今週の軍事関連ニュース (2020/03/19)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米中央軍 (USCENTCOM : US Central Command) 司令官の Kenneth McKenzie 大将が米上院軍事委員会 (SASC : Senate Armed Services Committee) で、イランが保有する弾道ミサイルの数について「2,500-3,000 発」との見解を示した。内訳には踏み込んでいないが、大半は短射程型だとみている。(DID 2020/3/17)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • TAI (Turkish Aerospace Industries) がチュニジアから、Anka-S UAV×6 機、地上管制ステーション (GCS : Ground Control Station)×3 基を受注した。契約には技術移転も含む。Anka-S は Anka の量産バージョンで、武装搭載も可能。(DefenseNews 2020/3/17)
  • Marshall Advanced Composites が Lockheed Martin Corp. から、C-130J 用のコックピット トリム パネルを 1,160 万ドルで受注した。5 年間の契約。(DID 2020/3/16)
  • 現代重工 (HHI : Hyundai Heavy Industries) が、韓国海軍向けフリゲート・FFX バッチ III (FFX-III)・6 隻のうち 1 番艦を、4,000 億ウォン (3 億 2,500 万ドル) で受注した。2016 年に基本設計契約を受注していたもので、排水量 3,500t、全長 129m、全幅 15m、最大速力 30kt。(Naval News 2020/3/16, Jane's 2020/3/16)
  • 米宇宙軍 (USSF : US Space Forces) の CCS (Counter Communications System) ブロック 10.2 が、2020/3/9 に初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成した。(SpaceWar 2020/3/16)
  • NASA (National Aeronautics and Space Administration) の超音速実験機・X-59 QueSST の製作に際して、既存の機体から使えるパーツを集めるためにスタッフがボーンヤードまわりをしている。(SpaceDaily 2020/3/13)

今日の報道発表 (北米編)
  • General Dynamics Mission Systems は米陸軍から、訓練システムの管理を請け負う CPM Plus (Army Consolidated Product Line Management Plus) の契約を受注した。8 年間、8 億 8,300 万ドルの案件。主として以下の製品にフォーカスするとしている。
    • LT2 (Live Training Transformation)
    • Common Training Instrumentation Architecture
    • Live Training Engagement Composition
    2015 年に受注していた CPM Next 案件の継続分。(General Dynamics Mission Systems 2020/2/11)
  • Raytheon Co. はアメリカ政府から、Coyote ブロック 2 UAV の対外輸出許可を得た。(Raytheon 2020/3/17)
  • BAE Systems は Lockheed Martin Corp. から、THAAD (Terminal High-Altitude Area Defense) 用の次世代版赤外線シーカーについて、設計・製作契約を受注した。(BAE Systems 2020/3/17)
  • Raytheon Co. は、先に同社の採用が決まった LTAMDS (Lower Tier Air and Missile Defense Sensor) 用のアンテナ アレイについて、初期段階の試験が完了した、と発表した。(Raytheon 2020/3/17)
  • INSURV (Board of Inspection and Survey) がメキシコ湾で実施していた、USS Delbert D. Black (DDG-119) の領収試験が 2020/3/12 に完了。同艦は、建造所の HII (Huntington Ingalls Industries Inc.)・Ingalls Shipbuilding Division に戻った。(NAVSEA 2020/3/16)
  • CACI International Inc. は、米アフリカ軍 (USAFRICOM : US Africa Command) 向けの運用・計画立案・訓練支援業務契約を受注した。6 年間・2 億 4,900 万ドルの案件。(CACI International 2020/3/16)

今日の報道発表 (その他編)
  • 2020/3/16 に Plesetsk Cosmodrome の射点 43 で、Soyuz-2.1B ロケットによる GLONASS (Global Orbiting Navigation Satellite System) 航法衛星の打ち上げが行われた。GLONASS-M 衛星群を構成する衛星で、打ち上げ後の管制も順調。(Russian MoD 2020/3/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/3/16)
NAVY
  • United Technologies Corp., Pratt & Whitney Engines (East Hartford, CT) : F135 エンジンのオプション契約分を $319,792,357 で。日本向け FMS (Foreign Military Sales) 分 $52,625,274 を含む。2022/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1021/P00018)
  • Manson Construction Co. (Seattle, WA) : Naval Base San Diego (San Diego, CA) の Pier 8 を対象とする建て替え工事を $46,100,000 で。2021/10 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Southwest, San Diego, CA (N62473-19-C-1208)
  • Patriot Contract Services LLC (Concord, CA) : ted Watson 級 LMSR (Large, Medium-Speed Roll-on/Roll-off)×8 隻の O&M (Operations and Maintenance) について、修正契約を $33,411,234 で。2020/4-2020/9 までのブリッジ契約。さらに 6 ヶ月のオプション契約を設定。MSC (Military Sealift Command), Norfolk, VA (N00033-14-C-3210)
  • Naval Systems Inc. (Lexington Park, MD) : Aviation Logistics Environment に関わる、プログラム管理、ライフサイクル兵站支援、業務プロセス改善、機能評価、データ/ギャップ分析、エンジニアリング、管理/要件分析を $28,181,538 で。2025/3 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-20-D-0019)
  • Raytheon Co. (Indianapolis, IN) : AN/APG-65 レーダーと AN/APG-73 レーダーの補修を $18,189,730 で。前契約は N00383-18-G-N701。F/A-18 搭載用。2022/3 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command), Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-20-F-N700)
  • West Point-Granite JV LLC (Tucson, AZ) : NAF (Naval Air Facility) El Centro (El Centro, CA) の浄水施設、Basin 343-348 と Basin 352-353 を対象とする設計・建設を $14,990,280 で。前契約は N62473-19-D-1206。2021/9 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Southwest, San Diego, CA (N62473-20-F-4216)
  • Mustang Technology Group LP (dba L3 Mustang Technology, Plano, TX) : 57mm HE-4G (High Explosive-4 bolt Guided) 砲弾・Mk.332×808 発に関する修正契約を $14,849,324 で。2021/3 まで。Mk.110 艦載砲向け。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-5313)
  • Lockheed Martin Missiles and Fire Control (Archbald, PA) : BDU-59B/B LGTR (Laser Guided Training Round)×4,001 発に関する修正契約を $14,686,324 で。2021/7 まで。NAWC (Naval Air Warfare Center), Lakehurst, NJ (N00019-17-C-0022/P00009)
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : Virginia 級 SSN を対象とする、能力向上と新技術導入に関わる開発スタディ・設計業務について、FY2020 分の追加に伴う修正契約を $13,107,282 で。2020/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-20-C-2120)
AIR FORCE
  • Blaine Warren Advertising LLC (Las Vegas, NV) : 人員徴募広告業務について、オプション 3 契約分を $20,057,674 で。AFRC の Recruiting Service 向け。2021/3/31 まで。累計受注額は $78,339,534。Headquarters AFRC (Air Force Reserve Command), Robins AFB, GA (FA6643-17-D-0001/P00007)
  • L3 Technologies Inc., Link Training and Simulation Division (Arlington, TX) : F-16 を対象とするシミュレーション訓練に関連する兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) について、修正契約を $10,863,740 で。訓練機材、ソフトウェア、ファームウェア、予備品が対象。2021/3/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8621-19-F-6251/P00029)
ARMY
  • Maersk Line Ltd., Norfolk, Virginia : EAGLE (Enhanced Army Global Logistics Enterprise) 計画の下で実施する兵站支援業務について、修正契約を $13,419,452 で。横浜で実施、2021/2/16 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-14-G-0023/#000182)
  • Rae Management Services LLC (North Charleston, SC) : 軍施設 60 ヶ所で実施する、寝具類などの洗濯サービスを $10,100,516 で。2025/3/11 まで。419th Combat Support Brigade, Fort Bragg, NC (W9124-C-20-D0001)

今日の報道発表
  • 米陸軍は、FLRAA (Future Long-Range Assault Aircraft) の実証・リスク低減フェーズ (CD& RR : Competitive Demonstration and Risk Reduction) について、Bell が提案していた V-280 Valor と、Sikorsky と Boeing Co. のチームが提案していた SB>1 Defiant の採用を決めた。(Lockheed Martin 2020/3/16, Bell 2020/3/16, Vertical Magazine 2020/3/16, Jane's 2020/3/18)
  • Textron Inc. 傘下の Textron Aviation Defense LLC が米空軍 AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center) から、Beechcraft AT-6 Wolverine×2 機、訓練業務、サポート業務、軍用型式証明取得を、総額 7,020 万ドルで受注した。航空戦闘軍団 (ACC : Air Combat Command) で、戦術開発や標準化の作業に使用する機体。(Textron 2020/3/16)
  • DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) が、評価試験用の UGV 調達について発表した。前線部隊向けの物資輸送を担当するもので、輸送効率改善と人命損耗のリスク低減が狙い。500 万ポンドの案件で、HORIBA MIRA と QinetiQ plc が開発と製作を担当する。計画名称は Project Theseus。(MoD UK 2020/3/16)
  • オランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) が RUAG MRO Switzerland に、PC-7 練習機を対象とする MRO (Maintenance Repair and Overhaul) の契約を発注した。期間は 2022 年までで、さらに 2026 年までのオプション契約を設定。(RUAG 2020/3/13)
  • 露海軍黒海艦隊航空部隊のパイロット訓練生が、Ka-31R ヘリによる訓練飛行を開始した。まず陸上での離着陸、機体の制御、レーダーの操作を訓練した後で、艦上での発着訓練に移行する。(Russian MoD 2020/3/13)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |