今週の軍事関連ニュース (2024/02/01)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • ベトナムとフィリピンは、南シナ海における沿岸警備隊分野で協力関係を強化する、との合意をまとめた。中国の動向に対抗するための動き。(SpaceWar 2024/1/30)
  • 2024/1/31 に 187th FW (187th Fighter Wing) 所属の F-35A が、着陸進入中にバードストライクに遭遇したが、無事に Montgomery に着陸できた。(WSFA 2024/2/1)
  • 米海兵隊の AV-8B が搭載している F402 エンジンの整備訓練課程が、最後の卒業生 5 名を送り出し、2024/1/29 に MCAS (Marine Corps Air Station) Cherry Point で修了式典が行われた。60 日間の課程。(Military.com 2024/1/30)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

今日のニュース (北米編)
  • Northrop Grumman Corp. が米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) 向けに開発を進めている NGI (Next Generation Interceptor) について、AUR (All-Up Round) を対象とする予備設計審査 (PDR : Preliminary Design Review) が 2024/1/26 に完了した。GMD (Ground Based Midcourse Defense) の後継。(Northrop Grumman 2024/1/31, DefenseNews 2024/1/31)
  • BAE Systems Inc. が開発を進めている、拡張 M コード対応 GPS (Global Positioning System) 受信機・MGUE (Military GPS User Equipment) MSI (Miniature Serial Interface) で使用する NG ASIC (Next-Generation Application Specific Integrated Circuit) などの半導体について、最終設計審査 (CDR : Critical Design Review) が完了した。2020 年に、米宇宙軍 (USSF : US Space Forces) から 2 億 4,700 万ドルの契約を得て開発中。安全性・信頼性を備えた受信機の実現と、小型受信機の実現が目的で、2025 年の開発完了を目指している。(BAE Systems 2024/1/31)
  • Leonardo DRS Inc. が手掛けている、Northrop Grumman Corp. 製 CIRCM (Common Infrared Countermeasures) 用の Solaris レーザー システムが、累計納入 1,000 セットを達成した。(Leonardo DRS 2024/1/31)
  • GA-EMS (General Atomics Electromagnetic Systems) は米宇宙開発庁 (SDA : Space Development Agency) から、宇宙空間用の光通信端末機 (OCT : Optical Communication Terminal) の能力実証契約を受注した。2 台を製作して、同社製の LEO (Low Earth Orbit) 衛星・GA-75 (重量 75kg) に搭載する。(SpaceWar 2024/1/30)

今日のニュース (その他編)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の KDA (Kongsberg Defence & Aerospace) がノルウェー国防省の装備部門 NDMA (Norwegian Defence Material Agency) から、NASAMS (National Advanced Surface-to-Air Missile System) を 14 億クローネで受注した。新型の多連装キャニスター発射機と FDC (Fire Distribution Center) で構成。ウクライナに供与した分の補充用で、2026-2027 年にかけて納入の予定。(Kongsberg Gruppen 2024/1/31)
  • Babcock International plc が Hanwha Ocean との間で、韓国海軍向け Jangbogo-III 型バッチ II 潜水艦の 3 番艦 (Boat 6) で使用する WHLS (Weapons Handling Launch System) の納入契約を締結した。(Naval News 2024/1/31)

今日の米軍調達 (Contracts 2024/1/30)
NAVY
  • Kay and Associates Inc. (Buffalo Grove, IL) : F/A-18 の列線整備・中間整備とミサイルの整備補修・保管施設向けに実施する整備・運用・管理支援業務について、オプション契約分を $153,366,987 で。クウェート向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2025/1 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-22-C-0013/P00007)
  • Kratos Unmanned Aerial Systems Inc. (Sacramento, CA) : BQM-177A SLAT (Surface Launched Aerial Target) 標的機の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) について、オプション契約のロット 5 分・70 機と RATO (Rocket-Assisted Takeoff) アタッチメント キット×70 セットを $57,673,542 で。技術・管理データも契約に含む。2026/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-23-C-0021/P00003)
  • General Dynamics NASSCO (General Dynamics National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, CA) : USS Chung-Hoon (DDG-93) と USS James E. Williams (DDG-95) を対象とする FY2024 分の DMPA (Depot Maintenance Period Availability) 実施・79521K AN/SLQ-32(V)7 導入について、オプション契約分を $53,137,125 で。2024/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington DC (N00024-23-C-4424)
  • Chemring Australia Pty Ltd. (Lara, Victoriam Australia) : MJU-68/B フレア×19,570 個に関する修正契約を $31,096,730 で。F-35 搭載用で、米海軍向け×12,918、米空軍向け×1,152、イタリア向け×1,176、ベルギー向け×1,152、イギリス向け×868、日本向け×816、ドイツ向け×720、デンマーク向け×672、ポーランド向け×96。2025/2 まで。FMS (Foreign Military Sales) 分は $8,739,500。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-21-C-0081/P00007)
  • General Atomics (San Diego, CA) : AAG (Advanced Arresting Gear) と EMALS (Electromagnetic Aircraft Launch System) のオプション契約分を $17,128,169 で。AAG 用のウォーター ツイスターとサーマル ボリューム コンペンセーターを 1 セット、EMALS 用のパークアップ キット用パーツ×158 セット、AAG 用のパークアップ キット用パーツ×50 セット、EMALS 用ローンチ モーター モジュールの予備品×3 セット、AAG 用のケーブル ドラム交換支援で構成。CVN-79 と CVN-80 向け。2029/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-C-0037/P00095)
  • Ironclad Technology Services LLC (Arlington, VA) : Office of the Secretary of the Navy (Financial Management and Comptroller) 向けの財務管理支援業務を $8,214,258 で。基本契約 11 ヶ月、2024/12 まで。さらに 2 年間のオプション契約 1 件、6 ヶ月間のオプション契約 2 件、追加契約 6 ヶ月を設定。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department Philadelphia Office, Philadelphia, PA (N00189-24-C-Z015)
  • Alutiiq Solutions LLC (Anchorage, AK) : 研究、分析、戦略構想、リーダーシップ管理、運用・技術計画支援などのオプション契約分を $8,171,023 で。Command Strategic Leadership Service Team の案件で、NAVAIR (Naval Air Systems Command) などが対象。2025/2 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-20-D-0007/P00011)
ARMY
  • Federal Contracting Inc. (dba Bryan Construction Inc., Colorado Springs, CO) : ミサイル ハンドリング施設の建設工事を $55,138,078 で。ワイオミング州 Cheyenne で実施、2026/3/30 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE (W9128F-24-C-0011)
DTRA (Defense Threat Reduction Agency)
  • Primmune Therapeutics Inc. (San Diego, CA) : 大量破壊兵器対策案件 "Oral broad spectrum antiviral TLR7 agonist for treatment of Lassa Fever" の業務を $22,480,552 で。Lassa ウィルスへの対策を手掛ける。2026/6/30 まで。DTRA (Defense Threat Reduction Agency), DoDAAC HDTRA1, Fort Belvoir, VA (HDTRA1-24-C-0014)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • American Water Operations and Maintenance LLC (Camden, NJ) : 上下水道業務に関する修正契約を $18,564,011 (価格修正条項付き) で。陸軍向け、2064/11/25 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SP0600-21-C-8346/P00121)
  • Goodwill Industries of South Florida Inc. (Miami, FL) : トラウザーズを $10,512,305 で。陸軍・空軍剥け、2025/1/29 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-24-D-N009)
  • Cepheid (Sunnyvale, CA) : 懇請 SPE2DE-22-R0006 に基づき 2023/2/24 二形訳した、ラボ向け機材・アクセサリー類・消耗品の調達対象に追加。$49,000,000 で。(SPE2DE-24-D-0013)
AIR FORCE
  • Tapestry Solutions Inc. (San Diego, CA) : 空輸分野の飛行管理業務について、修正契約を $8,839,343 で。累計受注額は $41,977,632。JB (Joint Base) Andrews - NAF (Naval Air Facility) Washington で実施、2027/1/31 まで。316th Contracting Squadron, JB (Joint Base) Andrews, MD (FA2860-22-C-0011/P00006)

今日のニュース (北米編)
  • RTX は、傘下の Collins Aerospace が手掛けている F-35 用の冷却システム・EPACS (Enhanced Power and Cooling System) について、実運用環境下で 80kW の冷却能力を実証したと発表した。(RTX 2024/1/30)
  • RTX 傘下で小型衛星を手掛ける BCT (Blue Canyon Technologies) は、DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の Blackjack 計画で使用する衛星 4 基を完成させた。(RTX 2024/1/30)
  • General Dynamics Mission Systems 傘下の Progeny Systems が米海軍から、潜水艦用ソナーのサブシステムについて設計、開発、サポートを $30,944,470 で受注した。2026/7 まで。オプション契約分まで含めた総額は $82,880,849、2031/1 まで。(General Dynamics Mission Systems 2024/1/25)
  • Lockheed Martin Corp. は、Northrop Grumman Corp. 製 E-2D Advanced Hawkeye, 用の AN/APY-9 レーダーが累計納入 75 基を達成したと発表した。E-2D は現時点で、米海軍向けに 86 機の予定に対して 80 機の予算がついているほか、日本が 18 機、フランスが 3 機を導入する。(Lockheed Martin 2024/1/30)
  • SEA 傘下の SEA Canada が、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) 向けの短魚雷発射管を 1,510 万ポンドで受注した。(Naval News 2024/1/30)

今日のニュース (その他編)
  • 仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) は 2023/12/28 に Naval Group との間で、UCUV (Unmanned Combat Underwater Vehicle) に関する枠組み契約を締結した。2023/5/4 にユースケースやシステム アーキテクチャに関するスタディ契約を発注したのに続く動き。さらに、ADMP (Autonomous Decision-Making Process) と自律航法に関する設計・開発契約も締結。(Naval News 2024/1/30)
  • NSPA (NATO Support and Procurement Agency) は、2024/1/11 にハンガリーの Papa AB で SAC (Strategic Airlift Capability) 向けのシミュレータ施設を起工したと発表した。2025/3 の竣工を予定している。(NSPA 2024/1/11)

今日の米軍調達 (Contracts 2024/1/29)
USTRANSCOM (US Transportation Command)
  • 以下の各社は、人員・貨物の国内輸送に供する航空機のチャーターを、総額 $873,000,000 で。
    • Air Transport International (Wilmington, OH) : HTC711-24-D-CC02
    • Alaska Airlines Inc. (Seattle, WA) : HTC711-24-D-CC03
    • Allegiant Air LLC (Las Vegas, NV) : HTC711-24-D-CC04
    • American Airlines (Fort Worth, TX) : HTC711-24-D-CC05
    • Amerijet International Inc. (Miami Springs, FL) : HTC711-24-D-CC06
    • Atlas Air Inc. (Purchase, NY) : HTC711-24-D-CC07
    • Delta Air Lines (Atlanta, GA) : HTC711-24-D-CC08
    • Eastern Airlines (Wayne, PA) : HTC711-24-D-CC09
    • Tatonduk Outfitters Ltd. (dba Everts Air Cargo, Fairbanks, AK) : HTC711-24-D-CC10
    • Federal Express Corp. (Memphis, TN) : HTC711-24-D-CC11
    • Hawaiian Airlines (Honolulu, HI) : HTC711-24-D-CC12
    • Kalitta Air LLC (Ypsilanti, MI) : HTC711-24-D-CC14
    • Lynden Air Cargo (Anchorage, AK) : HTC711-24-D-CC15
    • National Air Cargo Group Inc. (Orlando, FL) : HTC711-24-D-CC16
    • Omni Air International (Tulsa, OK) : HTC711-24-D-CC17
    • Sierra Pacific Airlines Inc. (Tucson, AZ) : HTC711-24-D-CC18
    • Southwest Airlines Co. (Dallas, TX) : HTC711-24-D-CC19
    • Sun Country Inc. (Minneapolis, MN) : HTC711-24-D-CC20
    • Swift Air LLC (Greensboro, NC) : HTC711-24-D-CC21
    • United Airlines (Chicago, IL) : HTC711-24-D-CC22
    2024/4/1-2028/9/30 まで。USTRANSCOM (US Transportation Command), Directorate of Acquisition, Scott AFB, IL
NAVY
  • Burns and McDonnell Engineering Co., Inc. (Kansas City, MO) : NAVFAC Southeast の AO (Area of Operations) で実施するアーキテクト/エンジニアリング業務を $45,000,000 で。2029/1 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Systems Command) Southeast, Jacksonville, FL (N69450-24-D-0003)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : カナダ向け F-35 のインテグレーション作業開始に伴う、プログラム管理、独自要求に関わる初度費、訓練を $15,041,557 で。2027/1 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-24-C-0026)
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) を対象とする設計・工学支援業務について、オプション契約分を $13,443,029 で。2024/1/25 まで。2028/3 まで。FMS (Foreign Military Sales) 分 $4,491,489 (78%) を含む。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington DC (N00024-23-C-5401)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : SSDS (Ship Self-Defense System) の、艦へのインテグレーションと試験を $10,600,354 で。2025/1 まで。オプション契約分まで含めた総額は $96,850,486、2031/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington DC (N00024-24-C-5105)
DLA (Defense Logistcs Agency)
  • SNC Manufacturing LLC (Orocovis, Puerto Rico) : 各種トラウザーズのオプション 3 契約分を $26,389,688 で。陸軍・空軍向け、2025/1/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-21-D-1413/P00021)
ARMY
  • Geotechnical Construction (Mount Olive, IL) : 施設・インフラの整備を $24,000,000 で。2029/1/31 まで。Army Corps of Engineers, St. Louis, MO (W912P9-24-D-0002)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • MCP Computer Products (San Marcos, CA) : Dell 製のラップトップと関連機材を $13,201,039 で。USSOCOM (US Special Operations Command), MacDill AFB, FL (H92415-24-F-0021)

今日のニュース (北米編)
  • 米海軍の沿海域戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship)・USS Savannah (LCS-28) 艦上で、Textron Inc. 傘下・Textron Systems Corp. 製の Aerosonde UAV が初の任務飛行を実施した。Textron Systems は 2023/6 に米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) から、Freedom 級 LCS×1 隻と Independence 級 LCS×2 隻の艦上における UAV 運用支援業務の契約を受注している。(Textron 2024/1/29)
  • 米宇宙軍 (USSF : US Space Forces) 麾下の SSC (Space Systems Command) は、Northrop Grumman Corp. が開発した衛星向け燃料補給モジュール PRM (Passive Refueling Module) を優先候補に選定した。(Northrop Grumman 2024/1/29)
  • 米空軍は、KC-135 用の自衛用電子戦装備として、Northrop Grumman Corp. が手掛ける第三世代版 DIRCM (Directional Infrared Countermeasures) の採用を決めた。(Northrop Grumman 2024/1/29)
  • 米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory) と RTX の Raytheon 部門が WSMR (White Sands Missile Range, White Sands, NM) で、高出力マイクロ波兵器 CHIMERA (Counter-Electronic High-Power Microwave Extended-Range Air Base Defense) のフィールド試験を 3 週間がかりで実施した。各種の静止目標に対して、捕捉追尾から照射まで、エンド-エンドのプロセスを実施。DEFEND (Directed Energy Front-line Electromagnetic Neutralization and Defeat) 計画の下で進めている案件。(RTX 2024/1/29)
  • Carlos Del Toro 米海軍長官は 2024/1/27 に National Geographic Society Headquarters (Washington DC) で、新造する測量艦 T-AGS-67 について、USNS Robert Ballard (T-AGS-67) と命名する、と発表した。(US Navy 2024/1/27)
  • Airbus U.S. Space & Defense Inc. が、ジョイント ベンチャー AOS (Airbus OneWeb Satellites) のうち Eutelsat OneWeb の出資分 50% を買い取り、完全子会社化することになった。(Airbus 2024/1/29)
  • BAE Systems Inc. は 2023/11 に米陸軍から、M109A7 自走榴弾砲と M992A3 弾薬補給車を総額 4 億 1,800 万ドルで追加受注した。2025 年に完納の予定。(BAE Systems 2024/1/29)

今日のニュース (その他編)
  • チェコ政府はアメリカ政府との間で、F-35A×24 機の FMS (Foreign Military Sales) 調達に関する LoA (Letter of Offer and Acceptance) を取り交わした。機体に加えて、訓練や兵站支援業務などの関連役務も対象に含む。(F35.com 2024/1/29)
  • Rheinmetall Defence AG は "某海外パートナー国" から、Fuchs 2 装輪装甲車のコンポーネントを受注した。改修キットや予備品で構成、2024-2028 年にかけて納入する。(Rheinmetall Defence 2024/1/29)
  • Anschutz は、サウジアラビア海軍向けに CMN が建造する HSI-32 高速要撃艇×58 隻に搭載する航法・指揮管制システムを納入したことを明らかにした。(Naval News 2024/1/29)

トルコ向け FMS (DSCA 2024/1/26)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、トルコ向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。F-16V の新造機と改修キットを輸出するもので、総額は 230 億ドル。内訳は以下の通り。
  • F-16V 新造機×40 (F-16C-70×32, F-16D-70×8)
  • 既存 F-16C/D-40/50+ の F-16V 化改造×79、SLEP (Service Life Extension Program) 改修
  • F110-GE-129D エンジン×48 (うち 8 基は予備)
  • iPDG (Improved Programmable Display Generator)×149 (うち 10 基は新造機用予備、79 基は改修用、20 基は改修機用予備)
  • AN/APG-83 SABR (Scalable Agile Beam Radar)×149 (うち 10 基は新造機用予備、79 基は改修用、20 基は改修機用予備)
  • MMC (Modular Mission Computer) 7000AHC またはその他の利用可能な製品×169 (うち 10 基は新造機用予備、79 基は改修用、40 基は改修機用予備)
  • EGI (Embedded Global Positioning System / Inertial Navigation System)×159 (うち 8 基は新造機用予備、79 基は改修用、32 基は改修機用予備) w/SAASM (Selective Availability Anti-Spoofing Module) または M コード対応・PPS (Precise Positioning Service)
  • IVEWS (Integrated Viper Electronic Warfare Suite) または同等品×168 (うち 10 基は新造機用予備、79 基は改修用、39 基は改修機用予備) w/SAASM (Selective Availability Anti-Spoofing Module)
  • LAU-129/A ミサイル発射機×858
  • M61 Vulcan 機関砲×44 (うち 4 挺は予備)
  • AN/AAQ-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod)×16 と専用パイロン
  • MIDS-JTRS (Multifunctional Information Distribution System - Joint Tactical Radio System)×151 (うち 4 基は地上用端末機、8 基は新造機用予備、79 基は改修機用、4 基は地上用端末機、16 基は改修機用予備)
  • AIM-120C-8 AMRAAM (Advanced Medium Range Air-to-Air Missile) または同等品×952
  • AMRAAM 用誘導セクション×96
  • GBU-39/B SDB (Small Diameter Bomb) インクリメント I×864
  • GBU-39(T-1)/B SDB- インクリメント I GTV (Guided Test Vehicle)×2
  • GBU-39(T-1)/B SDB インクリメント I 訓練弾×2
  • AGM-88B HARM (High-Speed Anti-Radiation Missile)×96
  • AGM-88E AARGM (Advanced Anti-Radiation Guided Missile)×96
  • AARGM 用 CATM (Captive Air Training Missile)×10
  • AARGM 用制御セクション×11
  • AARGM 用誘導セクション×12
  • AIM-9X ブロック II×401
  • AIM-9X ブロック II CATM×12
  • AIM-9X ブロック II 実弾用誘導ユニット×40
  • AIM-9X ブロック II CATM 用誘導ユニット×12
  • Mk.82 爆弾のイナート弾×12
  • GBU-31/B JDAM (Joint Direct Attack Munition) 用テールキット KMU-556/B×850
  • GBU-31(V)3 JDAM 用テールキット KMU-557/B×200
  • GBU-32/B JDAM 用テールキット KMU-559/B×384
  • GBU-38/B または GBU-54/B レーザー JDAM 用テールキット KMU-572/B×3
  • FMU-152/B 信管×1,050
  • AIM-9X 用訓練弾と AOTD (Active Optical Target Detector)
  • HARM 用制御セクション、ロケット モーター、弾頭の予備
  • FMU-139 /B JPF (Joint Programmable Fuze)
  • GBU-54 レーザー JDAM 用レーザー誘導セット DSU-38/B
  • ミサイル用コンテナ
  • AN/ARC-238 通信機
  • AN/APX-127 または同等品の、モード 5 対応 AIFF (Advanced Identification Friend or Foe) CIT (Combined Interrogator Transponder)
  • HMD (Helmet Mounted Display)。JHMCS II (Joint Helmet Mounted Cueing Systems II) または Scorpion HObIT (Hybrid Optical-based Inertial Tracker)
  • IRST (Infrared Search and Track) ポッド
  • AN/ALE-47 CMDS (Countermeasure Dispenser System)
  • KY-58 および KIV-78 暗号化装置
  • SKL (Simple Key Loader)
  • 秘話通信機材、精密航法機材、暗号化機材、
  • FMPS (Flight Mission Planning System)
  • ROVER (Remote Operated Video Enhanced Receiver) 6i/6Sis
  • 戦術通信網 ROVER キット、STINGER MBI (Multi Bi-Directional) アンテナ
  • インパルス カートリッジ、チャフ、フレア、弾薬
  • 爆弾のコンポーネント、CMBRE (Common Munitions Built-in-Test Reprogramming Equipment)
  • RIAIS (Rackmount Improved Avionics Intermediate Shop)
  • CAD/PAD (Cartridge Actuated Device / Propellant Actuated Device)
  • TMLA (Triple Missile Launcher Adapter)
  • 機体・アビオニクス・兵装のインテグレーション、試験支援、試験機材、機体とエンジンの補修・再生補修、スペアパーツ、補修用パーツ、消耗品、アクセサリー類、支援機材、機密/非機密の CPIN (Computer Program Identification Number) システム、電子戦データベース支援、パイロン、発射機アダプタ、兵装インターフェイス、ボムラック、エジェクター ラック、CFT (Conformal Fuel Tank)、トラベル ポッド、精密計測機材ラボ、較正支援、機密/非機密ソフトウェアと支援業務、機密/非機密文書・マニュアル・技術文書、地図とマッピング データ、施設・建設支援、シミュレータやその他の訓練機材、訓練、工学/技術/兵站支援業務、スタディ、サーベイなど
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Greenville, SC)。オフセットの設定を予定。

ギリシア向け FMS (DSCA 2024/1/26)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は、ギリシア向けの FMS (Foreign Military Sales) 案件について国務省の承認が降りた、と発表した。F-35A を輸出するもので、総額は 86 億ドル。内訳は以下の通り。
  • F-35A×40
  • F135-PW-100 エンジン×42 (うち 2 基は予備)
  • AN/PYQ-10 SKL (Simple Key Loader)
  • KGV-135A 組み込み秘話通信機材
  • CAD/PAD (Cartridge Actuated Device / Propellant Actuated Device)、インパルス カートリッジ、チャフ、フレア
  • FMS (Full Mission Simulator) とシステム訓練機材
  • 電子戦システムと再プログラム ラボ支援
  • 兵站管理/支援システム
  • 脅威探知/追跡/目標指示システム
  • IFF (Identification Friend or Foe) 機材
  • 兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support)、機密ソフトウェアとソフトウェア開発・納入・インテグレーション支援、輸送・フェリー・給油支援、兵装用コンテナ、機体・弾薬関連の支援と支援機材、インテグレーション/試験支援・機材、エンジンコンポーネント改良計画 (CIP : Component Improvement Program) 支援、秘話通信機材、精密航法機材、暗号化機材、スペアパーツ、補修用パーツ、消耗品、アクセサリー、補修、小規模改修、整備、整備支援、訓練、訓練機材、機密/非機密文書類、保証、工学/技術/兵站支援業務、スタディ、サーベイ
担当メーカーは Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) と Pratt & Whitney Military Engines (East Hartford, CT)。オフセットの設定を予定。

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |