今週の軍事関連ニュース (2020/10/12)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 中国人民解放軍 (PLA : People's Liberation Army) 空軍機による台湾の防空識別圏 (ADIZ : Air Defense Identification Zone) への侵入が、2020/1/1-2020/10/9 の累計で 1,711 回に達した。(Taiwan News 2020/10/9)
  • 米空軍は 2020/10/8 に、軽量化した新型ヘルメットを警衛部隊に支給し始めたことを明らかにした。従来の ACH (Advanced Combat Helmet) に代わる製品。(SpaceDaily 2020/10/8)

今日のニュースいろいろ
  • ノルウェー政府は、対前年度比 35 億クローネ (4.1%) の増額となる、総額 645 億クローネの FY2021 国防予算案を提出した。(Norwegian MoD 2020/10/7)
  • 関係者筋の情報によると、カタールがアメリカに対して F-35 調達の申請を提出したとのこと。アメリカ政府はこの件について、ポリシー通りにノーコメントとしている。(Reuters 2020/10/7)
  • ウクライナとイギリスは、ウクライナ海軍の能力改善のために協力する、という内容の趣意書に調印した。(Ukrainian MoD 2020/10/8)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • トルコの CTech が、走行中でも使用可能 (SOTM : SATCOM On-The-Move) な衛星通信端末機×15 基を 7 月に納入した。UAV の運用で使用するもの。(Anadolu Agency 2020/10/8)
  • Collins Aerospace は米陸軍から、GPS (Global Positioning System) が妨害されている環境下で測位を可能にする、MAPS (Mounted Assured Position Navigation and Timing System) を受注した。今回の契約は製品の熟成を進めるとともに車両へのインテグレーションを実施するもの。(C4ISRNET 2020/10/7)
  • SpaceX は 2020/10/6 に KSC (Kennedy Space Center) の射点 39A から、Falcon 9 ロケットで Starlink 衛星×60 基を打ち上げた。2020/9/17 に予定していたが、延期になっていたもの。(SpaceWar 2020/10/7)
  • "Military Express" で、中国人民解放軍海軍 (PLAN : People's Liberation Army Navy) 向け J-15 が映った動画が公開された。機番は "31" "33" "35"。従来、J-15 の機番は 10-20 番台 (2 バッチ 24 機) であったことから、これらは新たに加わる新造機とみられる。(China Aerospace Studies Institute 2020/10/5)

フィンランド向け FMS (1) (DSCA 2020/10/9)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、フィンランド向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F-35A を輸出すると通告した。総額は 125 億ドル。内訳は以下の通り。
  • F-35 (CTOL 型)×64
  • F135 エンジン×66 (うち 2 基は予備)
  • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II AUR (All-Up Round)×500
  • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II GTV (Guided Test Vehicle)×12
  • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II CCV (Captive Carry Vehicle)×12
  • GBU-53/B SDB II 用 WLCT (Weapon Load Crew Trainer)
  • GBU-53/B SDB II 用 PEST (Practical Explosive Ordnance Disposal System Trainer)
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+×150
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+ CATM (Captive Air Training Missile)×32
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+ 誘導ユニット×30
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+ CATM 用誘導ユニット×8
  • AGM-154C-1 JSOW (Joint Stand Off Weapon)×100
  • AGM-154C-1 JSOW 用キャプティブ弾 (Captive Flight Vehicle)
  • AGM-154C-1 JSOW ダミー訓練弾
  • AGM-154C-1 JSOW 用ミッション プランニング機材
  • AGM-158B-2 JASSM-ER (Joint Air-to-Surface Standoff Missile-Extended Range)×200
  • AGM-158B-2 JASSM-ER 分離試験用供試体×2
  • AGM-158B-2 JASSM-ER 計測試験用供試体×2
  • AGM-158B-2 JASSM-ER 投下試験用供試体×2
  • AGM-158B-2 JASSM-ER テレメトリー計測キット付きイナート弾×2
  • AGM-158 ダミー訓練弾×2
  • GBU-31/B JDAM (Joint Direct Attack Munition) 用誘導キット KMU-556/B×120
  • FMU-139D/B 信管×300
  • GBU-31/B JDAM 訓練用誘導キット KMU-556(D-2)/B×2
  • GBU-31/B JDAM 用誘導キット KMU-557/B×30
  • GBU-38/B または GBU-54/B JDAM 用誘導キット KMU-572/B×150
  • BLU-117/B 爆弾×120
  • BLU-109/B 爆弾×32
  • BLU-111/B 爆弾×150
  • Mk.82 爆弾×6
  • FMU-139D/B (D-1) イナート信管×1
  • 電子戦システム
  • C4I/CNI (Command, Control, Communications, Computer and Intelligence / Communications, Navigational, and Identification) システム
  • ALGS (Autonomic Logistics Global Support System)
  • ODIN (Operational Data Integrated Network)
  • 訓練機材、兵装、その他のサブシステム
  • 赤外線フレア
  • 再プログラム ラボへのアクセス
  • PBL (Performance Based Logistics)
  • ソフトウェアの開発とインテグレーション
  • 機体のフェリーと給油機支援
  • DSU-38A/B レーザー誘導シーカー
  • DSU-38A(D-2)/B レーザー誘導シーカー
  • KMU-572(D-2)/B 訓練機材
  • 40in ウィング リリース ランヤード
  • インテグレーション支援と試験
  • 弾薬保管に関わる警備と訓練
  • 兵装用 OFP (Operational Flight Program) 開発
  • JSM (Joint Strike Missile) のインテグレーション
  • 兵装用コンテナ、機体・兵装用の支援機材と試験機材、通信機材、スペアパーツ、補修用パーツ、補修、訓練、訓練機材、ウェポン システム用ソフトウェア、文書類、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは以下の通り。
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX)
  • Pratt & Whitney Military Engines (East Hartford, CT)
  • Boeing Co. (St. Charles, MO)
  • Raytheon Missiles and Defense (Tucson, AZ)
オフセットの設定を予定。

フィンランド向け FMS (2) (DSCA 2020/10/9)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、フィンランド向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F/A-18E/F を輸出すると通告した。総額は 147 億ドル。内訳は以下の通り。
  • F/A-18E×50, F/A-18F×8
  • EA-18G×14
  • F414-GE-400 エンジン×166 (うち 22 基は予備)
  • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II AUR (All-Up Round)×500
  • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II GTV (Guided Test Vehicle)×12
  • GBU-53/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II Captive Carry Reliability Trainer×12
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+×150
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+ CATM (Captive Air Training Missile)×32
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+ 誘導ユニット×30
  • AIM-9X Sidewinder ブロック II+ CATM 用誘導ユニット×8
  • AGM-154C-1 JSOW (Joint Stand Off Weapon)×160
  • AGM-154C-1 JSOW キャプティブ弾 (Captive Flight Vehicle)
  • AGM-154C-1 JSOW ダミー訓練弾
  • AGM-154C-1 JSOW 用ミッション プランニング機材
  • AGM-158B-2B JASSM-ER (Joint Air-to-Surface Standoff Missile-Extended Range)×200
  • AGM-158B-2 JASSM-ER 分離試験用供試体×2
  • AGM-158B-2 JASSM-ER 計測試験用供試体×2
  • AGM-158B-2 JASSM-ER 投下試験用供試体×2
  • AGM-158B-2 JASSM-ER テレメトリー計測キット付きイナート弾×2
  • AGM-158B-2 JASSM 整備訓練弾 (DATM : Maintenance Training Missile)×2
  • BLU-117B/B 爆弾×120
  • KMU-556F/B JDAM 用誘導キット×120
  • FMU-139D/B 信管×300
  • KMU-556(D-2)/B JDAM 用訓練機材×2
  • BLU-109C/B 爆弾×30
  • KMU-557F/B JDAM 誘導キット×30
  • BLU-109(D-1)/B 爆弾×2
  • BLU-111B/B 爆弾×102
  • KMU-572F/B JDAM 誘導キット×102
  • Mk.82-0,1 イナート爆弾×6
  • BLU-110B/B 爆弾×51
  • KMU-559F/B 誘導キット×50
  • M61A2 機関砲×58
  • AN/ASQ-228 ATFLIR (Advanced Targeting Forward-Looking Infrared)×32
  • AN/AAQ-33 Sniper×32
  • AN/AAQ-28(V) Litening
  • EA-18G 用AEA (Advanced Electronic Attack) キット×14
  • AN/ALR-67(V)3×65
  • AN/ALQ-214 電子戦システム×65
  • MIDS-JTRS (Multifunctional Information Distribution Systems - Joint Tactical Radio System)×74
  • JHMCS (Joint Helmet Mounted Cueing System)×89
  • LAU-127E/A ミサイル発射機×377
  • AN/AYK-29 DTP-N (Distributed Targeting Processor - Networked)×74
  • IRST (Infrared Search and Track)×25
  • AN/ALQ-249 NGJ-MB (Next Generation Jammer Mid-Band)×8
  • AN/APG-79 AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー
  • HSVN (High Speed Video Network) 用 HDVR (HSVN Digital Video Recorder)
  • AN/AVS-9 NVG (Night Vision Goggle)
  • AN/AVS-11 NVCD (Night Vision Cueing Device)
  • AN/ALE-47 ディスペンサー
  • AN/ARC-210 通信機
  • AN/APX-111 CIT (Combined Interrogator Transponder)
  • AN/ALE-55 曳航デコイ
  • ミサイル発射機 LAU-115D/A・LAU-116B/A・LAU-118A
  • JMPS (Joint Mission Planning System)
  • ANAV (Accurate Navigation) GPS (Global Positioning System) 航法システム
  • AAE (Aircraft Armament Equipment)
  • 機体フェリー
  • FLO (Foreign Liaison Officer) 支援
  • 増槽
  • FMU-139D(D-2)/B 信管
  • Mk.84-4 イナート爆弾
  • Mk.83 イナート爆弾
  • KMU-557C(D-2)/B 誘導キット
  • KMU-572C(D-2)/B 誘導キット
  • DSU-38A/B レーザー誘導シーカー
  • DSU-38A(D-2)/B レーザー誘導シーカー
  • KMU-559C(D-2)/B 搭載訓練機材
  • ウィング リリース ランヤード アセンブリ
  • インテグレーション支援と試験
  • 弾薬保管に関わる警備と訓練
  • 兵装用 OFP (Operational Flight Program) 開発
  • 兵装用コンテナ、機体・兵装用の支援機材と試験機材、通信機材、プロビジョニング、スペアパーツ、補修用パーツ、補修、訓練、訓練機材、ウェポン システム用ソフトウェア、文書類、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは以下の通り。
  • Boeing Co. (St. Louis, MO)
  • Northrop Grumman Corp. (Los Angeles, CA)
  • Raytheon Co. (El Segundo, CA)
  • Raytheon Missile Systems Co. (Tucson, AZ)
  • General Electric (Lynn, MA)
  • Lockheed Martin Corp. (Troy, AL)
オフセットの設定を予定。

今日の米軍調達 (Contracts 2020/10/9)
NAVY
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : Virginia 級 SSN を対象とする主導造船所支援業務と開発スタディについて、修正契約を $327,822,562 で。2021/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-20-C-2120)
  • 以下の各社は、NAVFAC Hawaii の AOR (Area of Responsibility) で実施する各種建設工事を総額 $80,000,000 で。
    • D Square LLC & AU Authum KI (Tucson, AZ) : N62478-17-D-4018
    • Hawk-Niking LLC (Wahiawa, HI) : N62478-17-D-4019
    • MACNAK-BCP JV (Lakewood, WA) : N62478-17-D-4020
    • Tokunaga Elite JV LLC (Pearl City, HI) : N62478-17-D-4021
    2022/7 まで。累計受注額は $178,000,000。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Hawaii
  • Tekla Research Inc. (Fredericksburg, VA) : OPTEVFOR (Commander, Operational Test and Evaluation Force) 麾下、Expeditionary Warfare Division 向けの試験・評価支援業務を $24,405,000 で。基本契約 60 ヶ月、2020/11-2025/11 まで。さらに 6 ヶ月間のオプション契約を設定、2026/5 まで。すべて実現した場合の総額は $27,000,000。NAVSUP (Naval Supply Systems Command), Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department, Norfolk, VA (N00189-21-D-0001)
ARMY
  • 以下の各社は、ラトビアとリトアニアで実施する各種建設工事を総額 $49,950,000 で。
    • SKE Support Services Gmbh (Goldbach, Germany) : W912GB-21-D-0001
    • Sociedad Espanola De Montajes Industriales (Madrid, Spain) : W912GB-21--D-0002
    • RCI Gulbene SIA (Gulbene, Latvia) : W912GB-21-D-0003
    • Relyant Global LLC (Maryville, TN) : W912GB-21-D-0004
    • Tartu Bryan JV (Colorado Springs, CO) : W912GB-21-D-0005
    • Infes UAB (Vilnius, Lithuania) : W912GB-21-D-0006
    • Mitnija UAB (Kaunas, Lithuania) : W912GB-21-D-0007
    2025/10/8 まで。Army Corps of Engineers, Europe District
DLA (Defense Logistics Agency)
  • 以下の各社は、各種通信機で使用する Li-ion 蓄電池を受注。
    • Bren-Tronics Inc. (Commack, NY) : $14,817,852 (SPE7LX-21-D-0009)
    • Mathews Associates Inc. (Sanford, FL) : $9,758,182 (SPE7LX-21-D-0010)
    懇請 SPE7MX-20-R-0106 による。陸軍・海軍・海兵隊向け、2023/10/8 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH
  • Belleville Shoe Co. (Belleville, IL) : 温暖地向けコヨーテ ブーツの男性用と女性用について、オプション 1 契約分を $9,939,099 で。空軍向け、2021/10/10 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-20-D-1208/P00004)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Arcticom LLC (Anchorage, AK) : BUD/S (Basic Underwater Demolition/SEAL) 訓練向けの支援業務を $9,950,000 で。FY2025 まで。NSWC (Naval Special Warfare Command), Coronado, CA (H92240-21-D-0002)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は、ソフトウェア/エンジニアリング ファームの i3 (Integration Innovation Inc., Huntsville, AL) との間で、極超音速関連ポートフォリオの買収に関する合意をまとめた。30 日以内に実現の予定で、買収完了後は宇宙部門の傘下で事業を継続する(Lockheed Martin 2020/10/9)
  • 米海軍向けの Independence 級沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship)・USS Mobile (LCS-26) が 2020/9/25 に、メキシコ湾で実施していた領収試験を完了した。(NAVSEA 2020/10/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) は 2017 年から軍用トラックの更新を進めているが、これまでに 1,870 両を発注、これらは 2020 年中に完納の予定。さらに 3 億 9,800 万ユーロの予算で、5t トラック×150 両と 15t トラック×850 両を追加発注する。また、スワップ ボディについても 4,800 万ユーロの予算で、15ft 型×950 セットと 20ft 型×900 セットを発注、2022 年から運用を開始する。トラックについてはもう 401 両を追加する話もある。(German MoD 2020/10/8)
  • また、ドイツ連邦議会 (Bundestag) が 2020/10/7 に、Marder 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) に装備する新型熱線サイト×244 セットの調達予算 (2,700 万ユーロ) を承認した。2023/6 までに導入完了の予定。(German MoD 2020/10/8)
  • DRDO (Defence Research and Development Organisation) が Wheeler Island で 2020/10/9 に、Su-30MKI を使って対レーダー ミサイル (RUDRAM / New-generation Anti-Radiation Missile) の飛翔試験を実施した。誘導方式は、慣性航法装置 (INS : Inertial Navigation System)、GPS (Global Positioning System)、パッシブ レーダー誘導の組み合わせ。(Indian MoD 2020/10/8)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/10/8)
NAVY
  • 以下の各社は、国防総省とその他の政府機関を対象とする、チャーター、インフラ、フォース プロテクション、連絡、陸上輸送業務を総額 $1,061,000,000 で。
    • Gulf Warehousing Co. (Doha, Qatar) : N68171-21-D-0016
    • Marine Agency Co., Ltd. (Pusan, Republic of Korea) : N68171-21-D-0019
    • Seaway Agencies Pty Ltd (Brisbane, Queensland, Australia) : N68171-21-D-0030
    RfP N68171-20-R-0001 によるもので、海軍の艦艇、海兵隊、MSC (Military Sealift Command)、空軍、陸軍、沿岸警備隊、NATO、外国艦艇も対象に含む。2025/10 まで。オプション契約分まで含めた総額は $2,122,000,000、2030/10 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command), Fleet Logistics Center, Sigonella, Naples Detachment, Italy
  • Arete Associates (Northridge, CA) : COBRA (Coastal Battlefield Reconnaissance and Analysis) ブロック I のオプション 3 契約分を $17,976,258 で。2021/9 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Panama City Division, Panama City, FL (N61331-18-D-0012)
  • McKean Defense Group LLC (Philadelphia, PA) : CANES (Consolidated Afloat Networks and Enterprise Services) を対象とするエンジニアリング サポート業務を $12,228,590 で。基本契約 1 年間、2020/10/7-2021/10/7 まで。さらに 1 年単位のオプション契約 4 年分、すべて実現した場合の総額は $69,793,839。2025/10/7 まで。RfP N66001-19-R-0036 による。Naval Information Warfare Center, Pacific, San Diego, CA (N66001-21-D-0008)
ARMY
  • Ibis Tek Inc. (Butler, PA) : FHTV (Family of Heavy Tactical Vehicles) 用の防禦キットを $229,062,184 で。2027/4/7 まで。Army Contracting Command, Detroit Arsenal, MI (W56HZV-21-D-0095)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Dairy Brands Fluid LLC (dba Pet Dairy, Charlotte, NC) : 牛乳とその他のデイリー品を $22,800,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊と NOAA (National Oceanic and Atmosphere Administration) 向け、2023/10/7 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE300-21-D-V381)
  • Aeronix Inc. (Melbourne, FL) : データ インターフェイス ユニットを $8,516,838 で。空軍向け、2022/10/7 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE8ES-21-D-0005)

今日の報道発表
  • Kenneth J. Braithwaite 米海軍長官が、Baltimore Inner Harbor (Baltimore, MD) で博物館になっている Constellation の艦上で 2020/10/7 に、FFG(X) の 1 番艦について艦名を USS Constellation (FFG-62) にする、と発表した。1 番艦の引き渡しは 2026 年を予定している。(US Navy 2020/10/7)
  • 9th RW (9th Reconnaissance Wing, Beale AFB, CA) 所属の U-2S が 2020/9/22 に、Kubernetes を使用する最初のフライトを実施した。(USAF 2020/10/6)
  • GA-EMS (General Atomics Electromagnetic Systems) は 2020/10/7 に、USS Gerald R. Ford (CVN-78) が装備する EMALS (Electromagnetic Aircraft Launch System) と AAG (Advanced Arresting Gear) が累計発着艦 4,492 回を記録した、と発表した。(GA-EMS 2020/10/7)
  • フランス海軍 (MN : Marine Nationale) 向けの FREMM (Fregata Europea Multi-Missione) フリゲート・FS Alsace が、2020/10/5 に試験航海を開始した。(Naval Group 2020/10/6)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/10/7)
AIR FORCE
  • Hydraulics International Inc. (Chatsworth, CA) : 航空機向けの油圧関連機器と作動油清浄装置を $377,357,493 で。2029/10/7 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8532-21-D-0001)
  • PKL Services Inc. (Poway, CA) : シンガポール空軍 (RSAF : Republic of Singapore Air Force) 向けに実施する、F-15SG 関連の訓練と整備について、修正契約を $13,757,191 で。Mountain Home AFB で実施、2022/9/30 まで。FMS (Foreign Military Sales) 案件。366th Financial Acquisition Squadron, Mountain Home AFB, ID (FA4897-18-C-2002/P00008)
  • Honeywell International Inc. (Minneapolis, MN) : Space Enterprise Technologies のオプション 2 契約分を $11,638,078 で。最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) と研究作業を実施。2022/4/14 まで。累計受注額は $17,361,381。AFRL (Air Force Research Laboratory), Kirtland AFB, NM (FA9453-19-C-0010/P00006)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Senn Brothers Inc. (West Columbia, SC) : 野菜・果物類を $225,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊、沿岸警備隊、農務省の学校向け、2025/10/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE300-21-D-P365)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : KC-46 Commercial Common Program で使用するパーツを $149,528,875 で。前契約は SPRPA1-14-D-002U。空軍向け、2023/10/7 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-21-D-9001)
  • L1 Enterprises Inc. (Frederick, MD) : 医療関連機材とアクセサリー類を $45,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊向け、2025/10/6 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-21-D-0050)

今日の報道発表 (北米編)
  • Elbit Systems Ltd. の米国現地法人 Elbit Systems of America LLC が米国防兵站局 (DLA : Defense Logistics Agency) から、ANVIS HUD (Aviators' Night Vision Imaging System Head-Up Display) 用のスペアパーツに関する 5 年間・5,000 万ドルの契約を受注した。米陸軍向けで、初期発注分は 1,790 万ドル、2023 年に完納の予定。(Elbit Systems 2020/10/7)

今日の報道発表 (その他編)
  • 2020/10/6 に Wolgast Peene Shipyard で、ドイツ海軍向け K130 型コルベット・FGS Karlsruhe の起工式が行われた。2017/9 に追加建造が決まった 5 隻のうちの 3 隻目 (通算 8 隻目)。(German Navy 2020/10/6)
  • RBSL (Rheinmetall BAE Systems Land, Telford, West Midlands, UK) が英国防省から、イギリス陸軍で使用している 6x6 装輪 CBRN (Chemical, Biological, Radiological and Nuclear) 偵察車・Fuchs/Fox のアップグレード改修ならびに維持管理を、1,600 万ポンド (1,750 万ユーロ) で受注した。機材の陳腐化対処と最新の検知技術導入を図る。(Rheinmetall Defence 2020/10/7)
  • GE Aviation 傘下の GE Marine が STM (Savunma Teknolojileri Muhendislik Ve Ticaret A.S., Ankara, Turkey) から、パキスタン向けの MILGEM (Milli Gemi Projesi) 型コルベットに搭載する LM2500 ガスタービンを受注した。(GE Aviation 2020/10/6)
  • ブラジル空軍 (FAB : Forca Aerea Brasileira) が Pirassununga の飛行訓練校で使用している T-27 Tucano のうち、近代化改修初号機が近く、Albatross で実施している近代化改修を完了する。新たな規定に対応するための計器盤と航法機材の更新を実施。2022/12 までに 42 機を改修する予定で、そのうち第一陣は 2021 年前半までに完納の予定。(Brazilian Air Force 2020/10/6)
  • Hensoldt はブラジルの某カスタマーから、UAV 探知に使用する EO/IR (Electro-Optical/Infrared) センサー・Xpeller×2 システムを受注した。(Hensoldt 2020/10/6)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |