神々の館にて 〜 うちの PC 騒動記 (2000/11)
 

気が利きすぎの公衆電話、の巻 (2000/11/19)
シアトル・タコマ空港のロビーで、面白いものを発見した。モデム接続用のポートの付いた公衆電話なのだが、電話が通常よりも低い位置に取り付けられていて、さらに机と椅子、念の入ったことに電源まで用意された、「パソコン通信用にフル装備の公衆電話」なのである。

これは便利だ。電源の心配が要らないし、パソコンを安定した状態で置く場所もある。しかも、座って作業ができる。これ、日本にも欲しいと思った。
こういう気の利いたものを設置すれば、ここのところ悪評ふんぷんの NTT も、少しは評判が良くなるだろうに。

アメリカの回線品質は不安定 ?、の巻 (2000/11/16)
泊まっているラスベガスのホテルの電話にモデムを接続すると、これまではコンスタントに 45kbps ぐらいのスピードが出ていたのに、16 日の夕方になって、いきなり接続できなくなったり、接続したと思ったら 12kbps ぐらいになってしまうというトラブルが発生。

特に V.90 モデムだと失敗率が高かったので、VAIO の V.34 内蔵モデムを使って 26kbps ぐらいのスピードを確保したものの、どうも釈然としない。アメリカでは、アナログ回線の品質が安定してないのかしらん。それとも、ホテルの電話だと、他の客室の使用状況に依存するとか…

アメリカの公衆電話を試す、の巻 (2000/11/14)
ワシントン DC では、随所で "Bell Atlantic" というロゴの入った公衆電話を見かけた。この会社は AT&T 分割で生まれた地域電話会社のひとつで、東海岸の中部地域を担当している。

ところがこの電話、正面から見る限りでは、どこにもモデムを接続する場所が見当たらなかったので、「ふーん、アメリカにはデータ通信の需要がないのかなあ。不便なもんだ」と思っていた。
ところが、ダレス空港で時間が余ったので改めて調べてみたら、側面にモデム接続用のコネクタがある電話機を発見。外見は似ているが、モデム用のポートがあるものとないものがあったのだ。これは試すしかない、というわけで、早速やってみた。

すると、同じアクセス ポイントに電話しているのに、今度はちゃんと 50kbps ぐらいのスピードが出る。これは、このモデムのレコードだ。そのあと、ラスベガスのホテルで接続したときにも、45kbps ぐらいのスピードが出た。
やっぱり、DC で泊まっていたホテルの電話がボロだったのだ (怒)。

HERMES・海を渡る、の巻 (2000/11/11)
11 日から、アメリカを旅行中。お供に選んだのは、もちろん最軽量マシンの HERMES。電源アダプタが海外対応なので、余計な荷物が増えないのも嬉しいところ。

モデムは内蔵しているものの、念のために 3Com の PC カード モデムも用意した。それに、こちらは V.90 対応なので、V.34 対応の内蔵モデムよりも高速に接続できる… はずだったのだが、なんと、回線の品質が悪くて、速度は常に 30,000bs を割ってしまうというていたらく。メールは辛うじて使えるものの、これでは Web を観る気にはなれない。ううむ。

ちびマウス復活、の巻 (2000/11/6)
例の、左ボタンがいかれてしまった「ちびマウス」。やけくそで、底面のネジを外してバラしてから組み立て直したら、あっけなく直ってしまった。左ボタンを押すと、嘘のように、ちゃんと反応する。
なんだったんだ、いったい。

Win2000 SP1 + IE5.5 を一気投入、の巻 (2000/11/2)
11 月の MSDN サブスクリプションで、お待ちかねの Windows 2000 SP1 が届いた。といっても、これまでにもトラブルで悩まされているということはまったくなかったのだが、セキュリティ ホールの対策などもあるので、IE5.5 ともどもインストールした。対象は、手持ちの Windows 2000 マシンすべて、つまり HESTIA、ATHENA、ARTEMIS。(ただし、HESTIA は SP1 のみ)

もちろん、アップデートはノートラブルで完了。

疑惑、の巻 (2000/11/1)
うちには、1 台だけ Macintosh がある。PowerBook 2400c/180 である。

これ、リチウムイオンバッテリを使っているという触れ込みなのだが、バッテリがすっかりいかれてしまい、今では 1 時間と持たない。同じ時期 (98 年の春) に購入した VAIO NOTE 505X/64 は、そんなことないのに。
NiMH バッテリなら、何年も使っているとヘタってしまうというのは ThinkPad 530CS で経験済みだけど、リチウムイオンでこれだと、あんまりだと思う。おまけに、電源につながないでしばらく放っておくと、自然放電してすっからかんになってしまうのだが、そのスピードも他機種と比べて異常に速い。

思わず、「本当にリチウムイオンなんだろうか」と疑ってしまった (^^;

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |