神々の館にて 〜 うちの PC 騒動記 (2000/10)
 

要らん物は…、の巻 (2000/10/26)
「要らん物は米兵へ持っていく」というのは名古屋の話で、ここは残念ながら東京だ。

1 年ほど前に引退した FMV-4100C2 から外した 2 倍速 CD-ROM ドライブを、UNIX マシン用の「予備」として保管していたのだが、どうも出番がなさそうなので、処分してしまった。もっとも、売りに出したところで売れないと思うけど (笑)

そのうち、DVD-ROM と CD-R/RW の兼用ドライブを買おうと思う。そして、ARTEMIS に積むのだ。といっても、今年は例の事故のせいで出費超過だから、来年になるかもしれない。

ちびマウス故障 ?、の巻 (2000/10/19)
HERMES と、お供の「ちびマウス」を連れて外出し、帰宅してから使っていたら、妙なことに気がついた。マウスの左ボタンを押しても、何も起こらないのだ。

本体に搭載されているパッドの方は OK なので、OS レベルのトラブルではない。しかも、ちびマウスも右ボタンは大丈夫なのだ。どうやら、左ボタンのスイッチが故障したらしい。
2 秒ほど押し続けていると動くことが後で分かったのだが、それでは使い物にならない。困ったものである。

ビデオ カード入れ替え、の巻 (2000/10/11)
ARTEMIS が搭載している ATI XPert XL と、HELIOS が搭載している Diamond Stealth III S540 Xtreme を交換した。主力戦闘機に強力なリソースを集めるということと、AX63Pro と Stealth III S540 Xtreme の相性の悪さが主な理由。

入れ替えは簡単にできたものの、カード入れ替え後の ARTEMIS で、画面表示が不鮮明でちらちらするのに気がついた。NANAO E141L を使っているのだが、アナログ入力液晶ディスプレイにはよくあることで、クロックとフェーズが合っていないのだ。いろいろ調整したら直ったのだが、縦横とも周波数は同じハズなのに調整がいるって、どういうこっちゃ。

XJack がすねる、の巻 (2000/10/8)
ATHENA で使っている、3Com FEM656C なるコンボ カードは、単一の XJack コネクタに、Ethernet の RJ45 と電話の RJ11 のどちらも接続できる。ところが最近、コネクタの接触不良がときどき発生して、頭を抱えてしまった。

RJ45 のコネクタを挿したときに、固定はされるのだが端子の接触か何かに問題があるようで、ときどき「回線断」の状態になってしまう。製品添付の「豚のしっぽ」を使えば回避できるけど、それでは何のために XJack 付きのカードを買ったのか分からない。

結局、ケーブルを別のものに変えたところ、機嫌が直ったようだ。ケーブルによってコネクタの形状に微妙な差があるのかもしれない。

コンパクトフラッシュ登場、の巻 (2000/10/6)
ヨドバシカメラで、コダックの 32MB コンパクトフラッシュと、ハギワラシスコムの PC カードアダプタを買ってきた。合計で \9,200- ほどの買い物。
さっそく、そいつを HERMES の PC カードスロットに突っ込んでみたのだが、デバイスは認識されるのに、ドライブが出てこない。マニュアルに書いてあることと違うぞ ?

いろいろやってみたところ、意外なところに犯人がいた。
実は、IRQ を節約するため、HERMES ではデバイス マネージャの設定をいじり、430TX チップセットのサウスブリッジ・82371AB/EB IDE コントローラの設定を「プライマリのみ」としていたのだが、これを「既定値」に戻したら、ちゃんと D: ドライブのアイコンが出てきたのだ。

「プライマリのみ」にしていたときは、フラッシュメモリ用の「標準 IDE/ESDI コントローラ」はセカンダリ IDE 用の IRQ 15 を使用していたが、「既定値」に戻したところ、IRQ 9 に変化した。これだと、ちゃんと動作するらしい。ううむ。

さらに、コンパクトフラッシュの D: ドライブへのショートカットを C:\Windows\SendTo フォルダに作成したので、右クリックして [送る] を選択するだけでコンパクトフラッシュにデータを送れるようになった。こうすると、いちいちウィンドウを開かなくていいので楽 (^^)
それに、Macintosh にデータを持っていくのにも楽ちん。HESTIA の Windows 2000 Server に Macintosh サービスを入れるのが本筋なんだろうけど、あの重たいサービスを、年に数回の需要のためだけにインストールするのは馬鹿げてるから。

バックアップを考える、の巻 (2000/10/3)
何日も外出するときは、メールチェックなどの目的でノート PC を持ち歩くのが通例。ところが、事故でマシンを全損するような目に遭ってみると、最強マシンの ATHENA は、よほどのことがない限り持ち出せない。(心配しすぎ ?)

となると、古い HERMES を持ち出すことになるけれど、それとてマシンが破壊されたり故障する危険性はあるわけで、データだけでも出先でバックアップが取れるような体制が必要だなあ、と痛感してしまう。

最初に思い付いたのは外付け LS-120 だけど、かさばるし、値段も安くない。
そこで考えたのが、PC カードスロットにフラッシュメモリを挿す方法。PCMCIA のフラッシュメモリはあまり見かけなくなったけど、メモリースティックやコンパクトフラッシュにアダプタをつければ OK だし。

メールがおおむね 500KB/日 のペースで増えるから、1 週間程度の旅行なら、3〜4MB 程度。その他のデータも合わせて、32MB 程度のカードがあれば足りそう。これなら 1 万円かからないし、決定かな ?

ちびマウス登場、の巻 (2000/10/3)
新装なった HERMES に、新しい周辺機器が登場。エレコムの USB マウスなのだが、驚くべきはそのサイズ。パッドやキーボードとの対比に注目。

これでもちゃんと使えるけれど、少々、動きに鋭敏さが足りないのは玉に傷。でも、抜群の携帯性には替えられませぬ。

逆噴射、の巻 (2000/10/2)
「Windows Me は保証せず」とメーカーに宣告されてしまった HERMES は、結局、ハードディスクを再フォーマットして Windows 98 に逆噴射。なぜ SE にしなかったかといえば、過去に SE でも電源が落ちないというトラブルがあったから。
ただし、ディスプレイ ドライバを先にダウンロードした新しい奴に替えたりしているので、以前とまったく同じ、というわけではない。転んでもタダでは起きないのです。

Office 2000 (除 Access) をインストールした状態で、HDD 消費量は約 640MB。これなら現用中の 2GB ドライブでも事足りるけど、来年あたり、CPU ともども換装サービスに出してもいいかも。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |