Unmanned Aerial System) システムの導入、インテグレーション、維持管理に関わる各種業務を $13,336,559 で。モデリングとシミュレーション、ハードウェア設置、ソフトウェアのインテグレーション、検証試験、トラブル対処を担当。2022/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-20-D-0020)
ARMY
  • Phillips Corp. (Hanover, MD) : CNC (Computer Numeric Control) ミル/旋盤アセンブリを $28,570,997 で。2025/1/16 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W9098S-20-D-0004)
  • Four Tribes Enterprises Inc. (Gaithersburg, MD) : Rome Laboratory (Rome, NY) で実施する保安出入施設の建設工事を $13,147,968 で。2021/7/14 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-20-C-0005)
  • Booz Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : IPPS-A (Integrated Personnel and Pay System - Army) を対象とするプログラム管理業務を $8,873,629 で。Functional Management Division, Deputy Chief of Staff, G-1, Technology and Business Architecture Integration Directorate 向け。2023/1/17 まで。Army Contracting Command, NJ (W15QKN-20-F-0144)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Honeywell International, Honeywell Aerospace-Tucson (Tucson, AZ) : ヘリコプター用の発電機を $25,664,750 で。陸軍向け、2026/1/17 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRRA1-20-D-0016)

今日の報道発表
  • STS (Sierra Technical Services Inc.) は 2020/1/10 に、開発中の 5GAT (5th Generation Aerial Target) について、エンジンの試運転を実施した。5GAT の所掌は OSD DOT&E (Office of the Secretary of Defense, Director of Operational Test and Evaluation) で、米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers) Contracting Office (Sacramento, CA) が契約窓口。2017/3 に実証機の開発、インテグレーション、製作、地上試験、飛行試験に関する契約を受注して作業中。(Sierra Technical Services 2020/1/10)
  • スイス国防省 (VBS : Eidgenossisches Departement fur Verteidigung, Bevolkerungsschutz und Sport)は、スイス空軍の F/A-18C/D を対象とするクラック検査が完了した、と発表した。すでに対策は進行中で、これにより WEF (World Economic Forum) での上空警戒任務に備える。(VBS 2020/1/16)
  • Iveco と OTO Melara で構成する CIO Consortium は、2019/12/27 にイタリア陸軍から、8x8 装輪装甲車 (AIFV : Armoured Infantry Fighting Vehicle)・Freccia VBM×30 両を受注した。うち 5 両が Combat バージョン、残り 25 両が Anti-Tank バージョン。このほか、Mortar Carrier バージョンと Command Post バージョンも計画している。(CIO Consortium 2020/1/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/1/16)
AIR FORCE
  • Raytheon Co. (Marlborough, MA) : FET (Force Element Terminal) の設計、開発、試験、インテグレーション、兵站支援業務を $442,265,464 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2023/8 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, Bedford, MA (FA8735-20-C-0003)
  • Raytheon Co. (Marlborough, MA) : FAB-T (Family of Advanced Beyond Line-of-Sight Terminal) を対象とする SEP (Software Encryption Platform) 仕様変更適用について、修正契約を $36,848,806 で。2023/3 まで。FAB-T Contracting Office, Hanscom AFB, MA (FA8705-13-C-0005/P00152)
ARMY
  • LOC Performance Products (Plymouth, MI) : M2 Bradley 用の T-161 ダブルピン履帯を $41,439,129 で。2022/1/12 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-20-C-0052)
  • Lockheed Martin Corp. (Orlando, FL) : AGM-114 Hellfire と AGM-179 JAGM (Joint Air-to-Ground Missile) を対象とするエンジニアリング サービス業務について、修正契約を $9,829,327 で。2021/1/15 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-19-C-0071/P00013)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Carter Enterprises (Brooklyn, NY) : コートとトラウザーズを $21,105,765 で。陸軍・空軍向け、2021/1/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-20-D-1206)
NAVY
  • Crowley Government Services (Jacksonville, FL) : 海洋監視艦 (T-AGOS : Tactical Auxiliary General Ocean Surveillance)×5 隻と弾道弾追跡艦 (T-AGM)×2 隻の O&M (Operations and Maintenance) について、延長分を $20,771,542 で。6 ヶ月間の オプション契約分まで含めた総額は $375,202,948。2020/7/21 まで。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N62387-15-C-2505)
  • MAC LLC (Bay St. Louis, MS) : 12.7mm 樹脂薬莢弾 Mk.323 mod.0×240 万発を $9,998,493 で。徹甲弾と焼夷徹甲弾を含む。2024/1 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-20-D-5200)

今日の報道発表
  • イスラエル空軍 (IAF : Israel Air Force) が、2 番目の F-35I 飛行隊・No.116 Sqn. "Lions Of The South" を 2020/1/16 に正式発足させた。(Israeli Air Force Twitter 2020/1/16, Jerusalem Post 2020/1/16)
  • 米陸軍は、メーカー側からのフィードバックを受けて要求仕様の見直しを決定。これを受けて、M2 Bradley 後継となる OMFV (Optionally Manned Fighting Vehicle) に関する発出中の懇請を撤回する、と発表した。(US Army 2020/1/16)
  • 米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory) の極超音速実験飛翔体 X-60A について、コールド フローとホット ファイアの地上試験が行われた。使用する Hadley 液体燃料ロケットは Ursa Major Technologies の製品。(USAF 2020/1/15)
  • 2020/1/16 に Seaspan Vancouver Shipyards (North Vancouver, BC) で、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) 向け JSS (Joint Support Ship)・HMCS Protecteur の起工式が行われた。2023 年の引渡を予定している。もう 1 隻、HMCS Preserver の建造も予定しており、この 2 隻で旧 Protecteur 級の後継とする。独海軍の Berlin 級補給艦がタイプシップで、全長 173.7m、全幅 24m。(Canadian DND 2020/1/16)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は 2019/12/18 に、SCORPION 計画の下で発注していた偵察用小型四輪 UGV・NERVA-LG の第一陣、5 両を受領。これが Florence Parly 仏国防相向けにお披露目された。重量 5kg、兵士 1 名で運用可能。(French MoD 2020/1/15)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/1/15)
AIR FORCE
  • 以下の各社は、Kaiserslautern Military Community (Spangdahlem Air Base, Germany) 向けに実施する住宅などの維持管理、整備、補修、建て替え、小規模建設工事を、総額 $425,000,000 で。
    • F.K. Horn GmbH & Co. (Kaiserslautern, Germany) : FA5613-20-D-0001
    • SKE Support Services GmbH (Goldbach, Germany) : FA5613-20-D-0002
    • Mickan GmbH & Co. (Amberg, Germany) : FA5613-20-D-0003
    • BB Government Services GmbH (Kaiserslautern, Germany) : FA5613-20-D-0004
    • J&J Worldwide Services (Austin, TX) : FA5613-20-D-0005
    • Wolff & Muller Government Services GmbH & Co. (Stuttgart, Germany) : FA5613-20-D-0006
    USAFE (US Air Force in Europe) 司令部、Ramstein AB、Spangdahlem AB、その他の USAFE 関連施設で実施。2025/1/14 まで。700th Contracting Squadron, Ramstein Air Base, Germany
  • L3Harris Technologies Inc. (Colorado Springs, CO) : NSDC (National Space Defense Center, Schriever AFB, CO) 向けの維持管理業務について、修正契約を $12,929,064 で。DSCS-Dahlgren (Distributed Space Command and Control - Dahlgren) の PoR (Program of Record) 関連。2020/6/30 まで。累計受注額は $12,929,064。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Peterson AFB, CO (P01033) [F19628-02-C-0010 ?]
ARMY
  • F3EA Inc. (Savannah, GA) : 特定の実働部隊を対象とする、分析、プロトタイピング、訓練、作戦、リハーサルを $245,000,000 で。2027/1/14 まで。Army Contracting Command, Orlando, FL (W900KK-20-D-0005)
  • Rogers, Lovelock & Fritz (Orlando, FL) : アーキテクト/エンジニアリング業務を $100,000,000 で。2030/7/14 まで。Army Corps of Engineers, Kansas City, MO (W912DQ-20-D-4000)
  • Bechtel National Inc. (Reston, VA) : Pueblo Chemical Agent Destruction Pilot Plant (Pueblo, CO) での作業について、追加に伴う増額修正契約を $35,709,723 で。2020/7/12 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-09-C-0012/P00184)
  • Great Lakes Dredge & Dock Co., LLC (Oak Brook, IL) : 海岸線における嵐のリスクを対象とするリスク管理を $10,723,250 で。ニューヨーク州 Southampton で実施、2020/3/31 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-20-C-0006)
NAVY
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Syracuse, NY) : Virginia 級 SSN ブロック V で使用する多機能モジュラー マストのオプション契約分 5 基を $19,330,296 で。2023/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-6269)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : AGM-88 HARM (High-speed Anti Radiation Missile)×155 発を対象とする補修・維持管理を $9,075,931 で。前契約は N00019-15-D-0034。米空軍向け $8,824,266 (97.2%) ならびにモロッコ、トルコ向け FMS (Foreign Military Sales) $251,665 (2.8%)。2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-20-F-0499)

今日の報道発表 (北米編)
  • Boeing Co. と米海軍は 2019 年の暮れに、F/A-18 Super Hornet に IRST (Infrared Search and Track) ブロック II を搭載して最初の飛行試験を実施した。IRST ブロック II は、Super Hornet ブロック III のキー コンポーネント。 (Boeing 2020/1/15)
  • Raytheon Co. は米海軍 NSWC (Naval Surface Warfare Center, Panama City, FL) に、AN/AQS-20C 機雷探知ソナーの 10 号機を納入した。(Raytheon 2020/1/15)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) が 2014/12 から、56th FW (56th Fighter Wing, Luke AFB, AZ) / 61st FS (61st Fighter Squadron) ならびに 61st AMU (Aircraft Maintenance Unit) で実施していた F-35A 要員の訓練が完了した。(USAF 2020/1/15)
  • Trollhattan に拠点を構える GKN Aerospace Sweden AB がスウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) から、JAS39E Gripen E の RM16/F414 エンジンの技術支援・整備拠点に指定された。JAS39C/D Gripen 用の RM12/F404 エンジンと同じ枠組み。まず人員の養成と、施設・機材の追加から着手する。エンジン自体は GE Aviation がアメリカで製作する。(FMV 2020/1/15, myNewsDesk 2020/1/15)
  • Patria Oy はフィンランド海軍に、Hamina 級ミサイル艇の MLU (Mid-Life Upgrade) 改修一番手となる Tornio を引き渡した。2021 年までに 4 隻の改修を終える予定。(Patria 2020/1/15)
  • ドイツ海軍の多用途水上艦建造計画 MKS180 について、Damen Shipbuilding の受注が決まった。独国防省が 2020/1/14 に、「(2019/4/12 に締め切った最終提案について) BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) で評価した結果、Damen Schelde Naval Shipbuilding B.V. の採用を決定した」と正式発表したもの。ただし実現に際しては、議会による承認が必要。Lurssen Group 傘下の B+V (Blohm+Voss) と Thales が参画するとの話。応札していたのは、Damen と German Naval Yards の 2 社。(German MoD 2020/1/14, Damen Shipyards Group 2020/1/14, Defense-Aerospace.com 2020/1/14, Jane's 2020/1/14)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |