Opinion : なぜ日本国内に ISIL シンパが湧くのだろう ? (2015/2/2)
 

この週末は世間並みに「仕事を休む週末」として過ごしていたのだが、そんな中、Twitter の TL では、ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) がらみの話が飛び交っていた。良い ISIL は死んだ ISIL (つまり活動不可能状態になるという意味) だと思うのだが、なかなかそう簡単には話が進まない。困ったものである。

もっと困ったものだと思ったのが、なぜか日本で ISIL の伝声管やシンパみたいな言動を展開する人がいること。ISIL のプロパガンダをそのまま垂れ流したも同然なニュース番組があった、なんて話まで流れてきた。

これが、殺人を初めとする「残虐映像」を垂れ流したのであれば、数字をとるために刺激的な映像・象徴的な映像が欲しかったのか ? と推測するところだが、ISIL の主張をそのまま垂れ流したり、「ISIL は悪いことをするだけの組織ではない」と弁護したりということになると、これはもう意図的なシンパシーだと思われても仕方がない。

直接、伝声管やシンパみたいな言動をとらなくても、本来叩かれるべき ISIL から矛先を反らして別のところに責任を押しつけるような言動があれば、それもまた結果的に ISIL を利するだけであり、シンパ同然である。

ISIL を贔屓したところで、その ISIL が日本に何らかのメリットをもたらすことは考えられないと思うのだが。目下のところ、邦人の生命を奪ったとされる事案が起きたのを筆頭に、デメリットだけである。


日本で、イスラム教徒の大きなコミュニティがあるかといえば、そんなことはないと思われる。

どこかのお役所 で、宗教ごとの教徒の数について統計をまとめているんじゃないかと思って、試しに文部科学省の Web サイトを見てみたら、あったあった。「宗教統計調査」が。

それを見ると、「神道系」「仏教系」「キリスト教系」「諸教」と 4 分類になっている。たぶん、独立した項目が立っていないイスラム教も、この「諸教」の中に含まれるのだろうけれど、「諸教」としてひとまとめにされているぐらいだから、主要勢力というわけではないようだ。

と、その話が本題ではなかった。本題は、「そういう状況なのにどうして、ISIL にシンパシーを感じる、あるいはシンパシーを感じているんじゃないかと思わされる言動をする人が出てくるのか」という話だった。前述のような状況だし、ISIL が掲げる大義に共感する人が日本国内にゾロゾロいる、というわけではないように思える。

そもそも、ISIL はイスラム教を「俺様国家」形成のためのダシに使っているだけで、アラーの教えに忠実な組織だとは思えない。

では、どうしてまた、何を血迷ったのか ISIL のシンパや伝声管と化す人が出てくるのか。

それはひょっとすると、「欧米主導の世界体制に歯向かう ISIL」にシンパシーを感じているというか、「敵の敵は味方」理論というか、そういう話なのではなかろうか。要するに「反米の旗を振ってくれる鉄砲玉」「反主流・反体制の鉄砲玉」。

「反・欧米」ということなら、日本が主導する世界新体制を構築する ! …なんて主張を掲げる選択肢もあり得る。欧米主導の世界を快く思っていそうにない人達のうち、国士様なら本気でそれぐらいは考えていそう。ただまあ、(それが正当なのか、実現可能なのかという話は別として) それはそれでひとつの筋がある。個人的には賛同いたしかねるが。

一方、それと対立する (いわゆる) 左派勢力がそんなことをいいだしたら、昔の「大東亜共栄圏」をぶっ叩くこととの整合性がとれなくなってしまって、それこそもう笑い話になる。その点、鉄砲玉になって暴れてくれる ISIL にシンパシーを感じるのであれば、そっちの方が矛盾で悩む事態を避けられる。となると、そういう人が現れても不思議ではなさそう。

あと、何をもって取って代わるかとかいうことまで考えていなくて、単に「反権力・反主流が正しい」というだけ、ということもありそう。むしろこっちがメインか ?


まとめると、日本国内で ISIL を弁護する人にとっては、「反体制・反権力・反主流というお題目で暴れてくれるのであれば誰でも良くて、今回はたまたま、それが ISIL だった」ということなのではないか、と推測してみた次第。

しかも今回、「中東難民向け支援の表明 → 身代金要求事件 → 人質の殺害」という流れになっているので、「支援表明に怒った ISIL が人質の生命を奪ったのだ。支援表明をやった安倍政権は怪しからん」という「政権叩き」のネタまで ISIL が提供してくれた格好になっている。

つまり、意図的なのか偶然なのかはともかく、ある種の人にとって ISIL は「ありがたい存在」になっているわけだ。どうにもむかっ腹の立つ話ではあるし、だからといってあんなテロリスト集団の肩を持つ理由にはならないはずなのだが。

そうそう。本題と何の関係もないけれど、「シングルアームパンタグラフ」のことを「シンパ」と略されると、何のことだか分からなくなって混乱するので、あれは止めて欲しいなぁ。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |