今週の軍事関連ニュース (2020/12/07)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米大統領は国防総省と米アフリカ軍 (USAFRICOM : US Africa Command) に対して、ソマリアに展開している米軍の主力を対象とする配置転換を 2021 年初頭までに実施するよう指令を発した。アフリカからの撤収や関与の廃止を意味するものではなく、コミットメントは継続する、としている。(DoD 2020/12/4)
  • 米軍は ERI (European Deterrence Initiative) の一環として、ラトビアの Riga で 370 万ドルをかけて、特殊作戦部隊の新たな拠点を開設した。これにより、バルト海における作戦行動の強化を図る。(Stars and Stripes 2020/12/3)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の 23 型フリゲート・HMS Northumberland が、Outer Hebrides 北西でイギリスの領海近くを航行した露海軍の Udaloy 級駆逐艦 RFS Vice-Admiral Kulakov の随伴監視を実施した。また、英国海峡〜ドーバー海峡では、哨戒艦 HMS Severn が RFS Vice-Admiral Kulakov に加えて、Kilo 型潜水艦 RFS Stary Oskol、Steregushchiy 級コルベット (20380 型) RFS Boikiy、警備艦 (22160 型) RFS Vasiliy Bykov、それと支援艦の随伴監視を実施した。(Royal Navy 2020/12/4)

今日のニュースいろいろ
  • 米海軍が、米海軍艦隊総軍 (USFF : United States Fleet Forces Command) を大西洋艦隊 (Atlantic Fleet) に改称する計画を立てている。対テロ戦争よりも北大西洋における戦闘任務を重視する考えの現れ。(USNI News 2020/12/2)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 2020/11/5 に Cape Canaveral AFS (Air Force Station) から SpaceX の Falcon 9 ロケットで打ち上げられた GPS (Global Positioning System) ブロック III の 4 号機 (SV-04) が、予定より 10 日も早く米宇宙軍 (USSF : US Space Forces) による領収を実現した。(C4ISRNET 2020/12/4)
  • Sa'ar 6 型 (Project Magen) の一番手、INS Magen (盾の意) がドイツからの回航を終えて、2020/12/2 に Haifa に到着した。今後 2 年の間に、残り 3 隻も到着する予定。(DefenseNews 2020/12/4)
  • 露海軍太平洋艦隊向けの Steregushchiy 級 (Project 20380) コルベット・RFS Aldar Tsydenzhapov が、日本海の Zheltukhin Island 近隣で、100mm 艦載砲 A-190 の実射試験を実施した。(TASS 2020/12/2)
  • Israel Shipyards が 11 月初頭に、セネガルから受注していた警備艇のうち、未納の 2 隻を納入。Shaldag Mk.V 型の Lac Retba と、Shaldag Mk.II 型の Cachouane。2019 年に納入した Shaldag Mk.II 型の Anambe と Soungrougrou に続くもので、これで完納。Mk.II は全長 25.3m・排水量 60t・最大速力 45kt、Mk.V は全長 32.65m、排水量 95t・最大速力 40kt。Mk.II は 23〜30mm の機関砲のみだが、Mk.V は SSM や UAV の搭載も可能。(Naval News 2020/12/2)
  • スペインの閣議は、スペイン空軍 (EdAE : Ejercito del Aire Espanol) の C-130H×4 機を海外売却する件を承認した。ウルグアイに 2,200 万ユーロで 2 機、ペルーに 2,500 万ユーロで 2 機、という内訳。両国ともすでに、C-130H のカスタマー。(Defense-Aerospace.com 2020/12/2)
  • 現代重工 (HHI : Hyundai Heavy Industries) で建造している韓国海軍向け FFX-III フリゲートの主機が、Rolls-Royce plc 製 MT30 に決定した。(Korea Herald 2020/12/2)

オーストラリア向け FMS (DSCA 2020/12/4)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、オーストラリア向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で 155mm 砲弾などを輸出すると通告した。総額は 1 億 3,220 万ドル。内訳は以下の通り。
  • 155mm WP (White Phosphorous) 弾 M825A1
  • マルチオプション信管 M782
  • 電子式時限信管 M762A1
  • 装薬 (M231, M232A2)、雷管
  • 文書類、整備用技術データ、技術支援、その他の兵站支援業務
担当メーカーは後日決定。オフセットの設定が見込まれる。

今日の米軍調達 (Contracts 2020/12/4)
NAVY
  • 以下の各社は、TI16 (Technical Insertion 2016) ハードウェアの製作、組み立て、試験、予備品、エンジニアリング サービス業務、ORDALT (Ordinance Alteration) キットの設置などを受注。
    • DRS Laurel Technologies Inc. (Johnstown, PA) : $211,588,719 (N63394-21-D-0001)
    • VT Milcom Inc. (Virginia Beach, VA) : $188,428,823 (N63394-20-D-0002)
    2025/12 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Port Hueneme Division, Port Hueneme, CA
  • Southeastern Computer Consultants Inc. (King George, VA) : TTWCS (Tactical Tomahawk Weapon Control System) を対象とする兵站支援業務 (ILS : Integrated Logistics Support) を $42,989,767 で。NSWC Port Hueneme Division の Training Support Activity 向け。2025/12 まで。さらに 2025/12 までのオプション契約を設定。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Port Hueneme Division, Port Hueneme, CA (N63394-20-F-3006)
  • LMSSC (Lockheed Martin Space Systems Co., Titusville, FL) : UGM-133 Trident II (D5) の製作と支援業務に関するオプション契約を $29,120,167 で。メーカー側資産管理システムに関するパイロット評価 ($5,000,000) を含む。2025/9/30 まで。Strategic Systems Programs, Washington DC (N00030-20-C-0100/P00003)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : T-45 を対象とする SLEP (Service Life Extension Program) フェーズ 2 分 (ロット 3-4) で使用する、レトロフィット改修キット×48 セット、支援機材、ツール類を $20,704,459 で。前契約は N00019-16-G-0001。2024/5 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division), Orlando, FL (N61340-21-F-0020)
ARMY
  • Dobco Inc. (Wayne, NJ) : Cyber Engineering Academic Center (US Military Academy, West Point, NY) の建設工事を $137,836,600 で。2024/12/4 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-20-C-0002)
  • Vectrus Mission Solutions Corp. (Alexandria, VA) : Fort Benning (Chattahoochee, GA) で実施する兵站支援業務を $35,510,370 で。2025/12/9 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-21-F-0035)
  • VS2 LLC (Alexandria, VA) : Fort Benning (Chattahoochee, GA) で実施する兵站支援業務に関する修正契約を $9,513,800 で。2021/3/9 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-13-G-0029/0001BG)
  • Butt Construction Co., Inc. (Dayton, OH) : Human Performance Wing Building 441 (Wright-Patterson AFB, OH) を対象とする再生補修工事を $9,061,000 で。2023/4/3 まで。Army Corps of Engineers, Louisville, KY (W912QR-21-C-0004)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Bell Textron Inc. (Fort Worth, TX) : H-1 ヘリ用の消耗品に関する修正契約を $39,093,369 で。海軍向け、2023/4/14 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPE4AX-17-D-9410/P00030)
  • Guardian Manufacturing LLC (Willard, OH) : 化学兵器/有毒物質防護用手袋を $9,315,618 で。陸海空軍向け、2021/12/4 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-21-D-1416)
  • SupplyCore Inc. (Rockford, IL) : 2017/8/29 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0005 に基づく、建機の調達対象に追加。(SPE8EC-21-D-0075)
AIR FORCE
  • M1 Support Services (Denton, TX) : 各種航空機を対象とする列線とバックショップでの整備作業について、修正契約を $23,459,155 で。Nellis AFB で実施、2021/3/31 まで。Acquisition Management and Integration Center, Langley-Eustis AFB, VA (FA4890-16-C-0005/P00070)
  • BlueForce Inc. (Hampton, VA) : サウジアラビア空軍 (RSAF : Royal Saudi Air Force) 向けの言語教育業務について、オプション 2 契約分を $14,179,677 で。King Abdul Aziz AB で実施、2024/1/3 まで。FMS (Foreign Military Sales) 案件。338th Enterprise Sourcing Squadron, JB (Joint Base) San Antonio, Randolph, TX (FA3002-19-F-A045/P00004)
  • Apogee Engineering LLC (Colorado Springs, CO) : 助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) に関する修正契約を $12,870,921 で。Offutt AFB で実施、2022/2/17 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Offutt AFB, NE (FA8730-21-F-8501/P00001)

今日の報道発表 (北米編)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、官給の CODE (Collaborative Operations in Denied Environment) 自律制御エンジンを Avenger UAV にインストールして実証飛行試験を実施した。(GA-ASI 2020/12/4)
  • Kenneth J. Braithwaite 米海軍長官は 2020/12/2 に、米上院軍事委員会 (SASC : Senate Armed Services Committee) で実施した海軍・海兵隊の即応体制に関する公聴会の席上で、FFG(X) の 2 番艦について艦名を USS Congress (FFG-63) とする、と発表した。(US Navy 2020/12/4)
  • 米空軍資材軍団 (AFMC : Air Force Materiel Command) は、不具合に見舞われている KC-46 用の RVS (Remote Visual System) について、暫定改良版の ERVS (Enhanced Remote Vision System) を配備することにした。(USAF 2020/12/3)

今日の報道発表 (その他編)
  • フランス航空宇宙軍 (Armee de l'air et de l'espace) は 2020/11/24 に、A400M に TALIOS (TArgeting Long-range Identification Optronic System) ポッド×2 基を搭載、Levant の基地から "Operation Chammal" を担当している海外派遣部隊に向けて空輸した。海外派遣部隊への TALIOS の配備は、これが初めて。(French Air Force 2020/12/3)
  • 英海兵隊は Salisbury Plain で実施した演習の際に、迫撃砲やその要員を移動するための新型車両、CanAm 6x6 を持ち込んだ。(Royal Navy 2020/12/3)
  • ブラジル海軍向けの国産原潜建造計画 SN-BR で、基本設計に関する承認が実現した。(Brazilian Navy 2020/12/2, Naval News 2020/12/3)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/12/3)
NAVY
  • Bechtel Plant Machinery Inc. (Monroeville, PA) : 核動力主機のコンポーネントを $662,216,798 で。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-2115)
  • Bechtel Plant Machinery Inc. (Monroeville, PA) : 核動力主機のコンポーネントを $482,417,574 で。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-2106)
  • General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co. - San Diego, San Diego, CA) : USS Comstock (LSD-45) を対象とする FY2021 分の SRA (Selected Restricted Availability) を $100,040,336 で。オプション契約分まで含めた総額は $128,231,287。2022/11 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-21-C-4405)
  • Raytheon Co. (Marlborough, MA) : SubHDR (Submarine High Data Rate) アンテナ システム×23 セットを $90,264,588 で。2024/1 まで。NAVWARSYSCOM (Naval Information Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-21-C-5002)
  • Bell-Boeing Joint Program Office (Amarillo, TX) : V-22 の搭載システムやサブシステムを対象とする、技術分析と工学/インテグレーション関連サービス業務のオプション契約分を $18,000,000 で。米海空軍・海兵隊と FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け。2022/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-D-0103/P00009)
ARMY
  • Booz Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance) 分野の近代化を進めるための科学技術研究開発を $49,914,895 で。2023/12/2 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W911QX-21-D-0001)
  • Bell Textron Inc. (Fort Worth, TX) : Bell 407、Bell 412、Bell 429、Bell 505、Huey II の民間型を $21,609,821 で。2021/12/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-21-F-0159)
  • Great Lakes Dredge & Dock Co., LLC (Oakbrook Terrace, IL) : フロリダ州 Jacksonville で実施する浚渫工事を $21,207,400 で。2021/10/31 まで。Army Corps of Engineers, Jacksonville, FL (W912EP-21-C-0005)
  • Alliant Techsystems Operations LLC (Plymouth, MN) : 120mm 戦車砲弾 M865A1 に関する修正契約を $19,291,368 で。2022/11/30 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-17-C-0025/P00030)
  • Panacea Group LLC (Seymour, WI) : 維持管理、近代化、改良プロジェクトに関する修正契約を $9,900,000 で。2023/12/4 まで。Army 419th Contracting Support Brigade, Fort Bragg, NC (W911SA-19-D-2002/P0004)
AIR FORCE
  • A-Tech Corp. (Albuquerque, NM) : 衛星に搭載する自己センシング・属性・自律オペレーション機能を実現する、SASIE (Survivability, Attribution, and Self-Sensing Integrated Experiment) 計画を $29,105,543 で。2026/3/11 まで。AFRL (Air Force Research Laboratory), Kirtland AFB, NM (FA9453-21-C-0002)

今日の報道発表 (five eyes 諸国編)
  • Lockheed Martin Corp. が MCAS (Marine Corps Air Station) New River (Jacksonville, NC) に納入した CH-53K 用の可搬式 FMS (Full-Mission Simulator)・CFTD (Containerized Flight Training Device) が、訓練開始可能なステータス (Ready for Training) となった。外部吊下も含む、すべての飛行形態に関する操縦訓練が可能。整備員の訓練には、コンピュータ ベースの HEMT (Helicopter Emulation Maintenance Trainer) と実大訓練機材の CMT (Composite Maintenance Trainer) を用意する。(Lockheed Martin 2020/12/2)
  • Northrop Grumman Corp. は、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け MQ-4C Triton のインテグレーション試験施設、NITE (Network Integration Test Environment, RAAFB Edinburgh, South Australia) の構築について、フェーズ 1A 分の作業が完了した、と発表した。これにより、ネットワーク デザインの作業と基本的なネットワーク構成に関する試験が可能になる。(Northrop Grumman 2020/12/3)
  • オーストラリア国防省は Lockheed Martin Australia 経由で Thales UK Ltd. に対して、Attack 級潜水艦 (Project Sea 1000) で使用するフランク アレイ ソナーの設計作業を発注した。オーストラリア企業 3 社 (Thales Australia, Babcock Australia, BMT Group) がコンペに参加して、勝者が参画することになっている。また、オーストラリアの既存産業基盤を活用、さらに技術移転を実施することとしている。(Australian DoD 2020/12/3)
  • Britton Maritime Systems (Sydney, NSW) が、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の Cape 級哨戒艇に搭載する Gemini 搭載艇×12 隻を 900 万豪ドルで受注した。同級に合わせた専用設計。(Australian DoD 2020/12/3)
  • オーストラリア国防省は、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の Arafura 級 OPV (Offshore Patrol Vessel) を担当する Capability Life Cycle Manager として、Raytheon Australia を選定した。まず就役実現のための作業を担当するが、その後は運用期間を通じた資産管理業務を請け負う。(Australian DoD 2020/12/3)

今日の報道発表 (その他編)
  • Thales Alenia Space が、欧州宇宙機関 (ESA : European Space Agency) のレーダー搭載環境モニタリング衛星、Copernicus ROSE-L (Radar Observation System for Europe in L-band) を 4 億 8,200 万ユーロで受注した。中核となるアクティブ フェーズド アレイ型合成開口レーダー (SAR : Synthetic Aperture Radar) は Airbus Defence and Space が担当するもので、L バンドを使用、サイズは 11m×3.6m の 5 パネル構成。(Thales Alenia Space 2020/12/3)
  • Damen Shipyards (Galati, Romania) で 2020/12/2 に、オランダ海軍向けの新型補給艦 (CSS : Combat Support Ship)、HNLMS Den Helder の鋼材切り出しがスタートした。7,500t の鋼材で 180 のセクションを構成する。(Damen Shipyards Group 2020/12/2, Naval News 2020/12/3)
  • UAC (United Aircraft Corp.) は、Sukhoi が受注して Novosibirsk の工場で製作していた Su-34 の完納について発表した。約 100 機を製作する長期契約だったとしている。この後は改良型の開発・製作で作業量を維持する。(UAC 2020/12/2)
  • インドの CSL (Cochin Shipyard Ltd.) で 2020/12/1 に、インド海軍向けの浅海面型駆潜艇 (ASWSWC : Anti-Submarine Warfare Shallow Water Craft) の鋼材切り出しがスタートした。2019/4/30 に 8 隻を 631 億 1,000 万ルピーで受注したもの。最大速力 25kt、乗組員 57 名、沿岸海域での対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) を想定している。(CSL 2020/12/1)

今日の米軍調達 (Contracts 2020/12/2)
NAVY
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : イージス戦闘システムを対象とするエンジニアリング エージェント業務について、オプション契約分を $48,699,897 で。2021/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-13-C-5116)
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : E-6B Mercury を対象とする支援業務について、オプション契約分を $14,782,286 で。前契約は N00019-19-G-0031。供給源途絶対処や資材不足への対処も実施。2021/11 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-20-F-0460/P00005)
  • CGI Federal Inc. (Fairfax, VA) : 計画立案/データ サポート業務について、1 年間の延長修正契約を $9,849,208 で。2021/12/31 まで。Marine Corps, Blount Island Command, Jacksonville, FL (M67004-16-C-0001/P00055)
ARMY
  • BAE Systems Ordnance Systems (Kingsport, TN) : Holston Army Ammunition Plant (Kingsport, TN) で実施する廃棄物処理エリア拡張について、修正契約を $19,226,072 で。2022/8/1 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (DAAA09-98-E-0006/P00733)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米海兵隊は、3rd MAW (3rd Marine Aircraft Wing) 麾下・VMFA-314 の F-35C が初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成した、と発表した。(USMC 2020/12/1)
  • Lockheed Martin Corp. は、SBIRS-GEO (Space Based Infrared System Geosynchronous Earth Orbit) の 5 号機が完成したことを明らかにした (公式な完成日は 2020/10/29)。2021 年の打ち上げを予定している。(Lockheed Martin 2020/12/2)
  • Textron Inc. 傘下の Textron Systems は米陸軍から、RQ-7 Shadow ブロック III UAV×36 機を受注した。支援業務も含めた総額は 6,600 万ドル。ブロック III では悪天候下での可動率改善や HD 仕様の電子光学センサー、エンジンのパワーアップ・騒音低減・信頼性向上、MUM-T (Manned and Unmanned Teaming) の強化などを図っている。(Textron 2020/12/2)
  • 米海軍 NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Air Division) は、支援インフラが不十分な環境における UAV の運用実証について、L3Harris Technologies Inc. と IMPAX で構成する企業チーム AirWorks の採用を決めた。年末にアリゾナ州 Yuma で、三週間にわたる試験を予定している。使用するのは L3 製のハイブリッド クワッドローター機・FVR-90。このほか、もうひとつの企業チームも同じ案件で採用を決めている。(L3Harris Technologies 2020/12/1)
  • Raytheon Technologies Corp. 傘下の Raytheon Intelligence & Space 部門は米海軍 NUWC (Naval Undersea Warfare Center) から、潜水艦用の SubHDR (Submarine High-Data Rate) 通信マストを対象とする試験、検査、評価、予備コンポーネントの製作を 7,000 万ドルで受注した。(Raytheon Technologies 2020/12/1)
  • Boeing Co. は、T-7A Red Hawk 用の WST (Weapons Systems Trainer)×2 基と OFT (Operational Flight Trainer)×1 基を St. Louis の工場で製作していることを明らかにした。(Boeing 2020/12/1)

今日の報道発表 (その他編)
  • Boeing Co. は、オーストラリアの Queensland Flight Test Range (Cloncurry, Australia) で実施した自律飛行制御の実証試験について発表した。3.4m サイズの小型ジェット機×5 機を使い、10 日間にわたって指揮管制やデータ共有に関する試験を実施。この件では、RFDesigns、Amber Technology Ltd.、Premier Box、McDermott Aviation、Five Rings Aerospace といった地元企業が参画している。(Boeing 2020/12/2)
  • DE&S (Defence Equipment & Support) が Boeing Co. に、イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の C-17A を対象とするサポート業務契約を 260 万ポンドで発注した。予防整備や定期整備を実施するもの。No.99 Sqn. がある RAF Brize Norton で 25 名の雇用につながるとしている。重整備はアメリカの San Antonio で実施する。(RAF 2020/12/2)
  • Rheinmetall Defence AG は、500lb 爆弾 Mk.82-EP (Enhanced Performance) を仏独から受注した。総数 2,000 発超・3,500 万ユーロの案件。仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) からの受注は Mirage 2000 と Rafale に搭載する分。ドイツからの受注は GBU-54/B LJDAM (Laser Joint Direct Attack Munition) で使用する分で、Diehl Defence GmbH と組んでの納入。誘導キットは Boeing Co.、信管は Junghans Microtec が担当する。(Rheinmetall Defence 2020/12/2)
  • イタリア空軍 (AMI : Aeronautica Militare Italiana) 向けの新型救難ヘリ・HH-139B の初号機が、2020/11/30 に Cervia に到着した。配備先は第 15 航空団 (15 ° Stormo) と麾下の救難群 (SAR Centers and Groups)。2020/11/27 に Vergiate の Leonardo Sp.A で引き渡しを受けて、受領検査を実施した後での出来事。ペイロード増加やセンサーの改善を図った B 型×17 機を発注しており、2021 年に完納の予定。(Italian Air Force 2020/11/30)
  • RUAG Simulation & Training は、ノルウェー国内におけるシミュレーション/訓練ソリューションに対する持続的な支援体制構築のため、地元の Ritak と協業する、と発表した。(RUAG 2020/12/1)
  • Arianespace は Soyuz ロケットを使い、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の地表観測衛星 FalconEye の打ち上げを成功裏に実施した。(Arianespace 2020/12/1)
  • インド国防省が、廃艦を標的とする BrahMos ミサイルの試射を 2020/12/1 に成功裏に実施した、と発表した。(Indian MoD 2020/12/1)
  • マリ国防省が Airbus に、C-295 の輸送型×1 機を追加発注した。2021 年に納入の予定。2016/12 に納入した 1 機目はこれまでに 1,770 飛行時間を記録、38,000 名と 900t を輸送している。なお、今回の契約は 2 機分の兵站支援業務/訓練業務も含む。(Airbus 2020/12/2)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |