今週の軍事関連ニュース (2020/11/12)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • Donald Trump 米大統領は 2020/11/9 に、Mark Esper 国防長官の解任を発表した。NCTC (National Counterterrorism Center) のボス・Chris Miller 氏が国防長官代行に就き、David Norquist 副長官はそのまま残留。このほか、政策担当副長官代行の James Anderson 博士、情報・セキュリティ担当次官の Joseph Kernan 氏、国防長官のスタッフ長を務める Jen Stewart 氏も辞任を表明した。(DoD 2020/11/11)

今日のニュースいろいろ
  • SDA (Space Development Agency) が SpaceX と L3Harris Technologies Inc. に発注した早期警戒衛星 (Tracking Layer トランシェ 0) の契約について、選に漏れた Raytheon Technologies Corp. と Airbus が、GAO (Government Accountability Office) に異議申立を実施した。(Space News 2020/11/6)
  • 修理を実施するために Naval Station Mayport に向かっていた USS Detroit (LCS-7) が、航行中に電力供給不能状態になり、M/V Gary Chouest によって Port Canaveral に曳航される事態になった。(USNI News 2020/11/6)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • カザフスタンが、Su-30SM×2 機が同国の Karaganda AB に到着したことを明らかにした。(DID 2020/11/10)
  • 韓国の大宇造船海洋 (DSME : Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering)で、韓国海軍向け KSS-III 潜水艦 (島山安昌浩 Dosan Ahn Chang-ho 級) の 2 番艦、ROKS Ahn Moo (安武。SS-085) が進水した。(Naval News 2020/11/10)
  • ギリシア海軍が艦艇戦力更新の一環として、MMSC (Multi-Mission Surface Combatant) の導入案を提示している由。(Kathimerini 2020/11/6)
  • ニューハンプシャー州兵航空隊 (ANG : Air National Guard)・157th ARW (157th Air Refueling Wing, Pease ANGB, NH) に、2020/11/6 に 8-9 機目の KC-46A が到着した。(Air Force Times 2020/11/8)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米空軍は、Elbit Systems Ltd. の米国現地法人・Elbit Systems of America LLC を、JADC2 (Joint All-Domain Command and Control) 担当企業のひとつに選定した。(Elbit Systems 2020/11/9)
  • Raytheon Technologies Corp. 傘下の Collins Aerospace Systems が Northrop Grumman Corp. から、米空軍向けの GBSD (Ground Based Strategic Deterrent) で使用する SLP-A (Secondary Launch Platform - Airborne) を受注した。LGM-30G Minuteman III で使用している Airborne Launch Control System の代替用。(Collins Aerospace 2020/11/9)

今日の報道発表 (その他編)
  • 英国防省麾下の SDA (Submarine Delivery Agency) は、イギリス海軍 (RN : Royal Navy) 向け Astute 級 SSN の 4 番艦・HMS Audacious が建造所の BAE Systems (Barrow-in-Furness) を出航、母港の HM Naval Base Clyde に向かった、と発表した。この後は公試を経て就役の運びとなる。(MoD UK 2020/11/9)
  • BAE Systems (Broad Oak, Portsmouth, Hampshire; Hillend, Dunfermline, Fife) が MBDA から、Brimstone 3 ミサイル用のレシーバー アセンブリを 640 万ポンドで受注した。イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) 向け。(BAE Systems 2020/11/9)
  • ポルトガル空軍 (FAP : Forca Aerea Portuguesa) は Embraer との間で 2020/10/27-29 にかけて、KC-390 Millenium に関する最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) をビデオ会議で実施した。また、製作中のポルトガル向け 1 号機に対するビデオ視察も実施した。(Portuguese Air Force 2020/11/9)
  • ( 2020/1/1)
  • ( 2020/1/1)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/11/10)
AIR FORCE
  • Boeing Co., Defense, Space & Security (St. Louis, MO) : サウジアラビア向け F-15 を対象とする近代化改修と維持管理を $9,800,000,000 で。ハードウェア、ソフトウェア、インターフェイス デザイン、開発、インテグレーション、試験、システム/構造材制作、近代化改修の実施。2025/11 まで。FMS (Foreign Military Sales) 案件。初期契約分 (FA8634-21-F-0015) は $1,032,649。F-15 Division Contracts Branch, Wright Patterson AFB, OH (FA8634-21-D-2703)
  • The 3M Co. (St. Paul, MN) : N95 レスピレータの生産能力増強に関する修正契約を $37,460,947 で。UCA (Undefinitized Contract Action) の確定分。2021/4/30 まで。累計受注額は $125,460,947。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8638-20-C-0046/P00003)
  • Leidos Inc. (Reston, VA) : PACIFIER (Pulsed and Continuous Wave Innovation for Integration and Effects Research) 計画の下で実施する、高出力連続波レーザー システム関連の開発を $10,319,026 で。Kirtland AFB で実施、2025/9/30 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Kirtland AFB, NM (FA9451-20-C-0026)
  • KIDDE Technologies Inc. (Wilson, NC) : カートリッジ式消火器を $7,800,000 で。F-35、E-8、E-3、KC-10 向け。2026/12/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hill AFB, UT (FA8213-21-D-0001)
NAVY
  • RAMSys GmbH (Ottobrunn, Germany) : ドイツ海軍向けの Mk.49 GMLS (Guided Missile Launching System)・FY2021 分を 35,324,329 ユーロ / $35,634,345 で。RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) 用。2028/6 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-5403)
  • KBR Diego Garcia LLC (Houston, TX) : NSF (Navy Support Facility) Diego Garcia で実施するベース オペレーション業務のオプション 3 契約分を $61,307,522 で。累計受注額は $240,038,950。2021/11 まで。Naval Facilities Engineering Systems Command, Far East, Yokosuka, Japan (N62742-17-D-3600)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Linthicum, MD) : AN/ALQ-218 と AN/ALQ-240 を対象とする、サプライ、サービス業務、補修業務を $33,921,325 で。2022/11 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Crane Division, Crane, IN (N0016421GWS42)
  • Hornbeck Offshore Operators LLC (Covington, LA) : Undersea Rescue Command 向けの支援船 HOS Dominator の運用を、$9,176,100 で。San Diego を拠点とする東太平洋に加えて、ワールドワイドで運用。Navy Submarine Rescue Chamber Flyaway System、Assessment Underwater Work System、Navy Submarine Rescue Diving and Recompression System を運用。オプション契約分まで含めた総額は $44,245,122。2025/11 まで。MSC (Military Sealift Command) Norfolk, VA (N32205-21-C-4115)
ARMY
  • Turner Construction Co. (New York, NY) : Redstone Arsenal (Redstone, AL) で実施する航空機用ハンガー建設工事を $34,050,240 で。2022/12/31 まで。Army Corps of Engineers, Mobile, AL (W91278-21-C-0006)

今日の報道発表
  • BAE Systems は米海軍 NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division) から、Webster Outlying Field で実施するセンサー・通信・管制・兵装関連の工学・試験・評価支援業務を 5 年間・9,400 万ドルで受注した。有人機向けと無人機向けの双方が対象。(BAE Systems 2020/11/10)
  • Northrop Grumman Corp. は、Boeing Co. が用意した OMS (Open Mission Systems) 対応ミッション コンピュータに自社の広帯域 AESA (Active Electronically Scanned Array) センサーを組み合わせて、地上試験と飛行試験を実施した。(Northrop Grumman 2020/11/9)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) は、Ingalls Shipbuilding Division で建造した NSC (National Security Cutter) の 9 番船、USCGC Stone (WMSL-758) を米沿岸警備隊 (USCG : US Coast Guard) に納入した。(HII 2020/11/10)
  • Raytheon Technologies Corp. は、小型衛星や宇宙機のコンポーネントを手掛ける Blue Canyon Technologies の買収を発表した。2021 年初頭に実現の見込みで、完了後は Raytheon Intelligence & Space の下で事業を継続する。(Raytheon Technologies 2020/11/10)
  • Rheinmetall は、オーストラリア陸軍 (Royal Australian Army) の次世代歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) 調達計画、Project Land 400 フェーズ 3 における試験・評価用として製作する Lynx KF41×3 両のうち、1 号車をお披露目した。Land 400 フェーズ 3 は総額 181 億豪ドル (111 億ユーロ) の案件。(Rheinmetall Defence 2020/11/10)
  • Boeing Co. は米空軍から、FMS (Foreign Military Sales) 経由の中東諸国向け訓練・支援業務契約 3 件を、総額 8 億ドルで受注した。カタール向け F-15QA のプログラム管理と整備員・搭乗員訓練 (5 年間・2 億 4,000 万ドル)、納入済みの F-15QA を対象とする整備・兵站支援 (6,800 万ドル)、カタール向けの既存機を対象とする予備品と兵站支援業務 (5 億ドル)。なお、カタールは F-15QA について、まず派米訓練を実施するが、これは 2021 年半ばまでで、将来は Al Udeid AB に訓練拠点を開設する。(Boeing 2020/11/10)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/11/9)
AIR FORCE
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : カタール向け F-15QA に関する修正契約を $657,200,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) などで、訓練機材も対象に含む。FMS (Foreign Military Sales) 案件、Al-Udeid AB で実施。累計受注額は $8,040,659,06。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Wright-Patterson AFB, OH (FA8634-18-C-2701/P00025)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Sunnyvale, CA) : ESS (Evolved Strategic Satellite Communication) 向けのプロトタイプ ペイロード開発を $258,311,000 で。2025/6 まで。SMC (Space Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8808-21-C-0015)
  • Raytheon Integrated Defense Solutions (Tewksbury, MA) : カタール軍が運用している AOC (Air Operations Center) と AAOC (Alternate AOC) のアップグレード改修を $77,639,897 で。ハード/ソフトの調達、エンジニアリング サービス業務、コンポーネントの導入・インテグレーション・試験、訓練、スペアパーツ、ヘルプデスクなど。Al Udeid AB で実施、2025/3/31 まで。FMS (Foreign Military Sales) 案件。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8730-21-C-0005)
  • Raytheon Co. (Fort Wayne, IN) : AWACS (Airborne Warning and Control System) 向け CID (Combat Identification) 機能の Alpha Phase One アップグレード改修を $33,899,323 で。2022/5 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Hanscom AFB, MA (FA8730-20-C-0016)
  • SpaceX (Space Exploration Technologies Corp., Hawthorne, CA) : NSSL (National Security Space Launch) のフェーズ 2 分を $29,643,567 で。初期段階のインテグレーション スタディとフリート監視を担当。作業場所は以下の通り。
    • Hawthorne, CA
    • Vandenberg AFB, CA
    • Cape Canaveral AFS, FL
    2021/8/19 まで。SMC (Space Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8811-21-F-0002)
NAVY
  • General Dynamics NASSCO - Norfolk (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co. - Norfolk, Norfolk, VA) : USS New York (LPD-21) を対象とする FY2021 分の SRA (Selected Restricted Availability) を $138,545,759 で。2022/6 まで。オプション契約分まで含めた総額は $161,341,858。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-21-C-4417)
  • Three Wire Systems LLC (Falls Church, VA) : IT 関連製品の包括調達案件 ESI (Enterprise Software Initiative) を $74,500,000 で。GSA (General Services Administration) の Federal Supply Schedule Contract GS-35F-0300T。2020/11/9-2022/12/20 まで。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-21-A-0030)
  • ESG Aerosystems Inc. (Starke, FL) : P-3 の正副操縦士、機長、機関士と機関士教官などの訓練で使用する教範と施設の開発を、$64,773,941 で。Naval Education and Training Security Assistance Field Activity 向け。2025/11 まで。ドイツ向け FMS (Foreign Military Sales) 案件。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department, Philadelphia Office, Philadelphia, PA (N00189-21-D-Z007)
  • AERMOR LLC (Virginia Beach, VA) : OPTEVFOR (Commander, Operational Test & Evaluation Force) 麾下、Surface Warfare Division 向けの試験・評価支援業務を $44,913,739 で。2025/11 まで。オプション契約分まで含めた総額は $49,901,968、2026/5 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department Norfolk, VA (N00189-21-D-G001)
  • L-3 Technologies Inc. (Salt Lake City, UT) : MH-60R 用の CDR (Common Data Link)・AN/SRQ-4 Hawklink のオプション契約分 4 基を $10,364,080 で。FMS (Foreign Military Sales) 案件。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-C-1030/P00024)
  • William Marsh Rice University (Houston, TX) : Next-Generation Non-Surgical Neurotechnology Program の下で実施する、高解像度ニューラル インターフェイスの開発について、オプション契約分を $9,776,246 で。累計受注額は $13,805,336。2020/11/9-2022/5/31 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の BAA (Broad Agency Announcement) による。Naval Information Warfare Center Pacific, San Diego, CA (N66001-19-C-4020)
  • Barnhart-Reese Construction Inc. (San Diego, CA) : MCB (Marine Corps Base) Camp Pendleton (Oceanside, CA) の給養施設、Building 2403 の再生補修工事を $8,061,699 で。前契約は N62473-17-D-4629。予定の修正契約分まで含めた総額は $8,120,128。2021/11 まで。Naval Facilities Engineering Systems Command Southwest, San Diego, CA (N62473-21-F-4085)
  • L-3 Electron Devices Inc. (Torrance, CA) : F/A-18 向けの誘導進行波管 (TWT : Traveling Wave Tube) 補修を $7,860,000 で。前契約は N00383-18-G-NR01。2021/2 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Philadelphia, PA (N00383-21-F-NR00)

今日の報道発表 (北米編)
  • L3Harris Technologies Inc. は米海軍 NAVWAR (Naval Information Warfare Systems Command) から、米空軍向けの 2 チャンネル携帯戦術通信機・AN/PRC-163 Falcon IV を受注した。数量は 1,000 台近くで TACP (Tactical Air Control Party) 向け。2017 年締結の N00039-18-D-0070 に対する修正契約。(L3Harris Technologies 2020/11/9)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の KAMS (Kongsberg Aviation Maintenance Services, Rygge, Norway) が Pratt & Whitney との間で、F135 エンジンの MRO&U (Maintenance, Repair, Overhaul & Upgrade) 拠点開設に関する契約に調印した。開設する場所は南部の Rygge AB で、まず 2021 年中に初期機能 (Initial Depot Capability) を立ち上げる。F135 エンジンの MRO&U 拠点はワールドワイドで 5 ヶ所を予定。(Kongsberg Gruppen 2020/11/9, Norwegian MoD 2020/11/13)
  • 米海兵隊で用途廃止になった AH-1W×1 機が、2020/9/17 に NAS Joint Reserve Base New Orleans から Picatinny Arsenal に飛来した。DEVCOM (Army Combat Capabilities Development Command Armaments Center) で試験に使う。(US Army 2020/11/3)
  • General Dynamics Mission Systems - Canada が、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の Halifax 級フリゲートが装備する戦闘システムを対象とするサポート業務契約を、6 年間・1 億 8,200 万カナダドルで受注した。(PSPC 2020/11/6, Naval News 2020/11/7)

今日の報道発表 (その他編)
  • Rheinmetall Defence AG はドイツ連邦軍 (Bundeswehr) から、Marder 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) に搭載する熱線映像装置・Saphir 2.6 MK (MK: Marder configuration) を 2,700 万ユーロで受注した。担当は Rheinmetall Electronics で、2022-2023 年にかけて 260 セットを納入する。(Rheinmetall Defence 2020/11/9)
  • Florence Parly 仏国防相を迎えて、2020/11/6 に Toulon で、Barracuda 計画の下で建造する SSN の 1 番艦、FS Suffren の引渡式典が行われた。(French MoD 2020/11/6)
  • 衛星通信システムの更新を実施したオーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の ANZAC 級フリゲート・HMAS Parramatta が、Garden Island を出航した。(BAE Systems 2020/11/9)
  • オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の強襲揚陸艦 HMAS Adelaide が初めて、海洋調査艇 Polaris の発進/回収を実施した。(Royal Australian Navy 2020/11/8)
  • ブラジル空軍 (FAB : Forca Aerea Brasileira) は、Squadron Gordo (1st / 1st GT) 所属の KC-130 をタンカー、Falcao (1st / 8th GAV) ならびに Puma (3rd / 8th GAV) 所属の H-36 Caracal をレシーバーとする空中給油試験を実施していたが、2020/10/30 に完了した。試験は Rio de Janeiro 沖の軍用空域で実施していた。(Brazilian Air Force 2020/11/6)
  • Russian Helicopters 傘下の UUAP (Ulan-Ude Aviation Plant) がカザフスタンに、Mi-8AMT のノックダウン組み立てキット×2 機分をカザフスタンに送り出した。Kazakhstan Engineering と Aircraft Repair Plant No.405 との間で 2019 年に締結した契約に基づくもので、Mi-8AMT/Mi-171E・17 機を 2020-2022 年にかけて現地組立する。(Russian Helicopters 2020/11/6)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |