今週の軍事関連ニュース (2020/07/20)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米空軍は 2020/7/14 付で公式に、Open Skies 条約の下で査察を担当している OC-135 の更新計画を打ち切った。Open Skies 条約からの脱退で必要がなくなったため。(DefenseNews 2020/7/17)
  • ニュージーランドは、昨年に締結したパートナーシップ合意に基づき、トンガに自国の軍事顧問を置いた、と発表した。(New Zealand Government 2020/7/17)

今日のニュースいろいろ
  • ドイツ空軍 TaktLwG 71 (Taktisches Luftwaffengeschwader 71) "Richthofen" 所属の Eurofighter がリトアニアの Siauliai AB に展開、同地に展開しているイギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の Typhoon FGR.4 と合同訓練を実施した。両国間での相互運用性を向上させるプログラムに基づいて実施したもの。(RAF 2020/7/15)

今日のニュースいろいろ
  • 米海軍の駆逐艦 USS Ralph Johnson (DDG-114) が 2020/7/14 に、Spratly Islands 周辺海域を航行する、FONOPS (Freedom of Navigation Operations) を実施した。一方、ベネズエラの排他的経済水域 (EEZ : Economical Exclusive Zone) 内でも USS Pinckney (DDG-91) が FONOPS を実施した。(US Navy 2020/7/15)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 2010 年にスタートした英仏共同計画 MMCM (MMCM (Maritime Mine Counter Measures) で、プロトタイプによる実運用環境を想定した試験が、6 月末に一週間がかりで、Brest 沖の洋上で成功裏に行われた。(Naval News 2020/7/17)
  • Alion Science and Technology が米空軍から、AFSMO (Air Force Spectrum Management Office) 向けの案件に関する 5,100 万ドルの契約を受注した。AWS-3 (Advanced Wireless Services-3, 1,755-1780MHz) を対象として、電磁波スペクトラムに関するスタディ、計測、切り替え、認証、ライセンスを受け持つもの。ARL (Army Research Laboratory) と DoD-CIO (Department of Defense-Chief Information Office) も後援している案件。(SpaceWar 2020/7/17)
  • C-130×5 機を運用しているフィリピン空軍 (PAF : Philippine Air Force) が 25 億ペソで 2 機を追加発注しており、7 月に到着の見込み。(Philippine News Agency 2020/7/10)
  • 一方、フィリピン海軍は 1990 年代半ばに調達した中型警備艇の代替用として、Israel Shipyards Ltd. 製 Shaldag 級警備艇×8 隻の調達計画を推進中。兵員 10-14 名の乗艇が可能で、Typhoon 機関砲塔、Mini-Typhoon 機関銃搭×2、または短射程対艦ミサイル×8 発の搭載が可能。半数がミサイル搭載になる模様。すでに、一部の MPAC (Multi-Purpose Attack Craft) は Spike ER を搭載済み。(Jerusalem Post 2020/7/12, DID 2020/7/14)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/7/17)
AIR FORCE
  • Lockheed Martin Corp. (Marietta, GA) : C-130J の開発、インテグレーション、レトロフィット改修、量産を $15,000,000,000 で。2030/7/16 まで。FMS (Foreign Military Sales) を含む。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH(FA8625-20-D-3000)
  • Leidos Inc. (Arlington, VA) : 高速攻撃兵装の機体構造に関する研究開発を $30,000,000 で。このうち初期分が $341,500。飛翔環境に起因する影響を研究する案件。Eglin AFB で実施、2021/8 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Eglin AFB, FL (FA8651-20-F-1011)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Stryker Corp. (dba Stryker Endoscopy, San Jose, CA) : 患者モニタリング システムなどとアクセサリー類を $225,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2025/7/16 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-20-D-0011)
  • Stonewin LLC (Miami, FL) : 各種燃料油の増額修正契約を $7,775,696 (価格修正条項付き) で。懇請 SPE605-20-R-0200 による。累計受注額は $2,700,575 から $10,476,271 に。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2024/9/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE605-20-D-4522/P00001)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Collins Aerospace Inc. (Cedar Rapids, IA) : USSOCOM 向けのアビオニクス管制システムとコックピット管制システムを対象とする、研究開発、製作、維持管理を $126,000,000 で。陸軍の特殊作戦機で使用するもの。USSOCOM (US Special Operations Command), Tampa, FL (H92241-20-D-0002)
NAVY
  • Raytheon Missiles and Defense (Marlborough, MA) : AN/SPY-6(V)2 ならびに AN/SPY-6(V)3 EASR (Enterprise Air Surveillance Radar) の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) について、オプション契約分を $125,881,928 で。2023/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-5370)
  • Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX) : F-35 関連の支援機材、ALIS (Autonomic Logistics Information System) 用ハードウェア、訓練システム、拠点立ち上げ、支援業務を $935,530,602 で。信頼性・可用性・整備性・TCO (Total Cost of Ownership) の改善も図る。2026/3 まで。FY2020 分は、米海軍の支出 $205,656,772、米空軍の支出 $153,835,313、海外パートナーの支出 $279,748,427、FMS (Foreign Military Sales) カスタマーの支出 $62,479,903。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-20-C-0032)
ARMY
  • 以下の各社は、ブルガリアと北マケドニアで実施する各種建設工事を総額 $49,950,000 で。
    • Bryan 77 Construction JV (Colorado Springs, CO) : W912GB-20-D-0004
    • Framaco International Inc. (Rye Brook, NY) : W912GB-20-D-0005
    • Sociedad Espanola De Montajes Industriales SA (Madrid, Spain) : W912GB-20-D-0006
    • Serka Taahhut Insaat Anonim Sirketi (Istanbul, Turkey) : W912GB-20-D-0007
    • SKE SRL (Vicenza, Italy) : W912GB-20-D-0008
    • Zafer Taahhut Insaat Ve Ticaret Anonim Sirketi (Ankara, Turkey) : W912GB-20-D-0009
    2025/7/16 まで。Army Corps of Engineers, Wiesbaden, Germany
  • South Dade Air Conditioning and Refrigeration Inc. (Homestead, FL) : Fort Stewart と Hunter Army Airfield で実施する道路補修工事・舗装工事を $49,877,832 で。2023/7/19 まで。Army 419th Contracting Support Brigade, Fort Stewart, GA (W9124M-20-D-0007)
  • Savi Technology Inc. (Alexandria, VA) : アクティブ型 RFID (Radio Frequency Identification) トランスポンダーを $45,805,123 で。2024/7/16 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-20-D-0034)
  • Hughes Construction Services LLC (Ozark, AL) : アメリカ沿岸部で実施する緊急屋根工事を $45,000,000 で。2027/5/31 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE (W9128F-20-D-0037)
  • GDLS (General Dynamic Land Systems Inc., Sterling Heights, MI) : M1 戦車の射撃統制システムで使用する電子機器の改良型について、修正契約を $44,415,556 で。2022/10/1 まで。Army Contracting Command, Detroit Arsenal, MI (W56HZV-20-F-0060/PZ0003)
  • Southwest Valley Constructors (Albuquerque, NM) : アリゾナ州 Lukeville で実施する、電気柵・閉回路 TV・検知システム・シェルターの改造工事について、修正契約を $22,303,760 で。2021/9/7 まで。Army Corps of Engineers, Phoenix, AZ (W912PL-19-C-0015/P00015)
  • ESI Contracting Corp. (Kansas City, MO) : Missouri River (Brunswick, MO) で実施する堤防補修工事を $11,662,196 で。2022/2/1 まで。Army Contracting Command, Kansas City, MO (W912DQ-20-C-1087)
  • Great Lakes Dredge and Dock Co., LLC (Oak Brook, IL) : メリーランド州 Chesapeake City の C 水路・D 水路で実施する浚渫工事を $8,841,345 で。2021/1/29 まで。Army Corps of Engineers, Philadelphia, PA (W912BU-20-C-0031)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Riviera Beach, FL) : DARPA の研究プログラムを $11,196,098 で。2021/9 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-20-C-0139)
  • Lockheed Martin Missiles and Fire Control (Grand Prairie, TX) : OpFires (Operational Fires Integrated Weapon System) でオプション契約になっていたフェーズ 3 分を $7,451,558 で。CLIN (Contract Line Item Number) 0005、推進システム・ステージ 2 の開発、組み立て、インテグレーション、試験、検査を担当。2022/1 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-20-C-0038)

今日の報道発表 (北米編)
  • 2020/7/10 に、931st ARS (931st Air Refueling Squadron) と 22nd MXS (22nd Aircraft Maintenance Squadron) が、KC-46A による初の医療空輸ミッションを実施した。患者 5 名と付き添い 2 名を乗せてのフライト。発地は Joint Base Andrews で、着地は Naval Station Norfolk、Patrick AFB、Travis AFB。合計 6 回・17 時間のフライトとなった。これについて AFTEC (Air Force Testing and Evaluation Center) による評価が行われる。(USAF 2020/7/16)
  • BAE Systems は米陸軍の CATV (Cold Weather All-Terrain Vehicle) 計画向けに、BvS10 ベースの非装甲関節式装軌車 Beowulf のプロトタイプ×2 両を納入する提案を実施した。(BAE Systems 2020/7/16)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の ANZAC 級フリゲート・HMAS Ballarat が、飛行試験を実施するため、822X Sqn. (HMAS Albatross, Nowra) の Camcopter S-100 を搭載した。また、AMAFTU (Aircraft Maintenance and Flight Trials Unit) の技術者も乗艦した。(Royal Australian Navy 2020/7/17)
  • CAE Inc. のドイツ現地法人 CAE GmbH が Airbus Defence and Space から、ドイツ空軍向けの Eurofighter 用シミュレータに関する契約を受注した。新規製作と既存シミュレータのアップグレード改修からなり、副契約社としての参画。(CAE 2020/7/16)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の F-35A が搭載する F135-PW-100 エンジンから外したファン モジュールが、TAE Aerospace (Bundamba, Ipswich, Queensland) に送られた。オーストラリア企業がファン モジュールの整備を担当する初めての事例。(Australian DoD 2020/7/17)
  • 2020/7/16 に Sevmash で、露海軍向け Borey-A 型 SSBN・RFS Prince Oleg の進水式が行われた。進水に際しては伝統に則り、艦長を務める Igor Golubev 中佐がシャンパンの瓶を艦にぶつけた。この後は建造所側の試験航海に移行する。同艦の起工は 2014/7/27 のこと。(Sevmash 2020/7/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/7/16)
AIR FORCE
  • Transcend Technological Systems LLC (Prattville, AL) : HEDC (Hill Enterprise Data Center, Hill AFB, UT) の維持管理、近代化、整理統合を $485,000,000 で。2027/7/15 まで。Air Force Sustainment Center Hill AFB, UT (FA8201-20-D-0001)
NAVY
  • 以下の各社は、油脂分を含む排水の浄化業務を総額 $35,201,535 で。
    • Kanto Kosan Co., Ltd. (Kanagawa, Japan) : N62649-20-D-0012
    • Seaon Environmental LLC (Tempe, AZ) : N62649-20-D-0013
    横須賀の SRF (Naval Ship Repair Facility and Japan Regional Maintenance Center) と CFAY (Commander, Fleet Activities Yokosuka) 港務部向け。基本契約 1 年間、2021/7 まで。さらに 1 年単位のオプション契約 4 年間、すべて実現した場合の総額は $65,000,000、2025/7 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Yokosuka, Contracting Department, Yokosuka, Japan
  • Raytheon Missiles and Defense (Tucson, AZ) : SM-2 と SM-6 を対象とする陳腐化対処と工学/技術サービス業務について、オプション契約分を $15,296,009 で。2021/6 まで。米軍向け 68.2%、オーストラリア・台湾・韓国・日本・スペイン・オランダ・デンマーク向け FMS (Foreign Military Sales) 31.8%。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-17-C-5410)
  • Beckman Coulter Inc. (Brea, CA) : Navy Hydraulic Contamination Program の下で実施する、海軍と海兵隊で使用している分子カウンター ユニットの交換用 800 セットを $14,916,335 で。2026/6 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Lakehurst, NJ (N68335-20-D-0031)
  • B.C. Schmidt Construction Inc. (Colusa, CA) : MCB (Marine Corps Base) Camp Pendleton と Naval Weapons Station Seal Beach で実施する、床工事・増築工事・改築工事・整備補修を $10,000,000 で。2025/7 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Southwest, San Diego, CA (N62473-20-D-1117)
ARMY
  • Carahsoft Technology (Reston, VA) : 兵站業務システムのクラウド移行を $29,837,009 で。Fort Belvoir で実施、2021/7/15 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-20-F-0419)
  • Scientific Research Corp. (Atlanta, GA) : Joint Pacific Alaska Range Complex (Eielson AFB, AK) 向けの支援業務を $28,543,191 で。2021/7/15 まで。Army Contracting Command, Orlando, FL (W900KK-20-F-0120)
  • HDR Architecture Inc. (Seattle, WA) : Veteran Administration American Lake Campus 向けのアーキテクト/エンジニアリング業務を $21,000,000 で。2028/7/16 まで。Army Corps of Engineers, Seattle, WA (W912DW-20-D-1003)

今日の報道発表 (北米編)
  • FLIR Systems Inc. は米陸軍から、G- シリーズと V- シリーズの神経ガスを除染するために使用する Agentase C2 スプレーを、2,180 万ドルで受注した。CIDAS (Contamination Indicator/Decontamination Assurance System) 計画向けで、化学兵器に触れると変色するので所在が分かる仕組み。(FLIR Systems 2020/7/16)
  • BAE Systems は米陸軍 RCCTO (Rapid Capabilities and Critical Technologies Office) から、M2 Bradley にハイブリッド駆動システム (HED : Hybrid Electric Drive) を組み込む作業を 3,200 万ドルで受注した。効率と発電能力の改善が目的で、QinetiQ plc と組んで実施する。(BAE Systems 2020/7/16)
  • Northrop Grumman Corp. は 2020/7/15 に NASA (National Aeronautics and Space Administration) の Wallops Flight Facility にある射点 0B (Mid-Atlantic Regional Spaceport Pad 0B) で、Minotaur IV による NRO (National Reconnaissance Office) 向けの打ち上げミッション (NROL-129) を実施した。(Northrop Grumman 2020/7/15)
  • 413th FLTS (413th Flight Test Squadron) と 18th SOTES (18th Special Operations Test and Evaluation Squadron) が Eglin AFB で、CV-22 に搭載する地形追随・地形回避 (TF/TO : Terrain Following/Terrain Avoidance) レーダー・AN/APQ-187 SKR (Silent Knight Radar) の飛行試験を開始した (2020/6/23 に最初の飛行試験を実施)。今後、2 年がかりで試験を実施することになっている。(USAF 2020/7/15, DID 2020/7/17)
  • Saab AB は米陸軍から、84mm 無反動砲 Carl-Gustaf 用の砲弾と AT4 対戦車ロケットを 1 億ドル (9 億 3,000 万クローネ) で受注した。2021 年に納入の予定。2019 年に締結した合意に基づく発注で、米海兵隊や特殊作戦部隊で使用する分も含む。(Saab 2020/7/16)

今日の報道発表 (その他編)
  • 2019/8/7 に打ち上げられた Space Data Highway 向け EDRS (European Data Relay System) 衛星の 2 基目・EDRS-C が、2020/7/15 に実運用前の試験を完了した。軌道位置は東経 31 度。(Airbus Defence and Space 2020/7/16)
  • NATO 向けの AGS (Alliance Ground Surveillance) こと RQ-4D Phoenix の 3 号機 (NATO-03) が、2020/7/15 に Edwards AFB から MOB (Main Operating Base) の Sigonella AB に飛来した。(NATO 2020/7/15, Jane's 2020/7/16)
  • サヘル地域に派遣する Takuba Task Force に参画する NATO 加盟 2 ヶ国が、Safran Electronics & Defense 製の新型暗視ゴーグル (NVG : Night Vision Goggle)・E-NYX の発注を実施した。E-NYX は視野角 47 度、最新型の光増管にクリップオン式の赤外線センサー 2 種を組み合わせる。内訳は ECOTI (Enhanced Clip-On Thermal Imager) と ECOSI (Enhanced Clip-On SWIR Imager)。(Safran Electronics & Defense 2020/7/10)
  • オランダ軍の装備部門 DMO (Defence Materiel Organisation) が Thales Netherland に、NS100 レーダー×1 基、Scout Mk.3 レーダー×7 基、IFF (Identification Friend-or-Foe)×1 基を追加発注した。(Thales 2020/7/16, Naval News 2020/7/16)
  • ST Engineering (Singapore Technologies Engineering Ltd.) と IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) が対等出資して、シンガポールで Proteus Advanced Systems Pte Ltd. なるジョイント ベンチャーを設立することになった。対艦ミサイルを初めとする艦載ミサイルの販売が目的。(IAI 2020/7/16)
  • Saab AB はアラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) から、GlobalEye 早期警戒機を対象とする整備/サポート業務契約を 1 億 4,490 万ドルで受注した。期間は 2020-2022 年。(Saab 2020/7/16)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/7/15)
ARMY
  • GDLS (General Dynamics Land Systems, Sterling Heights, MI) : S-MET (Small Multipurpose Equipment Transport) インクリメント I を $249,000,000 で。2025/7/14 まで。Army Contracting Command, Detroit Arsenal, MI (W56HZV-20-F-0382)
  • Hensel Phelps (Phoenix, AZ) : GBSD (Ground-Based Strategic Deterrent) 向けのミッション インテグレーション施設を Hill AFB で建設する工事を、$91,819,195 で。2023/3/16 まで。Army Corps of Engineers, Sacramento, CA (W91238-20-C-0012)
  • 以下の各社は、アーキテクト/エンジニアリング業務を総額 $49,900,000 で。
    • Burns and McDonnell Engineering Co., Inc. (Kansas City, MO) : W912HP-20-D-5000
    • Cromwell Architects Engineers Inc. (Little Rock, AR) : W912HP-20-D-5001
    • Exp Federal Inc. (Chicago, IL) : W912HP-20-D-5002
    2025/7/14 まで。Army Corps of Engineers, Charleston, SC
  • TeamGOV Inc. (Hyattsville, MD) : 以下の施設で実施するアクセス制御ポイントの工事について、完了のための修正契約を $7,531,979 で。
    • Killeen, TX
    • Fort Bliss, TX
    • McAlester, OK
    • Fort Sill, OK
    • Fort Polk, LA
    • White Hall, AR
    • Camp Roberts, CA
    • Fort Irwin, CA
    • Dugway Proving Ground, UT
    • Fort Huachuca, AZ
    • White Sands Missile Range, NM
    2021/7/14 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL (W912DY-19-F-1336/P00003)
  • A Finkl and Sons Finkl Steel-Chicago (Chicago, IL) : Watervliet Arsenal で実施する中空プリフォーム鍛造 (hollow preform forging) を $7,181,165 で。2024/7/15 まで。Army Contracting Command, Detroit Arsenal, MI (W911PT-20-C-0022)
NAVY
  • Raytheon Technologies Corp. (Portsmouth, RI) : Mk.54 mod.0 ならびに mod.1 短魚雷向けの共通パーツ キットと予備コンポーネントについて、修正契約を $88,050,510 で。米海軍向け (18%)、カナダ向け (72%)、韓国向け (5%)、デンマーク向け (3%)、オーストラリア向け (1%)、スペイン向け (1%)、後五者は FMS (Foreign Military Sales) で負担額 $71,687,560。2023/5 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-6423)
  • ERAPSCO JV, Sparton and USSI (Columbia City, IN) : AN/SSQ-125 ソノブイ×20,000 本に関する修正契約を $71,801,600 で。2022/7 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (P00005) [N00421-14-D-0025 ?]
  • Raytheon Missiles and Defense (Marlborough, MA) : AN/SPY-6(V) AMDR (Air and Missile Defense Radar) のインテグレーションと製作支援について、オプション契約分を $26,463,116 で。2020/11 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-5501)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : F/A-18E/F と EA-18G で使用する操縦翼面を $12,201,000 で。前契約は N00383-17-G-A301。クウェート向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2026/5 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-20-F-A341)
  • SJC-BVIL (Montrose, CO) : Naval Support Facility Diego Garcia (British Indian Ocean Territory) で実施する電線地中化工事を $9,592,555 で。前契約は N40084-18-D-0068。2022/9 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command) Far East, Yokosuka, Japan (N40084-20-F-4464)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Boeing Distribution Services Defense (O'Fallon, MO) : MRO (Maintenance, Repair and Overhaul) に関わるハードウェアのサプライチェーン管理業務について、オプション契約分を $81,000,000 で。陸軍向け、2023/7/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE5EY-16-D-0547/P00067)
  • Grasmick Produce Co. (Boise, ID) : 野菜・果物類を $20,304,000 (価格修正条項付き) で。陸軍・空軍・海兵隊・農務省の学校向け、2024/7/14 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE300-20-D-P357)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Systems Corp. (McLean, VA) : B-52 用エンジン ノーズ カウル×174 セットの補修を $35,964,710 で。2021/7 まで。Air Force Sustainment Center, Tinker AFB, OK (FA8119-20-C-0004)

今日の報道発表 (北米編)
  • 2020/7/15 に、米海軍の強襲揚陸艦 USS Tripoli (LHA-7) が就役した。COVID-19 の影響から、通常の式典は実施していない。(US Navy 2020/7/15)
  • BAE Systems は米陸軍から、ミサイル接近警報装置 LIMWS (Limited Interim Missile Warning System) の QRC (Quick Reaction Capability) 版を 1 億 7,900 万ドルで受注した。(BAE Systems 2020/7/15)
  • 米空軍は、Legion ポッドを搭載した F-15 による AIM-9X の初発射を 2020/7/8 に、続いて F-16 に Legion ポッドを搭載しての初フライトを 2020/7/13 に、それぞれ実施した。担当部門は OFP CTF (Operational Flight Program Combined Test Force) で、レポート先は 53rd WG (53rd Wing) 経由の ACC (Air Combat Command) と 96th TW (96th Test Wing) 経由の AFMC (Air Force Material Command)。飛行試験担当は 53rd WG 麾下の 85th TES (85th Test and Evaluation Squadron)。(USAF 2020/7/14)
  • アメリカとオーストラリアは 2020/7/13 に、NGJ (Next Generation Jammer) を対象とする協力関係の拡大に関する枠組み合意に調印した。(NAVAIR 2020/7/14)

今日の報道発表 (その他編)
  • 英国防省は、GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) に対する Protector RG.1 の量産契約発注について発表した。2024 年半ばの就役を予定している。(MoD UK 2020/7/15)
  • Rafael Advanced Defense Systems Ltd. はポーランドの PGZ (Polska Grupa Zbrojeniowa) 傘下・Mesko との間で、ポーランド軍の Pustelnik 計画向けに Spike-SR (Short-Range) 対戦車ミサイルを共同生産する、との合意をまとめた。これは地域防衛軍 (WOT : Wojska Obrony Terytorialnej) 向けの対戦車ミサイル調達案件。Spike-SR は撃ち放し式で重量 10kg、射程 2,000m。(Rafael Advanced Defense Systems 2020/7/14)
  • UVision Air Ltd. によると、すでにイスラエル国防軍 (IDF : Israel Defense Force) の複数の部隊で、同社の自爆突入型 UAV・Hero-30 を運用中とのこと。(UVision 2020/7/13)
  • Indra は、Galicia 州政府による Civil UAVs Initiative の下で開発している OPV (Optionally Piloted Vehicle)・Targus について、2020/6/24 に最初の飛行試験を実施したことを明らかにした。翼幅 11m、重量 1.25t の機体で、専用にセパレートした空域でなくても飛行が認められている。(Indra 2020/7/14)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |