今週の軍事関連ニュース (2022/07/21)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米海軍・第 7 艦隊は 2022/7/19 に、USS Benfold (DDG-65) が台湾海峡でいわゆる FONOPS (Freedom of Navigation Operations) を実施した、と発表した。(USNI News 2022/7/19)
  • 韓国海軍が 2022/7/15 に、対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) 用の哨戒機を指揮下に置く航空隊 (Naval Air Command) の創設について発表した。従来の第 6 航空団は指揮官が一つ星だったが、新しい航空隊では二つ星に格上げされる。装備するのは、P-8A と MH-60R、それと Marineon ヘリの対機雷戦 (MCM : Mine Countermeasures) バージョン。(Naval News 2022/7/19)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

今日の米軍調達 (Contracts 2022/7/19)
ARMY
  • BFBC LLC (Bozeman, MT) : McClellan-Kerr Arkansas Navigation System 向けの施設建設工事を $175,850,000 で。2025/6/27 まで。Army Corps of Engineers, Little Rock, AR (W9127S-22-F-0082)
  • CYONE (Aberdeen, MD) : Support to Targeting に関わる相互運用性、セキュリティ、訓練、操作性、データ管理機能を対象とするソフトウェア ソリューションを $23,492,705 で。2027/7/19 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56KGY-22-D-0006)
  • Bristol Harbor Group (Bristol, RI) : 内水・沿岸で使用する船艇を対象とする設計・分析業務を $15,000,000 で。2027/7/19 まで。Army Corps of Engineers, Philadelphia, PA (W912BU-22-D-0015)
NAVY
  • Insitu Inc. (Bingen, WA) : RQ-21A Blackjack 関連業務を $160,317,104 で。訓練、試験、エンジニアリング、ECP (Engineering Change Proposals) 開発、運用支援、列線整備、FSR (Field Service Representatives) 派遣、陸上・艦上の現場調査、拠点立ち上げとハードウェア据え付け、補修、ソフトウェアやデータ サポートの開発を担当。2026/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-22-D-0038)
  • Crane Electronics Inc. (Fort Walton Beach, FL) : AN/ALQ-218 用の WRA (Weapons Replaceable Assembly)、WRA 9 Power Supply を $9,093,558 で。米海軍向け 96%、オーストラリア向け FMS (Foreign Military Sales) 4%。2027/7 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) (NSWC), Crane Division, Crane, IN (N00164-22-D-WS59)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • S&K Aerospace LLC (dba S&K, St. Ignatius, MT) : RRAD (Red River Army Depot, Texarkana, TX) 向けに実施する、ベンチ ストック品の納入業務を $31,768,538 (価格修正条項付き) で。陸軍向け、2025/9/20 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Columbus, OH (SPE7LX-22-D-0133)

今日のニュース (北米編)
  • Northrop Grumman Corp. と Boom Supersonic が組んで、米空軍向けに迅速対応用の超音速機を提案していくことになった。機体は Boom の Overture を使い、Northrop Grumman が持つ防衛関連システムのインテグレーション経験を組み合わせる。医療空輸や監視などの用途を想定。(Northrop Grumman 2022/7/19)
  • GE Aviation は、社名を GE Aerospace に改称する、と発表した。(GE 2022/7/18)
  • イスラエル国防省が明らかにしたところによると、米海兵隊が WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM) で、Iron Dome システムと Tamir 迎撃ミサイルを使用した試射を成功裏に実施したとのこと。(DefenseNews 2022/7/19)

今日のニュース (その他編)
  • Airbus Defence and Space がシンガポール空軍 (RSAF : Republic of Singapore Air Force) と組んで実施した一連の試験を受けて、A330-200 MRTT (Multi-Role Tanker Transport) の自動空中給油 (A3R : Automatic Air-to-Air Refuelling) 機能が、スペインの航空技術部門 INTA (Instituto Nacional de Tecnica Aeroespacial) から認証を取得した。対象は日中の空中給油自動化。(Airbus Defence and Space 2022/7/19)
  • Thales Alenia Space と QinetiQ plc が、VLEO (Very Low Earth Orbit、軌道高度 300km 未満) 向けの小型多用途衛星に関するスタディを共同で実施する、との合意をまとめた。欧州宇宙機関 (ESA : European Space Agency) 向けの案件で、フェーズ A・フェーズ B1 スタディを通じて、実証機 Skimsat の設計に向けた作業を進めるとしている。軌道高度を下げることで、安価な地表観測衛星を実現するとの目論見。(Thales Alenia Space 2022/7/19)
  • QinetiQ plc がイギリス海軍 (RN : Royal Navy) から、HMS Prince of Wales 艦上における QinetiQ Target Systems 製 Banshee Jet80+ 無人標的機の試験運用を 150 万ポンドで受注した。(Naval News 2022/7/19)
  • 2022/7/19 に、韓国の 4.5 世代戦闘機・KF-21 Boramae が初飛行を実施した。(DefenseNews 2022/7/19)
  • BAE Systems plc と GE が、次世代戦闘用機向けの電力管理技術分野で協力することになった。(GE 2022/7/19)

今日の米軍調達 (Contracts 2022/7/18)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 のうち低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 15-16 を対象とする、パーツやコンポーネントの先行調達と機体の製造について、増額修正契約を $224,875,729 で。2026/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-20-C-0009/P00014)
  • Conrad Shipyard LLC (Morgan City, LA) : YRBM (Yard, Repair, Berthing, and Messing)×2 隻を対象とする詳細設計と建造について、修正契約を $34,872,992 で。2024/9 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-22-C-2253)
  • L3 Technologies Inc. (Camden, NJ) : CEC (Cooperative Engagement Capability) システムの製造と補修を $14,949,148 で。2023/11 まで。オプション契約分まで含めた総額は $378,885,893、2028/11 まで。米海軍・海兵隊と FMS (Foreign Military Sales) カスタマー向け。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-22-C-5218)
ARMY
  • Threat Tec - Yorktown Systems Group JV LLC (Hampton, VA) : 中核機能分野に関わるサポート サービス業務について、修正契約を $32,365,473 で。TRADOC (Army Training and Doctrine Command) 麾下、Deputy Chief of Staff for Intelligence Operational Environment 向けの案件。2025/8/9 まで。Fort Eustis で実施。Army Field Directorate Office, Fort Eustis, VA (W911S0-20-C-0007/P00019)
AIR FORCE
  • Raytheon Co. (Largo, FL) : PNVC (Presidential and National Voice Conferencing) のインテグレーションについて、修正契約を $21,007,414 で。可搬式エンクロージャに収容する BBK (Baseband Kit) と追加フィールド キットで構成。2025/4 まで。Air Force Nuclear Weapons Center, Hanscom AFB, MA (FA8735-20-C-0001/P00039)
  • Atlantic CommTech Corp. (Norfolk, VA) : 航空機シェルター用侵入検知システム (Protective Aircraft Shelter Interior Intrusion Detection System) と WS3 (Weapon Storage Security System) について、設置とインテグレーションを $11,194,296 で。USAFE (US Air Force in Europe) ならびに NATO の要求による。2025/7/17 まで。Air Force Nuclear Weapons Center, Kirtland AFB, NM (FA9422-22-C-0004)

今日のニュース (北米編)
  • SDA (Space Development Agency) が、SDA トラッキング レイヤーのうちトランシェ 1 (T1TRKL : Tranche 1 Tracking Layer) について、総額 13 億ドルのプロトタイプ製造合意をまとめた。(DoD 2022/7/18, L3Harris Technologies 2022/7/18, Northrop Grumman 2022/7/18)
  • 米空軍と Raytheon Technologies Corp. 傘下 Raytheon Missiles and Defense が 2022/6/30 に、AIM-120D-3 を対象とする最初の実射試験を実施した。(Raytheon Technologies 2022/7/18)
  • スクラムジェット推進の極超音速飛翔体・HAWC (Hypersonic Air-breathing Weapon Concept) のうち、Raytheon Technologies Corp. 傘下 Raytheon Missiles and Defense と Northrop Grumman Corp. が担当しているバージョンが、2 度目の飛翔試験を成功裏に実施した。エンジンは後者の担当。官側の所掌は DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) と空軍。(Raytheon Technologies 2022/7/18, Northrop Grumman 2022/7/18)
  • Raytheon Technologies Corp. 傘下の Raytheon Missiles and Defense が、USS John F. Kennedy (CVN-79) に搭載する AN/SPY-6(V)3 EASR (Enterprise Air Surveillance Radar) を納入した。(Raytheon Missiles & Defense 2022/7/18)
  • GDIT (General Dynamics Information Technology) が米空軍 764th ESS (764th Enterprise Sourcing Squadron, Ramstein AB, Germany) から、IT ならびにエンタープライズ ネットワークに関する 9 億 800 万ドルの契約を受注した。案件の名称は EITEN (Europe-Wide Information Technology and Enterprise Network)、在欧米空軍 (USAFE : US Air Force in Europe) 向けの案件で、既存インフラやネットワーク システムの更新、サイバー セキュリティ、運用・メンテナンス、新規要求や新技術への対応を受け持つ。基本契約 5 年間、オプション契約 3 年間。(GDIT 2022/7/18)
  • 米空軍は、P6CTS (P6 Combat Training System) を正式な調達プログラム (PoR : Program of Record) とするとともに、Collins Aerospace 製 TCTS II (Tactical Combat Training System - Increment II) を優先候補に選定した。(Collins Aerospace 2022/7/18)
  • 2022/7/11 に Lincoln Airport に、WC-135R Constant Phoenix の初号機 (64-14836) が到着した。(Defense-Aerospace.com 2022/7/18)
  • カナダが International AirFinance Corporation に、中古 A330-200×2 機の MRTT (Multi-Role Tanker Transport) 仕様への改修を 1 億 200 万ドルで発注した。2023 年冬の納入を予定している。(DID 2022/7/18)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) が米海兵隊から、ハワイに配備する MQ-9A ER (Extended Range)×8 機を受注した。(Defense-Aerospace.com 2022/7/18)

今日のニュース (その他編)
  • Airbus Defence and Space は、Zephyr UAV による HAPS (High Altitude Platform Station) で実現するコネクティビティ サービスのローンチを発表した。飛行試験を成功裏に実施したのを受けた動きで、成層圏で中継する低遅延のサービスを提供するとしている。(Airbus 2022/7/18)
  • オーストラリア国防省は、同国陸軍向けに Bushmaster PMV (Protected Mobility Vehicle) の電子戦機材搭載型を導入する、Project Land 555 フェーズ 6 (Land Force Level Electronic Warfare Project) の承認が降りたと発表した。予算は 7,500 万豪ドルで、担当メーカーは Raytheon Australia Pty Ltd.。オーストラリア企業の取り分は 4,800 万豪ドル。(Australian DoD 2022/7/18)
  • Leonardo UK と三菱電機が組んで、次世代戦闘機用レーダーのテクノロジー デモンストレーター "JAGUAR" を開発することになった。両社による実現可能性研究が完了したのを受けた動き。(Leonardo 2022/7/18, C4ISRnet 2022/7/18)
  • Indra が、AFV に搭載する APS (Active Protection System) 向けのレーダーを開発したことを明らかにした。ウクライナにおける戦争で、AFV が対戦車兵器や UAV に対して脆弱であることが明らかになったとして、必要性をアピール。モジュール化した AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダーで、小さなスペースで設置できるとしている。(DefenseNews 2022/7/18)
  • General Atomics が今秋に、日本向けに ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance) 用途のデータ解析システムを納入する。データ分析ツールの Optix は、昨年に買収した Commonwealth Computer Research (Charlottesville, VA) の製品。ターゲットを指定して ISR サービスを割り当てる Metis は、"Uber for ISR." とも称する。いずれも日本が最初の導入事例。(C4ISRnet 2022/7/18)
  • ノルウェーが、F-35A 搭載用の空対地精密誘導兵装として Raytheon Missiles and Defense製 GBU-53/B StormBreaker こと SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント II の採用を決めた。(Defense-Aerospace.com 2022/7/18)
  • LDEW (Laser Directed Energy Programme) 計画の下で MBDA、Leonardo、QinetiQ plc、DSTL (Defence Science and Technology Laboratory) が開発を進めているレーザー兵器 Dragonfire について、試験がスタートした。まず低出力からスタートする。(MBDA 2022/7/17)
  • スペイン海軍 (Armada Espanola) の潜水艦 SPS Galerna (S-71) が、延命改修を終えて 2022/7/13 に試験航海を開始した。(Defense-Aerospace.com 2022/7/18)
  • フランス海軍 (MN : Marine Nationale) とイタリア海軍が Leonardo Sp.A との間で、76mm 艦載砲を対象とする整備業務の契約を締結した。両国の Horizon フリゲートと、仏海軍の FDI (Fregates de Defense et d'Intervention) こと Amiral Ronarc'h 級が搭載する砲が対象。(Naval News 2022/7/16)
  • Airbus Helicopters はモロッコ空軍 (Moroccan Forces Royales Air) から、操縦訓練ヘリとして使用する H135 を受注した。fleet とあるだけで機数は不明。飛行訓練機材やサポート業務も契約に含む。(Airbus Helicopters 2022/7/18)

アラブ首長国連邦向け FMS (DSCA 2022/7/19)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。C-17A を対象とする維持支援業務を輸出するもので、総額は 9 億 8,040 万ドル。
内訳は、ハード/ソフトの改修とサポート業務、JMPS (Joint Mission Planning System) 用ソフトウェア、電子戦関連の機密ソフトウェア支援、機体とエンジンの支援機材、コンポーネント、消耗品、スペアパーツ、補修用パーツと補修、文書類、重整備支援、兵站支援業務として TSS (Total System Sustainment) ならびに MIP (Material Improvement Program)、その他の工学/技術/兵站支援業務。
担当メーカーは Boeing Co. (Chicago, IL)。オフセットの設定を予定。

ベルギー向け FMS (DSCA 2022/7/19)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、ベルギー向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。F=16 を対象とする維持管理業務を輸出するもので、総額は 1 億 2,700 万ドル。もともとあった 9,840 万ドルの案件に対する追加分で、内訳は以下の通り。
  • AN/ARC-210 通信機
  • 機密ソフトウェア
  • CPIN (Computer Program Identification Number)
  • ソフトウェア インテグレーション支援業務
  • 電子戦データベース支援業務
  • 試験支援業務と試験機材
  • 機体と兵装関連の支援と支援機材
  • フライト シミュレータ向けの支援業務
  • ハード/ソフトの追加分と支援業務
  • スペアパーツ、補修用パーツ、消耗品、アクセサリー類
  • 整備と整備支援業務
  • MPS (Mission Planning System) の維持管理
  • 米空軍基地における施設、インフラ、IT 分野の支援業務
  • 文書類、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Bethesda, MD)。オフセットの設定はなし。

エストニア向け FMS (DSCA 2022/7/15)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、エストニア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。M142 HIMARS (High Mobility Artillery Rocket System) を輸出するもので、総額は 5 億ドル。内訳は以下の通り。
  • M142 HIMARS×6
  • M30A2 GMLRS AW (Guided Multiple Launch Rocket System Alternative Warhead) ポッド×36 (w/IMPS : Insensitive Munitions Propulsion System); FMCW-DDR (Frequency Modulated Continuous Wave - Directional Doppler Ranging) 近接信管 (Proximity HOB (Height-of-Burst) Sensor Capability)
  • M31A2 GMLRS Unitary HE (High Explosive) ポッド×36 (w/IMPS; FMCW-DDR Proximity HOB Sensor Capability)
  • XM403 ER GMLRS AW (Extended Range Guided Multiple Launch Rocket System Alternative Warhead) ポッド×36 (w/IMPS; SMPS (Side Mounted Proximity Sensor) HOB Capability)
  • XM404 ER GMLRS Unitary ポッド×36 (w/IMPS; SMPS HOB Capability)
  • M57 ATACMS (Army Tactical Missile System) ポッド×18
  • M28A2 LCRRPR (Low Cost Reduced Range Practice Rocket) 訓練弾ポッド
  • 強化型ラップトップ、訓練機材、文書類、計画/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Grand Prairie, TX)。オフセットの設定はなし。

ノルウェー向け FMS (DSCA 2022/7/15)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、ノルウェー向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。AIM-120 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) を輸出するもので、総額は 9 億 5,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • AIM-120D AMRAAM×205
  • AIM-120C-8 または AIM-120D×60
  • AIM-120D 用誘導セクション×4
  • AIM-120 用制御セクション
  • CATM (Captive Air Training Missile)
  • ミサイル用コンテナ、支援機材、インテグレーション支援業務、試験機材、輸送、補修、保証、機密/非機密ソフトウェア、スペアパーツ、補修用パーツ、消耗品、アクセサリー類、文書類、整備/整備支援、訓練、訓練機材、工学/技術/兵站支援業務
担当メーカーは Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ)。オフセットの設定はなし。

韓国向け FMS (DSCA 2022/7/15)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、韓国向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。Mk.54 短魚雷を輸出するもので、総額は 1 億 3,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • Mk.54 AUR (All-Up Round)×31
  • 訓練魚雷 (REXTORP : Recoverable Exercise Torpedo)
  • S&I (Storage and Issue) 施設
  • ヘリコプター搭載用アクセサリー
  • スペアパーツ、魚雷用コンテナ、試験機材やツール類などの支援機材、サポート サービス業務、機密/非機密の文書類、技術支援業務、プログラム管理業務、インフラストラクチャ サポート業務、試験機材の維持管理、訓練発射の支援、補修、訓練、その他の兵站/計画支援業務
MH-60R 搭載用。

台湾向け FMS (DSCA 2022/7/15)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、台湾 (台北駐米経済文化代表処) 向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。車両関連の支援業務を輸出するもので、総額は 1 億 800 万ドル。戦車やその他の戦闘車両で使用するスペアパーツと補修用パーツ、技術支援業務などで構成する案件。

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |