Opinion : 特定秘密保護法案に関して西山事件を持ち出すことへの違和感 (2013/10/28)
 

特定秘密保護法案の閣議決定に絡んで「知る権利を妨げる」との主張が出てきている由。それと絡んで、「西山事件」を持ち出している人がいるらしいけれど、「それは違うだろう」と思った。

「西山事件」の何が問題かといえば、「ひそかに情を通じた」ことはひとまず措いておくとして、とにもかくにも「密約」の話を紙面にズバッと書かなかった時点で失格。

「知る権利」を云々するのであれば、新聞記者にとってそれを行使する場は紙面であって、それ以上でもそれ以下でもない。だから、せっかく得た貴重な情報を紙面に書かなかった時点で、もう「知る権利」を放棄したも同然。それを後になって、何をいっているのだと。


そこで「密約の話を暴露すれば、沖縄返還に悪影響が出る可能性が云々」という釈明が出てくるにしても、それならそれで胸の内にしまっておけばいいわけで、後からタイミングを見計らって紙面でぶちまける手もある。それすらしないで野党代議士に機密電文を渡したとあっては、もう弁解の余地なし。

しかもその過程でネタ元が露見してしまったのだから、「情報源の保護」という、スクープ記事につきもののイロハすら守れていなかった。それで「知る権利」とかなんとかいわれても、「は ?」と返されるのがオチではないかといわざるを得ない。情報源を保護してくれない人に貴重な情報を渡そうとする人が、出てくると思う ?

もっとも、「原状回復費用をアメリカ政府が出したことにして、実際は日本政府が負担した」との話が世に出たからといって、それで沖縄返還そのものが吹っ飛んだかというと、個人的には疑問に思える。日米両国政府への批判は出ただろうけれど。

毎日新聞がらみで「知る権利」を云々するなら、むしろ「物動計画すっぱ抜き」の方を持ち出すのが筋なのでは。これはちゃんと、すっぱ抜いた内容を記事にしている。そして記者が当局に捕まる騒ぎに発展したわけだけれど、少なくともこれは「知る権利」をちゃんと行使した上でのこと。

そこでなぜか「西山事件」ばかりが持ち出される時点で、どうも違和感があるし、論旨のすり替えが起きているようにも思える。もっとも、論旨のすり替えは、事件当時に政府側で行ったことでもあるのは事実。そこで情報入手の方法が決定的な弱点になってしまい、格好の「すり替え」の名目を作ってしまった。

もちろん、政府側が都合の悪い話を「秘密指定」して表に出さないという話は、どこの国にもついて回るもの。そのことの是非に的を絞ればいいのに、「西山事件」を持ち出したり「居酒屋で喋った内容次第では罪になって云々」なんて扇情的な話を持ち出したりする時点で、それは違うだろうと思う。

ことに後者の居酒屋云々なんていうのは、なにも政府機関に限った問題じゃない。政府や役所でなくても、どんな仕事にでも表沙汰にできない機微情報というのはあるもので、それを「誰が聞いているか分からない場所」で口にする時点で大問題。

何も「防衛秘密」や「テロ対策」に限らず、「メーカーの新製品情報」や「サービス業の顧客情報」だって、しかるべきタイミングが来るまで、あるいは恒常的に表沙汰にできない。先に書いた「取材源・情報源の秘匿」だって、そのひとつ。居酒屋で取材時の情報源について喋るようなことがあれば、新聞記者失格ですぞ !?


そもそも、直接口にしていなくても、さまざまな徴候を積み上げていくと結果的に情報漏洩と同じことになるケースも少なくない。そういう話までひっくるめて、「秘密保持」「情報保全」に関する意識がなさ過ぎると思う。

裏返せば、そのものズバリの機微情報を表沙汰にできないルートから掠め取ってくるだけでなく、些細な徴候を丹念に収拾して積み上げることで貴重な情報をいぶり出せることもあるはず。そういう努力までちゃんとやって、それを紙面なり番組なりに出して、と。そこまでやっているのならば、「知る権利」に言及しても重みや説得力があると思う。

「権力の監視」だってそう。本当に権力の監視だというなら、漢字の読み方がどうだとか、高いものを食っていて庶民感覚がないだとか、失言をあげつらって「首を取る」だとか、そんなことばかりやるよりも先に、もっと重要なことがあるのでは。

それに、「とにかくアラを探してぶっ叩いてやろう」というマインド セットが中心になると、分かりやすい上に叩きやすいけど枝葉末節でしかない話にばかり入り込んでしまって、却って本質的な問題を見落とすことにならないだろうか。

基本的かつ重要なところを平素からキチンとやった上で「知る権利」を云々するなら、そんなに叩かれることはないと思うのだけれど。地味ながら基本的かつ重要なポイントを解説することよりも先に、ウケることを重視してしまう一方で、いざ特定秘密法案みたいな話が出てくると「知る権利」を振りかざすから、叩かれる。そんな一面があるんじゃないかと。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |